★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「それでも恋するバルセロナ」

2009-07-01 03:38:10 | 映画(さ行)
<T1018/2009/A111/S050>

今週の平日休みは「109シネマズ川崎」で鑑賞。
ひらりんお気に入りの
ペネちゃんのオスカー受賞作。
思わずスクリーンに「おめでとう」と叫びたくなったが、恥ずかしいのでやめました。
ウッディ・アレン監督が最近お気に入りのスカちゃんに、
バルデムとペネちゃんを組み合わせるなんて、最強すぎーーーっ。
と、興奮しながら、開映を待つひらりんなのでした。
原題は「VICKY CRISTINA BARCELONA」。
原題もクールでいいな・・・と思ってたけど、
アレン監督作はいつも微妙で絶妙な邦題なのねーーー。
2008年製作のラテン系なペネちゃん系ラブ・コメディ、96分もの。

あらすじ・・・今回はallcinemaさんから引用させてもらいました。
親友同士のヴィッキー(レベッカ・ホール)とクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)だったが、互いの恋愛観はまるで正反対。堅実派のヴィッキーはすでにまじめな青年と婚約中。一方のクリスティーナは、自由奔放に愛を求める情熱家。そんな2人はアメリカを離れ、バルセロナでひと夏のバカンスを楽しむことに。そこに現われたのが色男の画家フアン・アントニオ(ハビエル・バルデム)。たちまち恋に落ちるクリスティーナに対し、最初は警戒心のかたまりだったヴィッキーも次第にフアンの色気によろめきだす。そんな中、彼女たちの前に突然現われたフアンの元妻マリア・エレーナ(ペネロペ・クルス)。フアンを刺したことさえある天才肌の激情家マリア・エレーナの登場で、4人の運命はさらに激しく動き出し…。

ここからひらりん的レビューのネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
●元夫バルデムを刺して離婚してるペネちゃんは、
ひらりんの期待に反して、なかなか出てきませんよーーーー。
●今回のレビュー、役名と俳優名がごっちゃになりますが、ご容赦を。
●バルデムの生まれ故郷のオビエドって町に誘われるヴィッキーとクリスティーナ。

お色気ムンムンのスカちゃんが最初に誘惑するも、
ベッドイン直前に飲みすぎ?容態悪化でダウン。
●お堅いクリスティーナは寝込むスカちゃんの代わりにバルデムの相手・・・
婚約者からの携帯を気にしながらもワイルドなバルデムの色気に参り気味。
ついついバカンス先でいけない過ちを・・・。
でも、バレはしなかったけど、この後、婚約者もバルセロナに来ちゃって海外挙式敢行。
●スカちゃんが元気になってバルデム家で同棲開始・・・

アメリカ女性って、物質主義・拝金主義的な本国からヨーロッパに来ると、
のぼせちゃう・・っていうのかなーーー、現地の男にのめり込みやすいのね。
(ex.「ル・ディボース」とか「シャレード」とか・・かなっ。)
●そこに悲報が・・・いや、ひらりんにとっては朗報が・・・。
元妻のペネちゃんが自殺未遂で病院に・・・という設定でペネちゃん登場。
バルデム・・・夜中だけどペネちゃんを引き取りに行って、
スカちゃんと同棲してる家に連れてきちゃったから、さあ大変・・・・・・・・
●かと思いきや、意外と仲良くなっちゃうペネちゃんとスカちゃん・・・あんどバルデム。

●「ぺ」と「バ」の二人だと、いがみ合ってばかりだけど、
「ス」がいると、上手くいく・・・みたいな絶妙な関係なのね、あら不思議。

●それにしてもペネちゃんの役柄がお見事・・・
美術学校出の天才肌で、バルデムの作品は自分の真似だと言い放ったり、
ピアノも得意・・・写真撮るのも上手くって、にわかカメラマンのスカちゃんに指導してたね。
地下室に暗室作って、現像中にレズったり・・・というのも、情熱的っ。
●しかし、そんな関係にだんだん嫌気が差してきたスカちゃん・・・
結局、三角関係を解消・・・って事は、またまたいがみ合う「ぺ」と「バ」。
一生やってろ・・・腐れ縁の二人・・・というところね。
●おっと、まだもひとつ話が残ってたのが、新婚のレベッカ・・・
バルセロナでご厄介になった親戚のおばさん夫妻の不仲を知り、
バルデムとの一夜を告白しちゃったのがもとで・・・
彼と会うセッティングをしてくれちゃったのね。

●しかし、密会中にペネちゃん乱入・・・
拳銃ぶっ放して、猟奇的なペネちゃん大暴走。
●なにこの女???とビビリながら、指にかすり傷を追うも、
まじめな夫にはばれずにすむレベッカ。
まっ、こんな感じでアメリカに帰っていくヴィッキーとクリスティーナなのでした。
★いやーーー、アレン監督お気に入りのスカちゃんのエロさも、
カタロニア地方の明るさとペネちゃんの毒っ気のある情熱に押され気味だったね。

★ひらりん的には、堅実派のクリスティーナの心の揺れもよかったね。
何も知らずに満足げな婚約者の征服感は、お気の毒でしたが。
★邦題の「それでも~」は、どうなのよ・・って観る前は思ったけど、
なかなか的を得てるタイトルだなー・・と合格点をつけておきましょう。
★それにしてもバルデム・・・おいしい役だなー。
今まで演じた役の中で一番のモテモテ役だったのでは???
ひがみも込めて、「似合わねーーー」と書いておこう。

ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この映画の関連作は・・・
ペネちゃん作品はほとんど観てるひらりんですが、
オスカー関連作は・・・
ベルエポック」「オール・アバウト・マイ・マザー」「ボルベール <帰郷>」。
 


という事で今回は・・・
それ(助演)でも恋するペネちゃん度・・・
スカちゃんも悪くはないが、まだまだ若いなっ・・
って気にさせられるペネちゃんの悪女ぶりが、またまたひらりんのツボっ。


●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
ひらりん同様「いやー、猟奇的なペネちゃんにやられたー」

と思ったあなた・・・
バナーにポチッとクリックおねがいしまーーす。

「人気ブログランキング(映画)」 
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (89)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「アズールとアスマール」 | トップ | 「ヴィーナス」 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おもしろかった (ぽーとまん)
2009-07-01 17:14:30
見ました!!
なんも考えずに見れて面白かった!!
でもやっぱりスカーレット以外がゴールデン・グローブ賞にノミネートされててかわいそうだったけど、スカーレットわあんまし目立ってなかったね。
ハビエルとかレベッカ、特にペネロペの前で影薄かったかも。
レベッカ・ホールはこれから要注目女優ですね☆
ペネロペ (たいむ)
2009-07-02 17:34:39
ド迫力のペネロペでしたね。
思っていたより面白いと思わなかったのだけど、毒女でオスカーには納得です!
やっぱペネロペ (sakurai)
2009-08-26 14:36:49
ウッディ・アレンが、どうしてもスカちゃんを使いたいのはわかるのですが、この映画に関しては、やっぱペネロペでしたね。
オーラがありましたもん。
セクシー、セクシーと言われてますが、一度脱がなきゃ、一皮向けなさそうな気がします。
TBありがとうございました。 (hyoutan2005)
2009-08-31 22:02:20
1ヶ月以上も前に戴いていたのですが、お返しが遅くなり申し訳ありません。
おっしゃるようにペネロペ・クルスの演技は熟練していましたね。
私は観終わってもやはりこの邦題にはどうも馴染めなくて・・・。
でも楽しい作品でした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

89 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
それでも恋するバルセロナ (LOVE Cinemas 調布)
ウディ・アレン監督のロマンティックコメディ。出演は『ノーカントリー』のハビエル・バルデム、『エレジー』のペネロペ・クルス、『ブーリン家の姉妹』のスカーレット・ヨハンソン、『フロスト×ニクソン』のレベッカ・ホール。特にペネロペは本作でアカデミー賞助演女...
それでも恋するバルセロナ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『この恋、想定外』  コチラの「それでも恋するバルセロナ」は、第81回アカデミー賞でペネロぺ・クルスが助演女優賞を受賞、ゴールデン・グローブ賞で作品賞(ミュージカル・コメディ部門)を受賞した6/27公開のウディ・アレン監督のラブコメディなのですが、早速観...
それでも恋するバルセロナ♪VICKY CRISTINA BARCELONA (銅版画制作の日々)
Vicky Cristina Barcelona♪ スペインに行きたくなる~~!流れる音楽がまたよろしい。バルセロ~ナハビエルがイケメンに見えるな バルセロナは、私が毎年出品しているミニプリント展が開催される場所です。そんなこともあってぜひ訪ねたい場所なんだけど・・・・・。...
それでも恋するバルセロナ (だらだら無気力ブログ)
ウディ・アレン監督がスペイン・バルセロナを舞台に恋愛観が対象的な二人の アメリカ人女性とスペイン人画家とその元妻が織りなす四角関係の恋模様を 描くロマンチック・コメディ。ヴィッキーとクリスティーナは恋愛観は正反対なんだが親友同士。 ヴィッキーは堅実かつ...
それでも恋するバルセロナ/Vicky Cristina Barcelona (いい加減社長の映画日記)
ほんとは、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」を観たかったんだけど。 ネットで空席を調べてたら、レイトショーでも、ほぼ満員ww。 無理に観ることもできたけど、とりあえずこちらも観たい「それでも恋するバルセロナ」を選択。 「UCとしまえん」は、エヴァ効果か、か...
試写会「それでも恋するバルセロナ」 (流れ流れて八丈島)
今日は、これから虎ノ門のニッショーホールで試写会「それでも恋するバルセロナ」を観ます。スカーレット・ヨハンソンとペネロペ・クルスが出てるってだけで、観る価値あると思うけど、監督がウディ・アレンだから、作品としてのレベルも高そうですね。ゴールデングローブ...
それでも恋するバルセロナ (Art- Mill)
http://sore-koi.asmik-ace.co.jp/ バルセロから眼を離せなくなりました。中村俊輔がエスパニョールへまさかの電撃移籍。ボクらにとってはものすごい愉しみが増えたんですが、俊輔自身には
それでも恋するバルセロナ (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
休暇でバルセロナを訪れたヴィッキーとクリスティーナは似たもの同士の親友ですが、恋愛感だけは正反対。2人は、ヴィッキーの知人宅に滞在し、バルセロナ観光を楽しみます。ある晩、パーティーで出会った画家のファン・アントニオに誘われ、彼が住むオビエドを訪ねること...
それでも恋するバルセロナ (あーうぃ だにぇっと)
監督・脚本: ウディ・アレン キャスト ファン・アントニオ☆ハビエル・バルデム マリア・エレナ☆ペネロペ・クルス クリスティーナ☆スカーレット・ヨハンソン ヴィッキー☆レベッカ・ホール ジュディー・ナッシュ☆パトリシア・クラークソン マーク・ナッシ...
★★★★ 『それでも恋するバルセロナ』 (映画の感想文日記)
2008年。アメリカ/スペイン。"Vicky Cristina Barcelona".   ウディ・アレン監督・脚本。  バカンスでバルセロナを訪れた2人のアメリカ人女性が、そこで出会ったセクシーな画家と繰り広げるドタ...
「それでも恋するバルセロナ」3タイプの美女~ (ポコアポコヤ 映画倉庫)
世の女性達が、この人相手じゃ絶対かなわない~と思う、黒髪おっぱい美女代表ペネロペと、金髪おっぱい美女代表スカーレット・ヨハンソン^...
それでも恋するバルセロナ (いとし・こいし ~いとしいこいしいものごとのおぼえがき~)
それでも恋するバルセロナ  @ 6/27(土)ユナイテッドシネマとしまえん 原題:Vicky Cristina Barcelona 婚約者もいる真面目なビッキーと、情熱的な恋を求める自由奔放なクリスティーナ。親友同士の2人は、夏のバカンスを過ごすバルセロナで魅力的な画家
それでも恋するバルセロナ (描きたいアレコレ・やや甘口)
ハビエル・バルデムが楽しそう~です。(^^) ハビエル・バルデムという人は...『ノーカントリー』でおかっぱ頭でパスパス人を殺してた...
それでも恋するバルセロナ ウディ・アレン監督 (ネット社会、その光と影を追うー)
映画それでも恋するバルセロナは、親友のクリスティー
それでも恋するバルセロナ/ハビエル・バルデム (カノンな日々)
だいぶ前から劇場予告編がかかっていたこともあって楽しみにしていました。ペネロペにスカーレット・ヨハンソンとレベッカ・ホールという豪華女優陣があのハビエル・バルデムを巡って恋のドラマを繰り広げそうな感じでしたけど、話の中身がまだよくわからない予告編で既に...
それでも恋するバルセロナ (Peaceナ、ワタシ!)
- この恋、想定外 - 『それでも恋するバルセロナ』の試写会へ行ってきました! 監督はウディ・アレン…私、彼の作品と主演女優くらいはおさえてますけど、ちゃんと映画を観たのは、今回が‘初’かも… この作品でアカデミー賞(助演女優賞-ペネロペ・クルス)とゴールデ...
『それでも恋するバルセロナ』 (ラムの大通り)
(原題:Vicky Cristina Barcelona) ----これってぺネロぺ・クルスがアカデミー賞助演女優賞を受賞した映画だよね。 バルセロナが舞台なんて、最初聞いた時は ウディ・アレンの監督作品とは思えなかったニャ。 「そうだね。映像もオレンジ色を帯びてあったかみがある。 ...
【それでも恋するバルセロナ】 (日々のつぶやき)
監督:ウディ・アレン 出演:ハビエル・バルデム、スカーレット・ヨハンソン、ペネロペ・クスル、パトリシア・クラークソン      この恋、想定外 「バルセロナに休暇で来ているヴィッキーとクリスティーナは親友同士、ヴィッキーの親戚の家に滞在している。
「それでも恋するバルセロナ」 (かいコ。の気ままに生活)
試写会で 観てきました。「それでも恋するバルセロナ」公式サイトバルセロナでの四角関係の恋愛を描くロマンチックコメディー。この四角が男女2人ずつじゃなく、男1人に女3人結構面白く観られたのに、96分と短い上映時間が長く感じて結局面白かったのかそうでないのか...
『それでも恋するバルセロナ』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
アカデミー賞に絡んだ作品の6月公開作品って今年は異様に多い気がしますね。たいがいGWを狙った上映くらいまでな気もするのに。。。 ということで、ペネロペ・クルスにアカデミー助演女優賞をもたらしたウディ・アレン監督作『それでも恋するバルセロナ』を観ましたー。 ...
映画 【それでも恋するバルセロナ】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「それでも恋するバルセロナ」 ウディ・アレン監督によるロマンチック・コメディー。 おはなし:バルセロナにバカンスに訪れたクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)とヴィッキー(レベッカ・ホール)は、画家のフアン・アントニオ(ハビエル・バルデム...
それでも恋するバルセロナ/Vicky Cristina Barcelona (我想一個人映画美的女人blog)
『マッチポイント』『タロットカード殺人事件』に続いて スカーレット・ヨハンソン起用3回目となるウディ・アレン監督の新作{/m_0150/} スカちゃんはウディじいさんの現代のミューズ{/m_0136/} 昨日のウィル・フェレル主演のコメディの他にもう1本 上海で買ってきたDV...
「それでも恋するバルセロナ」 (ハピネス道)
JUGEMテーマ:映画&nbsp; ウディ・アレン監督の新作ペネロペ・クルスがオスカーで助演女優賞を受賞した、その評判の演技豪華なキャストの面々楽しみな要素がギュッと詰まった本作がやっと公開されました!期待通り、面白かったです。見どころは、とにかく豪華なキ...
「それでも恋するバルセロナ」みた。 (たいむのひとりごと)
いやぁ~凡人の私には、女3人、誰の感覚も共感しきれないっつうか、どこか理解不能な恋のおはなし。懲りないひとりのモテ男だけが(一応)トクしちゃってる感じではあるけど、女たちも”ひと夏の情熱”を十分に焦が
「それでも恋するバルセロナ」成就しない恋はロマンチック (ももたろうサブライ)
監督 ウディ・アレン少しあらすじバルセロナにバカンスに訪れたクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)と親友のヴィッキー(レベッカ・ホール)。奔放なクリスティーナに対して婚約中のヴィッキーは堅実な性格。二人は画家のファン・アントニオ(ハビエル・バルデム...
それでも恋するバルセロナ (Diarydiary!)
《それでも恋するバルセロナ》 2008年 スペイン/アメリカ映画 - 原題 -
『それでも恋するバルセロナ』 (Vicky Cristina Barcelona) (Mooovingな日々)
ウッディアレン監督、スカーレットヨハンソン、ハビエルバルデム、ペネロペクルス、パトリシアクラークソン、ケヴィンダン、レベッカホール、クリスメッシーナ。 ヴィッキーとクリスティーナは親友同士でヴィッキーは慎重派で堅実な彼と婚約中。 一方クリスティーナは...
★それでも恋するバルセロナ(2008)★ (CinemaCollection)
VICKYCRISTINABARCELONAこの恋、想定外メディア映画上映時間96分製作国スペイン/アメリカ公開情報劇場公開(アスミック・エース)初公開年月2009/06/27ジャンルコメディ/ロマンス【解説】ホームタウン、ニューヨークを飛び出し、イギリスで3本の作品を手掛けたウディ・ア...
それでも恋するバルセロナ (Memoirs_of_dai)
それでも観ちゃうアレン映画 【Story】 バルセロナにバカンスに訪れたクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)とヴィッキー(レベッカ...
映画レビュー「それでも恋するバルセロナ」 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
Vicky Cristina Barcelona [Motion Picture Soundtrack]◆プチレビュー◆人生は貪欲に楽しむべし。バルセロナの街の魅力を堪能できるアレン流のラブ・コメディーだ。 【65点】 夏のバカンスでバルセロナを訪れた親友同士のヴィッキーとクリスティーナは、セクシーな画...
「それでも恋するバルセロナ」  Vicky Cristina Barcelona (俺の明日はどっちだ)
「成就しない愛こそのみが真にロマンチックな愛」なのか・・・。 スペインのバルセロナを舞台に、二人の対照的なアメリカ人女性、そしてスペイン人の画家と彼の元妻という4人の登場人物を軸にウディ・アレンが四角関係の恋愛を描くロマンチック・コメディー。 ニュー...
『それでも恋するバルセロナ』試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
ヴィッキーとクリスティーナは親友同士。ヴィッキーは真面目で、立派な若者と婚約中。一方のクリスティーナは自由奔放で、情熱的な恋を常に探している。そんな二人は、バルセロナで一夏を過ごすことになる。そこ二人は魅力的な画家、フアン・アントニオと出会う。クリステ...
それでも恋するバルセロナ (★YUKAの気ままな有閑日記★)
第81回アカデミー賞最優秀助演女優賞受賞(ペネロペ・クルス)、第66回ゴールデングローブ賞最優秀作品賞受賞作品―【story】バカンスを楽しむためバルセロナにやってきた親友同士、ヴィッキー(レベッカ・ホール)とクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)。慎重な...
それでも恋するバルセロナ ニッショーホール 2009.6.10 (◆JOY◆ ~つれづれ日記~)
ペネロペとスカーレットの競演って言うのを聞いて、 是非みたかった作品 試写で観てきました。 ...
それでも恋するバルセロナ (めでぃあみっくす)
「この恋、想定外」の割には「この映画、想定内」でした。まぁウディ・アレン作品なので面白いことは面白いのですが、ちょっと毒の効き方が物足りないというか、パンチが効いていないというか、全体的にあまり印象に残らない映画でした。そしてこの映画を見てもバルセロナ...
Vicky Cristina Barcelona / それでも恋するバルセロナ (Akasaka high&low)
Weinstein(ウエインステイン)兄弟の会社で2本目のWoody Allen(ウディ・アレン)作品は久しぶりのロマンス-コメディ。 Vicky Cristina Barcelona(それでも恋するバルセロナ)では珍しいことにウディ・アレン調の「どもり」を一度も聞くことがありません。ストーリーは...
それでも恋するバルセロナ (心のままに映画の風景)
クリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)とヴィッキー(レベッカ・ホール)は、ひと夏のバカンスを楽しむためバルセロナにやって来た。...
それでも恋するバルセロナ (こんな映画見ました~)
『それでも恋するバルセロナ』 ---VICKY CRISTINA BARCELONA--- 2008年(スペイン/アメリカ) 監督:ウディ・アレン 出演: ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス、スカーレット・ヨハンソン、レベッカ・ホール ホームタウン、ニューヨークを飛び出し、イギリス...
『それでも恋するバルセロナ』 (cinema!cinema! ミーハー映画・DVDレビュー)
アカデミー賞に絡んだ作品の6月公開作品って今年は異様に多い気がしますね。たいがいGWを狙った上映くらいまでな気もするのに。。。 ということで、ペネロペ・クルスにアカデミー助演女優賞をもたらしたウディ・アレン監督作『それでも恋するバルセロナ』を観ましたー。 ...
「それでも恋するバルセロナ」試写会、感想。 (Beinthedepthsofdespair)
ウディ・アレン監督、もう、彼も御年73歳ですが、相変わらず、質の高い作品を制作しています。 で、今回の、「それでも恋するバルセロナ」って映画も、彼らしい、「先の読めない展開」は、前作「マッチ・ポイント」と同様に、「どうするの?この彼は?」な、こう言うの...
それでも恋するバルセロナ (Chocolat Noir 76)
若い頃はやや自己満足的で偏り気味な描写がある意味魅力のようになっていたウッディ・アレン監督の最新作は、ピュアでシニカルなアレン流はしっかり残しつつ、分かりやすくてバランスのいい作品でした。わかるなぁっていうセリフやチャーミングなキャラクター達のドタバタ...
それでも恋するバルセロナ (映画どうでしょう)
映画 それでも恋するバルセロナ の感想 ウディ・アレン監督がスペインのバルセロナ...
*『それでも恋するバルセロナ』* ※ネタバレ含 (~青いそよ風が吹く街角~)
2008年:アメリカ映画、ウディ・アレン脚本&監督、スカーレット・ヨハンソン、ペネロペ・クルス、ハビエル・バルデム共演。
【映画評】<!-- それてもこいするはるせろな -->それでも恋するバルセロナ (未完の映画評)
性格が正反対の女ふたりが経験するひと夏のアバンチュール。
「それでも恋するバルセロナ」(VICKY CRISTINA BARCELONA) (シネマ・ワンダーランド)
米国映画界の才人、ウディ・アレン監督が2008年にメガホンを執ったラブ・ロマンス・ムービー「それでも恋するバルセロナ」(原題=バルセロナのヴィッキー、クリスティーナ、米・西、96分、W.アレン脚本)。本作は、アレン映画として初めてスペイン・バルセロナを舞...
映画:「それでも恋するバルセロナ」Vicky cristina Barcelona Wアレンの新作 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
ヒマがあれば現地で観ておきたかった作品がNY帰りの機内映画だったので、さっそく拝見。
 なかなか評判の良い、ウッディ・アレンの新作である。 ほとんど予備知識なしで鑑賞。 主演はいつものお気に入り、スカーレット・ヨハンソンを中心に。 今回の舞台はタイト...
「それでも恋するバルセロナ」:中葛西五丁目バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}こんなところに欧風の古城が・・・。 {/hiyo_en2/}なんだかんだ言って、みんなヨーロッパには憧れてるからね。 {/kaeru_en4/}とくに日本人の女性はな。 {/hiyo_en2/}アメリカ人でも憧れるんじゃないの? {/kaeru_en4/}ああ、「それでも恋するバルセロナ」な...
それでも恋するバルセロナ (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[それでも恋するバルセロナ] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ 評価:9.0/10点満点 2009年64本目(59作品)です。 クリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)と、ヴィッキー(レベッカ・ホール)は、スペインのバルセロナでバカンスを取...
『それでも恋するバルセロナ』 (・*・ etoile ・*・)
'09.06.24 『それでも恋するバルセロナ』(試写会)@ユナイテッドシネマ豊洲 これ見たかった! yaplogで当選。いつもありがとうございます。今回はららぽーと豊洲内にあるユナイテッドシネマ豊洲での試写会。稼動しているシネコンなので設備が充実。音響もいいし座席も見...
それでも恋するバルセロナ■エリック・ロメールからウディ・アレ... (映画と出会う・世界が変わる)
地中海沿岸に来ると人は我を忘れて恋をするというパターンは欧米の映画には定番としてあるようだ。古くは「旅情」、最近では「眺めのいい部屋」。そしてこの「それでも恋するバルセロナ」もまた、そうした作品のひとつとして加わったようだ。一人の男に三人の女がからんで...
It's good, though. (ジェガーさんに学ぶ)
【文脈】 ジェガーさんに焼うどんを作ってあげたら ちょっと見た目が美しくない感じ
それでも恋するバルセロナ (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
3人の女と1人の男。惹かれあう4人の関係は、予想不可能の怒涛の展開へ! どうなる!?・・・この恋!__青い空の下、最高にセクシーでスリル満点な“バカンスの恋”が始る。あなたもきっと、バルセロナで身を焦がす恋がしたくなる__。 年一作のペースで新作を...
それでも恋するバルセロナ■本当の主役はウディ・アレン (映画と出会う・世界が変わる)
どの俳優も自分の役柄を実にのびのびと演じているのであるが、中でもペネロペ・クルスは悪女・猛女を怪演して、見ていて痛快。これは快演と言うべきか。ウディ・アレンの新たなミューズとなったスカーレット・ヨハンソンは確かに魅力的ではあるのだが、より新しい魅力を発...
情熱の国~『それでも恋するバルセロナ』 (真紅のthinkingdays)
VICKY CRISTINA BARCELONA  正反対の恋愛観を持つヴィッキー(レベッカ・ホール)とクリスティーナ(スカー レット・ヨハンソン)は親友同...
それでも恋するバルセロナ (菫色映画)
2008年 アメリカ 監督:ウディ・アレン 出演:スカーレット・ヨハンソン    ペネロペ・クルス    ハビエル・バルデム    レベッカ・ホール 男女4人夏物語。 ネタバレ有りです。 バカンスでバルセロナにやってきた友人同士の女性二人。 ヴィ...
それでも恋するバルセロナ☆独り言 (黒猫のうたた寝)
えーーーっと、これってウッディ・アレンの映画なんだよね。観始めてから、冒頭のナレーションでげんなり(爆)『それでも恋するバルセロナ』すっかり忘れてましたよ、、、爺様の作品って、、、実は、ウッディ・アレンの爺様の作品って苦手。。。この告白は、随分前からし...
「それでも恋するバルセロナ」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:Vicky Cristina Barcelona)インモラルで生臭い話なのだが、実に好印象。ウディ・アレンの熟練の技とスペインの明るい陽光が、危うい筋書きを巧みにスマートな艶笑喜劇へと昇華させている。  バルセロナで一夏を過ごすためにアメリカからやって来た2人の若...
それでも恋するバルセロナ (Samiano de Angelisの徒然なる日々)
『剣岳 点の記』 『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』 に続き、この日〆の1本。 『それでも恋するバルセロナ』   ウディ・アレンの映画でバルセロナが舞台 と云う情報しか持ち合わせずに鑑賞。 ウディ・アレ
『それでも恋するバルセロナ』の陽光 (Days of Books, Films)
画面から受ける印象が、いつものウッディ・アレンとずいぶん違うなあ。そう思いながら
「それでも恋するバルセロナ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Vicky Cristina Barcelona」 2008 スペイン/USA フアン・アントニオに「宮廷画家ゴヤは見た/2006」「ノーカントリー /2007」「コレラの時代の愛/2007」のハビエル・バルデム。 クリスティーナに「ママの遺したラヴ・ソング/2004」「理想の女/2004」「マッチポ...
No.069 「それでも恋するバルセロナ」 (2008年 96分 ビスタ) (MOVIE KINGDOM ?)
監督 ウディ・アレン 出演 スカーレット・ヨハンソン    ペネロペ・クルス    ハビエル・バルデム 最近では珍しくウディ・アレンの作品がミニシアターでなくロードショー系で公開されてるので見てきました。 ウディ・アレンの映画を劇場で見るのはもしかして...
「それでも恋するバルセロナ」 (みんなシネマいいのに!)
 堅実派と情熱派という互いの恋愛観はまるで正反対の2人のアメリカ人女性が、バカン
それでも恋するバルセロナ (EURISKO2005)
 土浦市にショッピングモールがオープンし,シネマサンシャインが入った。ウディ・ア
それでも恋するバルセロナ (2008・スペイン/アメリカ) (白ブタさん)
ウッディ・アレン監督でスカーレット・ヨハンソンとペネロペ・クルスの共演ということで、期待していた作品{%流れ星webry%}
それでも恋するバルセロナ (C note)
凡人には一生訪れないであろう愛のカタチを、かるーいノリで疑似体験♪ 愛憎入り乱れ
それでも恋するバルセロナ (シネマ日記)
ヴィッキーレベッカホール→故郷にエリートビジネスマンの婚約者を持つ堅実派。恋にも人生にも現実的で、お堅い女性。クリスティーナスカーレットヨハンソン→ヴィッキーの親友ながら、恋愛観はまったく正反対。奔放に恋に飛び込むタイプ。フアンアントニオハビエルバルデ...
「それでも恋するバルセロナ」女の直感 (再出発日記)
やっと、インターネット復活です。二週間以上もまえに見ていた作品なのですが、やっと記事をアップできます。原題は「Vicky Cristina Barcelona」宣伝とポスターはまるで3人をめぐる三角関係を描いているかのようであるが、実はそうではない。堅実家のビッキーと「何を....
『VICKY CRISTINA BARCELONA』それでも恋するバルセロナ (キマグレなヒトリゴト)
ラテンの青い空は人を開放的にそして懐疑的にさせるのかもね。 ぽちっとプリーズ。 Vicky Cristina BarcelonaJavier Bardem, Penelope Cruz, Scarlett Johansson, Rebecca Hall, Woody AllenThe Weinstein Company 2009-01-27Sales Rank : 82Average Review Entertai...
それでも恋するバルセロナ (2009 映画観てきましたっ!)
早く行かないと 公開終わっちゃう?
それでも恋するバルセロナ (映画の話でコーヒーブレイク)
毎度おはこび、ありがとうございます。 「旅の恥はかき捨て」なんてぇことを申しますが、旅に出ると理性のたがが外れ、 思いもよらない行動に出るというのは洋の東西と問わず起こることのようでございます。 八っあん、熊さんではございませんが、ヴィッキー嬢とクリステ...
『それでも恋するバルセロナ』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「それでも恋するバルセロナ」□監督・脚本 ウディ・アレン □キャスト ハビエル・バルデム、ペネロペ・クルス、スカーレット・ヨハンソン、レベッカ・ホール、パトリシア・クラークソン、ケヴィン・ダン、クリス・メッシーナ■鑑...
それでも恋するバルセロナ (ここにあるもの)
上映期間終了、ギリギリ。 公開直後に買って、お財布にいれっぱなしだった前売券、やっと出番だね。 『それでも恋するバルロナ』(ウディ・アレン監督・2008米) ウディ作品には珍しく、丸の内ピカデリーにて。なんで恵比寿じゃないんだろ?? なんでちょっと不思議...
それでも恋するバルセロナ (ロッタの映画日和)
ウディ・アレンの最新作。監督自信が出ていない映画なので、ちょっとほっとしました(笑) 映画館へ行ったの久しぶりだ~! 夏のバカンス...
それでも恋するバルセロナ (とりあえず、コメントです)
ペネロペ・クルスのアカデミー賞受賞で話題になったウディ・アレン監督の最新作です。 終了間際の観賞なのに劇場は満員! 観始めると大人気も納得の面白さで、3人の女性と1人の男性が織り成す恋と人間関係にドキドキでした~
それでも恋するバルセロナ (ルナのシネマ缶)
ウディ・アレンが スペインのバルセロナを舞台に、 三角も四角関係もありの 恋愛を描いた ロマンチック・コメディーです。 ウディ・アレンの演出のせいか 泥沼恋愛なのに、 なんかおしゃれでさらっと しています。 バルセロナにバカンスに訪れたクリスティーナ...
それでも恋するバルセロナ (迷宮映画館)
うーん、ちょっと期待が大きかったかな。。。。
それでも恋するバルセロナ を観ました。 (My Favorite Things)
チョッと軽めの作品が観たくて…チョイス。
恋の行方は予測不可能~「それでも恋するバルセロナ」 (ひょうたんからこまッ・Part2)
『それでも恋するバルセロナ』 VICKY CRISTINA BARCELONA (2008年・アメリカ・スペイン/96分)
それでも恋するバルセロナ (2ちゃんねる映画ブログ)
http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1244648440/ 1 :名無シネマ@上映中 :2009/06/11(木) 00:40:40 ID:Hou79/TT それでも恋するバルセロナ VICKY CRISTINA BARCELONA http://sore-koi.asmik...
それでも恋するバルセロナ (C'est joli~ここちいい毎日を~)
それでも恋するバルセロナ’08:米、スペイン ◆原題:VICKY CRISTINA BARCELONA◆監督: ウディ・アレン「タロットカード殺人事件」「マッチポイント」◆出演: スカーレット・ヨハンソン、ペネロペ・クルス、ハビエル・バルデム、パトリシア・クラークソン、 レベッカ...
それでも恋するバルセロナ (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
   = 『それでも恋するバルセロナ』  (2008) = バルセロナにバカンスに訪れたクリスティーナ(スカーレット・ヨハンソン)とヴィッキー(レベッカ・ホール)は、画家のフアン・アントニオ(ハビエル・バルデム)に惹かれていく。 そんな中、彼の元妻のマリ...
それでも恋するバルセロナ (Blossom)
それでも恋するバルセロナ VICKY CRISTINA BARCELONA 監督 ウッディ・アレン 出演 ハビエル・バルデム ペネロペ・クルス     スカーレッ...
「それでも恋するバルセロナ」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
バルセロナを堪能いたしました♡
映画評「それでも恋するバルセロナ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2008年アメリカ映画 監督ウッディー・アレン ネタバレあり
「それでも恋するバルセロナ」 (或る日の出来事)
つまらん。ウディ・アレンの映画は、たまに好きなものもあるが、これはどうも…。 本作がお好きで、けなされると怒るような方は、以下、読ま...
『それでも恋するバルセロナ』 (『映画な日々』 cinema-days)
それでも恋するバルセロナ 性格の違う親友二人が旅先で 知り合った男性に恋をする... 【個人評価:★★ (2.0P)】 (自宅鑑賞) 原題:Vic...
mini review 10464「それでも恋するバルセロナ」★★★★★★★☆☆☆ (サーカスな日々)
ウディ・アレン監督がスペインのバルセロナを舞台に、四角関係の恋愛を描くロマンチック・コメディー。二人のアメリカ人女性、そしてスペイン人の画家と彼の元妻が、各々の個性や恋愛観のもとに駆け引きを繰り広げる。『マッチポイント』『タロットカード殺人事件』に続き...
それでも恋するバルセロナ (Yuhiの読書日記+α)
ウディ・アレン監督がスペインのバルセロナを舞台に、四角関係の恋愛を描くロマンチック・コメディー。キャストはスカーレット・ヨハンソン、ペネロペ・クルス、ハビエル・バルデム、レベッカ・ホール他。 <あらすじ> バルセロナにバカンスに訪れたクリスティーナ(ス....
アレン映画は良いね「恋するバルセロナ」! (H-KのカンフルDaze(デイズ))
「それでも恋するバルセロナ」 2008年 米/スペイン カンフル評価 4.0点(5点満点) 監督:ウディ・アレン ウディ・アレンの映画は大好き。 「ヴァージン・ハンド」「マッチ・ポイント」 「お...