★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「イントゥ・ザ・ワイルド」

2008-09-17 03:38:44 | 映画(あ行)
<T843/2008/A148/S091>

今週の平日休みはラゾーナ川崎の「109シネマズ川崎」でこの作品。
ショーン・ペン監督作品で、
スピード・レーサー」に主演のエミール・ハーシュがまたまた主演。
実話ものらしいけど、アラスカ・・って、見るからに寒そう。
原題も「INTO THE WILD」=原作本は「荒野へ」。
2007年製作の実話系青春・放浪ドラマ、148分もの。

あらすじ・・・今回はAllcinemaさんより引用させてもらいました。
1990年夏、ジョージア州の大学を優秀な成績で卒業した22歳の青年、クリス・マッカンドレス(エミール・ハーシュ)。卒業祝いに新車を買ってあげるという両親の申し出をあっさり断った彼は、通帳にあった預金全額を慈善団体に寄付し、家族に何も告げることなく、文字どおり無一文でアラスカへ向けて旅に出る。道中、様々な出会いと経験を重ねるクリス。サウスダコタでは彼の無鉄砲を諫めてくれる陽気な兄貴分ウェイン(ヴィンス・ヴォーン)と親交を深め、スラブスではヒッピーなどアウトサイダーたちが集うコミューンに身を寄せ、そこで美しい少女トレイシーと出会う。彼女はクリスに好意を抱き、クリスにも恋心が芽生えたかに思われたが…。一方その頃、残された家族は音信不通の息子の身を案じ、祈る思いで彼の帰りを待つのだったが…。

ここからひらりん的レビューのネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
1.アメリカの株式市場がリーマン・ブラザースの破綻で「ワイルド・マンデー」になった翌日に鑑賞。
まさにイントゥ・ザ・ワイルドに突入のアメリカ経済ってとこかなっ。
2.ところで主人公クリスは、学業優秀だけど、家庭崩壊気味の長男・・・
両親の離婚危機&親父には隠し子?
裕福だけども、偽りの家族を演じてたのね。
3.大学卒業までは我慢してたけど、金も名誉もカードも捨てて・・・
自分探し??いや、人間の心理追求の旅に・・・。

4.その旅には、いろんな出来事が・・・
砂漠で鉄砲水に遭い、ボロ車がお釈迦になったり・・・
カヤックで無許可激流下りして、パトロールに追っかけられたり・・・
しかし、主人公のクリス・・・頭もイイけど、
あんな急流くだりができるなんて、すっごく運動神経も良かったのね。

5.そして、人との出会いは優しい・・・
スッポンポン娘と川遊びをしてた男は、
やっぱりメキシコ女は最高だから、南へ行けとアドバイス・・・
そのとおりメキシコに行っちゃったクリス。
6.農場経営者で不法無線傍受で捕まってたのはヴィンス・ヴォーン
なかなかイイ兄貴ぶりを発揮してたが、もっと「フラット・パック」的な働きを期待したいところ。
7.ヒッピーのカップル(レイニー&ジャン)に親切にしてもらったが、
実はジャン(キャサリン・キーナー)には失踪した息子がいて、
クリスを我が子と重ねていたのね。

8.そこで出会ったトレイシー(クリステン・スチュワート)は可愛かったなぁ。
年齢詐称で実年齢が16才とバレて、クリスは淫行せずに済んだが・・・
クリスをベッドに誘う仕草はイロっぽかったね。

9.そして最後に出会った退役軍人の老人ロン(ハル・ホルブルック)・・・
妻子を亡くし、独り皮職人をしてひっそり暮らしていたが、探求心の強いクリスに興味・・・
家に泊めてあげるうちに、気心が知れ、別れ際に養子になってくれと頼む・・・けど、
クリスは旅を続けるのね。
10.そして巡り巡って到着したアラスカの地・・・
運良く、寝泊りに最適な乗り捨てられたバスを発見・・・
最初のうちは狩りも上手くいかず、見る見る間にウエストが細くなっていくが・・・
さすが学力優秀青年・・・入念に計画を練ってたので、徐々に自然生活に慣れてくのね。
しかし、ライフルでおっきい動物を仕留めても、丸々1人じゃ食べられないのね。
上手く切り分けて、上手く保存しとかなくちゃ、すぐに腐っちゃう。
うーーーん、自然はきびしーーーーい。
野性の熊が近寄ってきても、死んだフリしちゃいけません。
何もせず、じっとその場を立ち去るのを待つのみーーー。
きゃーーー、自然はこわーーーーーい。
何発、銃弾持ってったかは知らないけど、たしか、バスに住み着いて9週間目くらいで・・・
獲物がいなくなって、食糧不足に陥る・・・腹減ったーーー。
クリスは事あるごとに、日記を書いてたけど、この頃から、
lonely・・・lonely・・・と、孤独感を感じるようになるのね。
そして、植物図鑑を見ながら探した食用草・・・
間違って毒のある草食べちゃって、衰弱、、、
クリスがこの地で探求できた事は、
幸せ・・って、誰かとわかちあうことが大切・・・って事。
大自然の孤独の生活は、その事を彼に教えてくれたのね。

とまあ、こんなお話。
実話なので、主人公が死んじゃって終わってるのね。
主演のエミール・ハーシュ・・・前回の「スピード・レーサー」はキレイどころの青年だったけど、
今回は自然にドップリ浸かって、彼自身がワイルドだったね。
そしてこの映画の特徴は脇役がいい味出してるところ。
ハル・ホルブルックじいさんは、山登りさせられた甲斐があって、

オスカーの助演男優賞にノミネートされてたね。

ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この映画の関連作は・・・
「イントゥ・ザ~」ものは・・・
ジェシカ・アルバちゃんの「イントゥ・ザ・ブルー
スティーヴン・セガールの「イントゥ・ザ・サン
 

クリステン・スチュワートは、「ザスーラ」に出てました。



という事で今回は・・・
ワイル度・・・
旅の先々での人との出会いによって、充分人間の幸せを感じられたのに・・・
極寒の荒野に赴いて孤独を噛みしめてからじゃないと、
その幸せは実感出来なかったのね。


●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
この映画を見てひらりん同様「さすがにショーン・ペンの作品は渋いなーー」 と思ったあなた・・・
                
バナーにポチッとクリックおねがいしまーーす。

「人気ブログランキング(映画)」 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (53)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★「パコと魔法の絵本」 | トップ | 「アレックス・ライダー」 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Ageha)
2009-07-17 01:59:08
クリステンスチュワートって
「トワイライト」のベラですよね~?
いや~、トワイライトよりこっちのほうが
魅力的でかわいかったです~。

一人になって気がつく真理って
結局は
誰かと分かち合う人生こそがええんやって
ことだったんじゃないんですかね~・・・。
自分ひとりの身で、何も持たずに
生活してみてやっぱり誰かといたいってとこへ
たどりつくのは
それまでに出会った多くのひとが
彼を少しずつ変えていってくれたからだとも
思うのですがそれにしても・・・。
もったいないという言い方は変ですが
なんか悔しいです。そんな終わり方って・・・。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

53 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
SeanPennの「Into the Wild」 (犬連れ国際結婚)
2007年も、後、もう少しで終わろうとしているが、今年、映画館で観た映画で忘れられない、そして、忘れてはいけない映画に、Sean Pennの Into the Wild がある。この映画は、Sean Pennが10年ほど前に、その映画のモデルとなったC...
「イントゥ・ザ・ワイルド」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
上映時間は、148分。 かなり長め。日本的、生半可な、東南アジア方面への「自分探し」卒業旅行感覚とか、そんな生ぬるさはこの映画には皆無です。尺の長さ故、「中だるみするかな?」と鑑賞前は感じていましたが、一つ一つのエピソードの出来がとても良い感じに仕上が...
イントゥ・ザ・ワイルド (5125年映画の旅)
大学を卒業したクリスは、金も車も捨てて、家族に何も告げる事無く放浪の旅に出る。様々な地をさまよったクリスは、旅の集大成としてアラスカに向かう。 アカデミー賞俳優ショーン・ペンが監督したロードムービー。クリス・マッカンドレスという青年がアラスカの奥地...
イントゥ・ザ・ワイルド (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
若者が欲するピュアな孤独を描いた秀作。大学卒業と同時に家族や金銭、車を捨てて、真の自由を求めてアラスカの荒野を目指す青年クリスが、彷徨の果てに悲劇的な最期を迎えるまでを静かにつづる。一歩間違えば甘ったれた青年のドジな物語なのだが、若さとはいつも必要以上...
「イントゥ・ザ・ワイルド」 (古今東西座)
こんな僕でも(?)若い頃に「自分は親の言いなりになって敷かれたレールの上を走らされてるだけじゃないのか?」なんて青臭いことを思ったことがある。この『イントゥ・ザ・ワイルド』の主人公クリストファー・マッカンドレス(エミール・ハーシュ)はそれに加えて家庭環...
イントゥ・ザ・ワイルド (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
公式サイト。 ジョン・クラカワー原作、ショーン・ペン原作、エミール・ハーシュ、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ウィリアム・ハート、ハル・ホルブルック、キャサリン・キーナー、ヴィンス・ヴォーン、ジェナ・マローン、クリステン・スチュワート、ブライアン・ディアカー...
「イントゥ・ザ・ワイルド」良かったけれど、ちょっと長過ぎ・・・ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
丁寧に作ってあって、とても良かったけれど、少し長すぎたかな・・・。4つ☆~4つ☆半
試写会「イントゥ・ザ・ワイルド」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2008/8/5、有楽町朝日ホールでの開催。 最前列4列は座席ではなくイスを並べてあった。 運悪く、とても姿勢の良い男性が前に座ってしまった。 ところがこの男性、上映の途中でやおら立ち上がり、 頭をかがめるでもなく、堂々とゆっくり歩いて席を移動。 暫くして傘を忘...
「イントゥ・ザ・ワイルド」 (てんびんthe LIFE)
「イントゥ・ザ・ワイルド」試写会 よみうりホールで鑑賞 これまた、主人公に思い入れができなくて、私には受け入れられない作品でした。 監督はあのショーン・ペン。 途中でほかの監督さんたちのように自分でも少し登場するのかとも思ったのですがそんなことはあり...
*イントゥ・ザ・ワイルド* (Cartouche)
「イントゥ・ザ・ワイルド」 (c) MMVII by RIVER ROAD ENTERTAINMENT, LLC and PARAMOUNT VANTAGE, A Division of PARAMOUNT PICTURES CORPORATION. All Rights Reserved. {{{   ***STORY***             2007年  アメリカ 1990年...
『イントゥ・ザ・ワイルド』 (ラムの大通り)
※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 (原題:Into The Wikd) ----これって、今回のカンヌ映画祭審査委員長ショーン・ペンの 最高傑作と言われている超話題作だよね。 トレーラーでは「きみの青春は...
『イントゥ・ザ・ワイルド』 (2007) / アメリカ (NiceOne!!)
原題:INTOTHEWILD監督・脚本:ショーン・ペン原作:ジョン・クラカワー出演:エミール・ハーシュ、ハル・ホルブルック、キャサリン・キーナー、ウィリアム・ハート、ヴィンス・ヴォーン鑑賞劇場 : 109シネマズ川崎公式サイトはこちら。<Story>1990年夏、アトラ...
イントゥ・ザ・ワイルド (Memoirs_of_dai)
優秀な人間は時として奇行起こす 【Story】 大学を優秀な成績で卒業したクリス(エミール・ハーシュ)は車や財布を捨て、自由を手に入れる...
イントゥ・ザ・ワイルド/INTO THE WILD (我想一個人映画美的女人blog)
名優、ショーン・ペンが10年の歳月をかけて実現{/star/}監督、脚本した会心作{/atten/} 試写行って来ました。 全米で大ベストセラーとなったジョン・クラカワー原作の「荒野へ」で実話。 持ってたチラシをじっくりみてなかったから、てっきりショーン・ペン主演して...
イントゥ・ザ・ワイルド (映画のメモ帳+α)
イントゥ・ザ・ワイルド(2007 アメリカ) 原題   INTO THE WILD    監督   ショーン・ペン    原作   ジョン・クラカワー 『荒野へ』(集英社)    脚色   ショーン・ペン       撮影   エリック・ゴーティエ           ...
イントゥ・ザ・ワイルド (2007・アメリカ) (白ブタさん)
試写会に行ってきました(^^♪
★イントゥ・ザ・ワイルド(2007)★ (CinemaCollection)
INTOTHEWILDそして僕は歩いて行くまだ見ぬ自分と出会うために映時間148分製作国アメリカ公開情報劇場公開(スタイルジャム)初公開年月2008/09/06ジャンルドラマ/青春【解説】若さゆえの生真面目さで自らの心と向き合い、過酷なアラスカの大自然に立ち向かっていった一人の...
イントゥ・ザ・ワイルド (映画を観たよ)
旅は憧れ。
イントゥ・ザ・ワイルド (りらの感想日記♪)
【イントゥ・ザ・ワイルド】 ★★★★☆ 試写会(22) 2008/09/8 ストーリー 1990年夏、ジョージア州の大学を優秀な成績で卒業し
「イントゥ・ザ・ワイルド」 同世代だから感じる苛立ち (はらやんの映画徒然草)
1968年生まれ。 エンドロール前に実話を元にしたこの作品の主人公クリス・マッカ
イントゥ・ザ・ワイルド/エミール・ハーシュ (カノンな日々)
話題作だと思っていたら意外と公開規模が小さいんですよね。でもそのおかげでTOHOシネマズららぽーと横浜のプレミアスクリーンで観ることが出来ました。ここはゆったりしていて快適なんですよね。 出演はその他に、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ウィリアム・ハート、ジェ...
イントゥ・ザ・ワイルド (江戸っ子風情♪の蹴球二日制に映画道楽)
 アメリカ  ドラマ&青春  監督:ショーン・ペン  出演:エミール・ハーシュ      マーシャ・ゲイ・ハーデン      ウィリアム・ハート      ジェナ・マローン 【物語】  1990年夏、ジョージア州の大学を優秀な成績で卒業した22歳の青年、 ク...
「イントゥ・ザ・ワイルド」試写会 (第1学区 学級日誌)
 「イントゥ・ザ・ワイルド」の試写会に行ってきた。ショーン・ペンが監督・脚本、エミール・ハーシュ主演で、実話の映画化。大学を優秀な成績で卒業した主人公クリスが、家族もお金も車も捨てて家出して、アレクサンダー・スーパートランプという偽名を使ってバックパッ...
『イントゥ・ザ・ワイルド』 ★★★ (時流を聴く)
3連休の中日、『イントゥ・ザ・ワイルド』を観るために浦和美園のシネコンへ。   この映画は絶対観に行く!と決めていたのは撮影監督が『モーターサイクル・ ダイアリーズ』のエリック・ゴーティエだから。 上
『Into the Wild』イントゥ・ザ・ワイルド (キマグレなヒトリゴト)
ナイーヴすぎた彼の軌跡。 ぽちっとプリーズ。 Into the Wild
イントゥ・ザ・ワイルド (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆ 真理の探究・原理への挑戦・果てなき逃避  
イントゥ・ザ・ワイルド  INTO THE WILD (シネマログ  映画レビュー・クチコミ 映画レビュー)
ALONE → LONELINESS■ストーリー1990年夏。何不自由しない裕福な家庭に育ったクリス・マッカンドレス。アメリカ・ジョージア州アトランタの大学を優秀な成績で卒業後、貯金のすべてを慈善団体に寄付し、クレジットカードを裁断し、現金を燃やして放浪の旅に出る。コロラ...
イントゥ・ザ・ワイルド (映画初日鑑賞妻)
★★★★★ 感動した。 長い時間も苦にならなかった。いつの間にかクリスと同じく、スクリーンの大自然の中で、考えている自分がいた。 自由は孤独だ。
イントゥ・ザ・ワイルド (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『そして僕は歩いて行く まだ見ぬ自分と出会うために』  コチラの「イントゥ・ザ・ワイルド」は、裕福な家庭に育った優等生の若者が全てを捨て去り、”ジブンをぶっこわす旅”の末、過酷なアラスカの荒野で1992年夏に遺体で発見された実在の人物クリス・マッカンド...
INTO THE WILD そのまま帰って来れなかったのか。 (労組書記長社労士のブログ)
【36-18-】  今日から10月、今月は下半期のスタートということで、いろんなことが変わります。 ◆ 政管健保→協会けんぽに ◆ 厚生年金の保険料 149.96/1000(労使各々74.98/1000)→153.5/1000(76.75/1000) ◆ 姥捨て山医療制度、失礼、長寿医療制度(←嘘つき)...
荒野へ~『イントゥ・ザ・ワイルド』 (真紅のthinkingdays)
 INTO THE WILD  優秀な成績で大学を卒業したクリストファー・ジョンソン・マッカンドレス(エミール ・ハーシュ)は、誰にも告げるこ...
イントゥ・ザ・ワイルド (だらだら無気力ブログ)
何もかも捨てて、放浪の旅に出てアラスカを目指した青年の姿を描いた ドラマ。原作はジョン・クラカワーの『荒野へ』。優秀な成績で大学を卒業したクリス。両親を嫌っているクリスは 義務で大学を卒業したことで、自由を求めて家族を捨て放浪の旅にでる。 道中、彼はいろ...
「イン・トゥ・ザ・ワイルド」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Into the Wild 」2007 USA 裕福な家庭に育った青年が文明を捨て荒野へと旅立つロード・ムーヴィー。 クリスに「卒業の朝/2002」のエミール・ハーシュ。 母親ビリーに「ポロック2人だけのアトリエ/2000」「ルイーズに訪れた恋は/2004」のマーシャ・ゲイ・ハーデ...
イントゥ・ザ・ワイルド☆ショーン・ペン監督作品 (銅版画制作の日々)
 彼が最後に呟いた言葉は、”アラスカの罠にはまった”でした・・・・・。   9月30日、この日は、「アウェイ・フロム・ハー 君を想う」とこの作品を鑑賞しました。東宝シネマズ二条で観た「イントゥ・ザ・ワイルド」、俳優ショーン・ペンが監督した2001年...
イントゥ・ザ・ワイルド  INTO THE WILD (映画の話でコーヒーブレイク)
ロシア映画「12人の怒れる男」公開の最終日、折角銀座まで遠出したので 帰りにこれまた見たかった本作を川崎で鑑賞。 「12人の・・・」は2時間40分、本作は2時間28分、トータル5時間超え{/face_acha/} ちょっと無茶をしてしまいました。 私の無謀はこの程度・...
イントゥ・ザ・ワイルド (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  すべてを捨て去り、一人でアラスカまで旅をする青年を描くヒューマンドラマ。実話をアレンジした話であるが、この青年がなぜ自分採しの旅に出る必要があったのかを、時間を前後させながら克明に描いてゆく。  それにしても、この青年の心は、余りにも繊細で純...
『イントゥ・ザ・ワイルド(Into The Wild)』 (CHAOS(カオス))
ずいぶん旅をしたねー、本当の幸せの意味を知るために。 それにしても切ないよ、あの結末。 でも一つの真理に辿り着いたから幸せだったのか、クリスは? 自由、孤独、幸福・・いろいろなことを考えさせられる内容だった。 自然の厳しさや迫力もすごく伝わ...
『イントゥ・ザ・ワイルド』 2008-No66 (映画館で観ましょ♪)
ショーン・ペン監督作品 『スピード・レーサー』に主演したエミール・ハーシュが 18キロも減量して演じている。 『 そして僕は歩いて...
イントゥザワイルド (シネマ日記)
ショーンペンが監督した作品だから、見に行こうかなぁとは思っていたものの、裕福な若者が何もかもを捨てて一人アラスカを目指す話?それって、大自然との闘いみたいなの?一人で行くってことはセリフもめちゃ少ない?寝てしまうかも?とちょっと、迷い気味だったワタクシ...
270「イントゥ・ザ・ワイルド」(アメリカ) (CINECHANの映画感想)
そして僕は歩いていく、荒野へ  1990年夏、アトランタのエモリー大学を優秀な成績で卒業した22才の青年・クリス・マッカンドレス。卒業祝いに両親から新車を買ってやるという申し出を断り、預金全額を慈善団体に寄付し、家族に何も告げず、無一文で旅に出る。  ...
イントゥ・ザ・ワイルド (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
将来を約束された青年の自由を求める旅路 裕福な家庭で育った青年が目指したのは絶対的な孤独の地アラスカだった。 名優ショーン・ペンが久々に監督を務めたロード・ムービー。ベストセラー・ノンフィクション「荒野へ」を基に、アラスカで謎の死を遂げた青年の旅の...
映画『イントゥ・ザ・ワイルド』は「かなりイタいジェネレーショ... (じょん・どー 和製マックス・クリフォードまでのはるかなる道のり!)
観た人が口々に「いい映画だった、いい映画だった」というのでわざわざ新宿まで行って観てきました。イントゥ・ザ・ワイルド-http://intothewild.jp/top.html-http://info.movies.yahoo.co.jp/detail/tymv/id329456/すべてを捨てアラスカへと放浪の旅へ出た裕福な青年の心...
イントゥ・ザ・ワイルド (2ちゃんねる映画ブログ)
【アラスカで】 イントゥ・ザ・ワイルド 【自分探し】 http://mamono.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1218898018/ 1 :名無シネマ@上映中 :2008/08/16(土) 23:46:58 ID:yv4NM1vG Into the Wild http://intothewild...
「イントゥ・ザ・ワイルド」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
徹底的にストイックな旅・・原作が読んでみたくなりました
イントゥ・ザ・ワイルド (映画鑑賞★日記・・・)
原題:INTO THE WILD公開:2008/09/06製作国・年度:上映時間:148分監督:ショーン・ペン出演:エミール・ハーシュ、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ウィリアム・ハート、ジェナ・マローン、キャサリン・キーナー、ヴィンス・ヴォーン、クリステン・スチュワート、ハル・ホル...
イントゥ・ザ・ワイルド (サムソン・マス=ラーオの失脚 -日曜日の映画たち-)
    = 『イントゥ・ザ・ワイルド』  (2007) = 大学を優秀な成績で卒業したクリス(エミール・ハーシュ)は、車や財布を捨て、自由を手に入れるために放浪の旅へと出る。 ヒッチハイクを繰り返し、アメリカからアラスカへと北上。 アラスカ山脈の人気のな...
イントゥ・ザ・ワイルド (Addict allcinema 映画レビュー)
そして僕は歩いて行く まだ見ぬ自分と出会うために  
イントゥ・ザ・ワイルド / 75点 / INTO THE WILD (FUNNY GAMES?)
"頭(知識)"ではなく"心(経験)"で生きた・・・その不器用さは途轍もなく美しい 『 イン・トゥ・ザ・ワイルド / INTO THE WILD 』 2007年 アメリカ 148分 監督 : ショーン・ペン 脚本 : ショーン・ペン 原作 : ジョン・クラカ
なんでそんなオチやね~~ん!(泣)~「イントゥ・ザ・ワイルド」~ (ペパーミントの魔術師)
イントゥ・ザ・ワイルド [DVD]エミール・ハーシュ, マーシャ・ゲイ・ハーデン, ウィリアム・ハート, ジェナ・マローン, ショーン・ペンHappinet(SB)(D) 2009-02-27売り上げランキング : 1920おすすめ平均 生きるってなんだろういいんだけど・・・Into The MindAmazonで...
イントゥ・ザ・ワイルド (こんな映画見ました~)
『イントゥ・ザ・ワイルド』 ---INTO THE WILD--- 2007年(アメリカ) 監督:ショーン・ペン 出演: エミール・ハーシュ、マーシャ・ゲイ・ハーデン、ウィリアム・ハート、 ジェナ・マローン、キャサリン・キーナー 、ヴィンス・ヴォーン、 クリステン・スチュワート...
映画評「イントゥ・ザ・ワイルド」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆☆(8点/10点満点中) 2007年アメリカ映画 監督ショーン・ペン ネタバレあり
Into the Wild ~イントゥ・ザ・ワイルド~ (むーびーふぁんたすてぃっく)
「Into the Wild ~イントゥ・ザ・ワイルド~」 感想 Into the Wild そして僕は歩いて行く まだ見ぬ自分と出会うために 資本主義、物質社会...
映画『イントゥ・ザ・ワイルド』を観て (KINTYRE’SDIARY)
81.イントゥ・ザ・ワイルド■原題:IntoTheWild■製作年・国:2007年、アメリカ■上映時間:148分■字幕:松浦美奈■鑑賞日:9月27日、テアトル・タイムズスクエア(新宿)ス...