★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「チェ 28歳の革命」

2009-01-13 03:38:35 | 映画(た行)
<T913/2009/A006/S004>

今週は三連休なので、もう一日ナイトショウで見ることに。
チェ・ゲバラものは、いまいちカリスマ革命家の生涯に興味が沸かないけど、
ベニチオ・デル・トロ主演という事で、一応見ておこうと。
それにしても、最近よく有りがちな二部作構成。
一作目見てしまうと、次も見なくては・・・という心理が思いっきり働くひらりん。
今年もTOHOシネマズの6000マイル=1ケ月無料パス目指してるので、
長時間作品はなるべくTOHO通いするひらりん・・・今回は川崎で鑑賞。
原題は「CHE: PART ONE」。
2008年製作のカリスマ系伝記ドラマ、132分もの。

あらすじ・・・今回はgoo映画さんから引用させてもらいました。
1955年、貧しい人々を助けようと志す若き医師のエルネスト(チェ)・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)は、放浪中のメキシコでフィデル・カストロ(デミアン・ビチル)と運命的な出会いを果たす。キューバの革命を画策するカストロに共感を覚えたチェは、わずか82人で海を渡り、キューバ政府軍と戦うというカストロの作戦に同意し、すぐにゲリラ戦の指揮を執るようになる。チェという愛称で呼ばれ、軍医としてゲリラ戦に参加したチェ・ゲバラは、女性と子供には愛情を持って接するのだった……。
チェ 28歳の革命 - goo 映画

ここからひらりん的レビューのネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
1.「モーターサイクル・ダイアリーズ」で南米バイク旅行してたゲバラ。
2.その後メキシコで、フィデル・カストロと出会い、革命に参加ーーーっ。
3.アルゼンチン人だからというわけではないが、
チェは表舞台の任務が回ってこないが・・・
強い意志の革命精神は、フィデルに認められてたのね。
4.負傷兵を大切にし、ゲリラ戦に必要な農民を次々と反乱軍の兵士にしていくのね。
5.時には兵士に文字と算数を教えたり・・・
クルマを略奪してきた兵士を叱ったり・・・
脱走兵は見せしめに、処刑してたねーーー、やっぱ軍隊は怖いっ。
6.そんなこんなで勢力拡大してって、首都ハバナにいざ侵攻・・・
というところで次回に続く・・・なのね。
7.途中、チェの部下になったオネエチャンは、
コロンビアの麻薬密輸を扱った映画「そして、ひと粒のひかり」に主演の、
カタリーナ・サンディノ・モレノちゃん。
この役は、後にチェと結婚する役らしいので、次回も登場するらしい。
8.革命成功後の1964年に、チェはアメリカに渡り・・・
国連総会で演説したり、各種インタビューに答える映像が途中何度も入ってきて・・・
彼の話はとても興味深いけど・・・
革命のストーリーをぶつ切りするような編集になっちゃって、ちょっと集中しづらい。
9.ストーリー的には余り意外性はなく、
デルトロ演じるチェの言動が一番のポイント。
10.日本語字幕の出来は、良いのか悪いのかよく判らないけど・・・
英語よりスペイン語が詳しい人のほうが、
より楽しめたかなーーーーーと思います。

ここまでネタバレ注意↑

という事で今回は・・・
カリスマ度・・・
デルトロは迫真の演技だけど、まだまだ序章・・・みたいな内容ですね。
パート2のほうがカリスマ度がアップしてるかも??

●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
この映画を観て、ひらりん同様「トロ様の演技に惚れたーーー」・・
あなた・・・
バナーにポチッとクリックおねがいしまーーす。

「人気ブログランキング(映画)」
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (80)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★「ヘルボーイ/ゴールデン・ア... | トップ | ★「ディザスター・ムービー!お... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
すいません>< (KLY)
2009-01-13 20:39:17
ひらりんさんすいません。
何故かTB間違えてしまいました。
削除して頂けると助かります^^;
TBありがとうございました (sakurai)
2009-01-19 08:06:41
地味でしたね。
やはり、これ一作では評価できませんよね。
はやく後編見て、完結させたいです。
スペイン語 (たいむ)
2009-01-19 19:22:47
ひらりんさん、こんにちは。
そうなんですよねー。英語なら多少の聞き取りができるもののスペイン語だと字幕で解釈するしかないのが結構ツライです。

パート2に期待です!
こんにちは (michi)
2009-01-21 09:42:29
ひらりんさんは、随分前に「モーターサイクル・ダイアリーズ」をご覧になられたんですね。
何人かのブロガーさんがレビューにこのタイトルを書いていたのを拝見し、先に観ておくべきだった・・・と思いました。
今レンタル予約してるとこです。
ゲバラの言葉、信念を感じました。デル・トロの風貌もゲバラに似てましたしね!
革命って、日本人の私にはピンとこなかったんですが、当時のキューバを詳しく知りたくなりました。
うっかり・・・・ (ノルウェーまだ〜む)
2009-01-27 11:31:51
こんにちは☆
ゲバラをよく知らなかった私は、なんだか半分ほど寝てしまいました。とほほ…
すごく淡々とした作品でしたね。
Unknown (晴雨堂ミカエル)
2009-10-13 11:13:10
こんにちは、映画ブログの晴雨堂です。
 
 私はどちらかといえばキューバより視点の人間ですので、この作品には驚きと感動をおぼえてしまいました。よくアメリカ人が作ったな、そんな気分です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

80 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
チェ 28歳の革命 (Akira's VOICE)
程よい予習と睡眠をとってから観ましょう。  
チェ 28歳の革命 (LOVE Cinemas 調布)
今年最初の話題作、主演でチェ・ゲバラを演じるのはベネチオ・デル・トロ。監督は『オーシャンズ13』のスティーブン・ソダーバーグです。連続公開が決定しており、この後1月31日には『チェ 39歳別れの手紙』の公開が控えています。日本人にはあまり馴染みのないキ...
チェ 28歳の革命 (だらだら無気力ブログ)
フィデル・カストロとともにキューバ革命を成し遂げたチェ・ゲバラの 半生をスティーヴン・ソダーバーグ監督がベニチオ・デル・トロ主演で 描いた伝記ドラマ2部作のうちの第1作。 ゲバラがカストロと出会い、キューバ革命へと身を投じていく過程を 描く。アルゼンチン...
「チェ 28歳の革命」彼は如何にして、革命家となったのか? (シネマ親父の“日々是妄言”)
[チェ・ゲバラ] ブログ村キーワード  20世紀最大のカリスマ、チェ・ゲバラ。今も世界中の人々から、熱狂的な支持を受け続ける彼が、如何にして革命家となったのかを描いた本作「チェ 28歳の革命」 (ギャガ・コミュニケーションズ/日活)。ソダーバーグ監督とデル...
映画 「チェ 28歳の革命」 (ようこそMr.G)
映画 「チェ 28歳の革命」
チェ 28歳の革命/The Argentine (いい加減社長の映画日記)
普段なら、土曜日のレイトショーなんですが。 今回は三連休ということもあって、日曜のレイトショーで、「チェ 28歳の革命」を鑑賞。 「UCとしまえん」は、普通かなぁ。 「チェ 28歳の革命」は、大きめのスクリーンで、3割程度。 【ストーリー】 医者として旅...
「チェ 28歳の革命」大国に屈しない政府樹立のために戦った革命家の前章 (オールマイティにコメンテート)
「チェ 28歳の革命」は1957年のキューバ革命の指導者フィデル・カストロの片腕として参加したチェ・ゲバラの28歳の時の革命に参加した軌跡を描いたストーリーである。東西冷戦時代のキューバにおいて軍事政権に弾圧されたキューバを救おうと革命運動に参加したチェ...
劇場鑑賞「チェ28歳の革命」 (日々“是”精進!)
 「チェ28歳の革命」を鑑賞してきました2009年1作目!!!革命家チェ・ゲバラの生と死を描く2部作の前編。ゲリラ戦士としての旅立ちからキューバ革命成功までの若き日々を追う。英雄として偶像化せず、“真実の”ゲバラを描くことにこだわったソダーバーグ監督は...
映画「チェ 28歳の革命」(2008年、西・仏・米) (富久亭日乗)
   ★★★★☆  キューバ革命の英雄Che Guevara の一生を描いた 伝記ドラマの前編。監督はSteven Soderbergh 。 原題は「Che: Part One」。     ◇  1955年、アルゼンチンの若き医師Che Guevara( Benicio Del Toro )は、 中南米の旅の途中、 キューバ政府...
映画 【チェ 28歳の革命】 (ミチの雑記帳)
試写会にて「チェ 28歳の革命」 スティーブン・ソダーバーグ監督による、20世紀のカリスマ、チェ・ゲバラの一生を描く二部作の前編。 おはなし:1955年、アルゼンチン人の若き医師チェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)は、放浪中のメキシコでフィデル・カストロ(デミ...
チェ 28歳の革命 (迷宮映画館)
試写会にて鑑賞。とことんまじめだった。
『チェ 28歳の革命』 (CouchCinema*カウチシネマ / b)
さっそく長男と観てきました。 今回、『モーターサイクル・ダイアリーズ』を観たすぐ後なので 私にしては映画館に行くの早いっ♪ 作品上映前に簡単なゲバラの説明がありましたが、事前に年譜を頭にいれておくと わかりやすいかも。 この作品では、1955年カストロと出...
「チェ 28歳の革命」  CHE: PART ONE/THE ARGENTINE (俺の明日はどっちだ)
う〜ん、ゲバラが青年時代にオートバイで南米を旅した物語を映画化したロードムービー『モーターサイクル・ダイアリーズ』の延長線上にある映画だという勝手な思い込みは見事に粉砕(苦笑)。 そのどこにも感情移入せず、淡々とゲバラが辿った道、すなわちメキシコではじ...
チェ 28歳の革命 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。原題:Che The Argentine。スティーヴン・ソダーバーグ監督、ベニチオ・デル・トロ、デミアン・ビチル、フランカ・ポテンテ、カタリーナ・サンディノ・モレノ、ジュリア・オーモンド、ロドリゴ・サントロ。チェ・ゲバラ役のベニチオ・デル・トロを見るのは「...
その男、ゲバラ〜『チェ 28歳の革命』 (真紅のthinkingdays)
 CHE: PART ONE  アルゼンチン出身の若き医師、エルネスト・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)は、 南米大陸縦断の旅の途中でキューバ人革...
チェ 28歳の革命 |チェ 39歳別れの手紙 (我想一個人映画美的女人blog)
この時期毎年参加している、小学館の年末忘年会パーティ (美味しいものいっぱい食べ放題{/m_0050/})と重なってしまってどうしようかと思ったけど そこは映画ファンのわたくし やっぱ生デルトロでしょう! ってことで行って来ました ベニチオ・デル・トロ&ソダーバー...
チェ 28歳の革命 (えいがの感想文)
2008年/アメリカ=フランス=スペイン 監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演:ベニチオ・デル・トロ    デミアン・ビチル    カタリーナ・サンディノ・モレノ そうだろうとは思ってましたが、ドキュメンタリタッチで娯楽性はゼロ。 "チェ・ゲバラ"につ...
2009-06『チェ 28歳の革命』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
&#63704;映画を鑑賞しました。&#63893; 2009-06『チェ 28歳の革命』(更新:2009/01/11) * 評価:★★★★☆ 一ヶ月フリーパスポートで鑑賞の13本目。 南米の迫害を憂いて立ち上がった革命家としてのゲバラ。 これは、カストロとキュー...
チェ 28歳の革命/ベニチオ・デル・トロ (カノンな日々)
初めてチェ・ゲバラを知ったの劇団四季『エビータ』を観劇したときです。この作品の中で何故かゲバラがストーリーテラーを担うという演出だったのです。アルゼンチン出身の偉大な革命家というつながりなんだろうけど、何気にゲバラに興味を持つきっかけになりました。その...
チェ 28歳の革命 (映画鑑賞★日記・・・)
原題:CHE: PART ONE公開:2009/01/10(01/10鑑賞)製作国・年度:アメリカ/フランス/スペイン、2008年上映時間:132分監督:スティーヴン・ソダーバーグ出演:ベニチオ・デル・トロ、デミアン・ビチル、サンティアゴ・カブレラ、エルビラ・ミンゲス、ジュリア・オーモ...
『チェ 28歳の革命(CHE: PART ONE/THE ARGENTINE)』 (CHAOS(カオス))
革命を志して少人数でゲリラ戦を始め、サンタクララを制圧するまでがわりと淡々と描かれる。 外国人でありながら何故あそこまで革命を志したのかとか、カストロとの心の交流みたいのがもう少し欲しかったけど。(39歳の方=後編で語られるのか?) なんとなく後...
【チェ 28歳の革命】 (日々のつぶやき)
監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演:ベニチオ・デル・トロ、デミアン・ビチル、ジュリア・オーモンド 「医者だあったチェ・ゲバラは、フィデル・カストロと出会うことで、人生を共にし革命に挑んだ。 たった12人で独裁政権の国キューバを革命するという、無謀
『チェ 28歳の革命』『チェ 39歳別れの手紙』 (ラムの大通り)
(Che El Argentino/Guerrilla) -----えっ、2本一緒にしゃべっちゃうの。 それって無謀じゃニャい? 「う〜ん。だけどこの映画、 もともと、プロデューサーのローラ・ビッグフォードは 第2部『39歳別れの手紙』のパート、 一般的にあまり知られていない チェ・ゲバラのボ...
映画「チェ 28歳の革命」@gaga試写室 (masalaの辛口映画館)
  映画の話 1955年、貧しい人々を助けようと志す若き医師のチェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)は、放浪中のメキシコでフィデル・カストロ(デミアン・ビチル)と運命的な出会いを果たす。キューバの革命を画策するカストロに共感したチェ・ゲバラは、すぐにゲリラ戦...
『チェ28歳の革命』 (2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:CHE:PARTONE/THEARGENTINE監督:スティーヴン・ソダーバーグ出演:ベニチオ・デル・トロ、デミアン・ビチル、サンティアゴ・カブレラ、エルビラ・ミンゲス公式サイトはこちら。<Story>1955年、貧しい人々を助けようと志す若き医師のエルネスト(チェ)・ゲバ...
★チェ 28歳の革命(2008)★ (CinemaCollection)
CHE:PARTONETHEARGENTINE祖国か、死かーかつて、本気で世界を変えようとした男がいたー。上映時間132分製作国アメリカ/フランス/スペイン公開情報劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ=日活)初公開年月2009/01/10ジャンルドラマ/伝記【解説】「トラフィック」のステ...
チェ 28歳の革命 (映画君の毎日)
■ストーリー■1955年、貧しい人々を助けようと志す若き医師のチェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)は、放浪中のメキシコでフィデル・カストロ(デミアン・ビチル)と運命的な出会いを果たす。キューバの革命を画策するカストロに共感したチェ・ゲバラは、すぐにゲリラ戦...
『チェ 28歳の革命』 (めでぃあみっくす)
エルネスト・チェ・ゲバラ。医師であり、革命家であり、軍人であり、善き師であり、そして愛の伝道者でもある男。そしてこの作品はそんな偉大な一人の男を描いた崇高な映画であるように思えるほど、素晴らしいものでした。正直チェ・ゲバラについて勉強しておくか、もしく...
情熱と覚悟を持って国を考える人。『チェ 28歳の革命』 (水曜日のシネマ日記)
伝説のカリスマ的革命家チェ・ゲバラがキューバ革命へと突き進む過程が描かれた作品。二部作の前編です。
チェ28歳の革命 (いとし・こいし 〜いとしいこいしいものごとのおぼえがき〜)
チェ28歳の革命  1/10(土)@TOHOシネマズ西新井 ゲバラ柄のものはヒスでもあったよな記憶があるなーってくらいのPOPアイコンとしての認識のみ。実はカリスマ的な人気があった南米の音楽などをやってた方なのかと昔は思ってたりもしたくらい何もわかってなかっ
チェ 28歳の革命◆ゲリラ戦によみがえる変革のイコン (好きな映画だけ見ていたい)
     「チェ 28歳の革命」 (2008年・アメリカ/フランス/スペイン)    CHE: PART ONE/THE ARGENTINE 思えば私は映画を見ていたのではなかった。幕が上がった当初は、数日前から読み始めた「革命戦争回顧録」のどのエピソードが再現されるのか、そこだけを注視し...
「チェ28歳の革命」端折り過ぎだが (ももたろうサブライ)
監督 スティーヴン・ソダーバーグ チェ・ゲバラの半生を描いた2部作の前編。64年の国連演説とカストロに出会ってキューバ革命に成功するまでが交互に描かれる。感想 英語とスペイン語それぞれに字幕がつき、髭を伸ばしている人物の区別がつかなかったりで、ややわかり...
「チェ 28歳の革命」みた。 (たいむのひとりごと)
キューバ革命を成し遂げた時、チェ・ゲバラは30歳だったとのこと。「思いっきり年下なんだよなぁ〜」と、何となく思って何となく苦笑い。そういえば、「帰るなら死んだ方がましだ!」と豪語していた兄弟の年齢にも
★★★★ 『チェ 28歳の革命』 (映画の感想文日記)
2008年。アメリカ/フランス/スペイン。"CHE :PART ONE".   スティーヴン・ソダーバーグ監督。  ベニチオ・デル・トロ主演。
チェ 28歳の革命 (Diarydiary!)
《チェ 28歳の革命》 2008年 アメリカ/フランス/スペイン映画 − 原題
「チェ 28歳の革命」 判断保留 (はらやんの映画徒然草)
チェ・ゲバラ。 顔は知っている、街で売られているTシャツにその顔がプリントされて
【妄想159】「CHEチェ 28歳の革命」 感想 1/12追記 映画を見る前に知っておくと良いこと (日本妄想協会 paradigm shift)
今日が公開初日 前から楽しみにしていて 昨日は興奮して 寝坊しちゃいけないと思うと眠れませんでした お蔭で朝一の回 かなり見や...
映画 『チェ 28歳の革命』 (きららのきらきら生活)
   ☆公式サイト☆偉大な革命家でカリスマ的存在ともなっているチェ・ゲバラの、闘士としての半生を2部作で描く歴史ドラマの前編。フィデル・カストロと出会ったチェ・ゲバラが、キューバ革命へと突き進む過程がドラマチックに展開される。1955年、貧しい人々を助けよ...
映画 「チェ 28歳の革命」 (ちょっとひとことええでっかぁ〜♪)
チェ・ゲバラって名前だけは有名で知っているけど、いったい何をしたのか どんな人なのかは興味がないので調べることもなく過ごしていた。 ...
チェ28歳の革命 (ぷち てんてん)
だって、デル・トロだもん(笑)デル・トロ久しぶりではないですか〜?しかも、相当ダイエットなさったようで♪☆チェ28歳の革命☆(2008)スティーヴン・ソダーバーグ監督ベニチオ・デル・トロデミアン・ビチルストーリー淡々とした運びの映画だったねえ〜。ゲリラ戦の過...
チェ 28歳の革命 (そーれりぽーと)
前々からチェックしようと思っていたガエル・ガルシア・ベルナルの『チェ・ゲバラ&カストロ』は、俺のぽすれんのリストでずっと下の方に下がりっぱなし。 結果未だにチェ・ゲバラについては名前とビジュアルしか知らない俺に、彼を語る事が出来るのだろうか。 スティーヴ...
チェ 28歳の革命 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
連続しない人生の一部分を二部作で構成する個性的な伝記映画だ。カリスマ的な革命家チェ・ゲバラの半生を描くが、今回はカストロと出会いキューバ革命を成功に導く、最も“生きた”瞬間を描く。25kgも減量して熱演するベニチオ・デル・トロが素晴らしく、まるでゲバラに生...
[映画『チェ 28歳の革命』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆今日はいつもの<MOVIX昭島>から浮気して、<ワーナーマイカル日の出>に行った。  明日も仕事なのに、ついレイトショーに行ってしまった訳だが、感想を20分で書こうと思う^^;    ◇  これは、意表をついて地味で、でも味わい深い作品だった。  ゲ...
チェ 28歳の革命 (今宵、サムソン・マスマスラーオの映画座で)
    = 『チェ 28歳の革命』  (2008) = 1955年。 貧しい人々を助けようと志す若き医師、チェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)は、放浪中のメキシコで、フィデル・カストロ(デミアン・ビチル)と運命的な出会いを果たす。 キューバの革命を画策するカス...
チェ28歳の革命■何故、革命は成功したのか? (映画と出会う・世界が変わる)
「モーターサイクル・ダイアリーズ」が話題になり、「チェ」が2部作で登場し、昨年のカンヌ映画祭でチェ・ゲバラを演じたベニチオ・デル・トロは主演男優賞を獲得した。ここまで来ると、オマー・シャリフがゲバラを、ジャック・パランスがカストロをそれぞれ演じた「ゲバ...
チェ 28歳の革命 (花ごよみ)
カリスマ的な革命家、 チェ・ゲバラの生き方。 2部作の1作目。 監督はスティーヴン・ソダーバーグ。 主演はベニチオ・デル・トロ。 フィデル・カストロには、 デミアン・ビチルが演じています。 昔から思っていましたが、 ベニチオ・デル・トロが、 古谷一行によく...
チェ 28歳の革命 (とりあえず、コメントです)
歴史に名を残す革命家チェ・ゲバラの人生を追った2部作の前編です。 スティーヴン・ソダーバーグ監督らしい緻密さで描かれた重厚なドラマでした。 物語はゲバラがキューバに革命を起こすため、仲間と共に密入国をするところから始まります。 彼は仲間のカストロたちとは...
「チェ 28歳の革命」 (てんびんthe LIFE)
「チェ 28歳の革命」試写会 有楽町朝日ホールで鑑賞 イベント付き試写会ということでしたが、朝日新聞主催のこの試写会でまさか変なお笑い芸人は来ないだろう、もっとお堅い○○の解説者とかが来るのだろうと勝手に思い込んでいましたが、なんとイベントはあのオード...
映画「チェ 28歳の革命」 (<花>の本と映画の感想)
チェ 28歳の革命  映画館にて鑑賞 監督 スティーヴン・ソダーバーグ 出演 ベニチオ・デル・トロ  デミアン・ビチル  サンティアゴ・カブレラ   エルビラ・ミンゲス  ...
チェ 28歳の革命/チェ 39歳別れの手紙 ジャパンプレミア (メルブロ)
チェ 28歳の革命/チェ 39歳別れの手紙 236,7本目 2008-42,3 上映時間 2時間12分 2時間13分 監督 スティーブン・ソダーバーグ 出演 ベニチオ・デル・トロ デミアン・ビチル エドガー・ラミレス カタリーナ・サンディノ・モレノ マット・デイモン 会場 T...
チェ 28歳の革命 (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2009年1月10日 公開 ★★★★☆ 前編は★4っつです! 私もベレー帽を小粋に被りたくなりました♪ ひぃやぁ〜、デル・トロ素敵でしたぁ〜!!! っつーか、やっぱりこのチェ・ゲバラがカッコイイからだねぇ〜♪ ...
「チェ 28歳の革命」 生き急いでるなあ (労組書記長社労士のブログ)
【 2 -0-】 予告編を映画館で全く観たことがない。 流れていたのかな? そうやのに年末くらいから急に「絶対に見に行かなくては{/m_0160/}」というモードになった。  「ちぇ」さんという人のことはほんの少しだけ知っている。 20世紀最大のカリスマだと云われているこ...
「チェ 28歳の革命」:水神森バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}お、本屋だ。寄って行こう。 {/hiyo_en2/}どうしたの、読み書きの大嫌いなあなたが、突然。 {/kaeru_en4/}革命には、読み書きも必要なんだよ。 {/hiyo_en2/}ああ、スティーヴン・ソダーバーグ監督の映画「チェ 28歳の革命」の中でチェ・ゲバラが部下に強...
[映画]チェ 28歳の革命 (オレメデア)
キューバ革命の指導者チェ・ゲバラを描いた映画「チェ 28歳の革命」を見てきまし...
映画「チェ28歳の革命」 (Serendipity !)
 期待の映画「チェ28歳の革命」がやっと公開されたので、早速観に行った。  エル
チェ 28歳の革命・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
歴史の表舞台で活動した期間、僅かに10年と少々。 「チェ 28歳の革命」は、太く短く鮮烈な人生を送り、二十世紀の歴史に名を留める革命家、...
チェ 28歳の革命 (ダイターンクラッシュ!!)
1月10日(土) 21:35〜 TOHOシネマズ川崎5 料金:1200円(レイトショー料金) パンフレット:未確認 『チェ 28歳の革命』公式サイト キューバ革命の英雄チェ・ゲバラの伝記。2部作の第一部。ベニチオ・デル・トロ兄貴が、25キロ減量して10歳以上実年齢より下の役に...
チェ 28歳の革命 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
かつて、本気で世界を変えようとした男がいた__。20世紀最大のカリスマ「チェ・ゲバラ」の一生を描いた世紀の2部作! ジョン・レノンは「あの頃、世界で一番かっこいい男だった」と語り、哲学者ジャン・ポール・サルトルは「20世紀で最も完璧な男」と評した。 ...
チェ 28歳の革命 (Movies 1-800)
Che: Part One (2008年) 監督:スティーブン・ソダーバーグ 出演:ベニチオ・デル・トロ、ロドリゴ・サン・トロ、デミアン・ビチル、カタリーナ・サンディノ・モレノ 中南米の革命運動に参加したアルゼンチン人、エルネスト・チェ・ゲバラの後半生を描く2部作の前編 196...
『チェ 28歳の革命』 ドキュメンタリーの感触 (Days of Books, Films)
『チェ 28歳の革命(原題:Che Part1)』と『チェ 39歳 別れの手紙(
チェ 28歳の革命(映画館) (ひるめし。)
かつて、本気で世界を 変えようとした男がいた―。
チェ 28歳の革命 (映画通の部屋)
「チェ 28歳の革命」 THE ARGENTINE/製作:2008年、アメリカ=
★チェ 28歳の革命 (AL+ViのわんわんLIFE)
チェ 28歳の革命を観ました。 キューバ革命を知らないし、どうかな〜?って思ってたら、やっぱりよくわかりませんでした・・・ 話が回想シーンと行ったり来たりして、人物の名前も覚えきれず、何度か気を失いました。2作目はたぶん観ないと思います。 ただ、ゲ...
チェ28歳の革命みてきました (サカイ優佳子のおいしいblog)
 「チェ28歳の革命」をみてきました。チェ・ゲバラについては、前から私の憧れの人ではあったのですが、2007年の4月に、小学校からの親友のすすめで銀座でみた「アーウィット」展で展示されていた彼の写真(束の間、家族と過ごしていたときのリラックスしていたゲバラ...
「チェ・28歳の革命」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
ユナイテッドシネマ豊島園にて                                                                                 人の魅力というのは、時としてその国籍、主義主張を超えて感じるこ...
チェ 28歳の革命 (花のように …美術・音楽・映画鑑賞日記…)
『チェ 28歳の革命』を観ました。 監督は、スティーヴン・ソダーバーグ、 主演は、ベニチオ・デル・トロ。 現代においてもカリスマ的な存在の 革命家チェ・ゲバラの半生を描く前編です。
「チェ 28歳の革命」 やってしまった・・・ (ノルウェー暮らし・イン・ジャパン)
相当に期待していた。観客も多かったし。 なのに・・・・・ よく分からなかった。 半分寝てしまったから? どんなに寝不足でも、映画館でほとんど寝ていたのは、これが人生2本目。 『カッコイイ』彼の生き様は、ちゃんと観ていたら、私にも分かったのだろうか???
チェ 28歳の革命 (水色の空)
「チェ 28歳の革命」  監督:スティーヴン・ソダーバーグ  出演:ベニチオ・デル・トロ  2008年 スペイン、フランス、アメリカ  私は、作品に振り落とされないよう、後を必死について行くようにして鑑賞した。わからないことが多かったし、見過ごしたこともたくさ...
映画 『チェ 28歳の革命』 (Death & Live)
2回観ました。 『チェ 28歳の革命』  2008年 原題 : CHE A REVOLUTIONARY LIFE (Che: Part One) 監督 : Steven Soderbergh ベニチオ・デルトロとガエル・ガルシア・ベルナルの違いは、年齢と身長かな。 顔はガエルの方が似ている。 でも、体格は明らか...
『チェ 28歳の革命』 (Rabiovsky計画)
映画『CHEチェ 28歳の革命 | 39歳 別れの手紙』公式サイト 監督:スティーヴン・ソダーバーグ 出演:ベニチオ・デル・トロ 、デミアン・ビチル 、サンティアゴ・カブレラ 、エルビラ・ミンゲス 2008年/アメリカ・フランス・スペイン/132分 おはなし Yahoo...
チェ 39歳 別れの手紙 (花ごよみ)
『チェ 28歳の革命』の続編。 試写会で観てきました。 キューバ革命を成し終え、 家族と最後の食事をした後、姿を消す。 次に足を運んだ新たな地は、 独裁政権下のボリビア。 この地で平等な社会への変革を果たそうと ボリビアの政府軍と戦うが…。 革命へと突き進む...
『チェ 28歳の革命』面白かった・・・ (自由の森学園図書館の本棚)
今日、『チェ 28歳の革命』を見てきました。 ちょっと予習が必要かなぁ、と思うほど、はなしがくるくる進むけど、とても面白かったです。 とにかく、主人公チェ・ゲバラが、かっこ良いです。 キューバのために、というよりは全世界の抑圧されている人々のために闘...
チェ 28歳の革命 (日々緩々。)
『チェ 28歳の革命』を観て来ました〜。 あらすじ(goo映画より)- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 1955年、貧...
チェ★28歳の革命レビューその1 (銅版画制作の日々)
 原題:CHE PARTIE 1 またもや、鑑賞中爆睡となってしまった「チェ★28歳の革命」・・・・・・(-_-;)何とほとんど寝てしまいました(汗) 結局リベンジしてまた鑑賞することになりました。非常に重たい作品でした。だから、もうこの映画に関しては歴史のお勉強だ...
09-17「チェ 28歳の革命」(スペイン・フランス・アメリカ) (CINECHANの映画感想)
祖国か死か  1955年、メキシコ。アルゼンチン人の青年医師エルネスト・ゲバラ。南米大陸の旅を続ける彼は、自らも喘息を抱えながらもラテン・アメリカの貧しい人々を救いたいという志が芽生えていた。  そんなゲバラはある日、独裁政権に牛耳られた祖国キューバで平等...
有楽町朝日ホール フランス映画 硫黄島からの手紙 (映画にまつわるエトセトラ)
海の沈黙 東京は有楽町(銀座)、「有楽町朝日ホール」にて鑑賞。 これって、一見すると分かりにくい作品のように思えて、実は主張がハッキリしていて、いたってシンプル。 それでいて、観る者の心を鷲づかみにする魅力を持った作品である。 ...(続きを読む) 2008年の20...
感動からエナジーを得よう 「チェ 28歳の革命」 (ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋)
「チェ 28歳の革命」 味付無しのチェ。   【原題】CHE: PART ONE/THE ARGENTINE 【公開年】2008年  【制作国】米・西・仏  【時間】13...
映画『チェ 28歳の革命』を観て (KINTYRE’SDIARY)
9-3.チェ 28歳の革命■原題:ChePart1:TheArgentine■製作年・国:2008年、スペイン・フランス・アメリカ■上映時間:132分■字幕:石田泰子■鑑賞日:1月11日、渋東シネタワー(渋谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・撮影監督:スティ−ヴン...
映画評「チェ 28歳の革命」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2008年フランス=スペイン=アメリカ映画 監督スティーヴン・ソダーバーグ ネタバレあり
チェ 28歳の革命 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『かつて、本気で世界を 変えようとした男がいた─。』  コチラの「チェ 28歳の革命」は、20世紀最大のカリスマ、チェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)の一生を描いた2部作の前編となるバイオグラフィー映画です。本作は、邦題に28歳と入っておりますが、27歳ぐらい...