★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「人間失格」

2010-02-24 03:38:50 | 映画(な行)
<T1164/2010/A029/S011>

太宰治の同名小説の映画化。
超有名作品なのに、映画化はめったにないみたいだね。
2009年は太宰生誕100年で盛り上がってたけど、
今年も何本か映画化されるんじゃなかったっけ。
2009年製作の堕落系人生ドラマ、134分もの。

あらすじ・・・今回はMovieWalkerさんから引用させてもらいました。
結構詳しいので反転モードで・・・
津軽では有名な資産家で貴族院議員の息子・大庭葉蔵は、作り笑いを練習し、体育の授業でわざと失敗して笑いを取るような少年だった。しかし、クラスメイトの竹一に、その計算を見抜かれる。竹一に取り入った葉蔵は彼から、将来女にもて、偉い絵描きになると予言される。高等学校に行くため上京した葉蔵(生田斗真)は、画塾で6歳年上の堀木(伊勢谷友介)と出会う。遊び人の堀木は葉蔵を、律子(大楠道代)が営むバー青い花に連れていく。泥酔した詩人の中原中也(森田剛)に絡まれ閉口していた葉蔵だったが、次第に彼も酒に溺れていく。葉蔵は竹一の予言通り、飲み屋の芸者たち、下宿先の娘・礼子(坂井真紀)、カフェの女給・常子(寺島しのぶ)など、女に不自由することはなかった。そして常子に自分と同じ寂しさを感じた葉蔵は、一緒に鎌倉の海で心中を図る。しかし、死んだのは常子だけだった。事件の後、さらに寂しさを募らせていた葉蔵は、偶然出会った中原と一緒に鎌倉に向かう。葉蔵は、子持ちの記者・静子(小池栄子)と出会い、彼女のアパートで暮らすようになる。しかし葉蔵はそのアパートを出て、青い花の2階で寝泊まりするようになる。そして向かいのタバコ屋の娘・良子(石原さとみ)に惹かれ、結婚する。良子との生活は穏やかで、葉蔵は次第に人間らしさを取り戻す。しかし、久しぶりに堀木と再会した日、葉蔵は思いがけない光景を目にする。

ここからひらりん的レビューのネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
●文芸作品+ジャニーズ主演ということで、女性客+年配客ばかりだったね。
●話のほうは・・・純真無垢な良子は酒屋の御用聞きみたいな男に強姦されちゃってて・・・
気まずい夫婦生活・・・家出・・酒びたり・・かっ血・・モルヒネ中毒・・
療養所送り・・父死亡・・長兄の金で津軽で療養生活・・・みたいな主人公。
●ひらりんは直前に原作を読んでいたので、大体の流れはわかったけど、
読んでない人には判らない映像のつながりがいくつもあったね。
●原作は、イイトコの坊ちゃんで跡取りでない主人公が、
自分のダメ人間ぶりを手記に残してる・・・という設定。
会話は少ないけど、心のつぶやきが文章になってて、主人公の心理状態がよくわかる。
●本作は、イケメン主人公がハニカミ王子で、女にモテモテ・・・
セリフもナレーションも少なくて、イケメン&ハニカミ演技だけで勝負・・・
みたいな真っ向勝負しちゃったけど・・・裏目、みたいな出来だったかな。
●イイトコ出身のイケメン坊ちゃんが、
自分の存在意義に疑問を持って堕落していく主人公・・・
本作の映像からは読み取りづらかったっ。
まあ、だらだらとナレーションで心情を述べられても困るけど。
●もう一人のジャニーズ、V6の森田剛がやってた中原中也のシーンと、
津軽で療養シーン以降は、原作にないオリジナルの部分だったね。
死に損ないの葉蔵とリンクする中原の存在は悪くなかった。

★それにしても共演の女優陣はなかなか良かったね。
折りしも、ベルリン映画祭で女優賞を取った寺島しのぶも出てたし、
坂井真紀も初めて映画で見たし、石原さとみの純真娘役も良かった。
室井滋も、三田佳子も押し倒されちゃったりして、さすがハニカミっ。
(ひらりんの唯一苦手なのは●●●子です)

ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この作品の関連作は・・・
去年見た太宰作「ヴィヨンの妻 桜桃とタンポポ


ということで今回は・・・
ハニカミ度・・・
主人公の内心が描かれて無いというか、
人間失格な原因が弱いというか・・・
ただ周りに流されてるだけでは、物足りない。

●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
ひらりん同様、「太宰もイケメンだったのか???」と思ったあなた・・・
バナーにポチッとクリックおねがいしまーーす。

「人気ブログランキング(映画)」


ひらりんもツイッター始めました。
映画以外のこともつぶやいてるので、
ちょっと見に来てね。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「エメラルド・カウボーイ」 | トップ | 「ゆれる」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんわ~ (くう)
2010-02-26 01:46:38
原作知らない方が見たら、ただの坊ちゃん放蕩記だったなぁ。。。
と私も思いましたわ~。
原作で補填しなきゃならない部分が多すぎ。
それでも、主役の人が好きなので、まぁ想像していたよりは
遙かに良く感じられたのでした^^
こんばんは~♪ (由香)
2010-02-26 23:15:50
お邪魔します♪

>主人公の内心が描かれて無いというか、
人間失格な原因が弱いというか・・・
そうでしたね~
主人公の心情がよく分かりませんでしたね。それに物語の繋がりもよく分からず、、、
原作をご存じない方には???だったのでは?と思います。
雰囲気は悪くなかったのですが・・・
でも生田さんはなかなか良かった気がします。頑張っていらっしゃいましたよね~(イケメン贔屓?・笑)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
人間失格 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
久しぶりに劇場に行く時間がとれたので、気になっていたコチラを観て来ました~(鑑賞予定だった『母なる証明』『シャネル&ストラヴィンスキー』『恋するベーカリー』は観に行けないかも・・・残念)【story】津軽で有名な資産家の御曹司・葉蔵(生田斗真)は、人間関係...
映画 「人間失格」 (ようこそMr.G)
映画 「人間失格」
【人間失格】太宰治原作のダイジェスト版 (映画@見取り八段)
人間失格 監督: 荒戸源次郎    出演: 生田斗真、伊勢谷友介、寺島しのぶ、石原さとみ、室井滋    小池栄子、大楠道代、三田佳子、...
「人間失格」スバル座にて鑑賞 (流れ流れて八丈島)
研修疲れが抜けないけど、せっかくの代休なんでスバル興業株主優待券を使って、有楽町スバル座で「人間失格」を観てきました中高生の頃、太宰治の小説を読んでた時期もあったし、決して嫌いってわけじゃないけど、なんか心に響くものは感じられませんでしたどうしても、「...
人間失格 (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。太宰治原作、荒戸源次郎監督、生田斗真、伊勢谷友介、寺島しのぶ、大楠道代、小池栄子、坂井真紀、室井滋、石原さとみ、三田佳子、石橋蓮司、森田剛。静子役の小池栄子が「あの人はお酒を飲んでいると言うよりお酒に飲まれているのかも」と言う台詞があるが、...
映画:「人間失格」♪。 (☆みぃみの日々徒然日記☆)
平成22年2月25日(木)&#63647;。 映画:「人間失格」レポ。 監督:荒戸源次郎 原作:太宰治 出演: 生田斗真 (大庭葉藏)・ 伊勢谷友介 (堀木正雄) 寺島しのぶ (常子) ・ 石原さとみ (良子) 小池栄子 (静子) ・ 坂井真紀 (礼子) ...
人間失格/生田斗真、伊勢谷友介 (カノンな日々)
この映画、何気に楽しみにしていました。原作がとても好きとか出演者に大好きな人がいるというわけじゃないんですけど、このキャスティングの顔ぶれと原作小説を読んだときのイメージがわりといい感じで自分の中で重なったんですよね。森田剛くんだけが何だか浮いてる感じ...
『人間失格』(2010)/日本 (NiceOne!!)
監督:荒戸源次郎原作:太宰治出演:生田斗真、伊勢谷友介、寺島しのぶ、石原さとみ、小池栄子公式サイトはこちら。<Story>資産家の息子・大庭葉蔵(生田斗真)はある日、同じ画塾に通うという堀木(伊勢谷友介)に出会った。遊び人の堀木の影響を受け、放蕩三昧の...
人間失格 [映画] (映画鑑賞★日記・・・)
2010/02/20公開 日本 134分監督:荒戸源次郎出演:生田斗真、伊勢谷友介、寺島しのぶ、石原さとみ、小池栄子、坂井真紀、森田剛、石橋蓮司、室井滋、大楠道代、三田佳子堕ちていくほど、美しい。Story:議員の父親を持ち、津軽では有名な資産家の御曹司・葉蔵(生田斗真...
人間失格 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
太宰治の自伝的小説の映画化で、主人公を取り巻く女優たちが豪華だ。青森有数の資産家の息子の大庭葉蔵は、人間というものが判らない感覚に苛まされていた。幼い頃はわざと道化を演じ、大人になって上京してからは、画塾の友人で遊び人の堀木らと酒や女に溺れる放蕩の日々...
「人間失格」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「人間失格」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:生田斗真、伊勢谷友介、三田佳子、他 *原作:太宰治 *監督:荒戸源次郎 *撮影:浜田毅 *美術:今村力 *衣装デザイン:宮本まさ江 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのト...
人間失格 (必見!ミスターシネマの最新映画ネタバレ・批評レビュー!)
[人間失格] ブログ村キーワード ↓ワンクリックの応援お願いします↓ おみくじ評価:吉 2010年14本目です。 【あらすじ】 人間関係がうまくいかず、周囲に溶け込むためにわざと失態を犯し、笑いを取り続けている葉蔵(生田斗真)。 高校生になった葉蔵は、遊び人...
『人間失格』 (京の昼寝~♪)
  □作品オフィシャルサイト 「人間失格」 □監督 荒戸源次郎 □原作 太宰 治 □キャスト 生田斗真、伊勢谷友介、寺島しのぶ、石原さとみ、室井 滋、森田 剛、大楠道代、三田佳子、小池栄子、坂井真紀■鑑賞日 2月27日(土)■劇場 TOHOシネマズ川崎...
人間失格 (花ごよみ)
原作は太宰治。 監督は「赤目四十八瀧心 中未遂」の荒戸源次郎。 生田斗真が主演、 共演は伊勢谷友介、寺島しのぶ、 小池栄子、坂井真紀、 室井滋、三田佳子、森田剛等。 原作を読んだのは、昔過ぎて、 あまり覚えてはいませんが こんなのとは違っていたような…。 ...
「人間失格」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
                                   「人間失格」 ユナイテッドシネマ豊島園にて。 監督・荒戸源次郎 原作・太宰治 原作モノですな。 しかも、超有名。 こまりましたな。読んだことありませんm(__)m。人間失格です。 一言、もう少...
人間失格 (2009) (白ブタさん)
原作、まだ読んだことなのですが、行ってきました。
人間失格 (Diarydiary! )
《人間失格》 2009年 日本映画 太宰 治原作の同小説の映画化。大庭 葉蔵の半
10-79「人間失格」(日本) (CINECHANの映画感想)
生きることが文学だった  貴族院議員で津軽の有名な資産家を父に持つ美貌の青年、大庭葉蔵。人間というものが分からず、周囲になじめないと感じていた。上京して高等学校に入った彼は、6歳年上の堀木という男と知り合う。彼によって遊びを覚えていく葉蔵。  やがて酒...
人間失格 / 中島ノブユキ (本と音楽で世界は変わる!なんて)
人間失格 中島ノブユキ,大貫妙子, ユニバーサルクラシック 発売日:2010-02-10 映画予告編の、堕落していく主人公、舞い散る桜の花びらを包みこむように鳴り響くアヴェマリアが、なんていうか退廃的に美しくて美しくて美しくて、まだ映画を観てないのに...
映画評「人間失格」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2010年日本映画 監督・荒戸源次郎 ネタバレあり