★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「ベルベット・レイン」

2005-10-16 02:38:56 | 映画(は行)
今週は目立った公開作がないので、
土曜の夜のチネチッタもシーーーーンとしてました。
が、ヒマヒマひらりんは今夜もチネに出現。
この映画は、香港の新旧4大スターの共演だそうです。
香港マフィアものらしいんだけど・・・
予備知識なしで観て来ました。
原題は「江湖」、英題は「BLOOD BROTHERS」。
2004年製作(香港)のクライム・サスペンス・ドラマ、85分もの。

あらすじ
香港の黒社会の大ボス・ホン(アンディ・ラウ)に子供が生まれた。
忠実な弟分のレフティ(ジャッキー・チュン)は、これを機にホンに引退を勧める・・・
というのも、カレの部下三人が何やら不穏な動き・・・暗殺計画???
一方、末端のチンピラ・イック(ショーン・ユー)とターボ(エディソン・チャン)は一旗揚げようと・・・
ある暗殺計画の実行者を選ぶクジ引きに参加。
イックは見事、実行者に選ばれるが、渡された武器は・・・・。

ここからネタバレ注意↓
(反転モード・・左クリックのままマウスを動かしてね)
香港映画ってあまり見ないけど・・・
「インファナル~」のメンバーがゾロゾロ出てるのがひらりんでも判る。
あのマフィアのおじさん(エリック・ツァン)・・・今回も死にませーん。
この人を含め、香港映画ってセリフの喋り方がコメディ・チックだよねーー。
今回もまた、マフィアの内部抗争・・・そしてそれがエンドレス・・・って事??

話のほうはというと・・・
大ボス・ホンを心底敬愛しているレフティは・・・
暗殺阻止の為には皆殺しも止む無し・・・なんて考える冷酷無比な男。
そんなレフティのやり方を諌めるホン。
黒社会のトップたるものの帝王学を説くけど・・聞く耳持たないレフティ。
怪しい部下三人に次々と刺客を送るが・・・
一人殺したところで、ホンの部下が残りの二人を保護。
血を流す必要はない・・・最悪、一人を見せしめに殺せば、充分・・みたいな哲学。
結局、レフティの「皆殺し的発想」より一枚も二枚も上手なホンの周到さに納得・・・
二人して店を出ると・・・
そこにはおっきな刃物を持った鉄砲玉=ヒットマン=今風で言えば刺客がうじゃうじゃ。
 
そんなかに、イックもいたのかなぁ????
いやいや、輪廻転生???ですか。
イックとターボの場面はホンとレフティの若き日の回想場面。
通称レフティの由来は・・・
暗殺当日、イックの素性をばらさず・・・
チンピラにぼこぼこにされて右手が不自由になった・・・から。
そんな因縁めいた二人・・・
暗殺に関わったイックは刑務所へ・・・
時が経ってイックはホンに・・・
ターボはレフティに・・・
でも、黒社会の大ボスになっても・・・
同じように末端の鉄砲玉に命を狙われちゃうのね。
いくら上手く治めようと思っても、この社会、命がけなんですね。

ところで、若き鉄砲玉・イックが決死の覚悟で暗殺者となった時に絡んできた娼婦。
目と目が合って運命を感じたのか知らんけど・・・ちょっとブサイク過ぎ。
商売女役だから、こんなもん・・・といえばそれまでだけど・・・
超~緊迫した夜に突飛な行動を取るイックの気持ちはわかるけど・・・。

結局、刺客を集めたのは???レフティだと思うんだけど・・・
自分も殺されちゃって・・・どうなってるの・・・
これが黒社会の現実???
結局、今回も生き残ったあのマフィアのおじさん(エリック・ツァン)がいい思いをしちゃったりして・・・。
ついでに調子に乗って、この映画のパロディ映画作って出演しちゃいなさいっ。
インファナル・アンフェア」みたいに。
タイトルはさしずめ「ベルベット・レインボー」なんていかがでしょうか。
ここまでネタバレ注意↑

いやいやアンディ・ラウの長髪・白髪混じりの大ボス姿にはちょっとびっくりしました。
若手の二人はいい味だしてるね。

という事で今回は
ベルベッ度・・・★★★☆

ところでひらりんも「人気ブログランキング(映画)」に参加しています。
ひらりんのブログを気に入ってくれたら↑↑クリックしてね。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (11)   トラックバック (44)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ダブリン上等」 | トップ | 「コニー&カーラ」 »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (masterav)
2005-10-17 00:22:23
ちょっと観てみたいっすね、この映画。
はじめまして! (麻波郎)
2005-10-17 12:00:13
TBありがとうございました!

ちょっと私には理解しづらい映画だったのですが、

香港の若手俳優二人が観られただけでも、良かったかなと思いました。

この先楽しみな俳優さんたちです♪
なかなか良かったです (Olive)
2005-10-17 13:39:00
初めまして。TBからやって参りました。

ストーリーを分かった上でもう一回観たいって思わせる作品でした☆

ショーン・ユーとエディソン・チャンも『インファナル・アフェア』シリーズの時から

比べると格段の成長ぶりで今後の作品が楽しみです。

はじめまして (あじさい)
2005-10-17 20:39:39
あじさいの散歩のあじさいです。

TBありがとうございました。

こちらからは映画blogの方でTBさせていただきますね。



確かにエリック・ツァンが結局いい思いしてそうですね(笑)
TBありがとうございます (nitomo)
2005-10-17 21:58:33
ベルベット・レインボー見たいっす・笑

確かにアノりんご女はイケてなかった・・・。

「インファナル・アフェア」「イニシャルD」と

エディソンとショーンはブレークの兆し。

時代は華流ですね。











TBありがとうございました! (snowflower_001)
2005-10-17 22:27:06
謎が多すぎて、私にはこの話が理解できませんでした。

4人の役者と映像は好きなんですけどねぇ。

観客の自由な解釈に委ねるにしても、もうちょっと工夫できなかったのかなぁと残念です。



ショーン君が一目ぼれする彼女は、確かにイマイチだったかも。

そして、ショーン君も無表情すぎて、気持ちがあまり伝わりにくい感じでしたねぇ。
こんにちわ (jester)
2005-10-19 08:24:12
TBありがとうございました。

インファナル~にでてる人がいる~という嬉しさが半分ぐらいを占めておりましたが、最後は世界に浸ることができました。

何のために電話? (herbaltea)
2005-10-19 15:36:39
TBありがとうございました!

面白かったですね。これ。

昨日観てきたのですが まだ頭の中でいろいろ考えています。

レフティが なぜ 誰に電話をかけたのか

あの雨の夜最後に走ってきたのは誰なのか

なんだか頭の中がぐちゃぐちゃでわからなくなりました。

もう一度観なくてはいけませんね。

ベルベットレインⅡとかで 人間関係をもっと見せて欲しいような

って それじゃあインファナルと同じになっちゃうか・・・
TBありがとうございました。 (天空)
2005-10-27 09:47:50
昨年、香港で買ったDVDのメイキングを見たら、

バッサバッサと切られてるシーンが多くあるようです。

ホンの兄さんの役者さんは、ええシーンを切られて

チト可愛そうでした。

まっ監督がそれでいいと思ったんだから仕方ないですね。



こんにちはぁ~ (いっしー)
2005-10-28 20:09:38
TBありがとうございます♪

あまり期待しないで見るとけっこーイイ感じですよね~





TBありがとう (kimion20002000)
2006-02-24 02:07:11
ああ、あの娼婦の子ね。歌手なんでしょ?ラストソングを唄っていた。普通は、女性が数人からむけど、この映画では、ホンの妻をのぞくと、彼女ぐらいでしたね。あと、イックの母親は、凄みがありましたけどね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

44 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ベルベット・レイン (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
鑑賞した日 : 10月8日土曜日 鑑賞した劇場 : 109シネマズ名古屋(12:30~)   見事にハマった。これはカッコいいですよ。好きだなぁ~、このタイプの作品は。しかし足りないものもあります。そのためどうしてもこれ以上のマイ評価にはなりません。惜しいんですよ.
■ベルベット・レイン  (2B) (CINEMA STADIUM)
at チネチッタ7   2005 10/15 にしても、最近の香港映画は、ダマクラかし方が巧妙になったなぁ。 おいらは、種明かしされた後も、それと感じずまだ信じ込んでた始末… ある意味「新インファナル」!!……てゆうか、キャストは、 ジャッキー・チュンとトニー・レオ
【ベルベット・レイン】ギリでアリかな・・。 (Fun is ;)
やるじゃーーーーーん!!ジャッキー☆ ジャッキーがメインの作品ってひさびさに観ましたがっ やっぱ必要な人だなぁと実感!! 「アニタ・ムイの病気を知って、俳優業への本格復帰を考えた。今やらなくちゃいけないと思った」と何かのインタビューに答えてたのを読んだこと
「ベルベット・レイン」試写会 (ミチミチ)
「ベルベット・レイン」 監督 ウォン・ジンポー CAST アンディ・ラウ/ジャッキー・チュン/・・・ STORY 裏社会のボスであるホンに家庭ができた。他のボスとの暗殺が交差する中、彼の弟分レフティーが動き出す。その一方で、この裏の社会で出世すべく、二人の若者も動
「ベルベット・レイン」 アンディ・ラウ/ジャッキー・チュン/ショーン・ユー/エディソン・チャン (Cinema,British Actors)
香港四天王と呼ばれ、俳優としても歌手としても絶大な人気を誇るアンディ・ラウとジャ
【ベルベット・レイン】 (映画deブログ)
香港新旧スターが勢ぞろいの話題作。 とは言えこの地方では二週しか上映期間がありません・・・寂しいなぁ。 いきなり画面にはどこかで観たことある顔ぶれが勢ぞろい、 インファナルのキャスティングかぶりまくり(笑) その中でも私が気になるのはショーン・
「ベルベット・レイン」 (Olive☆。.:*:・\'゜)
製作総指揮にアンディ・ラウと共に懐かしい名前がアラン・タム 懐かしいといえばジャッキー・チュンやン・シンリンを久しぶりにスクリーンで見ることが出来ました。アンディがりんごを器用に剥いていて、ちょっとびっくりでした。『香港ノワール=男たちの挽歌』の私の印象は
ベルベット・レイン (any\'s cinediary)
運命の一夜、雨の中で華は咲き、そして散る。 あとは、愛が足りない。 <ストーリ
《ベルベット・レイン》 (宝箱のカギ)
観てきました。 全編を通して、白熱灯で照らしたような赤っぽい色合いがなかなかよかったです。映像は実験的で面白かったけど、まだ洗練されたと言えるところまでは達していないという印象。新人の監督さんだそうなので、これからに期待というところでしょうか? ストーリー
ベルベット・レイン 見て来ました。(ネタばれあり) (JUNeK-CINEMA   in the JUNeK-YARD)
くだらないことにこだわると、「ヴェルヴェット」・レインなんですが・・・。 アンディ・ラウ、ショーン・ユー、エディソン・チャン、エリック・ツアン、それ以外にも見知った顔が沢山・・・・・でもって香港ノワール・・・・ というと、観客が期待していくのはもちろん.
「ベルベッド・レイン」を観ました。 (浮夏文置き場)
友達と観て来ました。すごく良かったです。もう一回観てちょっと確かめたいことがありますけどね。イニDの涼介ちゃん観たさに行ったらアンディ・ラウの大人の色気に負けました(笑)この映画のポスターは四人の男達が乾杯してます。映画を観終えた後でこのポスターを観る...
ベルベット・レイン:江湖(2004年、香港) (電影的森林)
 惚れっぽい友達がいる。入れ込むと、相手を誰よりも理解しているのは自分だ…と思い込む。が、相手が自分の思い通りの対象ではないと気付いたとたん、想いは、憎しみに変わる。見放すならいいが、憎しみは、固執だ・・ 幸いにも私は、彼女の好みのタイプでも、入れ込む価
ベルベット・レイン 見て来ました。(ネタばれあり) (JUNeK-CINEMA   in the JUNeK-YARD)
くだらないことにこだわると、「ヴェルヴェット」・レインなんですが・・・。 アンディ・ラウ、ショーン・ユー、エディソン・チャン、エリック・ツアン、それ以外にも見知った顔が沢山・・・・・でもって香港ノワール・・・・ というと、観客が期待していくのはもちろん.
『ベルベット・レイン』観てきました。ネタバレなし。 (infinity)
香港映画界の四天王のふたりアンディ・ラウとジャッキー・チュンに若手のトップのふたりショーン・ユーとエディソン・チャンの競演。舞台は 香港の黒社会(マフィアの世界)。大ボスのホン(アンディ・ラウ)と兄弟分のレフティ(ジャッキー・チュン)大ボス暗殺計画を成...
誰かの真似のような新人監督の作品◆『ベルベット・レイン』 (桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」)
10月18日(火)TOHOシネマズ木曽川にて 『インファナル・アフェア』の時はそうは思わなかったが、『頭文字(イニシャル)D』を観てエディソン・チャンとショーン・ユーがカッコ良かったので観に来た。予告編も観ていなかったし、完全にミーハー気分(←死語?)で、香港.
映画館「ベルベット・レイン」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
この前見た「頭文字D」にも出ている、エディソン・チャン、ショーン・ユーが出ているので楽しみにしていた作品です!アンディ・ラウ、ジャッキー・チュンも出ているし、私の好きな「いい男出てまっせ~!」映画。ついでに「頭文字D」にも出ていたチャップマン・トウもいま...
【映画】 ベルベット・レイン ★★ (徒然なるままに・・・)
ストーリー: 香港黒社会の大ボスのホンの暗殺計画が噂され、 配下の三人のボスはお互いの腹をさぐり合っていた。 ホンの弟分のレフティが跡を継げば、多くの血が流されることは明らかだった。 その夜、ホンの妻が長男を出産する。病室を見舞うホンとレフティ。 レフティはホ
『ベルベット・レイン』を観てきました (やっぱり邦画好き…)
今日は香港映画『ベルベット・レイン 』を観てきました。邦画ではないのですが、出演者のショーン・ユーは「頭文字D 」、そしてエディソン・チャンは「頭文字D 」と11月に公開される「同じ月を見ている 」に出演していて、キャスト面で、やっぱり邦画好き…として、
ベルベット・レイン (オタクの魂forビギナーズ)
香港の映画っていつも似たよーなキャストだな‥‥‥と思いつつも今回の『ベルベット・レイン』はナカナカに豪華な顔ぶれになっているようです。 なのに監督は今作がメジャー映画デビュー作となるウォン・ジンポーとかゆー人‥‥冒険だな。 よほどに才能を認められての
ベルベット・レイン (私の映画玉手箱(番外編)なんということは無い日常日記)
カメラが斜め下から脇から、そして浮遊した視線で登場人物や夜の街に降る雨を映し出していく。 製作総指揮も務めるアンディ・ラウ演じるホンと、ジャッキー・チュン演じるレフティはテーブルを挟みある一定の距離と緊張感をもって遠くから映し出される。片やショーン・ユーと
ベルベット・レイン (銀幕浪漫)
黒社会でのし上がるためにある大物を暗殺する鉄砲玉を決めるクジに参加したチンピラのイック(ショーン・ユー)と彼の兄弟分のターボ(エディソン・チャン)。当たりクジを引き当てたイックにボス(チャップマン・トウ)が武器を手渡した……。一方、黒社会で尊敬を集める大
『ベルベット・レイン』 (LSDで行こう♪)
風邪の具合は・・・今ひとつだけど、もう今週の金曜で終わっちゃうから・・・ お天気も悪くなりそうだし、寒いけど・・・ ぢつは昔からけっこー香港ノワール好き♪σ(^-^; アンディ・ラウもいいけど、ジャッキー・チョンもいいけど、私はエリック・ツァン♪ いや、単.
★★★★「ベルベット・レイン」アンディ・ラウ、ジャッキー・チ... (こぶたのベイブウ映画日記)
大人になると、立場や考え方の違いで、若き日に感じた友情を忘れしまうのかも・・。心によぎる、そんな隙間を突かれました!4人の関係が分かった時、やられた!という気持ちと満足感でいっぱいでした。ひとつひとつの場面に迫力があるし、ハイテンションなまま突き進む快...
ベルベット・レイン (まきまきにっき)
今日は今年62本目の映画「ベルベット・レイン」を見る。 昨日、充分睡眠を取ったものの、今日も家でゴロゴロしてようかなぁ、とだいぶ迷ったのだが、そろそろ上映が終わりそうなので見に行くことに。 いやー、個人的には見ておいてよかった。 香港黒社会の大ボスの...
「ベルベット・レイン」トニー・レオンがいない (soramove)
「ベルベット・レイン」★★★ アンディ・ラウ、ジャッキー・チュン、ショーン・ユー、エディソン・チャン主演   名作「インファナル・アフェア」の 記憶も新しいのに この配役でやっていいのか? トニー・レオンの不在がなんだか 妙な感じさえする。 とはいえ...
ベルベット・レイン (まったりでいこう~)
明日で終了ということで行ってきました。他にもいくつか観たいなあと思っていた作品があったのですが、さすがに公開終了日だと混みそうだと思って今日にしたのですが、映画の日ということもあってとても混んでました(笑)全席埋まり、立ち見客までいたんです。すごいよ、シ
「ベルベット・レイン」■そういうことだったのか! (映画と出会う・世界が変わる)
「そうか!これはこういうことだったのか」衝撃のラストとか、驚愕の結末とかのコピーに相応しい結末であった。事前にはそのようなことを知らなかった、そもそもこの映画は香港4大スター夢の競演ということと黒社会のドラマであることしか予備知識がなかったので、このラ...
「ベルベット・レイン」 (こだわりの館blog版)
10/30 銀座シネパトス にて これもちょっと複雑すぎ…。 監督:ウォン・ジンポー 出演:アンディ・ラウ、ジャッキー・チュン、ショーン・ユー、エディソン・チャン、リン・ユアン、他 「シン・シティ」 を見て、頭の混乱が冷めやらぬうちに、 また複雑な構
ベルベット・レイン (Diarydiary!)
《ベルベット・レイン》 2004年 香港映画 - 原題 - 江湖 - 英題 -
ベルベット・レイン 評価額・750円 (Blog・キネマ文化論)
●ベルベット・レインを浜松東映劇場にて鑑賞。ネタバレはしてませんが見る予定のある
NO.130「ベルベット・レイン」(香港/ウォン・ジンポー監督) (サーカスな日々)
香港映画界は若手とベテランが、 上手にタッグを組んでいる。 「インファナル・アフェア」のシリーズより、前と後では、香港映画の映画作法は大きく、異なっている。好き嫌いは別にして、もう、昔の「香港映画」とりわけ暗黒社会を描いた作品に、戻ることはできない。香港映
ベルベット・レイン(再観賞) (何を書くんだろー)
「ベルベット・レイン」 評価 ★★★☆☆ (3.2) 『あらすじ』  香港の黒社会のボスであるホンは、組織の幹部たちから「何者かが暗殺計画を企てている」とゆー 情報を入手。その計画の首謀者を見つけ出すことが先決と考えるホンに対して、幹部連中...
ベルベット・レイン (レンタルだけど映画好き )
あとは、愛が足りない。 監督 ウォン・ジンポー  出演 アンディ・ラウ/ジャッキー・チュン/ショーン・ユー/エディソン・チャン/リン・ユアン/エリック・ツァン/チャップマン・トウ/ウー・チェンリン/ノーマン・チュー  原案 トウ・チーロン 原題 江湖 あらす
27*江湖~ベルベット・レイン~ (Lovely 電影生活)
 黒社会の大物を暗殺する”鉄砲玉” 厨房で働くイック(余文樂(ショーン・ユ))は、 この”鉄砲玉”を決めるというクジがあると 仲間のターボ(陳冠希(エディソン・チャン))から聞き、 ボスのトゥ(杜汶澤(チャップマン・トゥ))が待つ、 クジ引きの場となるデ
ベルベット・レイン (琴線~心のメロディ)
【2005年10月8日劇場公開】 【ジャンル:ドラマ】 【観た場所:レンタル・DVD】 面白かった度:★★★★ オススメ度:★★★ もう一度観たい度:★★★★ 「香港ノワール映画第1弾」って確かパッケに書いてあったと思ったけど、 ぶっちゃけ「ノワールって何だ(-_-?)」
ベルベット・レイン 2004年/香港 (一日一生~僕のサンクチュアリ~)
監督:ウォン・ジンポー 脚本:トウ・チーロン 出演:アンディ・ラウ、ジャッキー・チュン、ショーン・ユー、エディソン・チャン 新旧“香港四天王”の4大スターが超豪華共演… 期待して観たのに、ちょっとがっかりした作品{/hiyo_shock1/} ストーリーや構成の複雑さと、回
ベルベット・レイン 06年42本目 (猫姫じゃ)
ベルベット・レイン 江湖 juang hu 香港マフィアのお話。 以上! で、終わりそうだったんだケド、なななんと、、、最後はびっくり!でした。 アンディ・ラウ 、ジャッキー・チュン 、ショーン・ユー 、エディソン・チャン 、ジャッキー・チュン はともかく、エリ
■ベルベット・レイン (ルーピーQの活動日記)
香港黒社会の大ボスのホン(アンディ・ラウ)の暗殺計画が噂され、配下の三人のボスはお互いの腹をさぐり合っていた。冷酷無慈悲なホンの兄弟分・レフティ(ジャッキー・チュン)が跡を継げば、多くの血が流されることは明らかだった。一方、黒社会でのし上がろうとする.
ベルベット・レイン (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2005/10/08原題:江湖 BLOOD BROTHERS監督:ウォン・ジンポー出演:アンディ・ラウ    ジャッキー・チュン    ショーン・ユー    エディソン・チャン     黒社会を牛耳り尊敬も集めている大ボス、ホンに暗殺計画の噂が立ち上る。ホンの忠実な弟分.
「ベルベット・レイン」 (不良中年・天国と地獄)
ジョン・ウー監督の「狼たちの挽歌」を観て以来、香港製アクション映画には格別の思い入れがある私です。膨大な火薬の量、ほとばしる血汐、派手な銃撃戦、背中に漂う男の哀愁、どれもこれもわが胸を締め付けます。最近では「インファナル・アフェア」3部作に、涙 ...
「ベルベット・レイン」 (雑板屋)
2004年 香港映画 ウォン・ジンポー監督作 ラム・シューのおっさん、出てたよね!!! これまたボッコボコにやられるヘボ警官役で(爆 チャップマン・トウもクラブの仕切り屋なだけに声高々にずっとテンション高いし(笑 脇でチョロチョロ出てくる俳優に喜んで ...
「ベルベット・レイン」 (妄想☆進化論)
なんだかちょっとカッコよかったよぅ!!キャー 劉徳華アンディ・ラウと張學友ジャッキー・チュン、余文樂ショーン・ユーと陳冠希エディソン・チャンの豪華共演で、キャストだけでもヨダレもの 原題が『江湖』とだけあって、黒社会…いわゆる香港マフィア映画 ...
映画評「ベルベット・レイン」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆(4点/10点満点中) 2004年香港映画 監督ウォン・ジンポー ネタバレあり
ベルベット・レイン (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
  評価:★5点(満点10点) 2004年 85min   監督:ウォン・ジンポー 主演:アンディ・ラウ ジャッキー・チュン ショーン・ユー エディソン・チャン 【あらすじ】大ボス(アンディ・ラウ)暗殺のうわさで香港裏社会は揺れていた ...