★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ロスト・イン・トランスレーション」

2004-12-29 03:44:49 | 映画(ら行)
ソフィア・コッポラ監督の2作品目。
2003年度作品。
この監督、フランシス・フォード・コッポラの娘。
この一家、映画産業にかかわってる人が多し。
この作品でソフィア・コッポラが2003年アカデミー脚本賞を受賞。
ゴールデングローブ賞では作品賞まで受賞した話題作。

あらすじ
舞台は東京。
CM撮影に来たハリウッド・スターのボブ。
夫の仕事に同行して来た若妻シャーロット。
異国にいる不安や戸惑いから仲良くなる二人。

ここからネタバレ注意↓
ひらりんが生まれ育ってる東京が舞台。
ロケ地は秋葉原・新宿・渋谷などか。
とにかく、人が多い。
異質なイメージを出したかったんでしょうか。
ごみごみしてて、空は青くなくて・・・。
まぁ、東京ってそういう都市なんですが。
コトバが通じない・・・という不安、とても恐ろしいことです。
日本じゃ、通じなかったからって殺される事はまずないでしょうが。
中年男の倦怠感と若妻の孤独感が次第に分かちあえるようになるふたり。
せっかく日本でロケしたんだったら、有名どころの俳優さん使えばよかったと思う。
友達になっていく日本人も仕事相手の人もみんなひらりんの知らない人。
あっそうそう一人だけ知ってる人出てた。
マシュー南(藤井 隆)・・・ボブが「マシューTV」にゲスト出演しちゃった時。
テレビのまんまのマシューはハリウッド映画の中じゃちょっと恥ずかしいね。
主役のビル・マーレーは「ゴーストバスターズ」なんかに出てた人。
中年俳優役のけだるさがよく出てました。
若妻役のスカーレット・ヨハンソンは初めて見る人でした。
おとなしい役なのに表情が豊かでなかなか良かった。
ハリウッド・スターをCMに使うという割には通訳さんとの意思疎通が出来ていないのが悲劇。
ここまでネタバレ注意↑

こういう作品の感想を書くのが一番難しいね。
もっと英語を勉強しないと・・・と実感させられた一品ですかねっ。

語学力度・・・★★★

ところで、ひらりんも「人気ブログランキング(映画)」に参加しています。
ひらりんのブログを気に入ってくれたら↑↑クリックしてね。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (23)   トラックバック (73)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ひらりん的ペネロペ・クル... | トップ | ☆★ 掲示板 ★☆ »
最近の画像もっと見る

23 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございます (TOMO)
2004-12-30 06:41:46
(≧▽≦)ノ初めまして♪

TOMOです。この度はTBありがとうございます。



感想の書きにくい映画でしたね。。。

バイト先がレンタルshopなのですが、全然回転しない作品でした。。。泣

借りたのは本当に少数です。

それにTBをつけてくれて本当にうれしかったです。

また、遊びにきてくださいね★

では。。
Unknown (カート)
2004-12-30 10:01:44
この映画感想書きづらいですか?そうなのかなぁ?

個人的にはソフィアのセンスが満開ですごく素敵な

映画だと思いましたよ。
TBありがとうございました。 (diane)
2004-12-30 11:03:13
この作品。なかなか興味深く見ていました。客観的に日本を見れる良いチャンスかも。
TBさせてもらいます! (drimshi)
2004-12-30 13:32:52
TB通知いただいたときは、ちょうど「エレファント」のブログUPしてたときでした~。

ちょっと基本のジャンルが違うかもしれませんが、映画好き同志、僕もいくつか、TBさせてもらいます。

Unknown (garam)
2004-12-30 19:29:34
TBどもです!

いや~さすが、ソフィアさん!!一筋縄では来ませんね。

見終わったあと不思議な感じで…。少し後で、この監督ってもしかして、『人生の美しい一瞬の輝きを撮りたたいのか?』なんて思いました。

音楽センスはこのファミリー、抜群!!!

こちらもTBさせて頂きますね!

 
はじめまして★ (manamizw)
2004-12-31 11:53:21
こんにちは。TBありがとうございました★

わたし的にはこの映画、けっこう好きかなぁと

思いました。主役二人の間に流れる居心地いい空気感が

違和感なくでていたと思います★
TBありがとうございます。 (ひーつん)
2005-01-01 17:53:35
あけましておめでとうございます。

ハリウッドの大作映画と比べると異色なかんじがするけど、

ソフィア・コッポラをちょっとでも知って見てみるとふふっと嬉しくなる映画ですね!!
Unknown (ozetin)
2005-01-03 02:30:56
TBありがとうございました。

僕もTBさせていただきました。

いやー、ものすごく映画見てますね。

これからもちょくちょく遊びに来て参考にさせていただきます。

はじめまして。 (らて)
2005-01-05 01:12:25
TBさせていただいたんですがよろしかったですか?

私、この作品かなり好きです。独特の感覚に包まれた時間でした。

ひらりんさんは有名な日本人俳優がでてほしかったんですね★私は逆で、無名な人々でよかったななんて思ってます♪
はじめましてです (kazfel)
2005-01-07 10:17:24
ちと遅れてしまいましたが、TBありがとう

ございましたー!



この映画の空気感が好きですね~。

色っていうか。



ラストもお気に入りです。
ロスト・イン・トランスレーション (110)
2005-01-14 00:10:08
大変遅くなりましたがTBありがとうございました。

心に残る映画でしたよね。

去年は私にしてはたくさん映画を観た年だったんですがとてもひらりんさんにはかないません。

今年は参考にさせていただき、もっといっぱい観ようと思います。よろしくお願い致します。
トラバありがとうございます (ももちき)
2005-01-18 13:08:18
トラバさせていただきまして、また、トラバしていただいてありがとうございます。



マシュー、大好きなのに私も何か恥ずかしかったです・・ボブの目つきが・・・
たびたび ^^ (silverkise)
2005-02-08 23:13:23
不思議感覚、そしてちょっとセクシーなスカーレット、ちょっと疲れて落ちぶれかけたおじ様俳優、ビル。

二人の切なさや寂しさが東京の雑踏に似合わず、浮き出ている外国人、良く表現できていた様に感じます。



東京がいつもと違う風景に見えたのはさすが!なんて感じてしまいました~♪



TB頂いて行きますね~^^

TBさせていただきました! (Ghana8786)
2005-02-21 16:00:27
全体的に違和感ばかりの映画でした。(日本人だからかな?)

日本人の描写の仕方が古臭いですよね?

でも外国の人から見たらまだまだあんなモンなんでしょうか…?

チャーリー・ブラウン役の人は俳優さんかなー?ハイテンションで気になりました~。

Unknown (curry)
2005-02-23 15:26:41
昨晩見たんですが、未だに切なく胸が痛みます・・・いい映画でした
好きな映画です♪ (tomoko)
2005-02-24 23:32:23
トラックバック、ありがとうございます。

私はこの映画は、理解できたと思うし、

とても共感できた部分も多かったです。

外国人の目で見た東京は、あんな感じですね。

コッポラ監督の、日本にとても興味を持った様子が

映像にも表れていて、面白かったです。
お初TRでした♪ (☆VANILLA☆)
2005-02-28 09:56:07
はじめまして(*^_^*)。

約一週間前からブログを始めまして、初めてTBして頂きました。とても嬉しかったです~。ありがとうございます。

こちらからもTBさせて頂きましたので、よろしくお願いいたします。
TBありがとうございます (丞相)
2005-03-01 08:07:36
ちょうど昨日もこの作品のDVDを飛ばし飛ばし見ていたのですが、英語字幕で見るのもなかなか面白いですよ。しゃべりまくらないので、余裕を持って字幕を読めます。

またよろしくお願いしますね。
マシュー南 (Ghana8786)
2005-03-06 08:07:52
TBありがとうございます!

日本人へのイメージ、マシュー南によって変わるかもしれませんね(笑)
お洒落でした (nicoco)
2005-04-16 05:39:22
しかし、笑!仰る通り!マシュー大好きなんですが、どんな風に見えるのでしょうね。ハリウッドでは・・
TBありがとうございます。 (ゆきやこんこ)
2005-09-13 22:39:15
ソフィア・コッポラ、いいですね。

前作『バージンスーサイズ』も良かったです。

どこか、ストーリーとしては説明しずらいというか、でも、雰囲気がいいですよね。
ありがとうございます☆ (tekinosuke)
2006-03-14 16:18:09
TBありがとうございます☆

私もTBさせていただきますね♪

何だか切なくて私はこの映画好きです…
Unknown (exp#21)
2006-04-15 18:20:09
この映画、ちょっと日本の描き方が、上から見られた感じというか、なんかそんな感じがしました。恋の部分は結構好きな感じでした。主演二人が、なんかとってもよかったです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

73 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ロスト・イン・トランスレーション (ちょびっと日記)
『ロスト・イン・トランスレーション( Lost In Translation ) 』を観ました。最初はサントリーとパークハイアット東京の宣伝映画かと思いました。 ソフィア・コッポラ監督が「パークハイアット東京」に宿泊してホテルが気に入って、パークハイアット東京を舞台にした映画をつ
ロスト・イン・トランスレーション ( FOR BRILLIANT FUTURE)
話題の無国籍都市(海外の人から見ればそうかもしれませんが)の日本の東京を舞台にした映画。インデペンデント系の映画。ソフィア・コッポラ監督作品であるが、この作品はアカデミー脚本賞を受賞している。 日本ではミニシアター扱いなので順次公開という形を取った。 東
ロスト・イン・トランスレーション (30歳独身男Kazuakiの映画日記)
「なんてことなく観れば、なんてことない映画。東京やパークハイアットを知ってれば、それだけで楽しいかも。なーんて思ってたら、憎いほどのラストに打ちのめされた。」 予定通り、新潟市遠征です。こちらのロビーは空いていますね。今年57本目の観賞です。 今日これまでに
レンタル4本 (AV(Akira\'s VOICE)映画,ゲーム,本)
「マスター・アンド・コマンダー」「レジェンド・オブ・メキシコ」 「恋愛適齢期」「ロスト・イン・トランスレーション」
ロスト・イン・トランスレーション(2003/米・日) (虫干し映画MEMO)
監督・脚本:ソフィア・コッポラ 出演: ビル・マーレイ スカーレット・ヨハンソン 「真珠の耳飾の少女」のスカーレット・ヨハンソン目当てで見てきました。私はあちらのほうが好み。あの映画はこれでもかというほど美しかったし、このけばけばしい東京は、私の見ている東
ロスト・イン・トランスレーション (日々是あれこれ)
お勧め度:4/5 ロスト・イン・トランスレーション 原題:Lost in translation 監督:ソフィア・コッポラ 製作総指揮:フランシス・フォード・コッポラ キャスト: ビル・マーレイ(ボブ・ハリス)、スカーレット・ヨハンソン(シャーロット)、マシュー南(マシュー南)
世界中を魅了したトーキョーのロマンス (ほぼ日刊!人生を変える魔法のコトバ)
----------------------------------------------------------- 【魔法のコトバ(159)】 世界中を魅了したトーキョーのロマンス  ――映画『ロスト・イン・トランスレーション』のコピーより ----------------------------------------------------------- ロスト・
「ロスト・イン・トランスレーション」 (Review Review Review)
[DVD映画]★★★☆☆ 彼女は、“人生のある一瞬のきらめき”を描きたいのかもしれない。 ソフィア・コッポラの映画監督作品「ヴァージン・スーサイズ」に続く 第2作目の「ロスト・イン・トランスレーション
『ロスト・イン・トランスレーション』(Lost in Translation) (0 1/2)
Lost In Translation 『Lost In Tran
ロスト・イン・トランスレーション (befounddead)
LOST IN TRANSLATION (2003年アメリカ/日本) 2004/11/26@早稲田松竹 この人生はどこに向かっているんだろう。 今の自分は本当に幸せなんだろうか。 漠然とした不安。 孤独。 焦燥。 そういうのをきれいにまとめちゃった映画。(ほめ言葉です) 以下、ネ
映画生感想『ロスト・イン・トランスレーション』 (Scarving 1979 : Always Look on the Bright Side of Life)
この作品については、昨年からずっと楽しみにしてましたが、 5月8日にようやくチネチッタ川崎で公開されるということで、 初日から観てまいりました。 いやはや待っていた甲斐があるくらい、 ホントに面白い作品でした。 私は大好きです。 CM撮影のためにひとり訪日して、
ロスト・イン・トランスレーション (「月の風」シネマ日記)
ソフィア・コッポラ監督作品 ビル・マレー、スカーレット・ヨハンソン主演 もし、自分が同じように異国に行ったらどうなるだろうと考えてしまった。 主人公達と同じように、母国語でとおそうとするだろう。 そして、主人公達と同じように孤独感を味わうだろう。 それは
Lost In Translation (Memento-Mori)
「ロスト・イン・トランスレーション」を観た。 簡単に言うと、東京に来た外国人の男女が、訳の分からない日本の不思議な環境(外国人から見たら)に戸惑いながら、チョコッとLOVEをしてしまうというお話。 監督はソフィア・コッポラ、主人公はこれも僕のお気に入り「ゴース
ロスト・イン・トランスレーション (Cinema Galleria)
ある意味とてもロマンティック。 気がつくと地面からほんの数ミリ浮いたまま歩いていた・・・という感じ。 日本の描き方がどうこうと言いたくなる人もいるでしょうが、 そんな事は私には全然関係なかったし、どうでもいいことなんだよね。 むしろ、ほんの2~3度行っ
ロスト・イン・トランスレーション (DVD) (ひるめし)
舞台が東京じゃなかったら観てなかったかも。淡々と過ぎてくから、途中で何度も観るの止めようと思ってしまった。私は微妙な映画でした。もうちょっと大人になったら観ようかな。 マシューが出ていたのはビックリした。なんかちょっと恥ずかしかった。
ロスト・イン・トランスレーション (坂部千尋のsparrow diary)
 ご飯時だったのでドーンオブザデッドより先にこっち観ちゃいました。うーんなんかキル・ビル観たときもそうだったんだけど日本が舞台になってる洋画って日本人で損したな~って思う。日本の景色とか日本語とか解らなかったら面白いであろうシーンがいっぱいあってちょっと
ロスト・イン・トランスレーション (エイガ 観 覚 - 読む映画批評-)
「ロスト・イン・トランスレーション」  失うことの価値  マルチに活躍するソフィア・コッポラの、「ヴァージン・スーサイズ」につぐ映画作品である。もちろん今回も脚本、メガホンともにソフィア・コッポラ本人。彼女が目にした日本を舞台に繰り広げられるラブストーリ
ロスト・イン・トランスレーション (Rabiovsky計画)
公式サイト DVDが12月3日より発売されたみたいで、 (もう過ぎてるけどね) 公式サイトを見てみると、 これが特典がてんこ盛りなんですよ! でもすぐ買えないので、レンタルしました。 ちなみにレンタル用のDVDには特典はないです! もうたぶん見るのは三回目ぐらい
Lost in Translation (言語学研究室日誌)
昨日今日観たわけではないのですが、わすれないうちに書いておきます。まず前半部分、笑い転げていたので、アカデミー賞の脚本賞を取ったことは頷けます。本業の俳優業がふるわず、日本のサントリーのCMの撮影に来日した「中年の危機」真っ盛りの中年男(ビル・マーレイ)
ロスト・イン・トランスレーション で自分探し (↑College Life ~今を生きる~)
ロスト・イン・トランスレーション映画「ロスト・イン・トランスレーション」をDVDで見ました。ソフィア・コッポラという有名な監督(らしい)はこの作品でアカデミー賞脚本賞をゴールデン・グローブ賞で作品賞を受賞している。とっても凄い監督だ。ってか女の監督って知って
ロスト・イン・トランスレーション (むーびーだいやり~)
「キャスト」ビル・マーレー/スカーレット・ヨハンソン 「監督」ソフィア・コッポラ 「ストーリー」 異国の地・東京で出会ったハリウッド男優(ビル)とアメリカ人の人妻(ソフィア)が、心を通わせていく中で次第に互いの孤独や疎外感を癒していく。 2003年度アカデミ
『ロスト・イン・トランスレーション』 (み 映画&ビデオ記録)
2003年/米・日原題:Lost in Translation製作総指揮:フランシス・フォード・コッポラ/フレッド・ルース製作:ソフィア・コッポラ/ロス・カッツline producer:Callum Greene/Kiyoshi Inoueco-producer:Stephen Schible監督・脚本:ソフィア・コッポラ撮影:ランス・ア
ロスト・イン・トランスレーション (えいがの「え!」)
気になっていた映画でしたがやっとみることができました。ソフィア・コッポラ監督が、自らの来日での経験を生かして書き上げた映画。CMを撮るために来日したハリウッドのアクション・スターと、ミュージシャンの夫に同行するも、ホテルに取り残されたアメリカ人女性が、た...
「ロスト・イン・トランスレーション」を観た★★★★☆ (FindingMovie映画っていいね♪)
ビル・マーレイ演じる哀愁漂う中年のおやじが、妙にいい味出しててよかったです-☆(この作品で彼がアカデミー賞ノミネートされたのもわかるわぁ。)おおまかな内容はこうです・・・ビル・マーレイ演じるボブ・ハリスは、かつてはハリウッドで映画出演もしていたが、今で...
ロスト・イン・トランスレーション (★★★銀の翼★★★)
●監督:ソフィア・コッポラ●脚本:ソフィア・コッポラ●CAST:ビル・マーレイ、スカーレット・ヨハンソン、ジョバンニ・リビシ、アンナ・ファリス、マシュー南、田所豊●STORY:ウイスキーのCMのため、日本を訪れたアメリカ人俳優のボブは、意思の疎通ができ...
DVD「Lost In Translation」 (小仙の徒然日記)
「ロスト・イン・トランスレーション」 \"Lost in Translation\" (IMDb) 2003 USA/JAPAN ようやく観ました! 単純に楽しめた。おもしろかった。私も東京にいながら不思議な感じにとらわれることがあるし。自分の行動エリアがロケに使われてるからさらにうれしい。オタク
ロスト・イン・トランスレーション(2003) -Lost in Translation - (映画で世界を旅するブログ)
http://app.blog.ocn.ne.jp/t/trackback/121312 http://blog.goo.ne.jp/tbinterface.php/f5dbc62ddebc38fcb8b3e03d67243a93 http://blog.goo.ne.jp/tbinterface.php/6dd978c9c7f92e611733d4eb6976b9c5 http://ameblo.jp/tbinterface.php/b72c6389faf8db52c121c8b10ce881
ロスト・イン・トランスレーション~ル・トン~メイド・イン・マ... (『日々是好日』)
 今日はPTA総会の代休。ここ数ヶ月の念願であった映画館での新作映画鑑賞! 夜もスカパーでと、映画三昧の一日であった。 宇都宮に昨年秋オープンしたシネコンMOVIX宇都宮にて「ロスト・イン・トランスレーション」(ソフィア・コッポラ監督・2003年・米)を視聴。月曜...
「ロスト・イン・トランスレーション」 (HappyDays)
ソフィア・コッポラ監督の2作目。彼女が来日した時の、感じたことを元に映画が作られたという。内容は、CMを撮るために来日したハリウッドのアクション・スター(ビル・マーレイ)と、カメラマンの夫に同行するも、ホテルに取り残されたアメリカ人女性(スカーレット・ヨ...
■窓辺で膝を抱えて・・・「ロスト・イン・トランスレーション」 (VANILLAMOM\'SHAPPYLIFE)
(↑あらすじ等、クリックしてご覧になってみてくださいね♪)ここに描かれているのは「東京」ではなく「トーキョー」。「新宿」ではなく「SHINJUKU」。そう想った瞬間に、この映画は、ストンと私の胸に落ちた。「ヴァージン・スーサイズ」の独特の世界観が好き、という人...
『ロスト・イン・トランスレーション』~世紀はじめの東京画~ (Swing des Spoutniks)
『ロスト・イン・トランスレーション』   公式サイト   監督:ソフィア・コッポラ出演:ビル・マーレイ、スカーレット・ヨハンソン   ラブストーリーだというのに、この女の子はいまいちかなあ……と思っていたのですが……まあその話はひとまず脇に置
ロスト・イン・トランスレーション(ネタバレ) (M\'s.BLOG)
ロスト・イン・トランスレーション公式HPには「世界を魅了した‘トーキョーのロマンス‘ひとときの恋心は、永遠の想い出にかわる」と、ありますが、この話がロマンスとは思いたくありません。この映画、そーやって観たらとても観ていられない。最初、ソフィア・コッポラ...
【映画】『ロスト・イン・トランスレーション』(Lost in Translation, 2003) (Nonesuch Cafe@WebryBlog)
『ロスト・イン・トランスレーション』Lost in Translation  年齢も立場も異なる男女が、異国の地トーキョーのホテル・ハイアットで出会い、惹かれあってゆくという物語である。二人の男女の関係を描く中で、アメリカ人が日本で経験することになる言葉や文化のわからないも
.。.:*『ロスト・イン・トランスレーション』を観ました♪・゜゜・* (*・゜゜・*:.。..。.:*Days:.。..。.:*・゜゜・*)
忙しくて映画を観る時間がとれない~・・・というのは折角レンタルしてるのに悔しいので(笑夜中にこっそり観ました(苦笑昨日は『ロスト・イン・トランスレーション』を観ました。この映画、公開時に映画館に観に行こうか迷って結局逃していたもの。東京が舞台になってい...
ロスト・イン・トランスレーション Lost in Translation (ネコと映画と私)
週末にシネ・リーブル梅田で見て来ました。 レイトだったので、空いてました。 シネ・リーブル梅田は梅田スカイビルにある私のお気に入り映画館。 なんといってもきれいだしちょっぴり大人チックなのもいい。 女性一人でもプラっと気軽に行って帰る感じ。 ロスト・イ
「ロスト・イン・トランスレーション」 (ソウル半径200m)
今日はなんだか眠くてだるい・・・ということで何か景気のいい元気な映画を見ようと思ったんですが、間違えて「ロスト・イン・トランスレーション」を見てしまいました。東京でたまたま出会ったちょっと落ちぶれた風のハリウッド俳優と、若い人妻(共にアメリカ人です。。...
「ロスト・イン・トランスレーション」ソフィア・コッポラに映った都市「東京」 (ビールを飲みながら考えてみた…)
これが日本人の男女が主役で場面が香港だったり、あるいはニューデリーやだったりすると彼らの感じた孤独や違和感にもう少し近づけたのだろうか。「ヴァージン・スーサイズ」のソフィア・コッポラ監督が、自身の東京での経験を下に、異国での孤独や不安といった空気を見事に
ロスト・イン・トランスレーション (シネマ&カフェ)
2003年 アメリカ監督ソフィア・コッポラ出演ビル・マーレー、スカーレット・ヨハンソン、ジョバンニ・リビシ、アンナ・ファリス、マシュー南作品オススメ度★★★★キャスティング ★★★★ストーリー展開★★★★ノスタルジー ★★★★★総 合 点 8点/10点中...
ロスト・イン・トランスレーション (ヘフレレ)
薄っぺらな街(誉め言葉)。薄っぺらな人間描写(←誉めてない)。自主制作映画の安っぽさ。スカーレット・ヨハンソンに眉毛があって、耳にピアスが開いている。↑「真珠の耳飾りの少女」の女優さんです薄手の下着越しに見えるお尻の割れ目がナカナカ。新婚で夫はカメラマ...
57*Lost In Translation~ロスト・イン・トランスレーション~ (Lovely 電影生活)
 第76回アカデミー賞脚本賞受賞作品。 70年代に全盛を誇り、今は忘れ去られたハリウッド・スター:ボブ(ビル・マーレイ)は、 ウィスキーのCMの撮影のために、一方、シャーロット(スカーレット・ヨハンソン)は カメラマンの夫の仕事に同行し、それぞれ東京に滞在すること
最近観たDVD、映画「ロスト・イン・トランスレーション」 (Katharsis☆Planet)
本日も、早速、先日livedoor「ぽすれん」から届いて、夜更かしして、私が観た映画のDVD作品についての感想を、ここ↓から書くことにします! 今日は、これで2回めの日記になりますので、まだ先に書いた日記を読んでない方は、こちらを、まずご覧下さい♪------...
ロスト・イン・トランスレーション (2003) (CinemaCoconut)
「ヴァージン・スーサイズ」のソフィア・コッポラ監督. 自身の東京での経験を元に描いた作品らしい。おしゃれな味付けで 東京を見る・・・
Lost in Translation★★★☆☆ (なおのオススメ文芸。)
邦題:ロスト・イン・トランスレーション 『ハリウッドのスター、ボブ・ハリスはウイスキーのCM撮影のために来日し、滞在先のホテルへと向かっていた。同じく、夫の仕事の関係で日本に滞在していたシャーロットは部屋でごろごろしていた。』 director ...Sofia Coppol...
ロスト・イン・トランスレーション(2003) -Lost in Translation - (映画で世界を旅するブログ)
Tokyo」を舞台にしたこの映画が、前回のアカデミー賞3部門でノミネートされていたのはご存知ですか? 「ゴースト・バスターズ」のビル・マーレイ演じる、ウィスキー「響」のCM撮影のため来日したハリウッドスターのボブと、仕事優先の夫に相手にされない新妻が出
ロスト・イン・トランスレーション(DVD) (lunatic\'s 映画評)
この映画、いつもの如く予備知識をまったく持たずに見ました。そして見終わった直後の評価は「この映画は何? 観光ガイド?それとも酒やホテルの宣伝映画?何を言いたいの?」「星0にしたろか!…いや、しかしゴジラに比べたらまだいくらかマシか」と言う感じのほぼ最低の.
“ロスト・イン・トランスレーション” ソフィア・コッポラ [US+日本\'03]  (○ 0 o 。ねこはしる 。o 0 ○)
 ソフィア・コッポラの映画はどこか捉えどころに欠けてみえる。その捉えどころのなさはときに、ガーリッシュとか癒し系などという、いかにも無粋な言葉たちにより彼女の作品が掬い上げられてしまう原因になっているようにも思うのだけど、あたしが彼女の映画を好む理由もま
ロスト・イン・トランスレーション (ラスタ・パスタのレレ日記)
東京の街が美しく、せつないラブ・ロマンスです。ソフィア・コッポラが東京を舞台に描いた映画です。ウイスキーのCFを撮りに来た中年の俳優と、カメラマンの夫に同行して東京に来た結婚2年目の若妻が、滞在している新宿のグランド・ハイアットのバーで出会って。。。舞...
ロスト・イン・トランスレーション (nemoのリセットライフing+αアフィリエイト)
去年、絶対見に行くと決めていたんだけど、結局、見にいけなかった、ソフィア・コッポラ監督(ゴッド・ファーザーのフランシス・コッポラ監督の娘)の作品です。   スターチャンネルで、放送になったので、ビデオにとりました。   最初に考え込んでしまったの
ロスト・イン・トランスレーション  (うら★坊主日記 love once again@)
ロストイン・トランスレーションを見た。本当は東京へ行く前に借りてたんだけれども、何故か見る機会が無くて、今日返したら延滞料金800円でした(;;)始めは、なんだが日本を馬鹿にしているようなシーンが沢山あっ…
スカーレット・ヨハンソン Scarlett Johansson 女優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),22 November 1984,New York, New York, USAA View From the Bridge (2006) Untitled Woody Allen Fall Project 2006 (2006) The Black Dahlia(2005) \"24\" TV Series アイランド The Island(2005) Match Point (2005) In Good Company(200
ビル・マーレイ Bill Murray 俳優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),21 September 1950,Wilmette, Illinois, USABasic Instinct 2: Risk Addiction (2005) Untitled Jim Jarmusch Project (2005) The Lost City (2005) ライフ・アクアティック The Life Aquatic with Steve Zissou (2004) ガーフィールド Garfi
ロスト・イン・トランスレーション (cinema徒然草)
東北新社 ロスト・イン・トランスレーション  つれづれなるままに20本目。ロスト・イン・トランスレーション。  珍しくラブ・ストーリーです。はい。さらに珍しいことに舞台は我等が東京です。はい。たいていの外国人監督が描く日本って、日本人から見るとか
ロスト・イン・トランスレーション (いつか深夜特急に乗って)
「ロスト・イン・トランスレーション」★★★★ 2003年アメ
Lost In Translation(2003,U.S.&JP) (The Final Frontier)
 なんつーか,これ,若い私にはまだ早い?って感じだけどとりあえず頑張ってレビュー書いてみる。  Lost In Translation あらすじ;サントリーウィスキーのコマーシャル撮影のため来日したハリウッド・スターのボブ(ビル・マーレイ)。彼は異国にいる不安や戸惑いも感じ
ロスト・イン・トランスレーション (     ちょっとCINEMAな日々)
●●●●●●仕事で東京に来たボブ(ビル・マーレー)と 夫の東京での仕事について来たシャーロット(スカーレット・ヨハンソン)。ボブは気の進まぬ仕事を こなし、妻からは新居のカーペットのサンプルが航空便で届く。シャーロットは夫の帰りを待つ間 あちこち出かけ...
映画>ロスト・イン・トランスレーション (中上サンの身の丈ライフ)
 『ロスト・イン・トランスレーション』 この映画の監督であるソフィア・コッポラが、結構好き。
ロスト・イン・トランスレーションを観た (こらよか)
いつもと同じ東京なのに毒々しいネオンの街なのになんだかロマンチックに見えるのは映画を通して「異邦人」と同じ視点で“tokyo”を見つめなおすことができたからかな~パチンコ、カラオケ、ゲーセン…寿司屋、しゃぶしゃぶ屋…高層ビル、レインボーブリッジ、東京タワー...
ロスト・イン・トランスレーション (Alice in Wonderland)
『ロスト・イン・トランスレーション』    2003年/アメリカ・日本/(102分)           -LOST IN TRANSLATION-  監督・製作・脚本:ソフィア・コッポラ  製作総指揮:フランシス・フォード・コッポラ  出演:ビル・マーレイ、スカーレ...
ロスト・イン・トランスレーション (あんぶろ <anan-blog>)
サントリーウイスキーのCM撮影のため来日したハリウッド・スターのボブ・ハリス(ビル・マーレイ)は、帯在先の東京のホテルで、慣れない国にいる違和感を覚え、眠れない夜を過ごしていた。カメラマンの夫(ジョバンニ・リビシ)の仕事に同行してきた妻のシャーロット(ス.
『ロスト・イン・トランスレーション』ソフィア・コッポラ:「フシギの国ニッポン」映画 その? (~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録)
自分はドイツ人の知人の勧めで観てみました。 「既に人生を使い切ってしまった」映画スターの主人公、そして、自分の人生の意義を見つけられないまま、いたずらに時間を浪費しつづけるヒロイン。それぞれ、はた目には何不自由なくゴージャスな暮らしを満喫しているんです
『MON-ZEN(Erleuchtung Garantiert)』 ドーリス・デリエ:「フシギの国ニッポン」映画 その2 (~Aufzeichnungen aus dem Reich~ 帝国見聞録)
『ロスト・イン・トランスレーション』を観た後でブーブー言ってた自分にドイツ知人が薦めてくれたのがこのドイツ映画です。 概要については、こちらを参照していただくとよろしいかと思います。 「不思議都市」東京を起点に、行き詰まった人生を打開するための「自分探.
ロスト・イン・トランスレーション オシャレな映画です (喫茶すぺーす)
ロスト・イン・トランスレーション昨日見ました。舞台は東京。テレビのCMの撮影のために訪れた中年俳優と多忙なカメラマンの夫の仕事についてきた女性との出会いの物語。彼らの共通点は異郷の地の孤独感。都会での一人の悲しさの中で彼らは出会い、さみしさを分けあってい...
「ロスト・イン・トランスレーション」-Lost In Translation- DVDで鑑賞 (映画って素晴らしいもん)
私のほしい物リストに入れてたこの映画、レンタルでやっと観ました。持ってるのが中国語なんだもん・・・(;;) ソフィア・コッポラの感受性豊かな視点、私は大好きです。 『ヴァージン・スーサイズ』に続いてこの作品は2作目。この映画もストーリーというより雰囲気。.
ロスト・イン・トランスレーション (*アンチハリウッド的* 映画論)
【原題】Lost in translation 【制作年】2003 【制作国】アメリカ 【監督】ソフィア・コッポラ 【主なキャスト】 ○ビル・マーレイ(アメリカ人俳優:ボブ) ○スカーレット・ヨハンソン(カメラマンの妻:シャーロット) 【あらすじ】 ウィスキーのCM撮影のため
ロスト・イン・トランスレーション (tekinosukeの日記)
昨夜はこの映画を観ました『ロスト・イン・トランスレーション』    ウィスキーのコマーシャル撮影のため来日したハリウッド・スターのボブ。彼は滞在先である東京のホテルに到着すると、日本人スタッフから手厚い歓迎を受けるが、異国にいる不安や戸惑いも感じ始めて...
ロスト・イン・トランスレーション ~ 異国で感じる孤独と共感 ~ (Prototypeシネマレビュー)
~ 異国で感じる孤独と共感 ~ ゴッドファーザーで有名な監督、フランシス・F・コッポラの娘であるソフィア・コッポラが監督したこの作品。雰囲気的には『恋する惑星』で有名な香港映画の監督、ウォン・カーウァイ作品に類似していて「観る」というより、どちらかという.
CINEMA●STARR「ロスト・イン・トランスレーション」 (しっかりエンターテイメント!)
監督 ソフィア・コッポラ 出演 ビル・マーレイ、スカーレット・ヨハンソン、他 ロスト・イン・トランスレーション (レンタル専用版) 昔売れた映画スターと、夫の仕事について来た妻が、東京で淡い恋に落ちる。       異国での恋という、物語の中心は.
ロスト・イン・トランスレーション (ひめの映画おぼえがき)
ロスト・イン・トランスレーション 監督:ソフィア・コッポラ 出演:ビル・マーレイ、スカーレット・ヨハンソン、ジョヴァンニ・リビシ、アンナ・ファリス、マシュー南、田所豊... 「幸せなはずなのに、ひとりぼっち
<ロスト・イン・トランスレーション>  (楽蜻庵別館)
2003年 アメリカ・日本 102分 原題 Lost in Translation 監督 ソフィア・コッポラ 脚本 ソフィア・コッポラ 撮影 ランス・アコード 音楽 ブライアン・レイツェル  ケヴィン・シールズ 出演 ビル・マーレイ  スカーレット・ヨハンソン  ジョヴァンニ...
ロスト・イン・トランスレーション Lost In Transration (映画!That' s Entertainment)
●「ロスト・イン・トランスレーション Lost In Transration」 2003 アメリカ Focuc Features,Tohokushinsha,American Zoetrope 102min. 監督・脚本:ソフィアコッポラ  製作総指揮:フランシス・フォード・コッポラ 出演:ビル・マーレイ、スカーレット・ヨハン...
ロスト・イン・トランスレーション (RE:ねこのうたたね)
Lost in Translation (2003) Director : ソフィア・コッポラ Cast : ビル・マーレイ, スカーレット・ヨハンソン, ジョヴァンニ・リビシ Genre : Comedy | Drama | Romance Runtime : 102分 配給 : 東北新社 参考リンク → allcinema / IMDb / goo Everyone want...
ロスト・イン・トランスレーション (むーびーふぁんたすてぃっく)
「ロスト・イン・トランスレーション」 感想 ロスト・イン・トランスレーション ひとときの恋心、永遠の思い出。“トーキョー”であなた...
ロスト・イン・トランスレーション (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『世界中を魅了した"トーキョーのロマンス" ひとときの恋心は、永遠の想い出に変わる』  コチラの「ロスト・イン・トランスレーション」は、東京を舞台にハリウッド俳優のボブ・ハリス(ビル・マーレイ)と若く美しい人妻のシャーロット(スカーレット・ヨハンソン...