★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」

2009-01-28 02:38:41 | 映画(ら行)
<T923/2009/A016/S011>

今週の平日休みは話題作2本を「TOHOシネマズ・ららぽーと横浜」で。
その2本目。
大ヒット作「タイタニック」以来11年ぶりに、
レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットの共演が話題の本作。
ちょっとタイトル・邦題が意味不明だけど、
ゴールデングローブ賞では主演女優賞取ってるみたいだし・・・ちょっと期待。
原題も「REVOLUTIONARY ROAD」=主人公家族が住んでる郊外の住宅地の名称。
2008年製作の家族系ドラマ、119分もの。

あらすじ・・・今回はAllcinemaさんから引用させてもらいました。
1950年代のコネチカット州。“レボリューショナリー・ロード”と名づけられた閑静な新興住宅街に暮らすフランク(レオナルド・ディカプリオ)とエイプリル(ケイト・ウィンスレット)のウィーラー夫妻は、二人のかわいい子供にも恵まれた理想のカップル。しかし、その見た目とは裏腹に、彼らはそれぞれ描いていた輝かしい未来と現状のギャップに不満を募らせていた。元陸軍兵のフランクは事務機会社に勤めるもセールスマン人生の我が身を嘆き、かつて女優志願だったエイプリルも大成せずに至っている。するとフランクが30才の誕生日を迎えた夜、エイプリルが、家族一緒にパリで暮らしましょう、と持ちかけ、パリでは自分が秘書として働くからフランクは気ままに暮らせばいい、と言い出すのだった。はじめは妻の突然の提案に戸惑うも希望を膨らませ、ついには移住を決意するフランク。それは間もなく、周囲にも知るところとなるのだが…。

ここからひらりん的レビューのネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
1.夢を語り合って結婚し、子供も生まれ・・・
郊外に戸建も買って幸せいっぱい・・・かと思いきや・・
2.退屈・平凡な毎日に、ついつい夫婦喧嘩が絶えない日々に・・・
3.フランクは30歳の誕生日の日に、ついつい秘書に手を出しちまうが・・・
家に帰ると、反省しきりの妻と子供が誕生日会を用意して待ってたぁ・・・
4.そこでの妻の提案が、仰天パリ移住計画!!!
家もクルマも売って夢も希望もあるパリへ・・・
という非現実的な話だったけど、無理やり納得させられて、会社も辞めちゃうことに。
5.フランクの父親も勤めてたっていう退屈な会社も、退社を決めると、
やりたいことがすっきり出来ちゃって上司に誉められ、
昇進・昇給・・慰留工作までされちゃったり。
6.しかし、ここでエイプリルの妊娠が発覚・・・既に10週目。
12週までは中絶も可能とか。
迷う夫婦・・・産むかおろすか?
パリに行くか、行かないか?
7.たまにやって来る、この家を紹介してくれた不動産屋のギヴィングス(キャシー・ベイツ)夫妻と精神病系の息子(マイケル・シャノン)・・・
ある種イカれてるけど、フランク夫妻の心の葛藤をズバリ言い当てられて、
逆にムカつくフランク。
8.妻のエイプリルは第一子を産む時から、望むべくして生まれた子ではなかった・・・
という出産経験や、自分で中絶しちゃおう・・・なんて考えた事も過去にあったのね。
9.遂には仲良くしてた隣人の夫と不倫・・・
フランクも不倫告白したから、お互い様だけどーーーーーー、
こっちは告白しても、すまないのよーーーーーーと、
ますます追い詰められる妻っ。
10.とっても素敵な朝食を用意してフランクを会社に送り出した後、
自ら、堕胎して、出血多量ーーーーーーーーーーーーーーーーー。
病院に運ばれたけど、帰らぬ人に。

●家を買う時は、
「あなた方は若くて才能も輝きもある、レボリューショナリー・ロードでも特別な方よ」
なーんて、ギヴィングス夫人に言われてたけど、
そんな特別な人間なんていないのね・・・という事。
●ケイト・ウィンスレットは、輝きを失いかけてる中年女性の焦りを、
いらつくほど魅せてたね。
●ディカプリオは童顔だけに、まだまだ子持ち夫の風格が足りないね。
●それにしても隣の旦那・・・最初からエイプリルを見る目がやらしかったーーーので、
きっと一回くらいはしちゃうんじゃないかと、想像できたね。
でも、誰にも喋らないのが、大人の男というもんですね。

ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この作品の関連作は・・・
ケイト繋がりで紹介すると、
ケイト・ホームズが主演した「エイプリルの七面鳥」の主人公も、
今回同様エイプリルでした。
最近のディカプリオはアクションモノが多いのねーーー。
ワールド・オブ・ライズ」とか「ディパーテッド」。
 

という事で今回は
ロードといえばThe虎舞竜(ザ・トラブリュー) 度・・・
こころ病み系作品は、観てて辛いね。
ちょっとしたボタンの掛け違いで、
どんどん深みにはまっていくのが人間の弱いところ。


●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
この映画を見てひらりん同様「邦題のサブタイトルが意味不明」と思ったあなた・・・
バナーにポチッとクリックおねがいしまーーす。

「人気ブログランキング(映画)」

   
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (70)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★「007/慰めの報酬」 | トップ | 「エイプリルの七面鳥」 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
夫婦。 (BC)
2009-02-09 22:51:32
ひらりんさん、こんばんは。
トラックバックありがとうございました。(*^-^*

夫婦は年齢の若さで輝くのではなく、
どう暮らしていくかが幸せの鍵となるのでしょうね。
隣の男 (たまさん)
2009-02-13 14:31:11
こんにちは。
ホント、隣の旦那はいやらしかったですよね~

ディカプリオはあまり変わりませんが、ウィンスレットは役柄にはまっていたように思います。
 (とらねこ)
2009-02-15 10:33:47
確かにこころを病んでいるのでは、というほど自ら壊れていくんだけど、
誰もが恋愛結婚の末に、次第に現実を見ていくという姿を、余すところなく映し出していましたね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

70 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (LOVE Cinemas 調布)
つい先日のゴールデングローブ賞では主演女優賞を受賞したケイト・ウィンスレットとレオナルド・ディカプリオが『タイタニック』以来11年ぶりに共演。しかも監督のサム・メンデスはケイト・ウィンスレットの旦那様。アカデミー賞では3部門でノミネートするなど、とにか...
『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 (Sweet*Days**)
監督:サム・メンデス  CAST:ケイト・ウィンスレット、レオナルド・ディカプリオ、キャシー・ベイツ 他 ゴールデングローブ賞 主...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (映画鑑賞★日記・・・)
原題:REVOLUTIONARY ROAD公開:2009/01/24製作国・年度:アメリカ、2008年上映時間:119分鑑賞日:2009/01/24監督:サム・メンデス出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、キャシー・ベイツ、マイケル・シャノン、キャスリン・ハーン、デヴィッド・ハ...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (めでぃあみっくす)
本当の幸せって何なんでしょう?誰もが不満のない生活を望んでいるのに、幸せな生活を送るためには不満も必要かも知れない。結婚経験のない私にはまだまだ実感のないことの多い映画でしたが、見終わった後、年々なくなっていく私の結婚願望がさらになくなってしまいそうに...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『タイタニック』コンビ、11年ぶりの復活だぁ~ってワクワクしている場合ではなさそうな作品だけど、公開日に観て来ました~ (お客さんが6~7人しかいなかった!寂しい・・・)  【story】1950年代半ば、アメリカ。富裕層が集まるコネチカット州の郊外で、フランク・...
レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで (ともやの映画大好きっ!)
(原題:REVOLUTIONARY ROAD) 【2008年・アメリカ】試写で鑑賞(★★☆☆☆) 1961年に発表されたリチャード・イエーツの処女小説「家族の終わりに」を映像化。 「タイタニック」のレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが、11年ぶりに競演するヒューマンド...
「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」 (NAOのピアノレッスン日記)
~世界中の“ふたり”へ捧ぐ、深く切ない運命の愛~忙しすぎて、やっと新年1発目を見ることができました。^^;2008年  アメリカ作品  パラマウントピクチャーズ配給 (09.1.24公開)監督:サム・メンデス原作:リチャード・イェーツ  「家族の終わ...
映画「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」の感想です。 (MOVIE レビュー)
1月24日(土)公開の映画「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」の主演ケイト・ウィンスレットが第66回 ゴールデン・グローブ賞で、最優秀主演女優賞に輝きました。ケイト・ウィンスレットは、『愛を読むひと』でも最優秀助演女優賞を受賞!主演&助演の最...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで☆独り言 (黒猫のうたた寝)
レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットの『タイタニック』コンビ再び~~~っと予告で煽ってた『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』新興住宅地に住む一組の夫婦フランクとエイプリルは傍目には美男美女の理想的なカップル・・・2人の子供にも恵...
レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『それは──誰もが逃れられない<運命の愛> あなたの最愛のひとは あなたを愛していますか──。』  コチラの「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」は、不沈の大ヒット作「タイタニック」のレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットの再共...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (2008) (カタヤマ 無断でブログ)
最初、一体何の話だ?と 全く見えてなかったんですが チョイチョイ情報を仕入れてみると 夫婦の重た~い話らしい、というのがみえまして、 それじゃ~という事で鑑賞となりました。 1950年代のコネチカット州。“レボリューショナリー・ロード”と名づけられた...
レヴォリューショナリーロード-燃えつきるまで (AL+ViのわんわんLIFE)
あのタイタニック(実はちゃんとは観ていない)以来のコンビ復活ということでレヴォリューショナリーロード-燃えつきるまでを観てきました。 物語は美男美女(ディカプリオとケイト・ウィンスレット)のカップルが、郊外の住宅地にかわいい家を買い、子供にも恵まれ、...
レボリューショナリー・ロード燃え尽きるまで■この脇役がすごい! (映画と出会う・世界が変わる)
レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットの熱演・好演に異論はないが、この主人公ふたりを引き立たせて、この映画の核心をついている脇役はキャシー・ベイツ演じるヘレンの息子ジョンである。心を病む人物であるが、二人の実体を見事に顕在化していくのである。...
「レボリューショナリーロード 燃え尽きるまで」で?何が燃えたのさ?? (シネマ親父の“日々是妄言”)
[レボリューショナリーロード/燃え尽きるまで] ブログ村キーワード   レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット共演。「タイタニック」再び?!「レボリューショナリーロード 燃え尽きるまで」(パラマウント ピクチャーズ ジャパン)。久々に“ワイ...
映画鑑賞記「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:09.02.06 鑑賞場所:シネマイクスピアリ それは─誰もが逃れられない<運命の愛> <ストーリー> (Cinemacafeより引用)  1950年代のアメリカ。エイプリル(ケイト・ウィンスレット)とフランク・ウィーラー(レオナルド・ディカプリオ)の夫婦は...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (to Heart)
あなたの最愛のひとは あなたを愛していますか──。 原題 REVOLUTIONARY ROAD 上映時間 119分 製作国 アメリカ/イギリス 原作 リチャード・イェーツ 『家族の終わりに』(ヴィレッジブックス刊) 出演 レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット/キャシー・ベ...
レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで/Revolutionary Road (いい加減社長の映画日記)
ここんところ、観たい映画が目白押し。 困ったもんです。時間的にも、お金的にも^^; まずは、「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」を選択。 ディカプリオ、ウィンスレットの「タイタニック」コンビの共演。 そして、アカデミー賞候補になったことでも話題に...
[映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』)
☆・・・いや、映画としては非常に面白い。  傑作と言えよう。  しかし、『タイタニック』コンビ(レオナルド・ディカプリオ ケイト・ウィンスレット)による、「その後の『タイタニック』」を期待し、デートで出かけた日にゃあ、暗雲垂れ込める二人の未来となるやも...
映画「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」(2008年、米・英) (富久亭日乗)
   ★★★★★  Leonardo DiCaprio とKate Winslet が 「Titanic」(1997年)以来11年ぶりに共演、 夫婦のすれ違いを描いたドラマ。 原作はRichard Yatesの処女小説『家族の終わりに』 原題は「Revolutionary Road 」。       ◇  1955年、 結婚7年...
『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」□監督 サム・メンデス □原作 リチャード・イェーツ(「家族の終わりに」) □脚本 ジャスティン・ヘイス □キャスト レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、マイケル・シャ...
映画 【レボリューショナリー・ロード / 燃え尽きるまで】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「レボリューショナリー・ロード / 燃え尽きるまで」 リチャード・イェーツの小説を『アメリカン・ビューティー』のサム・メンデス監督が映像化。『タイタニック』主演の二人が11年ぶりに共演を果たす。 おはなし:1950年代半ばの富裕層が集まるコネチカット...
レボリューショナリー・ロード燃え尽きるまで■最も怖い朝食シーン (映画と出会う・世界が変わる)
この映画は全編にわたり緊迫感に支配されている。主人公の二人もほとんど幸福感ややすらぎといった状況に置かれることはない。たまにそのような状況が描かれるが、それは次に起きる波乱の前触れであったり、虚飾のそれであったりというものだ。そうした緊迫感のピークがラ...
レボリューショナリー・ロード燃え尽きるまで■日本映画にはない... (映画と出会う・世界が変わる)
4日の日記に対するE.T.さんからいただいたコメント(いつもありがとうございます)を読んでなるほどと思った。この映画の内容はほとんどが主人公ふたりの感情の発露と対立で成り立っている。それにもかかわらず観客として冷静に見ることが出来る、この種の感情露出型ド...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。サム・メンデス監督、レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、マイケル・シャノン、キャスリン・ハーン、デヴィッド・ハーバー、キャシー・ベイツ。「タイタニック」はヨーロッパからアメリカへ、そして今度はアメリカからヨーロッパへ、逆タイタ...
レボリューショナリー・ロード (Akira's VOICE)
趣味を持とう。  
レボリューショナリー・ロード◎燃え尽きるまで (銅版画制作の日々)
    Happyで美しい恋愛ドラマかと思っていたら・・・・。 1月30日、MOVX京都にて鑑賞。 「エレジー」とはまったく反対のドラマでした。あの「タイタニック」の美男・美女カップルが11年目に再度タッグを組んだ作品です。ケイト・ウィンスレットはこの作品...
『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』(@「シネマのすき間」) (ラムの大通り)
-----今日はちょっと 紹介するの恥ずかしいニャあ。 なぜってフォーンの顔が あのディカプリオやケイト・ウィンスレットと並んでいるんだもの。 えっ、ニャンの話かって? 火曜日恒例の カタログハウス「シネマのすき間」。 今日の映画は『レボリューショナリー・ロード/...
婚活女性にオススメ!『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 (水曜日のシネマ日記)
夢や希望に人生を懸けようとする若い夫婦の理想と現実を描いた作品です。
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★[4/5] 「ありがとう」「ごめんね」このふた言さえあればいい。
家族の終わりに~『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 (真紅のthinkingdays)
 REVOLUTIONARY ROAD  1955年の夏。ニューヨーク郊外の瀟洒な住宅街に暮らすフランク(レオナル ド・ディカプリオ)とエイプリル(ケイト...
レボリューショナリーロード / 燃え尽きるまで (Diarydiary!)
《レボリューショナリーロード / 燃え尽きるまで》 2008年 アメリカ/イギリ
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (小部屋日記)
Revolutionary Road(2008/アメリカ=イギリス)【劇場公開】 監督・製作: サム・メンデス 出演:レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット/マイケル・シャノン/キャスリン・ハーン/デヴィッド・ハーバー/キャシー・ベイツ あなたの最愛のひとは あなた...
「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」 (かいコ。の気ままに生活)
1950年代半ば、夢に人生を懸けようとする夫婦の葛藤と運命。「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」公式サイト「タイタニック」コンビのねっとりラブストーリーかと思ってたら・・おもーい家庭崩壊の話でした~ ひええー大企業に勤め、郊外に住み、子供2人、....
『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』・・・ ※ネタバレ有 (~青いそよ風が吹く街角~)
2008年:アメリカ+イギリス合作映画、ケイト・ウィンスレットの夫:サム・メンデス監督、レオナルド・ディカプリオ&ケイト・ウィンスレット『タイタニック』以来11年ぶりの共演作。
レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで (そーれりぽーと)
「『タイタニック』主演の二人が…」という印象の強い映画なので、仮面夫婦的な予告編にもきっとラブストーリーな要素が強いんだろうと想像しながら『レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで』を観てきました。 ★★★★ なんつーアンチラブストーリー。 カップル...
「レボリューショナリーロード 燃え尽きるまで」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
えぐり合うふたり。考えさせられる映画はいい。しかも描かれているのが夫婦のあり方である。おもしろくないわけがない。主役のエイプリルとフランク以外にも夫婦が出てくるが、つくづく痛感するのが幸せとは主観であるということ。ぎくしゃくし始めた夫婦関係に対し、エイ...
映画レビュー「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで (ヴィレッジブックス)◆プチレビュー◆幸せを求めてもがく夫婦の姿が哀しい。タイタニックのロマンスの対極にある辛らつな家庭劇。 【75点】  1950年代のアメリカ。郊外の新興住宅街に住むフランクとエイプリルは、二人...
レボリューショナリー・ロード (Peaceナ、ワタシ!)
- あなたの最愛の人は あなたを愛していますか-。 レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレット、「タイタニック」以来の共演となる2人の主演作ともなれば、当然話題性抜群。しかも監督はサム・メンデス(ケイトの旦那様!)です。 結婚の理想と現実の狭間にゆれ...
「レボリューショナリー・ロード」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画&#160; とても重い。でも秀作。サム・メンデス監督の作品に共通することかもしれませんがとにかく重たい、でも見応えがあり、心に残る何かがあります。「アメリカン・ビューティ」しかり、「ロード・トゥ・パーディション」「ジャーヘッド」どれ...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで←見てる方は燃えかすに・・・ (労組書記長社労士のブログ)
 昨夜(土曜の夜)、友人(K太)が遊びに来た。 みんなにも声を掛けようかと思ったけど、来るのが22時頃と言うことで、微妙に遅いので断念。 で、きっと彼が喜ぶやろうと確信して最近のフェイバリットな「カレー鍋」で歓迎。 スープのレシピを書いておけって言われたの...
【レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで】 (日々のつぶやき)
監督:サム・メンデス 出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、キャシー・ベイツ あなたの最愛の人は あなたを愛していますか ―。 「田舎のレボリューショナリー・ロードに住む夫婦フランクとエイプリルと二人の娘。誰もが認める理想的な
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで 【特別な 男と女は 平凡に】 (猫の毛玉 映画館)
『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 REVOLUTIONARY ROAD 2008年・アメリカ=イギリス リチャード・イェーツの同名小説(1961年)を...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (2008・アメリカ/イギリス) (白ブタさん)
タイタニック以来の共演というレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレット。 恋愛物かと思ったのですが・・・
★★★★★ 『レボリューショナリー・ロード/ 燃え尽きるまで』 (映画の感想文日記)
2008年。アメリカ/イギリス。"REVOLUTIONARY ROAD".   サム・メンデス監督。  今年に入って10回目を超えた「NO MORE 映画泥棒」のCMを見ながら、今年は月に5本程度、年間...
「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」 働くヨメさん (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
おっ!なんか浜田省吾かTHE ALFEEの曲みたいなタイトルやなぁ~。 ケイト・ウィンスレットが、ゴールデン・グローブ賞主演女優・助演女優のダブルノミネート、主演女優賞をこの映画で受賞したんやけど、アカデミー賞では助演の方の映画で主演にノミネートされとる。 よう...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (pure's movie review)
2008年度 アメリカ作品 119分 パラマウント配給 原題:REVOLUTIONARY ROAD STAFF 監督:サム・メンデス 脚本:ジャスティン・ヘイス 原作:リチャード・イェーツ『家族の終わりに』( CAST レオナルド・ディカプリオ  ケイト・ウィンスレット  キャシー・ベイツ マ...
「レボリューショナリー・ロード」  (Zooey's Diary)
2008年アメリカ・イギリス映画。 監督は「アメリカン・ビューティ」「ロード・トゥ・パーディション」のサム・メンデス。 恋愛映画の題名が、どうして「革命の道」なのだろう?と不思議だったのですが これは郊外の住宅地の名前なのですね。 但し、それには意地悪な...
【レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで】 (+++ Candy Cinema +++)
【REVOLUTIONARY ROAD 】【監督・制作】 サム・メンデス   【原作】 リチャード・イェーツ『家族の終わりに』(ヴィレッジブックス刊)    ...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (こんな映画見ました~)
『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 ---REVOLUTIONARY ROAD--- 2008年(アメリカ/イギリス) 監督:サム・メンデス 出演: レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット 、キャシー・ベイツ 1950年代のアメリカ郊外を舞台に、一見理想的な夫婦...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (B型ライフ)
(ストーリー)1950年代のコネチカット州。“レボリューショナリー・ロード”と名づけられた閑静な新興住宅街に暮らすフランクとエイプリルのウィーラー夫妻は、二人のかわいい子供にも恵まれた理想のカップル。しかし、その見た目とは裏腹に、彼らはそれぞれ描いていた輝...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (オモヒノママニ)
1950年代のアメリカ。二人の子供にも恵まれ幸せに暮らす若い夫婦。 傍目には何不自由のない満たされた生活に見える二人だったが・・・。 何から書いていいのかわからない位、衝撃的でした。 夫婦って何?そんな思いが頭の中でぐるぐる回ってました。 自分の思い描...
レボリューショナリー・ロード (ぷち てんてん)
ふむ、ふむ、この映画はカップルでは見たくない映画というのは、わかりますねえ。「アメリカン・ビューティー」のサム・メンデス監督です。☆レボリューショナリー・ロード☆(2008)サム・メンデス監督ケイト・ウィンスレットレオナルド・ディカプリオキャシー・ベイツマ...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2009年1月24日 公開 ★★★★★ なかなか良かった!星5つ! 夫婦ゲンカで雨降って地固まる・・・とはいかなかった。 映画でアメリカ人の夫婦ゲンカを観るといつも思うのよ、すんごいよね! 思いっきりするよね、あの人...
レボリューショナリーロード 燃え尽きるまで  (ケントのたそがれ劇場)
★★★☆  レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが共演するのは、あの歴史的ラブストーリー『タイタニック』以来、なんと11年振りだという。ほんに月日の経つのは早いもので、当時まだ20代だった両名とも、いつの間にやら30代になってしまった。 共...
レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで (ネタバレ映画館)
乗りかけた船には乗ってしまえ・・・沈没することを恐れずに・・・
レボリューショナリーロード/燃え尽きるまで◆郊外型夫婦の破滅の物語 (好きな映画だけ見ていたい)
   画像:「レボリューショナリー・ロード」 (ヴィレッジブックス刊)   「レボリューショナリーロード/燃え尽きるまで」 (2008年・アメリカ/イギリス)    REVOLUTIONARY ROAD 「タイタニック」の主演コンビによるラブロマンスかと思いきや、これがみごとに予...
レボリューショナリーロード/燃え尽きるまで (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
映画史上永遠のカップル、レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレットが待望の再競演。運命のふたりがたどり着く愛の終着点。物語:1950年代のアメリカ、コネチカット州。フランク(レオナルド・ディカプリオ)とエイプリル(ケイト・ウィンスレット)は、閑静...
映画 『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 (きららのきらきら生活)
   ☆公式サイト☆1950年代半ばのアメリカの郊外の街で、夢と希望に人生を懸けようとする若い夫婦の葛藤(かっとう)と運命を描く感動作。作家リチャード・イェーツの小説を原作に、『アメリカン・ビューティー』のアカデミー賞受賞監督サム・メンデスが映像化。1950年...
レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
待望の、と言っていいだろう。 「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」は、映画史上空前絶後のヒット作「タイタニック」の主演コ...
映画『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 (たまさんのHR/HM シネマカフェ)
「この映画はいったい何を伝えたいのだろう?」と気になりながら観ていました。伝説の
『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
映画史上永遠のカップル―― レオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレット待望の再競演。 運命のふたりがたどり着く、愛の終着点。
レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで ▲22 (レザボアCATs)
思ったよりずっと良かった。結婚したことのある全ての人にオススメ。
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (今宵、サムソン・マスマスラーオの映画座で)
  = 『レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで』  (2008) = 1950年代、半ば。 富裕層が集まるコネチカット州の郊外で、フランク(レオナルド・ディカプリオ)とエイプリル(ケイト・ウィンスレット)の夫婦は、二人の子どもにも恵まれ、幸せに暮らし...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (Sachi'sRoom)
   製作@2008年アメリカ/119分/レンタル開始日2009.6.5   監督@サム・メンデス   出演@レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ウィンスレット/キャシー・ベイツ/マイケル・シャノン   舞台は高度成長期の1950年代で、主人公はアメリカ郊外に住むひと組のカップ...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (Addict allcinema 映画レビュー)
あなたの最愛のひとはあなたを愛していますか──。
「レボリューショナリー・ロード」(REVOLUTIONARY ROAD) (シネマ・ワンダーランド)
オスカー受賞作「アメリカン・ビューティ」や、「ロード・トゥ・パーディション」 などの作品で知られる英国出身の米映画監督、サム・メンデスがリチャード・イェーツの小説「家族の終わりに」を映画化したヒューマン・ドラマ「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きる...
09-43「レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
本当に必要なものを知る  1950年代のコネチカット州。“レボリューショナリー・ロード”と名づけられた閑静な新興住宅街に暮らすフランクとエイプリルのウィーラー夫妻は、二人のかわいい子供にも恵まれた理想のカップル。しかし、その見た目とは裏腹に、彼らはそれぞれ...
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで (ひめの映画おぼえがき)
レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで スペシャル・エディション [DVD] 監督:サム・メンデス 出演:レオナルド・ディカプリオ、ケイ...
映画評「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2008年アメリカ映画 監督サム・メンデス ネタバレあり
映画『レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで』を観て (kintyre's Diary~Goo Version)
9-10.レボリューショナリー・ロード 燃え尽きるまで■原題:Revolutionary Road■製作年・国:2008年、アメリカ■上映時間:119分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:2月1日、新宿ジョイシネマ(歌舞伎町)レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで 日本版予告編...