★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「2012」

2009-11-22 03:38:53 | 映画(な行)
<T1115/2009/A200/S092>


久しぶりの週末ナイトショウはTOHOシネマズららぽーと横浜で。
インディペンデンス・デイ」や「デイ・アフター・トゥモロー」の
ローランド・エメリッヒ監督作。
いやーーーこの人の作品は地球的規模の危機を描いてて、
お金かかってそーーーだよねーーー。
2009年製作のディザスター系サスペンス・ドラマ、158分もの。

あらすじ・・・今回はシネママガジンさんから引用させてもらいました。
長文なので反転モードで・・・
マヤ文明が予言した“世界終末”は、やはり真実だったのか。
2009年。惑星の直列により、太陽の活動が活発化。強い放射線によって地球の核が熱せられ、3年後の2012年に、世界は終わりを迎える─。この驚愕の事態をいち早く察知した地質学者のエイドリアン・ヘルムズリー(キウェテル・イジョフォー)は、すぐに大統領主席補佐官のカール・アンハイザー(オリヴァー・プラット)に報告。そして、トーマス・ウィルソン米大統領(ダニー・グローヴァー)の指揮のもと、世界各国の首脳にも伝えられ、世界中の人々には知らせぬまま、巨大船の建造が密かに開始された─。
2012年。売れない作家のジャクソン・カーティス(ジョン・キューザック)は、離れて暮らしている二人の子供たちと久しぶりの旅行に出掛けていた。行き先は、イエローストーン国立公園。そして、別れた妻・ケイト(アマンダ・ピート)との思い出の地である湖へと子供たちを連れて行くが…。なんと湖は干上がり、立ち入り禁止区域にされていた。禁止区域に侵入したことで兵士に連行されたジャクソンは、調査に訪れていたエイドリアンから「この辺り一帯は、不安定な状態だ」と警告される。“世界終末”のカウントダウンは、既に始まっていた─。

史上最悪の大災害に見舞われた人類に、生き残る術はあるのか。
その後、イエローストーンで謎の男チャーリー・フロスト(ウディ・ハレルソン)と出会ったジャクソンは、彼から “世界終末”が間もなく訪れることを知らされる。さらに、政府が隠している巨大船の秘密も…。初めは信じなかったジャクソンだったが、ケイトがいるロサンゼルスで史上最大規模の大地震が発生。ロサンゼルスへと戻ったジャクソンは、子供たちとケイト、そして彼女らと一緒に暮らすケイトの恋人・ゴードンも連れて、脱出を開始する。ジャクソンたちが乗る車の後方からは物凄いスピードで地割れが迫り、前方では頭上をかすめてフリーウェイが崩壊。間一髪で危機を逃げ切り空港まで辿り着いた彼らは、チャーリーに巨大船の場所を聞くため再びイエローストーンへ向かうことに。不慣れなゴードンの操縦で何とか飛び立った飛行機の眼下では、ロサンゼルス中の地面が裂け、陸地が海へと呑み込まれていった─。
イエローストーンに戻ったジャクソンは、すぐにチャーリーの元へ行き、巨大船のある場所が記された地図を入手。そして、ジャクソンは家族と共に、巨大船がある地を目指し始める。しかし、彼らの後を追うように、未曾有の大天災が次々と世界を壊し尽くしていく─。
タイムリミットは15分、政府の船は4隻、全員は救えないのか。
その頃、ウィルソン大統領は、ホワイトハウスに残ることを心に決めていた。アメリカ国民に真実を告げ、皆と最後の運命を共にするために。そして、彼から最後の別れを告げられる、科学顧問となったエイドリアンと娘のローラ(タンディ・ニュートン)。しかし、人類の未来を託された二人には、哀しみに暮れている時間さえ与えられなかった。その後、巨大船のある場所へ到着した彼らは、託された想いを胸に船内へと乗り込んだ─。
一方、ジャクソンたちは次々と迫り来る大災害から必死で逃れながら、何とか巨大船まで辿り着いていた。しかしそこには、何千万人もの人々が怒濤のように押し寄せ…。船は出発できないまま、凄まじい大津波が間近まで迫っていた! 家族の危機に直面するジャクソン一家は─。人々の救出に燃えるエイドリアンとローラたちは─。彼らは、愛する者たちのために、最後に何ができるのか─。


      

ここからひらりん的レビューのネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
●今回は、「さっ・・とメモ書きレビュー」です。
・ホントはタラちゃんの「イングロリアス~」みたかったけど・・・。
・ナイトショウにしては客が多かった・・・3連休ってこともあるけど。
・ロシア人送迎用のリムジンを拝借したビーチ付近は、
ジョン・キューザックの「1408号室」でも登場した場所。
・ソニーピクチャーだけあって、登場するパソコン製品はほとんどソニー製。
・主人公のドラテクと、継父のセスナ操縦術で生き延びる家族っ。

・「日本沈没」<「2012」<「日本以外全部沈没」の沈没具合。
さしずめ、「アフリカ以外ほとんど沈没」状態。
アメリカの補佐官が威張りすぎ・・・
国家元首の順位が決まってるはずでは??
あらすじ内の何千万人が殺到・・・は言いすぎのような。
アフリカ人はだいぶ生き残ってる可能性もありか。
アメリカ大統領がホワイトハウスに残るシーンはあり得ないけど、
感動シーン。

この監督の描く大統領は黒人なのねーーーーと、前々から思ったけど、
既にアメリカの現職大統領は黒人のバラク・オバマになってる現実。
次回から映画では女性大統領になってるかもね。

●お話のほうは・・・
ベガスの空港でジャクソンの知り合いのロシア人系大富豪と合流・・・
ロシア製輸送機をゲットして中国に向かうが、給油予定のハワイが大噴火中・・・
海に不時着使用と思ったら、地殻変動で大陸移動してて、極寒の中国に不時着・・・
中国軍に見つかるが、パスを持ってる富豪一家のみウェルカム・・・
仕方なくヒッチハイクした仏僧家族に頼み込んで密入船する手はず・・・
時間がなくてごった返してる乗船場なのに・・・
この人たちが船の隙間をこじ開けて中に入っちゃったもんだから、
ゲートが閉まんなくなっちゃってさあ大変。。。
なんとかつっかえを取り外し、乗りそびれてた人もぎりぎり乗船させ、
予定通りに大津波来襲・・・
早くエンジン逆回転させないと、エベレストに追突してしまうーーー・・・
けど、セーフ。
目的の地アフリカ大陸へ向かうのでした。

★あれっ、最初からアフリカに集合しておけば良かったのでは???
★乗船できた人たちはお金持ちばっかり・・・
イガミあいが起きないか・・・
いや、それより主人公家族だけお金持ってなくて浮かないか、心配。

ここまでネタバレ注意↑


ひらりん的この映画の関連作は・・・
キウェテル・イジョフォーといえば「キンキー・ブーツ」の人。
ジョン・キューザックといえば「セレンディピティ」を観といて欲しいね。
 
ひらりんが今年観たパニック映画といえば、
ディザスター・ムービー!おバカは地球を救う」・・・こっちはパロディ過ぎてもう大変な作品。



という事で今回は・・・
パニック度・・・
ストーリーは突っ込みどころがあるけど、
地球壊滅映像はものすごい迫力・・・
これも3D映像で観たかったけど、何故作らなかったのかな??


●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
この映画を観てひらりん同様「奇跡的な生き残りーーーーっ」・・
と思ったあなた・・・
バナーにポチッとクリックおねがいしまーーす。

「人気ブログランキング(映画)」


追伸・・・
ひらりんもツイッター始めました。
映画以外もつぶやいてるので、
ちょっと見にきてね。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (7)   トラックバック (105)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「インストーラー」 | トップ | 「ストリートファイター ザ・レ... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
満足の破壊映像 (メビウス)
2009-11-26 20:34:06
ひらりんさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

個人的ディザスター系の楽しみである破壊映像に関してはもうお腹いっぱいになるくらいの迫力とスケール感があったので、少々のツッコミ所も自分は許容範囲内にしちゃいましたね。ここまで破壊し尽くすとある意味爽快感も生まれてきちゃいそうですw
でも3Dでこの破壊映像を観ると迫力とか通り越して酔ってしまう可能性も高いかも・・?(汗
Unknown (mig)
2009-11-27 00:39:54
わたし駄目駄目評価なのに
ひらりんコメTBありがとー★

そうそう、キウェテル・イジョフォーって
誰だっけなーって思ったら
「キンキー・ブーツ」のあのお方だったんですよねー
あとで知ってもっとそこだけじっくり観とけば良かったって後悔
結構、大陸が残っていた (たまさん)
2009-11-28 00:58:00
アフリカ大陸、他、まるまる残ってましたね。
ほとんど崩壊するとばかり思ってました。
うまい具合に助かる人々・・
映像は凄かったですよ。

こんにちは♪ (きゃんでぃー)
2009-11-28 14:04:16
トラバを どうもありがとうございました。

私もtwitterを始めました。
フォローをさせて頂きますので、
どうぞ、ヨロシクお願い致します
こんばんわ (くう)
2009-11-30 19:12:13
パニックもの娯楽作として、楽しかったですね~^^
ストーリーは、ツッコミどころ満載よ♪

船の乗員は、いきなりあんなに増えちゃって、
食料が心配なのでした^^;
おいおい (おーやまさん)
2009-12-14 03:27:37
なんか間違ってますよw

ロシア人系の大富豪は
知り合いじゃなくて
ジャクソンはその人の
運転手なんですよ?

んでアフリカ大陸だけ
最初から残って訳じゃなくて

地殻変動で再び隆起したんですよ

つまんない自己満足映画ブログ書くなら書くなりに
それなりにちゃんとした情報を書いたらww?
おーやまさんへ (ひらりん@管理人)
2009-12-14 22:54:18
細かいご指摘ありがとうございます。
言葉足らずで誤解を与えてしまったようですが、
ジャクソンはロシア人富豪のお抱え運転手(=
知り合い)だったので、リムジンを拝借して・・・という事がいいたかったんですがっ。
アフリカ大陸も、隆起して大陸が残ったから喜望峰へ・・・というような字幕はあったかと思いますが、
残った大陸の形も今のものと変わってなかったし、どこが沈んでどこが残るのかは、予測できたのでは???
などなど突っ込み・考えどころがいろいろあるよね・・・
というのがSF・パニック映画の楽しみなのではないでしょうか。
まあ、プロの評論家ではないので、間違った見方をしちゃう場合もありますが、
間違った見方でも、面白かった・つまらなかった・・・などという感想はあるものです。
自己満足の感想を書く場所だという事も、理解していただきたいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

105 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
2012 (LOVE Cinemas 調布)
『インデペンデンス・デイ』、『デイ・アフター・トゥモロー』などディザスタームービーといえばこの人、ローランド・エメリッヒ監督の最新作。主演は『1408号室』のジョン・キューザック。共演に『アメリカン・ギャングスター』のキウェテル・イジョフォーらが出演...
2012/ 2012 (我想一個人映画美的女人blog)
{/m_0220/}楽しめた方、エメリッヒファンの方は読まないで下さい{/m_0220/} ローランド・エメリッヒ監督といえばパニックもののCG大作を得意とする{/m_0151/} わたし、同じくエメリッヒの「デイ・アフタートゥモロー」駄目だったし、前作「紀元前1万年」もダメ、 関係...
2012 (Akira's VOICE)
みごとな超B級大作。  
2012 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『2012年12月21日 マヤの予言通り、世界は終わる─。』  コチラの「2012」は、「パトリオット」、「紀元前1万年」のローランド・エメリッヒ監督が、ジョン・キューザックを主演に迎え、エメリッヒ監督の本領発揮とも言える11/21公開のディザスター・ムービーなのです...
『2012』 (だらだら無気力ブログ)
『インデペンデンス・デイ』や『紀元前1万年』のローランド・エメリッヒ 監督が「これ以上の映画は作れない」と公言したディザスター・ムービー。 2012年の12月21日に地球が滅亡するというマヤ文明の暦の終末説を題材に 世界中で発生する天変地異に人類がなすすべもな...
2012 (EURISKO2005)
NHKクローズアップ現代で,坂口亮さんをとりあげていた。CGやVFXを駆使した映
2012 (なにも起こらなかった一日の終わりに。ver2.0)
 今日は今年イチオシの娯楽超大作「2012」を観てきやしたよ~!!  売れない作家でのジョン・キューザックは別れた奥さんのところにいる二人の子供とイエローストーン公園にキャンプにいくことになっています。  現地に着いてみると国立公園なのに一帯が軍による立...
映画 「2012」 (ようこそMr.G)
映画 「2012」
劇場鑑賞「2012」 (日々“是”精進!)
「2012」を鑑賞してきました「デイ・アフター・トゥモロー」「紀元前1万年」のローランド・エメリッヒ監督が放つパニック・サスペンス巨編。2012年12月21日に地球滅亡が訪れるというマヤ文明の暦にヒントを得た終末説を基に、世界中で怒濤のごとく発生した未...
『2012』 (2009) (よーじっくのここちいい空間)
どんなところが楽しめたかってことだけど、主人公たちが災害を切り抜けていく数々のシーンの、あっけらかんとした調子良さです。「そりゃ、ないだろ」の強運シーンの連続。これでもかこれでもかと繰り返される天変地異を強行突破していく爽快感。
映画感想『2012』 こんな地球の壊し方してみました (レベル999のマニアな講義)
内容2009年。アメリカ科学技術作成局の地質学者エイドリアンは、地質学者の友人サトナムのインドの研究所に呼び出されていた。サトナムに提示されたデータは、かつてない大きさの太陽フレアの情報と思われたが、違った。放出ニュートリノの異常反応で、地球のコアに異...
2012 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。ローランド・エメリッヒ監督、ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、ダニー・グローヴァー、オリヴァー・プラット、タンディ・ニュートン、キウェテル・イジョフォー、ウディ・ハレルソン、ジョン・ビリングスレ、モーガン・リリー、ジョージ・シーガル、...
2012 (映画通信みるみる)
大迫力の映像。娯楽作品として楽しめました。 やはり、中国なのか・・・ 次から次へと押し寄せる地球崩壊の映像シーンに、圧倒されます...
2012 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
期待したどおりの大迫力のスペクタクル映像を堪能した。色々な人物像が丁寧に描かれているので、VFXだけが売りの映画になっていない。ニュートリノ天文学という小柴教授の研究成果が登場するのも、うれしいことだ。是非映画館で見てほしい。
2012 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:2012公開:2009/11/21製作国:アメリカ上映時間:158分鑑賞日:2009/11/20監督:ローランド・エメリッヒ出演:ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、アマンダ・ピート、オリヴァー・プラット、タンディ・ニュートン、ダニー・グローヴァー、ウディ・ハ...
2012 (小部屋日記)
2012(2009/アメリカ)【劇場公開】 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック/キウェテル・イジョフォー/アマンダ・ピート/オリバー・プラット/タンディ・ニュートン/ダニー・グローバー/ウッディ・ハレルソン 2012年12月21日 マヤの予言通り、...
2012☆独り言 (黒猫のうたた寝)
2012年12月21日マヤ暦により地球の終わりまさに、そうなる予測が判明した2009年・・・その対策は世界の首脳たちを中心に秘密裏に事が運ばれていた。ジョン・キューザック主演でいいのかな?『2012』を試写会同行させていただいて鑑賞してきました。ちなみにジョン・キ...
「2012」『にせんじゅうに』と読みます(^^;。 (シネマ親父の“日々是妄言”)
[2012] ブログ村キーワード 記事投稿日時 2009年11月10日1:09 ※上映開始日を投稿日時に設定。上映開始1週間後まで固定。  “世紀末バカ映画監督”(←最大限の褒め言葉(^^;)ローランド・エメリッヒ最新作「2012」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)...
米映画『2012』中国で快挙!!上映9日目で2億の大台 (中国北京で映像撮影...Emmy Broad"Band"Cast 本日の北京-映像ブログ(Blog))
写真は『新華網』より  中国では11月13日から全国上映を開始した米映画『2012』が、 公開日から9日目にして興行成績で2億元を突破したそうです。 (新京報11月24日付)※日本円にすると、27億円強。 《2012》中国9天吸金2.1億 国産片謹慎報票房(新華社) http://news.xi...
2012 (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  マヤ暦終末説によると、2012年12月21日に惑星直列と太陽フレアの影響で地球の温度が異常に上昇し、地震・津波などの大規模な地核変動が起こり、地球は終末を迎えるという。これは過去に何度も起きていて、水没したアトランティス大陸もその一例だとい...
2012 (ダイターンクラッシュ!!)
2009年11月20日(金) 20:00~ TOHOシネマズ川崎5 料金:0円(1ヶ月フリーパス) パンフレット:未確認 『2012』公式サイト フリーパス鑑賞17本目。 映画秘宝呼ぶところのエメやんの新作。 大味監督エメやんらしい、科学的考証ゼロ、力技で最後まで吹っ飛ばす作品...
「2012」みた。 (たいむのひとりごと)
これぞ、九死に一生[E:sign03] スペシャル決定版 [E:impact]これでもかこれでもかと襲ってくる脅威。良くぞ回避できたものだとその都度笑ってしまうのだけど、それも醍醐味のひとつ。そこにお
『2012』 (めでぃあみっくす)
これは映画か?いえ、立体版ディザスターアクションゲームです。しかも自暴自棄になったローランド・エメリッヒ監督が作り上げた人間愛の欠片もない作品でツッコミどころ満載ですが、違う意味で凄く面白いです。 そしてやはりジョン・キューザックの選ぶ脚本にハズレなし...
『2012』 ('09初鑑賞171・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆★ (5段階評価で 4.5) 11月21日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 14:35の回を鑑賞。
2012(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ローランド・エメリッヒ 【出演】ジョン・キューザック/キウェテル・イジョフォー/アマンダ・ピート/オリバー・プラット/タンディ...
2012年12月21日、世界が破滅する 古代マヤ暦 (ネット社会、その光と影を追うー)
古代マヤ暦の2012年終末説。はたしてマヤ人の予言
2012 (2009) (肩ログ)
2012 アメリカ 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、アマンダ・ピート、オリヴァー・プラット、ウディ・ハレルソン、ダニー・グローヴァー、他 公開前の予告でメインシーンの10分を流してましたね。 こんな...
2012 (Ki-Tsu-Neの祠 R)
世界が壊れていく様は、私が見た中では一番緻密 くじ引きがいいよ...くじ引きも問題だけど... わたしん所、世界の工場だし、ちゃんと秘密守るアルよ こんにちわ、Ki-Tsu-Neです。 古代マヤ文明の予言には、西暦に直すと2012年に世界が滅びるというものが有...
2012 (勝手に映画評)
マヤの暦が、2012年12月21日で終わっているという事から、いま巷で囁かれている2012年地球滅亡説を映画にした作品。 いやぁ、事前にいろんな評論を聞いていたので覚悟していきましたが、酷いですね。かなり期待はずれ。公開初週末に全米で6千5百万ドル、全世界で2億2千5...
2009-93『2012』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
&#63704;映画を鑑賞しました。&#63893; 2009-93『2012』(更新:2009/11/23) * 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) マヤ文明の預言書には2012年12月21日以降書かれていない。 歴史的な事実を元に壮大なSFサスペンスが出来上が...
『2012』試写会。  『パイレーツ・ロック』よりスリルがある沈没しそうな描写 (エミー・ファン!ブログ)
2012 2009/11/21公開 公式HP http://www.sonypictures.jp/movies/2012/ 本ブログ的にはエミー・ロッサム出演『デイ・アフター・トゥモロー』の監督ローラン...
2012 (メルブロ)
2012 289本目 2009-49 上映時間 2時間38分 監督 ローランド・エメリッヒ 出演 ジョン・キューザック キウェテル・イジョフォー アマンダ・ピート オリヴァー・プラット ダニー・グローヴァー 会場 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ(試写会 168回目) 評価 7点(...
『2012』を見る (ワノログ)
 序  昨日、『2012』の前夜祭レイトショーを見てきた。  20時20分に上映
2012 (そーれりぽーと)
派手な映画を撮らせたら、つか、派手なだけな映画を撮らせたら右に出る者は居ない、派手専監督ローランド・エメリッヒが、人類の終末を描く『2012』を観てきました。 ★★★★ つい先日の『ノウイング』も同じく人類の終末を描いた映画でムカつく内容だったけど、今回は...
『2012』・・・襲い掛かる国威の象徴 (SOARのパストラーレ♪)
地球滅亡を描く作品のアイデアの限界を感じた。ディザスターの名手エメリッヒ監督といえど、さすがにもうネタ切れなのかもしれない。中味は薄っぺらで延々ひたすら映像勝負の2時間38分。後半は正直キツかった(汗)
2012/ 2012 (我想一個人映画美的女人blog)
{/m_0220/}楽しめた方、エメリッヒファンの方は読まないで下さい{/m_0220/} ローランド・エメリッヒ監督といえばパニックもののCG大作を得意とする{/m_0151/} わたし、同じくエメリッヒの「デイ・アフタートゥモロー」駄目だったし、前作「紀元前1万年」もダメ、 関係ナ...
【2012】★ジョン・キューザック (猫とHidamariで)
マヤ文明が予言した太陽系の惑星が直列し―世界終末の日が来る事を2012 HP2012シネマトゥデイ英題:2012製作年:2009年製作国:アメリカ日本公開:2009年11月21日上映時間:2時間38分スタッフ監督・脚本・製作総指揮:ローランド・エメリッヒ製作・脚本・音楽:....
2012 (5125年映画の旅)
西暦2012年12月21日。それは古代マヤ文明が「世界が滅びる」と預言した日。偶然にもそれが事実である事を知った小説家のジャクソンは、家族と共に安全な場所へ避難しようとするが、世界の崩壊はすでに始まっていた。一方、各国の政府は滅亡を回避するため、極...
2012 (2009 映画観てきましたっ!)
休日に 会社近くの ディノスさんで ポイント ただ観してきましたっ!
2012 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★★[5/5] これぞハリウッドの真骨頂!これはブルーレイでの保存決定!
「2012」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「2012」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、アマンダ・ピート、オリヴァー・プラット、タンディ・ニュートン、ダニー・グローヴァー、ウディ・ハレルソン、モーガン・リリー、ジョン...
【2012】 ディザスター・エンターテイメント! (明るいときに見えないものが暗闇では見える。)
【そこそこネタバレ注意】 エメリッヒのお祭り映画、さっそく初日に観てきました。 エメリッヒといえばボクは『スターゲート』が好きなのだが、世間では『インディペンデンス・デイ』『デイ・アフター・トゥモロー』と大災害(ディザスター)映画監督として有名。 え...
映画『2012』 (健康への長い道)
どういうわけか、ディザスター(大災害)映画がわりに好きです。無論、本物の災害は歓迎しませんが・・・。単純に映像に興味があります。 『インデペンデンス・デイ』『デイ・アフター・トゥモロー』のローランド・エメリッヒ監督最新作『2012』を梅田ブルク7にて。 ...
2012 地球ボコボコ (労組書記長社労士のブログ)
【 67 -13- 1ヶ月フリーパスポート=15 】 火曜日の昼ご飯は、三宮の参議院議員の事務所に寄った帰りにプラプラ歩いていて店構えが何気に気になったので入ってみたラーメン屋さん「ホープ軒」にて。 細めながら腰は強く味はしっかりめな麺、薄くスライスしたあっさり味コ...
映画2012 もう一度観たい映画に1票! (ぱるぷんて海の家)
ポップコーンメーカー すっげぇーど迫力の映画でした2012。 ド迫力の映像とストーリにくぎ付けでした。 もうどれくらいすっごかったかと云うと 映画のお供は毎回バケツのポップコーンなのです。 そのポップコーンを頬ばりながら映画を観て 終わる頃には...
2012 (Recommend Movies)
2012年 マヤの予言通り、世界は終わる―。 【感想】 古代マヤ人が予言した人類が滅亡する2012年のお話し。 64万年に一度起...
映画『2012』 (たまさんのHR/HM シネマカフェ)
予告編で見た時から「これは凄い映画になりそうだ」と思い、楽しみにしていたローラン
【2012】 (日々のつぶやき)
監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、ダンディ・ニュートン、ダニー・グローヴァー    2012年 マヤの予言通り、世界は終わる―。 「2012年、売れない作家のジャクソンはバイトでリムジンの運転手をしている。 離婚
2012 (☆☆ 結婚します! た。☆☆)
- 世界終末の日は・・・- いつも応援をありがとう♪ クリックして頂くと、ランキングに加算をされます。どーぞヨロシクです{/hamster_2/} ずいぶんと前から いろいろなパターンの予告編が登場し、 マヤ文明のカレンダーが 2012年の12月23日で 終わってい...
映画「2012 字幕版」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『2012 字幕版』を本日観て来た。 採点は★★☆☆☆(5点満点中2点)。 例えれば"大盛りで味の濃いコース料理"。観ている時は満腹になるけど、終わってみると食べ終えた満足感だけが残るような、少量でも薄味の美味しい一品料理とは対極にある映画。 158分の...
2012 (りらの感想日記♪)
【2012】 ★★★★ 映画(34)ストーリー ロサンゼルスでリムジン運転手をしている売れない作家ジャクソン(ジョン・キューザック)は、別れ
「2012」 (みんなシネマいいのに!)
 2012年、大津波や大噴火など、あらゆる天変地異が世界中で発生、次々と地球を呑
2012 (Diarydiary!)
《2012》 2009年 アメリカ映画 - 原題 - 2012 2012年12月
2012 (花ごよみ)
2012年に人類滅亡というマヤの予言。 監督は『インデペンデンス・デイ』の ローランド・エメリッヒ。 主人公はジョン・キューザック。 地球内部の温度が急上昇。 地殻破壊、地上では巨大地震、津波、地割れ、 チベットの高地まで津波が襲う。   サン・ピエトロ...
2012(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
NHKでこの映画に携わった日本人が取り上げられてる番組をみて、なんとなく気になったので。 「2012」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、アマンダ・ピート、オリヴァー・プラット、タンデ...
「2012」 良くも悪くもエメリッヒ (はらやんの映画徒然草)
宇宙人に襲わせたり、氷河期を起こしたり、怪獣を呼び込んだりして、何度も都市と地球
2 0 1 2 (★ Shaberiba )
ローランド・エメリッヒ監督による地球滅亡映画第3弾!映像は大迫力!
2012 (とりあえず、コメントです)
ディザスター・ムービーが得意なローランド・エメリッヒ監督の最新作です。 マヤ文明に伝わる2012年終末説が現実となった近未来の世界。 めちゃくちゃに壊れていく地球を迫力の映像で描いていました~
2012 (You got a movie)
監督   ローランド・エメリッヒ キャスト ジョン・キューザック      アマンダ・ピート      タンディ・ニュートン      ダニー・グローヴァー      ウディ・ハレルソン 古代マヤ暦に2012年以降の記述が無いという世界終末の日を題材にし...
2012 (ともやの映画大好きっ!)
(原題:2012) 【2009年・アメリカ】試写会で鑑賞(★★★☆☆) "2012年12月21日に地球滅亡が訪れる"というマヤ文明の暦をヒントに、世界中で怒濤のごとく発生した未曾有の天変地異に、人類が為す術なく襲われていく様を描いたパニック・アクション映画。 2009年。地...
「2012」 (まんぼひとりごと)
「これは映画か」 というあおり文句が気になっていた一本。 地球が崩壊の危機!! 人類を存続させるためには・・? 都合のよいストーリー展開には、 突っ込みどころ満載なのだけど。 映像は凄い。最近のは合成ではなく、 シミュレーションで作っているらしいけど。 電...
【2012】モナリザは逃がしても人間は逃がさない (映画@見取り八段)
2012~2012~ 監督: ローランド・エメリッヒ    出演: ジョン・キューザック、エイドリアン・ヘルムズリー、アマンダ・ピート 公...
[映画『2012』を観た(幼女万歳!)] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆面白かった^^  これは、「いいエメリッヒ」監督作品ですね。  「いいエメリッヒ」を、私は今まで『ID4』でしか知らなかった^^  『デイ・アフター・トゥモロー』や『GODZILLA』は、「ちょい、いいエメリッヒ」であったね。  『紀元前1万年』は、...
「2012」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画&nbsp; 迫力オンリーの“ディザスター・ムービー”かと思ったら、案外ドラマとしても見どころがあり最後まで引きつけられました。ローランド・エメリッヒ監督作品ということで、ストーリーそのものに期待していなかったのが、返って功を奏した…...
映画「2012」@109シネマズ川崎 (masalaの辛口映画館)
 シアター6にて鑑賞、客入りは7~8割くらい。上映寸前に入ってきたアジア系外国人3人組が映画冒頭に大声で喋ってうるさい。  2012オリジナル・サウンドトラック 映画の話 2009年、リムジン運転手のジャクソン・カーティス(ジョン・キューザック)は、子どもたち...
『2012』 (purebreath★マリーの映画館)
     2012年 マヤの予言通り、世界は終わる。『2012』監督・脚本・製作総指揮・・・ローランド・エメリッヒ製作・脚本・音楽・・・ハラルド・クローサー出演・・・ジョン・キューザック、アマンダ・ピート、ダニー・グローヴァー、オリヴァー・プラット、タ...
「2012」池袋東急にて鑑賞 (流れ流れて八丈島)
後楽園ホールのキックボクシング観戦の帰りに、池袋で途中下車して東急株主優待券で「2012」を観てきましたさすが話題の超大作、土曜日ってこともあって池袋東急はほぼ満員でしたやっぱりヒットしてる映画は、間違いはないですね2時間38分という長尺なんだけど、長...
2012 / 映画 (恋する図書館。)
映画『2012』を観て来ましたー 自分では意外チョイスの1本ふだん、こーゆうパニック系って観ませんSF・・・あんまり・・・ いや ほぼ 観ません(食わず嫌い・・・読まず嫌い・・・映画・ドラマは観ず嫌い???が多い・・・私です) だけどお友達が「ぜひ 観たい...
2012 (~映画盛り沢山~)
TOHOシネマズ 六本木ヒルズで観てきました ローランド・エメリッヒ監督のディザスターっぷりがハンパないことになってましたw 陸地が次々と崩壊していく映像を見ているだけで軽くご飯三杯はいけますww それぐらい映像がすごい これぞまさにスペクタクル ...
「2012」ローランド・エメリッヒ (Mani_Mani)
2012 2009アメリカ 監督:ローランド・エメリッヒ 脚本:ローランド・エメリッヒ、ハラルド・クローサー 出演:ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、アマンダ・ピート、オリヴァー・プラット、タンディ・ニュートン、ダニー・グローヴァー他 もち...
2012 (映画大好き!)
ローランド・エメリッヒ監督の2012を見てきました。ディザスター映画の醍醐味が味
映画「2012」 (FREE TIME)
映画「2012」を鑑賞しました。
2012 (∞最前線 通信)
こんばんは、龍司です 先日、Paris HiltonのTwitter を読んでましたら、 「Just saw the movie 2012,it was amazing!」と、 映画「2012」 を絶賛してたので、 早速、予告編を観てみましたら、 ↑次々と地球が破壊されていく衝撃的な映像! それから...
『2012』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【2012】 2009年/(ソニー・ピクチャーズ /158分 【オフィシャルサイト】 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、タンディ・ニュートン、ダニー・グローヴァー、アマンダ・ピート
「2012」を観る (紫@試写会マニア)
映画を観る基準で、鑑賞しに行った映画館でたまたま観た予告編は結構大事。観た瞬間に「・・・!これは観ないとぉぉ~」だって思った「2012」観てきましたー。(わーい) スゴかったです、迫力満点!でもちょっと、“ああ”なっちゃった時、自分はどうしているのかな...
「2012」 (管理人の極私的日誌 [四代目])
公式サイト 『マヤの予言は本当だった!!』 地球滅亡!!ディザスター映画の決定版......映像だけは。 いやー、なかなか凄い映像です。ちょっとビビリます。 血みどろな生々しい描写はほとんど有りませんけれど、あらゆる物が崩壊して行く中で、瓦礫や津波にすべての命...
映画 2012 (フクロウと大理石)
 この映画を二言でいうと、豪華絢爛、一大スペクタクル。  2012年に地球が滅亡するというマヤの伝説。その兆候を数年前に捕らえた各国政府は秘密裏に対策を講じはじめる。そして伝説が現実になり、という映画。  やはり大災害を描いたデイ・アフター・トゥモロー...
「2012」 (或る日の出来事)
世界の建築物がぶっ壊れたり、さまざまな特撮映像が見もの。 ドラマは、ご都合主義。(都合のよすぎる展開。)
♯54 「2012」 (cocowacoco)
映画 「2012」 2012 (日本語吹替)を観ました       ローランド・エメリッヒ監督 2009年 アメリカ これから何が起きるのか! 久々にドキドキハラハラしました。 ちょっとイマイチなことも聞いていたので、期待しないで見たのがよかったのか コミカルでユー...
「2012」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                               「2012」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・ローランド・エメリッヒ はっきり言って、面白い(笑)!! こんなにVFXがしっかりしているとは思わなかった! いつもながら、期待してなかった(...
2012■最後は「金の力」とチャイナパワー! (映画と出会う・世界が変わる)
この超ご都合主義の映画においても現代というものはきちんと反映されており、それはそれでなかなか興味深い。世界が滅亡するとわかったときに各国政府がとった打ち手は「選ばれた人」と「選ばれた動物」と「選ばれた芸術作品」のみを助けるということだ。箱舟に乗れるのは...
2012 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
マヤ文明が予言した世界の終末がいま現実のものとなる!ディザスター映画の巨人が放つパニック・スペクタル。 高度に発達しながらも謎の消滅を遂げた古代マヤ文明。そこで用いられた“マヤ暦”は、西暦2012年12月21日で終っていた。その日、人類の歴史にいっ...
「2012」を見て、ローランド・エメリッヒ監督に何を期待する... (映画と出会う・世界が変わる)
ローランド・エメリッヒという監督は結局はホーム・ドラマの監督だと思う。クリス・コロンバスが撮った「ホーム・アローン」や「ミセス・ダウト」のような作品がもしかしたらぴったり合っているのではなかろうか?地球滅亡の危機を描きながらも、人類を滅亡させたことはな...
2012 (Thanksgiving Day)
映画「2012」を観てきました!! 駅でかなり大きく、ちょっと怖いポスターを見かけてから、ずっと気になってたんですよ。 こんな内容の映画です。 ↓↓↓ 『2009年、リムジン運転手のジャクソン・カーティス(ジョン・キューザック)は、子どもたちとの旅行を楽しん...
『2012』 (ナナシ的エンタメすたいるNetプラス)
wmc市川妙典にて先月公開された『2012』を観てきました。『インデペンデンス・デイ』や』『デイ・アフター・トゥモロー』を手掛けたローランド・エメリッヒ監督が送るパニック映画。今...
2012 (ころちゃんねる)
【ストーリー】古代マヤ人が2012年に訪れるとしていた世界の終末。2009年インドの科学者テンジン博士が地球上の内核が溶解している事を発見する。科学者たちは数年後に地殻変動により世界が滅びる事を知る作家のジャクソンは元妻や子供たちとの旅行中に、大規模な地殻変動...
2012 (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
ローランド・エメリッヒ監督の超大作を観てきました。2009年、惑星直列により太陽の活動が活発化。そのときに発せられた放射線により地球の核の活動も活発化し、地球は終焉の時を迎える・・・このことに気付いた地質学者のエイドリアン・ヘルムズリーは大統領主席補佐官の...
マヤの予言 (美容師は見た…)
神秘的ですね。私はこういうお話(神話なども)好きなので、突っ込みたくない派です。そこから、映画『2012』が生まれたのも運命だと思えるほどですもん。。。何と言ってもまず、あの迫力は圧巻でしたわ~。地球が崩壊し始めてからは、もう力が入りっ放しのドキドキの展開...
『2012』 (映画批評ってどんなモンダイ!)
2012 オリジナル・サウンドトラックサントラSMJこのアイテムの詳細を見る  『2012』 2009年(米)監督ローランド・エメリッヒ  最高のサスペンス・アトラクションである。本作は間違いなく今年一番のベストに入る作品であり、ローランド・エメリッヒ監督の最...
『2012』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
公開直後にずっと観たいと思っていたんだけれど、一緒に観ようと思っていた友達との都合が全然つかなくて観ないままに年越し。 さすがに上映終わっちゃうだろうってことで、やっとのことで観てきましたー。 新宿ミラノ2での観賞~。 ******************** 『デイ...
2012 (Peaceナ、ワタシ!)
- 2012年12月21日。世界の終わり。- 今年の2本目は 『2012』-。 公開は昨年の11月なので、随分と時間が経ってからの鑑賞になってしまったのですが~(うちの近所の映画館では今日が最終日でした) 気になっていた作品だったので、一昨日のレイトショーにフリーチケット...
2012 (映画って面白いですね。)
こういう系のアメリカ映画は見てもどうせがっくりするだろうなー。というのは分かっていたのだけど、ジョン・キューザックは出てるし、宣伝のこのLAの町がフルボッコで壊されているシーンに惹かれて、どうせ見るなら映画館だよね、こういうCGものは!という事で見ました...
「2012」神も仏もない (ノルウェー暮らし・イン・London)
2012年は、未来のことではあるのだけど、もう随分昔に観たような気分で・・・・ 「デイ・アフター・トゥモロー」も「インディペンデンスディ」も実はあまり好きじゃない私、この映画も低めの評価を聞いていたので、あまり期待しないで観に行ったのが・・・・・・案外...
2012 (元レンタルビデオ屋店長の映画感想)
 「デイ・アフター・トゥモロー」「紀元前1万年」のローランド・エメリッヒ監督が放つパニック・サスペンス巨編。2012年12月21日に地球滅亡が訪れるというマヤ文明の暦にヒントを得た終末説を基に、世界中で怒濤のごとく発生した未曾有の天変地異に人類が為す術なく襲わ
2012 評価:★★★★ (20XX年問題)
レビューを更新しました。 当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
mini review 10451「2012」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
マヤ暦による2012年終末説を題材に、『インデペンデンス・デイ』『紀元前1万年』のローランド・エメリッヒが手掛けるディザスター・ムービー。地球滅亡を目の前になすすべもない人々が、巨大な自然災害から必死に逃げまどう姿を描く。偶然にも地球の危機を知ってしまうリ...
「2012」★★★☆ (***JoJo気分で気ままにGO!***)
'09年制作 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、タンディ・ニュートン、ダニー・グローヴァー、アマンダ・ピート ほか 売れない小説家ジャクソンは富豪のお抱え運転手をしながら生計を立てる男。ある週末、離...
映画評「2012」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督ローランド・エメリッヒ ネタバレあり
【映画】2012…正直ショボイストーリーとナイスな大迫力映像 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
三連休も最後の日になっちゃいました… あ、三連休って書きましたけど、私は昨日お仕事でしたけど まずは、そんな仕事も含めた三連休中の近況報告から 2010年9月18日(土曜日)…この日は朝から嫁さんと特に目的は...
『2012』 (『映画な日々』 cinema-days)
2012 2012年12月21日、地殻変動により 世界が滅びる様を描く... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (自宅鑑賞) 原題:2012
2012 (こんな映画見ました~)
『2012』 ---2012--- 2009年(アメリカ) 監督:ローランド・エメリッヒ 出演: ジョン・キューザック、キウェテル・イジョフォー、ダニー・グローヴァー、ウディ・ハレルソン 2012年12月21日に地球滅亡が訪れるというマヤ文明の暦にヒントを得た終末説を基に、世...
2012 (いやいやえん)
ディザスター物では凄いからみておいたほうがいいよと言われて観て見ました。 もし自分たちがこんな状態になったらと考えると、パニックどころではないかもしれない。ツッコミどころは多々あれど、CGでつくられた地球滅亡へのあらゆる猛威は大迫力で凄いの一言。 しか...
2012 (mama)
2012 2009年:アメリカ 監督:ローランド・エメリッヒ 出演:ジョン・キューザック、タンディ・ニュートン、アマンダ・ピート、ジョージ・シーガル、ダニー・グローバー、ウディ・ ...
『2012』(2009) (【徒然なるままに・・・】)
題名が題名なだけに早いとこ見ておかないと、と焦って鑑賞した一本。 物語は映画公開時の2009年にスタート。 世界に滅亡の時が迫っていることに気付いた科学者が警鐘を鳴らし、米大統領だけでなく世界各国の首脳も交え、大規模なプロジェクトがスタート。それは選ばれ...
2012(2009) (oguoguの日々映画見っ放し!)
2009年12月上映 監督:ローランド・エメリッヒ 主演:ジョン・キューザック  世界の余命、二年・・・・・・本当に来るのか?マヤは正しいのか?不安だ。...