★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ライフ・イズ・ミラクル」

2006-09-19 03:38:58 | 映画(ら行)
旧ユーゴスラビアのボスニア紛争時のお話。
どんな奇跡(ミラクル)が起きるのか???
ちょっと興味がわいたのでDVDで見てみることに・・・。
2004年製作のロマンティック・コメディ、154分もの。

あらすじ以下ネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
内戦がいつ勃発してもおかしくないご時世・・・主人公の男は鉄道技師。
片田舎に暮らし、模型を作っては、のんびり・・
しかし、歌手だった妻は不満・・・
息子はサッカー選手になるため、都会へ行きたい・・・なんて家族関係。
実に変人ぞろいの家族・・です。
それにしても、この地方の鉄道は、日本人には????マーク。
なにしろ、線路を人力トロッコみたいなのを漕いで進む人もいれば・・・
滑車が付いてる車が線路の上を走ったり・・・アンビリーバボー。
話は・・・
そんなある時、プロ選手になる目前に、息子に召集令状が・・・
出征祝いのパーティーで、妻が別の男と駆け落ち・・・
もう散々な主人公・・・
内戦勃発して、田舎にも爆弾が乱れ飛ぶようになってきて・・・
息子が敵方の捕虜になったとの知らせ・・・
その後、村では敵方の看護婦を捕まえたので、捕虜になった息子の交換要員にする事に・・・。
でもって、主人公の家に囲う事に・・・
まっ、ちょっと不自然な設定だけど・・・
一応勘違いで、金持ち一家の令嬢だから、交換要員に・・って事だったけど。
まぁ、ベッピンさんなので、主人公は彼女に好意を持ちはじめ・・・
でもホントは貧しい家の出だと判って、追い出したり・・・
でも、本気になっちゃう2人・・・
妻が戻ってきても関係ありませーーーん。
このまま2人で駆け落ち・・・ってところで、
自警団みたいな連中に彼女が狙撃されちゃう・・・
死にそうなところを、必死におぶったり、ソリに乗せたりして、
やっとの事で軍の病院に運び込めたぁ。
死なずにすんだ彼女の運命は・・・
国連の監視団による、捕虜の交換要員に・・・
って事で、自分の息子と交換で敵方に引き渡された彼女・・・。
オーーーマイ・ゴット状態の主人公。
鉄道技師のくせして、列車に轢かれて死んでやるーーーー・・・って決意。
でも、彼の横たわった手前で、自殺願望のロバが線路の上で立ち往生。
彼は死ねずに・・・
あの彼女とミラクル再会・・・ハッピーエンドで終わりましたっ・・・ってとこかな。

この映画の一番の演技はロバ。
最初のうちから、何かというと線路の上で立ち止まって、死のうとしてるロバ。
このロバも失恋して、この世に未練はないらしい・・・
目にはうっすら涙さえ・・・
もしかして、このロバが死ななかったのがミラクルだったのかなっ。

旧ユーゴはヨーロッパの火種・・といわれてる、人種・宗教が入り交ざってる所。
今は、人種ごとに国がいくつにも分かれたようだけど・・・
1992年当時は、ホント入り交ざって暮らしていたよう。
なに人となに人が、どういがみ合ってたのか知らないので、イマイチ戦争の実感がわかなかったね。
実際そこにいた人たちの多くが、実感なく戦中下を生きていたようにも思えました。
戦争なんて、実権握ってる権力者のエゴみたいなもんでしょうから。

ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この映画の関連作は・・・
ニコール・キッドマン主演の「ピース・メーカー」・・・この国の人がえらい事しでかします。

という事で今回は
奇跡度・・・
ロバが活躍したところを見たのは、
ロンパールームのロバ君以来です・・・って、ずいぶん古いお話っ。

ところでひらりんも「人気ブログランキング(映画)」に参加しています。
ひらりんのブログを気に入ってくれたら↑↑クリックしてね。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひらりん的映画雑感2006.9.18 | トップ | ★「ワイルド・スピードX3 T... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました♪ (メル)
2006-09-26 06:55:27
なんだかハチャメチャでしたが(^^;;)

旧ユーゴ出身の監督としては、内戦を暗く重いものだけとして描きたくなかったのかも・・ですね。



そうそう、ロバはとても重要な役どころでしたよね(^^ゞ

その他の動物さんたちも、みんなある意味人間みたいで、そこが楽しめたかな・・と言う感じでした♪



TB本当にありがとうございました♪

こちらからもさせていただきましたm(_ _)m

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
「ライフ・イズ・ミラクル」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
このアイテムの詳細を見る 1992年、セルビアとの国境にほど近いボスニアの片田舎。セルビア人の ルカ(スラヴコ・スティマチ)はこの村に鉄道を敷くためやって来た技師。 家族や仲間たちとともにのんびりした日々を送っていた。ところが、 サッカー選手を目指して ...
ライフ・イズ・ミラクル (ins Kino)
☆☆☆ 2004/フランス・セルビア・モンテネグロ 価値観の違う文化の映画でし
ライフ・イズ・ミラクル (つれづれおきらく)
へんてこな雰囲気で、独特の面白さ。なつかしく温かい音楽、いとおしい動物達の名演技(ほんと!)、2時間半を超える長さだけど、この世界にどっぷり浸かって、この監督の描く愛すべきミラクル世界を楽しむ。あ~、楽しい。 旧ユーゴスラビア。セルビアとボスニ ...
『ライフ・イズ・ミラクル』 (かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY)
これぞ映画の醍醐味。圧倒的な映画力。 ミラクルな至福感に包まれる。 エミール・クストリッツァは五本の指に入るお気に入り監督。 彼の作品には私が映画に求めている多くのものが溢れていた。 その映像と音楽に身を任せるだけで楽しくて仕方ない。 全ての ...
「ライフ・イズ・ミラクル」エミール・クストリッツァ (Mani_Mani)
ライフ・イズ・ミラクルアミューズソフトエンタテインメントこのアイテムの詳細を見る LIFE IS A MIRACLE 2004セルビア=モンテネグロ/フランス 監督:エミール・クストリッツァ 脚本:エミール・クストリッツァ、ランコ・ボジッチ 音楽:エミール・クストリッツァ...
映画評「ライフ・イズ・ミラクル」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2004年セルビア・モンテネグロ=フランス映画 監督エミール・クストリッツァ ネタバレあり