★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「デイジー」

2006-05-28 03:38:43 | 映画(た行)
ひらりんのフェイバリット女優さんのひとり・・・チョン・ジヒョン主演。
今回の「彼女」は、しっとりしてる・・・って噂だけど・・・。
共演は、チョン・ウソン
今回も、公開初日のナイト・ショウで鑑賞。
20人くらい・・・なぜかカップル3組の他は
男ひとりで観に来てる人ばかり・・・不思議空間だったみたい・・・。
2006年製作(韓国)のロマンス系・クライム・サスペンス、125分もの。

あらすじ
オランダのアムステルダムが舞台。
画家の卵・ヘヨン(チョン・ジヒョン=ここでは彼女と呼びます)。
ゴッホ=ひまわり・・・彼女=デイジーという事で、よく絵を描きにデイジー畑へ。
そこで、密かに彼女を助けてくれた身も知らぬ人に恋心・・・
毎日、じっちゃんの骨董屋にはデイジーの花が届けられるし・・・
そんなある日、町の広場で絵描きのバイトしてる彼女の元に韓国人男が・・・
いろいろ話してるうちに・・この人がデイジー届けてる人では・・と錯覚。
実はこの男・インターポールの刑事・・・
広場近くの麻薬密売現場を見張る為に彼女に接近してただけ・・・

ここからネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
ほんと迷惑なやつっ。
そこで、発砲事件発生・・・刑事は負傷し・・・韓国に帰国・・・
彼女も怪我と心の傷で失語症に・・・
おいおい、ここからセリフ無しかよーーーー。
刑事がいなくなって現れたのが、殺し屋(チョン・ウソン)。
デイジー畑で彼女を遠めで見つめ・・・こちらも届かぬ恋心・・。
もちろん素性は明かせないけど、喋れない彼女に優しく接する。
そうそう、発砲事件も、組織の連中から彼女を守る為に彼も発砲してた。
しかし、勘違いしてる彼女は刑事が心配・・
そんな刑事はオランダに戻ってくるが、彼女に申し訳ない気持ちでいっぱい。
刑事の上司は発砲事件の犯人探しのため、殺し屋組織にニセの暗殺指令を出す。
おとりになるのは、あの刑事
こんなおとり捜査がばれて死人が出たら、大変だから・・・と自ら志願。
すると・・・殺し屋のところに刑事の暗殺指令が届く・・・。
しかしその刑事は、殺し屋が恋する彼女が錯覚して恋してる男・・・
殺せなーい・・・彼女の家で会ってたので面識がある刑事殺し屋
暗殺予定時刻に現れたので、すぐに殺し屋とわかってたらしい刑事
結局、他の殺し屋に射殺され殉職してしまう刑事
なーーんか、殺し屋あやしいなーーーーって思い始める彼女
そして殺し屋のもとに、今度は刑事の上司の暗殺指令が届く・・・またまたおとり捜査。
彼女がお礼に置いて行ったデイジー畑の絵を返し・・暗殺現場に行く殺し屋。
ここでやっと、夢に描いてた人が刑事じゃなく殺し屋のほうだったと気づく彼女
暗殺をやめさせるために現場に直行・・・
直前・・・彼女に気づいた殺し屋は銃を持たず、彼女に近づくが・・・
またまた銃撃戦が開始・・・・
彼女が撃たれて、殺し屋の腕の中で死んじゃった・・・
これは、殺し屋組織の犯行・・・
組織の本部に単身乗り込み銃撃戦・・・
ひとりでは勝てっこないけど・・・奇跡・・ボスのとこまでたどり着く。
せっかくの中国系マフィアのボスなんだから・・・
ひらりん知らない俳優さん使うんじゃなく・・・
エリック・ツァンとか使ってほしいよね・・・「インファナル~」の。
忘れてました・・・この映画のアンドリュー・ラウ監督って「インファナル・アフェア」撮ってた人。
どうりでラブ・ストーリーのわりには、銃撃戦が香港映画風で・・・
いかにも・・って感じ。
結局、巻き込んじゃいけない愛する人を巻き込んでしまった刑事殺し屋
そんな二人に愛された彼女・・・可哀そう過ぎる・・・
しかも三人とも死んじゃってるしーーーー。

彼女・・・今回は途中からセリフ無しの表情演技で魅せてくれました。
チョン・ウソン・・・ワイルドな顔のわりには心優しい殺し屋でした。

うーーーん、こういう彼女もありかなっ。
語学練習もしてるらしいし・・・そろそろハリウッドにでも進出して欲しいね。
ひらりんフェイバリット女優のひとり・チャン・ツィイーみたいに・・・ねっ。

ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この映画の関連作は
チョン・ジヒョンのひらりん的ランキングはこちら
チョン・ウソンは「私の頭の中の消しゴム」が大ヒットしたね。

という事で今回は
ひらりん的「彼女」度・・・
スピード・ワゴンじゃないけど、採点「あまーーい」。
いやいや自己満足な採点なので許してください。

ちなみにひらりん的感想を一言で言うと・・・
「僕の彼女にインファナル的消しゴム」・・・って感じかなっ。

ところでひらりんも「人気ブログランキング(映画)」に参加しています。
ひらりんのブログを気に入ってくれたら↑↑クリックしてね
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (9)   トラックバック (87)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「恋の骨折り損」 | トップ | ★「GOAL! ゴール!」  »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (webencounter)
2006-05-29 21:14:58
出会いはどうですか?
Unknown (とんちゃん)
2006-06-01 07:20:26
TB有難うございます <(_ _)>



TB、何度か試しましたが 今日は機嫌が悪いみたいです (*_ _)人ゴメンナサイ



>僕の彼女にインファナル的消しゴム



o(*^▽^*)oあはっ♪

TBありがとうございました (ミチ)
2006-06-01 18:22:58
こんにちは♪

ひらりんさんのフェイバリット女優さんなのですね~。

こういう悲しい顔ばかりだとダメですか?

ほとんど笑顔もありませんでしたよね。

私は演技開眼か?と思ったのですが(笑)
TBありがとうございました。 (キャサリン)
2006-06-01 20:32:32
こんばんわ。

やはり監督がアンドリュー・ラウと言うことで普通の韓国映画と少し感覚が違うような気がしました。

チョン・ウソンの物静かな殺し屋がとても適役だったように思えます。
TBありがとうございます (かつ)
2006-06-02 00:40:58
ひらりんさん、はじめまして

TBありがとうございました。

なるほどです。こうやっネタバレやれば恨まれなくてすむんですね。

この映画、登場人物(の心が)が皆キレイすぎるとも思いましたが、私は好きです。

チョン・ジヒョンの台詞のない演技も好かったですね。話さないから見ている人が全員彼女の表情に神経集中してたんでしょね、彼女の顔と演技はそれに耐える実力をつけていて貫禄ですね。
TBありがとう (うさぎ)
2006-06-02 13:59:56
声を失って話すことができなくなってからのジヒョン

よりひきつけられましたね

ウソンもソンジェも好きになっちゃいましたぁ
粒太の日記 (粒太)
2006-06-02 16:31:31
男性一人多かったです
こんにちは^^ (heartstrings_movie)
2006-06-04 16:19:09
>「僕の彼女にインファナル的消しゴム」



(≧▽≦)ぶぅわっはっはっは!

わかるような気もするけど、やっぱりわかんねーや^^

でも、ウケた。
こんにちは♪ (ゆかりん)
2006-11-02 12:52:48
私もフェイバリット女優さんのひとりです♪
だから恋愛映画とわかってても観てしまいました。
こんなやさしい殺し屋はいないだろうっとつっこみながら観てましたよ(笑)
仕事にならないと思うのですが、、、

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

87 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ムーヴィー。 (コンナ毎日。)
先日『海猿』観た際に映画館で予告のやっていた2作品。どっちも観ようと思ってます
「デイジー」試写会感想(チョン・ジヒョンさん、チョン・ウソンさん、イ・ソンジェさん出演の韓国映画)ネタばれあり (韓国映画&韓流スターサランヘ)
ついに、「デイジー」を鑑賞してまいりました。(^_-)-☆ 人気blogランキングへ
映画~デイジー (きららのきらきら生活)
 「デイジー」公式サイト オランダで骨董店を営む祖父と暮らす画家の卵ヘヨン(チョン・ジヒョン)のもとに頻繁に届けられるデイジーの花。それは夏に訪れた郊外での忘れ難くも美しい夏の日の記憶を甦らせるものだった。名前も姿も知らない送り主こそ運命の恋人 ...
デイジー(チョン・ジヒョンを泣かす男たち) (ポノちゃんのブログ)
デイジー見てきました。(\'∇\') チョン・ジヒョンが出ているので見たわけです。解
デイジー DAISY (UkiUkiれいんぼーデイ)
たぁ~っ、こりゃまいった! すんごく良かった~[:拍手:] 想像してた以上に良かったです[:グッド:] 脚本も良し、構成も良し、ロケ地も良し、俳優がこれまた良~し、の何拍子も揃った秀作でした。 ストーリーには、あまり触れないほうがいいと思い ...
デイジー(映画館) (ひるめし。)
愛は、枯れない。 CAST:チョン・ウソン/チョン・ジヒョン/イ・ソンジェ/チョン・ホジン 他 ■韓国産 125分 韓国映画を映画館で観るのは「オールドボーイ」以来だわ。とっても久しぶり。 韓国映画なので年齢層はちょいと高め。おじちゃん、おばちゃんばっか ...
『DAISY デイジー』 (アンディの日記 シネマ版)
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]   5/27公開   公式サイト(壁紙・スクリーンセーバーあり) 泣き度[:悲しい:] 映像美[:おはな:][:おはな:][:おはな:] 満足度[:星:][:星:][:星:] 【監督】アンドリュー・ラウ 【脚本】クァク・ジェヨン 【出演 ...
『デイジー』 (cinema days 『映画な日々』)
 『インファナル・アフェア』三部作の  アンドリュー・ラウ監督が描く  ラブストーリー+ノワールの融合。  愛は、枯れない。  本年度洋画BEST5入り推奨作品。  個人評価 
『デイジー』 (試写会帰りに)
『デイジー DAISY』試写。 香港マフィアと走り屋と、今、男くさい世界を描かせたら世界一なのでは? と思うアンドリュー・ラウ監督ですが、恋愛物は、ちょっと勝手が違ったか……!? デイジー PHOTO BOOK 『インファナル・アフェア』三部作、『頭文字[イニシャル ...
デイジー (ネタバレ映画館)
 「パクウィを探せ」ゲームのようなオープニングだったけど、ラストには「ジョンウを探せ」ゲームもあったのだと気づきました。
デイジー (見なきゃ死ねるか!聴かなきゃ死ねるか!)
監督:?偉強(アンドリュー・ラウ)英題:Daisyキャスト:チョン・ジヒョン、チ
映画「デイジー」試写会招待券 (雲九の物品購入覚書)
友達に誘われて試写会に行ってきました(カテゴリ、これでいいかしら)。 3週間ぶりくらいの大スクリーンは、久しぶりな感じです。 主役は「猟奇的な彼女」と「トンケ」です。 舞台はなぜかオランダ。 監督は見たことないけど「インファナルアフェア」の人だと聞 ...
感想/DAISY デイジー(試写) (APRIL FOOLS )
今までの韓流より随分スタイリッシュな作品と言ってよさそう、5月27日公開『デイジー』。"わたけし"のチョン・ウソンと、『猟奇的な彼女』&"ボクカノ"のチョン・ジヒョンというコンビに、アンドリュー・ラウ監督で全編アムステルダムロケ。なんだかえらいゴー ...
「デイジー」 DAISY (俺の明日はどっちだ)
期待感たっぷりのよく出来た予告編と韓国映画ながら監督がご存知香港ノワールの傑作『インファナル・アフェア』三部作のアンドリュー・ラウということで、仕上がりの良さを期待していたのがこの「デイジー」。 自分を見守ってくれている幻の恋人がいつかその姿を ...
『デイジー』 (ラムの大通り)
----この映画、監督が香港のアンドリュー・ラウ。 なのに主演は『私の頭の中の消しゴム』のチョン・ウソンに、 『猟奇的な彼女』「僕の彼女を紹介します」のチョン・ジヒョン。 しかも脚本はその『猟奇的な彼女』の監督クァク・ジョエン。 そして舞台はオランダで ...
デイジー (花ごよみ)
(試写会にて) 監督は『インファナル・アフェア』三部作シリーズの アンドリュー・ラウ。 刑事、殺し屋2人の男に愛されるヒロインに、 『猟奇的な彼女』、『僕の彼女を紹介します』のチョン・ジヒョン。   相手役には『私の頭の中の消しゴム』のチョン・ウソン ...
デイジー/チョン・ウソン、チョン・ジヒョン、イ・ソンジェ (カノンな日々)
韓国映画だけど監督はあのアンドリュー・ラウ、音楽担当はは日本人の梅林茂さんも参加されてるということで、これまでの韓国映画とは一味違うものが観れるんじゃないかと期待してました。脚本がクァク・ジェヨンというところがある意味勝負かもしれない(笑)。 + ...
映画vol.60『デイジー』※試写会 (Cold in Summer)
『デイジー』(2006年公開)*試写会 監督:アンドリュー・ラウ 出演:チョン・ジヒョン チョン・ウソン 公式HP 『デイジー』を試写会で観ました。 『インファナル・アフェア』のアンドリュー・ラウ監督作品なので、期待してみ ...
デイジー 06年113本目 (猫姫じゃ)
デイジー ちょっと順番違うんだケド、緊急UP! アンドリュー・ラウ 監督 って、、え?香港映画??チョン・ジヒョン 、チョン・ウソン 、イ・ソンジェ このリンク先、yahooのチョン・ウソン って、ジャンボ尾崎みたいなんだケド、この映画では、時折中村 ...
「デイジー」 (てんびんthe LIFE)
「デイジー」よみうりホールで鑑賞 チョン・ジヒョン×チョン・ウソン×アンドリュー・ラウ。この3人のコラボレーションの妙。思っていたようなこてこての韓国恋愛映画とは一味違ったつくりになっていました。そこは、アンドリュー・ラウ監督の作る男の世界に一 ...
映画 「デイジー」 (ようこそMr.G)
映画 「デイジー」 を観ました。
【デイジー】 (空の「一期一会」)
★「古惑仔」「インファナル・アフェア」シリーズのアンドリュー・ラウ監督、最新作
デイジー (シャーロットの涙)
花に想いをたくして・・・「デイジー」 韓流(華流)がご無沙汰。でも、オランダが舞台と知ってとても興味が沸いてきた。 とてもありえない設定が多いのでかえって私には現実逃避するのにうってつけ。 絵描きの卵のヘヨン。個展の準備に追われたある夏の日。丸太 ...
「DAISY/デイジー」 (塩ひとつまみ)
チョン・ウソンとチョン・ジヒョン。どちらも好きな役者さんです。 舞台はオランダ・アムステルダム。うーん、風景も役者さんも美しい… 以下、かるーくネタバレです。
映画「デイジー」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「デイジー」 『インファナル・アフェア』シリーズのアンドリュー・ラウ監督が、全編オランダ・ロケで臨んだラブストーリー。 アムステルダムで暮らす画家ヘヨン(チョン・ジヒョン)と、インターポールの刑事ジョンウ(イ・ソンジェ)と腕利きのスナ ...
【劇場映画】 デイジー (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ オランダで骨董店を営む祖父と暮らす画家の卵ヘヨンのもとに頻繁に届けられるデイジーの花。それは夏に訪れた郊外での忘れ難くも美しい夏の日の記憶を甦らせるものだった。名前も姿も知らない送り主こそ運命の恋人だと信じるヘヨンは、肖像画の客 ...
「デイジー」試写会感想(チョン・ジヒョンさん、チョン・ウソンさん、イ・ソンジェさん出演の韓国映画)ネタばれあり (韓国映画&韓流スターサランヘ)
ついに、「デイジー」を鑑賞してまいりました。(^_-)-☆ 人気blogランキングへ
DAISY/デイジー (何を書くんだろー)
「DAISY」 評価 ★★★★★ (4.7) 『あらすじ』  異国の地オランダで祖父の経営する骨董店の手伝いをしながら画家を目指すヘヨン。午後4時 15分になると店の前に届けられるデイジーの植木鉢。それは、彼女にとって、ある忘れられな ...
DAISY デイジー (お気に入りの映画)
2006年 韓国映画 監  督 アンドリュー・ラウ 出  演 チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ あらすじ ヘヨン(チョン・ジヒョン)は、デイジーの花を贈り続けてくれる男性に恋をしていた。街で出会ったジョンウ(イ・ソン ...
『デイジー』 (お気に召すまま)
[制 作 年] 2006年[原 題] デイジー ???[英 語 題] Daisy
映画『デイジー』 (Yuのつれづれ日記)
韓国映画 『デイジー』   デイジー公式HP 監督  アンドリュー・ラウ キャスト    ヘヨン・・・チョン・ジヒョン(画家の卵)    パクウィ・・・チョン・ウソン (殺し屋)    ジョンウ・・・イ・ソンジェ  (インターポールの刑事)     ...
デイジー (そーれりぽーと)
今一番好きな女優チョン・ジヒョン主演最新作「デイジー」 「猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」で彼女をスターダムへ押し上げた監督&脚本のクァク・ジェヨンが今回は脚本のみで裏方に回り、監督はなんと一番好きな香港映画「インファナルアフェア」シリーズ ...
デイジー (本日のレンタルASIA)
{/hikari_pink/}데이지{/hikari_pink/} {/hikari_blue/}2006 韓国{/hikari_blue/} 監督:アンドリュー・ラウ(劉偉強) 出演:チョン・ジヒョン(전지현)、チョン・ウソン(전우성)、イ・ソンジェ( ...
DAISY (お気楽ないちにち。)
テレビの予告編を観て,「私の頭の中の消しゴム」のチョン・ウソンが出ているのを知って 嬉しくなって観に行ってきました やっぱりかっこよかった ストーリーとしては(以下ネタばれあり) やっぱり韓流だなという感じ。 愛し合う人の間には必ずそれを引 ...
デイジー (私の映画玉手箱(番外編)なんということは無い日常日記)
画家の女性を愛する暗殺者。捜査中にたまたま彼女と知り合う捜査員。 誰が自分を見守っているかも分からず、その男性が自分の前に現れるのを待っている画家。 前半は、画家は捜査員が自分を見守っていた男性と信じ、捜査員は違うという言葉を口に出せないまま彼 ...
「デイジー」 アムステルダム無情 (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
日本のマンガを読んで育ったに違いないと思わせる脚本家あがりのラブコメ野郎クァク・ジェヨンと、正統派かつスタイリイッシュな香港アクションを得意とする撮影監督あがりのアンドリュー・ラウ。 少女マンガのような三角関係に、ジョン・ウー、リンゴ・ラムでおな ...
デイジー (韓国映画 好き嫌い)
一応好き オランダの風景、街並がとても美しかった チョン・ウソン、チョン・ジヒョン、イ・ソンジェも良かった 途中テンポが落ちてやや冗長な気もしたが、結構面白かった でも、見終わった後、友人と「ストーカーの愛 って感じだね」と意見が一致した( ...
デイジー (シネマでキッチュ)
観ちゃった。韓国映画「デイジー」。 香港映画でひさしぶりに私がぐっさりやられた、あの「インファナル・アフェア」のアンドリュー・ラウ監督だから、やっぱり気になってね~。 「デイジー」。 アンドリュー・ラウ監督だったわ、やっぱり。 「インファナル・アフ ...
初日挨拶「デイジーDAISY」 (凛大姐&小姐的極楽日記!)
この映画、台湾滞在中に公開だったのですが、 マイ・ファミリーがお世話になってる先生の新作ですしね! ファミリー日本代表としては、日本公開初日にきちんと足を運ぶ のが礼儀{/kirakira/}です。 ということで、ちゃんと公開初日に挨拶に行ってまいりました。 ...
???: デイジー (口惜しいけれど韓流かつ)
『デイジー』見てきました。 よかったです。  映画が終わってクレジットが流れるな
 あなたはデイジーの花言葉を知っています?・・・映画『DAI... (RUN!ラン!走る映画王と懸賞ゲッターへの道(映画&懸賞編))
 こんばんわ! 僕の大好きな『インファナル・アフェア』シリーズのアンドリュー・ラウ監督の最新作『DAISY』を観てきました!No.21 『DAISY』(2006年韓国)<監督>アンドリュー・ラウ<出演>チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ ...
『DAISY』 (моя комната (私の部屋))
あり得ん。ロマンチックすぎる。でもまあそれが映画だ(笑)。そんな本作はラブストーリーと犯罪モノがうまく絡み合ったメロドラマで、『私の頭の中の消しゴム』のチョン・ウソンと『猟奇的な彼女』のチョン・ジヒョンが共演。監督は『インファナル・アフェア』シ ...
『デイジー』 (日々感動!)
今日映画『デイジー』を見に行ってきました チョン・ウソン、チョン・ジヒョン、イ・ソンジェ それぞれよかった~ ウソンは野性味があるし、ソンジェは前作の「エンジェルスノー」をBSで見たけれど、それとは違った役柄 渋みがあったね ジヒョンはかわいそうな ...
監督の手法に満足できる「デイジー」 (bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ)
「私の頭の中の消しゴム」のチョン・ウソン 「僕の彼女を紹介します」のチョン・ジヒョン 「エンジェル・スノー」のイ・ソンジェ 演技派3人が 「インファナル・アフェア」三部作の アンドリュー・ラブ監督と手を組んだ 「デイジー」を観て来ました。 予告編を見 ...
「デイジー」 インターナショナル・バージョン (ちょい、ネタバレ) (応答せよ!!!)
 出演:チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ   2006年作品 ついに、日本語字幕の付いた「デイジー」を見ちゃいました! 韓国で観たものとは、オープニングから異なっていました。 悲しいことに、どうしても、マニア?の目線になっ ...
DAISY (まぁず、なにやってんだか)
一ツ橋ホールの「デイジー」試写会に行ってきました。「私の頭の中の消しゴム」でチョン・ウソンのファンになったので、待望の新作です。 最初はヘヨン(チョン・ジヒョン)の日常が映され、彼女のかわいらしいこと。 オランダの美しい町並み、デイジーが一面 ...
デイジー (週末に!この映画!)
期待値:86%  女1、男2の恋愛韓国映画。 オランダが舞台なので、美しい田園風景も見られるようです
「デイジー」 (電影迷宮・2006!!)
例によってほとんど知識なしで観た。(ムダに長いのでご注意ください。) 監督アンドリュー・ラウと主演チョン・ジヒョンとチョン・ウソンのチョン・コンビ?が出ていることぐらい。 面白かった。 おまけにイ・ソンジェも出ていた。 (ネタバレ気味。見た人だけ読 ...
デイジー (SSKS*)
日本 オフィシャルサイト 韓国 オフィシャルサイト 2006 韓国 監督:アンドリュー・ラウ 出演:チョン・ウソン/チョン・ジヒョン/イ・ソンジェ ストーリー:オランダで骨董店を営む祖父と暮らす画家の卵ヘヨン(チョン・ジヒョン)のもとに頻繁に届けられ ...
DAISY・デイジー (のんびりぐ~)
作品:DAISY/デイジー 監督:アンドリュー・ラウ 主演:チャン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ 制作:2006年 韓国 映画館 DAISY・デイジー デイジーの名前は、”太陽の目”を意味する”Day\'s eye”に由来すると言われている。 ...
映画「デイジー」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
原題:Daisy 25歳にして、純粋培養無垢でうぶな、恋に恋する女性の、勘違いに始まる悲劇のラブストーリー、無償の愛にハッピーエンドは訪れるのか・・。 なぜかあまり意味があるとは思えないオランダ、そこでおじいさんの骨董店を手伝いながら、広場で ...
『デイジー』(チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ) (雲のゆくえ)
デイジー PHOTO BOOKツッコミどころの多い映画だったけど、色彩の美しさと3人の愛のすれ違いにハラハラさせられて、楽しめました。 デイジー畑の美しさにかなり助けられてるって感じがしないでもないけど(^^;) 始まってからなかなか登場しないチョン・ウソン。 ...
デイジー (ナナシ的エンタメすたいるNet)
渋谷のシネフロントで「デイジー」を見てきました。 「猟奇的な彼女」のチョン・ジヒョン、 「私の頭の中の消しゴム」のチョン・ウソン、 「エンジェル・スノー」のイ・ソンジェの韓国三大スターを揃え、 三角の恋愛模様を非常な運命を描いた作品。 香港映画顔負 ...
デイジー (ミタマンマ)
【『インファナル・アフェア』シリーズのアンドリュー・ラウ監督が、全編オランダ・ロケで臨んだ宿命の愛の物語。敵対する2人の男に愛されるヒロイン役に『猟奇的な彼女』のチョン・ジヒョン、相手役には『私の頭の中の消しゴム』のチョン・ウソンと、『氷雨』のイ ...
デイジー (琴線~心のメロディ)
【2006年5月27日劇場公開】 【ジャンル:ラヴ・ストーリー】 【観た場所:広島バルト11】 面白かった度:{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/} オススメ度:{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{/star/} もう一度観たい度:{/star/}{/star/}{/star/}{/star/}{ ...
デイジー (おやつは300円までよ。)
監督:アンドリュー・ラウ 出演:チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、etc... Official Site 5/27、公開 「私の頭の中の消しゴム」で日本における韓国映画の興行記録を塗り替えたチョン・ウソンと「猟奇的な彼女」でブレイクを果たし、「僕の彼女を紹介 ...
『デイジー』 (京の昼寝~♪)
愛は、枯れない。花に想いを託して。 命がけで愛を貫く ■監督 アンドリュー・ラウ■脚本 クァク・ジョエン ■キャスト チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ□オフィシャルサイト  『デイジー』 オランダで骨董店を営む祖父と暮らす画家の卵 ...
DAISY(試写会) (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  待つ愛・芽生える愛・秘める愛  
映画:デイジー (駒吉の日記)
デイジー@渋谷シネフロント デイジーの花言葉は『心に秘めた愛』・・・ ■予告 UDON:ぶっかけうどん、食べたくなりました。 着信アリFinal、オーメン:ひい~どっちも怖っ ゲド戦記:かなり映像が出てきましたが、声はテルーの手島葵さんのみ。 日本沈 ...
デイジー(未来は、変わる・・・) (カオリン&チョチョリンの親育て・子育て)
韓国では、いまひとつの興行成績だったようなので、「劇場で見るか、見ないか・・・」と悩んでたんですが、レディースデーなんで行っちゃいました。
デイジー (めざせイイ女!)
韓国映画舞台は オランダ 街角で似顔絵を描く女性ヘヨンが二人の男性に愛されるラブストーリーなのに ハッピーエンドで終わらない。おしゃれなイメージでの始まりなの...
「デイジー」■これがその真実・・・・ (映画と出会う・世界が変わる)
映画「デイジー」で語られる物語は、ある人物の空想ではないだろうか。ある人物とは暗殺者・パクウィと刑事・ジョンウの二人。物語の発端はラストの雨宿りのシーン。実は、二人はお互いのことを「もしや」と感じていた。しかし、決定的な証拠がなくお互いに相手に ...
DAISY (夢見る小悪魔)
愛は、枯れない。公式サイトデイジー◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆何気ないこのシーンにも隠された秘密が・・・祖父の骨董店を手伝いながら画家を目指すヘヨン。麻薬ルートを捜査中のインターポール捜査官・ジョン ...
恋愛は、縁と運とタイミング。『デイジー』 (水曜日のシネマ日記)
オランダを舞台に、数奇な運命を辿る男女3人の物語です。
「デイジー」 (雑板屋)
‘ゴッホのひまわり わたしのデイジー’ オランダ・アムステルダムを舞台に画家の卵とインターポールの刑事と暗殺者の3人の男女の恋愛模様とそれぞれの生き様を描く。 コレはたまらんかった。久しぶりにどっぷりその世界観に浸れた。 劇場鑑賞のきっかけは ...
デイジー (奥様的部屋)
期待しすぎたのか・・・公式サイト 画学生とインターポールの敏腕刑事と殺し屋無理無理の設定も予告を観て大体予想できるストーリーも全て許せる悲しい愛のストーリー ・・・・・を期待していたが、残念ながら私はそこまで入り込むことができなかった かっこ ...
映画 * 『デイジー』 (複数恋愛進行中)
絵筆を無心に動かして オランダの田舎町をカンバスに写しとる女性に、 殺し屋と刑事が同時に恋をする。 『猟奇的な彼女』『僕の彼女を紹介します』につづく クァク・ジェヨン×チョン・ジヒョンのタッグは、 監督に香港のアンドリュー・ラウ(『インファナ ...
デイジー (まつさんの映画伝道師)
第467回 ★★★★(劇場) (核心に触れる文面あるので、ご注意あそばせ)  人との出会いは「偶然」でありながら「必然」であるといわれる。  その出会いが「男女」によるものであれば、それは時に「運命の出会い」として「恋愛劇」を転がしてゆ ...
『デイジー』は2本の映画 (Days of Books, Films)
『デイジー』は、まったく違う2本の映画を強引に1本の映画にしてしまったような印象
『デイジー』(2006年) ★★★★☆ (どっぷりレビュー)
監督は『インファナル・アフェア』のアンドリュー・ラウ氏。脚本は『僕の彼女を紹介します』の監督クァク・ジェヨン氏が担当、プロデューサーはサイダスHQのチョン・フンタク氏。キャストにチョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ。これだけアジアの才能 ...
デイジー (k.onoderaの日記)
ゴッホはヒマワリ、わたしはデイジー。 いや~、韓流ラブロマンスですよ。 となりの席のマダムなんか、おいおい泣いちゃったりして。 オランダを舞台
デイジー (映画評論家人生)
千日前セントラル 韓流ブームというが、おかしな言葉だと思う。韓流がブームだという。韓が流でブームなのかもしれない。意味がよくわからなくなってきた。韓国映画がやってきて、もう何年になるだろうか。長い。
『DAISY/デイジー』  愛を心に秘めた無垢な「花」 (enjoy! MOVIE☆LIFE)
クァク・ジョエン, 入間 眞 デイジー SB文庫 (画像はノベライズ) 出演■チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ、チョン・ホジン、デヴィッド・チャン 監督■アンドリュー・ラウ 脚本■クァク・ジェヨン <ストーリー>  オランダ ...
目線が変わると物語の印象も変わる。『デイジー・アナザー・バージョン』 (水曜日のシネマ日記)
先に日本で公開された韓国映画、『デイジー』と同じストーリーをチョン・ウソン演じる暗殺者の目線から描いた作品です。
デイジー (きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/)
かなり前に試写会が当たって観てきましたー! 「私の頭の中の消しゴム」でソン・イェジンの相手役として 不器用な男性役を好演したチョン・ウソンが出演しているので 彼がフューチャーされがちですが、 私は断然チョン・ジヒョン!!!(そこまで強調しなくて ...
デイジー[テイジ] (よむよむ★ハングル)
オランダ・ロケの映像も美しく、それぞれの思いを交錯させる3人の甘く切なく、突き刺すような痛みすら感じさせる演出と演技は、スタイリッシュでなかなか良かったけど、僕が観たのが、何と香港版のDVDだったので、字幕は英語か中国語(広東語)というシロモノで ...
デイジー (映画鑑賞★日記・・・)
『DAISY』公開:2006/05/27監督:アンドリュー・ラウ出演:チョン・ジヒョン、チョン・ウソン、イ・ソンジェ、チョン・ホジン、デヴィッド・チャン軽くストーカー入ってる、、、 ←ストーカー予防にポチッと・・・そりゃ無理だろ☆
デイジー (気ままに~ひとりごと日記)
そんなに悪くはないのだけれど クァク・ジョエンらしい展開なんだけど 種明かしが早くて、見ていて先が読めてしまうし 舞台が外国なのに韓国人ばかり登場するとか つまらない所に違和感を感じてしまいます。 もっと一つに的を絞っていたら良さそうなのに あれもコ ...
デイジー (きりぎりすな日々-2)
あっ!韓国映画で初めてMac見た(第一声がそれかよ;;) ちなみにiMacでした。 最新のでも鏡餅でもなく、おにぎり型の(しかもボンダイか?ありゃ) って、関係
デイジー (月の影)
デイジー チョン・ジヒョン 今日は【デイジー】って韓国映画   全編オランダ・ロケで挑まれた作品で  監督は 【インファナル・アフェア】 のアンドリュー・ラウ監督  出演【僕の彼女を紹介します】 【猟奇的な彼女】の『チョン・ジヒョン』  【私 ...
ディジー DAISY (あいりのCinema cafe)
監督:アンドリュー・ラウ←リンク脚本:クァク・ジェヨン出演者:チョン・ウソン(パクウィ)チョン・ジ
TAKE 41「デイジー」「デイジー(ANOTHER VERSION)」 (映画回顧録~揺さぶられる心~)
第41回目は「デイジー」「デイジー(ANOTHER VERSION)」です。 この作品は掲載するかどうか最後まで悩みました。 1回観ただけではストーリーも心理描写を理解するのがとても難しかったからです。 でもTSUTAYAで「デイジー(ANOTHER VERSION)」...
映画評「デイジー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2006年韓国映画 監督アンドリュー・ラウ ネタバレあり
<デイジー> <デイジー アナザーバージョン> (楽蜻庵別館)
<デイジー> 2006年 韓国 125分 <デイジー アナザーバージョン> 2006年 韓国 102分 原題 Daisy 監督 アンドリュー・ラウ 脚本 クァク・ジェヨン 撮影 アンドリュー・ラウ  ン・マンチン 音楽 梅林茂  コンフォート・チャン 出演 パク...
デイジー (シネマ通知表)
2006年製作の韓国映画。 『猟奇的な彼女』のチョン・ジヒョンと『私の頭の中の消しゴム』のチョン・ウソン共演によるサスペンスラブストーリー。ひとりの美しい女性を愛した孤独な暗殺者と刑事。オランダを舞台に3人の男女が数奇な運命に翻弄される。 この映画はとに...
デイジー (映画を10倍好きになる!)
デイジーチョン・ジヒョン チョン・ウソン イ・ソンジェ アミューズソフトエンタテインメント 2006-10-27売り上げランキング : 2019おすすめ平均 対極する刺激同居の成功作フラワー・・静けさと暖かさと二人の愛する想いやはり勢いがあるからでしょうか?Amazonで詳しく...
デイジー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『愛は、枯れない。』  コチラの「デイジー」は、花に想いを託した悲しき暗殺者と、画家を目指すロマンティックな女性、そして暗殺者を追うインターポールの命がけの愛を描いた”超・韓流ラブストーリー”です。全編オランダ・ロケっちゅ~ことで、とても雰囲気のあ...