★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「グリーン・ゾーン」

2010-05-26 02:38:26 | 映画(か行)
<T1202/2010/A067/S028>

マット・デイモン主演でポール・グリーングラス監督作といえば、
「ボーン~」シリーズのコンビ。
原題も「GREEN ZONE」だけど、これはイラク・バクダッドの米軍駐留地域の事。
2010年製作の陰謀系戦争サスペンス・アクション、114分もの。

あらすじ・・・今回はMovieWalkerさんから引用させてもらいました。
結構詳しいので反転モードで・・・
2003年、英米連合軍によって陥落したイラクの首都バグダードに、アメリカ軍駐留地域、通称“グリーン・ゾーン”があった。ロイ・ミラー上級准尉(マット・デイモン)は、イラク政府が隠した大量破壊兵器を発見するという任務に就いていた。ミラーはMET隊を率いて戦闘を繰り広げるが、大量破壊兵器は見つけられない。これが3度目の失敗となったミラーは情報の正確性に疑問を感じ、作戦会議の席で、情報源の説明を要求する。しかし上官は、情報は精査されていると一蹴する。ミラーは任務の遂行中、英語が堪能でフレディと名乗るイラク人男性と接触する。フレディは、政府の要人たちが近くの民家に集まっているのを見たとミラーに告げる。ミラーはその民家で激しい銃撃戦の末、フセイン政権の最高幹部アル・ラウィ将軍の側近であるサイードという男を拘束する。ミラーはサイードの尋問を行うが、特殊部隊の隊長ブリッグス少佐(ジェイソン・アイザックス)が力尽くでサイードを連れ去る。ミラーの元には、サイードから押収した1冊の手帳が残される。国防総省の動きに不信感を募らせるミラーは、CIAのエージェント、ブラウン(ブレンダン・グリーソン)と会う。国防総省のパウンドストーン(グレッグ・キニア)と敵対するブラウンは、ミラーと同様、大量破壊兵器の謎を探っていた。ミラーは、ウォールストリートジャーナル紙の女性記者デイン(エイミー・ライアン)が過去に書いた記事から、“マゼラン”と呼ばれるイラク政府高官が大量破壊兵器の情報源であると確信する。パウンドストーンは、サイードの手帳にアル・ラウィの隠れ家のリストが載っていることを知り、その機密を入手しようとする。ミラーは米軍基地に収容されたサイードに接触する。サイードは尋問のため瀕死の状態に陥っていたが、ヨルダンという言葉を呟く。パウンドストーンはブリッグスの部隊を操り、ミラーとブラウンの行動を妨害する。アル・ラウィとの接触の機会を得たミラーは、命懸けの行動に出る。

    

ここからひらりん的レビューのネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
●パウンドストーンはアル・ラウィとヨルダンで密会・・・
大量破壊兵器は既に処分して無い・・・という話を聞いたが、
それでは戦争する大義名分がなくなっちゃうので、
架空のマゼランなる密告者を仕立て上げて、
記者にリークしてたのね。
●ミラーは勇猛果敢にアル・ラウィに会いに行くが、拉致されちゃったから、さあ大変。
部下とCIAは救出作戦・・・
国防総省は証拠隠滅のために、アル・ラウィもミラーも抹殺指令・・・。
●ミラーはそれでも、彼を確保して、陰謀を暴こうとするが、
既に国防総省は、軍部の解散・米国主導の傀儡政権樹立のプレス発表を行ってた。。。
●しかし、ミラー救出に米軍ヘリも応援・・・
下の下の兵士にまで、ミラー殺害は伝えられないし。
●そうこうしてる間に特殊部隊のブリッグスに殺されそうになるアル・ラウィ・・・
しかしその場を仕切ったのは、ミラーの通訳でずっと動いてたイラク人フレディ。
アル・ラウィは生きて保護したかったけど、
イラク人としてはアル・ラウィという男は許せない軍人。
そしてアメリカ人がこの国の将来を決めるのではなく、イラク人が決めるのだと・・・。
●一件落着して、パウンドストーンのもとへ大量破壊兵器存在の捏造レポートを提出、
同じものをWSJの女性記者デインや報道機関にメールしたミラー。
●米国主導の民主政権を作る民族会議が行われていたが、
他の民族からは同意を得られるワケはなく、会議は紛糾したのでした・・・・。

★あれ、この国防総省の人、誰だっけ?と思ったら、グレッグ・キニア。
だいぶやせたのかな???
この人、「ふたりにクギづけ」で、「まっと・でいもん」と双子の役を演じてます。
★大量破壊兵器が実は無かった・・・という話は、
CIAと国防総省のどっちの責任だ???という、泥試合だった・・・というのが、
最近やっと映画ネタになってきたのね。
たしか、「ブッシュ」でも、この件の会議をしてたよね。
★マット・デイモン・・・正義感の塊で、グイグイいくのは良いけど、
途中で、CIA入りして、すぐ戻されちゃうってのも、アリなのか?
ちょっと、余計なことにクビ突っ込みすぎで、
任務以外の行動をとりすぎな気もするなーーー。
★まあ、これくらい暴れないと、真相が見えてこないのかなっ。
★映像は、この監督ならではの緊迫感アリアリで、怖いくらい。
しかし、銃撃戦で逃げ惑うシーンなんかが、ブレブレでワケ分からん状態。
騒乱状態なので、敵か味方か分からず乱射・・・なのも、ありえそうな戦闘だったけど。

ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この作品の関連作は・・・
ふたりにクギづけ
ブッシュ
 

ひらりん的には
強い「マット・デイモン」はカタカナ表記
そうでない時は「まっと・でいもん」のひらがな表記にしてます。
参考作「チーム・アメリカ


ということで今回は・・・
戦争陰謀度・・・
大体、あいつが黒幕だってわかっちゃうけど、
決着の付け方が、なかなか良かった。


●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
ひらりん同様、「最近は戦争の裏の裏を描く作品が多いね」
と思ったあなた・・・
バナーにポチッとクリックおねがいしまーーす。

「人気ブログランキング(映画)」


ひらりんもツイッター始めました。
映画以外のこともつぶやいてるので、
ちょっと見に来てね。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (7)   トラックバック (78)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「その土曜日、7時58分」 | トップ | 「アドレナリン:ハイ・ボル... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
アクション映画としては (KGR)
2010-05-26 11:06:57
とても迫力もあって面白かったんですが、
問題提起映画としては中途半端でした。

悪いのは一部の官僚ですよ、軍人もCIAも悪くないんですよって言いたいんでしょうか、
映画全体に言い訳がましい感じがしました。

また、ミラーの行動は軍紀上問題だと思います。
Unknown (yukarin)
2010-05-26 11:48:11
私もあの作品を観てからしばらく“まっと・でいもん”でした(笑)
マット大好き (たいむ)
2010-05-26 19:55:02
こんにちは!
マットありきで作った映画かなーという印象。
そのマットがカッコよかったので、私は満足だけれど、エンタメと割り切るのは中途半端にリアルで、内容的な評価は上がってないみたいですよね。
はじめまして。 (コナのシネマ・ホリデー)
2010-05-27 17:49:37
ひらりんさん、はじめまして。TBありがとうございます。公開しておきました。また、お立ち寄りください。
ひらがな…。 (mori2)
2010-05-27 23:27:34
トラコメありがとうございました。
今回は間違いなく、カタカナ仕様の“マット・デイモン”でしたね。最近トンと、ひらがな仕様の姿をお見掛けしていないような気が…(^^;。

事後で恐縮ですが、マイブログにリンクを貼らせていただきました。今後ともよろしくです。
CIA入り (たまさん)
2010-05-29 02:22:36
ああ・・ふたりにクギづけなんていう作品もありましたね。国防総省の方がそうだとは・・陰謀臭かったですね。

CIAのチームに簡単に入ったのは、ほんとに簡単でよく分かりませんでしたね。
しかし主人公さながらに頑張っていたと思います。

TBありがとうございました (シムウナ)
2010-12-30 01:47:14
TB有難うございました。
ジェイソン・ボーンシリーズの監督と主演
ということでかなりの期待を持ったのですが
自分にはイマイチでした。しかし、アメリカが
この題材をそして真相を描いたには
感服します。

今度訪れた際には、ブログ記事の冒頭に、
【評価ポイント】☆をクリックしてこの
映画の評価をお願いします(5段階評価)とあって、
☆が5つ並んでいますが、その☆の1つ目~5つ目の
どこかをぽちっとお願いします!!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

78 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
グリーン・ゾーン (LOVE Cinemas 調布)
『ボーン・スプレマシー』、『ボーン・アルティメイタム』でコンビを組んだポール・グリーングラス監督とマット・デイモンが、イラクを部隊に大暴れ!大量破壊兵器の有無に隠されたアメリカ政府の内紛に翻弄される主人公を描いたサスペンス・アクションだ。脚本は『ミス...
「グリーン・ゾーン」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
ちょい前に、スニークプレビューで鑑賞した作品でしたが、当日は口外禁止だったので、今更感想を。うーん、何故、今更(じゃない問題だけど)イラク戦争の大量破壊兵器問題を扱った映...
グリーンゾーン/GREEN ZONE (いい加減社長の映画日記)
戦争物は、苦手ではあるんだけど、予告編でサスペンス風味が面白そうで。 「グリーンゾーン」を金曜日のレイトショーで鑑賞。「UCとしまえん」は、平日のレイトショーの時間としては、普通かな。 「グリーンゾーン」は、大きめのスクリーンで、4~5割。 【ストーリー...
劇場鑑賞「グリーン・ゾーン」 (日々“是”精進!)
「グリーン・ゾーン」を鑑賞してきました「ボーン・スプレマシー」「ボーン・アルティメイタム」の監督・主演コンビ、ポール・グリーングラス&マット・デイモンが、イラクの戦場を...
グリーン・ゾーン (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『決死のWMD<大量破壊兵器>捜索、唯一の手掛かりは”偽情報”だった─。』  コチラの「グリーン・ゾーン」は、「ボーン・スプレマシー」、「ボーン・アルティメイタム」のポール・グリーングラス監督&マット・デイモン主演の3度目のタッグとなる5/14公開の戦争サス...
[映画『グリーン・ゾーン』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆先のイラク戦争のアメリカの大義としてあった「大量破壊兵器の脅威の排除」・・・、バグダッドの捜索現場で、その指揮を執っていた部隊リーダーの物語。  手持ちカメラでの撮影映像は臨場感あるが、私のようなおじさんにはいささか目が疲れるも、「占領地」特...
『グリーン・ゾーン』は諸刃の剣 (映画のブログ)
 【ネタバレ注意】  『グリーン・ゾーン』は、イラク戦争の背景に焦点を当てて映画化した作品である。  本作はワシントン・ポストのバ...
映画:グリーン・ゾーン Green Zone スニークプレビューで全米公開前に観た、最新アクション! (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
日本では珍しいことだと思うが、直前まで「何をみるかわからない」試写会(スニークプレビュー)に参加してきた! う~んスリル満点。。。 上映前に明かされた映画タイトルは、グリーン・ゾーン Green Zone。 まだアメリカでも3月12日公開、日本では 5月公開という...
グリーン・ゾーン (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。ポール・グリーングラス監督、マット・デイモン、グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン、エイミー・ライアン、イガル・ノール、ハリド・アブダラ、ジェイソン・アイザックス。これは一見、「事実を元にした映画」風だけれど、実際は普通に戦争娯楽映画。...
「グリーン・ゾーン」  GREEN ZONE (俺の明日はどっちだ)
・ 『ボーン・スプレマシー』『ボーン・アルティメイタム』で良い仕事を見せてくれたマット・デイモンとポール・グリーングラス監督が、三度合い見えタッグを組んだ期待のサスペンス・アクション。 冒頭のアメリカ軍の空爆から逃げ惑うフセインの側近の軍関係者の姿を手...
グリーンゾーン (シネマ日記)
この作品見ながらかなり眠かったー。画面が暗いせいもあるかもですが、ワタクシがたまたま眠かっただけでこの作品のせいではないと思います。「あなたは114分間、最前線に放り出される」っていうキャッチコピーが結構気に入ったんですよね。なんかカッコよくて。日本の映...
グリーン・ゾーン (映画鑑賞★日記・・・)
【GREEN ZONE】 2010/05/14公開 アメリカ 114分監督:ポール・グリーングラス出演:マット・デイモン、グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン、エイミー・ライアン、ハリド・アブダラ、ジェイソン・アイザックスグリーン・ゾーン──。そこは、偽りに支配された安全地...
『グリーン・ゾーン』: こわごわと提示された余りに遅すぎる疑問 (マスコミに載らない海外記事)
Jane Stimmen 2010年3月19日 監督:ポール・グリーングラス、脚本:ブライアン・ヘルゲランド、ラジブ・チャンドラセカランの著書に基づくもの イギリス生まれのポール・グリーングラスが監督した映画『グリーン・ゾーン』は、ラジブ・チャンドラセカランによる2006年の本...
グリーン・ゾーン (Akira's VOICE)
「戦争」なんて,もともと無意味。  
戦場のジェイソン・ボーン「グリーン・ゾーン」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
ブライアン・ヘルゲランド脚本、ポール・グリーングラス監督による『グリーン・ゾーン』(Green Zone)。ジェイソン・ボーンシリーズでみせた手持ちカメラと高速カット割りによる臨場感は今作でも全編にわ
映画「グリーン・ゾーン」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2010/5/14、109シネマズ木場。    マット・デーモン、グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン、エイミー・ライヤン。 ** 2003年、アメリカ軍はイラクが大量破壊兵器隠ぺいを理由にイラク戦争を開始。 バクダッド市内に100平方キロ(10km四方)のグリ...
グリーン・ゾーン/マット・デイモン、グレッグ・キニア (カノンな日々)
『ボーン』シリーズのポール・グリーングラス監督×マット・デイモン主演というヒットメーカーコンビによるアクション・サスペンス・ムービーです。実は『ハート・ロッカー』の公開ちょっと前に両者の予告編を混同していたことがあったんですよね。どちらもイラクを舞台に...
「グリーン・ゾーン」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                               「グリーン・ゾーン」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・ポール・グリーングラス 帰京して一発目は、マット・デイモン主演×監督ポール・グリーングラスという「ボーン・スプレマシー」、「ボーン・...
グリーン・ゾーン (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
2003年、米英連合軍によって陥落したイラクの首都バグダッドで、この街のどこかに隠されているはずの大量破壊兵器を探す任務を負った兵士が直面した真実に迫る緊迫のアクション。 物語:イラク戦争開戦から四週間、米陸軍のロイ・ミラー上級准尉(マット・デイモン...
『グリーン・ゾーン』 (Green Zone) (Mooovingな日々)
ポールグリーングラス監督、マットデイモン、グレックキニアほか。 2003年イラク戦争時に破壊兵器の捜索の任務についた101部隊ミラー堆尉は、本部から指示を受けた場所がまったく嘘の情報とわかり上層部に疑いの目を向け始め、自分の隊だけ別行動をしイラクの高...
【グリーン・ゾーン】 (日々のつぶやき)
監督:ポール・グリーングラス 出演:マット・デイモン、グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン  決死のWMD捜索、唯一の手掛かりは"偽情報”だったー。 「イラク戦争真っ只中、ロイ・ミラーはバクダットで隠された大量破壊兵器を探す任務に就いていた
『グリーン・ゾーン』 (めでぃあみっくす)
すっきりしない映画でした。大量破壊兵器がイラクには存在しなかったことは今や誰もが知る事実なのに、今になってこういうアメリカ映画を見せられても何とも言い様がありません。痛烈な身内批判もなければ、自分たちの行いに対する自己反省もない。本当に何が言いたいのか...
グリーン・ゾーン (to Heart)
グリーン・ゾーン──。そこは、偽りに支配された安全地帯。 原題 GREEN ZONE 製作年度 2010年 製作国・地域 フランス/アメリカ/スペイン/イギリス 上映時間 114分 脚本 ブラ...
グリーン・ゾーン (キノ2)
 ポリティカルサスペンスを期待して観たのですが、実際はがっつりミリタリーアクションでした。  もう、全編、パンパンパンパン銃撃音が鳴り続け。音声だけだと、春節を祝う北京の風景です、と言われてもわからないくらいパンパンしていました。  ポール・グリ...
映画「グリーン・ゾーン」@東宝東和試写室 (masalaの辛口映画館)
 2月のスニークプレビュー試写会で鑑賞しました。配給会社さんに気を使い、一般試写会が開催されるまで眠らされていたレビューです。  映画の話 ロイ・ミラー(マット・デイモ...
「グリーン・ゾーン」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画&nbsp; ポール・グリーングラス監督×マット・デイモン。「ジェイソン・ボーン」シリーズのタッグがイラク戦争の映画を撮るということで、注目していました。予想通り、見応えある作品でした。マット・デイモンは1997年の「グッド・ウィル・ハン...
グリーン・ゾーン (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『ボーン・アルティメイタム』のポール・グリーングラス監督×マット・デイモンのコンビということで観て来ました~【story】ロイ・ミラー(マット・デイモン)と彼の部隊は、大量破壊兵器の行方を追う任務に就くが、国防総省の要人パウンドストーン(グレッグ・キニア)...
■映画『グリーン・ゾーン』 (Viva La Vida!)
マット・デイモン×ポール・グリーングラスという『ボーン・スプレマシー』、『ボーン・アルティメイタム』の主演×監督コンビがタッグを組んだ問題作『グリーン・ゾーン』。 イラク戦争勃発のきっかけとなる「大量破壊兵器」の所在をめぐる陰謀を、リアルな映像で描き出...
グリーン・ゾーン ぎりぎりマット・デイモン愛でるだけの映画になるのを回避(笑) (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=19 -7-】 マット・デイモン好きのうちの奥さんが「絶対に観に行く!」と息巻いていたら、試写会が当たった☆⌒(>。≪)イテェ 試写会場は初めて行くABCホール、どの席がいいのかわからんかったから、最前列の真ん中あたりを陣取ってみた(スクリーンが小さ...
映画「グリーン・ゾーン」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『グリーン・ゾーン』を本日鑑賞。日曜の午後で客席は50名程度、さすがボーンシリーズの人気コンビ作品。 採点は、★★☆☆☆(5点満点で2点)。100点満点なら30点。期待し過ぎが減点に繋がったと思う。 ざっくりストーリー イラク暫定政権下のバクダッドの危険...
『グリーン・ゾーン』・・・MOVIXで「グリーン・ゾーン」シートを探せ! (SOARのパストラーレ♪)
イラク戦争を語る上で欠かせないキーワードのひとつである“大量破壊兵器”。この存在を大義として半ば強引にイラクへの攻撃を開始した時のブッシュ政権。けっきょくアメリカはイラクの大量破壊兵器保有を裏付ける証拠を見つけることができず、世界の警察を自負する大国の...
グリーン・ゾーン / Green Zone (勝手に映画評)
2003年3月19日に米軍を始めとした有志連合がイラクに攻撃を始める『証拠』である『大量破壊兵器』。探せば探すほど、その存在に疑問が生じてくる『大量破壊兵器』の謎に、マット・デイモン演じるロイ・ミラーが命を掛けて迫ります。 いまとなっては『大量破壊兵器』なる...
「グリーン・ゾーン」みた。 (たいむのひとりごと)
有るから”脅威”として戦争を吹っかけたのに、その有るハズの”大量破壊兵器”はいつになっても発見されない、というのは実際にあった話。この映画は、そんな事実をもとにして(勘ぐって)、実は宣戦布告の”大義名
グリーン・ゾーン (TRUTH?ブログエリア)
原題:GREEN ZONE原案:ラジブ・チャンドラセカラン「インペリアル・ライフ
グリーン・ゾーン (りらの感想日記♪)
【グリーン・ゾーン】 ★★★★ 映画(祭) (26) ストーリー フセイン政権陥落直後のイラク、バグダッド。米陸軍のロイ・ミラー准尉(マット
グリーン・ゾーン (だめ男のだめ日記)
「グリーン・ゾーン」監督ポール・グリーングラス出演*マット・デイモン(米国陸軍上級准尉/MET隊隊長ロイ・ミラー)*グレッグ・キニア(国防総省/情報局クラーク・パウンドス...
『グリーン・ゾーン』 ('10初鑑賞75・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆-- (10段階評価で 6) 5月15日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 13:10の回を鑑賞。
グリーン・ゾーン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★★【5点】まるで『ボーン』シリーズの第4弾のようだった。
グリーン・ゾーン (犬・ときどき映画)
グリーン・ゾーン「GreenZone」 <Story> イラクが大量破壊兵器を隠しているとの情報を得て、ロイ・ミラー(マット・デイモン)が率いる部隊は、情報通りの場所を捜索していた、しかしその作戦も3度失敗し、兵器は見つからない。 情報源が確かなのか上官に詰め寄るミラ...
グリーン・ゾーン (そーれりぽーと)
最強タッグでシリアスなドンパチもの?? 『グリーン・ゾーン』を観てきました。 ★★★★ スティーブン・ソダーバーグ辺りが撮ってたらもっと人物に焦点当てた社会派映画になってたろうけど、ボーンシリーズ2&3で大成功した監督作だけあって、功名な展開とアクションが...
501: グリーン・ゾーン (さくらの映画スイッチ)
戦地での緊張感を114分間途切れなく味わうのは、本当に申し訳ないけど正直きつかった。
グリーン・ゾーン(2010)GREEN ZONE (銅版画制作の日々)
グリーン・ゾーン──。そこは、偽りに支配された安全地帯。 上映開始されました。14日は東宝シネマズディということで、1000円で鑑賞できる日でした。ポイントを貯めて、フリーパスポートゲットしたいので、頑張っております。 寝不足ではなかったはずなのに、途...
『グリーン・ゾーン』 (ラムの大通り)
※かなり辛口です。各ファンの方は、ご覧になるまではスルーしていただいた方がいいかも。 (原題:Green Zone) ----この監督ってポール・グリーングラスだよね。
グリーン・ゾーン (ともやの映画大好きっ!)
(原題:GREEN ZONE) 【2010年・フランス/アメリカ/スペイン/イギリス】完成披露試写で鑑賞(★★★☆☆) イラク戦争の大義とされた「大量破壊兵器」を巡り、その情報に疑問を抱いた一人の米軍兵士が真実を追求していくサスペンス・アクション。 イラク戦争開戦か...
「グリーン・ゾーン」グリーン・グラス印の... (再出発日記)
イラク将軍「バクダッドに進攻してそれで勝ったと思うな。戦いはこれからだ」イラク知識人「この国のことは俺達が決める」ロイ・ミラー「ふざけるな!戦争の原因だぞ」(ちょっと粗...
グリーン・ゾーン (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
イラク戦争の開戦理由の一つだった大量破壊兵器の保有が幻想だったことは周知のことだ。でも、大筋でこの映画の描写がほんとうならあの戦争はなんだったのか。こんな内容の映画を作ってしまうとは、たいしたものだ。娯楽作品として見るのがいい。
グリーン・ゾーン (だらだら無気力ブログ)
『ボーン・スプレマシー』『ボーン・アルティメイタム』のマット・デイモン とポール・グリーングラス監督のコンビが再びタッグを組んでおくるサスペン スアクション。 イラク・バグダッドとその近郊を舞台に、イラクが開発した大量破壊兵器の 在りかを求めて特殊任務に...
グリーン・ゾーン (Yuhiの読書日記+α)
「ボーン・スプレマシー」「ボーン・アルティメイタム」のポール・グリーングラス監督&マット・デイモンによるサスペンス・アクション。その他のキャストはグレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン、エイミー・ライアン、ハリド・アブダラ、ジェイソン・アイザックス他...
グリーン・ゾーン (5125年映画の旅)
混迷するイラク戦争。フセインが逃亡し、イラク軍の統制が乱れる中、アメリカ軍のミラー准尉は大量破壊兵器探していたが、一向に発見することが出来ずにいた。兵器の在処をリークする情報源に疑念を抱いたミラーは独自に行動を起こし、大量破壊兵器の所在を知る最重要...
『グリーン・ゾーン』スクリーンの向こうから問いかけてくるもの。 (コナのシネマ・ホリデー)
『グリーン・ゾーン』   (G)   原題:GREEN ZONE           2010年・フランス/アメリカ/スペイン/イギリス (114分)                監督:ポール・グリーングラス脚本:ブライアン・ヘルゲランド音楽:ジョン・パウエル出演...
グリーン・ゾーン (ぷち てんてん)
実は一週間前に「パリより愛をこめて」の後に見てきたのだ。書くのが遅いんじゃな~~い。はい、まったく。すっかり印象が薄れてしまった(笑)なので簡単に☆グリーン・ゾーン☆(...
一番の悲劇は・・・。『グリーン・ゾーン』 (水曜日のシネマ日記)
イラク中心部のアメリカ軍駐留地域グリーン・ゾーンを舞台に大量破壊兵器の所在の秘密を描いた作品です。
「グリーン・ゾーン」 (みんなシネマいいのに!)
 「ボーン・スプレマシー」「ボーン・アルティメイタム」の監督・主演コンビ、ポール
「グリーン・ゾーン」 そんな国を誰が信用するのか (はらやんの映画徒然草)
タイトルの「グリーン・ゾーン」とはイラク戦争時、首都バグダットへの侵攻後市内に設
グリーンゾーン (こんな私でごめんあそばせ)
あなたは114分間最前線に叩き込まれる!!! といううたい文句に誘われたダーリンに誘われて見に行ってきました 監督 ポール・グリーングラス 出演 マッド・デイモン グレッグ・キニア ブレンダン・グリーソン ストーリー 2003年、米英連合軍の圧倒的な攻勢
グリーン・ゾーン (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[グリーン・ゾーン] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:中吉 2010年36本目(34作品)です。 【あらすじ】 フセイン政権崩壊直後のバグダッド。 ロイ・ミラー上級准尉(マット・デイモン)率いる部隊は、砂漠地帯に隠された大...
グリーン・ゾーン (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
「グリーン・ゾーン」監督:ポール・グリーングラス(『ボーン・アルティメイタム』) 出演:マット・デイモン(『インビクタス/負けざる者たち』『インフォーマント!』)グレッグ・....
『グリーン・ゾーン』 ハリウッド・エンタテインメントの力 (Days of Books, Films )
こういうのが今、ハリウッドでいちばん良質のエンタテインメントなんだろうな。 かつ
グリーン・ゾーン・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
マット・デイモン主演、ポール・グリーングラス監督という「ジェイソン・ボーン」シリーズのコンビによる軍事サスペンス。 元ワシントンポス...
映画『グリーン・ゾーン』 (たまさんのHR/HM シネマカフェ)
フセイン政権崩壊直後のイラクにて、大量破壊兵器に関する情報錯綜の謎を追うひとりの
グリーン・ゾーン (とりあえず、コメントです)
ポール・グリーングラス監督&マット・デイモンのコンビで創り上げた戦争サスペンス・アクションです。 ボーン・シリーズとは違ってどんな挑戦をしたのかなあと気になっていました。 2003年のイラクのバグダットと舞台に描かれた陰謀と“国”にかける想いにう~んと唸って...
グリーン・ゾーン (晴れたらいいね~)
この手の映画は、どうもそそられてしまいます。14日はTOHOシネマズ千円の日♪つうことで、公開初日の初回に観てきました。マット・デイモンの「ボーン・シリーズ」は、好きです。その2,3作の監督ポール・グリーングラスとのコラボだったら、観に行きますよ(笑)あのまっ...
「グリーン・ゾーン」:木場六丁目ギャザリア前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}こういうショッピングモールも、緑が多いとほっとするな。 {/hiyo_en2/}癒しのグリーン・ゾーンね。 {/kaeru_en4/}しかし、世の中には癒されないグリーン・ゾーンもあるぞ。 {/hiyo_en2/}ポール・グリーングラス監督が新作で描いたグリーン・ゾーンとか? {...
グリーン・ゾーン (ダイターンクラッシュ!!)
2010年5月15日(土) 13:55~ TOHOシネマズ スカラ座 料金:1280円(新橋の金券屋で前売りを購入) パンフレット:600円(買っていない) 『グリーン・ゾーン』公式サイト シリーズを重ねるごとに面白くなった珍しい作品ジェイソン・ボーン。その大傑作「ボーン・...
『グリーン・ゾーン』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「グリーン・ゾーン」        □監督 ポール・グリーングラス □脚本 ブライアン・ヘルゲランド □キャスト マット・デイモン、グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン、エイミー・ラ...
グリーン・ゾーン (こんな映画見ました~)
『グリーン・ゾーン』 ---GREEN ZONE--- 2010年(フランス/アメリカ/スペイン/イギリス) 監督:ポール・グリーングラス 出演: マット・デイモン、グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン、エイミー・ライアン、ハリド・アブダラ フセイン政権陥落直後のイ...
映画『グリーン・ゾーン/GREEN ZONE』 (オタマ・レベルアップ)
映画『グリーン・ゾーン/GREEN ZONE』を見たよぉ~ メディア 映画 上映時間 114分 製作国 フランス/アメリカ/スペイン/イギリス 公開情報 劇場公開(東宝東和) 初公開年月 2010/05/14 ジャンル アクション/サスペンス/戦争 映倫 G 解説・・・ 「ボーン...
『グリーン・ゾーン』お薦め映画 (名機ALPS(アルプス)MDプリンタ)
周知の事実でも描き方次第。情報が錯綜するサスペンス的要素と、終盤のアクションに緊迫感、臨場感があり、なかなか見応えのある作品であった。主人公と同じ目線で真実に近づいていく気分が味わえる。
グリーン・ゾーン 評価:★★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
グリーン・ゾーン (メルブロ)
グリーン・ゾーン(原題:GREEN ZONE)317本目 2010-21 上映時間 1時間54分 監督 ポール・グリーングラス 出演 マット・デイモン(ロイ・ミラー)     グレッグ・キニア(クラーク・パウンドストーン)      ブレンダン・グリーソン(マーティン・ブラウン...
グリーン・ゾーン (2ちゃんねる映画ブログ)
GREEN ZONE グリーン・ゾーン http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1269570980/ 1 名前:名無シネマ@上映中 [2010/03/26(金) 11:36:20 ID:0ZiCSdqy] 監督:ポール・グリーングラ...
グリーン・ゾーン (Green Zone) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ポール・グリーングラス 主演 マット・デイモン 2010年 フランス/アメリカ/スペイン/イギリス映画 114分 アクション 採点★★★★ この辺もあっちこっちと合併しまくって市を名乗るようになりましたが、まだ町だった頃は町長選なりなんかの節目になると、...
グリーン・ゾーン (いやいやえん)
イラク戦争ものアクション。これって実際にありえそうな部分多いよね。色んな意味で大丈夫だったんだろうか?反戦映画だと思います。 主人公ロイの目的は、イラク政府が隠蔽した「大量破壊兵器」を発見すること。しかし、上からの指示に従って捜索を繰り返しても一向に...
【映画】グリーン・ゾーン…私なりに色々書いたけど全部削ってこんな感じ。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
まずは近況報告 先週は息子が帰省。で、2010年7月5日(金曜日)に関東の方に戻りました。 息子が帰って来たからと言って、特に何もしてやらなかったけど、私の家がヤツの息抜きになったのなら幸い…どうなんだろうねぇ{/face_ase2/...
No.230 グリーン・ゾーン (気ままな映画生活)
【評価ポイント】 ☆をクリックしてこの映画の評価をお願いします(5段階評価) var OutbrainPermaLink='http://blog.livedoor.jp/z844tsco/archives/51787981.html';var OB_demoMode = false;var OBITm = "1221446538656";var OB_lang ...
mini review 10512「グリーン・ゾーン」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
『ボーン・スプレマシー』『ボーン・アルティメイタム』のマット・デイモンとポール・グリーングラス監督が、3度目のタッグを組んだサスペンス・アクション。イラク中心部のアメリカ軍駐留地域&ldquo;グリーン・ゾ...
『グリーン・ゾーン』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 グリーン・ゾーン 』 (2010)  監  督 :ポール・グリーングラスキャスト :マット・デイモン、グレッグ・キニア、ブレンダン・グリーソン、エイミー・ライアン、ジェイソン・アイザックス、ハリ...
喪中映画評「グリーン・ゾーン」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2010年アメリカ映画 監督ポール・グリーングラス ネタバレあり