★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

★「亡国のイージス」

2005-08-17 08:38:39 | 映画(は行)
久しぶりに仕事休みの火曜日に映画を観る事が出来ました。
お子様向けアニメが多いこの季節・・・
あまり、得意分野じゃない軍事モノに手を染めるしかなく・・・
観てみる事に・・・
まっ、日本の豪華俳優陣が名を連ねてるので・・・ねっ。
2005年製作のアクション・サスペンス・ドラマ、127分もの。


あらすじ
自衛隊の最新鋭護衛艦であるイージス艦「いそかぜ」が乗っ取られた。
実行犯は副長の宮津(寺尾聡)と某国対日工作員ヨンファ(中井貴一)の一味。
彼らは政府に対し、全ミサイルの照準を東京にむけてる事を告げる。
しかも、首都圏を壊滅できるという特殊兵器「GUSOH」も搭載してる。
政府が対応に手間取る中、先任伍長の仙石(真田広之)が独りで艦の奪還に向かう。

ここからネタバレ注意↓(反転モード)
某国対日工作員って、北朝鮮の事。
大学生が書いた論文がどうのこうので副長・宮津に接近し、乗っ取り計画に発展した??
政府には密かに防衛庁情報局(DAIS)という部署があり、分析を行ってはいた。
一応、ヨンファの行動を察知し「いそかぜ」艦内にDAIS工作員を送り込んでいた。
先任伍長の仙石の部下・如月は最初、乗っ取り犯側の工作員かと思ったら・・・
DAIS側だったのね。
彼の生い立ちも少し説明あったけど、よくわからなかったね。
艦内を熟知している仙石とDAIS如月が奮闘してる中・・・
政府は米軍の新型傷痍爆弾を使って「いそかぜ」」の撃沈を計画・・
如月を送り込んでるDAISの本部長・渥美(佐藤浩市)。
艦内の出来事を分析し、なんとか彼らで鎮圧できないかを探る・・・
それにしても、途中で自衛艦の「うらかぜ」を撃沈しちゃってるからねぇ。
悪役似合わない中井貴一が・・・
「見よ日本人・・・これが戦争だ」見たいなセリフが・・・あったね。
予告編は、だいぶネタバレしてたね。
本編見て驚くところがなかったからね。
結局、仙石らの活躍によって艦は徐々に制圧されていくが・・・
何故ヨンファは「GUSOH」をもって高いところに登っていくの???
不思議だよねぇぇ。

これまたベストセラー小説の映画化でしょ。
当然ひらりん、読んでません。
ですから比較は出来ないけど・・・
きっと映画サイズに収まらない話だったんだろうなーーと、想像できます。
ストーリーがイマイチな分、役者が頑張ってたって感じ。
この映画・・軍事モノだけあって・・・女の人がほとんど出てこない。
ひらりん的にはマイナス・ポイントだねっ。
それと軍隊モノの困っちゃうところは、軍人の階級がよくわからないとこ。
「先任伍長」と言われても、何する人で、どれくらい偉いのかわからないよっ。

戦後60年、平和ボケしてるのがいいのか?悪いのか??
ひらりんにはわかりません。
今の世の中、国の為に死んでもいい・・・なんて日本人はいません。
そんな教育受けてないから・・・
なんて幸せな国なんでしょう日本は・・・
でも、戦争しないと思っていても、仕掛けられちゃう事もあるから・・・
備えあれば憂いなし・・・なんでしょうね。
ここまでネタバレ注意↑

ということで今回は
邦画度・・・★★★
本物使ってる迫力は感じるけどねっ。

ところでひらりんも「人気ブログランキング(映画)」に参加しています。
ひらりんのブログを気に入ってくれたら↑↑クリックしてね。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (20)   トラックバック (106)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「トラフィック」 | トップ | 「ミート・ザ・ペアレンツ」 »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
夏休み映画 (magunamriki)
2005-08-18 00:58:17
この夏休み期間においてアニメ映画や児童向け映画が多い中、大人の客層の鑑賞に耐えうる重厚な作品である本作が上映しているのは救いです!『宇宙戦争』は「?」だったし、SWエピソード3はシリーズ作を観ていないと意味不明だし・・・ストーリーは支離滅裂でしたが名優たちの演技によって物語が保管されているのが凄かったです!
やっぱり... (でんでん)
2005-08-19 00:34:56
ひらりんさんこんにちは。

トラックバックありがとうございます。



やっぱりイマイチな点は否めません。「本物を使ってる」とその迫力を評価する人(原作者含め)がいますが、それは映画でなくてもいいでしょう。本来訴えたいテーマが穴だらけの展開では説明不足。たぶんカットされたであろうエピソードが勿体ない気がします。
TBありがとうございます (isamu)
2005-08-19 00:40:07
こんばんは。自分は原作を読んで行ったわけですが…これを2時間ちょいで収めろというのが大分無理な話です。エピソードを削りまくったお陰で、原作未読の人には実に不親切な映画になったと思います。

しかも自分の場合、その削ったエピソードに好きなものがあったので、残念です。

しかし俳優の演技は迫力があってよかったですし、自分は結構好きな映画です。

TBありがとうございました。 (t-higu)
2005-08-19 00:56:18
僕も原作読んでませんが、映画のあの説明不足を感じさせる

状態を見てると、原作はきっとかなりボリュームあるんで

しょうね。

ちょっと読んでみたい気もしますが、尻込みしちゃいます...。

TBありがとうございます (てっしー)
2005-08-19 06:22:09
原作を読んでいないせいか「GUSOH」については私も疑問を持ちました。

あれがどんな凄いものなのかが映像として描かれていると良かったですけど。

それから女性については無理やり出した感じでしょうかね。

あんな扱いなら思いっきり男臭い映画にしたほうがよかったと思いました。

賛否両論。でも「否」が多いような・・・ (こっちゃん)
2005-08-19 08:55:12
トラバありがとうございます~。

こっちゃんも原作読んでない組ですよ。

ノリノリで楽しんじゃったのは

こっちゃんぐらいのモンでしょうね~

はは。



   こっちゃん
すべてが贅沢なんですけど。 (飛行少年。)
2005-08-19 10:01:07
TBありがとうございます。

防衛庁、自衛隊が全面協力、キャストもすごい豪華メンバー。

しかし、長編小説の映画化は、難しかったのではないでしょう。

2時間という枠には到底収まりきらない大作だと思います。

人物描写を切り捨ててもやっていけるものもありますが、今回の作品では、それが裏目に出ているかも。

シネコンじゃ、もうメインにはかけられてませんね。

話題作だったわりには、評判があまり芳しくないのかもしれませんね。
階級 (元伍長)
2005-08-19 10:28:55
>「先任伍長」と言われても、何する人で、どれくらい偉いのかわからないよっ。



 「専任」などの海曹クラス(旧軍での軍曹等)は聞いたことはありますが、「伍長」は旧軍の階級であり、自衛官の階級にはありませんね。一般的には、伍長なら曹クラスの最下位の三等海曹程度の階級だと思います。仕事の内容や責任の範囲などから、単純に階級を比較することはできませんが、映画の階級章を見る限りでは海曹クラスの階級章ですね。



伍長=班長、係長(小グループをまとめる人)

こんにちは (ぷちてん)
2005-08-19 10:55:46
TBありがとうございます。



私も先任伍長は、よくわからなくて見ている間はずっと「専任伍長かな~」と思ってみていました(笑)



長編小説の映画化、がんばっていたみたいですけど、今ひとつしぼりきれなかったかなと思いますね~~。



TBいただきます。
こんにちは! (bakabros)
2005-08-19 15:34:41
引っ越し先のブログからTB返させて頂きました。

今後ともよろしくお願いいたします。



本当に、階級とか呼称がさっぱりでした。

知っていればもっと面白く見られたのかな??

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画(は行)」カテゴリの最新記事

106 トラックバック

亡国のイージス (映画バカ一代)
テロリスト達に乗っ取られた戦艦を取り戻すべく、生き残った乗組員が孤軍奮闘して立ち向かう・・・この図式で僕が真っ先に思いつくのがスティーブン・セガール主演作『沈黙の戦艦』である。本作を含め両作とも本物の戦艦の内部で主人公が迫力あるアクションを披露しながらヒ
亡国のイージス (ココカロ)
いよいよ、楽しみにしていた「亡国のイージス」を劇場に見に行った。 ひとつひとつの設定について、見る人が想像しながら見るというスタイルで上手くまとめられていたと思う。 私は、原作を読んだときの感動をもう一度…。 と、いきたいところだったけれど、それは少し難しか
亡国のイージス (Akira\'s VOICE)
迫力の映像とドラマが面白く満喫したものの,説明不足な部分が多く不満も残る。
亡国のイージス★★★☆☆ (なおのオススメ文芸。)
International Title:AEGIS 『国家に反旗をひるがえしたイージス艦副長・宮津二佐は、全ミサイルの照準を東京首都圏内にあわせる。国家への復讐に燃える宮津から艦を取り戻すために、先任伍長・仙石は、過酷な闘いに挑む。』 director ...阪本順治(新・仁義なき戦い...
亡国のイージス (わたしの見た(モノ))
「亡国のイージス」 ものすごく努力しましたが、結果が出ませんでした、って感じの映画。 サスペンス、軍事アクション、人間ドラマ、いずれも中途半端。 原作を知っている人にしてみれば、よくまとめていると思うかもしれない。 未読の者にとって予備知識なしでは厳しい
「亡国のイージス」みた。 (たいむのひとりごと)
何度も何度も書いてきたけど、「ローレライ」「戦国自衛隊1549」そして最後がこ
亡国のイージス (ネタバレ映画館)
 「あ、ハンカチ忘れた。貸して!」「いいですよ。どうせ涙なんて出ないから・・・」  普段、映画鑑賞する前には原作などは読まない主義だったのに、魔が差したのでしょうか、つい文庫本(以下、ページ数は講談社の文庫を参照)を買って読んでしまいました。よって、今回
映画 「亡国のイージス」 (日々雑記)
やっとで本日、「亡国のイージス」を見に行ってきました。 原作はすごく良かったので、当然映画のほうにも期待をしていたのですが… 正直、期待しすぎたかな、というのが感想です。 以下、ネタバレは極力控えてみました。 小説とは、やはりというか展開が違います。そして
『亡国のイージス』 (京の昼寝~♪)
人質は首都、東京。タイムリミットは10時間。 ■監督・脚本 阪本順治■脚本 長谷川康夫■原作 福井晴敏 「亡国のイージス」■キャスト 真田広之、中井貴一、佐藤浩市、寺尾 聰、勝地 涼、原田芳雄、岸部一徳、吉田栄作、谷原章介、安藤政信、チェ・ミンソ、原田美
亡国のイージス (toe@cinematiclife)
この夏の日本の一番の大作は、多分これ『亡国のイージス』でしょう。 どうも、オールスターキャストの作品ってのは、それだけで期待が薄れてしまうけど、「阪本順治」は、『顔』といい、『KT』といいその独特な世界観がとっても気になっていたので見に行ってきた。 まず、
【MOVIE】亡国のイージス (思いつくままに)
福井晴敏原作の映画。 「ローレライ」「戦国自衛隊1549」に続いて第3弾、といったところでしょうか。 戦国自衛隊1549では結構がっくりしていたので、今回はちょっと期待。 あらすじなどはこちらからどうぞ しゃ、写真が半分になってもうた...。 感想: 真田広之、中井
亡国のイージス (我想一個人映画美的女人blog)
出演者が男ばかりというだけありこれは”男の映画”だ。 潜水艦モノの映画にハズレはない・・と勝手に思ってるんだけど。あ、これは船の話か。 真剣になって観ないとわからなくなるような映画だった。 原作と、イージス鑑とキャストのどれかに興味があればOKだろうけど、内容
「亡国のイージス」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
地元の映画館で勝地涼さんと谷原章介さんの舞台挨拶付の上映を見てきました!舞台挨拶の感想はこちらから。 海上自衛隊、航空自衛隊の全面協力を得て作られたこの作品。小説を読んだ父と一緒に観にいったのですが、父曰く内容が薄いとのこと。映画を観終わって父から、...
忘れ物はイージスにあり (syumi-悠悠)
『亡国のイージス』を観る。 歴史や戦争に興味がある私なので『ローレライ』よりも楽しめました。自衛隊撮影協力は『海猿』も含めてスケールと団結力があり感動させる要素が多々あります(イージスは白熱した銃撃戦の割にはちょっと結末が甘くて感動は冷めましたけど・・・)
亡国のイージス (HR BLOG)
自らの掟に従い、15歳で父親を手にかけた少年。 1人息子を国家に惨殺され、それまでの人生をなげうち鬼となった男。 祖国に絶望して叛逆の牙をむく、孤独な北朝鮮工作員。 男たちの底深い情念が最新のシステム護衛艦を暴走させ、 1億2千万の民を擁する国家がなす術もなく
亡国のイージス [2005年・日本] (伊達でございます!)
防衛庁・海上自衛隊・航空自衛隊の全面協力により、実際のイージス艦や戦闘機が登場するのが、この映画の強みのひとつですが、それは、逆に弱みにもなっていたと思います。
『 亡国のイージス 』 (エンターテインメント アフィニティ )
生きろ、絶対に生きろ。『 亡国のイージス 』 2005年:日本監督:坂本順治原作:福井晴敏脚本:長谷川康夫出演:真田広之、寺尾聰、佐藤浩市   中井貴一、勝地涼、チェ・ミンソ   吉田栄作、谷原章介、豊原功補   安藤政信、原田芳雄、原田美枝子   岸辺一...
『亡国のイージス』 (ネタばれ禁止な日々)
『亡国のイージス』  2005年の映画館で観た映画:17本目  映画を観た日:2005年8月6日(土) 期待して劇場に足を運んだが、最悪に極めて近かった。期待外れの印象込みで、『亡国のイージス』は、現時点での今年最低の映画である。 パンフレットには「映画
亡国のイージス (CINEMA正直れびゅ)
福井晴敏との出会いがこれだった。3年くらい前だったかな。それはもう、のめりこんだもんよ。映画になったらすごいだろうとは思っていたけど、あの濃密な内容が2時間で収まるわけがない。期待はほどほどに、レイトで観てきた。
亡国のイージス (まったりでいこう~)
一番楽しみでもあり不安だった亡国がいよいよ公開となりました。初日だけあって劇場はすごい混雑っぷりでしたが、2時間たっぷりと楽しんできました。ただ隣の女性の香水がキツくて参った参った....。 原作はすでに読んでいますがかなり前のことなので内容はほとんど忘れてま
亡国のイージス☆独り言 (黒猫のうたた寝)
原作を先に読んでしまっても、猫はそれはそれ、これはこれって割り切ってるつもりでしたが 今回の『亡国のイージス』は、ちょっとスカーーンって抜けてしまった感が残ってしまいましたーー; やっぱり、上・下巻2冊構成のボリュームからすれば・・・はしょられるとこ...
『亡国のイージス』映画批評27 (てっしーblog)
(ネタバレ注意)  よくぞここまでの邦画を作ったと言いたいところだけど、やっぱりこの程度かと思ってしまいました。 阪本順治監督にしてどうしてこんな映画ができてしまったのか不思議です。映画化が難しい素材だったせいでしょうか。 原作者の福井晴敏は『ダイハード』
『亡国のイージス』★★★☆☆☆ (晴れ、ときどき 三匹と一緒。)
原作を読まないまま映画を観てきましたが、それが凶と出たか吉と出たか?なんとも言いがたい映画でした。ヨンファ達の「平和ボケしてる日本人どもに(国民も官僚も)喝」という主張は、まぁわかるけど、寺尾アキラ率いる宮津学校のメンバーがこのテロに賛同するには、あ
男臭い緊張感が張りつめる 「亡国のイージス」 (平気の平左)
評価:65点 亡国のイージス 邦画の大作映画・豪華キャスト・厚い原作本、 と来ると、 豪華キャストを間違った使い方をして、一つ一つのエピソードを薄くし、原作本のうわっつらだけをなぞる、しょーもない映画が作られるのでは? と最近身構えてしまうようになってし
『亡国のイージス』~ダメダメ日本映画の集大成的無駄遣い大作 (Dead Movie Society★映画三昧★)
長々と書いてたら、文字が全部消えてしまって余計、腹が立ってきた。 いったい、これは何の映画だ?? 反戦映画? ……じゃないよね。 アクション映画? ……じゃ、チャチすぎる。 娯楽サスペンス巨編? ……笑わせるな。 観客をバカにしてんのか!! と言いたい。
亡国のイージス (lip)
軍事マニアが喜ぶ(?)…でも日本映画としてはよく出来てると思う。 この作品は昨今の例にもれず、小説や漫画が先にあるタイプの現代テロリズムもの。シージャックものなので、スティーブン・セガールの沈黙の戦艦を日本風にアレンジした、と思ってもらえればよいのではな
亡国のイージス (こっちゃんと映画をみまちょ♪)
「現在、本艦の全ミサイルの照準は東京首都圏内に設定されている。その弾頭は通常にあらず!」なんとまぁ、恐ろしい{/face_naki/} この話は、のんびり構えている「戦争を意識しない日本人たち」に対して、一石を投じる作品です。現在の日本映画界も、本気でかかればこれほど
亡国のイージス (It\'s a Wonderful Life)
内容上、男性中心の映画になるので、普段あまりテレビに出ていない キャストの顔ぶれから、骨太な侠気(オトコギ)エンターテイメントを 期待して見ました。そういう部分は期待通りの作品だったと思います。 特に真田広之、佐藤浩市の二人は「映画ばえ」する俳優で...
映画「亡国のイージス」 (CHONのアポヤンド的日々)
観賞日8月4日(Movix倉敷) 出演:真田広之・中井貴一・寺尾聰・佐藤浩市
『亡国のイージス』~映画の亡国~ (Swing des Spoutniks)
『亡国のイージス』   公式サイト 『機動警察パトレイバー2 the Movie』DVD   監督:阪本順治出演:真田広之 寺尾聰 佐藤浩市 中井貴一 勝地涼     【あらすじ】(Yahoo!ムービーより)国家に反旗をひるがえしたイージス艦副長・宮津
『亡国のイージス』 (ラムの大通り)
-----この映画、もう公開されているよね。 巷で話題になっているみたいだけど、どうだった? 「ぼくの個人的なこの映画への興味としては、 監督があの阪本順治だということ。 『顔』『KT』の彼が、 今年相次いで映画化された福井晴敏の原作に取り組むんだから、 それだけで
亡国のイージス。 (なんくるないさぁ情報局。)
守るべき国の形も見えず、いまだ共通した歴史認識さえ持ちえず、責任回避の論法だけが人を動かす。国家としての顔を持たない国にあって、国防の楯とは笑止。我らは亡国の楯。 よく見ろ、日本人。これが戦争だ! 原作は、「終戦のローレライ」の福井晴敏。監督は、「どつい
果たしてメッセージは伝わったのか? (一路平安。)
「亡国のイージス」。 5月から、みーちゃんと「観に行こうね!」と騒いで、 楽しみに楽しみにしていた映画。 8月4日(木)にやっと観て来ました。 いつもは何も予備知識ナシに観るのが好きなので、 原作とかがあっても読んだりはしないのですが、 なぜか今...
「亡国のイージス」良かったですよ。 (猫とマンガとゴルフの日々)
 「亡国のイージス」見ました。良かったですよ{/ee_2/}  なんと言っても、海上自衛隊と航空自衛隊特別協力ですもん。ハード面はハリウッド並みの迫力で満足、満足。  原作は読んでないのですが、多分膨大な量なのでしょう。映画では、はしょれる所はどんどんはしょって
亡国のイージス/真田広之、寺尾聰、佐藤浩市、中井貴一、勝地涼 (カノンな日々)
毎月1日の映画の日でしたが、私はこの作品を鑑賞してきました。松竹さんが威信を懸け、防衛庁、海上自衛隊の全面協力を得て、かなり気合いを入れて作ったというのは予告編や宣伝からも伝わってきます。主演陣には日本アカデミー最優秀賞受賞者をずらりと揃えただけでも豪華.
亡国のイージス (ぷち てんてん)
1日は映画の日ですね~。話題になっている『亡国のイージス』見てきました。私は原作を読んでいません。(というか読めなかった上下巻・・・(笑))なので、謎だらけの感想です^^;)☆亡国のイージス☆(2005)阪本順治監督真田広之・・・・・・・・「いそかぜ」先任...
【亡国のイージス】が魅力的なワケ。 (Fun is ;)
私って本当にラッキー♪ このブログによく登場してくれるデキル後輩が、【亡国のイージス】のプレミア試写会に連れて行ってくれましたー! 今朝のニュースでもチラっとやってましたが、スタッフ&キャスト10数名が登場した豪華試写会。 スターの輝きでお腹いっぱいになってき
亡国のイージス(2005,日本) (The Final Frontier)
 迷いに迷って観てきました。  亡国のイージス  基本的にDeannaは邦画には興味ない人なんですよ。ちょっと思ったんだけどなんだか最近 自衛隊協力系の映画、多くない?何のためのイメージアップかしら?以前『戦国自衛隊1549』を観た時は「こりゃ~ヤバかろう」と、あまり
「亡国のイージス」 (試写会帰りに)
厚生年金会館「亡国のイージス」試写会。今日の試写会は御機嫌だった。 サントリーのシングルモルトウィスキープレゼンツで、試写の前にウィスキーが振る舞われた。 「亡国のイージス」が阪本順治監督と最近知って、試写会応募にも出遅れていたのだが、「上映前にシングルモ.
「亡国のイージス」良かったですよ。 (猫とマンガとゴルフの日々)
 「亡国のイージス」見ました。良かったですよ{/ee_2/}  なんと言っても、海上自衛隊と航空自衛隊特別協力ですもん。ハード面はハリウッド並みの迫力で満足、満足。  原作は読んでないのですが、多分膨大な量なのでしょう。映画では、はしょれる所はどんどんはしょって
亡国のイージス (★☆★ Cinema Diary ★☆★)
本日2本目は「亡国のイージス」です。   「海上自衛隊のイージス艦『いそかぜ』が某国工作員らによって乗っ取られる。彼らは1リットルで東京を壊滅できる兵器GUSOHの照準を首都圏に合わせ、日本政府に要求を突きつける。そんな中、艦内の構造を知り尽くす先任伍長の仙
亡国のイージス (シニカル・ヒストリー・タワー)
日本映画を劇場へ行って見るというのは比較的少ないのですが、友人に誘われて日曜日に 「亡国のイージス」 を見てきました。 原作も映画も、どちらかといったらあまり興味のないジャンルのような気がしていましたが、テンポも良く、また私の好きな俳優も出演していて面白.
亡国のイージス (忙しすぎるあなたへ(脱力系?))
<I>20世紀末に出された問いかけに 今、我々はどんな結論を出すのか?</I> 今回の観客は年齢層高めでした やはり内容から考えると。。。確かに 隣のオバちゃん始まる前から高いびきで寝てました_| ̄|○ 歳ですかねぇ(笑) 原作は読んでないのですが やはり原作の内容を盛り
亡国のイージス (Diarydiary!)
《亡国のイージス》 2005年 日本映画 福井晴敏さん原作の映画化、海上自衛隊
「亡国のイージス」 (the borderland)
最近、ファミリー向けの映画がばかりで、大作もないから、「逆境ナイン」 、「イン・ザ・プール」、「チーム★アメリカ ワールドポリス」、「亀は意外と早く泳ぐ」、「魁!!クロマティ高校 THE★MOVIE 」と何も考えず笑える映画ばかり見てました。そろそろ重厚な作
「亡国のイージス」 (てんびんthe LIFE)
「亡国のイージス」 東京厚生年金会館で鑑賞 作品の影響か、スポンサーのサントリーがウイスキーの試飲をやっている為か、今夜はオヤジさんたちが多かった。いつもなら若い女の子でいっぱいなのでありますがこういうのもいいかも。試写前に原作者の福井晴敏氏のトークシ
亡国のイージス (うぞきあ の場)
昨日、初日に観て参りました。 福井作品の3作目ですが、 正直、“戦国自衛隊1549”がオワっていたわけだが、 まぁ、監督も違うことだし、“戦国~”が最悪なのだから、これ以上は 悪くならんだろう等という気持ちで観た。 見所。 ・ なんといっても、本物を使用し
亡国のイージス (外部デバイスへの記録)
製作国:日本 公開:2005年7月30日 監督:阪本順治 原作:福井晴敏 出演:真田広之、寺尾聰、佐藤浩市、中井貴一、勝地涼、チェ・ミンソ、吉田栄作、谷原章介、豊原功補、安藤政信、原田芳雄、原田美枝子、岸部一徳、真木蔵人 『ローレライ』『戦国自衛隊1549』に
【映】 亡国のイージス (saqurise!)
【S氏】★★★★★★(6P) 大変申し訳ないのですが、 『自由と平和』 についてを力任せに突き付けられても、 「ああ・・・平和ボケですいません。。。」としか言えないのであります。 血を流して勝ち取った平和と、そこにあった平和。 どちらに価値があるかと言われれば
亡国のイージス (日々徒然ゆ~だけ)
 何だかねぇ,薄っぺらなんだよ。ニッポンをして,平和を今改めて考えるってのは立派だが,結局頭でっかちな理想論にしか映っていない。  エンターティメントなのか,ポリティカルなのか,観ているこっちもどう観ていいのか非常に困惑する。
亡国のイージス (まつさんの映画伝道師)
第169回 ★★☆(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ)  専守防衛の論議。  異論はあると思うが、いくら「理想論」だといわれても防衛費の増大には意味を見出せない。  人間は過去から「学ぶ」ことが出来る反面、「歴史は繰り返す」と
46-亡国のイージス (徒然日誌)
7月いっぱい期限の優待券を購入していたのに、この映画館での映画を見逃しまくり、結局初日ながら「亡国のイージス」に行って来た。 映画の前に原作を読むか読まないかは非常に微妙だと思うのだけど、今回は友人が貸してくれたこともあり、読んでから映画に臨んだ。 「亡国
映画『亡国のイージス』 (EVERSMILE)
基本的に映画というのものは一度観てそれを概ね内容を消化できるものでないといけない。そのことが不十分な映画作品は、どんなに原作小説が面白くても駄作といわざるを得ないと言いたいくらい映画『亡国のイージス』は消化不良でわけのわからない映画だった。
亡国のイージス (東京単身赴任者はブロックノイズの夢を見る)
「語るべき未来の形も見えないこの国を守る盾になんの意味があるのか  現状のままでは、守るに値する国家を失った、亡国の盾(イージス)でしかない。  この国の未来を背負うべき、無垢なる命たちに、今、我々は何を手渡し、何を託すことが出来るのか。  この日本という
映画「亡国のイージス」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
2005年 日本映画監督  坂本順治  原作  福井晴敏  脚本  長谷川康夫・飯田健三郎主演  真田広之、寺尾聡、佐藤浩市、中井貴一、勝地涼、吉田栄作     谷原章介、豊原功補、安藤政信、岸辺一徳、原田芳雄
映画『亡国のイージス』貴方は何点?(№067) (本と映画と音楽と・・・お酒が好き)
この映画、10点満点なら貴方は何点ですか(^^)?      ※この映画、観て良かった? ←金返せ! / ブラボー!→                        0点□□□□□□□□□□10点      ※友達が観たいと言ったら? ←止める  / 推薦
「亡国のイージス」 (じゃがバタ~ 日記)
いや~、日本映画はなぁ~、、、自衛隊がらみだしなぁ~ 内容をまったく知らずに、オットさんに連れられて行ってまいりました。予告編見る限り乙女=ワタクシが好む要素ってないでしょ、ねっ、ないでしょ。 ああ、キャストは豪華ですね。 熱いぜ!真田広之 渋いぜ、寺尾
「亡国のイージス」 子供の絵は誉めましょう (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
福井晴敏作品、今年の3本目。 なんかこの人の好きなネタっていうのがわかっちゃうよね。 この作品が、一番の豪華キャストで、評価も高いんだけど、一番ようわからんかった。 ようわからんかったから、「アウトブレイク」のようなシチュエーションになっても、興奮せん! そ
『亡国のイージス』を観る (デスマッチだよ、人生は!)
これはまた、ずいぶんと腰の引けた映画である。 ポリティカル・サスペンスというのは国の存亡を賭けた一大事のハズだが、この作品の仕上がりは「いろんなところに配慮して」面白くもなんともない展開が続く<これぞ現代の日本映画(=悪い意味)>なのである。 この映画のキモ
亡国のイージス スクリーン狭し! (キム・シネマ・クリエイト情報ブログ!)
 以前に一度、一緒に仕事をした(辰吉丈一郎さんを主役にしたドキュメント・ドラマ「ボクサー・ジョー」の共同脚本を私が担当させてもらった)阪本順治監督の新作。出演陣も豪華で、観る前の期待感は高まるばかり。(原作は読んでいない。あらすじもしらない――観ようと思
亡国のイージス (暗やみのシートで現実逃避)
東京湾沖で訓練中の海上自衛隊イージス艦「いそかぜ」そこに特殊訓練部隊乗艦した後、艦長が何者かに殺害された。先任伍長の仙石(真田広之)は、宮津副艦長(寺尾聰)から犯人はテロリストの可能性のある如月一等海士(勝地 涼)であり訓練部隊は実はDAIS自衛隊諜報部だと聞かさ
『亡国のイージス』 (ねこのひたい~絵日記室)
『ローレライ』『戦国自衛隊1549』に続く福井晴敏の、というより、これまでで最も多く予算のかかった、それゆえこれまでで最も多くの劇場で公開され、だからこれまでで最も多くの観客動員しなきゃいけないんだけど、案外そんなことに無頓着そうな阪本順治監督の最新作を
亡国のイージスを見てきました。 (春夏秋冬 日々好日)
今日、「亡国のイージス」を見てきました。ん~残念!撮影には自衛隊も協力しているみたいで、護衛艦や戦闘機のシーンなどもあり、その意味では楽しめたのですが、ストーリーに近隣諸国への配慮からか不自然なお話になってしまい、今ひとつ映画の世界に入り込んで楽しむこ...
「亡国のイージス」 (もりっぺ★のほほ~ん)
 ■作品名  亡国のイージス   公式HP ■監督   阪本順治 ■原作   福井晴敏 ■出演   真田広之/中井貴一/寺尾聰/佐藤浩市/勝地涼 ■あらすじ  海上自衛隊のイージス護衛艦“いそかぜ”がテロリストによって占拠された。  彼らは都市を一瞬で...
■亡国のイージス (ルーピーQの活動日記)
 東京湾沖で訓練中の海上自衛隊イージス艦「いそがぜ」で、艦長が何者かに殺害された。宮津副艦長(寺尾聰)は、先任伍長の仙石(真田広之)に、犯人が如月一等海士(勝地涼)であると告げ、乗務員を艦から退去させる。しかし宮津は、某国の対日工作員、ヨンファ(中井貴.
『亡国のイージス』は映画の出来が亡国である (新米映画ライターのぶっちゃけトーク)
「よく見ろ日本人、これが失敗作だ」 画像が私の涙でにじんでます(笑)? 原作を読んでいたから期待が大きかったことは認める。 そしてどんな傑作すら、期待が大きいとほとんど裏切られることもわかっている。 だが、言ってやるぞぉーーー この映画、すべてに中途半端。
亡国のイージス (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
「イージス」とはギリシャ神話に登場する最高神ゼウスが娘アテナに与えた、あらゆる邪悪を払う「無敵の盾」のこと。同時に、最新鋭の防空システムを搭載し、専守防衛の象徴ともいえる海上自衛隊の護衛艦をも指し示す。だが、語るべき未来も見えず、守るべき国家の顔さえも失
『亡国のイージス』 (Simply Wonderful ~Diary & Hobby etc...~)
実に見応えのある、迫力ある映画でした。 日本映画の底力を垣間見たような気がしました。 とにかく迫力があります!(`へ´) 自衛隊の全面協力も得た今作品。 登場する、本物のイージス艦や潜水艦、戦闘機などの存在感が作品の骨格をしっかりと形作っています。 これが本物の
亡国のイージス (シネクリシェ)
 ひとくちにいうと『ローレライ』+『ホワイトアウト』といったところでしょうか。  『ダイ・ハード』との近似性を指摘する声もありますが、むしろ
亡国のイージス (映画と投資と小説と)
今日は先日観てきた映画の話題を。 アツいですね。しかも男の雰囲気たっぷりのアツさ。 自衛隊が誇る最新鋭の設備を搭載した護衛艦「イージス艦」 そのイージス艦が演習中にあろうことか自衛隊員と自衛隊員になりすました某国の諜報部員 に占拠されてしまいます.
亡国のイージス (Slater.C@)
全体的には、それなりにまぁまぁってとこでしょうか。出演者に関しては、真田広之がもともと好きなので、彼の演技は良かったです (^ー^)
「亡国のイージス」を見た (ゲイリーマンのカミングアウト的思考)
恥の概念も失い、ただこの60年太平洋に浮かんでいただけのこの国は既にほろんでいる。 そのたるんだ国民に「日本人よ、これが戦争だ!」と突きつける・・・ うーん、 昔の大日本帝国のように凛としたものは確かにこの国には無くなっただろうけど、そういう体育会
映画の出来はどうなんだ? 福井晴敏 『亡国のイージス』 (買った 読んだ 書いた! 読書ジャンキー のり太がゆく)
福井 晴敏 亡国のイージス 海上自衛隊護衛艦いそかぜの叛乱を巡る、こってりと熱い人間ドラマ。 北朝鮮の破壊工作員と、それに呼応する艦内の乗組員らによって占拠されたミサイル護衛艦いそかぜ。 護衛艦に搭載された弾道ミサイルは、首都圏に標準が設定される
映画「亡国のイージス」見ました。 (他人の迷惑カイリー・ミノーグ)
遅ればせながら、「亡国のイージス」見に行ってきました。なぜか母と二人で。見終わってまず思ったのは、「人物の描き込みがたり~~~ん!」ということ。上下巻の小説を2時間そこそこにまとめるのは、かなり大変だと思うが、戦闘シーンを削ってでも、それぞれの生い立ち...
亡国のイージス (ここ。)
やっとこさ見たわ、亡国のイージス[:!:] 原作は今年に入ってから読了[:読書:] やっぱり福井作品は『ローレライ』の時同様、キャラクターの書き込みが徹底している小説でこそ本領を発揮するものだと改めて感じたのだけど、映画は映画で素敵でした。 海自が通常任務に
映画「亡国のイージス」を観る (私でもいいですか?)
今日は話題作「亡国のイージス」を観てきました。レディースディなので。 原作は「ローレライ」でもお馴染の、福井晴敏の同名小説。 個人的に、「ローレ
「亡国のイージス」を映画館で見てきました (福禄太郎の時事評論)
映画館の大画面で見て良かったと思います。自衛隊全面協力で、イージス艦からハープーン・ミサイルが発射されたり見ごたえがありました。偵察衛星も活躍します。難点:  ・小説を読んでいないと、人間関係が良くわかりません。  ・テロリストが人を撃つ場合は頭を狙っ...
亡国のイージス (きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/)
「ローレライ」「戦国自衛隊1549」と続く、 福井晴敏原作3部作の最終作。 「戦国自衛隊~」で若干、自分の中で盛り下がったんですが とりあえず話題作だし、出演者豪華だし観とかなきゃ!と 何かにつき動かされて(?)劇場へー! 「亡国のイージス」2005年公...
亡国のイージス (JadoreDolphinの日記)
感動です{/ee_2/} ストーリー的には、ちょっと難しい部分もありました。 でも、それぞれの行動の裏にある、 深い思いが強く描かれていたように思います。 だから、誰が悪いって簡単にはいえなくて、 でも、やっぱりよくないことはよくなくて、 時に過ちをおかし、時に思い改
亡国のイージス (マスターオブライフ)
見ましたよー。 <あらすぢ>  ギリシヤ神話に出てくる無敵の盾「イージス」の 名前を持つ護衛艦「いそかぜ」。その名のとおり 最新鋭の防空システムを搭載した護衛艦。 その護衛艦に沖縄米軍基地から盗まれた  1リットルで東京都民1千万人を 死に至らしめることが可能.
「亡国のイージス」 (思い込み感想文)
主役の4人が並んでいるポスターを見ただけで、観たいという気になった。 脇を固めている俳優陣も、今が旬の若手から中堅、ベテランと揃い踏みで見ごたえがあるメンバーが揃っている。 人気、実力ともに備わった4人(3人)の俳優が織り成す物語は、互いが複雑に入り混じっ
映画「亡国のイージス」を観る (NPO君日記)
本日は休日で、新聞の映画案内欄を見たらとたんに行きたくなった。「亡国のイージス 」上映時刻は14:00だ。本日の予定(散髪と月1回の健診)を午前中に済ませ、御経塚サティに駆けつけた。  テレビで完成試写会とか、出演者の舞台挨拶とかやっていたので、面白そうだから
映画「亡国のイージス」解体新書(その1) (映画と出会う・世界が変わる)
この映画に失敗の原因はいくつかあるが、その最大のものはシナリオにあると思う。分厚いハードカバー、文庫本でも厚めの上下巻という膨大な原作をいかに約2時間の上映時間におさめるかに腐心するのみで、この原作を映画化した場合の面白さやそのテーマにまで至っていない...
映画「亡国のイージス」■解体新書(その2) (映画と出会う・世界が変わる)
この映画の失敗の原因について更に考えてみよう。前回はシナリオについて述べたが、今回はこの映画の製作または演出方針について。宣伝コピーや登場人物たちのセリフにもあるように、「国家とは何か」、「戦争と平和とは」、あるいは「国を守るとは」といったテーマが潜ん...
映画「亡国のイージス」■不合格娯楽映画 (映画と出会う・世界が変わる)
一応は最後まで退屈しないで見ることが出来るが、はっきり言って「不合格!」。物語のパターンとしては「ダイハード」であるが、足元にも及ばない。イージス艦乗っ取り、日本国への脅迫を何故、起こしたのかという肝心の動機の部分がまったく描かれていないので、見ていて...
亡国のイージス (いつか深夜特急に乗って)
「亡国のイージス」★★★(名劇1) 2005年日本 監督:阪
サナーのJAC魂「亡国のイージス」 (絵描人デイズ)
福井晴敏ムービー第2弾。真田広之・佐藤浩市・中井貴一出演「亡国のイージス」をレンタル。 テロリストにジャックされたイージス艦「いそかぜ」。搭載された科学兵器の照準は首都、東京。 先任伍長・仙石恒史(真田広之)は、この危機を回避できるのか!? う~むむむ.
亡国のイージス (Rohi-ta_site.com)
DVDで、出演:真田広之/寺尾 聰/佐藤浩市/中井貴一/勝地 涼/岸部一徳/平泉 成/原田美枝子/原田芳雄/原作:福井晴敏/脚本:長谷川康夫/飯田健三郎/監督:阪本順治/作品『亡国のイージス』を観ました。 ●ストーリー イージス艦“いそかぜ”の先任伍長・仙石(真田広之)
亡国のイージス (映画かよ!)
製作年度・製作国・上映時間 2005年・日本・127分 監督 阪本順治 出演 真田広之 、寺尾聰 、佐藤浩市 、中井貴一 、勝地涼他 STORY 日本推理作家協会賞・日本冒険小説協会大賞・大藪春彦
◆DVD・亡国のイージス (映画大好き☆)
亡国のイージス監督:阪本順治出演:真田広之 , 寺尾聰 , 佐藤浩市 , 中井貴一脚本:長谷川康夫 , 飯田健三郎原作:福井晴敏収録時間:127分Story福井晴敏の原作を壮大なスケールで映画化した真田広之主演のアクション大作。海上自衛隊のイー.
亡国のイージス 06年1本目 (猫姫じゃ)
亡国のイージス 本数リセット、06年1本目からいきます。 原作知らないし、コミック見たこと無いし、他の方のブログも読んでいません。でも、他の映画のコメントで、評価が低いんだなぁ、と思っていました。 もう、すごい引き込まれた。めちゃくちゃ緊迫感があって、見.
DVD:「亡国のイージス」 (遠慮無く…書くよ!)
監督: 阪本順治 出演: 真田広之、寺尾聰、中井貴一、佐藤浩市、勝地涼 原作: 福井晴敏 制作: 2005 日本 評価: ★★☆☆☆ 全てに見えない1線が引かれて
自分達にしかできない事を……。 (ライドオン吉田の「荒波乗り越えて」)
沖縄ってなんなんでしょうね? なんか引き付ける何かがありますよね!! やっぱりソーキそばは、おいしいですね。 今日は、沖縄料理店よりお送りいたします! そうです!私が映画おじさんです! ソーキそばに、ゴーヤチャンプルー、パパイヤチャンプルーetc腹いっ.
亡国のイージス・・・・・・・ (サクっと)
亡国のイージス 戦国自衛隊1549に続いて福井晴敏もの第3弾 「亡国のイージス」 自衛隊のことはよく知らないですが、イージス艦ってゆーのは聞いたことあります あまり期待しないで見たほうがいいのかなぁ・・・・・・ 
亡国のイージス(04・日) (no movie no life)
海上自衛隊イージス護衛艦「いそかぜ」の副艦長宮津(寺尾聡)は、朝鮮人工作員ヨンファ(中井貴一)と共謀してイージス艦を乗っ取り、日本政府に告げる。「我々の要求を呑まなければ東京を壊滅させる。」タイムリミットは10時間後。そして、敵の手には、わずか1リット
亡国のイージス (酒池肉林・映画歓楽街)
2005 日本 127分 【監督】阪本順治 【脚本】長谷川康夫、飯田健三郎 【出演】真田広之、寺尾聰、佐藤浩市、中井貴一、勝地涼 他 【製作】坂上直行、久松猛朗、千野毅彦、住田良能 【配給】日本ヘラルド映画=松竹 【ストーリー】 東京湾沖で訓練航海中のイージス艦“いそ
亡国のイージス (:: YK-ST ::)
亡国のイージス(盾)のシナリオをこの数日間読んでいました! YAMATOみたいですばらしい世界観! シナリオだと、やっぱり、自分が好きなように想像しながら物語が進むから、 とても
亡国のイージス (ごったでざったなどぶろぐ)
このプログが映画紹介ブログであったことを今思い出した。 昔本で読んだが、スリリングな展開でビビッた。 如月君は最初ヌボーっとした青年だったが、なかなかいいね。 ヒロ真田はああいうキャラも上手だね。ちょっとだけ三枚目の。 戦闘シーンの緊迫感はジパングや沈黙.
亡国のイージス (グレート・タカの徒然なるままに…)
福井晴敏原作の戦争物SFアクション映画。 真田広之、寺尾聰、中井貴一、佐藤浩市、岸部一徳、原田芳雄ほか豪華なキャスト陣。 原作は未読なので、意味がよくわからないシーンも多々あったが、まあまあ面白かった。 序盤から、中盤にかけては緊張感があってよかった.
映画『亡国のイージス』 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
小麦粉をベースに「スピード」と「ダイ・ハード」と「シュリ」を一掴み振りかけて、日本風味でダイエット向きのお好み焼きにしたのが、この作品・・・。 イージス艦シージャックの背景やら動機やらは、いまいちインンパクトに欠けるが、スピードとスリル ...
亡国のイージス (土曜の夜は・・・)
story 人気作家、福井晴敏の同名ベストセラー小説を壮大なスケールで映画化した海洋サスペンス・アクション。海上自衛隊の最新鋭護衛艦であるイージス艦を乗っ取り日本国家に空前
残念だった映画4 「亡国のイージス」 (取手物語~取手より愛をこめて)
キャストは揃っているのですが、内容はがっかり。
『亡国のイージス』’05・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじイージス艦「いそかぜ」副長の宮津(寺尾聰)は某国対日工作員ヨンファ(中井貴一)と共謀して艦長を殺害し、「いそかぜ」を乗っ取った。先任伍長の仙石(真田広之)が一人で艦を取り戻しに向かうのだが・・・。感想昨日、TVで放送されてた映画です。産 ...
映画・亡国のイージス~四大スター競演! (名作玉手箱!~映画・テレビ・ゲーム・漫画・小説など)
映画・亡国のイージス、見ましたが予想以上に面白かったです。真田広之・中井貴一・佐藤浩一・寺尾聰など主役級のスターが競演しますが、真田さんが主役のようです。自衛隊を舞台にした架空の話なわけですが、設定が破天荒なわりにはリ
オフ話と「亡国のイージス」 (EncycRopIdia ~漫画・映画・書評・グルメなどなど)
 ちょうど「亡国のイージス」を読んでいる途中で、BA医大の近くに行きました。  <B>「おお、ここに入学すれば、先任伍長や行ちゃんの治療ができる医官に……」</B>とドリーミングしました。    所沢航空発祥記念館も近くで、今度まだゆっくり ...
亡国のイージス (目標年間300本!!          映画鑑賞ブログ           )
亡国のイージス 上映時間: 127分 ジャンル: 映画 製作: 2005年 監督: 阪本順治 真田広之 寺尾聰 佐藤浩市 中井貴一 勝地涼 海上自衛官である宮津弘隆が、自分の座乗艦であるミニ・イージスシステム搭載ミ