★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「犬神家の一族」

2007-01-11 01:38:36 | 映画(あ行)
<2007/A7/S4>
今年初・・いや、ひらりん史上初の二日連続2本鑑賞の1本目。
横溝正史原作で、昔テレビシリーズで見た記憶がある。
忠実リメークらしいし・・・映像技術の進歩がどうか・・・というところかなっ。
30年前にもこの作品を撮った市川崑監督作品。
2006年製作のミステリー・サスペンス、135分もの。

あらすじ
昭和の22年・・
信州・長野の犬神財閥の創始者、犬神佐兵衛・・
莫大な遺産を残し、他界。
佐兵衛には腹違いの娘が3人・・・
遺言状は親族が全員集まった席で公表する事になってるのだが・・・。

ここからネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
遺言状を預かってる法律事務所の人が探偵・金田一耕助(石坂浩二)を雇う。
町に着いた金田一・・・泊まるホテルの主人は有頂天ホテル三谷幸喜
女中は深田恭子・・・なんか、ゆうこりん(小倉優子)みたいな喋り方でりんこ。
最初にその、法律事務所の所員が毒殺されて・・・
ところで佐兵衛の娘3人の名前が松竹梅で判りやすい。
松子・・富司純子、竹子・・松坂慶子、梅子・・萬田久子
それぞれ跡取り息子がいて、順に、 佐清(すけきよ)・佐武(すけたけ)・佐智(すけとも)。
佐清だけ戦地からの復員が遅れ、やっと帰郷・・・
しかし、クリーム色したゴムマスクを頭から被った姿で登場・・・
どうやら戦地で大怪我をしたらしい・・・
全員揃って、いざ遺言発表・・・
全財産は、犬神家に同居してる佐兵衛の恩人の孫娘、野々宮珠世のものに・・・
(珠世は松嶋菜々子・・・ちょっと存在感ありすぎ・・・というか、背が高く見えすぎ。)
しかし、佐清・佐武・佐智のいずれかと結婚しなくてはならない・・という条件。
大ブーイングの娘夫婦・3家族・・・
その夜から、次々と事件が発生・・・
そもそも、マスクの人物がホントに佐清なのか・・と疑う竹・梅家族。
むかーし見た記憶のとおり・・・
菊人形に死体の首を乗っけたり・・・
佐清が本人かどうか・・・手形を取って神社にあった奉納手形と比べたり・・・
湖に、Vの字の形した逆さ死体が発見されたり・・・。
このミステリーのポイントは、青沼静間・・という男。
彼の母、青沼菊乃は女工ながら佐兵衛の寵愛を受け、静間を出産。
しかし、娘ら3人には疎まれ、町を追われた・・という過去。
その静間が戦場で偶然に佐清と遭遇・・・
佐清の戦死を知って、母の恨み・・と、成りすましを画策した・・・って話。
しかし、途中で死んだと思ってた本物の佐清がこっそり帰郷。
自分が本物だと・・・名乗り出れば、こんな事にはならなかったハズだけど、
青沼家への侘びもあったり、静間に脅されたりで・・・
犯行の手助けをさせられちゃう。
というより、最初の犯人は長女で本家を守ってきた松子。
そんなこんなで、珠世の命を守りながら、母の犯行を隠そうとしてた佐清でした。
それと、珠世・・・実は恩人の孫娘ではなく、佐兵衛本人の孫娘だった。
そんな人には言えない秘密があったのでややっこしい遺言になってたのか??
結局、松子は服毒自殺(法律事務所の毒殺と同じ)・・・
珠世は、殺人ほう助で服役する佐清の出所を待つ・・・という結末。
考えてみりゃ、本家に住んでたのは、孫の中では佐清だけ。
珠世にとってみれば、一番身近な存在。
遺言書いたジイさんにとってみれば、
明かすに明かせなかった孫娘の為に、不必要な残りの一族を一掃する為に、
仕組んだんじゃないか・・・なーんて想像しちゃうね。

うーーん、むかーーし見たのと、大差を感じない出来。
ミステリー小説としては、見ごたえある作品だけど・・・
今更・・・って感じがしちゃうねなぁ。
キャストは変われど、脚本は完全リメイクなのか???
個人的には金田一耕助はスマップの稲垣吾郎ちゃんがイイかなっ。
それにしても、金田一・・・殺人事件を未然に防げない(毎回だけど)・・・
犯人は目の前で自殺しちゃう・・・のに・・
報酬だけはしっかり数えて領収書発行してましたっ。
あと、一番良かったのは、犯人だった富司純子。
このオバサン、最近目立ちすぎ・・って言うくらい、
出る作品・出る作品で、凄い演技してるねっ。

ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この映画の関連作は・・・
石坂浩二・・・「日本沈没」では、すぐに死んじゃう総理大臣役でした。
富司純子・・・「フラガール」「寝ずの番」でも快演が光ってます。

という事で今回は
犬神家のたたりじゃぁぁ度・・・
失礼・・・「たたりじゃーーー」は、八墓村でしたねっ。
ミステリー事体は面白いけど、驚きは少ないね。
 
ところでひらりんも「人気ブログランキング(映画)」に参加しています。
ひらりんのブログを気に入ってくれたら↑↑クリックしてね。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (52)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★「大奥」 | トップ | ★「シャーロットのおくりもの」 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
オリジナル (もじゃ)
2007-01-20 16:21:26
こんにちは。TBありがとうございます。
基本的にオリジナルとさほどかわりなかったですね。
キャストはオリジナルの方が好きだったりします。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

52 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
犬神家の一族(映画館) (ひるめし。)
金田一さん、事件ですよ―――
映画 『犬神家の一族』 (Death & Live)
東京国際映画祭のクロージング作品。Bunkamura オーチャード・ホールで鑑賞。『犬神家の一族』  2006年原作 : 横溝正史監督 : 市川崑上映の前に授賞式とかがあってね、それですでにお疲れモード。その上、出演者と監督による舞台挨拶まであ ...
映画「犬神家の一族」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「犬神家の一族」 横溝正史の『犬神家の一族』を、1976年に監督を務めた市川崑がセルフ・リメイク。 オリジナル版は角川映画第一弾として大ヒット。ただ、私の記憶に残っているのは湖から突き出た二本の足というショッキングな映像と、マスクを被った ...
【劇場鑑賞139】犬神家の一族 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
莫大な遺産を巡って血塗られた惨劇がついに幕を開ける 絢爛な一族に起こる骨肉の争い 名探偵金田一耕助登場!
「犬神家の一族(2006)」 おかげでトラウマはなくなりました (はらやんの映画徒然草)
ミステリー映画はよく観ますし、推理小説もかなり読みます。 けれども1976年版「
呪われた血筋の惨劇 (CINECHANの映画感想)
274「犬神家の一族」(日本)  昭和22年、信州那須。わずか一代で製薬王たる地位を築き上げた犬神佐兵衛が永眠した。そしてその遺言状は親族の者全てが集まったとき公開されるものとされた。  佐兵衛の長女・松子の息子佐清(すけきよ)が戦地より戻って ...
犬神家の一族 (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <池袋HUMAXシネマズ4> 監督:市川崑 原作:横溝正史 『犬神家の一族』 脚本:市川崑 日高真也 長田紀生 テーマ曲:大野雄二 昭和22年。犬神家の当主、犬神佐兵衛の遺言に記された莫大な遺産の行方をめぐって繰り広げられる人間模様と、 ...
犬神家の一族 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  古さと新しさのコラボレーション  
映画「犬神家の一族」を観ました!!(2007-01) (馬球1964)
映画「犬神家の一族」を観ました!!今年から鑑賞番号を付けるようにしました。2007年の第1作目です!!
犬神家の一族 (skywave blog)
石坂浩二の若さには、驚きです。走ってます。「水戸黄門」のご隠居様をご卒業なさった方とは、思えません! 豪華なキャストは、見事です。カメオ出演者もたっぷり。濃ーい演技を
「犬神家の一族」遺言状に秘められた意図を読めず間違った愛情に走ったミステリー事件 (オールマイティにコメンテート)
「犬神家の一族」は30年前に角川映画第1弾として公開された「犬神家の一族」のリメークした作品で日本最大のミステリーとして豪華キャストが話題である。90歳を越えてなおメガホンを取った市川崑監督も凄いが、30年前の作品をリアルタイムで知らない世代に ...
犬神家の一族 (ネタバレ映画館)
ストーリーを理解するためには「よく、聞く、事」だ! 
不朽の名作サスペンスを楽しむ映画。『犬神家の一族』 (水曜日のシネマ日記)
横溝正史の名作探偵推理小説『犬神家の一族』のリメイク作品です。
犬神家の一族 (2006) 135分 (極私的映画論+α)
 30年ぶりにスクリーンで楽しめました。
犬神家の一族 (2006) (我想一個人映画美的女人blog)
犬年は過ぎ去ったけど、今年1本目はこの『犬神家の一族』 和風?だし、何となくお正月っぽいからいいかってコトで{/shootingstar/} ご存じ、横溝正史の傑作ミステリー小説を 市川崑監督が30年の月日を経て 主演も同じ石坂浩二でセルフリメイク。 91歳の崑監督、 ...
『犬神家の一族』 (flicks review blog II)
 1976年公開の横溝正史原作/市川崑監督による大ヒット作のセルフリメイク。
『犬神家の一族』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『犬神家の一族』鑑賞レビュー! 金田一さん事件ですよ? 市川崑×石坂浩二という 絶対無比のコラボレーションで あの金田一耕助が帰ってくる! ★review★ 公開から一週間が経ってしまい 遅ればせながら....。 年末の慌ただしさをか ...
『犬神家の一族』 (ラムの大通り)
----これって、昔も作られなかった? 確か、同じ市川崑監督だったような気がするけど…。 「そう、いわゆるセルフリメイクってやつだね」 ----それって珍しくない? 「そんなことないよ。 かのヒッチコックだって34年の『暗殺者の家』を 55年に『知りすぎていた男 ...
2006年の「犬神家の一族」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
市川崑監督による1976年版「犬神家の一族」のセルフリメイク。主演の石坂浩二が ' 76年版と同じく金田一耕助を演じている。普通、リメイクというと何らかの手が加えられたり、脚本自体(視点を変えて描いた
「佐清!マスクを取って見せておやり!」 (ば○こう○ちの納得いかないコーナー)
先週の土曜日から一斉公開された映画「犬神家の一族」。今年の1月に「金田一さん事件です!」という記事でこの作品の事を取り上げて以降、一日千秋の思いでその公開を待ち望んでいた。 ***************************** 昭和22年、 ...
犬神家の一族/石坂浩二、松嶋菜々子 (カノンな日々)
有名な作品でTVで何度か放送したこともあると思うんですけど、実はこれまで観たことありません。なんとなくチラチラ観てたような気がするんだけど、ストーリーは全く覚えてないし当然犯人が誰かも全く知りません。湖面から突き出た二本の足の映像は子供だった私に ...
「犬神家の一族」(2006年版) 贅沢なリメイク版・・・ (追記)  (取手物語〜取手より愛をこめて)
「犬神家の一族」のリメイク、しかも市川+石坂コンビで。これは金田一耕助ファンの私には非常に嬉しいと同時に、やってほしくなかったという気持ちと半々で非常に複雑なところでした。
犬神家の一族 (Akira's VOICE)
驚きと新鮮味は弱まったものの, 演技派の俳優たちによるドラマが, さらりとしながらも味わいのある印象を残す。
犬神家の一族 (映画鑑賞★日記・・・)
『犬神家の一族』公開:2006/12/16(12/16鑑賞)製作国:日本監督:市川崑原作:横溝正史    『犬神家の一族』(角川文庫刊)出演:石坂浩二、松嶋菜々子、尾上菊之助、富司純子、松坂慶子、萬田久子、葛山信吾、池内万作、加藤武今年はイーサン・ハントも走った ...
犬神家の一族 (シネ・ガラリーナ)
2006年/日本 監督/市川崑 <三番街シネマにて観賞> 「ミカバンドはミカが変わったのに」 今回のリメイクに関して以前の雑感で、サディスティック・ミカ・バンドの再結成のように喜ぼう、と書いた。「ただ、そこにいるだけでありがたい」、と。でも、よ ...
犬神家の一族 (八ちゃんの日常空間)
リメイクというよりリバイバルを観ているような不思議な感覚でした。 新解釈とか斬新に作り直してもいいと思うのですが、あまりに忠実すぎます。そう、原作の持つイメージだけでなく、オリジナルの雰囲気そのものです。そのわけは「市川崑物語」を観て理解出来た ...
犬神家の一族 (B級パラダイス)
ここ最近ですがDVDにて前作を観ました。今回、リメイクされるということで楽しみにしてたんですがなんとも微妙でしたね・・・。
犬神家の一族 (そーれりぽーと)
オリジナルはほとんど覚えてませんが、予告編を観る限り現代風にアレンジしてそうで面白そうだった『犬神家の一族』を観てきました。 ★★ 一言で言うと、「うわっ、面白くない邦画を引いてしまった」 「邦画は苦手」そう思っていたけど、ここ数年の邦画の面白さ ...
「犬神家の一族」:神谷町駅前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}おや、こんなところに骨董屋。 {/hiyo_en2/}東京には骨董品店がまだまだたくさんあるのね。 {/kaeru_en4/}30年前の「犬神家の一族」のDVDは置いてないかな。 {/hiyo_en2/}なんでDVDが骨董屋にあるのよ? {/kaeru_en4/}30年前の映画っていやあ、 ...
犬神家の一族(06・日) (no movie no life)
金田一耕助を演じる石坂浩二が走っている姿を見て、「がんばれ!」とエールを送りたくなりました・・・やっぱり金田一は走らないとね〜。 実は横溝正史は好きで、大学時代に結構読みました。 当時親から「そんな一族のドロドロしたのなんて、どこが面白いんだ ...
犬神家の一族 (ルナのシネマ缶)
金田一さん、事件ですよ!! と言われ続けて、30年〜。 還暦を過ぎているとは思えない 石坂金田一の、走りっぷりは 見事でした。 かばんも30年前に撮影で使ったもの だとか・・・物持ちの良さもさすがです!! とはいえ、オリジナルのテレビ放送やドラマ ...
犬神家の一族 (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
  金田一さん、事件ですよ−   日本映画史上 最高のミステリー       評価:★7点(満点10点) 2006年 135min 監督:市川崑 主演:石坂浩二 松嶋菜々子 尾上菊之助 富司純子 松坂慶子 萬田久子  奥菜 ...
「犬神家の一族」試写会レビュー レビューじゃなしに (長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
完璧でしょ。原作や旧作を観ていない勉強不足のエセ芸大生にとってもそう感じられました。さて公開後の反響や興業はどうなるでしょうか。日本映画の信念を貫いた上での成功を期待しています。
「犬神家の一族」 (−☆ EL JARDIN SECRETO ☆−)
懐かしかったなー。日本映画音楽史上屈指の名曲が流れてくるだけで入場料の半分の価値はあったくらい。旧作は何度かみており、あらすじやオチまでほとんど分かっているので、推理モノとして楽しむ次元ではないのですが、その分旧作をみていたころをフラッシュバッ ...
帰ってきた「犬神家の一族」 (SLOG〜素ログ〜)
何故か「八つ墓村」のネタバレありです(笑)。 あと、今回、かなり長文です。 帰ってきました!市川崑監督・主演石坂浩二の金田一が。 76年版大好きで、何度も観ていたので、今回もハズせない!と思いつつ、結局 こんな終盤でようやく劇場鑑賞できました。劇場 ...
足 〜「犬神家の一族」〜 (サナダ虫 〜解体中〜)
市川崑監督作品、石坂浩二主演の、 映画 「犬神家の一族」を観た。 角川映画30周年記念作品として、30年振りにリメイク。 ムチャクチャな遺産がメチャクチャな遺言で、犬神家はハチャメチャ。(何) (原作批評はこちら) 感想。 \浤僖魯鵐チを用 ...
犬神家の一族 [監督 : 市川崑] (自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ)
おお、市川崑監督、石坂浩二主演の「犬神家の一族」!!なつかしいなあ。こんな古い映画やってくれるなんて憎いねえ・・・うんうんまさしく大好きだったあの映画だ。あのテーマ曲をまた聞けるなんて感激だなあ。あれ、でも石坂浩二ってこんなに老けてたかなあ。ホ ...
「犬神家の一族」試写会&舞台挨拶 (Thanksgiving Day)
イイノホールで行われた、映画「犬神家の一族」の試写会に行ってきました!! 「犬神家の一族」といえば、横溝正史原作で何度も映像化されてる有名作品ですよね・・・とは言ってもぼくは内容をよく知らなかったんですけどね(-_-;) 『昭和23年、信州諏訪の犬神 ...
犬神家の一族 (吾輩はナマケモノである。)
前作を何度も見ていたので、内容も場面もよ〜く知っていたから、安心して見る事ができました。 前作とほとんど変わっていません、多分。 菩薩のようにも、般若のようにも松子を演じる富司純子は、貫禄ですね。 アップで映る顔の皺も『いい女』だなぁと感じるから ...
「犬神家の一族」■富司純子の映画であった (映画と出会う・世界が変わる)
「フラガール」と共に圧倒的な印象を与えるのは富司純子である。今回の「犬神家の一族」の30年ぶりのリメークは、まさに彼女の為のものであったと言っても過言ではない。私は、富司純子というのは藤純子の出来の悪い再生女優かと思っていたが、この2作品で評価を ...
東京国際映画祭クロージング作品・ワールドプレミア『犬神家の一族』舞台挨拶@オーチャードホール (|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο)
            意味はないが、過去最長(たぶん)のタイトルにしてみた(爆)市川崑監督が自らメガホンを取り、30年ぶりにセルフリメイクした、横溝正史・原作『犬神家の一族』が12/16の公開に先駆けて、第19回東京国際映 ...
【 犬神家の一族 】 (もじゃ映画メモメモ)
横溝正史原作のミステリー小説の映画化。'76年に製作された作品を市川崑監督が自らリメイク。 オリジナルで何かやり残したコトでもあったのかな?って思ってましたが、基本的に変わらずのようで。でも、珠世の出生の秘密とことか結構省略されてますね。それと ...
【MOVIE 】犬神家の一族 (思いつくままに)
■感想など で、結局遺産は誰の手に・・・? 30年も前に制作された「犬神家の一族」をリメイクした作品。 出演者もそうそうたるメンバーでした。 主役の石坂浩二を始め、松嶋菜々子や、娘たちの富士純子、松坂慶子、萬田久子。 男優では中村敦夫、岸辺一徳など。 ...
犬神家の一族 (メルブロ)
犬神家の一族 上映時間 2時間14分 監督 市川崑 出演 石坂浩二 松嶋菜々子 尾上菊之助[5代目] 富司純子 松坂慶子 評価 5点(10点満点) 会場 一ツ橋ホール(試写会) 簡単(テキトー)あらすじ 犬神さん家の子供達が、遺産をめぐり血みどろの ...
犬神家の一族 (いろいろと)
12月16日より公開してます。 監督 市川 こん 主演 石坂浩二、松嶋菜々子、尾
犬神家の一族 (映画とはずがたり)
“名探偵・金田一耕助”シリーズの黄金コンビ、 監督・市川崑&主演・石坂浩二の他、 松嶋奈々子らオールスターキャストが顔を揃えた 豪華なリメイク&ミステリー超大作!! STORY:信州の犬神財閥の創始者・犬神佐兵衛(仲代達矢)が永眠した。 遺言状を管 ...
犬神家の一族 (とにかく、映画好きなもので。)
 1976年の『犬神家の一族』を市川崑がセルフリメイクしたという作品。金田一耕助を石坂浩二が再び演じ、遺言状を巡る一連の殺人事件に迫っていく。  信州の製薬会社の王、犬神佐兵衛が亡くなり・・・血縁者関係が揃った場で遺言状が開封される。 ...
『犬神家の一族』'06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ信州の犬神財閥の創始者である犬神佐兵衛(仲代達矢)は腹違いの3人の娘とその息子たち、佐兵衛の大恩人の孫娘野々宮珠世(松嶋菜々子)らを残して、この世を去る。巨額の遺産が、一族の争いの元凶となることを予期した法律事務所の若林は金田一耕助(石坂浩二)...
犬神家の一族 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『金田一さん、事件ですよ──』  コチラの「犬神家の一族」は、言わずと知れた横溝正史の大ヒットミステリー"金田一耕助"シリーズの映画化です。12/16公開になる市川崑監督のセルフ・リメイクなのですが、試写会で観てきちゃいましたぁ〜♪  オリジナルは76年製...
映画評「犬神家の一族」(2006年版) (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2006年日本映画 監督・市川崑 ネタバレあり
犬神家の一族 (Addict allcinema 映画レビュー)
金田一さん、事件ですよ──  
突っ込みどころを楽しもう 「犬神家の一族」 (ミカエル晴雨堂の晴耕雨読な映画処方箋)
「犬神家の一族」  ブームとなった1976年作のリメイク   【公開年】2006年  【制作国】日本  【時間】135分  【監督...