★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「クラッシュ」

2006-02-12 03:38:32 | 映画(か行)
2/11劇場公開の「クラッシュ」を初日ナイトショウで見てきました。
結構知ってる人が出てるから楽しみだった。
アカデミー賞にも6部門ノミネートされてるし・・・。
2004年製作の犯罪・人間ドラマ、112分もの。

あらすじ
アメリカ・ロサンジェルス。
いろんな人種が交じり合う大都会・・・
いろんな摩擦で衝突しあう人間達・・・

ここからネタバレ注意↓
こういう、いろんな登場人物が同時進行で話が進んでいくヤツ=群像劇が一番書きづらいよっ。
まぁ話は、昨日と今日の二日間だけなんだけど、いろんな事あり過ぎっ。
サンドラ・ブロックの役はイライラ奥さん。
地方検事の夫に文句タラタラ・・・最後は階段から転落。
ドン・チードルは黒人刑事役・・・ここでも人種差別の壁にぶち当たる。
家族でいい身分なのは自分だけ・・・弟はクルマ泥棒のコソドロだし、母親ノイローゼ気味。
ペルシャ人なのにアラブ系だとして差別を受け・・・
腹いせに黒人の鍵屋につらく当たる雑貨店店主。
父親の介護に疲れ、つい黒人を厳しく取り締る白人ベテラン警官役はマッド・ディロン
その相棒・若手警官は、その人種差別に抗議して配置転換を直訴。

まぁこんなような人たちが交じり合い衝突してるんですわ。
ひらりんが一番印象に残ったのは黒人の鍵屋の兄ちゃん。
真面目に鍵の交換してても、黒人だから白い目・疑いの目で見られ・・・
でも、娘もいるし・・我慢我慢・・・。
その娘が、夜が怖くて眠れない時に、してあげたお話が良かったね。
父ちゃんが付けてる「透明マント」(もちろん空想の)・・・
鉄砲の弾も通さないから怖くない・・・って、娘に着せてあげる(まねをする)。
鍵の交換が出来ずに、強盗に入られたペルシャ人店主に逆恨みされる黒人の鍵屋。
銃で撃たれるが、間一髪、娘が父ちゃんに飛びつき、無傷の命拾い???。
娘は透明マント着けてるから、弾を通さなかったのか・・・天使の奇跡なのか。
ロサンゼルス=Los Angelesって、天使の街。
おーーーっ、スゴイっ、と思ったら、
銃を買ったお店で、ただで貰っといた弾が空砲弾だっただけなんだけどねっ。
そのペルシャ人店主の娘が死亡検視官。
運ばれてきたのが、ドンチードルの弟のチンピラ。
根は気のいい黒人なんだけど、
偏見・差別から抜け出せず・相棒の黒人とつるんで車上荒らし。
盗んだ車で中国人を轢いちゃったり、ちょっと間抜けコンビ。
夜中、ヒッチハイクして乗せてもらった車が、人種差別反対の若手警官。
しかし、口喧嘩となり、ポケットに手を入れた瞬間、勘違いして射殺しちゃう。
ホントはダッシュボートに付いてるお守り像と同じの持ってるよ・・って、
ポケットから出そうとしただけだったのに・・・

この映画、いろいろなエピソードが、繋がりあって衝突してるけど・・・
いい人には、いい結末が待ってるし・・・
悪い人も、あるキッカケでいい人になれるし・・・
でも、最悪なのは「いい人ぶってる人」。
いい人ぶってた人っていうのは・・・
弟を助ける為といって裏取引に応じた刑事(ドン・チードル)と
人種差別反対と言いながら黒人を射殺しちゃった若手警官。
ちょっと、ワルが入ったベテラン警官役のマッド・ディロンなんか・・・
初日は黒人夫妻に絡み、奥さん(タンディ・ニュートン)の太もも撫で回し、夫婦の危機に陥れるが・・
次の日はその奥さんの交通事故現場で命を助けるという活躍ぶり。
(このページ上の写真が丁度助けたところ)

まっ、こんなとこかなっ・・あっそうそう、この映画で気になった事は、
肌の色が違おうが・・・
出身が違おうが・・・
みんな自分はアメリカ人だっ・・・と言い張ってる事。
最後に車から開放された、タイ・ベトナムの人身売買で連れて来られた人たちも、
きっと数年後には「アメリカ人」を名乗ってるのかなっ。

ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この映画の関連作。
差別の壁にぶち当たるドン・チードルの作品は「ホテル・ルワンダ」・・必見です。
この映画の監督・ポール・ハギスの脚本で超有名なのが「ミリオンダラー・ベイビー」。

という事で今回は
アメリカン度・・・
説明が難しいが、都会の雑踏には危険がいっぱい・・・ということなのかなっ。

ところでひらりんも「人気ブログランキング(映画)」に参加しています。
ひらりんのブログを気に入ってくれたら↑↑クリックしてね
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (150)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひらりん的映画雑感2006.2.11 | トップ | 2005年名画部門・衝撃部門 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました★ (さわわ)
2006-02-16 01:38:53
都会の道は人が多くてついついクラッシュしてしまうさわわにはもってこいな映画でございました

人間ひとりぼっちは寂しいものです
TBありがとうございます! (Ken)
2006-02-16 21:46:14
こういうパズルのような群像劇、すごく好きです。

何というか、それぞれの人生が共鳴して一つの大きな流れを作ってゆくところが。

この映画は今年のマイベストの1本になりそうです!
いつもTBありがとうございます (わとそん)
2006-02-28 17:40:33
マット・ディロンの役柄はいい感じでしたね。

やっぱりスキンヘッド刺青付きの人が来たら怖いですよね。映画の中のようにあからさまに聞こえるように外見のみから非難することすら怖い(^^;
TBありがとうございます。 (MONDO)
2006-03-03 10:40:21
昔、マット・ディロンが好きでした。

ちょびっとショックでした。(苦笑)

尖鋭さがなくなっちゃった?



透明マントの話が大好きです。
トラックバックありがとうございます (でんでん)
2006-03-21 21:02:51
ひらりんさんこんにちは。

トラックバックありがとうございます。



この作品、観てよかったと思います。

脚本賞受賞はよく汲み取れたし、しかも映画として訴えたい事は強く伝わるし。なんか知らない間に涙が出てました。それにしてもアメリカの銃社会はイケませんね(^^ゞ
Unknown (berabo)
2006-03-30 00:08:22
ども、beraboと申します。



人間の業のようなものを強く感じ、とても深い映画だなと思いました。

オスカーの作品賞は直前の宣伝が功を奏したとの噂もありますが…。



TBさせていただきました。

また、寄らせてください。



クリスマスには、奇跡が似合っている。 (hito2km)
2006-04-02 16:01:11


>逆恨みされる黒人の鍵屋。



黒人ではなくヒスパニック系ですね。

でも、アジア人と同じで、区別が付きにくい。



天使のマントのエピソードは秀逸です。

クリスマスストーリーの傑作として、

後々まで残るでしょう。



クリスマスには、奇跡が似合っている。

「スモーク」がまた観たくなった。
そう思うだったら・・・ (はっち)
2006-04-08 07:25:56
お邪魔します〜♪

イイ映画だと思いました、連発される差別的な言動は、ちょっとひいてしまいましたが(汗)

白人も黒人も中国人も・・・・全員「私はアメリカ人だ!」て言うんですよね、だったら人種を越えて仲良くしたらエエのに・・・って思ってしまった。

人種の問題は、難しいけどねぇ(^_^;)
TBサンクスです (jack)
2006-04-22 04:59:44
遅ればせながら観てきましたがかなり好きです、この作品。

いろんなエピソードがありますけどやっぱ妖精のマントのお話がいい。ひらりんさんとは違って必ずしもいい人がハッピーになり悪い奴が不幸になるとは思わないでむしろその逆、人生って不公平だなぁと感じる話が多いように思いましたけどこの鍵屋の親子だけは無事でホントに良かったです。

ペルシャ人のおっさんに襲撃されるときは、あぁ何も悪いことしてない良いパパさんだったのに殺されちゃうんだ…と悲しくなりましたけどまさかああいう展開になるとは。
Unknown (maru)
2006-05-13 19:52:41
TBさせていただきました。

マット・ディロン、なかなかいい味の役者になってきましたよね!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

150 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
クラッシュ CRASH (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
サンドラ・ブロック、ドン・チードル、マット・ディロン ジェニファー・エスポジート 主演 豪華な出演者達が織り成す群像劇 人種るつぼのロサンゼルス 白人・アフリカ系・ヒスパニック・ アラブ系・東洋人色々な人種が暮らしています  そこでの人種差別を真正面から描
『クラッシュ』・試写会 (しましまシネマライフ!)
今日は某雑誌で当選した 『クラッシュ』の試写会に行ってきた。 会場は珍しく40代、50代の人が多い
クラッシュ / CRASH (我想一個人映画美的女人blog)
\"サンドラブロック主演\"ではありません。 クローネンバーグのでもありません☆ 豪華キャストたちが織り成す、人間ドラマ{/hikari_blue/}{/hikari_blue/} 「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本/製作でアカデミーノミネートされた、 ポール・ハギスが脚本&初監督したこの作品
★『クラッシュ』★アカデミー主要6部門ノミネート!! (のんびりルームシェアのススメ)
クラッシュ去年の夏にL.A.に行ったときに新聞でも騒がれて気になっていたけど、昨日、やっと、やっと観ることができた。これは、観た人にしか分からない、心に何かしこりのようなものを感じさせるドラマ。細かく書くとネタバレになってしまうから、簡潔に感想を、、。脚本...
クラッシュ (シャーロットの涙)
連鎖する衝突。そこから繋がっていく人の運命。 ロサンゼルスは孤独な街。人種によって居住区が分かれているこの街で、偶然の事故が人種を絡ませる。そして差別偏見を浮き彫りにさせる。 監督はミリオンダラーベイビーの製作脚本でアカデミー賞ノミネートされたポール・ハギ
「クラッシュ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Crash」2004 USA/ドイツ 時はクリスマス・シーズン、人種のるつぼアメリカ、LAを舞台に二日間の出来事を描いた群像ドラマ。隠れ??ブレンダン、ファンなので、この映画は楽しみにしていた。まあブレンダンは主演じゃないし、出番も少しというのは解っていたが...。とり
クラッシュ (日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜)
冬のクリスマスが近づいたロサンゼルス。ロス市警の黒人刑事グラハムと同僚で恋人のリアは交通事故に巻き込まれます。グラハムは、その事故現場の脇で発見された若者の死体の捜査現場を目にします。そこから、時は36時間遡り...。 貧しい黒人、裕福な黒人、メキシコ人
『クラッシュ』 (ラムの大通り)
----この映画って、ものすごくたくさんのスターが出ている割には なぜか地味な感じがするよね。 「内容が内容だからね。 プレスに載っている解説を引用すれば 『ハイウェイで起こった1件の自動車事故が、 思いもよらない“衝突”の連鎖を生み出し、 さまざまな人々の運命を導
「 クラッシュ 」 (MoonDreamWorks)
監督 : ポール・ハギス 主演 : サンドラ・ブロック / ドン・チードル / マット・ディロン      公式HP:http://www.crash-movie.jp/ 各国の映画賞で22部門を受賞した作品です。 この作品の特執すべきは、あの 「 ミリオンダラー・ベイビー 」の脚本...
「クラッシュ」 (試写会帰りに)
スペースFS汐留「クラッシュ」Crash試写会。 映画の冒頭から延々と続く、登場人物達のあからさまな人種差別発言に、嫌悪感と疲労感がつのっていくような、あるシーンの前までに感じていた気分と、そのシーン以降、見終わった後の感想、感じ方がガラっと変わる映画でした。 .
触れ合いたい 「クラッシュ」 (平気の平左)
評価:80点{/fuki_love/} クラッシュ こういう映画大好きです。 群像劇で、キャラクターが多いのですが、それぞれのキャラクターが十分にわかり、また数々の伏線が張られています。 さすがアカデミー賞にノミネートされるだけのことはあるといった感じでした。 大本命
クラッシュ (toe@cinematiclife)
第78回 アカデミー賞   作品賞  監督賞(ポール・ハギス)  助演男優賞(マット・ディロン)  脚本賞(ボビー・モレスコ、ポール・ハギス)  編集賞(ヒューズ・ウィンボーン)  主題歌賞(“In the Deep”) の全6部門にノミネートされてる本作を早速見に行ってきた
「クラッシュ」 (てんびんthe LIFE)
「クラッシュ」よみうりホールで鑑賞 なかなか話がつかめなくて苦労しましたが、きっかけをつかんだらなんとも簡単につながっていきました。といってもこの作品はサスペンスではありません。人と人とのちょっとしたつながり、一期一会なんです。そして、人には必ずある裏
クラッシュ Crash (だらだら映画・和日和)
満足度★★★★☆ 人と人がぶつかり合うことで生まれた不思議な連鎖反応。 少しも目が離せない、少しずつ絡み合っていくストーリー。 ラストには喜びとも感心とも悲しみとも違う、奇
『クラッシュ(Crash)』 (映像と音は言葉にできないけれど)
『ミリオン・ダラー・ベイビー』も重かったですが、これも相当きます。 結構有名な俳優が出ていますが、誰が主演というわけでもなく、短いタームで様々なエピソードが絡むところがこの映画の面白さです。
クラッシュ (映画通の部屋)
「クラッシュ」CRASH / 製作:2005年、アメリカ 112分 PG-12指
クラッシュ (きょうのあしあと)
「人生は高速に流れ、僕たちはお互いに衝突し合う」 監督:ポール・ハギス 脚本:ポール・ハギス、ボビー・モレスコ 出演:サンドラ・ブロック、ドン・チードル、マット・ディロン、ジェニファー・エスポジト、ウィリアム・フィットナー、ブレンダン・フレイザー、テレン
【映画】クラッシュ (セルロイドの英雄)
\"Crash\" 2005年アメリカ監督)ポール・ハギス出演)ドン・チードル サンドラ・ブロック マット・ディロン ブレンダン・フレイザー テレンス・ハワード クリス・”リュダクリス”・ブリッジス サンディ・ニュートン ライアン・フィリップ ラレンツ・テイト マ
クラッシュ (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★  ぶつかって傷ついて・・・そして生まれる人間愛  
クラッシュ (映画君の毎日)
この映画が何故大規模な公開でないのかと思ったら、 見たことのない映画会社のオープニングで、 やはり映画会社の力の大きさが影響したのだろう。 物語はとにかくいろいろな出来事が起き、 観る人それぞれにそれぞれの感動を与えそうだ。 自分が一番応えたの
「クラッシュ」 (It\'s a wonderful cinema)
 2005年/アメリカ  監督/ポール・ハギス  出演/サンドラ・ブロック      ドン・チードル      マット・ディロン  アメリカ・・・特にロサンゼルスは人種のるつぼだ。白人、黒人、アジア系、中東系、中南米系・・・ありとあらゆる人種が暮らしている
サンドラ・ブロック Sandra Bullock 女優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),26 July 1964,Arlington, Virginia, USAGrace (2006) Premonition (2006) The Women (2006) The Lake House (2006) Infamous (2006) デンジャラス・ビューティー2 Miss Congeniality : Armed and Fabulous (2005) Loverboy (2005) ク.
ライアン・フィリップ Ryan Phillippe 俳優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),10 September 1974,New Castle, Delaware, USA 本名 Matthew Ryan PhillippeTlatelolco: Mexico 68 (2006) Breach (2006) Flags of Our Fathers (2006) Chaos (2005) Five Fingers (2005) クラッシュ Crash (2004) リプレイ The I Insi
サンディ・ニュートン Thandie Newton 女優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),6 November 1972,Zambia 本名 Thandiwe Newtonクラッシュ Crash (2004) リディック The Chronicles of Riddick (2004) シェイド Shade (2003) シャレード The Truth About Charlie (2002) It Was an Accident (2000) M:I−2 Missi
ブレンダン・フレイザー Brendan Fraser 俳優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),3 December 1968,Indianapolis, Indiana, USA 本名 Brendan James FraserSingularity (2006) Big Bug Man (2006) (voice) The Last Time (2006) Journey to the End of the Night (2006) Beach Bunny (2005) (voice) クラッシュ Crash (
ジェニファー・エスポジート Jennifer Esposito 女優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),11 April 1973,New York, New York, USAAmerican Crude (2005) TAXI NY Taxi: Taxi N.Y.C.(2004) クラッシュ Crash (2004) 恋のトリセツ 〜別れ編〜 Breakin\' All the Rules (2004) Jesus, Mary and Joey (2003) 変身パワーズ
『クラッシュ』の悲しみの連鎖 (Days of Books, Films)
アメリカ映画を見に行って、オープニングでユニバーサルや20世紀フォックス、あるい
ポール・ハギス監督 『クラッシュ / CRASH』 ☆今年10本目☆ (honu☆のつぶやき 〜映画に恋して〜)
『クラッシュ』公式サイト:http://www.crash-movie.jp/原題:CRASH製作:2004年アメリカ監督:ポール・ハギス出演:サンドラ・ブロック/ドン・チードル/マット・ディロン/ジェニファー・エスポジート/テレンス・ハワード 《公開時コピー》人はぶつかりあう。人は人を傷つ
「クラッシュ」 (Puff\'s Cinema Cafe Diary)
公式サイト AMC、公開5日目初回です。 レディース・デイということで、この手の映画としては人が入ってました。 で、上映5分間位、幕が完全に引かれていなくスクリーンの両端に少し
「クラッシュ」Crash レビュー (「USAのんびり亭」映画情報)
ロスアンゼルスは全てが溶け合い融合する“るつぼ”ではなく、混ざり合いながら決して
クラシュ−(映画:今年24本目)− (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
監督:ポール・ハギス 出演:サンドラ・ブロック、ドン・チードル、マット・ディロン、ジェニファー・エスポジト、ウィリアム・フィットナー 評価:90点(100点満点) 公式サイト 「それでも私たちは生きていくのだ」 (以下ネタバレあり)
14 クラッシュ (毎週水曜日にMOVIE!)
アカデミーの前にはほんとは、作品賞はみておきたいです。なかなか日本ではそれができずに残念。 なので、これはがんばってみなくちゃと、行ってきました。ほぼ満席。すごいです。 「ミリオンダラーベイビー」脚本のポール・ハギスが監督。 ・・・それだけでいかばかり
「クラッシュ」 (旅する鯉、睡眠中。)
★★★★★。はい、5つ星。 本年度アカデミー賞6部門(作品賞含む)ノミネートのこの作品。 ひとつの交通事故からさまざま人の運命が絡み合っていく・・・ みたいなキャッチコピー。 俺が観る前に得てた情報はこれだけ。 予告編も見ないまま。 ま、俺たいがい予告なんて
シネマ日記 クラッシュ (skywave blog)
人の’こころ’に棲む、怒り、哀しみ、憎しみを切り取って、切ないほど悲しく見せてくれます。 人種の’るつぼ’アメリカ・ロサンゼルス。うまくいかない人生に、苛立っている人
クラッシュ (映画を観たよ)
またまた重い、けど・・・ たくさんのエピソードは全てが繋がっている。 ほとんどが悲しみの連鎖でした。 誰もが主人公で本当に日常的な日々。 黒人、アジア人、ペルシャ人などと色んな人種がいる。そして今でもある人種差別。 その時は人種差別を扱った映画なのかなぁって
映画@クラッシュ (sattyの癒しのトビラ)
ロサンゼルス、24時ーー ハイウェイで起こった一件の自動車事故が、 思いもよらない\"衝突\"の連鎖反応を生み出し、 さまざまな人々の運命を狂わせていく 『クラッシュ』 人々がぶつかり合い、傷つけ合う。。そして、触れ合う。。 その裏に隠れた、人々の繋がりが描かれてい
【 クラッシュ 】 (もじゃ映画メモメモ)
『ミリオンダラー・ベイビー』の製作・脚本を担当したポール・ハギス初監督作品。マット・ディロン、ドン・チードル、サンドラ・ブロックなどが出演する群像劇。 様々な差別や偏見を浮き彫りに、それぞれのエピソードが複雑に絡み合うストーリー展開。観ているうち...
【クラッシュ】 2004年・米 (もりっぺ★のほほ〜ん   )
■監督・脚本 ポール・ハギス■音楽 マーク・アイシャム ■出演 マット・ディロン/サンドラ・ブロック/ドン・チードル■ストーリークリスマス間近のロサンゼルスのハイウェイで交通事故に巻き込まれた刑事のグラハム(ドン・チードル)は、偶然、事故現場脇で若い黒...
クラッシュ・・・・・評価額1800円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
観ている間、自分が映画の登場人物であるかの様な、不思議な感覚で物語に感情移入していた。 この映画は、アメリカの移民社会に暮らしたことのある人間には、まさしく人生に縮図のよ
クラッシュ (ようこそ劇場へ!)
CRASH、脚本・監督=ポール・ハギス。 僕の中では、ロバート・アルトマン監督の『ショート・カッツ』を超える群像劇は未だに現われていない。本作では『ミリオンダラー・ベイビー』の脚本で脚光を浴びたポール・ハギスが、ロスアンジェルスに生きる人たちの人生の断片を交差
クラッシュ(ポール・ハギス監督) (BUZZHILL\'SBLOG)
 観劇クラブのメンバーから『クラッシュ』の感想エッセイが届きましたので紹介します。 ロサンゼルスを舞台にした群像劇。多様な人種・宗教・社会的地位の人々が混在する「るつぼ」の町で、車と車、憎しみと憎しみ、苛立ちと苛立ちが、クラッシュする。人々の足下に蔓延...
クラッシュ 評価額・960円 (Blog・キネマ文化論)
●クラッシュを鑑賞。 クリスマス間近のLAのハイウェイで交通事故に巻き込まれた刑
Crash【クラッシュ】 (Big Screen)
Crash【クラッシュ】公式HP アカデミー賞の ○作品賞、 ○監督賞(ポール・ハギス)、 ○助演男優賞(マット・ディロン)、 ○脚本賞(ポール・ハギス、ボビー・モレスコ)、 ○編集賞(ヒューズ・ウィンボーン )、 ○歌曲賞 (“In the Deep”) の、 えぇと、いち、にぃ
クラッシュ (Diarydiary!)
《クラッシュ》 2005年 アメリカ映画 - 原題 - CRASH ロス 24
クラッシュ(映画館) (ひるめし。)
それはあなたも流したことのあるあたたかい涙 CAST:サンドラ・ブロック/ドン・チードル/マット・ディロン/ジェニファー・エスポジート/ウィリアム・フィクトナー 他 ■アメリカ産 112分 本年度アカデミー賞主要5部門ノミネートしている本作。そういうコトなんでかな
CRASH (Mein Sommernachtstraum)
クラッシュ 犯罪都市ロサンゼルスで、36時間の人間模様を追う。刑事や雑貨店主、テレビディレクターらが、それぞれ衝撃的な事件に遭遇。彼らの心に眠る人種差別などの偏見や、切実な私生活が浮き彫りになっていく。銃撃や事故のシーンは、胸が締めつけられるほど壮絶。...
映画館「クラッシュ」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
いろんな方のレビューで拝見させていただいていて、観たい観たいとおもっていた作品です。地元のシネコンには、公開されていなかったのですが先週末についに公開されました! 人種差別が軸となって、いろんな人種、職業、生活の人々が織り成す人間模様。人間の嫌な部分...
クラッシュ (*アンチハリウッド的* 映画論)
公式サイトはコチラ→ 【公開時コピー】 それは、あなたも流したことのあるあたたかい涙。 怒り、哀しみ、憎しみ、喜び----。 人の”こころ”の断面図を鮮烈に描く、感動の ヒューマンドラマ誕生。 【原題】Crash 【制作年】2004 【制作国】アメリカ 【監
CRASH (星のカケラ)
昨日『クラッシュ』を観にいってきた。 アカデミーの作品賞、監督賞、助演男優賞、脚本賞、編集賞、歌曲賞の6部門ノミネート作品なり。 まだ2月だけど、もう劇場10本目。 らしくなく1500円払って映画鑑賞。 とりあえず出演者は豪華ですね。 監督・脚本はポール・ハギス
クラッシュ (シネマ日記)
ネタバレあり。人種差別をテーマにした本当によくできた群像劇。監督、脚本はポールハギス。「ミリオンダラーベイビー」の脚本を手がけた人。それだけでも、この映画がクオリティの高いものであろうことは予想できる。15人はいるメインのキャスト。その全員が素晴らしい演技
本年度アカデミー作品賞・監督賞他6部門ノミネート『クラッシュ』 (Dead Movie Society★映画三昧★)
今回は、映画三昧ブログ開設1周年記念! というわけで最近、1週間以上も更新できなかったこともあり、 この1年間の反省と自戒をこめて『クラッシュ』について書こう。 コレ、今回のアカデミー作品賞候補5本の中で唯一見ている映画。 オスカー予想とは別に、とても
『クラッシュ』’05・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじクリスマスを間近に控えたロサンゼルス。黒人刑事グラハム(ドン・チードル)と同僚のヒスパニックの恋人リア(ジェニファー・エスポジート)。ペルシャ人の雑貨店経営者ファハド(ショーン・トーブ)と娘のドリ(バハー・スーメク)。黒人青年アンソニー(クリス...
「クラッシュ」 (ai〜ずRoom)
あらすじ…ロサンゼルス。ハイウェイで一件の自動車事故が起きた。そこで黒人警官グラハム(ドン・チードル)は偶然現場脇で行われていた若者の死体捜査に釘付けになった。それからさ
街に出ても、心がぶつかる事はない・・みんな心を隠しているから・・・〜ポール・ハギス 「クラッシュ」 (** Paradise Garage **)
こんばんは。 雨の水曜日です。 今日は新宿の劇場で観た映画について。 『 クラッシュ ( CRASH ) 』 ( ‘04年 アメリカ ) 冬、クリスマス間近のロサンゼルス。 黒人刑事 グラハム(ドン・チードルさん)とその同僚でヒスパニックの恋人 リア(ジェニファー・エス
クラッシュ (メルブロ)
クラッシュ 上映時間 1時間58分 監督 ポール・ハギス 出演 サンドラ・ブロック ドン・チードル マット・ディロン ジェニファー・エスポジート ウィリアム・フィクトナー 評価 7点(10点満点)  映画の日ということで日比谷のシャンテ・シネへ。2月に続きまた
クラッシュ (映画で綴る鑑賞ノート)
マット・ディロンがアカデミー賞助演男優賞にノミネートされていたので、注目していたら、 凄いキャラでした。 共感なんて出来ないよ… 個人的には、テレンス・ハワードの演技が印象的でした。 彼は『Hustle & Flow』のほうで、主演男優賞にノミネートされているようです。
クラッシュ (HIROMIC WORLD)
本日の1本目は「クラッシュ」 LAに暮らす様々な人種・職業の人々が、ぶつかり合い
クラッシュ (impression)
人種のるつぼ、ロサンゼルス。 刑事、警察官、自動車強盗、地方検事とその妻、TVディレクター、鍵屋とその娘、病院の受付嬢、雑貨屋の主人…。 様々な階層の、様々な人種の彼らは
人種問題がぶつかり合う群像劇◆『クラッシュ』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
2月27日(月)TOHOシネマズ木曽川にて 冬、クリスマスも間近のロサンゼルス。深夜、ロス市警の黒人刑事グラハム(ドン・チードル)と、同僚でスペイン系の恋人のリア(ジェニファー・エスポジト)は、交通事故に巻き込まれた。車から降り立ったグラハムは、偶然事故現場脇
映画鑑賞記「クラッシュ」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:06.03.03 鑑賞場所:シネマイクスピアリ 人種のるつぼでもあるアメリカ社会、その複雑な関係は、時に憎悪や暴力にもなり、涙の愛や感動にもなったりする。 この映画は、そんな社会をいくつかの同時進行の感動ストーリーで描いている。 第78回 アカ
Crash (Butterfly Stroke)
「Paul Haggis」という脚本家から、しばらく目が離せなくなりそうです。 短編小説を元にした「ミリオンダラー・ベイビー」に続き、、というか、それ以前にトロント国際映画祭で発表され、アメリカでは昨年春に公開されたのが彼が監督も務めた本作「Crash」であります。
クラッシュ (Alice in Wonderland)
『バタフライ・エフェクト』に続きなんて素晴らしい脚本なんだろうかと感心させられた映画でした。心の痛い部分をわしづかみにされたような痛みもあり、ほっとするような感動のシーンもあり、日常的な出来事でありながら普段はタブー視されているような内容を何ともいえな...
クラッシュ (It\'s a Wonderful Life)
いつ観ようかな?って間にアカデミー作品賞受賞かぁ。。 オスカー中継はやっぱりNHKに戻して欲しいな。 別所哲也さん込みでお願いします! とはいうものの、「シカゴ」「ビューティフル・マインド」「アメリカン・ビューティ」 等、何故か作品賞受賞後に観た作...
『クラッシュ』 (takin\' it easy)
アカデミー作品賞を取ったけど 授賞式ではこの映画の関係者が一番びっくりしてた感じだったかも!? 確かに、いかにもオスカーを取りそうなタイプではないけど 映画の良し悪しというよりは 今まで届いた事のなかったお腹の下ーーーの 方までずっしりと響くかなりパ
クラッシュ (悠雅的生活)
ぶつかり合う 人間たち
『クラッシュ』 (flicks review blog II)
ロサンゼルスの2日間の中で起こる様々な「衝突」を切り取り描いたアンサンブル劇。  ロスというのは、わたしは行ったことないけれど、車がないと何にもできないところだと知人の
『クラッシュ』★★★★★94点 (ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ)
愛がすれ違い、悲しみが砕け散る。激しい”衝突”が繰り返されていく―。『クラッシュ』公式サイト制作年度/国;\'05/米 ジャンル;ヒューマン 配給;ムービーアイエンタテインメント上映時間;112分  PG-12監督;ポール・ハギス出演;サンドラ・ブロック/ドン・チードル/マ..
クラッシュ  (アカデミー賞受賞作品) (HappyDays)
クラッシュ  (ネタバレ注意)これは、人間が誰でも持つ、自分と異質なものへの嫌悪感と、その嫌悪感を持つ自分に対する精神的疲れを表している。アメリカ人は、(イチオウ)誰に対してもオープンなように見える。ここでいう、アメリカ人ってWASPのことだけど。誰に対し...
クラッシュ (吾輩はナマケモノである。)
前夜(レディースデー)は満席で断念したので、再挑戦。今日は座れました。 アカデミー賞効果でしょうか?観客が多いです。 激しい感情のぶつかり合い、人の善悪が交差する姿を描いた映画。 難しいテーマを本当に上手く映像化していました。 主人公が誰かわからないぐらい
『クラッシュ』(2005)/アメリカ (つれづれつづり。 〜きままに書いてみたくって〜)
第78回アカデミー賞が決まりましたね。作品賞・脚本賞・編集賞の3部門を受賞した、この作品、ちょっとチェックしないといけないですよね!!もうすぐ春休みなので、急いで行ってきました!*********************『クラッシュ』(2005)/アメリカ監督...
クラッシュ(2005年) (勝手に映画評)
タイトル クラッシュ ---感想--- 2006年アカデミー作品賞受賞作。下馬評では、「ブロークバック・マウンテン」が受賞と言う感じだったんですが、大どんでん返し。もっとも、監督賞は「ブロークバック・マウンテン」のアン・リーだったんですが。この結果は、「ブロークバッ
「みんな本当は触れ合いたいのさ ぶつかって、何かを実感したいんだ」(映画「クラッシュ」) (Sasaki-Blood)
アカデミー作品賞を受賞したポール・ハギス監督の「クラッシュ」。 受賞する前の日比
【劇場映画】 クラッシュ (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ ロサンゼルス。ハイウェイで一件の自動車事故が起きた。日常的に起きる事故。しかしその“衝突”の向こうには、誰もが抱える“感情”の爆発が待っていた。ペルシャ人の雑貨店主人は護身用の銃を購入し、アフリカ系黒人の若い2人は白人夫婦の車を強奪。人種差
「クラッシュ」〜地獄のLAに希望の雪 (万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記)
 本命視されていた「ブロークバック・マウンテン」を破って、見事アカデミー作品賞に輝いた「クラッシュ」(ポール・ハギス監督)をきょう観てきた。ロサンゼルスを舞台にした映画は数え切れないほどあるが、この作品ほど深く鮮明に、街の空気とそこに住む人々の喜怒哀楽(.
映画『クラッシュ』を観て (KINTYRE’SPARADISE)
原題:Crash(アメリカ)上映時間:112分監督:ポール・ハギス出演:サンドラ・ブロック(ジーン)、ドン・チードル(グラハム)、マット・ディロン(ライアン巡査)、ジェニファー・エスポジト(リア)、ライアン・フィリップ(ハンセン巡査)、テレンス・ハワード(...
■〔映画雑談Vol.16〕第78回アカデミー賞(3月5日開催)を楽しむ! (太陽がくれた季節)
―その2・「映画鑑賞券争奪((^^)・アカデミー賞6部門4者予想、および、結果」篇(※含、『クラッシュ(2004/ポール・ハギス)』鑑賞プチ・メモ) ―&お陰様で、ブログ開設一周年を迎えました!! ●2006年3月8日(水)=予想結果篇 ⇒◆受賞結果〔>1:Movie Walke
クラッシュ (映画評論家人生)
ナビオTOHOプレックス ばらばらにスタートしたいくつかのドラマを、終わりに近づくにつれてひとつにする。本作のような方法は、これまでたくさん作られた。近作で高い評価を得たスティーブン・ソダーバーグ監
【クラッシュ】本年度アカデミー作品賞 (Pすけ☆の気まま日記)
目の前に他人が現れたら怖いですか?実は相手もあなたのことを怖がっているとしたらどうですか?車の衝突事故から それは始まった。まるで連鎖反応のようにあらゆるところで起こっていくさまざまな衝突(クラッシュ)世の中にはたくさんの人がいて一人一人に人生がある。...
「クラッシュ」 (共通テーマ)
ロサンゼルス、24時――。ハイウェイで起こった一件の交通事故が、思いもよらない\"衝突\"の連鎖反応を生み出し、様々な人の運命を狂わせていく・・・(公式サイトより)。「アメリカ」
クラッシュ(05・米) (no movie no life)
「交通事故に気をつけよう」とか「人種差別をやめよう」と言う映画ではないような気がする。 交通事故や犯罪が多発するロサンゼルス。人種のるつぼ。 そこで生きていくには、刑事も、検事も、TVディレクターも、医師も、小さな店の経営者も、鍵の修理人も、若者も
クラッシュ (まつの部屋)
仕事が終わって、日比谷シャンテに「クラッシュ」を見に行ってきました。アカデミー賞受賞後初の土曜日ということもあり、30分前に着いたのですが席は最前列と2列目しか空いていませんでした。映画は暗く、人種差別がこれでもかと出てくるので、見ていると心がすさんでい...
静岡シネギャラリーで「クラッシュ」を観る(ネタバレあり) (ちょっとだけ勝手に言わせてもらいます(Blog版))
 今日は本年度米アカデミー作品賞を受賞した「クラッシュ」を観てきた。しかも近場、
Crash (ぶろぐミセス)
昨日はクラッシュを観ました。 本年度アカデミー賞3部門獲得。アメリカ社会の人種差別、介護問題、銃社会の 実態など、重く、苦しいストーリーが淡々と続く中、はらはら手に汗握る シーン、思わずほろっとなったり、ホッとしたりする場面などがあり、アクション 映画でもな
クラッシュ (がちゃのダンジョン 映画&本)
『クラッシュ』 (2004)CRASH上映時間112分製作国アメリカ ジャンルドラマ/犯罪 「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本で注目を集めたポール・ハギスが脚本に加えて自ら製作と監督も務めた衝撃のヒューマン群像サスペンス。様々な人種が入り混じり、人種間の摩擦と緊張が...
クラッシュ (壺のある生活)
クラッシュ crash (2004/アメリカ) 心に響きまくる一本 監督・脚本 ポール・ハギス Paul Haggis 出演 サンドラ・ブロック Sandra Bullock (Jean) ドン・チードル Don Cheadle (Graham) マット
クラッシュ (greengarden)
ネタバレあるかも。今年のアカデミー作品賞受賞映画。場内は満員だった。出口のない物語だった。テンポが速く登場人物も多いので時々わからないところもあるが、勢いで見入ってしまう。見終わった後はなんともいえない気持ち。たくさんいる登場人物のそれぞれに共感できる...
映画レビュー#23「CRASH」 ★★★★★ (Production Rif-Raf)
基本情報 「CRASH」(2005、アメリカ) 監督:ポール・ハギス(ミリオン・ダラー・ベイビー:脚本) 脚本:ポール・ハギス、ボビー・モレスコ 製作:ポール・ハギス、ボビー・モレスコ、ドン・チードル他 出演:ドン・チードル(ホテル・ルワンダ)、マット・ディロン(ド.
クラッシュ (とにかく、映画好きなもので。)
   もう今日はこれを観に行くぞと決めていたので観てきました。  新宿武蔵館にて。    監督は「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本家ポール・ハギス    これは脱帽です。もうこれしか言葉が出てこない。     本当に観に行って良かったと思える.
感想/crash (APRIL FOOLS )
アカデミー賞作品賞受賞映画「crash」を鑑賞。監督/脚本のポール・ハギスって「ミリオンダラーベイビー」の脚本書いた人なんですね。彼的には連続受賞ってことか。スゴイや! crash 一切の前情報なしで臨んだ今作。いやー、よくできた作品だったなー。ただでさえ群像も
クラッシュ (【極私的】Movie Review)
原題…CRASH 監督…ポール・ハギス 出演…マット・ディロン/ドン・チードル/テレンス・ハワード/ルダクリス 極私的満足度…○ アメリカの本音? 言わずと知れた、2006年アカデミー作品賞をかっさらった作品。受賞前は平日閑古鳥の鳴いていた劇場も、受賞直後から大入.
クラッシュ (SmallTalk)
『クラッシュ』(2005年/米国 原題:Crash)を見た。第78回アカデミー賞の作品賞を受賞した作品で、LAで起こった一つの自動車事故をめぐる群像劇。メインの登場人物だけで、1)黒人の刑事(ドン・チードル)2) その恋人でメキシコ系刑事(ジェニファー・エスポジド)3)ペ...
クラッシュ (日々徒然ゆ~だけ)
 まぁどのアカデミー受賞作にも投げ掛けられる言葉ではあるが「それほどでも…」あまり期待せず,気負わず観るのが一番感銘を受けるであろう。じっくり物語を反芻するのが好きな人向けである。
■クラッシュ〜映画鑑賞 (AKATUKI DESIGN)
今日は六本木の映画館で映画鑑賞。 本年度のアカデミー賞の作品賞を受賞した”クラッシュ”を見てきました。 ジャンボなポップコーンを抱える観客の多い六本木ヴァージンシネマ。 キャラメルのあま〜い香りの漂う緊張感のない雰囲気での開幕となりました・・・ --- クラッ
「クラッシュ」見て来ました。 (lifeisjourney.)
本当は今月初め位から公開されているはずの「クラッシュ」アカデミー賞で作品賞を受賞したからようやく近所の映画館でやってくれる事になりました。無料のポイント貯めてて良かった!!久しぶりの休日の映画館でパンフレットまで手に入れる程感動しました。「クラッシュ」...
「クラッシュ」  CRASH (俺の明日はどっちだ)
クリスマスが近づいているロサンゼルスを舞台に36時間という限られた時間の中で起こる、様々な怒りや哀しみ、そして憎しみや喜びといった人間模様が見事に描かれていくこの作品、そのあまりに巧みな脚本と見事な演出にほとほと感心させられてしまった。 正直言って重層的に
クラッシュ (BLACK&WHITE)
【crash】2005年/アメリカ 監督:ポール・ハギス  出演:サンドラ・ブロック/ドン・チードル/マット・ディロン/サンディ・ニュートン 人種差別問題、強盗、銃の悲劇など日本に住む私
クラッシュ (琴線〜心のメロディ)
【2006年2月11日劇場公開】 【ジャンル:ドラマ】 【観た場所:広島バルト11】 面白かった度:{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/} オススメ度:★★★★ もう一度観たい度:{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/} 私が観た社会派作品の中では、『アメリカン・
クラッシュ(2005)にみる“人間の業” (berabo\'s blog)
批評No.24 てなわけで、クラッシュ(2005)(Theater) 人間のもつ善と悪、多面的に捉えられた姿がスクリーンでリアルに呼吸してます。 <a href=\"http://movie.blogmura.com/in/040420.html\"></a>
『クラッシュ』 (ストーリーの潤い(うるおい))
「この世から犯罪をなくす方法は二つ。ひとつは、この世から人間をなくすこと。もうひとつは、刑法などの法律をなくし、『犯罪』という概念をなくすこと」 と同じように、 「この世から差別をなくす方法は二つ。ひとつは、この世から人間をなくすこと。もうひとつは、『差.
■クラッシュ (ルーピーQの活動日記)
クリスマス間近のロサンゼルス。深夜のハイウェイで黒人刑事のグラハム(ドン・チードル)は、相棒で恋人でもあるスペイン系のリア(ジェニファー・エスポジト)と追突事故に巻き込まれる。そこで彼は、偶然事故現場近くで発見された若い黒人男性の死体に引き付けられる・
「クラッシュ」 (かんかん日記)
この映画を見る前の気分は最悪でした。映画の前にご飯を食べに入った店では、注文を取に来ないし、デザートを頼んでも出てこない。おかげでぎりぎりに映画館に入る羽目になり、座席へと急ぐとそこには他の人が…席違ってませんか?と声かけるも無視するバカ二人。もうすぐ...
クラッシュ (えいがの感想文)
ロスを舞台に様々な人種間で起こる 「衝突」の連鎖反応を描くヒューマンドラマ。 「クラッシュ」 多民族社会の人種差別って、ここまで根強いものなのか。 いかにもアメリカ・ロスならではのストーリーですね。 白人と黒人だけじゃなく、イラク人に間違えられ言わ
「クラッシュ」 アメリカ人とはいったい何なんだ? ( 本と映画の日々  そして、ゆめのつづき)
「クラッシュ」 アカデミー賞作品賞の予想が外れてしまった。 80%は、「ブロークバック・マウンテン」だと思っていた。 友人からアカデミー賞トトカルチョの応募用紙をメールで貰っていたのを、 つい開けそびれていたのは、不幸中の幸いか・・・。 78回アカデミー賞
クラッシュ ([踊]Dance!Dance!Dance!)
本年度アカデミー賞作品賞、オリジナル脚本賞、編集賞を受賞。映画の日見た映画。2本目。 「触れ合いだよ。街中を歩けば、人と体が触れたり、ぶつかったりする。でもロスじゃ、触れ合いは皆無。人々は金属やガラスの後ろに隠れている。みんな触れ合いたいのさ。衝突し合い
「クラッシュ」を見てきました。 (このところちょっと〜cloverhousediary〜)
「クラッシュ」■ストーリー:クリスマス間近のロサンゼルス。黒人刑事のグラハム(ドン・チードル)は、相棒であり恋人でもあるスペイン系のリア(ジェニファー・エスポジト)と追突事故に巻き込まれる。彼は偶然事故現場近くで発見された黒人男性の死体に引き付けられる...
「クラッシュ」と「有頂天ホテル」 (キム・シネマ・クリエイト情報ブログ!)
なぜ、この限りなく「異種な」作品が、一緒に並んでいるのかというと、たまたま、昨日、この二本の映画を見たからだ。どちらも前から見たい作品ではあった。ただ、同じ日に見ることになるとは思わなかった。たぶん、試写会通いしている人以外で、同じ日にこの二本を見た人
クラッシュ 2006-18 (観たよ〜ん〜)
「クラッシュ」を観てきました〜♪ クリスマス間近のロサンゼルス、刑事のグラハム(ドン・チードル)と相棒リア(ジェニファー・エスポジート)は、高速で事故に巻き込まれる・・・グラハムは、偶然事故現場のすぐ側で黒人青年の肢体を発見する・・・
『クラッシュ』---銃弾をよけるマント (映画兄弟の映画ブログ)
先週末tetsuと観にいった。日本の高知ではやっと先週土曜日からかかっています。aniは、”群像劇”とやらは、ちと苦手。『マグノリア』では役者以外何がいいのか全然わからず(確かにJ.C.ライリーはいいよ)、既出『シリアナ』はトラウマになりそうです。 とは言え『
『クラッシュ』 (映画館で観ましょ♪)
映画の軸となっているのは人種差別。 表に出てくる差別もあれば、心の中に潜む差別もある。 複雑に絡み合う人間関係。 誤解から生まれる憎しみ。 日々の暮らしの中で鬱積していく感
「クラッシュ」 100点。 妖精のマントの話がいい。完成度の高い作品。 (■ヒゲと坊主の日常@浜松■)
アカデミー賞で作品賞を獲るような作品は面白くないだろうという先入観と個人的に好きではない「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本を書いた人の監督作品ってことで全然期待してなかったんだけどいい意味で裏切ってくれた。 かなりいいです。 好きです。
クラッシュ (映画をささえに生きる)
あー、車の事故に関連して話が進むから『クラッシュ』なんですね。なるほど。そういえばひとつ分かったことがあります。 アメリカ人は自動車事故を起こしても謝らない。
クラッシュ (cinema capsule)
オスカー作品賞を受賞した人間ドラマ。 アメリカの暗部を抉り出す ★「クラッシュ」 2005年アメリカ 112分 監督:ポール・ハギス 出演:サンドラ・ブロック    ドン・チードル    マット・ディロン    ブレンダン・フレイザー    テレンス・ ...
クラッシュ (ネタバレ映画館)
やっと見れた。オスカー授賞式が発表されてから観ると、最後の「中国人め!」という台詞をアン・リーがどう感じたのか興味あるところです・・・
クラッシュ (真っ赤なメガネの言うことには)
クラッシュ 原題:Crash 2005年 「触れ合いだよ。街中を歩けば、人と体が触れたり、ぶつかったりする。でもロスじゃ、触れ合いは皆無。人々は金属やガラスの後ろに隠れている。みんな触れ合いたいのさ。衝突し合い、何かを実感したいんだ」 本年度アカ ...
クラッシュ (サウンドトラック秘宝館)
CRASH 監督: ポール・ハギス  音楽: マーク・アイシャム  出演: サンドラ・ブロック、ドン・チードル、マット・ディロン、ジェニファー・エスポジート、ウィリアム・フィクトナー、ブレンダン・フレイザー、テレンス・ハワード 2004年 アメリカ映画 ...
クラッシュ (<花>の本と映画の感想)
クラッシュ 監督 ポール・ハギス 出演 サンドラ・ブロック 、ドン・チードル 、マット・ディロン 、ジェニファー・エスポジート 、ウィリアム・フィクトナー 2005年米 最初、場面がいろいろ出てきて、誰が主人公が誰なんだろうと思って見ていた ...
「クラッシュ」することで分かること (再出発日記)
監督・原案ポール・ハリス 製作・脚本ホール・ハリス/ボビー・モレスコ 出演ドン・チードル/マット・ディロン/テレンス・ハワード/サンドラ・ブロック/サンディ・ニュートン久しぶり。『マグノリア』式映画。けれどもあの映画のように最後にとんでもないも ...
2006/05/08 (m\'s box)
『クラッシュ』を観た。 大好きなサンドラ・ブロックが出ていたし、評判もよさそうだったので、観た。 難しいだろうなぁ、とは思っていたら、案の定、いろんな人が登場し混乱した。 マット・ディロンが人を助けるシーンと、鍵屋の可愛い娘が父親に抱きつく ...
『 クラッシュ 』 (王様の耳はロバの耳)
 アカデミー賞 主要3部門 を受賞した  ( 作品・脚本・編集 )  『 クラッシュ 』 を見て来ました〜  この映画、当初極僅かな劇場でしか上映されてなくて  僻地在住の私が見に行ける訳もなく  気になっていたのだけど、諦めてたら  アカデミー ...
映画「クラッシュ / crash」観てきた ★★★★☆ (VALETUDO !! 番外編 - まるるのオキラク広場)
人と人がすれ違い過ぎてゆく日常にある普通の光景。すれ違いはするものの全く関係の持たない人々が、ちょっとした運命のいたずらか、車の衝突事故=クラッシュを基点として数々の独立
「クラッシュ」と「ブロークバック・マウンテン」 (映画と出会う・世界が変わる)
「クラッシュ」と言っても、デヴィッド・クローネンバーグ作品ではない。サンドラ・ブロックが出演して自動車事故のシーンはあるが、彼女が異常な状況の下でハンドル操作をするわけではない。自動車事故と人種間の摩擦を物語のキーに設定したのはさすがにアメリカ ...
クラッシュ (CinemA*s Cafe)
http://www.crash-movie.jp/ 結果、アカデミー賞を受賞した作品となったクラッシュ。 確かにそれにふさわしい秀作だったと思う。 1つの自動車事故によって始まるこの映画。 様々な人間
Crash クラッシュ (Polka dot movie)
公式サイト STORY ロサンゼルス。ハイウェイで一件の自動車事故が起きた。 日常的に起きる事故。しかしその“衝突”の向こうには、誰もが抱える“感情”の爆発が待っていた。 ペルシャ人の雑貨店主人は護身用の銃を購入し、アフリカ系黒人の若い2 ...
クラッシュ (ぶっちゃけ…独り言?)
6.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 何と、何と! こーゆー映画だったのですかぁ〜。 てっきり、もっと感動するよーな映画だと思ってましたよぉ。 えっとですねぇ、正直言ってしまうとあんまり好きなタイプの作品ではないです。 が ...
クラッシュ (とんとん亭)
「クラッシュ」2006年 米 ★★★★★ 大都会ロサンゼルスの2日間を追う、群像劇。 いや〜〜待った。待った^^ アカデミー作品賞グランプリに輝いた時は既に 遅く、上映された後でした。DVD化を待って待ってやっと観れましたが期待通り! 冒頭の ...
クラッシュ (Crash) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ポール・ハギス 主演 ドン・チードル 2004年 アメリカ映画 112分 ドラマ 採点★★★ 「差別は恐怖からくる」とマリリン・マンソンが言っていた。その恐怖は、無理解から来るもの。理解出来なければ出来ないほど恐怖を感じ、差別し排斥することで身の安全を図 ...
クラッシュ (何曜ロードショー)
今日のイラストはサンドラ・ブロックさん彼女がクレジットの最初にあるので先に描いていましたが、彼女が主人公ってワケではありませんね、この映画。コメディとかが多いので、笑っている顔の方が、印象深いのですが、この映画は、コメディじゃないので、シリアス ...
クラッシュ (ケントのたそがれ劇場)
★★★★☆  2006年アカデミー賞受賞作品だが、ネッ卜の評判はいまいちだった。それで映画館で観るのは敬遠して、DVD化されるのを待っていたのである。 この作品は、病める国・人種の坩堝・格差王国であるアメリカの光と闇を、いくつかの家族の悩みを通じ ...
クラッシュ (小部屋日記)
Crash (2005/アメリカ) 今年のアカデミー賞作品賞に輝いた映画。 「ブロークバック・マウンテン」と争いました。 偏見と人種差別を扱うヒューマン作品。 群像劇で、それぞれの出来事がつながりをもっているので、注意深く観てないと、わからなくなる恐れも・ ...
クラッシュ (Extremelife)
「ミリオンダラー・ベイビー」の脚本で注目を集めたポール・ハギスが脚本に加えて自ら製作と監督も務めた衝撃のヒューマン群像サスペンス。様々な人種が入り混じり、人種間の摩擦と緊張が極限にまで高まるアメリカのロサンジェルスを舞台に、次々と引き起こされる ...
Crash (Color My World)
2006年日本公開 監督 ポール・ハギス (ミリオンダラー・ベイビー 脚本) 【ストーリー】 クリスマスを間近に控えたLA 黒人刑事グラハムとその同僚でヒスパニックの恋人リア 銃砲店で不当な差別に憤慨するペルシャ人の雑貨店経営者ファハド 白人に敵意 ...
クラッシュ (映画鑑賞★日記・・・)
『CRASH』公開:2006/02/11監督:ポール・ハギス出演:サンドラ・ブロック、ドン・チードル、マット・ディロン、 ブレンダン・フレイザー ☆story☆クリスマスを間近に控えたロサンジェルス。黒人刑事グラハムとその同僚でヒスパニックの恋人リア。銃砲店で不当な ...
N0.163「クラッシュ」(アメリカ/ポール・ハギス監督) (サーカスな日々)
真理は単純かもしれないが、 そこにいたる道筋はとてつもなく複雑系だ。 「天使の街」ロサンゼルスのクリスマス。 車の衝突(クラッシュ)事故が、ひとつの起点となり、連鎖反応のように、人種・性別・階層・年齢を超えて、ドラマが波紋をおこしていく。 登場人物 ...
クラッシュ 〜新作DVD〜 (利用価値のない日々の雑学)
アメリカ、というよりも、舞台はロスなので、アメリカ全部を象徴しているのかどうか分らないが、内容的には色々考えさせる作品であった。しかしながら一方で、この作品は2006年オスカーの作品賞である。多分、作品賞を獲得していなければ(ノミネートされているから ...
クラッシュ (cinema note+)
クラッシュcrash 2004年 アメリカ・ドイツ 人種差別のオンパレードで、ここまでやっちゃっていいの?って思うほどでした。   とにかく脚本が上手くて、監督・脚本のポール・ハギスの職人芸を感じた。「ミリオン
差別の背景には (藻、たくさんの日々。)
早稲田松竹で二本目に観たのは、「クラッシュ」。 現在のアメリカの人種差別を描き出した作品。 本命といわれていた「ブロークバック・マウンテン」をおさえ、 第78回のアカデミー作品賞を受賞しました。 舞台となるのは、多民族化が著しい大都市ロサンゼ ...
『クラッシュ』 (**Sweet Days**)
クラッシュ 監督:ポール・ハギス CAST:ドン・チードル、マット・ディロン 他 第78回アカデミー賞 作品賞 脚本賞 編集賞 授賞 ロサンゼルス。様々な人種が行き交い、衝突し、それぞれに苦悩する様を描いた作品。 人種差別・・・決して解 ...
第78回.アカデミー賞『クラッシュ』(2005) (Fantastic Cinemas)
作品賞:Crash/クラッシュ 『ポール・ハギス監督』 タイトルの「クラッシュ」とは、「ぶつかり合う」こと。肉体的、物理的なクラッシュから、心と心の触れ合いまでが含まれる。『ミリオンダラー・ベイビー』の脚本家であるポール・ハギスが監督・脚本の本作 ...
【洋画】クラッシュ (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない 『評価』  A (演技5/演出4/脚本5/撮影4/音響4/音楽4/美術3/衣装3/配役4/魅力4/テンポ4/合計44) 『評論』 アカデ
クラッシュ…レンタルで鑑賞 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
一昨日「ダヴィンチ・コード」のDVD買ってきたことを報告させていただきましたが、でかいです箱{/face_acha/} 邪魔だなぁコレ{/face_ase2/} 実は買うつもりなかったんですが、 高い方だけにしか追加映像入っていない{/face_ase1/}なんて酷いです{/face_hekomu/} ...
映画『クラッシュ』 (茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜)
原題:Crash 前回の第78回アカデミー賞で作品賞に輝いた作品、ありとあらゆる人種が登場、目を背けたくなるような人種差別が痛々しいが基本的には暖かみがある・・ クリスマス前のロサンゼルスが舞台、群像劇だが、特に印象的・・というよりも衝撃的でさえあ...
クラッシュ (☆お気楽♪電影生活☆)
WOWOWで鑑賞♪
『クラッシュ』・・・ (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2005年:アメリカ映画、昨年のアカデミー賞主要3部門(作品賞・脚本賞・編集賞)受賞作品。
クラッシュ (アスカ・スタジオ)
 海の向こうではアメリカ大統領選挙も近づいて、政治活動も活気を呈しつつあるようだ。なんでも「白人でもない。黒人でもない。アラブ人でもない。アメリカ人なのだ」と叫ぶ黒人候補予定者が共感を呼んでいるとか。そういえばこの映画は、今まで多く見られた単純な人種差...
『クラッシュ』 (cinema!cinema!〜ミーハー映画・DVDレビュー)
[DVDソフト]クラッシュさまざまな人種・立場の人々を登場させ、人種差別や歯車の狂っていくそれぞれの運命を描いたアンサンブルキャストの秀作だと思う。短い各々のエピソードの中に、無理のない程度に登場人物の特徴をにおわす演出。アンサンブルキャストの映画でこん....
ブルース・トラヴェラー (まい・ふぇいばりっと・あるばむ)
NO.01225 ブルース・トラヴェラー4枚目のアルバム『フォー』 (1994年) 『バルカン超特急』 昨日観た映画があまりにも素晴らしかったので、紹介させて下さい。 タイトルは、『クラッシュ』です。 2005年度アカデミー賞で作品・脚本・編集賞...
クラッシュ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人はぶつかりあう。人は人を傷つける。怒り、哀しみ、憎しみ、孤独。それでも、人は、人を愛していく。』  2/11に公開されて現在も全国で順次公開されていっているコチラの映画。もうすぐ発表のアカデミー賞でも主要6部門にノミネートされている話題作ですね。 ...
クラッシュ (Addict allcinema 映画レビュー)
人はぶつかりあう。人は人を傷つける。怒り、哀しみ、憎しみ、孤独。それでも、人は、人を愛していく。
クラッシュ (むーびーふぁんたすてぃっく)
「クラッシュ」 感想 どれほど他人を理解できているのだろうか? 他人を理解できないという恐怖 恐怖からくる自己防衛 自己防衛のため...
「クラッシュ」(2004) (シネマ・ワンダーランド)
クリント・イーストウッド監督作品「ミリオンダラー・ベイビー」で脚本を執筆したポール・ハギスが同じく脚本や初監督を務めたサスペンス風のヒューマンドラマ「クラッシュ」(2004年、米、112分)。この映画はクリスマスを間近に控えた米国ロサンゼルスを舞台に、...