★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「DEATH NOTE デスノート 前編」

2006-06-21 03:38:25 | 映画(た行)
「ジャンプ」の連載コミックの実写映画化作品。
「ジャンプ」いや、漫画本なんて、ここウン十年買ってないひらりん。
まぁ、話題作なので観てみる事に・・・。
さすが、日テレでバンバン宣伝してるだけあって、客の入りは上々。
年齢層は、ジャンプ購読者層と若手俳優のファン層かなっ。
主演は藤原竜也藤 竜也ではないのであしからず。 
2006年製作のコミック系犯罪サスペンス、126分もの。

あらすじ
正義感に燃えるエリート大学生の夜神月(やがみ・ライト)。
司法試験も一発合格・・・先は警視総監なんて感じの天才。
しかし、凶悪犯罪も法で裁けない現実を目の当たりにし・・・愕然。
と、そんな時、「DEATH NOTE」と書かれたノートを拾う。
使い方の欄に
「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」とある。
そんなバカな・・と思いつつ、テレビに映る凶悪犯罪者の名前を書いてみたら・・・
翌朝、新聞にはその犯罪者の死亡記事が・・・

ここからネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
よっしゃー、これで悪人を退治できるーーー・・と。
バンバン殺していっちゃう・・・正義感から。
世間でもネット上でも、こりゃ救世主=キラの仕業だわ・・・と、
賛成・反対の大問題に・・。
だまっちゃいない国家権力=警察機構。
謎のウィルスの蔓延か?新種のテロか?なんていってるうちに・・・
インターポールから強力な助っ人が・・・
パソコン越しに指示を送って来る「L=エル」という謎の男。
使いのおじさんワタリ役は、おひょいさん=藤村俊二
エルの作戦によって首都圏に住む者の仕業とわかる。
一方ライトは謎の男に尾行されていた・・
仮面ライダーもやってた細川茂樹が演じるFBI捜査官レイに。
おおっ、FBIまで捜査に来てるの??と、世界的な大事件を予感させたが・・・
デスノートの驚異的威力を使って、FBI捜査官10名くらいを一辺に殺しちゃうライト。
デスノートは、書く人が名前と顔を知ってないと殺せないとか・・・
死亡原因を書けたり・・状況設定をできるみたい。
そうそう、このデスノートを落とした退屈な死神=リューク(声は中村獅童)。
デスノートに触ったものしか見えない死神はフラフラ宙を浮いてます。
犯罪者ばかりでなく、FBIまで殺しちゃったライトに・・・
死神以上に死神だな・・・・と言いつつ、好物のリンゴをかじってる・・・。
なんで「リンゴ」なのかは不明。
ところで、警察チーム・・・
警察の捜査を担当するのは、なんとライトの父・夜神総一郎。
エルもパソコン通して指示するだけじゃダメ・・・って事で本人登場。
「エル=竜崎」として警察チームと行動。
内部情報も盗まれてるな・・・とか、行動パターンが学生・・っぽいな・・とか、
こりゃ、警察関係者の身内を徹底マーク。
もちろん、夜神部長の息子・ライトの部屋にも隠しカメラがごっそり仕掛けられ・・
徹底監視・・・しかし、目ざといライト、カメラ設置に気づき・・知らんぷり。
この辺から、ライトとエルの神経戦的様相。
デスノートに名前書いて死なせないと疑われちゃうし・・・
監視されてる間に死なせて疑いを晴らさないと・・・って事で、
ポテチ食べながら勉強してるふりして・・ポテチの袋の中に小型テレビを入れといて・・
ニュースに出てきた犯罪者の名前を、ちぎったデスノートのかけらに書き込んだライト。
これで見事疑いを晴らす・・・がっ。
ライトに擦り寄ってきた瀬戸朝香演ずる女・南空ナオミ・・
彼女は殺されたFBI捜査官レイの婚約者・・・しかも、以前エルと仕事してたらしい。
その筋の人ならライトを疑ってもおかしくなーーい。
ライトの彼女・詩織を誘拐し、ライトをおびき出す・・
しかも死をもってライトの仕業と判明させる気・・だが・・
さすが、死神的天才のライト・・・
彼女の本名を探し当て、死亡予告のコトバをデスノートに書いておいた。
しかも、彼女である詩織をナオミに殺させ・・ナオミは自殺・・というシナリオ。
まっ、正確には、詩織はライトを殺そうとした弾に当たって死亡・・と書かれた・・という事。
そう、このデスノートでは、人に人を殺させる事は出来ないのでした。
愛する彼女を殺してまで、人殺しができるという存在を守りたかったの???
それにしてもこの彼女(香椎由宇)、ちょっとよそよそし過ぎて彼女っぽくなかったね。
そして、ラスト・・・
落ち込むフリをしながら父・総一郎に、この事件の捜査チーム入りを願うライト。
ここで、エルが登場・・・
ライトがトリックに使ったポテチの袋を手にしながら・・・
チーム入りは大歓迎・・・だと。
甘い物好きなエル・・・コンソメ味のポテチも好きだったのか??
そして次回作に続く・・・だったかなっ。

次回作といえば・・
チョロっと出てきた、アイドル歌手ちゃん。
仕事仲間のオタクADさんに詰め寄られてたり・・
その娘のもとにも「デスノート」じゃないノートが落ちてきてたね。
この辺の話も次回に出てくるんでしょうね。

全然原作知らないので、ストーリー展開は楽しめたね。
登場キャラはこんなもんなのでしょう。
正義感いっぱいだったのが・・・どんどん道を踏み外していく・・・
それに気づいてないのか・・・ダークサイドに目覚めちゃったのか・・
今後が楽しみ。
ひとーーーつ、ひらりんが気になったのは・・・
主演のライト・藤原竜也くん。
雰囲気でてるみたいだけど・・・セリフがクサイ。
なんかね舞台でセリフ喋ってるみたいでおかしいな。
ちっちきちーのおじさん(大木こだま)風に言えば・・・
「そんなヤツ、おらんやろ」です。

ここまでネタバレ注意↑

もともとコミック見ないので、その後の展開も次回作までとっておく事にします。
リンゴの秘密知ってる人はコメントお願いします。

という事で今回は
デス・濃度・・・
ちょっと安っちい感じはするけど・・・
その割にはバンバン人が死んでいく映画っていうのも邦画として珍しい・・・かな。
 

ところでひらりんも「人気ブログランキング(映画)」に参加してます。
ひらりんのブログを気に入ってくれたら↑↑クリックしてね

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (20)   トラックバック (134)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« △空想映画▽7・・・「インサイ... | トップ | 「コーチ・カーター」 »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
りんご (えい)
2006-06-28 09:57:51
こんにちは。





リュークがりんごを好きなわけ。

憶測ですが、

りんごの実を食べて楽園追放のアダムとイブ。

ここからきているのではないかなと思いました。
Unknown (Ageha)
2006-06-28 13:11:15
リンゴが人間にとっての酒とかタバコみたいな

嗜好品で、

きれるとおかしな行動をとる・・って

映画では言うてましたけど

死神にとっての麻薬(!)がリンゴって

なんか不思議な気がしましたね。

庶民的というか、聖書っぽいというか。



FBIがバタバタ死んでいくさまがコントに見えるから

コワイ。

ホント段々人が心臓発作を起こすシーンに

見てるこっちもライトのように、

何も感じなくなっていく。



・・自分で直接本人を傷つけたり、

取っ組み合いの死闘を演じたり、

薬物毒物をもっての行動をしてるわけじゃないから

よけいに殺すということに

ためらいがなくなってアリバイ工作に走り

正義の仮面をかぶって悪魔になっていくさまが

怖くて悲しかったです。

原作 (メビウス)
2006-06-28 20:56:50
こんばんわ♪TB有難うございました♪



自分は原作を読んでいたのですが、結構無難に纏まってると思いましたね。南空ナオミはあそこまで暴走していませんでしたけど・・(^▽^;)(笑



ミサミサも原作ではデスノート所有者なので、後編は彼女も大活躍するかもしれませんね。
Unknown (トミー)
2006-06-29 00:02:56
はじめまして。

TBありがとうございました。



私は原作のファンなのですが、

原作ファンの予想を良い意味で

裏切るシナリオになっていて

良かったです。



りんごはやっぱり聖書的な意味合いが

ありそうですね。

「知恵」と「罪」の象徴であるりんごが

本作のテーマを暗示しているように思えます。
Unknown (red1)
2006-06-29 07:03:28
「りんご」は、原作読んでるときから、

私も不思議でしたが、大好物なんだなぁ、

と納得していました。(笑)

やっぱり、『楽園の禁断の果実』からなのでしょうか?
TBありがとうございました。 (arisu)
2006-06-29 18:26:16
私も原作は読んでいませんが、読んだ人の感想を聞くと、藤原君の雰囲気は「ライト」と似ているそうです。松山君は、どうだろ~?と言ってましたが、松山君自身、相当原作読み込んで頑張ったようですね。

なんといっても「ワタリ」の雰囲気は、オヒョイさんでバッチリなのでは?
笑かせてもらいました (Boh)
2006-06-30 01:17:58
藤原竜也と藤竜也

峰竜太と竜雷太

似てるようで全然違いますね(笑)

TBさせて頂きました。
Unknown (山子)
2006-06-30 21:01:03
はじめまして。

トラックバック、ありがとうございます



随分、たくさん映画見てるんですね

気分転換になって、良いですよね
TBありがとうございます。 (hana)
2006-07-04 19:42:17
はじめまして。

映画、沢山観られんですね~。

私も無類の映画好きなので、参考になりました!!

『DEATH NOTE』のりんご、何故りんごなのかはわかりません。

原作では、リュークが「りんごを食べないと禁断症状がでる」と言っていて、しかもその禁断症状は逆立ちしたりすること(笑)←実際にそのシーンが出てきます。

月は見たくないと言っていましたよ。



こちらからもTBさせていただきます。

またお邪魔しますね~。
TB有り難うございました。 (meson)
2006-07-04 22:35:09
この映画ずいぶんヒットしているようですね。

ある程度原作の内容は知っていましたが、

それでも純粋にストーリーを楽しめました。



後編の更なる飛躍に期待ですね!!
TBありがとうございます (りょうこ)
2006-07-06 14:20:59
リンゴの意味は・・・

わからないですね。

死神ってリンゴを食べるのかと、特に疑問も持たず

観てしまいました。

言われてみると何故リンゴなのか気になりますね。
TBお礼 (りず)
2006-07-09 22:25:56
大変遅くなりましたが、先日TBありがとうございました。

原作知らないまま映画に望んだので、このまま後編を待つか、それともその前に原作にトライするか、迷ってしまいます。
Unknown (honu)
2006-07-10 07:24:51
こんにちは~!

前後編の期間がちょこっとあるので、原作を読んでない人にとっては、生殺し状態…ですよね(~_~;)

おかげで、待ってる間に原作を読んでしまおうか、どうしようか、悩んじゃってます(苦笑)

ポテチ (シムウナ)
2006-10-31 01:07:57
こんにちは

TB有難うございました。

私はライトとLが対峙する場面ですが、Lがポテチを食べながら捜査本部に歓迎するシーン、あれは、ポテチを使ったトリックは既に分かってるし、犯人はおまえだということも、殺害方法は分からないが、自分の手の範囲に置くことによって(まだ名前は知られていないので)暴いてやるぞってLの挑戦的な態度かなって思いましたが、どうでしょうか?
藤原くんの演技 (シムウナ)
2006-11-14 21:09:51
TB有難うございました。ひらりんさん。
後編は映画館でみてきました。原作を読まずに
視聴したほうが楽しめました。映画をみたあとは
すぐにまんが喫茶に直行。深夜までかけて12巻全て読みきりました。映画のオチのほうが個人的には好きです。藤原くんの演技は舞台で鍛えられただけあってうまいなぁって思いましたよ~。
Unknown (mipo-chiro)
2006-11-21 22:00:44
はじめましてチロと申します。トラバ貼らせていただきましたのでよろしくお願いします。
好き好き大好きの管理人です (mipo-chiro)
2006-11-23 01:52:54
こんばんわ
トラバ貼らせていただきありがとうございました。
また、コメントありがとうございました。
コメント返しはリュークで返しているので
けっこう無礼で毒っぽいのですがお許しください。
また、あそびにきますね。
デスノート (おだみれな)
2006-11-27 01:38:22
私は、デスノートがほしいです。それにしてもがんばったでしょうね・ライト君大好きでーーーーす私は、大久保徹と、いうひとがにくいです。あっ内緒ですよ
教えて欲しいです!! (マイ)
2006-12-18 15:20:42
デスノートの映画(前編)で、最後に流れる外人の歌ってる曲は、なんていう曲ですか?ちなみに誰が歌ってるんですか?
お久しぶりです^^ (髭ダルマLOVE)
2007-07-09 20:21:02
ひらりんさん、こんばんはっ。
お久しぶりです。

今更ジローですが観ました「デスノート」!
確かに藤原竜也の演技はデカイ!
ありゃ舞台の演技ですね。
鹿賀丈史との絡みは思わず笑っちゃいました^^

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

134 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
DEATH NOTE /デスノート(前編) (Rohi-ta_site.com)
映画館で、出演:藤原竜也/松山ケンイチ/瀬戸朝香/香椎由宇/細川茂樹/戸田恵梨香/満島ひかり/五大路子/津川雅彦/藤村俊二/鹿賀丈史/原作:大場つぐみ/小畑 健/脚本:大石哲也/監督:金子修介/作品『DEATH NOTE/デスノート(前編)』を観ました。 ●感想  ・原作 ...
『DEATH NOTE デスノート 前編』 & 舞台挨拶♪ (*Sweet Days*  ~movie,music etc...~)
CAST:藤原竜也、松山ケンイチ 他 同名の人気コミックの映画化。 大学生の夜神月(藤原竜也)は、ある日一冊のノートを拾う。そのノートは、そこに書かれた人が必ず死ぬという死神(リューク)が落とした物だった・・・・ まぁ~ったく前知識無しとい ...
『DEATH NOTE デスノート 前編』 (アンディの日記 シネマ版)
緊迫度[:ラブ:][:ラブ:][:ラブ:]    2006/06/17公開   (公式サイト) CG度 [:結晶:][:結晶:][:結晶:] 娯楽度[:テレビジョン:][:テレビジョン:][:テレビジョン:] 満足度[:星:][:星:][:星:]   【監督】金子修介 【脚本】大石哲也 【原作】大 ...
DEATH NOTE -デスノート- 前編 (Akira's VOICE)
見応えと眠気が同居した曖昧な映画。 原作を知らない人にはつまらないかも・・・
DEATH NOTE =前編= (JUMP OVER THE MOON)
デスノートを観て来たよ~。以下、感想&突っ込みなど。 映画『デスノート』公開!(BARKS) レッチリは原作コミックの英語版を読んで曲の提供を快諾したという。フリーは「映画『デスノート』に参加できて光栄だし、嬉しく思う」、アンソニー・キーディスは ...
デスノート /DEATH NOTE ☆前編☆ (我想一個人映画美的女人blog)
先行オールナイトに行ってしまった~{/face_warai/} 少年ジャンプのコミックにハマってしまったのはこれが最初で最後{/face_nika/} 以前も書いたことだけど、こんなに面白いとは{/kirakira/}と。。。 (ジャンプの連載じゃなく単行本で読んでます☆)  コミック ...
デスノート 前編 (UkiUkiれいんぼーデイ)
後編も観たいかも・・・[:わーい:] なかなか面白いゾ~[:ムード:] 原作コミック読んでないけど観ちゃった! 原作を未読でも、充分面白いです。 中村獅童さんに告ぐ・・・ これから“顔”は出さずに“声優”で出てください。 って言いたいくらい ...
映画「DEATH NOTE デスノート 前編」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「DEATH NOTE デスノート 前編」 大人気コミックの実写映画化。コミック版は私も読んでいて大好き!前編は3巻半ばくらいまでの内容(11巻まで発売中)で、映画独自のキャラも登場している。 ストーリーは、書き込んだ名前の人間に死をもたらすことが ...
DEATH NOTE デスノート 前編 (ナナシ的エンタメすたいるNet)
丸の内ピカデリーで「DEATH NOTE デスノート 前編」を見てきました。 「週刊少年ジャンプ」で連載スタート後、 1,400万部以上を売り上げている人気コミックを 前編と後編の2部構成で実写化。 人間の名前を書き込んだら死をもたらすという デスノートというノー ...
【劇場鑑賞64】DEATH NOTE デスノート 前編(DEATH NOTE) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
ルール このノートに名前を書かれた人間は・・・ 死ぬ。 ルール 死因を書かなければすべてが心臓麻痺となる ルール 書く人物の顔が頭に入っていないと効果はない 退屈な死神がノートを落とし 退屈な天才がノートを拾った ...
今日は『DEATH NOTE』の日。 (キラキラ社会人の日記)
まっしゅの友人がドタキャンしたので、 私+ルイちゃんが繰り上がって 『DEATH NOTE』試写会に行くことになりました。 夜神一家が舞台挨拶に来るって!月以外ね・・・。(´ヘ`;) いやいやいや!鹿賀丈史を見てきますよ!せめて。 いってきまーす。 ...
「DEATH NOTE~前編~」死のノートは天才を悪魔に変貌させた (オールマイティにコメンテート)
「DEATH NOTE~前編~」は人気コミック「DEATH NOTE」を実写版にした作品で、天才大学生がある日偶然に拾ったデスノートは名前を記載するだけでその人物を殺す事ができる殺人ノートを手にした主人公が次々と法で裁けない犯罪者をノートに記載して殺していくストー ...
DEATH NOTE デスノート 全編(映画館) (ひるめし。)
ひとりの天才がそれを手にしてしまった。 頭脳戦を制するものが、新世界を制す。 CAST:藤原達也/松山ケンイチ/瀬戸朝香/香椎由宇/細川茂樹/戸田恵梨香/藤村俊二/鹿賀丈史 他 ■日本産 126分 原作の漫画を読んだことないから変な先入観がなく、結構おもし ...
「デスノート・前編」■後編に期待したいが・・・ (映画と出会う・世界が変わる)
「ダーティー・ハリー」の登場は、警察組織の枠組みや法の限界によって悪を取り締まれないことを打破したことへの痛快さがあった。しかし、その続編では、ハリー・キャラハンは、第一部で自らがそうであったような警察内部の過激派と対立することになり、彼の魅力 ...
「デスノート」と金子修介・監督 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
「デスノート DEATH NOTE」の映画を金子修介監督が撮ると聞いた時に、まっ
劇場鑑賞「DEATHNOTE」 (日々“是”精進!)
「DEATHNOTE」を鑑賞してきました累計1400万部超の人気コミックを、金子修介監督が2部構成で映画化。人を殺すことのできるノートを拾った天才少年と、彼の計画を阻止しようとする天才少年との息詰まる頭脳戦を描く。ストーリーは・・・大学生の月(ライト)は ...
映画「DEATH NOTE 前編」 (Not Diary But Blog !!)
ようやく「DEATH NOTE」をレビューを書けます。 内容は皆さん知っているかと思いますが、ある一人の天才「ライト」が名前を書くだけで人を殺せるノートを拾い、そのノートを使って世の中を変えていこうとし、そこでもう一人の天才「L」がそれ ...
「DEATH NOTE~前編~」死のノートは天才を悪魔に変貌させた (オールマイティにコメンテート)
「DEATH NOTE~前編~」は人気コミック「DEATH NOTE」を実写版にした作品で、天才大学生がある日偶然に拾ったデスノートは名前を記載するだけでその人物を殺す事ができる殺人ノートを手にした主人公が次々と法で裁けない犯罪者をノートに記載して殺していくストー ...
シネマ日記 デスノート・前編 (skywave blog)
なぜ、デスノートに名前を書かれると死んでしまうのか、この点に、こだわらなければ、楽しめる映画だと思います。私は、コミックが原作なのだから荒唐無稽のストーリーと覚悟して
一昨日、試写会に行ってきました。 (僕(やつがれ)が気になること)
タイトル:デスノート上映時間:2時間2分死神(フルCGの死神で声が中村獅童)が落としたノートを頭脳明晰な大学生の夜神月(ヤガミライト:藤原竜也)が拾った。それは、「名前を書きこまれた人間は死ぬ」というノート、「死のノート」だった。このノートを手 ...
デスノート 前編 (5125年映画の旅)
金子修介監督が『デスノート』を撮ると知って半年、『デスノート』にハマって半年、期待と不安を孕んでついに完成した実写版『デスノート』。 白状すると期待が3で不安が7だった訳で、出来がとっても心配だったんですが、意外や意外!この映画、面白! 原作 ...
DEATH NOTE デスノート前編 (ネタバレ映画館)
ノートに書いた名前を消しゴムで消したらどうなるんだろ?
テーマはいいのだけど「デスノート 前編」 (再出発日記)
監督:金子修介出演:藤原竜也、松山ケンイチ、瀬戸朝香、香椎由宇、細川茂樹、戸田恵梨香名門大学に通い、警察幹部を父に持つ秀才夜神月(やがみライト)。彼は偶然手に入れた、名前を書かれた人は死んでしまうノート“デスノート”を使い、法で裁かれない犯罪者 ...
映画「デスノート・前編」を観て (とみのひとりごと)
 いちばんショックだったのは、エンドロールの後に死神が出て来て、「後編は11月公開」と言ったとき。10月の予定がいつの間にか11月に変更になったらしい。ガーン。な、ながい・・・。
見せかたが下手 「DEATH NOTE デスノート 前編」 (平気の平左)
評価:65点 DEATH NOTE デスノート 前編 印象としては、非常に惜しい。 原作も面白いんですが、それに加えられた映画オリジナルの展開は中々面白いと思います。 映画オリジナルの南空ナオミの基本的な展開は、個人的には原作よりも好きです。 ただ、全体 ...
DEATH NOTE デスノート 前編 (お萌えば遠くに来たもんだ!)
観てきました。 <新宿ジョイシネマ1> 監督:金子修介 脚本:大石哲也 音楽:川井憲次 すっかり覚えちゃいました。 「このノートに名前を書かれた人間は・・・・・・・・死ぬ」のキャッチ。 ご多分に漏れず原作のファンなので、実は今年前半で一番楽しみにし ...
『デスノート・前編』 (ラムの大通り)
----この映画、前後編に分けて公開だって? 珍しくニャい? 「うん。この方式、昔は日本映画にもけっこうあったけど、 最近では見かけなくなったね」 ----原作がコミックで11巻だっけ。 長いからかなあ…。 「そう。これは『ダ・ヴィンチ・コード』と同じだね。 謎 ...
DEATH NOTE/デスノート (夢見る小悪魔)
そのノートに名前を書かれた人間は死ぬ公式サイトデスノート◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆o◇o◆死神が落としたノートを手に入れたのは、頭脳明晰な大学生・夜神月(ヤガミライト)。ノートの使用法を読み、半信半疑で名 ...
DEATH NOTE デスノート 前編/藤原竜也、香椎由宇 (カノンな日々)
原作コミックのことは全く知りませんでしたが、劇場予告編の雰囲気や、デスノートという悪魔のツールをキーアイテムにした犯罪スリラー、天才的犯罪者と天才的探偵の頭脳戦というふれこみにはかなりそそられました。キャスティングも主演・藤原竜也くんに香椎由宇 ...
DEATH NOTE デスノート 前編 (なにも起こらなかった一日の終わりに)
 バイトが休みなので話題作「デスノート 前編」を観て来ましたよ!  物語は一人の青年があるノートに犯罪者の名前を書き付けるところから始まります。  彼は夜神月(ヤガミライト)、警察官僚を目指す大学生。  彼のもつノートは”デスノート”。  死神の ...
「デス・ノート」(前編) (明日は明日の風が吹く)
彼に薦められて読んだ漫画「デス・ノート」にはまってしまって、映画を観てきました!
【デスノート 前編】 (空の「一期一会」)
*ネタバレしてます。* ★面白かったぁ~♪映画化の話を聞いた時から、不安は沢山
デスノート【前編】 (何を書くんだろー)
「デスノート【前編】」 評価 ★★★★☆ (4.2) 『あらすじ』  刑事を父親に持つエリート大学生の夜神月。ズバ抜けたIQで過去に父親の担当する事件に アドバイスをし、解決に導くほどの正義感を持つ。しかし、現状、この国では凶悪犯罪 ...
デスノート 前編 (ジダラク妊婦)
  【勝手に評価:★★★★☆】 今年9本目です!  「前編」ってことは当然「後編」もあるわけで。でも後編は11月公開・・・映画館は無理だなぁ~レンタルかぁ。でも11月でも生後3ケ月ぐらいだから・・・「映画見るより寝ていたい状況だろーな^^;」 「週 ...
DEATH NOTE デスノート 前編 (2006) 126分 (極私的映画論+α)
 名門・東応大学で法律を学ぶエリート大学生、夜神月。将来を嘱望される彼ではあったが、法による正義に限界を感じ、激しい無力感に襲われていた。そんな時、彼は黒い表紙に『DEATH NOTE』と書かれた一冊のノートを目にする。そこには、“このノートに名前を書か ...
リュークってかわいいっ。~「デスノート・前編」~ (ペパーミントの魔術師)
初日9時40分R170にて。 混んでるのかと思いきや意外にシートの半分くらいといったとこ。 ほとんどが中学生男子の友達同士で 多分原作読んで期待してやってきたカップルとか あと、ぽつんぽつんとどう見ても私よか年上のおっちゃんがひとりで 鑑賞に来てたの ...
劇場版『DEATH NOTE 』前編 (心は永遠の♂中学生~そんな腐女子~)
板チョコ丸かじりしたいーっヾ(*´∀`*)ノキャッキャ 以下、感想につきネタバレ注意ヽ(´∀`)9 ビシ!! 個人的な感想なんで、偏ってますwww DEATH NOTE (1)
DEATH NOTE デスノート 前編 (色即是空日記+α)
累計1500万部突破の大人気コミックの映画化。 もちろん!!コミックのほうでも読んでるファンでありますw 若干、原作とは違った展開するんですが、面白いっっ 原作を知らなくても楽しめる、引き込まれちゃうと思います!
デスノート 前編 (映画で綴る鑑賞ノート)
“ノートに名前を書かれた人が死ぬ映画らしい” という、予告編の情報しか知らないまま鑑賞しました。 ※ ネタバレ 注意! ※ これって、ジャンプの連載なんですね。 漫画で読んだら面白そう。 リュークのキャラが最初と最後で、えらく変わってましたが、 ...
DEATH NOTE デスノート(前編)(試写会) (Movies!!)
藤原竜也、松山ケンイチ、瀬戸朝香、香椎由宇、細川茂樹、鹿賀丈史、藤村俊二出演。金子修介監督作品。 公式サイト 名門・東応大学で法律を学ぶエリート大学生、夜神月(藤原竜也)。将来を嘱望される彼ではあったが、法による正義に限界を感じ、激しい無力感に ...
映画:DEATH NOTEデスノート前編 試写会 (駒吉の日記)
DEATH NOTEデスノート前編 試写会@よみうりホール 「人間って面白れぇ~」 この前に「正義を唱えながら、『殺す』か」というようなカンジの台詞が入ってました。 原作は結構前に読んだのですが、ジャンプとは思えないくらい字が多いなあ~、このテーマは ...
DEATH NOTE 前編 (ちわわぱらだいす)
見てきました~♪(o=゜▽゜)人(゜▽゜=o)♪ルンルン♪ 今日も予習なしで。 宣伝でおもしろそうだったからどうしても今日見たかったの。 んで、瑠璃さん連れて行きました~鍊 すっごくおもしろかったです撚 なんと映画館満員でした。うさぎか ...
もう後編を観なくていいくらい満足しました(笑) 映画『デスノート 前編』 (海から始まる!?)
 『デスノート』が凄い人気だということは、時折覗かせてもらっている鈴木杏さんのブログや安藤希さんのブログを通して知っていました。作品の盛り上がり方から言って、少女コミック系の雑誌に連載されているのかと思ったら、「少年ジャンプ」に連載されていた作 ...
DEATH NOTE デスノート(評価:○) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】金子修介 【出演】藤原竜也/松山ケンイチ/瀬戸朝香/香椎由宇/細川茂樹/戸田恵梨香/藤村俊二/鹿賀丈史 【公開日】2006/6.17 【製作】日本 【ストーリー】 退屈な死神が人間界に1冊のノートを落とし、退屈
デスノート 前編・・・・・評価額1000円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
正直なところ、全く期待しなかったどころか、地雷を踏む覚悟で観に行った。 何しろ長編人気漫画が原作で、監督が金子修介、そこそこお金の掛かった大作で、おまけに前後編を同時撮影ってギミックまで繰り出して、これって邦画
DEATH NOTE/デスノート 前編 (そーれりぽーと)
週間少年ジャンプらしからぬ深く小難しいタッチで自らを正義と確信する異能の大量殺人鬼と、それを止めようとする人々との知的攻防を描いた「DEATH NOTE」が、連載終了と同時に実写で映画化されたので早速観てきました。 ★★ 原作を毎週楽しみに読んでいた私から ...
■DEATH NOTE/デスノート (前編) (ルーピーQの活動日記)
そのノートは人の死を操ることのできる“死のノート”だった。退屈な死神・リュークが人間界にノートを落とし、エリート大学生・夜神月(藤原竜也)が「デスノート」を手にした時から運命の歯車は回り始める。「デスノート」によって犯罪者たちを次々と裁いてい ...
映画「DEATH NOTE デスノート」前編 (いもロックフェスティバル)
映画『DEATH NOTE デスノート』の試写会に行った。 ものすごく興味深く
原作ファンも結末は予測不可能!「デスノート前編」 (トミーのエンタメ日記)
映画「デスノート前編」を見てきました。 ストーリーや設定の変更が原作の良さを壊し
「DEATH NOTE デスノート 前編」 (NUMB)
 映画「デスノート」オリジナル・サウンドトラック 「DEATH NOTE デスノート 前編」 ★★★ DEATH NOTE(2006年日本) 監督:金子修介 原作:大場つぐみ、(作画 小畑健) 脚本:大石哲也 キャスト:藤原竜也、
'06-058 『デスノート 前編』 (闇に歌えば)
とりあえず原作を読んでいないので違いなどは分かりません 自らの正義に基づきデスノートを使い法で裁けぬ犯罪者に死を与える月(=キラ) 迷宮入り事件を数々解決しICPOの依頼でキラ事件の捜査に協力するL(=竜崎) 二人の天才のぶつかり合い 顔と名前 ...
DEATH NOTE(前編) (龍眼日記 Longan Diary)
               「このノートに名前を書かれたら死ぬ」 「正義」って一体なんだろう。 その人間はこの世には不要だ。 そんな決定は一体誰が下すのか。 また下す権利があるのか。 司法の世界に進んで世の中を良くしたいと考えていた1人の青年 ...
デスノ-ト 前編 (ルナのシネマ缶)
コミックで言えば、 3~4巻までくらいでしょうか? この分だと、後編は 月(ライト)とL(エル)の 対決で終るのかな~? どうせなら、映画版オリジナルの ラストでもおもしろいかも・・・。 実は、私はデスノ-トを知らなかったのですが、 昨年、ネット ...
【DEATHNOTE ~デスノート~】正義の限界 (見取り八段・実0段)
退屈な死神が人間界にノートを落とし、退屈な天才がそのノートを拾った。。。1400万部を突破したと言う原作は未読である。なので、あらかじめインプットされたイメージもなく、サラの状態で見る事ができた。壮大なストーリーは、とてもリアリティのない物であ ...
『デスノート 前編』  各々の‘正義’のために命をかけた戦いが今始まる・・・ (enjoy! MOVIE☆LIFE)
サントラ, 川井憲次 映画「デスノート」オリジナル・サウンドトラック SOUND of DEATH NOTE (画像はサウンドトラック) 出演■藤原竜也、松山ケンイチ、瀬戸朝香、細川茂樹、香椎由宇、戸田恵梨香、加賀丈史 他・・・ 監督■金子修介 <スト ...
DEATH NOTE デスノート 前編 (TRIVIAL JUNK Blog)
えーこれは言わずと知れた「週刊少年ジャンプ」のカリスマコミックの実写化ですね。 原作の方は、自在に人を殺せるアイテム「デスノート」を軸に、法の不備や死刑の限界を世に問う社会派コミックでは間違ってもなくて、あくまでその辺を1ファクターとする天才vs天 ...
DEATH NOTE デスノート 前編 (Silky's Room)
DEATH NOTE デスノート 前編 - goo 映画 子どもと一緒に見るにはどうかなという内容の映画でしたが、子どもの熱意と私もこの手の映画はきらいじゃないもので一緒に鑑賞してきました。{/usagi/} 原作を知らなくても十分わかりやすい映画です。特に死 ...
『DEATH NOTE、観ました!(^^)』 (red1)
先日、日記にも書いていた、『DEATH NOTE』、観てきました。あははは、やはり息子大興奮っ!!(^^)(ちなみに、息子は、まだ、原作見てません。)レッド・ホット・チリ・ペッパーズの、「DaniCalifornia」が、とても気に入っている様子。(私もですが...。 ...
後編にも期待! 映画「DEATH NOTE」 (固ゆで卵で行こう!)
映画「DEATH NOTE」観てきました。 原作である漫画の方は毎週ジャンプで欠かさず読んでました。 先日完結しましたが、そのラストに関しては正直微妙でしたが、ほんとに毎週楽しみに読んでいた。 原作:大場 つぐみ  作画:小畑 健 『DEATH NOTE ...
映画『DEATH NOTE』前編 (IROAIな日々)
※ネタバレあり 17日に封切りされた『デスノート』を観て来ました(^^)/ 大chanも賢chanもすごく原作にハマってた『デスノ』。ここんとこ、原作が爆発的に売れてる人気作の実写版ってよくありますが、原作の人気があればあるだけ映画化は難しいものがあります ...
映画vol.65『デスノート 前編』*試写会 (Cold in Summer)
『デスノート』(2006年公開)*試写会 監督: 出演:藤原竜也 瀬戸朝香 映画「デスノート」公式HP 漫画デスノート公式HP 06.06.05 福岡市営地下鉄で撮影されたとの事で、注目の作品です。 「ノートに名前を書かれた人物 ...
〈映画〉DEATH NOTE 前編/小畑健・大場つぐみ (Crescent Moon)
 このノートに名前を書かれた人間は死ぬ――。 名門大学に通い、将来の警視総監を嘱望される天才・夜神月。 彼は偶然手に入れた“デスノート”を使い、法で裁かれない犯罪者を次々と殺していく。その目的は犯罪のない理想社会の実現だ。 一方ICPOは犯罪者の大 ...
「DEATH NOTE デスノート」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
映画「DEATH NOTE デスノート」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演・声優:夜神月:藤原竜也、松山ケンイチ、中村獅童、瀬戸朝香、香椎由宇、細川茂樹、戸田恵梨香、藤村俊二、鹿賀丈史、青山草太、中村育二、奥田達士、清水伸、小松みゆ ...
DEATH NOTE(デスノート) (テレビミチ+エイガミチ)
映画「デスノート」オリジナル・サウンドトラック SOUND of DEATH NOTE 監督:金子修介 出演:藤原竜也/松山ケンイチ/瀬戸朝香/藤村俊二/戸田恵梨香 etc 音楽:レッチリ/スガシカオ 試写会に行って来ました。 6月に前編。10月に後編が公開される話 ...
デスノート映画公開! (五臓六腑)
「デスノート前編」観てきました! 予想外に混んでて慌てた。 若い人と40代くらいの人が多かったです。 デスノ好きと藤原竜也好きの集合体だと思った(笑) http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote/ ※ネタバレ注意※ 幼馴染の詩織はやっぱり死 ...
【デスノート】Deathnote 前編 (自己中心的シネマ談)
    【ストーリー】退屈な死神が、人間界にノートを落としひとりの天才がそのノートを拾う。『このノートに名前を書かれた人間は死ぬ』デスノートを拾った夜神月(藤原竜也)は世の中に放置されている『犯罪者』たちに次々と制裁を加えてゆく。ただし、デ ...
映画 DEATH NOTE・前編 【新世界の神となる】 (ぴよ吉の日々)
前売りを買っていたわりに、延び延びになっていたデスノートをやっと見ました。(別に先週の『画像アリ』のせいじゃありませんから) 思えばデスノートを初めて読んだのが去年の今頃なので、感無量です。(この漫画のおかげで、いい年をしてジャンプを読む大人に ...
DEATH NOTE デスノート 前編/感想 (映画★特典付き前売り券情報局)
2006年06月17日公開の藤原竜也、松山ケンイチ出演の映画「DEATH NOTE デスノート 前編」を見ました。 前編はノートの説明、ライトの性格をメインにデスノートの世界観を描き、後編にライトとLの頭脳戦を持ってくる二部構
デスノート/たっちゃん (きまま日記♪)
公開初日に観てまいりました!! 観客層は若かったですよーレイトショウなのに。 いかんねー。夜遅いよー。終わったの23時30前ですよー。 あぶないあぶない、、、。 感想は、、、、、なかなか思ってた以上の出来でした。 実際、CGつかうので、あんまり期 ...
映画「Death Note(前編)」 (おきらくごくらく)
映画「Death Note(前編)」を観てきました。 観客の9割は女性でした。有楽町という場所柄なのかな? 全席指定の中、デスノートだけに「L」列を選んでおいてくれたWinterさん、グッドジョブ{/good/} 映画の方は原作にないオリジナルの要素が含まれているため、原 ...
『DEATH NOTE デスノート 前編』 (映画館で観ましょ♪)
なんと邦画・・・子供たちにも驚かれちゃった。 実は、結構、藤原竜也くんファンなのです... それと【L】役の松山ケンイチくんがすご~く気になって、 ドラマで見た彼とあまりにも違うから、どんな風に演じてるのか
あなたのお名前なんてーの?【DEATH NOTE前編】 (犬も歩けばBohにあたる!)
「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」 退屈な死神が人間界に落とした一冊のノ
『 DEATH NOTE (デスノート) 』 (やっぱり邦画好き…)
 公式サイト 映画 『 DEATH NOTE (デスノート) 』 [試写会鑑賞] 2006年:日本 【2006/06/17[前半]・10月[後半]ロードショー】 監 督:金子修介 原 作:大場つぐみ 漫 画:小畑健  大場 つぐみ, 小畑 健 DEATH NOTE (1) ...
原作に囚われ過ぎない後編を見たい。『DEATH NOTE デスノート(前編)』 (水曜日のシネマ日記)
「週刊少年ジャンプ」で連載されていたマンガを実写化した作品。 書き込んだ名前の人間に死をもたらすことができる不思議なノートを 一人の青年が拾った事から始まる物語です。
時は支配者@デスノート<前編> (憔悴報告)
映画館のスクリーンにパソコンのディスプレイが映るというのはたいてい寒い。
「DEATH NOTE・前編」 (With you Revolution!!)
DEATH NOTE 監督:金子修介 主演:藤原竜也 頭脳戦を制するものが、新世界を制す。 退屈な死神が人間界にノートを落とし、ひとりの天才がそのノートを拾った。<このノートに名前を書かれた人間は死ぬ。>――それは文字通り、人の死を決定づける“死のノ ...
DEATH NOTE デスノート 前編 (まぁず、なにやってんだか)
近所の映画館の招待券が当たったので、昨日に引き続き一人で映画を観てきました。 今日は「DEATH NOTE デスノート 前編」です。 小学生から高校生に混じっての鑑賞です(ちょっと居心地が悪い)。私の座った列には私の隣に高校生くらいの男の子が一 ...
DEATH NOTE デスノート 前編 (k.onoderaの日記)
写真をクリックするとでっかくなるよ↑ 金子修介。 お菓子系というんだろうか。甘いテイストの人だよね。 カレーでいえば、「カレーの王子様」か。
デスノート (Lovely Cinema)
2006/日本 監督:金子 修介 出演:藤原 竜也    松山 ケンイチ    瀬戸 朝香    香椎 由字    藤村 俊二     加賀 丈史 帰りにポテトチップスのコンソメ味を買ってきました~[:汗:] なんか世間ではLに人気あるんですね~。わ ...
『DEATH NOTE デスノート 前編』 (アンディの日記 シネマ版)
緊迫度[:ラブ:][:ラブ:][:ラブ:]    2006/06/17公開   (公式サイト) CG度 [:結晶:][:結晶:][:結晶:] 娯楽度[:テレビジョン:][:テレビジョン:][:テレビジョン:] 満足度[:星:][:星:][:星:]   【監督】金子修介 【脚本】大石哲也 【原作】大 ...
DEATH NOTE -デスノート- (ガブ飲み生活♪)
「タイヨウのうた」とどっちにするか悩んだものの、行った映画館で上映してなかったので、「DEATH NOTE-デスノート-」を鑑賞{/hikari_blue/} 原作がコミックでイメージはコミックそのままというのは、ブランチか何かで見ていたのですが、前後編に分かれているのは ...
デスノート(前編) (shaberiba)
いささかノートに死因かきこみすぎでしょう~ってとこもあるけど  短い時間でよく出来た作品だった思う! 私は原作で月(ライト)が「キラ」だとたどつく課程がイマイチ納得できなかったのですが、 映画の方は
映画「デスノート」前編見てきました ※大いにネタバレ有 (づめぶろぐ)
DVDがレンタル開始されてからの観賞でいいかなぁと思っていた劇場版「デスノ【前編】」ですが、機会があったので観て来ました。 以下、気合を入れて長文レポートをお送りいたします。基本的に原作は読んでいるモノとして書いていきますので、原作のネタバレは伏 ...
誰の名前を書きますか? (前向きな日々の過ごし方)
間に合いましたよ、レイトショー。良かった、良かった、無駄にならずに。さて、観て参りました。今、話題の邦画     「DEATH NOTE」「週刊少年ジャンプ」で連載された、コミックが原作なんですね。原作:大場つぐみ氏、作画:小畑健氏の作品なんだ ...
デスノート 前編 (とにかく、映画好きなもので。)
  そのノートに名前を書かれた者には、死が訪れる。  天才的な大学生、夜神月(藤原竜也)は、偶然、DEATHNOTEと書かれた不思議なノートを拾う。  将来、警視庁に勤める事を本望としていた彼は、法の限界を感じており、網目を潜り抜け ...
映画『デスノート 前編』観て来ました。 (SOPHIST1CATED BOOM BOOM)
やっと観てきました♪待ち焦がれた映画『デスノート』。以下、激しくネタバレの感想ですのでご注意ください。まだ観ていない方は読まないことをオススメします(^-^;) *** 結論から言うと、めちゃくちゃ面白いです!
『DEATH NOTE』 (前編) (竜章鳳姿)
鑑賞日 2006年7月1日(土) TOHOシネマズ錦糸町 cast 藤原竜也/松山ケンイチ/瀬戸朝香/香椎由宇/細川茂樹/鹿賀丈史 他 “ノートに名前を書かれた人が死ぬ”という予備知識のみで観ました。 キャストも藤原竜也くん以外誰が出てるのか・・・ 主人公・ ...
デスノート 前編 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★☆☆  この天才、光か闇か・・・神か悪魔か?  
「デスノート 前編」 納得のワタリ (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
珍しく原作を読んでるものの映画化。結構、熱心に読んでます。もう大人なんで、俳優やストーリーの取捨について、いちいち怒りませんがツッコミは入れます。 なんか、無難に作ったな~って感じでした。製作にそんな時間がかけれなかったわりには、よかったんちゃい ...
映画『DEATH NOTE -デスノート- 前編』 (はにわ庭)
『DEATH NOTE -デスノート-』の前編(公式サイトはこちら)を観た。 原作はコミックスで読んでます。 面白かった。 でも、実写でリアルなだけにエグさも際立ってた。 原作の小畑画もリアルだと思ってたけど、やっぱり絵の方がキレイだよな、と。 エグいといって ...
デスノート前編 (勝弘ブログ)
http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote/最寄りの映画館で鑑賞。#というかMOVIXさいたま停電トラブルのでの招待券で。ご存じ週刊少年ジャンプで好評連載されたデスノートの実写化(前編)この原作を2時間映画で表現しよう
DEATH NOTE -デスノート-前編 (映画をささえに生きる)
漫画原作、という時点で地雷の匂いがぷんぷん。しかも超大人気のカリスマコミックとくれば、集客的に楽になる分、批評的には厳しくなると相場はきまっています。某有名映画サイトで25点(100点満点)のダメだしをくらった本作。賛否両論の嵐が吹き荒れておりますが ...
『デスノート』 (日常浮遊)
DEATH NOTE デスノート 前編 2006 日本
拾 ~「デスノート 前編」~ (サナダ虫 ~解体中~)
金子修介監督作品、藤原竜也主演の、 映画 「デスノート 前編」を観た。 そのノートに名前を書かれると死ぬ! 感想。 ①何が一番驚いたかって、主題歌がレッチリだったことだ。 ②何が二番目に驚いたかって、バスの運転手が田中要次だったことだ。 ③ミ ...
『DEATH NOTE(前編)』 (りんごの内緒バナシ)
つ、遂にッ!!念願だった(笑)映画『DEATH NOTE』を観に行くことができました{/up/}{/up/}{/star/} 原作は最初のところを読みかじった程度で観に行ったので、ほとんど初めて知る感じで、とても楽しめました {/kirakira/} 今まで、特に最近は、原作を読んだために ...
【映画】「DEATH NOTE (デスノート) 前編」雑感 (つれづれなる・・・日記?)
オイラの主観だけのうだうだです。 ネタばれは極力抑えたつもりです。
「DEATH NOTE」前編 (多いに語り多いに笑う)
死神の落としたノートから、2人の天才の頭脳戦が始まる。名門大学に通い、将来の警視総監を嘱望される天才・夜神月(やがみライト)。彼は偶然手に入れた、名前を書かれた人は死んでしまうノート“デスノート”を使い、法で裁かれない犯罪者を次々と殺していく。そ ...
DEATH NOTE デスノート 前編 (30's wonderful world)
DEATH NOTE (映画版公式ページ) DEATH NOTE [shueisha.co.jp] (POP WEB JUMP内公式ページ) 総評:後編の公開が待ち遠しいです☆ 映画の日(ファーストデー)に観てきました。 興味はあったものの勢いで観に行ったため、 (この日2本目の映画) 期待はしていな ...
【映画】デスノート (極楽鸚哥堂)
最初はあまり見る気はなかったんですが、珍しく松山ケンイチ犯罪者ではなく追いつめる方の役をするのと、いや~L役が見事にハマってますね。 (NANA出てたじゃん。犯罪者役じゃなかったじゃん。は言いっこなしよ(笑)) 目の下にクマを描いてのメイクに『見に行 ...
『DEATH NOTE デスノート 前編』 (オギのこんなんでよか!)
かなり早い時点でみたのですが…忙しくて書くに書けずに遅くなりました。 え~さてさて…言わずとしれた大人気マンガの映画化です。 内容は… 「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」と記されたノートを拾った夜神月 始めこそノートの力を信じていなかった ...
DEATH NOTE 前編 (* Glisten *)
□解説□「週刊少年ジャンプ」で連載がスタートするやいなや、衝撃的なストーリーが話題となった大人気コミックを実写映画化。書き込んだ名前の人間に死をもたらすことができる不思議なノート“デスノート”を所有する夜神月(ヤガミライト)の暗躍が描かれる。監 ...
『DEATH NOTE・前編』 (映画と文庫とMDと)
平和島シネマサンシャインにて、金子修介監督。 「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」 名門大学で法律を学び、父親(鹿賀丈史)と同じ警察官僚の道へ進もうと考えている天才・夜神月(やがみライト・藤原竜也)。 彼は偶然手に入れた、死神の落し物の、名前を ...
映画 『DEATH NOTE(デスノート) 前編』  ☆今年58本目☆ (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
前から劇場の予告で流れてた本作がずっと気になってた。 ただ期待ハズレになる予感もあったので、映画の日に鑑賞。1000円なら、ねっ でも、悪い予感は嬉しいことに大ハズレで、面白かった 藤原竜也の月(ライト)役は今年のお正月に放送された古畑任三郎の時に演 ...
Death Note 前編 (ほたほたあるく)
巷で話題のDeath Noteを観てきましたよ原作読んでないくせにね・・・ 想像以上に良かったライトには全然共感しないけど、Lに追い詰められそうになるとハラハラしてしまう。主人公を嫌いになれない単純なワタシです。警察があまりにも無能で、そんなLなんて変な ...
2006-15:DEATHNOTEデスノート 前編 (七転八倒映画館)
原作のマンガは大ファンでもちろん全巻持ってます。ジャンプで読む事はなく単行本で一気に読むくらいこのマンガが大好きな私にはこの「DEATHNOTEデスノート 前編」を見るのはかなり勇気の要る事でした。デビルマン、キャシャーン、キューティーハニーなどの映画化 ...
デスノート・どっちが勝つのか (遠い海から来た・・)
少年ジャンプで連載のマンガを映画化。(あ、もうおわってたの?失礼) 「デスノート
「DEATH NOTE 前編」 (永遠の自分探し  って迷子やん!!)
公開から一ヶ月近く経つというのに、 田舎の映画館ですら満員になる恐るべしDEATH NOTE。 人込みを避けてたのに、中・高校生でいっぱい。 頼むから静かにしてくれ・・・。 私は漫画からDEATH NOTEに入った人間だ。 計算に計算を加えたストーリー展開はお見事で ...
デスノート 前編 (メルブロ)
デスノート 上映時間 2時間6分 監督 金子修介 出演 藤原竜也 松山ケンイチ 瀬戸朝香 香椎由宇 細川茂樹 評価 6点(10点満点)  こちとら小学生の頃から社会人になった現在でも、毎週ジャンプを買っているので当然大好きな作品。  渋谷ロフト ...
映画『DEATH NOTE 前編』観た!! (●虹色ヒマワリ●)
それぞれの役がハマりすぎてて、且つ自然。 死神リュークの動き、ライトの台詞回し、Lの仕草の仕方…が、かなり私のイメージどおり!! 個人的に、映画のワタリ好き。 私の中で印象深いのが、松山ケンイチさん演じる「L」!!!
映画館「デスノート 前編」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
人気コミックの実写映画化。 予告編を見たときから、面白そうだなと思っていたのですがなかなか観に行く時間がなくやっと観に行ってきました!コミックの方は、まったく見た事がありません~。 名前を書くだけで人を殺すことの出来るノート。。。そんなのあっ ...
デスノート (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  原作がコミックということは知っているが、まだそれは読んでいない。映画を観れば判わかるが、原作はあと回しにしたほうが良いだろう。 そうしないと、ハラハラドキドキはもちろんのこと、綿密に用意されたデスバトルと、どんでん返しの連続技を十分に ...
DEATH NOTE デスノート前編 (CinemA*s Cafe)
http://wwws.warnerbros.co.jp/deathnote/ 期待しないで行ったのが幸いしたのかなんなのか。 かなり面白かったこの映画。 あり得ない物が存在し、それを利用することによって制裁を下していく主人公。 途中、途
DETH NOTE(前編) (Yuhiの読書日記+α)
 ついこの間公開されていたと思ったら、もうテレビ化!とびっくりしたのですが、これって前編だったんですねー。明日から後編が公開されるので、前編を見ていない層も取り込もうという策略なんですね(^^ゞ  マンガ版は周りの人から、「すごく面白い!」という評 ...
「デスノート前編」観ました (KASHIWA一市民)
金曜ロードショーの「デスノート」を観ました。 映画公開からたった4ヶ月でテレビ放送って早いね。 しかも、DVD化よりも先に放送。 後編公開直前ってのもグッド! たしか「千と千尋の神隠し」もDVDよりもテレビ放送の方が早かったなぁ と思い出す。 今日放送さ ...
DEATH NOTE -デスノート- (豆。の日記的なもの。)
今日はテレビで『デスノート』をやるとのことやったんで、早々にご飯を済ませ、テレビの前に座った{/tv/}  {/hiyo_face/} 普段テレビはほとんど見ない{/face_maji/} ほんとに見ない{/face_kaze/} 最近話題の『のだめ~・・・』も全く見てない{/kaeru_fuku/} で ...
『DEATHNOTE 前編』’06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」と記されたノートを拾った夜神月(ライト=藤原竜也)は犯罪者のいない理想の世界にする為に、世界中の犯罪者を次々に殺害していき、いつしかキラと呼ばれるようになる。やがて、どんな何事件も解決する謎の探偵 ...
DEATH NOTE デスノート前編 (新・ぴゅあの部屋)
「DEATH NOTE デスノート前編」 2006年(★★★★★) 映画を見る前に、原作コミックを読んで予習してきました。 夢中になって、何時間も読みふけりましたよ~ 死神から、 名前を書いた者を殺せるノートを手に入れた天才ライト。 彼は、キラと名 ...
「DEATH NOTE デスノート 前編」 (prisoner's BLOG)
原作マンガもアニメ版もまったく知らないのだが、初め名前を書けば死ぬというだけだった「デス・ノート」の設定が進化していく過程がゲームみたいで、面白いというよりとにかく引っ張る。 荒唐無稽もいいところの話なのだが、金子修介はもともとマンガチックなタ ...
「DEATH NOTE」超面白いっス(>_<) (Thanksgiving Day)
録画しておいた、映画「DEATH NOTE」を観ました!! 11月3日に「DEATH NOTE the Last name」が公開されますけど、最初の「DEATH NOTE」を観てなかったので「まあ、これはパスさせていただこっかなぁ(>_
No.46 DEATH NOTE デスノート 前編 (気ままな映画生活)
漫画はまだ読んだことありませんが、デスノートに名前を書かれた人間は必ず死ぬ。奇抜なアイデアですね。この前の日テレで放送されたディレクターズ・カット版を見ました。後編の公開が近く、ラストは釈然としないのですが映画館に観にいきます。日テレの戦略に見 ...
映画評「DEATH NOTE デス・ノート(前編)」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2006年日本映画 監督・金子修介 ネタバレあり
デスノート画像 画像漫画 (画像漫画)
夜神 月(やがみ ライト)、L(エル)、弥海砂(あまね ミサ)、リューク、ニア、メロのデスノート画像を集めて見ました。
TV『DEATH NOTE デスノート 前編』 (みかんのReading Diary♪)
DEATH NOTE デスノート 前編(2006/日本) 公式サイト 名門大学に通い、将来の警視総監を嘱望される天才・夜神月(やがみライト)。彼は偶然手に入れた、名前を書かれた人は死んでしまうノート“デスノート”を使い、法で裁かれない犯罪者を次々と殺してい ...
DEATH NOTE入荷しました。 (好き好き大好き!)
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ デスノート入荷しましたので ご希望の方はコメント欄に フルネームご記入お願いします。 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ ...
デスノート 前編 (OmuhaCinema)
 “そのノートに名前が書かれたものは命を失う”。 正義にも見える、そして悪にも見えるのがこの物語の主人公への印象。 まるで彼はパニッシャーのようである意味で神のような力を手にすることとなる。 はたり、そしてまたはたりと悪にくっした者たちが命を ...
【邦画】DEATH NOTE デスノート 前編 (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A- B+ B    普通 B- C+ C     ↓ C-  つまらない 『評価』  B+ (演技3/演出4/脚本4/撮影2/音響3/音楽3/美術2/衣装3/配役3/魅力4/テンポ4/合計35) 『評論』 一応
DEATH NOTE ☆☆☆☆☆ (映画なひととき)
 今日は、漫画の「パンプキンシザーズ」を読みました。いやぁ面白いですねぇ。友達に進められていたんですが今まで読む機会が中々無かったのでここぞとばかりに1,2巻を借りて読んでみました。主人公はオーランド伍長ですがアリス少尉は良い人ですよ。戦後の世...
DEATH NOTE 前編 (20XX年問題)
レビューを更新しました。 レビューを見てみたい方は当HP↓からどうぞ。 Review→映画レビュー、から見れます
DEATH NOTE デスノート 前編 (徒然映画日記。)
DEATH NOTE デスノート 前編 おすすめ度{/star/}{/star/}{/star/} 制作:2006年 日本 監督:金子修介 原作:大場つぐみ 小畑健 脚本:大石哲也 出演:藤原竜也 松山ケンイチ 瀬戸朝香 香椎由宇 細川茂樹 戸田恵梨香 中村獅童 藤村俊二 鹿賀丈史 やっと...
デスノート (ぴょん吉帝国)
  監督:金子修介 デスノートは原作を一切読まずに見たが、映画としてのスケールの大きさを感じなかった。 出てくる場所(美術)も主人公の部屋とか、ホテルの一室とか、 こざっぱりとした美術館とかばっかりだし、 なんかこじんまりとしてるな~・・・。と...
DEATH NOTE デスノート 前編 (mama)
2006年:日本 原作:大場つぐみ・小畑健 監督:金子修介 出演:藤原竜也、松山ケンイチ、細川茂樹、瀬戸朝香、中村獅童、戸田恵梨香、鹿賀丈史、香椎由宇、津川雅彦、藤村俊二 人の死を決定づける死神のノート「デスノート」。退屈な死神が人間界にノートを落とし...
デスノート (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『デスノートに名前を書かれた人間は死ぬ。』  コチラの「デスノート」は、今日6/17公開になったのですが、早速観てきちゃいましたぁ~♪「週刊少年ジャンプ」で連載されている「DEATH NOTE」の実写映画化って事なんですが、人気のあるコミックらしいし、結構話題に...
「DEATH NOTE デスノート <前編>」 「正義」という名のもとに・・・ (はらやんの映画徒然草)
「デスノート」ですが、アメリカのワーナー・ブラザーズが実写映画化権を手に入れたと
【DVD】DEATH NOTE デスノート 前編 (新!やさぐれ日記)
▼状況 ライブラリより拝借 ▼動機 「L change the WorLd」の前に折角だから見ておこう ▼感想 急いで後編も見なくてはっ! ▼満足度 ★★★★★☆☆ なかなか ▼あらすじ 「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」と記されたノートを拾った夜神月(藤原竜也...