★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「DISNEY'S クリスマス・キャロル」

2009-11-18 03:38:26 | 映画(た行)
<T1113/2009/A198/S091>

今週の平日休みは、シネマイレージ会員の鑑賞ポイント6点と300円払って、
日本語吹き替えの3D版を鑑賞。
予告編もバシバシ飛んでくる3Dの「カールじいさん~」と「アバター」だった。
原題も「A CHRISTMAS CAROL」。
2009年製作のクリスマス系ダークファンタジー・ドラマ、97分もの。

あらすじ・・・今回はMovieWalkerさんから引用させてもらいました。
結構詳しいので反転モードで・・・
クリスマス・イヴのロンドン。スクルージ(ジム・キャリー)のビジネス・パートナーのマーレイが死ぬ。スクルージは悲しむ様子も見せずに指定遺言執行者のサインをして、遺体の両まぶたに置かれた銅貨をひったくる。7年後の1843年、クリスマス・イヴ。金貸業を営むスクルージの事務所には暖炉もなく、事務員のクラチット(ゲイリー・オールドマン)は凍えながら働いている。スクルージの甥フレッド(コリン・ファース)がクリスマスの挨拶に来ると、スクルージは怒鳴り散らす。また、貧しい人への寄付を乞われると、「余分な人口が減った方がマシだ」と毒づく。夜、スクルージが家に帰ると、マーレイの幽霊が現れ、3人の亡霊がスクルージを訪ねてくると告げる。すると、老成した顔の子供の姿をした“過去のクリスマスの亡霊”が現れる。亡霊はスクルージを連れて、過去のクリスマスへ飛び立つ。7歳のスクルージは、みんなが帰った学校で寂しく本を読んでいた。17歳のときは、妹ファン(ロビン・ライト・ペン)に迎えられて、家に帰る喜びに満ちていた。27歳になると、奉公先の店主フェジウィッグ(ボブ・ホスキンス)が開いたクリスマスパーティを楽しんでいた。しかしその5年後、スクルージは損得でしか物事を考えないようになっており、恋人ベルも彼の元を去っていった。次に現れたのは、巨大な“現在のクリスマスの亡霊”だった。亡霊はスクルージを、クラチットの家に連れていく。クラチット夫人と子供たちの笑顔や、体の弱い末っ子ティムの健気な姿を見たスクルージは、亡霊にティムの命乞いをする。しかし亡霊は「余分な人口が減った方がマシだ」と答える。続いてフレッドの家を訪れる。フレッド夫妻と友人たちはスクルージの性格をゲームのネタに楽しんでいるが、フレッドはスクルージを擁護する。最後に、顔も体もない怪物“未来のクリスマスの亡霊”が現れる。スクルージは螺旋階段を転がり、葬儀用馬車に追われる。そして、未来の自分の姿を目にする。

        

ここからひらりん的レビューのネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
●これ、特殊メイクばりばりの実写版かと思ってたらロバート・ゼメキス監督作品で、
またまたお得意のナントカキャプチャー3Dのアニメ???
アニメって呼んでいいのかな。。

●しかし、1人何役もこなしてるけど、誰が誰だかわからない。
甥っ子役のコリン・ファースは実物どおりにしか見えなかったけど。
●話のほうは・・・
現在・過去・未来の精霊に自分の姿がどんなだかを見せ付けられたジイサン。
改心して皆に優しくなっちゃって、ハッピークリスマスに・・・という結末。

●最後こそ、ハッピーエンドだけど、途中まではイヤミな人間の経歴を見せられて、
とってもダークな気持ちになっちゃう。
●良いところは、病弱な末っ子が言う「世界中が幸せに・・・」みたいな言葉。
一年に一度のクリスマスだからこそ、暖かい気持ちになってお祝いしたい・・・
というのが、クリスチャンなのでしょうか・・・
日本人にとっては単なるイベントですが。
●原作者のチャールズ・ディケンズは「オリバー・ツイスト」の人。
●今回の3Dも合格点・・・空中滑降シーンなどのスピード感ある動きは申し分ない。
しかし、ダークなファンタジーっぽかったので、3Dメガネを付けたことによって、
より暗く感じたなーーー。
メガネは重たくて疲れるし、
早く裸眼で3D映像が楽しめるようにならないかなーーー。

ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この映画の関連作は・・・
ジム・キャリーの「レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語」も、
本人と確認しづらい特殊メイク。
ゼメキス監督の「ベオウルフ/呪われし勇者」の時も、
実写版と勘違いさせられてたよ。
 

という事で今回は・・・
「クリスマス・キャロルが流れる頃には」By稲垣潤一 度・・・
話は違いますが、最近稲垣潤一がこの曲を広瀬香美とデュエットしてます。
ひらりんが最近はまろうとしてるツイッター界では、
広瀬香美は超話題人らしく、ツイッターでライブ中継してたらしいです。
芸能人も生き残りが大変ねっ。

ひらりん的にはこの作品・・・感動を呼ぶにはイマイチ・・・
この監督の作風のなんとかキャプチャーの映像には感情移入しづらいかなっ。

●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
この映画を観て、ひらりん同様「誰が誰だかわからなかったーー」というあなた・・・
                   
バナーにポチッとクリックおねがいしまーーす。

「人気ブログランキング(映画)」 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (65)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「バビロン A.D.」 | トップ | 「インストーラー」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
毎々TBありがとうございます (KGR)
2009-11-19 10:07:40
私はマーレイの亡霊が特にリアリスティックに感じました。
RealD3D(ユナイテッドシネマ系)の3Dめがねはぺらぺらで軽いです。
Xpand3D(109シネマズ系)のものはやや重いです。
Dolby3Dはもっと重いようです。
Disney3Dはどういう方式なのか分かりません。どんなめがねでしたか。
こんにちは (たいむ)
2009-11-19 19:39:30
「クリスマスキャロル」って聞くと私もついつい稲垣潤一さんの歌を思い出しちゃうんですよね~

日本人のほとんどは便乗クリスマスだけど、こういう日があっても良いですよねw

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

65 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
Disney's クリスマス・キャロル (LOVE Cinemas 調布)
チャールズ・ディケンズの名作をフル3DCGで映画化。監督は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズや『ベオウルフ/呪われし勇者』で3DCGの鬼才ロバート・ゼメキス。またパフォーマンス・キャプチャーでの出演にジム・キャリーやゲイリー・オールドマンといっ...
クリスマス・キャロル (Akira's VOICE)
お金は大事やけど,人間愛はもっと大事。  
『Disney's クリスマス・キャロル』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【Disney's a Christmas Carol】 2009年/ディズニー/97分 【オフィシャルサイト】 監督:ロバート・ゼメキス 出演:ジム・キャリー、ゲイリー・オールドマン、ロビン・ライト・ペン
Disney'sクリスマス・キャロル 3D吹替え版 (だらだら無気力ブログ)
英国の文豪ディケンズの不朽の名作をロバート・ゼメキス監督が3D映画と して映像化。 金の亡者であるスクルージが不思議な体験をすることによって人生を見つめ 直す姿を描く。イギリスのロンドンで商売を営んでいるスクルージは、金が全てという人間で 人との交流を嫌...
Disney’s クリスマス・キャロル / Disney's a Christmas Carol (我想一個人映画美的女人blog)
今年は〈3D映画元年〉らしいけど、コレ観るなら絶対、3Dで {/ee_1/} この時期観たくなる、大好きなクリスマス映画のひとつに「ポーラーエクスプレス」{/kirakira/}がある。 そのロバート・ゼメキス監督の最新作は ジム・キャリーときいて楽しみに待ってました~♪ (本...
★Disney'sクリスマス・キャロル(2009)★ (CinemaCollection)
ACHRISTMASCAROL未来は、まだ変えられるかもしれない…彼の名前はスクルージ。金がすべての、嫌われ者。映時間97分製作国アメリカ公開情報劇場公開(ディズニー)初公開年月2009/11/14ジャンルファンタジー/ファミリー/ドラマ【解説】文豪チャールズ・ディケンズの古典的....
Disney'sクリスマス・キャロル/Disney's a Christmas Carol (いい加減社長の映画日記)
レイトショーのはしごの2本目に「Disney'sクリスマス・キャロル」を鑑賞。スクリーンに行こうとしたら、チケットカウンターに長い列ができていて。スーパーレイトショーの時間(12時ごろ)なのに、すごいなぁ、と思いながら。「UCとしまえん」は、そういう意味で、時間...
劇場鑑賞「Disney'sクリスマス・キャロル」 (日々“是”精進!)
クリスマス・キャロル「Disney'sクリスマス・キャロル」を鑑賞してきました鑑賞予定にはありませんでしたが、前売券が当たったもので。差額を払い、3D吹き替え版を。文豪チャールズ・ディケンズの古典的名作を、「ポーラー・エクスプレス」「ベオウルフ/呪われし勇者」...
Disney'sクリスマス・キャロル (★YUKAの気ままな有閑日記★)
フェイントで鑑賞―【story】守銭奴で、家族を持たず、誠実な使用人ボブ(ゲイリー・オールドマン)やたった一人の甥(コリン・ファース)どころか、全ての人との繋がりに背を向けて生きるスクルージ(ジム・キャリー)は街一番の嫌われ者。あるクリスマス・イブの夜、か...
「Disney's クリスマス・キャロル」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画&nbsp; 芸達者なジム・キャリーの熱演。せっかくだから迫力ある映像で…と思い川崎のIMAXシアターまで出かけました。(近所のシネコンでは3D上映が吹き替え版のみだったので…)映像体験としてはまるでアトラクションのノリでした。ディズニーと...
Disney's クリスマス・キャロル 3D 吹替版 (映画道)
チェック:金銭欲を満たすために生きる男が、クリスマス・イブの夜の不思議な体験を経て、本当の幸福の意味を悟る奇跡と感動のファンタジー。 文豪チャールズ・ディケンズの不朽の名作を、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズのロバート・ゼメキス監督が映像化。 ...
Disney's クリスマス・キャロル (マー坊君の映画ぶろぐ)
「Disney's クリスマス・キャロル」監督:ロバート・ゼメキス(『ベオウルフ/呪われし勇者』)出演:ジム・キャリー(『イエスマン "YES"は人生のパスワード』『ナンバー23』)ゲイリー・オールドマン(『ダークナイト』『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』)ロビン・ラ...
Disney's クリスマス・キャロル IMAX-3D 字幕版/ジム・キャリー (カノンな日々)
私の本棚にはちょっと厚めの「クリスマス・キャロル」の絵本があるくらい好きな作品なんですよね。このタイトルから受ける印象なのか楽しいクリスマスのお話をイメージされる方も少なくないみたいなんですけど、実はちょっとダークなお話だったりするんですよね。初めて予...
『Disney'sクリスマス・キャロル』 (A Christimas Carol) (Mooovingな日々)
ロバートゼメキス監督、ジムキャリー、ゲイリーオールドマン、ロビンライトペン、ボブホスキンス、コリンファースほか。 スクルージは金がすべての嫌われ者。あるクリスマスイブの夜、過去、現在、未来の3人のクリスマスの亡霊に導かれ、時間旅行の旅に。 そこで彼が...
映画「Disney’sクリスマス・キャロル」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
109シネマズ木場。 ジム・キャリー、ゲーリー・オールドマン、ロビン・ライト・ペン。 *** 「クリスマス・キャロル」については既にご承知のとおり。 エベニーザ・スクルージという強欲でけちな嫌われ者の高利貸しが、 クリスマス・イブの夜、過去、現在、未来の...
Disney'sクリスマス・キャロル3D日本語吹き替え版 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
チャールズ・ディケンズ原作の同名小説を、ロバート・ゼメキス監督が製作・脚本も担当して映画化した。物語の完成度の高さとの相乗効果で傑作だと思う。パフォーマンス・キャプチャーという俳優の顔の表情を映像化する技術を使って3D化された映像は、まるで実写のようなリ...
Disney's クリスマス・キャロル (Blossom)
Disney's クリスマス・キャロル A CHRISTMAS CAROL 監督 ロバート・ゼメキス 出演 ジム・キャリー ゲイリー・オールドマン     ロビン・...
Disney''s クリスマス・キャロル (2D) (Ki-Tsu-Neの祠 R)
ええ話しやぁ でも、ちょっと退屈 2Dだど画像がありきたり。3Dで見るべきですね こんにちわ、Ki-Tsu-Neです。 クリスマス・キャロルと言えば、19世紀のイギリスに居た文豪「チャールズ・ディケンズ」の作品です。クリスマスに関連した物語の中では非常に有名な...
「Disney’s クリスマス・キャロル」みた。 (たいむのひとりごと)
ディズニーアニメは敬遠しがちだけど、偏屈ジイさんが主人公というので鑑賞。また、3D上映も気になったが【吹替版】しか上映がなかったため”2D字幕版”にした。いつもどおりそれ以上の前知識は入れていなかった
Disney’s クリスマス・キャロル 3D (そーれりぽーと)
CG映画製作にはまってはるロバート・ゼメキスが次にCGで描いたのは、おなじみの『クリスマス・キャロル』を3Dで! 何故今さらクリスマス・キャロルなのか?そんなことよりも、『ハリー・ポッター第六章』IMAX版の前に流れてたグリグリ飛び出してくる3D映像に強烈に惹か...
「Disney's クリスマス・キャロル」 (首都クロム)
 傲岸不遜な偏屈老人スクルージが全ての尺に金貨を用いていることは、冒頭でマーレイの伏せられた瞼の上から金貨を回収していく行為から明らかです。この嫌らしい爺さんのへの字に曲がった口が逆に曲がることは、果たしてあるのだろうかというほど。しかし哀しいのは、現...
『Disney's クリスマス・キャロル』 ('09初鑑賞168・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆★- (5段階評価で 3.5) 11月14日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター7にて 13:15の回を鑑賞。
Disney'sクリスマス・キャロル 3D 日本語吹替版 (悠雅的生活)
神のお恵みを。すべての人たちに。
Disney'sクリスマス・キャロル (悠雅的生活)
神の祝福を。すべての人々に。
Disney’s クリスマス・キャロル (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。チャールズ・ディケンズ原作、ロバート・ゼメキス監督、ジム・キャリー、ゲイリー・オールドマン、ロビン・ライト・ペン、コリン・ファース、ボブ・ホスキンス、カラム・ブルー、ダリル・サバラ、フェイ・マスターソン、レスリー・マンヴィル。1842年のロンド...
映画「Disney''sクリスマス・キャロル 3D 日本語吹替版」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『Disney''sクリスマス・キャロル 3D 日本語吹替版』を本日初日に観て来ました。 採点は★★★☆☆(5点満点中3点)。ホントは作品の出来は70点、3Dメガネが30点くらいかな。 基本的に字幕版しか観ないので、日本語吹替の3Dは観る機会が無い。前の記事『映画「...
*Disney’s クリスマス・キャロル* (Cartouche)
{{{   ***STORY***           2009年  アメリカ 主人公のスクルージにとって、人生は金が全て。家族を持たず、人との絆に背を向け、ただ己の金銭欲を満たすためだけに生きる彼は、町一番の嫌われ者。あるクリスマス・イブの夜、かつてのビジ...
Disney's クリスマス・キャロル (yanajunのイラスト・まんが道)
映画『Disney's クリスマス・キャロル』は、ロバート・ゼメキス監督がチャールズ・ディケンズの小説を映画化した作品です。 先日、劇場に観に行きました。 ●導入部のあらすじと感想
Disney'sクリスマス・キャロル (Diarydiary!)
《Disney'sクリスマス・キャロル》 2009年 アメリカ映画 - 原題 -
『Disney's クリスマス・キャロル』 (ラムの大通り)
-----さて、またまたフォーンが喋っちゃいます。 この映画、立川シネマシティのポイントがたまったとかで、 フォーンもこっそり観てきたのニャ。 監督は、フォーンも知っているロバート・ゼメキス。 『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズや 『フォレスト・ガンプ/...
Disney's クリスマス・キャロル・・・・・評価額1600円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
「Disney's クリスマス・キャロル」は、デジタルアニメーション映画の世界で、独自のスタイルを追求しているロバート・ゼメキス監督による最新...
『Disney's クリスマス・キャロル』・・・スクルージにも神の祝福を! (SOARのパストラーレ♪)
あまりにも有名なディケンズのクリスマス・キャロル。私が最初に読んだのは英語の授業で教材に使われた副読本だった。もちろん原文ではなく中高生向きに優しく書き直された物だったと思うが、私にとって辞書を引きながら英文を読むことの楽しさを教えてくれた思い出深い物...
Disney's クリスマス・キャロル (You got a movie)
監督   ロバート・ゼメキス キャスト ジム・キャリー      ゲイリー・オールドマン      コリン・ファース      ロビン・ライト・ベン 「ロマンシング・ストーン秘宝の谷」「バック・トウ・ザ・ヒューチャーシリーズ」「フォレスト・ガンプ」「コンタ...
Disney'sクリスマス・キャロル (心のままに映画の風景)
家族を持たず人とのきずなに背を向け、 金銭欲を満たすためだけに生きるスクルージ(ジム・キャリー)は、街一番の嫌われ者。 あるクリス...
Disney’s クリスマス・キャロル 3D <日本語吹替版> (DVD YouTube CINEMA)
ロンドンが大不況にみまわれた1843年に出版されたチャールズ・ディケンズの「クリスマス・キャロル」は、絶望の日々を送っていた当時の市民た...
「Disney's クリスマス・キャロル」 パフォーマンス・キャプチャーと3D (はらやんの映画徒然草)
イギリスの作家チャールズ・ディケンズの古典「クリスマス・キャロル」をロバート・ゼ
「Disney's クリスマス・キャロル」 (キネオラマの月が昇る~偏屈王日記~)
クリスマス・キャロル オフィシャルサイト (音量注意!) 「ポーラー・エクスプレス」を劇場で観なかったことを激しく後悔しました。 あわせてロバート・ゼメキス監督は単に「好き」というより、もう「信じてる」と言った方がいいくらいなので、迷わず劇場で鑑賞。 美...
「Disney's クリスマス・キャロル」 (或る日の出来事)
14日はTOHOシネマズで1000円の日。吹き替え版で3Dというのはチケットを買ったときに知った。
クリスマス・キャロル3D <ネタバレあり> (HAPPYMANIA)
観に行くなら断然、3D をおすすめ。 吹替になってしまうが面白さは倍増スクルージが亡霊に連れられて 空を飛びまくるねんけど それが速いから まぁとにかく目が回りよりまくりますぜ (ただ単にワタクシの動体視力が弱ってるせい) 画面に奥行きがあって 雪なん...
Disney's クリスマス・キャロル (なにも起こらなかった一日の終わりに。ver2.0)
 本日は「ポーラー・エクスプレス」のチームが再び贈るクリスマスファンタジー「クリスマス・キャロル」を観てきましたよ!!ほっほ~う!  二者択一  クリスマスキャロルは原作も名作で映画化も散々されているということもあるので、とりあえず細かいあらすじは書き...
映画『Disney'sクリスマス・キャロル<デジタル3D/日本語吹替版>』(お薦め度★★★) (erabu)
監督・脚本、ロバート=ゼメキス。原作、チャールズ=ディケンズ『クリスマス・キャロ
時代を超えて語り継がれる名作。『Disney'sクリスマス・キャロル』 (水曜日のシネマ日記)
金儲けに執着し人間らしい感情を忘れてしまった初老の男性の物語です。
Disney'sクリスマス・キャロル(2009) (銅版画制作の日々)
 未来は、まだ変えられるかもしれない… フリ―パスポート第3弾は、ジム・キャリーが嫌われ者のスクルージ他過去・現在・未来のクリスマスの霊等、全部で7役をこなすヒューマンファンタジー「クリスマス・キャロル」です。監督は「ロジャー・ラビット」「ポーラー・エ...
Disney’s クリスマス・キャロル 2Dで観るより3Dの方が評判高いようだ! (労組書記長社労士のブログ)
【 66 -13- 1ヶ月フリーパスポート=14 】 『ロンドンが大不況にみまわれた1843年に出版されたチャールズ・ディケンズの「クリスマス・キャロル」は、絶望の日々を送っていた当時の市民たちに希望の光を灯し、今なお世界中で愛され続けている“世界で最も有名な”クリス...
2009-89『Disney'sクリスマス・キャロル』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
&#63704;映画を鑑賞しました。&#63893; 2009-89『Disney'sクリスマス・キャロル』(更新:2009/11/15) * 評価:★★★☆☆ 3Dでの観賞で通常料金+300円でしたが、本日は東宝シネマズデーで1000円でしたから1300円での観賞です。「...
Disney'sクリスマス・キャロル (C'est joli~ここちいい毎日を~)
Disney'sクリスマス・キャロル’09:米 ◆原題:A CHRISTMAS CAROL◆監督: ロバート・ゼメキス「ベオウルフ/呪われし勇者」「バック・トゥ・ザ・フューチャー」◆出演: ジム・キャリー 、 ゲイリー・オールドマン 、 ロビン・ライト・ペン 、 ボブ・ホスキンス 、 コリ...
クリスマス・キャロル (2009 映画観てきましたっ!)
主演 ジム・キャリー 他に、ジム・キャリー、ジム・キャリー。。。。 なんと7役の ジム・キャリー ゲイリー・オールドマンも3役だと!
Disneysクリスマス・キャロル 3D 日本語吹替版 (ダイターンクラッシュ!!)
2009年11月23日(月) 14:00~ TOHOシネマズ川崎7 料金:300円(1ヶ月フリーパス+3D料金差額) パンフレット:700円(買っていない) 『Disneysクリスマス・キャロル』公式サイト フリーパス鑑賞20本目。 3Dは2000円だし、日本語吹き替えだしで、今まで...
Disney'sクリスマス・キャロル(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
大人向けだよね。ってことで「Disney'sクリスマス・キャロル」を観ました。 ( → 公式サイト  ) 出演:山寺宏一、安原義人、伊澤柾樹 上映時間:97分  家族を持たず、お金大好き、人との付き合い大嫌い。という生き方を貫きとおしているスクルージ...
Disney'sクリスマス・キャロル やっぱり3Dで観るのが正解だったのだ! (労組書記長社労士のブログ)
【 67 -13- 1ヶ月フリーパスポート=15 】 Disney'sクリスマス・キャロル【字幕スーパー2D版】を先日観たんだけど、レビューに書いているとおり、かなり印象が悪く俺としては評価も悪かった。 しかしTBさせていただいたブロガーの皆さんの評価を観ていると、3Dと2Dのど...
すべての人に祝福を~『Disney'sクリスマス・キャロル』【3D・吹き替え版】 (真紅のthinkingdays)
 A CHRISTMAS CAROL  "God bless us, every one!"  19世紀、ロンドン。金の亡者スクルージ(ジム・キャリー)は、クリスマスが 大嫌いな孤独な...
クリスマス・キャロル (映画の話でコーヒーブレイク)
マイケル・ジャクソンの「THIS IS IT」を見て、是非3Dの映画を見てみたい!と思い、 川崎109シネマズIMAXシアターで「クリスマス・キャロル」を見てきました。 IMAX「THIS IS IT」は最終日まで4日間のすべての回が完売になっておりました。 マイケル人気はスゴ...
こっちの方が良い!『Disney'sクリスマス・キャロル(3D 日本語吹替版)』 (水曜日のシネマ日記)
金儲けに執着し人間らしい感情を忘れてしまった初老の男性の物語。今回観たのは3D日本語吹替版です。
ディズニーのクリスマスキャロル3D (TSUTAYA×枚方駅前)
ハイ、Agehaです。 季節外れのクリスマス映画の予告はまだ半袖の頃からシネコンで流れていて 実は、1Fbookフロアでは10月とそして今月もこのDVDが流れています。 児童書・文庫いったい何種類出てるんだというくらい多いです。 どんな基準で本を選ぶのでしょ...
Disney's クリスマス・キャロル (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
誰もが知るディケンズの名作が、最新技術を駆使したユニークな映像で蘇った。家族も持たず、人との絆も信じられず、ただ金銭欲を満たすために生きる老人スクルージ。街一番の嫌われ者の彼のもとに、クリスマス・イブの夜、元ビジネス・パートナーの亡霊が現われ、スクルー...
Disney's クリスマス・キャロル (犬・ときどき映画)
Disney's クリスマス・キャロル字幕版 <Story> スクルージは、強欲で思いやりのかけらもない孤独なお爺さん。 甥っ子がクリスマスの食事に誘いに来ても「帰れ」。クリスマスの寄付にも「貧しくて死ぬのは運命だ、知らん」、従業員のクラチットに「なぜクリスマスを祝...
[遅ればせながら、映画『Disney'sクリスマス・キャロル 3D』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆・・・今回、途中から、文学作品評論になります^^    ◇  タイトルで「遅ればせながら」としましたが、公開から遅れての鑑賞となりましたが、シーズン的には、それほど遅れてはいませんね^^;  素晴らしかったです。  物語は文豪ディケンズの名作で、丁寧...
クリスマス・キャロル (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
未来は変えられる__、ある一夜の出来事が、それまでの人生を変えるとしたら・・・。 金がすべての嫌われ者、エベニザー・スクルージ。クリスマス・イヴの夜、彼の前に3人の“クリスマスの精霊”が現れる。それは人生を変えるための最悪のプレゼント。 彼らに連れ...
『Disney's クリスマス・キャロル』 (シネマのある生活~とウダウダな日々)
 チャールズ・ディケンズの原作をご存じない方でも、「クリマス・キャロル」という言葉には、なぜか暖かな響きを感じるのではないでしょうか。  この物語が誕生した19世紀半ばのロンドンでは、産業革命により貧富の格差が広がり、多く市民が貧困に苦しんでいました。...
クリスマス・キャロル (海辺のランナー、もぐらのブログ)
人気ブログランキングへ ? ? パスポート更新受け取りに、神戸国際会館に行った。 パスポート受け取り後、せっかく国際会館に来たから、一緒に来た我が奥さんと映画を見ることにした。 国際会館内には神戸国際松竹があり、11/3(火)祝日に、「風が強...
Disney's クリスマス・キャロル (いやいやえん)
有名な「クリスマス・キャロル」です。昨年はミュージカル映画のクリスマス・キャロルを観ましたね。ジム・キャリーさん主演、実に7役をこなしています。 嫌われ者スクルージが、過去・現在・未来を旅して生まれ変わるファンタジー作品ですが、リリースが遅かったのに...
Disney'sクリスマス・キャロル (映画鑑賞★日記・・・)
【A CHRISTMAS CAROL】2009/11/14公開アメリカ97分監督:ロバート・ゼメキス出演:ジム・キャリー、ゲイリー・オールドマン、ロビン・ライト・ペン、コリン・ファース、ボブ・ホスキンス未 ...
【映画】Disney's クリスマス・キャロル…2010年の残務整理(3) (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
昨日2011年1月3日(月曜日)…帰省していた息子はUターンラッシュの中、関東に戻って行きました。新幹線大変だったろうなぁ。 で、本日2011年1月4日(火曜日)は仕事始め。 …ちょいスロースタートめですね、このま...
Disney's クリスマス・キャロル (RISING STEEL)
Disney's クリスマス・キャロル / A CHRISTMAS CAROL 2009年 アメリカ映画 ウォルト・ディズニー製作 監督・脚本:ロバート・ゼメキス 原作:チャールズ・ディケンズ 撮影:ロバート・プレスリー ...
クリスマス・キャロル (2009/11/28) (黄昏のシネマハウス)
1843年に出版されたチャールズ・ディケンズ不朽の名作。 時は産業革命の時代。 大不況に見舞われ、格差が広がり、多くの市民が貧困にあえいでいたロンドン。 家族も持たず、人との絆に背を向け、ただ己の金銭欲だけを満たすためだけに生きる、町一番の嫌われ者、スク...