★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「ココ・アヴァン・シャネル」

2009-09-20 03:38:11 | 映画(か行)
<T1079/2009/A164/S072> 
1ヶ月フリーパス{MFP05}

シルバーウィークで、連日ナイトショウまでやってるので、
久しぶりに観てきましたが、眠かったぁ。
ちょっと前までやってたシャーリー・マクレーンの「ココ・シャネル」は、
見逃しちゃったけど、
フリーパス・ゲットで気合が入ってるので、本作は見てみようかなっ・・と。
本国フランスでは大ヒットらしいし。
原題も「COCO AVANT CHANEL」=シャネルになる前のココ。
2009年製作の伝記系ドラマ、110分もの。

あらすじ・・・今回はAllcinemaから引用させてもらいました。
母親を亡くし、父親に見捨てられたガブリエル・シャネル(オドレイ・トトゥ)は、姉と共に田舎の孤児院で少女時代を過ごす。やがて、仕立屋でお針子仕事をする傍ら、姉と共にキャバレーで歌を歌い、つましく生計を立てていく。また、その時の持ち歌から“ココ”の愛称で呼ばれ、本格的に歌手を志すようになるガブリエル。そんな彼女はある日、エティエンヌ(ブノワ・ポールヴールド)という裕福な将校と出会う。愛人関係となった彼の支援で歌手になる夢も膨らみ、上流階級の社交界も知るガブリエル。ところが、歌手の夢は潰え、愛人に留まるだけのエティエンヌとの生活も次第に陰りが見え始める。しかし、この時ガブリエルには裁縫の独創的で類い希な才能が芽生えていた。そうした中、本当の彼女を理解するイギリス人の実業家ボーイ・カペル(アレッサンドロ・ニヴォラ)が現われ、相思相愛となるのだが…。



ココからひらりん的レビューのネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
●いやーー微妙・・・
久しぶりのナイトショウ鑑賞で睡魔に襲われたのか、平凡でつまらなかったのか?
●話的には孤児のココが出世を夢見てエティエンヌ・バルサンっていう
金持ち将校の愛人なるけど、
この男は妻を持つ気などサラサラない、典型的なフランス野郎紳士。
●友達のボーイにココを貸しちゃったら相思相愛に・・・
ボーイも貧しい育ちだったから意気投合したけど、
実は土地持ちの良家の子女との結婚が決まってたらしいし・・・
逆にバルサンが嫉妬しちゃって、ココに求婚しちゃうし・・・
男心もわからんもの。。。
●まっ、そんな色恋沙汰をしながらも、
淑女仲間??の帽子をデザインしてあげたり、
舞踏会のドレスを黒でデザインして、注目の的になったり。。。
●睡魔との闘いでイマイチ記憶が飛んでるけど・・・
やっぱりボーイと繋がってるココだったけど、
ボーイが交通事故で死んじゃった・・・
で、男に目もくれず、デザイン界に身を投じていったのでした・・・
みたいな話で合ってるかな???
●予告編で何度も観てるので、それ以上の話の盛り上がりは無かったような。
階段に座ってショウを眺めてるラストシーンが、予告編に入ってたし。
あえて言えば、
バルサン主催の上流階級パーティが乱交気味で楽しそうだった・・・とか、
ボーイ役がサッカー映画「ゴール」でいい味出してたアレッサンドロ・ニヴォラとは、

とっても気づかなかった・・・とか。
●それにしても主演のオドレイ・トトゥ・・・

若いんだか老けてるんだか、解らないしーーー、
冷静なんだか情熱的なんだかも、演じきれてるしーーー、
ひらりんの好みのタイプじゃないけど、
上手いタイプの女優さんになってきてるな・・・という印象。

ココまでネタバレ注意↑

ひらりん的この映画の関連作は・・・
オトレイ・トトゥといえば、
トム・ハンクスの大ヒット作「ダ・ヴィンチ・コード」のヒロイン。



ということで今回は・・・
シャ寝る度・・・
個人的には眠くって、女心と独立心を読み取れずに残念な鑑賞でしたわっ。


●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
ひらりん同様「今年はシャネルブームなので見てみた」
というあなた・・・
バナーにポチッとクリックおねがいしまーーす。

「人気ブログランキング(映画)」
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (58)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★「キラー・ヴァージンロード」 | トップ | 「クレヨンしんちゃん 嵐を... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (たいむ)
2009-09-22 09:51:56
そうそう、年齢不詳。
冒頭でその手の話題もあったけれど、実際にもさっぱり分かりませんでしたよね。

フランス語だし、上手いのか下手なのかも良く分からなくって、でもオドレイはあまり好みの女優さんじゃないかなぁー
眠かったのですか!? (vic)
2009-09-22 23:57:27
何処でも評判良くないですね!
オトレイ・トトゥって40代かと思ってしまいました。結構若いんですね!
いつも口がへの字型だけど「ボーイ」とあっている時は満面の笑みで、とても可愛くて、そのギャップが良かったです。
かざりっけ無し (de-nory)
2009-10-07 12:36:54
女性は共感するのかな。かざりっけ無かったし。
と思ってたんですが、意外でした。

個人的には、「ココ・シャンル」の方が好みかな。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

58 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『ココ・アヴァン・シャネル』 (千の天使がバスケットボールする)
紀尾井ホールでのコンサートの夜、開演前に私の好きなとあるレストランで友人と食事をした時のことだった。席についてオーダーを済ませると、友人がダークグレーのツィードのスーツのジェケットを脱ぐと、なんと裏地がパステルカラーのいくつもの円形が重なる柄のシルクだ...
ココ・アヴァン・シャネル (LOVE Cinemas 調布)
シャネル創立100周年の今年に公開される第2弾作品。世界的デザイナー、ココ・シャネルの半生を描く伝記映画です。この作品の主演は『アメリ』のオドレイ・トトゥ。共演に『アイズ』のアレッサンドロ・ニヴォラが出演。監督は『ドライ・クリーニング』のアンヌ・フォ...
◇『ココ・アヴァン・シャネル』◇ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2009年:フランス映画、アンヌ・フォンテーヌ監督、オドレイ・トトゥ主演。
ココ・アヴァン・シャネル (エバーグリーン?あるいは酒でいっぱいの海)
フランス映画ココ・アヴァン・シャネルを観た客の八割は女性だったまっ 当然か・・・この映画を観て彼女たちは何を感じただろう男の私には理解しがたい部分が多い女性たちは本当の自分を理解できているのだろうか理想的な女性の生き方とは何だろう?男に頼らない生き方?官...
ココ・アヴァン・シャネル (Yuhiの読書日記+α)
伝説のファッション・デザイナー、ココ・シャネルの若き日を描いた伝記ストーリー。監督はアンヌ・フォンテーヌ、キャストはオドレイ・トトゥ、アレッサンドロ・ニヴォラ、ブノワ・ポールヴールド、マリー・ジラン他。 <あらすじ> 孤児院で育った少女時代を経て、酔っ...
「ココ・アヴァン・シャネル」 (永遠の自分探し  って迷子やん!!)
ミニシアター系での「ココ・シャネル」を観たら、 全国展開の「ココ・アヴァン・シャネル」が無性に観たくなってしまいました。 すっかりシャネルのトリコ!? 「ココ・シャネル」と「ココ・アヴァン・シャネル」の違いは、 アヴァンがあるかないか、という陳腐なもので...
ココ・アヴァン・シャネル [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:COCO AVANT CHANEL公開:2009/09/18製作国:フランス上映時間:110分鑑賞日:2009/09/20監督:アンヌ・フォンテーヌ出演:オドレイ・トトゥ、ブノワ・ポールヴールド、アレッサンドロ・ニヴォラ、マリー・ジラン、エマニュエル・ドゥヴォスもし翼を持たずに生まれて...
ココ・アヴァン・シャネル@朝日ホール 孤児院から世界へ (ネット社会、その光と影を追うー)
映画『プリティ・ウーマン』において、ジュリア・ロバ
ココ・アヴァン・シャネル (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『シャネルの成功の秘密、解禁。』  コチラの「ココ・アヴァン・シャネル」は、田舎のナイトクラブからパリへ、そして世界へ、コネクションも財産も教育もない孤児院育ちの少女が、世界のシャネルになるまでの物語を描いた9/18公開のバイオグラフィー映画なのですが...
ココ・アヴァン・シャネル/オドレイ・トトゥ (カノンな日々)
『アメリ』のオドレイ・トトゥ主演によるココ・シャネルの伝記映画。ココ・シャネルの生誕125年を記念して製作された映画の公開が続きますがワタシ的にはコレが本命の作品。でもシャーリー・マクレーン主演の『ココ・シャネル』もなかなか良かったので、この映画の期待度...
ココ・アヴァン・シャネル (花ごよみ)
姉とともに孤児院で育ちながらも、 世界的なファッション・デザイナーとして、 成功を遂げたガブリエル・“ココ”・シャネル。 主演は「アメリ」「ダ・ヴィンチ・コード」の オドレイ・トトゥ。 彼女が“ココ”・シャネルを演じています。 “ココ”・シャネルの伝記映...
ココ・アヴァン・シャネル☆★COCO AVANT CHANEL (銅版画制作の日々)
今こそ知りたいーーー〈シャネルの秘密〉 シャネル・シリーズ第二弾は、オドレイ・トトゥ主演のシャネル物語。本家本元のフランス映画です。いやあこれだけでも何かいいですよね。シャネルはフランス人ですから、こうこなきゃ!なんて・・・・。主演のオドレイ嬢、実際の...
ココ・アヴァン・シャネル (悠雅的生活)
黒衣のデザイナー、Coco。
「ココ・アヴァン・シャネル」みた。 (たいむのひとりごと)
ジャージーも、ストライプもみんなココ・シャネルが最初に素材として活用したのだそうだ・・・が、本家シャネルの商品なんぞは高嶺(高値)の花も良いところで、ジャージー素材だろうが袖すらとおしたことがない。(
試写会「ココ・アヴァン・シャネル」 (流れ流れて八丈島)
今晩の試写会は、有楽町よみうりホールで「ココ・アヴァン・シャネル」でしたちょっと前にシャーリー・マクレーンの「ココ・シャネル」も観たばかりなので、両者の微妙な解釈の違いとかも、面白かったですねこちらの「ココ・アヴァン・シャネル」は、「アメリ」のオドレイ...
ココ・アヴァン・シャネル (めでぃあみっくす)
一人のフランス人女性ココが世界のブランド・シャネルになるまでを描いたこの映画。シャネル好きの方やフランス映画が苦手な方には退屈に感じる映画だとは思いますが、個人的には「流行」の先に「個性」があるものだというココの信念みたいなものを描こうとした映画に見え...
*ココ・アヴァン・シャネル* (Cartouche)
{{{   ***STORY***            2009年  フランス 修道院付属学校で育った孤児のガブリエル・シャネル。“ココ”と呼ばれる彼女は、洋裁店で助手の仕事をしながら、姉とカフェで歌を歌い、生活の糧を得ていた。そこで出会った裕福な貴族、エ...
ココ アヴァン シャネル /COCO AVANT CHANEL (我想一個人映画美的女人blog)
{/m_0150/}ランキングクリックしてね{/m_0150/} ←please click  えー、これでもシャネル映画なの{/eq_1/} シャーリー・マクレーンがシャネルの後期を演じ、先月から日本でも公開した 『ココ・シャネル』に続き、 全部で3本公開されるシャネルの伝記映画、 2本目は...
『ココ・アヴァン・シャネル』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
ココのシャネルのようにシックなフランス映画なの。 Coco avant Chanel、とはシャネルになる前のココの物語。アンヌ・フォンテーヌ監督作がワーナー配給で全国一斉拡大公開だなんてかつてないことなのだけど、それほどにシャネルというのは世界、日本でも広く関心がも...
ココ・アヴァン・シャネル (映画君の毎日)
<<ストーリー>>孤児院で育った少女時代を経て、酔った兵士を相手に歌うナイトクラブの歌手となったガブリエル(オドレイ・トトゥ)。その一方、つつましいお針子として、田舎の仕立屋の奥でスカートのすそを縫う日々に甘んじていた彼女は、将校のエティエンヌ・バルサ...
映画 【ココ・アヴァン・シャネル】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ココ・アヴァン・シャネル」 CHANELの全面協力による、ココ・シャネルの若き日を描いた伝記ストーリー。 おはなし:ガブリエル(オドレイ・トトゥ)は孤児院育ちで、今はお針子とナイトクラブの歌手をして生活していた。ある日彼女はクラブでエティエンヌ・...
『ココ・アヴァン・シャネル』(2009)/フランス (NiceOne!!)
原題:COCOAVANTCHANEL監督:アンヌ・フォンテーヌ出演:オドレイ・トトゥ、ブノワ・ポールブールド、アレッサンドロ・ニボラ、マリー・ジラン、エマニュエル・ドゥボス公式サイトはこちら。<Story>修道院付属学校で育った孤児のガブリエル・シャネル(オドレイ・....
ココ・アヴァン・シャネル (Diarydiary!)
《ココ・アヴァン・シャネル》 2009年 フランス映画 - 原題 - COCO
ココ・アヴァン・シャネル (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★[3/5] 映像クオリティは素晴らしい!
ココ・アヴァン・シャネル (そーれりぽーと)
シャネル映画第二弾。 シャネル公認の『ココ・アヴァン・シャネル』を観てきました。 ★★★★ 先に公開された『ココ・シャネル』とほぼ同時期、彼女の少女期から悲話を経てブランドを立ち上げるまでを描いています。 『ココ・シャネル』がほぼ事実に基づいたストーリー...
ココ・アヴァン・シャネル (★ Shaberiba )
彼女が世界のシャネルになった訳は 恋?それだけじゃないはずだ・(涙)
ココ・アヴァン・シャネル (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
何本か作られているココ・シャネルを描く作品の1本だが、本作はオーソドックスというより平凡で、パンチ不足の伝記映画になった。孤児院で育った少女時代から、お針子になり、将校の愛人に。やがて運命の恋人ボーイ・カペルと激しい恋に落ち、彼の理解と援助でデザイナー...
映画「ココ・アヴァン・シャネル」 (Playing the Piano is ME.)
個人的にシャネルは好きなブランドではありません。 シャネラーと言えば、思いつくのはハイヒール・モモコや小柳ルミ子あたり。 ちょっと「派手」で、ギラギラ、チャラチャラしているイメージがあります。
ココ・アヴァン・シャネル Coco avant Chanel (映画!That' s Entertainment)
●「ココ・アヴァン・シャネル Coco avant Chanel」 2009 フランス Haut et Court,Ciné@ ,Warner Bros.,France 2 Cinéma,Canal+ ,105min. 監督:アンヌ・フォンテーヌ 出演:オドレイ・トトゥ、ブノワ・ポールヴールド、アレッサンドロ・ニヴォラ、マリー・ジラ...
見る人によっては、やなオンナに見えるだろうな~(笑)~「ココ・アヴァン・シャネル」~ (ペパーミントの魔術師)
ファッションという分野で 世の中に革命を起こした女性で、 それはとにかく先駆者ならではの風当たりでもって うけいれてもらうにはさぞ大変だったと思う。 でもさ~。 すんごい細かいことなんだけどぉ~ 現代にあってもコレはないんじゃない? 「くわえタバコで仕事...
ココ・アヴァン・シャネル (2009・フランス) (白ブタさん)
シャーリー・マクレーン主演の『ココ・シャネル』 に続いて、また ”シャネル” の映画★ 今回は 『アメリ』 のオドレイ・トトゥ主演。
ココ・アヴァン・シャネル (C'est joli~ここちいい毎日を~)
ココ・アヴァン・シャネル’09:フランス ◆原題:COCO AVANT CHANEL ◆監督: アンヌ・フォンテーヌ「恍惚」「ドライ・クリーニング」◆出演:オドレイ・トトゥ、ブノワ・ポールブールド、アレッサンドロ・ニボラ、マリー・ジラン、エマニュエル・ドゥボス ◆STORY◆修...
「ココ・アヴァン・シャネル」 シャネル以前のココの視点 (はらやんの映画徒然草)
2010年はシャネルの創業100年ということで、今年は創業者ガブリエル・"ココ"
「ココ・アヴァン・シャネル」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「ココ・アヴァン・シャネル」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:オドレイ・トトゥ、ブノワ・ポールヴールド、アレッサンドロ・ニヴォラ、マリー・ジラン、エマニュエル・ドゥヴォス、レジス・ロワイエ、エティエンヌ・バルトロミュー、ヤ...
シャネル前史~『ココ・アヴァン・シャネル』 (真紅のthinkingdays)
 COCO AVANT CHANEL  孤児院で育った少女ガブリエル(オドレイ・トトゥ)は、昼はお針子、夜は酒場 で歌を唄い、パリでの生活を夢見てい...
ココ・アヴァン・シャネル (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
オドレイ・トトゥ主演、アンヌ・フォンテーヌ監督・脚本で映画化されたシャネルブランドの創始者ココ・シャネルの有名になる前までを描いた映画だ。フランスではココ・シャネルのデザイナーとしての功績は知れ渡っているので、有名になる前の物語に焦点が当てられたのだと...
「ココ・アヴァン・シャネル」 (NAOのピアノレッスン日記)
         ~もし翼を持たずに生まれてきたのなら、            翼を生やすためにどんなことでもしなさい~ 女性なので、こういうファッション映画は気になります。2009年 フランス映画  ワーナー・ブラザース配給 (09.9.18公開...
ココ・アヴァン・シャネル (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました!2009年/フランス監督:アンヌ・フォンテーヌ出演:オドレイ・トトゥ、ブノワ・ポールヴールド、アレッサンドロ・ニヴォラ、マリー・ジラン
ココ・アヴァン・シャネル (りらの感想日記♪)
【ココ・アヴァン・シャネル】 ★★★☆ 試写会(20) ストーリー 母親を亡くし、父親に見捨てられたガブリエル・シャネル(オドレイ・トトゥ)
ココ・アヴァン・シャネル (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
時代とともに新しい女性像を表現し、数々のミューズを生み出してきたフランスの老舗ファッションブランド、シャネル。その創立者であり、女性ファッション界に新たな価値観を打ち立てたパイオニア、ココ・シャネルの波乱に満ちた生涯を描いた作品が、奇しくも今年2本公...
【ココ・アヴァン・シャネル】 (日々のつぶやき)
監督:アンヌ・フォンテーヌ 出演:オドレイ・トトゥ、ブノワ・ポールブールド、マリー・ジラン もし翼をもたずに生まれてきたのなら、翼を生やすためにどんなことでもしなさい 「孤児院で成長したガブリエルは姉と二人でカフェで歌うことと裁縫の仕事とをして生
『ココ・アヴァン・シャネル』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
孤児院で育った少女時代を経て、酔った兵士を相手に歌うナイトクラブの歌手となったガブリエル。その一方、つつましいお針子として、田舎の仕立屋の奥でスカートのすそを縫う日々に甘んじていた彼女は、将校のエティエンヌ・バルサンの愛人となり、退屈な暮らしを送ること...
[映画][劇場公開]ココ・アヴァン・シャネル 22点 (さとうれおはオレだけか)
予告をDVDに焼いてラベルでも貼ってコレクションでもすればええやんってほど中身がないわー。 映画を見てここまで腹の立つことがあるとは思わなかったよ。 内容を語ることなんてあるんかな。モチベーションを維持できる内容じゃないもん。 伝記ものでよくある生涯を語り...
『ココ・アヴァン・シャネル』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【COCO AVANT CHANEL】 2009年/仏/ワーナー/110分 【オフィシャルサイト】 監督:アンヌ・フォンテーヌ 出演:オドレイ・トトゥ、ブノワ・ポールブールド、エマニュエル・ドゥボス、マリー・ジラン、アレッサンドロ・ニボラ
「ココ・アヴァン・シャネル」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                       「ココ・アヴァン・シャネル」 久々に劇場で観て参りました!アンヌ・フォンテーヌ監督の「ココ・アヴァン・シャネル」であります。 主演は「アメリ」のオドレイ・トトゥ。 ココ・シャネルが服飾デザイナーとして名を馳...
ココ・アヴァン・シャネル (墨映画(BOKUEIGA))
「結婚しない女」 SYOWを見る彼女。 その先には、一体何を見据えていたのか。 結婚をしない。仕事をしたがる女。 時代の先駆とも言える彼女は、こんな時代を見ていたのか。 【STORY】(シネマ・トゥデイ様より引用させていただきました。) 伝説のファッション...
「ココ・アヴァン・シャネル」はシャネルを主人公にする意味のな... (映画と出会う・世界が変わる)
なんともしまらない作品である。ココ・シャネルが主人公であるが、デザイナーとしての彼女の姿というより恋する女性としての姿を描いた内容となっている。恋愛映画として充実していれば、問題ないのであるが、これが退屈な出来なのである。彼女の複雑な恋が、その創造力に...
ココ・アヴァン・シャネル (rambling rose)
シャネルが”世界のシャネルになる以前”・・の、若き日の物語。
ココ・アヴァン・シャネル(フランス) (映画でココロの筋トレ)
ブランドとしては興味ないけれど、あそこまで築き上げた女性の物語は観たい! ってことで「ココ・アヴァン・シャネル」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:オドレイ・トトゥ、ブノワ・ポールヴールド、アレッサンドロ・ニヴォラ、マリー・ジラン ...
ココ・アヴァン・シャネル■ラストの彼女の表情とは? (映画と出会う・世界が変わる)
映画「ココ・アヴァン・シャネル」は、10月15日の私の日記に対するマガリーさんのコメントによると、この映画は、「シャネル・ビギニング」というべき内容であるという。なるほどである。あの孤児院出身の若い女性が、やがてはシャネル帝国の創始者になるという物語だとい...
『ココ・アヴァン・シャネル』女性ココ・シャネルの横顔 (映画をもっと楽しく![シネマポスト])
映画の評価(5点満点) ★★☆☆☆ ココ・シャネルといえば知らない人はいない高級ブランド「シャネル(CHANEL)」を生み出したファッションデザイナー兼創業者。これほどまでに有名で、激動の20世紀に一大帝国を築き上げた女性はいない。 映画化されるとあれば、彼女の...
ココ・アヴァン・シャネル (パリへタイムトラベル)
先日、川?チネチッタで映画「ココ・アヴァン・シャネル」を見てきました{/car_pink/} 「アメリ」「ダヴィンチコード」に出演したオドレイ・トトゥが シャネルを演じるというのですからこれは見るしかありません。 シャネルが生まれたのは1883年(日本では鹿鳴館が開館...
映画 『ココ・アヴァン・シャネル』 (Death & Live)
簡単ですが。 またまた、観る予定ではなかったのですが、観てきました。 オドレイ・トゥトゥが苦手なのですよ。 だから、なかなか入り込めずに観てました。 ただ、シャネルの生い立ちを知ることになったのは、 とても勉強になりました。 ラストシーンが印象的でした...
「ココ・アヴァン・シャネル」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
もうちょっとたくさんシャネルらしいファッションが見られると思ってたんですが・・
ココ・アヴァン・シャネル (Blossom)
ココ・アヴァン・シャネル COCO AVANT CHANEL 監督 アンヌ・フォンテーヌ 出演 オドレイ・トトゥ ブノワ・ポールヴールド     アレッサ...
ココ・アヴァン・シャネル (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:ココ・アヴァン・シャネル 制作:2009年・フランス 監督:アンヌ・フォンテーヌ 出演:オドレイ・トトゥ、ブノワ・ポールヴールド、アレッサンドロ・ニヴォラ、マリー・ジラン あらすじ:孤児院で育った少女時代を経て、酔った兵士を相手に歌うナ...
「ココ・アヴァン・シャネル」(COCO AVANT CHANEL) (シネマ・ワンダーランド)
世界的ファッション・デザイナー、ココ・シャネル(1883-1971年)の半生を描いたヒューマン・ドラマ「ココ・アヴァン・シャネル」(原題=シャネル以前のココ、2009年、仏、110分、アンヌ・フォンテーヌ監督、ワーナー映画配給)。この映画は、孤児院出身...
映画評「ココ・アヴァン・シャネル」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2009年フランス映画 監督アンヌ・フォンテーヌ ネタバレあり