★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「ボルベール <帰郷>」

2007-07-01 03:38:26 | 映画(は行)
<2007/A116/S61>
7月の1本目は、ひらりんお気に入り女優のひとり、ペネロペ・クルスの作品。

今週公開作・・・普通なら、「ダイハード4.0」か「シュレック3」を見るところなんだけど・・・
「ダイハード~」は先週の先行で見ちゃったし・・・
なんたって、今作はペネちゃんがオスカーノミネートした作品だし・・・
という事で、いつも夜は空いてる「TOHOシネマズ川崎」で鑑賞。
さすがに「シュレック~」に客が流れてるみたいで、
330名のスクリーンに、7名だけ・・・
一番最初に入場したひらりん・・・途中まで、もしかしたらプライベートシアターになるのでは・・・
と、嬉しいやら、恐ろしいやら・・・
原題は「VOLVER」。
2006年製作のスペイン系ヒューマン・ドラマ、120分もの。

あらすじ
失業中の夫と育ち盛りの娘を養う為に、一生懸命に働くランムイダ(ペネちゃん)。
ある時、酔った勢いで娘に手を出そうとした夫が娘に刺殺されれちゃう・・・。
娘をかばう為に、死体隠しに奔走するランムイダだったが・・・
彼女に優しかった伯母が急死・・・
ランムイダの姉が故郷・ラマンチャに葬儀に出向くが・・・

ココからネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
ひえぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ、ペネちゃん子持ち!!!
しかも、ずいぶんおっきい娘・・・酔った夫に犯られそうになっちゃうなんて・・・
いろいろ秘密のある家族・・・だったのね。
姉が田舎に葬儀に行くと・・・火事で死んだはずの母親の幽霊話が・・・
実は死んでなくて、痴呆気味の伯母をこっそり面倒みてたのね。
その実母・・・ランムイダの若い頃に衝突してて、母子関係はダメダメ状態だったのね。
その母はこっそり姉と上京・・・身内である姉の家に居候生活を始める。
そんな事はつゆ知らず・・・ペネちゃんは、死体を埋めに行ったり・・・
住まいの隣りの閉店中のレストランを勝手にオープン・・・
お金稼ぎのために、団体客をゲット・・・歌まで披露しちゃうサービス振り。
さすがペネちゃん・・・踊りも上手だけど、歌も出来るのね・・って、
口パクっぽかったけど・・・。
そんなペネちゃん、母親体型に見せるため、付け尻してた・・って噂はホント???
おーーっと、ここからがホントのネタバレ・・・。
母親とはいがみ合いだったペネちゃん・・・実は父親に犯られちゃって、今の娘を出産・・・
だからペネちゃんの夫の子じゃなかったので、手も出せた???という事。
自分の二の舞にはさせたくないと・・・娘には話せなかった衝撃の事実!!!
母親はその事を知らず・・・なんてふしだらな娘・・・と思っていたが・・
一方、父親の浮気グセに嫌気が差し・・・
向かいの家の奥さんとの浮気現場に放火・・・このまま火事で事故死した事になってた。
そうそう、最初からよく登場してた伯母の向かいの家の親切おばさんの母が・・・その浮気相手
・・・失踪してしまったといってたけど、実はペネちゃんの母の身代わりで死んでたという事。
そんな事情を洗いざらい告白しあった家族・・・なのでした。

まーーーーーーーーー、こんなところでしょうかね、お話は。

いやはや、逞しいというか、ラテン系??というか、
厳密に言えば、犯罪いっぱい犯してる家族だけど・・・
生きてくために、一生懸命な女性の姿は、美しい・・・とさえ思える出来ですっ。
まっ、ひらりん的にはペネちゃん主演作なので、評価も甘くなりがちですが、
ペネちゃん作品の中でも、トップクラスの出来でしょう。
上映館が全国的に少ないのが残念です・・・
ひらりん的には、スペイン映画って結構好き!!!
国際的女優になっちゃって、いろんな国の作品に出てるペネちゃんですが・・・
やっぱり、ペチャクチャしゃべるスペイン語のペネちゃんは最高にキュート。
これ位誉めとけば、観る人増えて、彼女の魅力をわかってくれる人が増えるかなっ???

ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この映画の関連作は・・・
故郷ラマンチャといえば・・・「ドン・キホーテ
撮影場所が同じなのか・・・石畳の町並みが奇麗な田舎町ですね。
ペネちゃん作品はたくさん見てるひらりん・・・
踊り上手が見れる作品は、「美しき虜」・・・
バニラ・スカイ」でトム・クルーズと共演・・・
サハラ 死の砂漠を脱出せよ」で、マシュー・マコノヒーと共演・・・と、
共演相手をメロメロにさせる魅力も満載です・・良いんだか悪いんだか。
最後に、このペドロ・アルモドバル監督と組んだ作品「オール・アバウト・マイ・マザー」を紹介したいところですが・・・
どなたも紹介しそうもないペネちゃん出演作を紹介・・・
初出演作の「ベルエポック」と、ちょい役出演の「ドン・ジュアン」・・・
観ている人がいたら、是非コメントでも入れてくださいませ。
  

という事で今回は
ペネロッピー度・・・
ペネちゃんの役がおっきい娘がいるのには衝撃を受けたけど、
お話自体も、衝撃的事実がいっぱいで、ビックリさせられる内容。
重たい内容をがっちり受け止める女性達の生きザマが、一種ラテン的で人間らしいね。


●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系ブログばかりなので、
ちと悔しい・・・ので・・・、
この映画を見てペネちゃん好きになったあなたっ・・・

バナーにプチッとクリックおねがいしまーーす。
「人気ブログランキング(映画)」
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (9)   トラックバック (94)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「40歳の童貞男」 | トップ | 「ヘイヴン 堕ちた楽園」 »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お久しぶりです^^ (rose_chocolat)
2007-07-08 19:54:03
TOHO川崎で7名ですか~!!
なんか、ラッキーですねっ^^
得した気分♪

これ、ラストがもうちょっと・・・ という感じがしたのですよ。
あれで終わり・・・?
もっと盛り上がってほしかったですね。
それにしてもペネロペ、付け尻なんて・・・ 私のいくらでもあげるのに(爆
Unknown (margot2005)
2007-07-18 22:39:47
こんばんは!
TBありがとうございます!
大きな子持ちママで、ぺちゃくちゃスペイン語でしゃべるペネロペ似合ってましたね。
やはりスペイン映画が似合いますペネロペちゃん!
さてさて「ベルエポック」と「ドンファン」観てますよ。
「ベルエポック」では、ペネロペは4姉妹の末娘役がキュートでしたね。もうホントに若くってただただ可愛いのです。
「ドンファン」のペネロペって出てたことすら知らなかったです。
「ドンファン」は素敵な大人の映画でお勧めです。
TBありがとうございます (TK)
2007-07-19 13:01:06
怖い映画でしたね。

ラストの、母イレネが部屋に戻るところがとても怖い。

これからさらにどんなことをするのか、想像するだけでもう…。

というわけで、またおいでくださいまし。
TBありがとうございます! (telur)
2007-07-19 19:33:35
ペネロペの色っぽさがグッと出ていた映画でしたね。
スペイン語を話す彼女を初めて見て、いや~ラテン娘やなと再認識。口パクだとは思うけど、あの歌い上げるシーンはとても素敵でした。

でも映画としては、ちょっとモヤモヤ~とした感じでした・・・

ペネちゃん。 (BC)
2007-07-19 23:42:35
ひらりんさん、こんばんは☆
トラックバックありがとうです。(*^-^*

ペネちゃんの出演作は『バニラ・スカイ』『オール・アバウト・マイ・マザー』は観ています。
特に『オール・アバウト・マイ・マザー』は好きな作品です。
演技的には『ボルベール<帰郷>』が一番良かったと思います。
円熟味が増した感じでした。
30代前半、女盛りの今が一番輝いている女優さんですね。(*^-^*
アルモドバル新作 (アカショウビン)
2007-07-28 09:36:29
 ペネロペの化粧は何かずいぶんきつくなっているような。監督の意図なのでしょうか。まぁ、女優はどんどん化けていったほうが円熟していくのでしょうが。先日DVDで増村保造の「でんきくらげ」(1970)を観ていたら(古!)、娘に手を出して母親に殺される、という物語が本作のエピソードと共通していてアルモドバルはもしかしたら増村作品を観ているのかな、などと邪推したのでした。
今回のペネちゃんは~ (soratuki)
2008-01-16 22:51:19
ひらりんさま♪TRBありがとうございました(^-^)/
あまりペネロペの作品って見てないな~と、今頃
気がついたsoratukiです。
この作品、テーマはサスペンス劇場っぽくって~
でもあまり重くカンジさせないラテンのノリが
非常に良かったです♪
ペネロペの頑張りもGOODでしたね~
こちらからもTRBさせていただきました♪
入り (kimion20002000)
2008-03-01 18:20:49
TBありがとう。
うーん、300人中7人か。きついなあ。
こういう映画は、DVDで見る人が多いのかなあ、と自分で自分を慰めることにしましょう(笑)
こんばんは (ひめ)
2008-04-16 02:35:58
ペネロペがとっても魅力的でしたね。
見る前は母親役にはまだまだ若すぎるんじゃない?なんて思っていたけど
バッチリでしたね~。
彼女の歌のシーンは涙ぐんじゃいました。
口パクなのかなぁ~・・・。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

94 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
”ボルベール” (朝鍛夕錬)
”ボルベール” よかった。 死んだと思っていた母親が現れる。幽霊?娘は何故自分を
ボルベール -帰郷- / Volver (我想一個人映画美的女人blog)
ずーっと楽しみにしてた、 ぺドロ・アルモドバル監督/脚本 最新作{/kirakira/} 『オール・アバウト・マイマザー』以来ペネロペは出演2度目となる{/shootingstar/} この二人の相性ばっちりなんだよね。 アルモドバル作品では、『トーク・トゥ・ハー』も面白かったけど ...
ボルベール<帰郷> [映画] (mololog(モロログ) -映画レブーとかその他諸々)
★★★☆☆☆☆☆☆☆ http://volver.gyao.jp/ (ボルベー
ボルベール<帰郷> @試写会 (シュフのきまぐれシネマ)
? ボルベール<帰郷>  6/21(木)@東商ホール 監督:ペドロ・アルモドバル 出演:ペネロペ・クルス、カルメン・マウラ、ロラ・ドゥエニャス、ブランカ・ポルティージョ 他 配給:GAGA 情熱的な赤をメインにした毒々しいまでのカラフルな色...
ボルベール〈帰郷〉 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
ぺネロぺって綺麗よねぇ~ちょっと魔性の香りがして魅力的【story】失業中の夫の分まで働くライムンダ(ぺネロぺ・クルス)。彼女の留守中に、夫が15才の娘パウラに関係を迫り、抵抗した娘は父親を刺し殺してしまう。娘を守る為に、ライムンダは必死に事件の隠匿を図るが...
ボルベール<帰郷> (観劇★感激★カンゲ記)
公式サイト→コチラ 今までこのアルモバドル監督の作品って、ミニシアターだったよね。オール・アバウト・マイ・マザーとかさ。 今回はカンヌで主演女優賞を受賞したからかなのか、珍しくシネコンなんぞで上映。 でもやっぱりミニシアター向きな感じです。 す...
『ボルベール <帰郷>』 (2006) / スペイン (NiceOne!!)
監督:ペドロ・アルモドバル出演:ペネロペ・クルス、カルメン・マウラ、ロラ・ドゥエニャス、ブランカ・ポルティージョ、チュス・ランプレアヴェ公式サイトはこちら。<Story>失業中の夫の分まで働く、気丈で美しいライムンダ(ペネロペ・クルス)。だが彼女の留守...
ボルベール <帰郷> (Big Screen)
○VOLVER ○2006スペイン/120minドラマ/[◆◆◆◆◆◆6/6] ○公開2007.06.30./ギャガ・コミュニケーションズ 監督は、バッド・エデュケーション (2004)/トーク・トゥ・ハー (2002)/オール・アバウト・マイ・マザー (1998)/キカ (1993) でお馴染みのペドロ・...
アルモドバル監督「ボルベール(VOLVER) 帰郷」を見に行きました。 (Kashiroman's BLOG "ブログの王子様")
映画「ボルベール」を見に行きました。
ボルベール(帰郷)を観ました。 (My Favorite Things)
妖艶な雰囲気がありながら、どこか少女っぽいライムンダを演じ、ペネロペはカンヌで最優秀女優賞を受賞。
ボルベール<帰郷> (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『ママ、話したいことが ヤマほどあるの。』  コチラの「ボルベール<帰郷>」は、6/30に公開になる"巨匠アルモドバル監督の、原点にして最高傑作"であり、"故郷ラ・マンチャを舞台に、タンゴの名曲「VOLVER」にのせて贈る、哀しくも可笑しい女たちの人生賛歌――...
ボルベール <帰郷> (八ちゃんの日常空間)
Volver 156[TOHOシネマズ市川コルトンプラザ/SC4/SRD] 公式サイト 『女たち、流した血から、花咲かす。』 こんなに面白いと思ったヨーロッパ映画は久々! いよいよ始まります、ボルベール。GAGAだから早くから予告編流していたし、TOHOシネマズだから否応なく...
『ボルベール<帰郷>』 (映像と音は言葉にできないけれど)
スペインのみでなく世界的な注目を浴び、揺るがぬ地位を保つ二人の巨匠アメナーバルとアルモドバルの作品はどれも見落とすことができません。
帰郷~ボルベール~☆独り言 (黒猫のうたた寝)
予告がとっても印象的で、あぁ、これは観たいかもと思われた女性は多いのでは?色彩が鮮やかで、ちょっとミステリーチックな空気とはいえ、・・・別にミステリーでもサスペンスでもなんでもないわけなんですが^^;『帰郷~ボルベール~』観てきました。ソーレとライムン...
ボルベール<帰郷> 78点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
八仙飯店之人肉饅頭 公式サイト 『バチ当たり修道院の最期』『神経衰弱ぎりぎりの女たち』『オール・アバウト・マイ・マザー』など、コメディから感動ドラマまで、同性愛者の視点で"女性"を描き続ける、ペドロ・アルモドバルの最新作。 主人公(ペネロペ・クルス)...
ボルベール<帰郷>/ペネロペ・クルス (カノンな日々)
劇場予告編だけだとどんなお話なのかがイマイチよくわからなくて、わかったのはとりあえずカンヌでとても評判が良かったらしいという事。で、気になったもんだからネットで紹介記事を読んでみたら簡単な粗筋だけなんだけどオヨヨって感じで興味をそそられちゃいました。試...
ボルベール (映画のメモ帳+α)
ボルベール(2006 スペイン) 原題   VOLVER   監督   ペドロ・アルモドバル       脚本   ペドロ・アルモドバル       撮影   ホセ・ルイス・アルカイネ                   音楽   アルベルト・イグレシアス   ...
母と娘、女たち~『ボルベール<帰郷>』 (真紅のthinkingdays)
 VOLVER  ライムンダ(ペネロペ・クルス)は美しく働き者で、激しい気性の女性。三年前に 両親を火事で亡くし、姉のソーレ(ロラ・ドゥエニャス)や一人娘のパウラ(ヨアンナ ・コボ)らと墓参りを欠かさない。失業
『ボルベール<帰郷>』 (ラムの大通り)
ボルベール 帰郷 (原題:Volver) ----アルモドバルって女性ばかり撮っている気がするニャあ。 「うん。そのイメージが強いね。 今回も男たちは一様にその生きざまは薄汚く、 反面、女たちは強くたくましい。 しかも男たちは、その行為の罰を女たちから与えられ、 早々...
「ボルベール帰郷」 ペネロペの豊胸・谷間 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
カンヌ映画祭で最優秀脚本賞と最優秀女優賞を受賞したヒューマンドラマ。アルモドバル監督の映画に出て来る女性って、綺麗という訳ではない中年の女性(男性含む)のインパクトが強い印象だったのだけれど、今回のこの映画では
いかにもカンヌで高評価されそうな映画。『ボルベール〈帰郷〉』 (水曜日のシネマ日記)
スペインを舞台に描かれた母と娘、女たちの物語です。
■ ボルベール<帰郷>/ VOLVER (2007) (MoonDreamWorks)
【ボルベール<帰郷>】 7月20日(土)公開監督 : ペドロ・アルモドバル出演 : ペネロペ・クルス/カルメン・マウラ/ロラ・ドゥエニャス 他原作 :  (〃∇〃)「 ボルベール<帰郷>/ VOLVER (2007) 」 ペネロペ・クルス本人が歌う母から教えられたタンゴ....
「ボルベール〈帰郷〉」なんだこの爽快感は (ももたろうサブライ)
監督 ペドロ・アルモドバル「オール・アバウト・マイ・マザー」「トーク・トゥ・ハー」と合わせて「女性讃歌3部作」というふれ込みですが、実はどちらも観ていません。少しあらすじ ライムンダ(ぺネロぺ・クルス)には一人娘のパウラとグータラな夫がいる。ある日、夫...
ボルベール < 帰郷 > (ビター☆チョコ)
失業した夫の変わりに家計を支え、必死で働くライムンダ(ペネロペ・クロス)。難しい年頃の一人娘パウラに手を焼きながらも、明るくたくましく生きていた。そんなライムンダに突然、恐ろしい出来事が。ライムンダの留守中に、パウラが、関係を迫ってきた義父を刺し殺し...
「ボルベール<帰郷>」:住吉駅前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}地下鉄の入口かと思ったら、産婦人科の玄関じゃないか、紛らわしい。 {/hiyo_en2/}地下鉄で急に産気づいても、この病院なら間に合うわね。すごく便利。 {/kaeru_en4/}でも、地下鉄で産気づく人なんて、あんまりいないと思うけどな。 {/hiyo_en2/}そんなこと...
ボルベール <帰郷> (映画を観たよ)
期待作♪
#97.ボルベール<帰郷> (レザボアCATs)
現象さん、頑張れ~♪ はよ、復活、せんか~い★
ボルベール<帰郷> (シャーロットの涙)
太陽のように明るくたくましく、そしてしたたかで美しく・・・涙の向こう側にいつも笑顔
映画レビュー「ボルベール<帰郷>」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
◆プチレビュー◆殺人や幽霊などがさらりと登場するが、主題は女が生きるということ。笑いと涙、驚きの秘密とは?ペネロペが最も輝くのは、やはりスペイン映画だ。 【85点】 ライムンダは失業中の夫の代わりに働く気丈な女性。ある日、義理の娘パウラに乱暴しようとし...
「ボルベール <帰郷>」 (てんびんthe LIFE)
「ボルベール <帰郷>」TOHOシネマズ六本木ヒルズSC5で鑑賞 男に傷つけられた女たちは男を抹殺した…。男が悪いか女が悪いか。結論として女を傷つけた男は自業自得。内容はとても重たいのに、時にさわやかさが残り、力強さが残り、そしてユーモラスに。女性は...
「ボルベール/帰郷」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Volver」2006 スペイン カンヌ国際映画祭(2006)/監督賞(ペドロ・アルモドバル)&女優賞(ペネロペ・クルス)受賞作品。 監督は「オール・アバウト・マイ・マザー/1998」「トーク・トゥ・ハー/2002」のペドロ・アルモドバル。 主演は「オール・アバウト・マイ...
映画 【ボルベール 〈帰郷〉】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「ボルベール 〈帰郷〉」 カンヌ映画祭で最優秀脚本賞と最優秀女優賞を受賞、アルモドバル監督の女性賛歌三部作。 おはなし:10代のころ母親を火事で失ったライムンダ(ペネロペ・クルス)は、失業中の夫と15歳の娘パウラのために日々忙しく働いていた。ある...
ボルベール〈帰郷〉 (Addicted to the Movie and Reading!)
■ シネフロントにて鑑賞 ボルベール〈帰郷〉/VOLVER 2006年/スペイン/120分 監督: ペドロ・アルモドバル 出演: ペネロペ・クルス/カルメン・マウラ/ロラ・ドゥエニャス/ブランカ・ポルティージョ/ヨアンナ・コボ 公式サイト マドリードに住むライムン...
ボルベール〈帰郷〉★ (ゆるり鑑賞)
(2006年/スペイン) 【物語】 過去に火事で両親を失ったライムンダ(ペネロペ・クルス)と 姉のソーレ(ローラ・ドゥエニャス)は、故郷ラ・マンチャで一人暮らしをする 伯母の世話を隣人のアグステイナに頼むのだが。。。
「ボルベール<帰郷>」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「ボルベール<帰郷>」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:ペネロペ・クルス、カルメン・マウラ、ロラ・ドゥエニャス、ブランカ・ポルティージョ、ヨアンナ・コボ、チュス・ランプレアヴェ、他 *監督・脚本:ペドロ・アルモドバル 感想・評価...
不思議と引き込まれる 「ボルベール <帰郷>」 (平気の平左)
評価:75点
ボルベール<帰郷> (knockin' on heaven's door)
Volver スペインの地に根ざす、三代にわたる母と娘の物語。愛情と確執、誤解を血でまぶして、やがて母は娘のもとに帰郷する。 鮮やかな色に彩られた、ペドロ・アルモドヴァルの最新作。再び全てを包み込む、女性たちの鷹揚な強さを描き出す。
映画「ボルベール< 帰郷>」 (That's the Way Life Goes)
筆者の mambotaxi という名前はアルモドバルの映画の中の役名から拝借しているものだ。 著作権侵害かもしれんなあ、と思いつつ、日々使わせていただいている。 アルモドバル映画を敬愛してのことだが、そんな監督の新作がやっと登場。  レビューを書く時間が取れず今...
ボルベール 帰郷 Volver (2006/スペイン) (JUST LIKE A BABY)
どうしようもない男どもに振り回されながらも、溢れる生命力で乗り越えていく女たちの姿を、マドリードとラ・マンチャ地方を結んで描いたストーリー。 ライムンダ(ペネロペ・クルス)の激しく燃えるような情念がスクリーンから伝わってくるようでした。 それ以上に怖か...
Volver ボルベール(帰郷) (表参道 high&low)
いつもはジャズやヘビメタだったのがクラッシックに。 という印象のPedro Almodovar(ペドロ・アルモドバル)最新作Volver(ボルベール<帰郷>)。 なんたって変な人が出てこないし、会話もエキセントリック度が薄れてました。 毒が無いって感じです。Penelope Cruz(...
★『ボルベール<帰郷>』★ ※ネタバレ少々 (~青いそよ風が吹く街角~)
2006年:スペイン映画、ペドロ・アルモドバル監督&ペネロペ・クルス3度目のコンビ作。
ボルベール <帰郷> (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
女たちの逞しさ、生命力を感じさせてくれる作品です。 ライムンダは、失業中の夫の分まで働き、夫と娘の3人の生活を支えていました。けれど、彼女が仕事で家を空けている時、15歳の娘、パウラが、自分に関係を迫ってきた父親に抵抗し、勢いあまって殺してしまいます。...
ボルベール <帰郷> (ダイターンクラッシュ!!)
7月19日(金) 21:00~ TOHOシネマズ川崎7 料金:1200円(レイトショー) パンフ:600円 『ボルベール <帰郷> 』公式サイト 何故かその名前をすぐ忘れてしまうペドロ・アルモドバル姐さんの新作。 ほとんど男は出てこない。少し重要な役どころの男は...
映画~ボルベール<帰郷> (きららのきらきら生活)
  ☆公式サイト☆カンヌ映画祭で最優秀脚本賞と最優秀女優賞を受賞し、各映画賞を席巻している珠玉のヒューマンドラマ。母として、娘としてのままならない人生をたくましく生きる女性たちの生き様を描き上げる。10代のころ母親を火事で失ったライムンダ(ペネロペ・クル...
「ボルベール<帰郷>」 (バリュークリエイト)
ペドロ・アルモドバル監督のことは信用して間違いない、そう確信させてくれる作品。 恐ろしいまでの色彩感覚です。「色」の印象が体内に深く深く刻まれていくようです。キッチンペーパーから溢れる血といったらもう言うことなしの映像的衝撃です。カメラアングルだとかコ...
ボルベール 〈帰郷〉 (ロッタのひなたぼっこ)
もう一度、人生を愛するために・・・。 久しぶりのペドロ・アルモドバル作品。『オール・アバウト・マイ・マザー』『トーク・トゥ・ハー』 に続く最終章『ボルベール〈帰郷〉』。 両親を火事でなくし、故郷ラ・マンチャにひとり残る最愛の伯母を心配しつつ、一人...
ボルベール (シネ・ガラリーナ)
2006年/スペイン 監督/ペドロ・アルモドバル 「男たちよ、ひざまずきなさい」 徹頭徹尾の女性賛歌。そして、見事に男性不在の映画である。本作に出てくる男はみな、女性の手により葬られる。彼らが殺される理由、それは女性への尊厳を欠いているからだ。つま...
「ボルベール〈帰郷〉」 (-☆ EL JARDIN SECRETO ☆-)
娘はやがて母になり。女性の系譜の強さが厳しくも温かい。女性のための映画という宣伝でしたが、それは作風という以上に出てくるのが女性だけだから。もちろん男性が画面に姿を現すことはあります。でもこの話、基本的にはP.クルス演じるライムンダを中心に、彼女の母・姉...
ボルベール 帰郷 (パフィンの生態)
ペネロペ・クルスの存在感ある演技が素晴らしい。深刻な物語を ユーモラスに感じさせる脚本に拍手☆ 赤を効果的に配置した映像も魅力的な秀作♪ 監督・脚本 ペドロ・アルモドバル、2006年スペイン映画。 マドリッドに住む主人公は故郷ラマンチャの火事で両親を失っ...
ボルベール<帰郷> (future world)
母と娘の痛ましく哀しい人生・・・何の因果か、それは繰り返される。。。 女として生まれ、女として産むことに全てが始まる。 誰がわざわざ、人生に辛いものを背負い込んだりするものか、 そう、女は弱い・・・しかし母は強い。 男への愛情を深く深く封印して、心...
映画『ボルベール<帰郷>』を観て (KINTYRE’SDIARY)
50.ボルベール<帰郷>■原題:Volver■製作年・国:2006年、スペイン■上映時間:120分■鑑賞日:7月14日、シネフロント(渋谷)■公式HP:ここをクリックして下さい□監督・脚本:ペドロ・アルモドヴァル□製作:エステル・ガルシア□製作総指揮:アグスティ....
ボルベール <帰郷> (辛口だけれど映画が好きです)
注! 同じ記事がわたしの別ブログLeidende Fruchtにも載っています。ボルベール "Volver"(2006年/スペイン/ペドロ・アルモドバル監督/公式サイト)三世代の女性の生い立ちと、その愛のドラマ。
ボルベール(帰郷) (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ただいま。お帰りなさい。強く、美しく、我がままに。私の、女へのボルベール(帰郷)_スペインの太陽のように情熱的な女性ライムンダ(ペネロペ・クルス)。失業中の夫の分まで働く、気丈で美しいライムンダに、突然、2つの死が降りかかる。彼女の留守中、夫が15歳...
ボルベール 帰郷 2007-35 (観たよ~ん~)
「ボルベール 帰郷」を観てきました~♪ 幼い頃火事で両親を失ったライムンダ(ペネロペ・クルス)は、失業中の夫と娘パウラ(ヨアンナ・コバ)を養うため空港で働いていた。そんなある日、肉体関係を迫ってきた父親をパウラが刺殺してしまう・・・ 人気Blogラ...
「ボルベール <帰郷> 」 VOLVER (俺の明日はどっちだ)
お墓を掃除する暗示的でちょっとドキドキする冒頭のシーンから「死」をそこかしこに見え隠れさせつつ、時にコメディとして、時にサスペンスとして、そして時にフェアリーテールとして、さまざまな「顔」を見せてくれるペドロ・アルモドバルらしい鮮やかな色彩感覚に彩られ...
ボルベール <帰郷> (It's a Wonderful Life)
赤い赤い、赤い映画のアドモバル。 やはりこの映画も赤かったです。 ペドロ・アルモドバル監督の映画はいつも赤いイメージ。 ペネロペの服も、レストランの内装も、料理する野菜も キッチンペーパーに染みてく血も・・・。ポスターまで赤! 今回は好きだった「オ...
再び会うことのおそれ (CINECHANの映画感想)
186「ボルベール〈帰郷〉」(スペイン)  失業中の夫パコと15歳の娘パウラを持つライムンダ。気性は激しいが、たくましい女性。故郷に住む最愛の伯母が亡くなり、美容師である姉ソーレの家を訪ねたライムンダは、そこに死んだ母の懐かしい匂いを感じる。伯母の家に...
ボルベール 帰郷 (PLANET OF THE BLUE)
テスト前に見ました。 ヨーロッパ映画って、言葉数が多くて、落ち着かないし、 そんなに好きじゃありませんでした。 でも、この映画は好きでしたね。面白かったです。 女性が沢山出てきて、そこにドラマがあって。 ヨーロッパ映画らしいシチュエーションではないで...
ボルベール<帰郷>(2006年、スペイン) (泉獺のどうでも映画批評)
 懸賞でこの映画のチケットが当たったので、観に行ってきました。 監督:ペドロ・ア
ボルベール (DVD) (ひるめし。)
ママ、話したいことが ヤマほどあるの。
ボルベール★★★★劇場96本目:女はとても逞しい! (kaoritalyたる所以)
7/15は【なんばTOHOシネマズ】のプレミアシートで、『ボルベール<帰郷>』を鑑賞してきました。ペドロ・アルモドバル監督作品には拒絶反応を示す人もいると思うのですが、この映画は結構、万人受けする、逆に言えばアルモドバル監督作品にしてはアクのない映画で....
VOLVER☆帰郷 アルモドバル監督の女性讃歌3部作のラスト作品! (銅版画制作の日々)
巨匠 ペドロ・アルモドバル監督の原点にしての最高傑作   7月17日、東宝二条シネマにて鑑賞。ペネロペ・クルス主演の《ボルベール》、そういえば、ペドロ・アルモドバル監督の「トーク・トゥ・ハー」は鑑賞した。眠り続ける女性2人のお話だったなあ。アカデミー...
映画  ” ボルベール ( 帰郷 ) ” (華やぐ時間)
                            スペインのペドロ・アルモドバル監督の作品です この監督の前作品 ” オール・アバウト・マイ・マザー ”では 儚げで か細い少女のようだった ペネロペ・クルスが  若い母親ライムンダを演じている ペネロ...
ペネロペ・クルスの「ボルベール<帰郷>」を観た! (とんとん・にっき)
ペネロペ・クルスの出る映画は1999年に製作された映画「裸のマハ」以来。フランシスコ・デ・ゴヤの絵画「裸のマハ」を題材にした映画だというのと、ペネロペ・クルスが出るというのが目玉の、わけの分からない映画だったように思います。基本的に「濃い」感じで、トム・
映画「ボルベール <帰郷>」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「ボルベール <帰郷>」に関するトラックバックを募集しています。
映画「ボルベール <帰郷>」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2007年47本目の劇場鑑賞です。映画の日に観ました。「オール・アバウト・マイ・マザー」「トーク・トゥ・ハー」のペドロ・アルモドバル監督作品。郷愁と女性讃歌のヒューマン・ドラマ。監督自身の故郷でもあるラ・マンチャを物語の背景に、母、娘、孫娘の三代の女性たちの...
「ボルベール」女はこわい (再出発日記)
「女を殺す男は醜いが、男を殺す女は美しい」ということを誰が言ったか、というと私がでっち上げました。すみません。監督:ペドロ・アルモドバル出演:ペネロペ・クルス、カルメン・マウラ、ロラ・ドゥエニャス、ブランカ・ポルティージョ、チュス・ランプレアヴェ女は、...
ペネロペ・クルスの「ボルベール<帰郷>」を観た! (とんとん・にっき)
ペネロペ・クルスの出る映画は1999年に製作された映画「裸のマハ」以来。フランシスコ・デ・ゴヤの絵画「裸のマハ」を題材にした映画だというのと、ペネロペ・クルスが出るというのが目玉の、わけの分からない映画だったように思います。基本的に「濃い」感じで、トム・
ボルベール<帰郷> (とんとん亭)
「ボルベール<帰郷>」 2007年 スペイン ★★★★★ 母親と娘の2代に渡る母子愛の物語。 マドリードで働き者のライムンダ(クルス)は、失業中の旦那と15歳の娘パウラ (コバ)と3人暮らし。 姉のソーレ(ドゥエニャス)と共に故郷の墓参りに帰る...
ボルベール/帰郷 (2007 映画観てきました♪)
地下鉄駅で この映画の大きなポスターを見たときに 絶対観よう! って思いました。 ぺネロペの意志の強そうな 目が好きです。
ボルベール <帰郷> (Blossom Blog)
ボルベール <帰郷> VOLVER 監督 ペドロ・アルモドバル 出演 ペネロペ・クルス カルメン・マウラ     ロラ・ドゥエニャス ブランカ・ポルティージョ スペイン 2006
【ボルベール 】 (+++ Candy Cinema +++)
【VOLVER】 監督・脚本  ペドロ・アルモドバル  製作年度 2006年  日本公開 2007年6月30日     上映時間 120分  製作国 スペイン  配給 ギャガ・コミュニケーションズ CAST ペネロペ・クルス/カル
葬 ~「ボルベール」~ (サナダ虫 ~解体中~)
ペドロ・アルモドバル監督作品、ペネロペ・クルス主演の、 映画 「ボルベール/帰郷」を観た。 第59回カンヌ国際映画祭最優秀女優賞・最優秀脚本賞受賞作品。 母として、娘としてのままならない人生を、逞しく生きる女たちの生き様! 感想。 ?よく喋るなぁ。(聞...
『ボルベール<帰郷>』 (映画館で観ましょ♪)
情熱的な眼差しと色彩 たたみかける会話 チュッチュ チュッチュと続く挨拶に惑わされてしまったけど... 中身はかなりドロドロで、 このまま進んでしまっていいのかと思...
映画「ボルベール帰郷」を観ました。 (Aspiring Bobby-dazzler Starlet)
飯田橋ギンレイホールにて鑑賞。 ベネロペクルスものは気になってみてしまいます。前に「赤いアモーレ」を観たのですが、 こちらはさっぱり意味不明でした。 今回は監督の女三部作の最終章! 女達流した血とともに花咲かす!だっけ?広告でみたコピー。 極道の女?みたい...
『ボルベール(帰郷)』 (・*・ etoile ・*・)
'07.10.06 『ボルベール(帰郷)』@ギンレイホール 2本目。こっちの方が見たかった。ペネロペ・クルス主演、ペドロ・アルモドバル監督の映画。母子3代に渡る女性の因縁と絆の話。 「失業中の夫の代わりに家計を支えるライムンダ。彼女の留守中、娘のパウラが自分は実...
ボルベール〈帰郷〉 (小部屋日記)
Volver(2006/スペイン)【劇場公開】 監督:ペドロ・アルモドバル 出演:ペネロペ・クルス/カルメン・マウラ/ヨアンナ・コバ/ロラ・ドゥエニャス/チュス・ランプレアヴェ ただいま。おかえりなさい。 女たち、流した血から、花咲かす。 カンヌ映画祭で最優秀脚本...
ボルベール<帰郷> (銀の森のゴブリン)
2006年 スペイン 2007年6月公開 評価:★★★★★ 監督、脚本:ペドロ・
「ボルベール<帰郷>」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
ボルベール コレクターズ・エディションギャガ・コミュニケーションズこのアイテムの詳細を見る 失業中の夫と15歳の娘パウラ(ヨアンナ・コボ)を養うため、せわしなく働くライムンダ(ペネロペ・クルズ)。 明るくたくましい彼女にも、10代の頃確執のあった母がそのまま...
006.『ボルベール〈帰郷〉』みちゃった!(^^)! (徒然なるままに・・・?)
{/kaeru_fine/} 今夜は、“妻の苦悩”“母の苦悩”“娘の苦悩”を描いた 『ボルベール』をご紹介します。 本作品のカテゴリー、サスペンスまたはミステリーになります。 現在起こっている出来事が、実は過去のある出来事と 深く拘わっていて、それにより女三代に渡り苦悩...
ボルベール<帰郷> (to Heart)
上映時間 120分 製作国 スペイン 監督 ペドロ・アルモドバル 脚本 ペドロ・アルモドバル 音楽 アルベルト・イグレシアス 出演 ペネロペ・クルス/カルメン・マウラ/ ロラ・ドゥエニャス/ブランカ・ポルティージョ/ヨアンナ・コボ カンヌ映画祭で最優秀脚本賞と最優秀...
ボルベール<帰郷>(6/30公開) (第八芸術鑑賞日記)
 07/1/12、早稲田松竹にて鑑賞。6.0点。  スペインの鬼才ペドロ・アルモドバルの新作は、各種映画賞の投票権を持つ評論家筋にも、ミニシアターに足を運ぶ一般の映画ファンにも、ともに概ね好評をもって迎えられたようだ。しかし個人的にはやっぱり苦手なんである。  俺...
『ボルベール〈帰郷〉』'06・西 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ失業中の夫の分まで働く、気丈で美しいライムンダ。だが彼女の留守中、夫が15歳になる娘パウラに関係を迫り抵抗した娘は、勢いあまって父親を殺してしまう・・・。感想カンヌ国際映画祭では、素晴らしい谷間の主演のペネロペ・クルスはじめ6人の出演者が女優賞...
ボルベール 〈帰郷〉 ’06 スペイン (アブリコのCinema散策)
ペネロペ・クルスがよかった。 久し振りの母国での撮影とあって、生き生きと、実に輝かしい演技を見せてくれた。 近年、ハリウッドでの活動が続いていた彼女ではあったが、こうしたヨーロッパ作品では、まるで水を得た魚のようである。 アメリカでは言葉の壁にも苦労した...
mini review 07276「ボルベール<帰郷>」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
カンヌ映画祭で最優秀脚本賞と最優秀女優賞を受賞し、各映画賞を席巻している珠玉のヒューマンドラマ。母として、娘としてのままならない人生をたくましく生きる女性たちの生き様を描き上げる。監督は『バッド・エデュケーション』のペドロ・アルモドバル。主演はアルモド...
ボルベール 帰郷 (SSKS*)
オフィシャルサイト 2006 スペイン 監督:ペドロ・アルモドバル 出演:ペネロペ・クルス/ヨアンナ・コバ/ロラ・ドゥエニャス/カルメン・マウラ/チュス・ランプレアヴェ ストーリー:失業中の夫の分まで働く、気丈で美しいライムンダ。だが彼女の留守中、夫が15歳に...
『ボルベール <帰郷>』 (Sweet*Days**)
ボルベールコレクターズ・エディション(2008/01/01)ヨアンナ・コバ、ロラ・ドゥエニャス 他商品詳細を見る 監督:ペドロ・アルモドバル CAS...
ボルベール (ひめの映画おぼえがき)
ボルベール コレクターズ・エディション 監督:ペドロ・アルモドバル 出演:ペネロペ・クルス、カルメン・マウラ、ロラ・ドゥエニャス、ブラ...
【映画】ボルベール〈帰郷〉…出だしは鳥居みゆきのネタと同じ展開 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/kaeru_fine/}今月の頭頃からWindows Updateが急に出来なくなったマイパソコン{/pc2/}{/face_hekomu/}。 普通に対応しても解決しなかったので、昨日助っ人として友人を召喚しました{/face_nika/}。 友人がネット情報と格闘しつつ、すげぇ難しい操作をして何とか解決{/fac...
ボルベール  〈帰郷〉  (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  『トーク・トゥ・ハー』でその異色な才能を認められた、べド口・アルモドバル監督の最新作。カンヌ映画祭で最優秀脚本賞と最優秀女優賞を併せて受賞している。 ボルベール帰郷 コレクターズ・エディション販売元:ギャガ・コミュニケーションズ発売日:2008
ボルベール<帰郷> (miko's blog)
(あらすじ) 失業中の夫の分まで働く、気丈で美しいライムンダ。 だが彼女の留守中、夫が15歳になる娘パウラに関係を迫り、抵抗した娘...
映画評「ボルベール<帰郷>」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2006年スペイン映画 監督ペドロ・アルモドバル ネタバレあり
ボルベール (あーうぃ だにぇっと)
監督・脚本:ペドロ・アルモドバル キャスト ライムンダ☆ペネロペ・クルス ライムンダの母イレネ☆カルメン・マウラ ライムンダの姉ソーレ☆ロラ・ドゥエニャス 隣人アグスティナ☆ブランカ・ポルティージョ ライムンダの娘パウラ☆ヨアンナ・コバ 他 ...
「ボルベール」 DVD (しぇんて的風来坊ブログ)
べド口・アルモドバル監督(「オール・アバウト・マイ・マザー」)の作品。展開は結構ハチャハチャでコメディであり、殺しや出生の秘密、胸の谷間などがまぶされつつ、カメラ・アングルも意外にオチャラケも混じってる。が、馬鹿だなあというより、家族の繋がりや母性など...