★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「レスラー」

2009-06-17 01:38:15 | 映画(ら行)
<T1010/2009/A103/S047>

今週の平日休みは「TOHOシネマズららぽーと横浜」で2本。
その1本目。
スポーツ新聞の一面がここ連日、プロレスラー三沢光晴さんの死亡を伝えてるけど、
この作品にも注目が集まりそう・・・
なので、平日なのにお客の入りはまあまあな感じ。
まあ、昨年のヴェネチア国際映画祭ほか、どっさり賞を取ってる作品なので、
注目度はもともと高いよね。
原題も「THE WRESTLER」。
「映倫 R-15」指定。
2008年製作のレスラー系人生ドラマ、109分もの。

あらすじ・・・今回はAllcinemaさんから引用させてもらいました。
ランディ・ロビンソン(ミッキー・ローク)は80年代に大活躍したプロレスラー。しかしそんな栄光も今は昔、それでも彼は老体に鞭打ちながら小さな地方興行に出場して細々と現役を続ける不器用な男。ひとたびリングを降りれば、トレーラーハウスに一人で住み、スーパーマーケットのアルバイトで糊口を凌ぐ孤独な日々。そんなある日、長年のステロイド常用がたたって心臓発作で倒れたランディは、ついに引退を余儀なくされる。プロレスなしの人生など思い描けない彼は、馴染みのママさんストリッパー(マリサ・トメイ)にその戸惑いと不安を打ち明け、長らく疎遠となっていた娘(エヴァン・レイチェル・ウッド)とも連絡を取り修復を図ろうとするのだが…。

              

ここからひらりん的レビューのネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
●ランディ・ラム・ロビンソン・・・
得意技は「ラム・ジャム」・・・コーナーロープ最上段からのダイビング・アタック。
●満身創痍でクスリ漬け・・・
家族もかえりみず、20年前の栄光に引きずったまま、プロレスのドサ回り生活。
●試合前の控え室での「段取り」が痛快っ。
試合会場ではメインを張ってて、後輩からもリスペクトされてるラム。
●こっそりカミソリ隠し持って、凶器にするのかと思いきや、
いい時に自分の額を切って出血させたり・・・
なかなか芸達者なメイン・イベンター。
●筋書きできてても、試合のシーンはなかなかハード。
何でもありの「ハード・コア・デスマッチ」は壮絶だったね。
ホッチキス攻撃は痛そうーーーー。
長脚立の上からのバックドロップもリアル・・・
WWEの試合を見てるようなエンタメ・プロレスだよーー。
●でも試合後、心臓発作でバイパス手術・・・
引退を余儀なくされ、ちょっと気弱に・・・
昔なじみのストリッパー、キャシディの助言で娘との仲直り作戦・・・
最初は超冷たくあしらわれるけど、

プレゼント作戦が功を奏して、仲直りの兆し。
●調子に乗ってキャシディに言い寄るが・・・

子持ちの彼女・・・一線を越えられず。。。
●またまた調子に乗って、レスラー仲間の飲み会で羽目をはずし・・・
コカ吸って、女とトイレでイッパーーーーツ。
そのまま寝過ごし、娘との食事をすっぽかし・・・
娘は絶縁宣言。。。
●スーパーのバイト時間を増やして、新生活をスタートしようと思ってたのに、

とうとうブチ切れて、店内で大暴れ・・・
●やはり自分の居場所はリング・・・と、
20年前のライバルとの再戦企画を引き受けるラム。
●その気が無いわけじゃなかったキャシディ・・・
ストリップショーの舞台を切り上げて、プロレス会場へ・・・
●支えをなくしたラムはキャシディの引止めよりも、
会場の声援に後押しされてリング・イン。
●マイク・パフォーマンスは、ラッシャー・木村ばりっ。
●発作を起こしそうになるけど、
相手もレフリーも気を使ってるぅぅぅ。
声援はラムの必殺技「ラム・ジャム」を要求・・・
●フラフラになりながらも、コーナー最上段によじ登って、
技を繰り出すラムなのでしたぁぁ。

とまあ、こんなお話。
●近所の子供にも人気者のオッサンだったラム・・・
その近所の子供の一人がキャシディの息子だったのね。
●結末は言わずもがな・・・だけど、胸に沁みる・・・とはこういう結末。
途中のサイン会を開いた時の場末感も、痛かったねぇ。
●エンディングの曲はブルース・スプリングスティーンらしいけど、
聴いてるときは気づかなかった。
●子供の頃はよくプロレスを見ていたひらりんとしては、
年老いてゆくレスラーが生涯現役・・・
みたいな人生を選ぶのもわかる気がするけど、
酷使してきた体だけは、充分気を使ってってほしいですね。
●ミッキー・ロークの若い頃の作品はよく知らないので、
彼の転落人生とこの主人公の生き様がリンクしてるのかはよくわからないけど、
落ちぶれブリが見事な演技???だとは言えるでしょうね。
●ひらりん的にはあの歳で崖っぷちストリッパーを演じたマリサ・トメイもすごいと思う。
この人・・・オスカー女優でしょ。
目立った役が回ってきそうもない人だけど、女優根性は持ってるよね。

ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この映画の関連作は・・・
プロレスものといえば「イカレスラー」「ホネツギマン
 
この2作が関連作になるとは思いもしませんでしたぁ。

という事で今回は・・・
崖っぷち度・・・
コーナー最上段から飛ぶ勇気・・・
いつまでも持っているのがレスラーなんですね。


●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
この映画を観てひらりん同様「ミッキー・ロークは猫パンチの汚名を晴らせたっ」
と思ったあなたーーーっ、
バナーにポチッとクリックおねがいしまーーす。

「人気ブログランキング(映画)」
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (74)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「レセ・パセ 自由への通行許可... | トップ | ★「ターミネーター4」 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
宿命。 (BC)
2009-06-20 14:46:11
ひらりんさん、こんにちは。
トラックバックありがとうございました。(*^-^*

ランディは生涯現役レスラーであり続ける宿命を背負ってしまった男なのかもしれないですね。
復活 (にゃむばなな)
2009-06-20 17:16:31
ミッキー・ロークもマリサ・トメイも一時はフューチャーされた俳優人生を送った人たちでしたからね。
そんな2人がこの映画で輝いていたのは、オールド映画ファンとしては嬉しい限りでした。
Unknown (かからないエンジン)
2009-06-22 23:40:07
TBありがとうございます。

1シーン1シーンがどれもこれも
素晴らしく、心から感動させられ
ました。
ミッキー・ロークやマリサ・トメイ
の熱演に目がいきがちですが、個人
的には監督のダーレン・アロノフ
スキーの金獅子受賞にも驚かされ
ました。
自由に生きる (de-nory)
2009-07-02 19:14:55
ひらりんさん。こんばんは。

こんなに自由に、やりたいことで生き抜けたらどんなに幸せか。
何があっても、「俺にはプロレスしかない。」なんて思えることがすごい。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

74 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
レスラー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『人生は過酷である、ゆえに美しい。』  コチラの「レスラー」は、80年代に人気を博したスター時代から人生のどん底をなめた主演のミッキー・ロークが、自身の人生とオーバーラップするような老レスラーを演じ話題となり、全世界の映画賞54冠に輝いた6/13公開のR-15...
レスラー (LOVE Cinemas 調布)
主演のミッキー・ロークと共演のマリサ・トメイの双方がアカデミー賞主演男優賞と助演女優賞にノミネートされた作品です。ちなみにゴールデングローブ賞では主演男優賞を獲得。ミッキー・ローク久々の返り咲きでした。監督は『レクイエム・フォー・ドリーム』、『ファウン...
三沢光晴 最後の勇姿 週刊プロレスのバックドロップ連続写真 (三沢光晴 最後の勇姿 週刊プロレスのバックドロップ連続写真)
角度が垂直!三沢光晴 最後の勇姿 週刊プロレスのバックドロップ連続写真!
【映画評】<!-- れすらー -->レスラー (未完の映画評)
引退を決意した中年レスラーが自分の居場所を見つけるまでを描いた感動のヒューマンドラマ。
The Wrestler (2008) (犬連れ国際結婚)
ハズと映画館でプレビューを観てから、 『絶対、観ようね!』 と言っていた映画が、『The Wrestler』だった。ゴールデン・グローブで、Mickey Rourke(ミッキー・ローク)が、主演男優賞を取って、ステキなスピーチをして(興味のある方は、M...
試写会「レスラー」 (流れ流れて八丈島)
今日は、新橋のヤクルトホールで「レスラー」の試写会を観てきました不器用な生き方しか出来なかったプロレスラーの、哀しく切ない物語でしたまずは、どう見てもプロレスラーにしか見えない身体を作り上げた、ミッキー・ロークに拍手喝采「自分のすべてをこの映画に賭ける...
『レスラー』 (2008)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:THEWRESTLER監督:ダーレン・アロノフスキー出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド試写会場 : ヤクルトホール公式サイトはこちら。<Story>“ザ・ラム”のニックネームで知られ、かつては人気を極めたものの今では落ち目....
レスラー/ミッキー・ローク (カノンな日々)
ミッキー・ロークの映画をスクリーンで観るのはかなり久しぶりです。DVDでは観てるんですけどスクリーンでとなるとさっぱり記憶がないんですよね。ヴェネチア国際映画祭では見事に金獅子賞に輝き、アカデミー賞授賞式では主演男優賞を受賞したショーン・ペンに壇上から敬...
レスラー (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。ダーレン・アロノフスキー監督、ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド、アーネスト・ミラー。「ウウゥゥ、心臓が・・・・」(写真)。でもねえ、おりしも、「ノア・三沢さん死す…プロレス試合中頭部強打(サンスポ)」という本物の三...
「レスラー」涙が止まらない・・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
若い人や、ミッキーロークを知らない人が見ても、胸にジーンと来る映画だと思う。でも、もう若くない人や、昔彼が好きだった人には、より一...
レスラー (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE WRESTLER) 【2008年・アメリカ/フランス】試写で鑑賞(★★★★☆) 2008年ゴールデン・グローブ賞・主演男優賞&主題歌賞受賞。 2008年英国アカデミー賞・主演男優賞受賞。 2008年ヴェネチア国際映画賞・金獅子賞受賞。 2008年インディペンデント・スピリ...
レスラー  (いとし・こいしーいとしいこいしいものごとのおぼえがきー)
レスラー   原題:THE WRESTLER   6/5(金)@一ツ橋ホール 人気レスラーだったランディも、今ではスーパーでアルバイトをしながらかろうじてプロレスを続けている。 そんなある日、長年に渡るステロイド使用がたたりランディは心臓発作を起こしてしま
『レスラー』 (マガジンひとり)
The Wrestler@新橋・ヤクルトホール, ダーレン・アロノフスキー監督(2008年アメリカ=フランス) 人気を集めた80年代のスター時代から、一転して人生のどん底をなめた男、「猫パンチ」ことミッキー・ロ−クが全身全霊を込めて演ずる老残のプロレスラー。ヴェネツィア映...
『レスラー』(@「シネマのすき間」) (ラムの大通り)
(原題:The Wrestler) -----今日は『レスラー』。 これはぼくがずっと前から楽しみにしていた映画。 だって、ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞に輝いたばかりか、 主演があのミッキー・ローク。 ダーレン・アロノフスキー監督ニコラス・ケージでなら撮影していいよと ス...
それでも闘う理由がある。『レスラー』 (水曜日のシネマ日記)
20年間現役を続けるひとりのプロレスラーの物語です。
レスラー (映画のメモ帳+α)
レスラー(2008 アメリカ) 原題   THE WRESTLER 監督   ダーレン・アロノフスキー 脚本   ロバート・シーゲル 撮影   マリス・アルベルチ    音楽   クリント・マンセル 主題歌  ブルース・スプリングスティーン   出演   ミッキー・ロー...
★『レスラー』★ ※ネタバレ有 (〜青いそよ風が吹く街角〜)
2008年:アメリカ映画、ダーレン・アロノフスキー監督、ミッキー・ローク、マリサ・トメイ共演。
レスラー (ダイターンクラッシュ!!)
6月16日(火) 19:45〜 TOHOシネマズ シャンテ1 料金:1300円(シネマイレージデー) パンフレット:700円(買っていない) 『レスラー』公式サイト 三沢光晴追悼会(会社のオッサン4人。)で痛飲した翌日の鑑賞。 ネコパンチ事件から凋落してしまった役者ミッキ...
「レスラー」 (フリーライター・山口拓朗の音吐朗々NOTE)
2009.6.4 13日に公開される「レスラー」。 監督・製作:ダーレン・アロノ...
レスラー (映画君の毎日)
●ストーリー●かつては人気を極めたものの今では落ち目のレスラー、ランディ(ミッキー・ローク)。ある日、ステロイドの副作用のために心臓発作を起こし、レスラー生命を絶たれてしまう。家族とはうまくいかずストリッパーのキャシディ(マリサ・トメイ)にも振られ、孤...
『レスラー』 (めでぃあみっくす)
背中で語る人生ほど過酷なものはない。けれど背中で語る人生ほど美しいものもない。これこそまさに魂を大いに揺さぶってくれる、哀愁の漂う男のドラマ。そして永遠に語り継がれるべき映画史に残る作品だと思いました。 ミッキー・ロークという俳優をよく知らない若い方に...
『レスラー』 The Wrestler (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
燃える闘魂に萌える。生きるってこういうことだ。ヴェネチア国際映画祭のコンペにダーレン・アロノフスキー監督がプロレスラーを主人公にした映画を出品したと知った時はその意外さに驚いたものだ。『π』、『レクイエム・フォー・ドリーム』、『ファウンテン』という独特...
映画レビュー「レスラー」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
The Wrestler◆プチレビュー◆自らの生き様を貫き通す中年レスラーの悲哀が感動を呼ぶ。復活したミッキー・ロークが見事だ。 【80点】 ランディは80年代に栄光の頂点を極めたプロレスラー。だが今では人気も肉体も衰えていた。薬の副作用で心臓発作を起こした彼は、引...
「レスラー」祝!ミッキー・ローク完全復活!! (シネマ親父の“日々是妄言”)
[ミッキー・ローク] ブログ村キーワード  ミッキー・ローク完全復活!“第66回ゴールデン・グローブ賞主演男優賞受賞”“第65回ヴェネチア国際映画祭金獅子賞受賞”ほか世界の映画祭で受賞多数の感動作「レスラー」(日活)。何で、アカデミーはノミネート止まりだったの...
[映画『レスラー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆ミッキー・ロークは、私にとって、非常に思い入れのある役者であった。  若い多感な頃に、『ランブル・フィッシュ』や『イヤー・オブ・ザ・ドラゴン』を見せられたら、誰でも憧れるはずだ。  私は、ミッキー特有の、あの口を狭めて、その両端をクィッと上げる表情を...
レスラー     試写会にて鑑賞 (レンタルだけど映画好き)
人生は過酷である、ゆえに美しい。 世界が泣いた!不器用なまでに”自分の生き場所”を求め続けた男の感動作 2008年 アメリカ  日本公開日2009/06/13 監督 ダーレン・アロノフスキー 脚本 ロバート・シーゲル 出演 ミッキー・ローク/マリサ・トメイ/エヴァン...
レスラー (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
     = 『レスラー』  (2008) = 金、家族、名声を失った落ち目のレスラー、ランディ(ミッキー・ローク)。 ある日、ステロイドの副作用のために心臓発作を起こし、レスラー生命を絶たれてしまう。 ストリッパーのキャシディ(マリサ・トメイ)にもフ...
レスラー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
かつて栄光を味わい、今はすべてを失った男。誰もが避けることのできない老いと孤独、そして愛と葛藤を超え、自分が最も輝ける舞台へ__このギリギリの生きざまが今、熱く胸を打つ! 物語:“ザ・ラム”のニックネームで知られ、かつては人気を極めたものの今では落...
レスラー/The Wrestler (描きたいアレコレ・やや甘口)
輝く場所も生きる場所も死ぬ場所も、ここしかない。 ロープの上で、万感の思いで笑ってみせてくれたランディ。この泣き笑いの表情に、ミッ...
レスラー (とりあえず、コメントです)
ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞を受賞した作品です。 心臓を患ったプロレスラーが人生と命を懸けて試合に挑む物語は 人生の盛りを過ぎて終焉に向かうプロレスラーの生き様を熱く描いていました。
『レスラー』の哀しみ (Days of Books, Films)
ランディ(ミッキー・ローク)を後ろから追いかける手持ちカメラがまるで背後霊のよう
The Wrestler / レスラー (Akasaka high&low)
Mickey Rourke(ミッキー・ローク)を使った監督とプロデューサー、後姿が印象的な主役の好演が素晴らしかったドキュメンタリー風のドラマがThe Wrestler(レスラー)。過去の栄光にすがる老いたプロレスラーが心臓発作を起こし一人娘と再会するシンプルなストーリー。 ...
映画『レスラー』 (健康への長い道)
久々の土日連休。昨日は起きたら14:00過ぎ。12時間以上眠った計算になります。でも、夜12:00には睡魔に襲われ就寝。今日は11:00に起床。一体、何時間寝たら気が済むんだか・・・&#63897;。 さて、ヴェネチア国際映画祭金獅子賞、主演のミッキー・ロークと相手役...
レスラー [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:THE WRESTLER公開:2009/06/13製作国:アメリカR-15上映時間:109分鑑賞日:2009/06/13監督:ダーレン・アロノフスキー出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド人生は過酷である、ゆえに美しい。+あらすじ+かつては人気を極めたもの...
「レスラー」:堀江団地バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}あーあ、この歩道橋から飛び降りてしまいたい気分だぜ。 {/hiyo_en2/}なに、情けないこと、言ってるの、いい年した男が。 {/kaeru_en4/}どうせ、俺は、ボロボロのクズさ。 {/hiyo_en2/}そんな「レスラー」のミッキー・ロークみたいなこと、言わないの。 {/k...
レスラー・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「レスラー」は優れた人間ドラマであると同時に、ある種のドキュメンタリーの様でもある。 それは自然光の下で手持ちカメラを多用した映像の...
ミッキー・ロークの「レスラー」を観た! (とんとん・にっき)
ミッキー・ロークといえば、僕の中ではキム・ベイシンガーと共演した、エイドリアン・ライン監督の1985年の作品「ナイン・ハーフ」です。繰り返し何度ビデオを観たことか。あれからもう四半世紀、そりゃあミッキー・ロークも歳をとるはずです。80年代の人気スター、人生の
「レスラー」 (お楽しみはココからだ〜 映画をもっと楽しむ方法)
(2008年・米/監督:ダーレン・アロノフスキー) かつては人気レスラーだったが、今では見る影もなく落ちぶれた男の、それでもレスリングに賭ける孤独な生き様と闘いを描いた感動の力作。
「レスラー」 (古今東西座)
この『レスラー』を観てから記事にするまで少し時間が経ってしまっている。実は現役プロレスラーの三沢光晴選手が試合中に亡くなった翌日に鑑賞した。別に彼の死に影響されてこの作品を観ることにした訳ではなく、最初からこの日に予定していたのであった。かつては大人気...
ここでしか生きられない〜『レスラー』 (真紅のthinkingdays)
 THE WRESTLER  80年代に栄華を誇り、今は落ちぶれたトレイラーパーク暮らしのプロレスラー、 ランディ”ザ・ラム”ロビンソン(ミッキー...
レスラー (心のままに映画の風景)
かつて人気を極めたものの、今では落ち目のレスラーになったランディ(ミッキー・ローク)は、スーパーでアルバイトをしながらなんとかプロ...
『レスラー』を試写会で観賞 (エミー・ファン!ブログ)
レスラー/ The Wrestler 2009/06/13公開 公式http://www.wrestler.jp/ ミッキー・ロークの復活作と言われる本作ですが、個人的にはここ数年『レジェンド・...
レスラー  THE WRESTLER (映画の話でコーヒーブレイク)
ヴェネチア国際映画祭で金獅子賞受賞を始め、アカデミー賞ノミネート、 全世界の映画賞54冠に輝いた今年最高のヒューマンドラマの呼び声高く、 ミッキー・ローク久々の主演映画ときたら見ないわけにはいきません。 その上「王様のブランチ」映画コーナーで、リリ子さん...
今年最大の傑作か「レスラー」を観ました。 (うまい棒めんたい味の如く映画を語る)
パンフレット:700円 内容 ・「ミッキーを支えた人々&犬たち」大森さわこさん ・「居場所(ホーム)を探し続けるランディ=ミッキー・ロー...
THE WRESTLER 《レスラー》 (銅版画制作の日々)
ミッキー・ローク、復活! 人生は過酷である、ゆえに美しい。 6月19日、京都シネマにて鑑賞。ミッキー・ロークの久々の主演作品「レスラー」です。アメリカ本国での配給さえ決まっていなかった無名の低予算映画だったそうで。それが、2008年のヴェネチア国際映画...
『レスラー』を観たよ。 (【待宵夜話】++徒然夢想++)
 今作を観て初めて、「ミッキー・ロークって、演技が巧い役者だったんだ……」と驚いた。 『レスラー』 "THE WRESTLER" 2008年・アメリカ・115分...
レスラー (メルブロ)
レスラー 267本目 2009-27 上映時間 1時間49分 監督 ダーレン・アロノフスキー 出演 ミッキー・ローク  マリサ・トメイ エバン・レイチェル・ウッド 会場 TOHOシネマズ シャンテ 評価 7点(10点満点)  ミッキー・ロークの56歳とは思えないレスラ...
「レスラー」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「The Wrestler」 2008 USA/フランス ランディ・ロビンソンに「白いドレスの女 /1981」「 ナインハーフ /1985」「エンゼル・ハート /1987」「 レインメーカー/1997」のミッキー・ローク。 キャシディに「アルフィー/2004」「その土曜日、7時58分/2007」「さ...
The Wrestler / レスラー (Akasaka high&low)
Mickey Rourke(ミッキー・ローク)を使った監督とプロデューサー、後姿が印象的な主役の好演が素晴らしかったドキュメンタリー風のドラマがThe Wrestler(レスラー)。過去の栄光にすがる老いたプロレスラーが心臓発作を起こし一人娘と再会するシンプルなストーリー。 ...
【映画】レスラー (新!やさぐれ日記)
▼動機 予告編を見て名作だと確信した ▼感想 凄い! ▼満足度 ★★★★★★★ まんぞく ▼あらすじ かつては人気を極めたものの今では落ち目のレスラー、ランディ(ミッキー・ローク)。ある日、ステロイドの副作用のために心臓発作を起こし、レスラー生命を絶...
レスラー (すたほ〜映画・本の部屋〜)
解説: 自らの生き様を貫き通す中年プロレスラー役がミッキー・ロークのはまり役となり、数々の映画賞に輝いたエネルギッシュで感動的な人間ドラマ。監督は『π』『ファウンテン 永遠つづく愛』のダーレン・アロノフスキー。主人公の一人娘には『アクロス・ザ・ユニバー...
『レスラー』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
惜しくもアカデミー主演男優賞受賞は逃したとはいえ、久々に主演作が話題になったミッキー・ロークの主演最新作『レスラー』を観ました。 ******************** ミッキー・ロークが、かつて栄光のスポットライトを浴びた人気プロレスラーの孤独な後半生を、自らの波...
レスラー (墨映画(BOKUEIGA))
映画館でチラシはよくもらってくる。 映画の印象をつける大切な宣伝GOODSだと思う。 映画を観終わった後も、チラシの印象を上手く残している作品は少ないように感じる。 しかし、この作品は非常にチラシで受けた印象と観終わった後の印象が近く、いい作品だったと思...
「レスラー」 (小さな街から)
20年前に一世を風靡したプロレスラーのランディ(ミッキー・ローク)は、50代になった今でも、スーパーでアルバイトをし、トレーラーに住みながら、週末に細々とリングに立ち続ける生活を送っていました。 しかし、ステロイドの副作用で、試合直後に心臓発作を起こしてし
映画『レスラー』(2008年アメリカ) (-bluescreenlife-)
原題:THEWRESTLERミッキー・ロークが落ち目のプロレスラーを演じ数々の映画賞に輝いた作品。共演にマリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド。監督はダーレン・アロノフスキー。ミッキー・ロークって昔はセクシー俳優だったんだねー私はその頃の映画はあんまり見た....
レスラー (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2008年 製作国:アメリカ 監 督:ダーレン・アロ
「レスラー」 エンジンが燃え尽きるそのときまで (はらやんの映画徒然草)
80年代に活躍したレスラー、ランディ。 彼の生き様は曲がることのできない車をひた
[映画][劇場公開]レスラー 70点 (さとうれおはオレだけか)
普通の所では公開が終わっているようですが鴻巣の新しい映画館のオープニング作品ということで見てきました。 アカデミー賞ノミネートということですがミルクもそうだがちょっと退屈。 演技が凄いとかでノミネートされてるような気がしないでもない。スラムドッグ$ミリ...
レスラー (to Heart)
人生は過酷である、ゆえに美しい。 原題 THE WRESTLER 製作年度 2008年 上映時間 109分 映倫 R-15 監督 ダーレン・アロノフスキー 主題歌 ブルース・スプリングスティーン 出演 ミッキー・ローク/マリサ・トメイ/エヴァン・レイチェル・ウッド/マーク・マーゴリス ミ...
♯38 「レスラー」 (cocowacoco)
映画 「レスラー」 THE WRESTLER      ダーレン・アロノフスキー監督 2008年 アメリカ 「レスラー」と「96時間」を続けて観ました。 熟年親父の物語。どちらも父と娘のエピソードがありました。 (ネタバレあり) こちらは、かつて栄光誇ったプロレスラー...
「レスラー」 (純愛シネマ)
「レスラー」
映画「レスラー」 (おそらく見聞録)
監督:ダーレン・アロノフスキー(π パイの監督) 出演:ミッキー・ローク(神)マリサ・トメイ(いい女過ぎます)マーク・マーゴリス  出演:エヴァン・レイチェル・ウッド トッド・バリー ウェス・スティーヴンス  落ちぶれた、かつての人気レスラーの孤...
レスラー (大発狂!マッドシネマ-映画天国-)
80年代に大活躍したプロレスラーのランディ“ザ・ラム”ロビンソン(ミッキー・ロー
「レスラー」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
男の生き様と哀愁がひしひしと・・
レスラー (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  華やかなプロレスシーンのオープニングと、熱気の充満するエンディングが、まるでメビウスの輪のように循環する。そしてエンディングクレジットで流れるボーカルが胸を打つ。その歌には、この作品の全てを凝縮したような、哀愁と悲哀が塗り込められているじゃ...
レスラー (paseri部屋)
「レスラー」(2008)を観ました。監督:ダーレン・アロノフスキー出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド<内容>“ザ・ラム”のニックネームで知られ、かつては人気を極めたものの今では落ち目でドサ廻りの興業に出場しているレスラー、...
「レスラー」(THE WRESTLER) (シネマ・ワンダーランド)
「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」「ナイン・ハーフ」「エンゼル・ハート」などの作品に出演し、主に80年代に活躍した米俳優、ミッキー・ローク主演のヒューマン・ドラマ「レスラー」(2008年、米、109分、ダーレン・アロノフスキー監督、R−15指定)。この映画...
mini review 10443「レスラー」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
自らの生き様を貫き通す中年プロレスラー役がミッキー・ロークのはまり役となり、数々の映画賞に輝いたエネルギッシュで感動的な人間ドラマ。監督は『π』『ファウンテン 永遠つづく愛』のダーレン・アロノフスキー。主人公の一人娘には『アクロス・ザ・ユニバース』のエ...
映画評「レスラー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2008年アメリカ映画 監督ダーレン・アロノフスキー ネタバレあり
トマト祭りトマティーナでエロハプニング続出 (もはや戦場!スペインのトマト祭!やばすぎ!)
毎年恒例のトマト祭り「トマティーナ」のすさまじくエロい光景!これは戦場だ(笑)
映画『レスラー』を観て (KINTYRE’SDIARY)
9-39.レスラー■原題:TheWrestler■製作年・国:2008年、アメリカ・フランス■字幕:太田直子■上映時間:109分■鑑賞日:6月14日、シネマライズ(渋谷)スタッフ・キャスト...
レスラー (RISING STEEL)
レスラー / THE WRESTLER ミッキー・ロークを完全復活させたこの映画の監督ダーレン・アロノフスキーは鬼才中の鬼才なのです。 今回の「レスラー」で監督の作品は全部見ることが出来ました。 2008...
レスラー (銀幕大帝α)
THE WRESTLER/08年/米/109分/ドラマ/R-15/劇場公開 監督:ダーレン・アロノフスキー 製作:ダーレン・アロノフスキー 主題歌:ブルース・スプリングスティーン 出演:ミッキー・ローク、マリサ・トメイ、エヴァン・レイチェル・ウッド <ストーリー> 家族、...
レスラー (oguoguの日々映画見っ放し!)
2009年7月上映 監督:ダーレン・アレノフスキー 主演:ミッキーローク  不器用なまでに「自分の生き場所」を求め続けた男を描いた感動作・・・うーん、泣ける。...