★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「Sad Movie <サッド・ムービー>」

2006-11-12 03:38:58 | 映画(さ行)
2006.11.11公開初日のナイトショウ(川崎チネチッタ)で観てきました。
特に韓国映画が好き・・・というワケじゃないんだけど・・・
ついつい公開してると、見てしまう・・ひらりん。
タイトルからして、悲しそうだし・・・
群像劇みたいだし・・・
でも、ひらりんでも知ってる、チョン・ウソンが出てるなっ。
2005年製作の群像系ラブ・ストーリー、109分もの。

あらすじ
キャッチ・コピーは「愛はどうして終わる瞬間に一番輝くんだろう。」。
愛といっても、いろんなカタチの愛・・があり・・・
4組4様の別れのカタチ・・・があるのでした・・・。

ここからネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
韓国映画のイメージって、コテコテ・・とか、
強引・・・とかって感じだけど、
この映画はコテコテで強引にSADな気分にはさせてくれませんでした・・・
ちょっと意外というか残念というか。
ここで人物紹介を・・・
●ちょっと恋にぶっきらぼうな消防士ジヌと手話で天気予報を伝えるスジョンのカップル。
▼無職の青年ハソクと3年付き合ってるスーパーのレジ係のスッキョン。
■スジョンの妹で耳の聞こえないスウンと、絵描きの青年サンギュ。
▲仕事人間で超多忙の母とその息子。

まずは●から。
なかなか結婚に踏み切れないジヌに愛想を尽かしそうになるスジョン。
危険な仕事はもうやめて・・・
ニュースを見たとき、消防車のサイレンを聞いただけで、イヤーーな予感にさいなまれるスジョン。
でもでも、人を助けるのが仕事・・・と自負(ジフ)してるジヌ。
実はスジョンの妹スウンも、彼が火事の現場から助けてた・・・。
■そのスウン・・・耳が聞こえないのが、その火事のせいかははっきりしないけど・・・
顔の左側には傷跡が・・・
それがコンプレックスになってるのか・・・
仕事は、遊園地で白雪姫の着ぐるみ人形に入ってます。
そこでみっけたちょっとカッコイイ絵描きさんに恋ごころ・・・
もともと話せないし・・・着ぐるみだし・・・でも、
ちょっとオチャメに振舞って、気を引いてみたり・・・
仕事仲間の7人のコビト人形達も、よく手伝ってくれました。
▼仕事をしないハソクに愛想が尽きたスッキョンだが・・
ある時ハソクは、「別れさせ屋」をやろうと決意。
ネットで募集したら、結構な数の依頼が来る・・・。
世の中・・出会いの数だけ、別れがあるのでしょうか???
まあ、こんな仕事で女をつなぎ止められるとは思えなかったけど・・・
彼にとっては少し充実した生活・・・
しかし、いろんな状況の別れる男女を見てきたハソク・・・
こっそり、スッキョンに対しても別れさせ屋を自分自身が出勤??
雨の中・・・別れを告げるのでした。
▲頼りない旦那にすがってられないと、キャリアばりばりで働く母ジュヨン。
しかし、不治の病に冒され、入院。
息子のフィチャンは、母にガミガミ言われないし・・・
毎日会いたい時にママに会えると、内心大喜び・・・
しかし、タンスの中から見つけた、ママの古い日記帳を読んで、ショックのフィチャン。
望んでない子・・・育てるのが大変・・・などと、母の率直な気持ちの日記。
しかし、自分の子が可愛くないはずがありません。
死期が迫っていても、息子の願いを叶えるべく・・・
学校の前で、制服着て、旗もって・・・「緑のオバサン」?までやってくれます。
そんな、フィチャン・・さすがネット先進国・韓国の小学生だけあって、
あの、「別れさせ屋」のハソクにネット?で依頼・・・
でも内容は、ママとは別れたくない・・・
死んで欲しくない・・・という願いでした。
■スウンの別れは、ちょっと純粋・・・
絵描きのサンギュは近々留学してしまうらしい・・・
なかなか着ぐるみを脱がなかったスジョンだけど・・・
意を決して自分の素顔を描いてもらうことに・・・
最初はお化粧してたけど・・やっぱり素顔で描いてもらってたのかなっ。
そして最後は●消防士ジヌとスジョンのカップル。
スジョンはTVのお天気お姉さんで、雨が好き・・・
雨の日には消防士の出動が少ないから・・・なんでしょうね。
手話で天気予報を伝える仕事についたのは、妹が耳が聞こえないのが一因だったんでしょう。
この姉カップルのケンカに喋れないスウンは凄く怒ってました。
なかなか危険な仕事を止めてくれないジヌに反発して部屋に閉じこもったスジョン。
口も聞こうとしない姉に・・・
オネエチャンは喋れるのに・・・と、むちゃくちゃ喋れない口で話してましたっ。
そんな、こんながありながら・・・
ジヌも彼なりに、結婚を考えてて・・・
指輪を用意したり・・・
告白の場所は、雰囲気がいい場所で・・・とか・・・。
でも、そんな予定を組みながらも・・・
火事の現場へ出動・・・
帰らぬ人となってしまいました・・・。

もっと、ガーーーーーーーーーーーーーーーっと、悲しませてくれるのかと思ったけど、
そうでもなかったね。
4組の別れを綴ってるけど、
あまり繋がってないし、連続性が乏しい。
一つ一つの話は、それなりにSADなんだろうけど・・・。
でもまあ、スジョン・スウンの姉妹は可愛いし、
「猟奇的な彼女」のチャ・テヒョンは出てるし、
なかなか、キャスト的には、ひらりんは満足です。

ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この映画の関連作は
消防士役のチョン・ウソン・・・「私の頭の中の消しゴム」「デイジー」に主演。
「別れさせ屋」のチャ・テヒョン・・・「僕カノ」にもちょろっと出演。
耳が聞こえない娘役のシン・ミナ・・・「火山高」にも出てました。


という事で今回は
サッ度・・・
姉妹が可愛かったので、採点甘め。

ところでひらりんも「人気ブログランキング(映画)」に参加しています。
ひらりんのブログを気に入ってくれたら↑↑クリックしてね。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (5)   トラックバック (49)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★「16ブロック」 | トップ | 「スタンドアップ」 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
全体的に丁寧な工夫を感じました (たろ)
2006-11-13 12:41:56
こんにちは。
コメントとトラックバックを失礼致します。

この作品は、スウン役を演じたシン・ミナさんの可憐さをはじめとした、特に女性出演者の皆さんの好演とそれぞれの物語との関連性が薄いながらも全体的に丁寧な工夫を僕は感じた仕上りでありました。

また遊びに来させて頂きます。
ではまた。

TBどうもです (sakurai)
2006-11-21 08:19:16
なんか、題名からして、「泣け、泣け」って言われてるようで、見ているこっちがどんどんと引いていくのが分かります。
脚本は悪くないから、もっと切るとこ切って、潔く作った方がいい映画になったのではと思います。
シン・ミナ、「美しい日々」で超わがままなお嬢様やってたのですが、上手かった。彼女、いいです。
Unknown (AnneMarie)
2006-11-21 23:22:06
そうですね。
泣けるはず! で観るとアレ?って感じになる映画だと思います。
私はウソン目当てだったので、そんなに泣けなくても大満足でした。
ただ、ウソンの彼女のブサイクな泣き顔アップ時間が長すぎ! この点は不満でした〜〜。。。
TBありがとうございました。 (hyoutan2005)
2006-11-22 00:14:07
ストーリーの不自然さは気になるところですが、俳優さんたちの演技は自然で良かったと思います。
だから、なんだか惜しいなあ・・・。
今更ですが(^^;) (はは)
2007-02-24 18:10:02
映画館で観れなかったため、DVDでやっと観ました! TBよろしくです(^^)/~

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

49 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『Sad Movie サッド・ムービー』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『Sad Movie サッド・ムービー』鑑賞レビュー! 愛はどうして終わる 瞬間に一番輝くのだろう “あいしてる”の数だけ、“さよなら”がある 『Sad Movie <サッド・ムービー>』は 『悲しい映画』と言う直訳の意味を超え “別れ”の向こう ...
試写会鑑賞 新宿 東京厚生年金会館にて〜クォン・ジョングァン「Sad Movie サッド・ムービー」 (** Paradise Garage **)
こんにちは。 晴れの土曜日です。 今日は、昨日 一足先に 新宿 東京厚生年金会館 大ホールにて行なわれた試写会で観させて頂いた、クォン・ジョングァン氏の新作映画について。 『 Sad Movie サッド・ムービー ( SAD MOVIE ) 』 ( ‘05年 韓 ...
お邪魔します。韓流ドラマ チャングムを見ています (映画館(こや)の木戸はあいている)
韓国ドラマは本当にしっかりとテーマを見つめています。今なぜ宮廷ドラマなのか。北朝
「サッド・ムービー」試写会感想(チョン・ウソンさん、イム・スジョンさん、チャ・テヒョンさん出演の韓国映画) (韓国映画&韓流スターサランヘ)
「サッド・ムービー」試写会(チョン・ウソンさん主演)に行ってまいりました。(^_-)-☆ 人気blogランキングへ
「Sad Movie <サッド・ムービー>」困ったちゃんたちのお粗末な別れ方を強引にお涙頂戴にしたごった煮ストーリー (オールマイティにコメンテート)
「Sad Movie <サッド・ムービー>」は4つのストーリーで構成されており、それぞれの別れを題材にしたストーリーである。別れる瞬間は輝くとはいうけれど、別れる瞬間ほど悲しいものはないと感じさせた映画であった。
感想/Sad movie(試写) (APRIL FOOLS)
4組8人の別れを描いた韓国映画、その名も『Sad movie』11月11日公開。幸せな恋人同士、不幸せな恋人同士、片想い同志、すれ違い親子。それぞれの想いが交錯した末の結末は悲劇。みな涙を浮かべながらも、その顔には微笑みをたたえています。 Sad Movie<サッド・ ...
サッド・ムービー (skywave blog)
ほんのり「おかしく」、ほんわか「あたたかく」、しんみり「悲しい」、善人の、善人たちによる、善人のための映画です。 韓国人気俳優の競演、3組の男女と1組の親子のサッド・
4組を描いた必要性が感じられない。『Sad Movie サッド・ムービー』 (水曜日のシネマ日記)
8人の男女の別れを描いた物語です。
Sad Movie <サッド・ムービー> (2005) 109分 (極私的映画論+α)
キャッチフレーズは 「愛はどうして終わる瞬間に一番輝くんだろう。」 大いにネタバレ、そしてボロクソ書いてますので、注意してくださいね。(笑) 私は「黒○香」を思い出しちゃいました(^^;
Sad Movie サッド・ムービー (ネタバレ映画館)
 『アメノナカノ青空』では手をずっと隠していたイム・スジョン。この映画では手の露出度が異様に高かった・・・
SadMovie (シネマカフェ&お取り寄せグルメ)
さて試写当選の日記でも言ったように「SadMovieサッド・ムービー」を観てきました。場所は一ツ橋ホール。思っていたとおり座席の高低差がなだらかで広い。でもスクリーンがけっこう高い位置にあったので前の人が気にならずとてもよく観ることができました。まずほ ...
Sad Movie <サッド・ムービー> (猫野トクコの生活)
泣かせる映画と題名でアピールしているこの作品。本当に泣けるのか?
『Sad Movie サッド・ムービー』 (ラムの大通り)
----“悲しい映画”? なんか、あぜんとするタイトルだね。 究極の“韓流”って感じ。 「タイトルもそうだけど、 このキービジュアルがまたスゴい。 8人のキャストの顔のアップ。 しかもその目はいずれも潤んでいる」 ----ふ〜ん。つまり、これは群像ドラマという ...
サッド・ムービー (迷宮映画館)
いくらウソン様ちらつかされて、「泣け!泣け!」っていわれてもねぇ・・。
GTF「Sad Movie」 (てんびんthe LIFE)
「Sad Movie」イイノホールで鑑賞 今年のGTFはいつも以上にがんばって応募したにもかかわらず最低の当り。怒り心頭で全部行くのをやめようかと思ったけれどもどうしても行きたかったのでwakoさんにお願いしてゆずっていただきました。ありがとう ...
「sad movie」 泣けないどころか、冷めて見てしまいました・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
試写会での鑑賞。もともと期待は、全くしないで行ったのですが、その期待以上に?つまらなかったです・・・。でも、これはあくまでも私個人の感想であって、映画館では、3分の1位の人は泣いていました。この映画が、単に私の
Sad Movie (サッド・ムービー)  (花ごよみ)
  いつかはきっと起きる〔別れ〕。 4組8人の愛と別れを描くエピソード。  物語は交差しながら、  同時進行していきます。 スーパーの店員の彼女に、  別れ話を切り出された 無職の男ハソク(チャ・テヒョン)は、 「別れさせ屋」という仕事をし始める。 ...
Sad Movie(サッド・ムービー)/チョン・ウソン、イム・スジョン (カノンな日々)
韓国では2005年に公開されて話題になった4組のカップルの離別の物語。「ラブアクチュアリー」の別れの物語版って感じでしょうか。韓国映画で主演級の俳優たちが多数顔を揃える作品というのはちょっと珍しいんですよね。オムニバス風だから実現出来たってのもある ...
【サッド・ムービー】 (空の「一期一会」)
★スウン(シン・ミナ)が、可愛かったなぁ・・・♪一番好きな別れ方でした!姉・ス
『SadMovie<サッド・ムービー>』(2005年) ★★★☆☆ (どっぷりレビュー)
オムニバスと聞いていたので「世にも奇妙」形式とふんでいたら、『ラブ・アクチュアリー』形式とでもいいましょうか。1話1話途切れずに全部繋がっていました。タイトルはSadMovie。直訳すれば悲しい映画。会場からはすすり泣きも聞こえてきました。観終わって悲し ...
『Sad Movie/サッド・ムービー』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
シェアブログ1571に投稿 ※↑は〔ブログルポ〕へ投稿するために必要な表記です。  なんてダイレクトなタイトルなんだろうねぇ。そして、邦題もまた、そのまんま……。 『Sad Movie/サッド・ムービー』 原題:"SAD
Sad Movie <サッド・ムービー> (It's a Wonderful Life)
この映画ラスト近くまではHappy Movieなんですよね。 もっとお涙頂戴映画なのかと予想してたんですが、 どちらかというと明るい作風の作品。 4組の「愛する、愛される二人」の関係が出てきますが、 タイトルが「サッド」なだけに、あぁこの関係は こうな ...
「Sad Movie」試写会招待券 (雲九の物品購入覚書)
新しくオープンした駅前の映画館で試写会です。 ビルがまるごと新規開店ですごく注目されているので、 映画の前にざっと見て回ろうと早めに出かけましたが、 入って30秒ぐらいで人ごみに疲れ、気力をなくしました。 そそくさとシネマフロアへ… 会員カードのキャ ...
Sad movie サッド・ムービー (なんちゃかんちゃ)
8人の男女が織り成す別れの瞬間を描くラブ・ストーリー。「私の頭の中の消しゴム」のチョン・ウソンや「僕の、世界の中心は、君だ。」のチャ・テヒョンなど注目の俳優たちが出演している
Sad Movie <サッド・ムービー> (あいりのCinema cafe)
監督 クォン・ジョングァン(本作、監督二作目)出演 チョン・ウソン(ジヌ)チャ・テヒョン(ハソク)
Sad Movie <サッド・ムービー> (そーれりぽーと)
タイトルから、まんま悲しいエンディングが想像出来る『サッド・ムービー』を観てきました。 ★★★ 四つの別れ話が、最近の映画に例えると『ラブ・アクチュアリー』的に交錯しながら進行する。 どこまでもオシャレなのは韓国映画の十八番な感じで。 泣きました ...
Sad Movie サッド・ムービー (Addicted to the Movie and Reading!)
■ 試写会にて鑑賞 Sad Movie サッド・ムービー/SAD MOVIE 2005年/韓国/109分 監督: クォン・ジョングァン  出演: チョン・ウソン/チャ・テヒョン/イム・スジョン/ヨム・ジョンア/シン・ミナ 公式サイト 消防士のジヌはその昔、火事でスウ ...
Sad Movie (SSKS*)
オフィシャルサイト 2005韓国 監督:クォン・ジョングァン 出演:チョン・ウソン/チャ・テヒョン/イム・スジュン/イ・ギウ/シン・ミナ/ソン・テヨン ストーリー:消防士とニュース番組の手話キャスターとして働く女性、聴覚障害者の女性とその彼女がアルバイ ...
Sad movie (まぁず、なにやってんだか)
よみうりホールの「Sad movie」の試写会に行ってきました。 この映画のお目当ては、なんと言ってもジヌ役のチョン・ウソン。 「Sad movie」では、「私の頭の中の消しゴム」や「デイジー」の時と違い、大口をあけて笑ったり、ボケをかましたり ...
『サッド・ムービー』 (моя комната 〜まやこむなた〜)
韓国映画ブームは一時期ほどではないけれど・・”うるうるモノ”が得意なこの国から、又一つ心があたたかくなる優しい映画が届いた。主人公は8人、物語は4つ。でも、オムニバスではなく、みんなどこかで繋がっている。恋人や家族、大切な誰かとの別れをテーマにし ...
サッド・ムービー(韓国) (映画でココロの筋トレ)
公開がどれほど待ち遠しかったことかっ!! GyaOで散々予告を観させられましたからね。 やっとやっと観ることができましたチョン・ウソン。 じゃなくて「サッド・ムービー」( → 公式HP  ) 出演:チョン・ウソン 、チャ・テヒョン 、イム ...
映画〜Sad Movie サッド・ムービー (きららのきらきら生活)
 「Sad Movie サッド・ムービー」公式サイト韓流映画にはわりと寛容だと思っています♪この作品は、、、ネタバレアリです。8人の男女の“別れの物語”にスポットをあて、別れのあり方をつづった、心揺さぶられる感動のドラマ。消防士のジヌ(チョン・ウソン)は ...
さよならの物語。 (ひょうたんからこま)
『サッドムービー』@お台場映画王(韓国・2005年/109分)公式サイト注・以下ネタバレ含む〜大きな体に無骨な愛と誠意を秘めた消防士。彼は、手話通役の恋人にプロポーズをするつもりだ。稼ぎの無いボクサー候補の青年は、恋人との関係維持のために「別れ ...
★SadMovie サッド・ムービー(2005)★ (CinemaCollection)
愛はどうして終わる瞬間に一番輝くんだろう。メディア映画上映時間109分製作国韓国公開情報劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ)初公開年月2006/11/11ジャンルドラマ/ロマンス【ストーリー】恋に不器用な消防士ジヌと、彼の危険な仕事への不安を抱えながらもプ ...
「Sad movie」試写会レビュー 悲しみの映画ではない (長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
う〜ん、まず思うことが、最近観た「手紙」のほうがSadやと思う(笑)英文科ではないのでSadの深い意味は知らないが、観たあとにいわゆる悲しい気持ちにならなかった。いや、なれなかった。その理由を追っていくかたちでレビューしましょう。
映画「Sad Movie サッド・ムービー」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「Sad Movie サッド・ムービー」 8人の男女の“別れの物語”にスポットをあて、別れのあり方をつづったドラマ。 タイトルに“sad”という単語が含まれ、いろんな別れのドラマである事を最初から提示してあり、ポスターでは全員が涙を浮かべており・・ ...
彼はあなたと別れたくないそうです (CINECHANの映画感想)
250「Sad movie サッド・ムービー」(韓国)  いつも果敢に火の中へと飛び込む消防士ジヌ。彼のことをいつも心配するアナウンサーの恋人スジョン。なかなかプロポーズのできないジヌだったが、心を決めたその夜、彼はまた火災現場へと向かう。   ...
サッド・ムービー (UkiUkiれいんぼーデイ)
な、涙が・・・止まらない。。。 もっすごい待ってたこの映画!!! 今日の公開を楽しみに、朝イチの回で鑑賞♪ 会いたかったわ〜ウソンssi(人´I`*) 恋に臆病な消防士ジヌ(チョン・ウソン)と、手話通訳のスジョン(イム・スジョン)。 定職に ...
【MOVIE 】Sad Movie (思いつくままに)
■感想など さあ、泣け、泣くんだ! 観る前から、そんな雰囲気を漂わせてる映画だった気がします。 映画のタイトルや、チラシにある出演者の顔、そしてあの歌。全てが観る人を 泣かそうとしているようにしか思えませんでした。 で、「泣かせてもらおうじゃないの ...
映画「Sad Movie <サッド・ムービー>」 (茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜)
原題:sad movie その年、梅雨はいつもより早くやってきた。レジで働く彼女を遠目に、自分の姿はウィンドウに重ねて、・・別れを告げる・・残された少し壊れた傘が物悲しい・・・ 愛の高まりに至るとき、訪れる悲しい別れ、人生の悲哀が胸に迫り心に痛い ...
『サッド・ムービー』 (京の昼寝〜♪)
愛はどうして 終わる瞬間に 一番 輝くんだろう。     ■監督 クォン・ジョングァン ■脚本 ファン・ソング■キャスト チョン・ウソン、イム・スジョン、チャ・テヒョン、イ・ギウ、シンミナ□オフィシャルサイト  『サッド・ムービー』  ...
『Sad Movie』を観て (トモトモの韓流侃々諤々)
 2005年。監督は『S Diary』のクォン・ジョングァン。原題ママ。  「韓
Sad Movie <サッド・ムービー> (日々エンタメざんまい!)
おすすめ度:★★★☆☆【STORY】 消防士とニュース番組の手話キャスターとして働く女性、 聴覚障害者の女性とその彼女がアルバイトをする遊園地に 毎日やって来る似顔絵描きの青年、 3年間無職の生活を続ける青年とス
Sad Movie -サッド・ムービー- 〜愛はどうして終わる瞬間に一番輝くんだろう〜 (頑張る!独身女!!)
『私の頭の中の消しゴム』『デイジー』に出演した“チョン・ウソン”が主演って事で見に行きました。
『サッドムービー』をDVDで鑑賞 (ANNE'SHOUSE-since1990-)
 『サッド・ムービー』2005年作品監督:クォン・ジョングァン出演:チョン・ウソン(イ・ジヌ;消防士)   イム・スジョン(アン・スジョン;放送手話通訳)   チャ・テヒョン(チョン・ハソク;高試準備生)   ソン・テヨン(チェ・スキョン;スーパー店員) ...
『SadMovie <サッド・ムービー>』 (2005) /韓国 (NiceOne!!)
群像劇。多くの人物が登場して、それぞれの側面から1つのストーリーを追っていきます。1話でいろんな場面が見れてお得感があるんですよね。さてさて、今回は、どんな群像劇??*********************『SadMovie <サッド・ムービー>』 (2005) ...
mini review 07042「サッド・ムービー」★★★★★☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
カテゴリ : ドラマ ラブ・ストーリー 製作年 : 2005年 製作国 : 韓国 時間 : 109分 公開日 : 2006-11-11〜2006-12-22 監督 : クォン・ジョングァン 出演 : チョン・ウソン イム・スジョン チャ・テヒョン イ・ギウ シン・ミナ ヨム・ジョンア...
映画評「Sad Movie サッド・ムービー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2005年韓国映画 監督クォン・ジョングァン ネタバレあり
Sad Movie サッド・ムービー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛はどうして終わる瞬間に 一番輝くんだろう。』  コチラの「Sad Movie サッド・ムービー」は、11/11公開のタイトルの通り悲しくて切ない別れの瞬間を集めた8人の男女の群像映画なんですが、試写会で観てきちゃいましたぁ〜♪  出演は、「私の頭の中の消しゴム...