★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「クリムト」

2006-11-08 03:38:14 | 映画(か行)
今週は、あまり見たい映画が無かったので、期待薄の作品を・・・。
でも、珍しく早起きしちゃったので、2本見ることに。
その1本目。
タイトルの「KLIMT」は、オーストリアの天才画家グスタフ・クリムトのこと。
2006年製作の伝記系ドラマ、97分もの。

あらすじ
オーストリアの天才画家、グスタフ・クリムト・・・
国内の○○派や○○派の対立を傍から見てバカにする天才肌。
ここでいっちょ、もう一旗・・・って事で、
1900年パリ万博に、突拍子も無い作品を出品・・・
大絶賛を浴びてしまうのだが・・・

ここからネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
主演のジョン・マルコヴィッチ
ひらりん的には「マルコヴィッチの穴」とかで、名前かだけが先行してる感のある、
顔が覚えられない系おじさん俳優。
お話は・・・
パリに行ったはいいが、そこで知り合ったレアに恋ごころ・・・
恋人ミディに嫉妬されながも、密会っ・・・
この天才画家・・・
女性の裸婦像描くのには、実際触れないと描けなーーーい・・・
とか何とか言っては、モデルを口説いてたらしい・・・
だから、何人もの女性との間に10人くらいは子どもがいたとか・・・。

とまあ、死の淵にありながら、過去の自分の女性遍歴を回想するクリムト。
天才さんは、色と欲が強いというか・・・
これぞ自由奔放な性生活っ。
実に複雑な生活ぶり・・・のおかげで、
彼の親・兄弟は、精神病になってたね。
映像は、官能的??芸術的に見せようとしてたけど・・・
肝心なクリムトの絵はほとんど出てきません・・・
残念っ。
ところでこの人・・・今でも凄い人だったんです。
先日、オークションで彼の絵が、100億円以上で落札された・・とかっ。
映画的には、ちょっと眠い作風だったけど・・・
オークションで100億・・・のニュース見て、
タイミング良く見れたーーーーーーーと、
機嫌良くなったひらりんでした。

ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この映画の関連作は
天才画家モノとしては・・・
モディリアーニ・真実の愛」・・・アンディ・ガルシア主演でした。
画家ロートレックが主人公の「赤い風車」・・・これらも波乱万丈画家でした。

という事で今回は
芸術家度・・・
目の覚めるような映像美を期待しちゃったのが、いけなかったのかなっ。

ところでひらりんも「人気ブログランキング(映画)」に参加しています。
ひらりんのブログを気に入ってくれたら↑↑クリックしてね。 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (7)   トラックバック (27)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★「ナチョ・リブレ 覆面の神... | トップ | ★「16ブロック」 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
高額落札 (ひらりん)
2006-11-15 17:45:59
ちょっと試しに携帯サイトからコメント投稿。

1900年前後に生きてたクリムト。

最近のオークションで、100億以上の値がついてました。

超大物画家だったんですね。
絵の額にビックリです。 (michi)
2006-11-16 08:07:55
こんにちわ。 
TBありがとうございます!
私からのTBが不調のため、コメントにて失礼いたします。

>期待薄の作品を・・・。

実は私もでして、、、汗。  
劇券が当たったので、西洋美術に疎いのにも関わらず観に行ってきました。
もう何と言ったらいいのか。。。やっぱ私には天才のやる事はわからん。。。と、思いながら、
鑑賞中はカメラワークに目が回り、生気を吸い取られるような脱力感に襲われてました 笑。
しかし、映画はともかく、ご本人はやっぱり凄い人だったんですね。
100億以上の値がつくとは!!!
芸術がわからない自分が、ちょっと悲しいです。。。
TBありがとうございます。 (らしか)
2006-11-27 00:10:24
官能的且つ夢と現実が入り混じったような映画を「クリムト」「パプリカ」と続けてみてしまいました。もちろんぜんぜん違いますけどね。
TBありがとうございます (華やぐ時間)
2006-12-06 17:14:09
クリムトの描く絵画のように 絢爛豪華な映画 を期待して観に行きました
ですが クリムトの ためらうような精神世界のお話だったなぁと思います
それなら いっそ 絵画制作の悩みも含めた伝記映画のほうがよかったかなぁ などと勝手に思っています  笑
どうもです^^ (rose_chocolat)
2007-03-12 01:39:41
モディリアーニ・・・は観ましたよ^^
もともと絵は好きなんで、19世紀の作家なんかは興味あるんです・・・。

それにしても芸術家の人生ってハンパじゃない人多すぎですよね(笑
結構、はちゃめちゃ、というか、えろい!?(笑
ひらりんさん、こんばんは! (アイマック)
2007-05-13 00:18:10
クリムトの絵、100億円以上で落札って
すごい画家さんですね~

映画は期待したのですが、作品は退屈な内容でした。
映像がいいだけに、とても残念ですよ~
凡人には理解しがたい世界でした・・
それなりに。 (髭ダルマLOVE)
2007-06-03 00:48:26
ひらりんさんこんばんは。
私はこの作品それなりに楽しめました。
印象的なシーンも随所にありましたし。

正統派の伝記的要素は低いかもしれませんが。
TBさせていただきますね!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

27 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
*クリムト* (Cartouche)
{{{   ***STORY***     オーストリア/フランス/ドイツ/イギリス 1918年、第一次世界大戦のさなかに、病院で死を迎えようとしている男がいた。彼の名はクリムト。ウィーンを代表する天才画家だ。見舞いに来た弟子エゴン・シーレの存在にも ...
真・映画日記(3)『クリムト』 (CHEAP THRILL)
(2から) 午後4時25分、一旦映画館から出て、 近くにある回転すし屋「台所屋」で軽く寿司を食べる。 4時50分、再び映画館へ。 『クリムト』を見る。 予想通りの芸術的な映像と 意外性のある演出に完全に惹きつけられた。 主演はジョン・マルコ ...
クリムト (八ちゃんの日常空間)
画家という人物を描いているので、一般人のサクセスストーリーを描くのとは違って、どうしてもアーティスティックな内面を映像化することになる。だから興味深いのと同時に映画そのものも独創的になりやすく、難しくしてしまう。 芸術家特有の官能世界に絞った方 ...
クリムト (シュフのきまぐれシネマ)
クリムト 11月9日(木)@シネマイクスピアリ ? グスタフ・クリムトを演じるマルコヴィッチ 右はエゴン・シーレ役のニコライ・キンスキー シーレはとても似てるのだそうです ストーリー“らしき”ものは 公式サイトコチラ で是非ご覧になってく ...
クリムト/ジョン・マルコヴィッチ (カノンな日々)
私の好きな世紀末画家グスタフ・クリムトを描いた作品です。クリムトは知らなくても彼の作品は観たことあるという方は多いかもしれませんね。何でもクリムトは日本では人気が高らしいんですが、言われてみればお店などでインテリアとしてレプリカを飾ってるのを時 ...
クリムト (シャーロットの涙)
「年内多忙につき、簡単ゴメン!記事です。」…これBrilliant DaysのマダムSさんちから勝手にテイクアウト。爆 どうしても上手く言葉に出来ない作品ってありますよね?(え、私だけ?) 随分と前に見て言葉にできなかったのはシャラマンの「レディ・イン・ザ・ウ ...
映画:クリムト (駒吉の日記)
クリムト@ル・シネマ 「一目ぼれなら一瞬しかもたないわ」 「明日へのチケット」が立ち見だったので急遽こちらに変更。 20世紀初頭のオーストリア・ウィーンとパリを舞台に死の床のクリムトの過去が夢のように甦ってくる。 短気で気まぐれ、女好き、子だ ...
113.クリムト (レザボアCATs)
画家グスタフ・クリムトの、その生涯について、あるいは何派に当たるのか、などは知らなくても、あの印象的な絵はとても好きだ、金箔の使い方が素敵だ・・・、という人もきっと多いと思う。
「クリムト」を見た (savina。の 『ばいつ'n'びっつ』)
渋谷で映画クリムトを。席は7割ほど埋まっていました。続きを読む前にランキング
映画『クリムト』を観て (KINTYRE’SPARADISE)
原題:Klimt(オーストリア・フランス・ドイツ・イギリス)上映時間:97分鑑賞日:11月4日 ル・シネマ(渋谷)監督・脚本:ラウル・ルイス出演:ジョン・マルコヴィッチ(クリムト)、ヴェロニカ・フェレ(ミディ)、サフラン・バーローズ(レア・デ・カストロ ...
クリムト(オーストリア・フランス・ドイツ・イギリス) (映画でココロの筋トレ)
11月10日(金)、ポコっと時間があいたんですよー。 とういことで、900円で観ることができる「クリムト」を観てきました! ( → 公式HP  ) 出演:ジョン・マルコヴィッチ、ヴェロニカ・フェレ 、サフロン・バロウズ 、スティーヴン・ディレイ ...
「クリムト」 (水曜日が待ち遠しい!)
なんだか全編ワケわかめなストーリーでしたけど、これって、クリムトが死の間際に見た”自分の人生の総集編”ってことで良いのですよね{/eq_1/} ううむ、やっぱり芸術家の脳内ワールドって果てしなく理解不能だわ・・{/ase/} 15禁ってことなのである程度のこと ...
クリムト (ざっきばやしはなあるき)
クリムト オフィシャルサイト  マルコヴィッチ主演、オーストリアの画家クリムトの人生を描いた映画。とはいうものの、瀕死のベッドの上で我が人生を振り返るクリムトの、脳内に渦巻く思想朦朧みたいなシーンが続いて、人間関係がなんだかわかりづらい。アトリ ...
ラウル・ルイス監督「クリムト」 (詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記))
監督 ラウル・ルイス 出演 ジョン・マルコビッチ、ベロニカ・フェレ、サフラン・バロウズ  冒頭のタイトルバックにクリムトの絵。それをとらえるカメラが回る。絵が回転する。そしてその回転、円の軸が、何か微妙にずれる。このずれが非常に気持ちが悪い。車 ...
クリムト (おいしいものと日常+)
    1週間くらい前、映画「クリムト」を銀座のシネ・スイッチで見ました。      すぐにUPしなかったのは、ちょっとバタバタしていて、食べ物系やWeblogは   わりとチャチャッと書けるのですが 映画や絵画となると、文章を考えてしまう ...
クリムト (2006年) (シネマテーク)
【コメント】★★★★★★★☆☆☆ ユーゲンシュティール。フランスではアールヌー...
 映画  ” クリムト ” (華やぐ時間)
画家クリムトについては  きらびやかな絵を何点か知っているだけである   タイトルと絵が一致するのは ”接吻 ”だけ   他の絵も 特徴あるクリムトの作品は すぐにわかる 金箔を使った絵は  絵画というよりグラフィック・デザインのような雰囲気を感 ...
クリムト (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
美神“ミューズ”を描きつづけた画家、グスタフ・クリムト。「エロス」と「タナトス」をテーマに描く究極の愛。1918年、第一次世界大戦のさなかに、病院で死を迎えようとしている男がいた。彼の名はクリムト。ウィーンを代表する天才画家だ。見舞いに来た弟子エゴン・...
クリムト (ネタバレ映画館)
眠気を感じたらリレミトを唱えて会場を脱出すればいい・・・
「クリムト」■ウィーンとパリ (映画と出会う・世界が変わる)
表面的にはアールヌーボーの代表的な画家であるグスタフ・クリムトの伝記映画であるが、実際の内容はかなり違う。むしろ、当時のウィーンとパリの比較論という様相を呈している。様々な芸術家、思想家、科学者などが入り乱れ、そこから新しいものが生み出された不思議な都...
『クリムト』 (2006)/オーストリア・フランス・ドイツ・イギリス (NiceOne!!)
時代に衝撃を与えた画家、グスタフ・クリムト。大胆で孤高なその在り方と、多くの女性達に彩られた彼の生涯は、世紀を超えて、人々を魅了する。************************『クリムト』 (2006)/オーストリア・フランス・ドイツ・イギリス(R-15)監...
クリムト (小部屋日記)
Klimt(2006/オーストリア・フランス・ドイツ・イギリス ) 【DVD】 監督 :ラウル・ルイス 出演:ジョン・マルコヴィッチ/ヴェロニカ・フェレ/サフロン・バロウズ/スティーヴン・ディレイン/ニコライ・キンスキー/サンドラ・チェッカレッリ オーストリアの天...
クリムト (徒然映画日記。)
クリムト おすすめ度{/star/}{/star/}{/star/} 原題:Klimt 制作:2006年 オーストリア フランス ドイツ イギリス 制作:ディエター・ポホラトコ 監督・脚本:ラウル・ルイス 出演:ジョン・マルコヴィッチ ヴェロニカ・フェレ サフラン・バロウズ 前回に引き...
「クリムト」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
クリムト デラックス版ジェネオン エンタテインメントこのアイテムの詳細を見る 1900年、パリ万博に出品されたクリムト(ジョン・マルコヴィッチ)のスキャンダラスな絵画は 保守的なウィーンでの酷評をよそに賞賛をもって迎えられる。その会場で美しい女性レアを 目にし...
『クリムト』 (Sweet* Days**)
クリムト デラックス版(2007/04/25)ジョン・マルコヴィッチ、ヴェロニカ・フェレ 他商品詳細を見る 監督:ラウル・ルイス CAST:ジョン・マルコヴィッチ 他 STORY:191...
映画評「クリムト」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2006年オーストリア=フランス=ドイツ=イギリス映画 監督ラウル・ルイス ネタバレあり
『クリムト』 ('07初鑑賞128・WOWOW) (みはいる・BのB)
☆★--- (5段階評価で 1.5) 11月2日(金) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。