★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「愛の流刑地」

2007-01-31 02:38:46 | 映画(あ行)
<2007/A23/S12>
今週の平日二本立て鑑賞の1本目。
渡辺淳一原作で・・・
日経新聞で連載されてた・・っていう官能?法廷サスペンスなの??。
経済新聞には縁もなく、小説も読まないので、もっぱら劇場の予告編から推察。
2006年製作の官能系法廷ドラマ、125分もの。

あらすじ
元ベストセラー作家の村尾菊治(豊川悦司) ・・・妻子と別れ、スランプ状態。
そんななか、菊治のファンという人妻・入江冬香(寺島しのぶ)と知り合う。
いつしか肌を合わせるようになり・・・何度も密会。
そして、冬香に殺して・・と言われるがまま、絞殺してしまう菊治だった。

ここからネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
ふと我に返り、動揺する菊治。
ちょっと、菊治って、古臭い名前だよねっ。
たしか6時間後に自ら通報。
殺人容疑で逮捕される・・が、
素早く通報して事情説明してれば、業務上過失致死で済みそう・・だけど。
取調べ刑事は佐藤浩市・・・品のない刑事役・・って珍しいのでは。
弁護士は陣内孝則・・・裁判は勝たなきゃ意味がない・・と言ってました。
取調べ調書に殺意はなく、彼女の言うがままにしてあげたと供述・・・
弁護士は、殺人罪より軽い、嘱託殺人罪の適用を争う・・・という事に。
対する検事は長谷川京子・・・上司が佐々木蔵之介では、検察の重みが足りないような。
調べを進める中、菊治の回想シーン。
何度も情事を繰り返すうち、次第に聞くようになる冬香からの「殺して」のコトバ。
それにしても、ベットの上で「殺して」なんて言われたら、
立つモノも立たなくなっちゃいやしませんかね。・・そんな経験はしたくありませんね。
何不自由のない暮らしをしてた冬香・・・
仕事に忙しい夫と3人の子供に恵まれて。
しかし、菊治との出会いで何かが変わったのか???
愛娘からは、「あの女にそそのかされただけだ」と励まされたり・・
いや、愛する女の言われるがままにしてあげた事に後悔はない・・と、菊治。
そして悟る菊治・・・
きっと、愛するが故、相手を誰にも渡さない為には相手に殺してもらうのが一番・・
だと考えたに違いない・・と。
そして、法廷で・・・
「私は彼女に選ばれた殺人者なのです」と証言。
判決は、殺人罪で、懲役8年の実刑・・・
菊治にとって、その刑の重さはあまり関係なかった・・という事でしょうね。
彼女からもらった愛を終焉させた代償期間が、裁判で決められただけなのかも。

それにしても、タイトルの「愛の流刑地」が絶妙に読書・鑑賞意欲をそそるよね。
内容にはサプライズがないけど、
ハセ京の「私だって・・・」とエロチックに佐々木蔵之介に迫るシーンが女の怖さ満点。
そして、冬香の母役として、寺島しのぶの実母の富司純子が登場。
またまた凄い演技で、スクリーンに釘づけになりました。
その寺島しのぶ・・・ひらりん的には好みのタイプじゃないけど・・・
体を張った演技ができるようになったのは、歌舞伎役者の元カレにフラれてからとか。
トヨエツ・・・最近、目立ってます。おっきな声出すのが上手い・・のかなっ。

ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この映画の関連作は・・・
トヨエツと冨司順子・・・「フラガール」では親子役でした。

という事で今回は
濡れ場度・・・
官能場面の表情作るの大変だよねーーーーーーーーっ。
1/3くらいはそんな場面だった気がします。
お疲れさまーーーーー・・・な作品です。

ところでひらりんも「人気ブログランキング(映画)」に参加しています。
ひらりんのブログを気に入ってくれたら↑↑クリックしてね。   
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (51)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「迷い婚 -すべての迷える女... | トップ | ★「幸せのちから」 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
くる天ブログランキング (くる天ブログランキング)
2007-02-01 16:09:02
はじめまして。
あなたのブログが当ブログランキングに推薦され、ランクインしております。
あなたのブログのアクセスアップにご利用ください。
http://ranking.kuruten.jp/
くる天ブログランキング
トラバありがとうございました (くう)
2007-02-06 15:10:40
いつもお世話になってます♪
私の記事の中にNGワードでも入っているのか、
トラバが付けられません。申し訳ありません。

ホント、役者の皆様には、お疲れ様な映画でした。
でも、内容には、ちっとも感動できなかったです(--;)
あればっかりじゃね~。。。そのあげく殺しちゃっても
同情もできませんわ~(^^;)
トラバありがとうございました! (エレガンス☆プリティー)
2007-02-06 19:49:45
ご訪問ありがとうございます!
愛の流刑地、確かにあの表情は難しいですよね。。
親子競演は見所でした。
ひらりんさんと同じ感想です☆

こんにちわ。 (michi)
2007-02-08 11:04:54
TBありがとうございます。
純愛ってどんな愛なんだろう。。。と思いながら観に行ったんですが、
まさか
「私は彼女に選ばれた殺人者なのです」
こんなセリフがあろうとは思っていませんでした。

あらゆる場面で現実離れしてることは確かなんですが、
わかっていながら、娘の気持を知りつつ法廷に立つ母の想いに
涙してしまいました。。。
こんばんは♪ (ミチ)
2007-02-08 23:09:07
トヨエツと寺島しのぶさんにはお疲れ様と声をかけたいですね~。
ベッドシーンは体力的にキツそうです。
エロスを感じるよりも、手順が大変そう~って思う私でした。
TBありがとうございました。 (hal)
2007-02-09 08:31:26
原作の設定はさすがにおもしろいですが、よく俳優人がこれを演じきりました。やはり寺島しのぶはさすがです。演出が安っぽい感じがしたので少し残念。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

51 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
【2007-6】愛の流刑地 (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
私は選ばれた殺人者なのです・・・ もう、だれにもさわらせない
愛の流刑地(映画館) (ひるめし。)
もう、だれにもさわらせない
愛の流刑地 / 映画 (あかねのたわごと☆本日記)
昨夜、映画『愛の流刑地』を観てきました♪ STORY:「本当に愛しているなら、わたしを殺して」夏の日の明け方。都内のマンション。女の声に誘われて、男は首に手をかけた―。映画の始まりは、男が女を殺害する場面で幕を開ける。男・村尾菊治は作家であり、専業主婦...
「愛の流刑地」愛無き宣告が愛する人に死を懇願させた悲劇の事件 (オールマイティにコメンテート)
「愛の流刑地」(R-15指定)は渡辺淳一原作の恋愛小説で2004年11月から2006年1月まで日本経済新聞で掲載されて愛ルケブームを起こした作品を映画化したものである。「愛しているから殺した」という恋愛究極のテーマに賛否両論もあり、愛するからこそどうす...
愛の流刑地/豊川悦司、寺島しのぶ (カノンな日々)
愛ルケです愛ルケ(笑) 日経新聞に連載されていた渡辺淳一作品ということでハードな性描写が話題となったことから映画化においても公開前から濡れ場が大注目されてたみたいですけど、とりあえず私としてはトヨエツ&寺島しのぶというキャスティングに大いに惹かれての鑑賞...
愛の流刑地 20点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
公式サイト かつてベストセラーとなり、映画やドラマ化もされて社会現象となった小説『失楽園』の作者、渡辺淳一による同名最新作を映画化。 原作の内容は毎度代わり映えせず、女性を性欲の捌け口としか見ていないボケ老人の、工夫のないエロ妄想を延々と書きなぐっ...
愛の流刑地 (月影の舞)
いやあー、豊川ファンとしては、 豊川さんのからみを見たいような 観たくないような……複雑な気持ちなんだけど、 見届けなければと。 「愛ルケ」パンフ 最初に激しいからみシーンがあって 殺害という衝撃シーンで幕開け。 そして、裁判シーンで...
愛の流刑地 (ネタバレ映画館)
いいか、よく聞け。過失致死と嘱託殺人の弁明によって、被告人は一気呵成に沈んでいくんだ!
愛の流刑地 (花ごよみ)
↑ 京都、上賀茂神社境内の  鎮守の森での幻想的なシーン。  東福寺(H17)の通天橋での  出会いのシーンもありました。 試写会で観ました。  原作は、渡辺淳一、 監督は「永遠の子」など  テレビドラマでおなじみの鶴橋康夫。 これがなんと映画監督第1作と  ...
★「愛の流刑地」 (スナフキン・レポート♪)
“愛ルケ”女性専用の上映 性描写に配慮して全国初 <ベストセラー小説を映画化した「愛の流刑地」の公開が13日始まり、大阪・難波のシネマコンプレックス「TOHOシネマズなんば」に女性専用シアターがお目見えした。配給元の東宝によると、全国公開の邦画では初め...
『愛の流刑地』 (京の昼寝~♪)
もう、だれにもさわらせない     ■監督・脚本 鶴橋康夫■原作 渡辺淳一(「愛の流刑地」幻冬舎刊)■キャスト  豊川悦司、寺島しのぶ、富司純子、長谷川京子、陣内孝則、仲村トオル、佐藤浩市、佐々木蔵之介、貫地谷しほり、余貴美子、高島礼子、津川雅...
愛の流刑地 (シネ・ガラリーナ)
2007年/日本 監督/鶴橋康夫 <TOHOシネマズ二条にて鑑賞> 「この男はずるい。よって懲役8年」 <物語について> 「殺して」と訴えるほど女を追い詰めたのは、男。そこんとこ菊治はちゃんとわかっているのか。そこまで愛した女なら、なぜ共に苦悩してやらない...
映画「愛の流刑地」 (茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~)
冬香と菊治、オープニングでいきなり一糸まとわずのくんずほぐれつ、夫婦仲は既に壊れているとはいえ、お互いに子供もいる身なのに愛欲の炎に身を焦がす 男は村岡菊治(豊川悦司)、ベストセラー作家ながらもう何年も新作に手がつかない、女は入江冬香(寺島しのぶ)...
愛の流刑地 2006 (左党ごまちゃん映画狂日誌)
  原作はもちろん(?)読んでおりませんが(笑) 観て参りました!トヨエツと寺島しのぶ。 かねがね好ましいと思っている俳優さんたちです。二人ともホッソリとしたシルエットで 綺麗なのですが・・・    う~ん(-_-)・・・ ことさらに何かを期待した でも...
感想/愛の流刑地(試写) (APRIL FOOLS)
日経新聞連載時、オジサマ~OLまでをとりこにしたという"愛ルケ"こと『愛の流刑地』1月13日公開。かつての流行作家・菊治は不倫相手である冬香が情事の最中に口にした「殺してください」という願いを聞き入れ、冬香を殺める。裁判で「愛しているから殺した」と証言する菊...
愛の流刑地 (jamsession123goの主観的映画レビュー)
渡辺淳一のファンの方には申し訳ないが、これは...(絶句) 「こういう小説を書くことが書いた本人にとってどんな救いになったのだろうか」 なるべく選んで読んだつもりでも、読んだ後にそんなことを考えてしまう小説に出会うことがある。 「小説を書くこと」を職...
愛の流刑地 (シュフのきまぐれシネマ)
愛の流刑地 (試写会)@TOHOシネマズ・六本木ヒルズ 出演:豊川悦司、寺島しのぶ、長谷川京子、陣内孝則、中村トオル、佐藤浩市、浅田美代子、佐々木蔵之介、貫地谷しほり、松重豊、本田博太郎、余貴美子、高島礼子、富司純子、津川雅彦、他 ? のっけか...
「愛の流刑地」 (古今東西座)
今年に入ってから公開された映画で「これは観たい!」と思わせてくれる作品がなく、いささかテンション低いまま、気まぐれで観てみた『愛の流刑地』。渡辺淳一に興味無く、原作を読んだことも映画化された作品も観たことが無かった。 映画が始まるといきなり濡れ場。男の...
愛の流刑地 (2006) 125分 (極私的映画論+α)
 あのね・・・ 思わず笑っちゃう演出があちこちに(笑)  一つネタバレすれば・・・記事の一番最後に(笑)
「愛の流刑地」:東京運輸支所前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}鮫洲の運転試験場、みんないちどはお世話になるところ。 {/kaeru_en4/}18歳越えれば運転免許は取れるけど、免許を持ってりゃいいってもんじゃないよな、車の運転も恋の運転も。 {/hiyo_en2/}恋の運転?なに、その、奇妙な表現。 {/kaeru_en4/}文学的表現っ...
愛の流刑地 (CINEMA DEPOT's BLOG)
DEPOTのおすすめ度:★★★☆☆ 公開日:2007年1月13日 配給:東宝 監督:鶴橋康夫 出演:豊川悦司,寺島しのぶ,長谷川京子 鑑賞日:2007年1月13日 MOVIX三郷 シアター11(座席数518) 【ストーリー】 ある朝、情事の果てに女性を絞殺した村尾菊治が逮捕され...
愛の流刑地 (勝弘ブログ)
http://www.airuke-movie.com/index.htmlあなたは死ぬほど人を愛したこと有りますか?この映画の名台詞かもしれませんがそういう経験が無いのでorz(?)検事役の長谷川さんかなり怖いかも。ゆれる以降、裁判ネタの映画が
愛の流刑地 (八ちゃんの日常空間)
評価の分かれる映画でしょうか。失楽園を越えるのは難しいかも知れませんが、富司母娘の演技が二人の親子の縮図のように濃縮されていて、それだけでも見ごたえは十分です。狙っているとはいえ、見事なまでに花開いているといった感じです。
愛の流刑地(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】鶴橋康夫 【出演】豊川悦司/寺島しのぶ/長谷川京子/仲村トオル/佐藤浩市/陣内孝則/高島礼子/富司純子/津川正彦/他 【公開日】2007/1.13 【製作】日本 【ストーリー】 ある朝、作家・村尾菊治が人妻・入江冬香を絞
映画 愛の流刑地 (ぽぽらすCafe*)
意外に見ごたえありました☆ 演技、映像、演出、脚本、どれをとっても丁寧に作られていて、テーマも奥深い。 愛について真摯に考えさせられる作品でした。 今日は真面目に語っちゃいます♪
『愛の流刑地』 (ラムの大通り)
「こういう映画はフォーンの前では 話しにくいなあ。 ちょっとどこかに行っててくれる」 ----えっ、どうして? そう言われるとよけいに聞きたくなるよ。 「あとでカリカリあげるから……」 ----えっ、ほんと? だったらいいよ。 「いやあ。まったく、お子ちゃまなんだから...
愛の流刑地(日本) (映画でココロの筋トレ)
相変わらず原作を読んでませーん。 だけど、原作は渡辺淳一さんなので。。。エロイ? という予想で試写会に行ってきました。 「愛の流刑地」( → 公式HP  ) 出演:豊川悦司、寺島しのぶ、長谷川京子、仲村トオル、佐藤浩市、陣内孝則、津川雅彦、富司純...
『愛の流刑地』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『愛の流刑地』情報! 連載中から話題の渡辺文学、早くも映画化! 『愛しているなら、私を殺して』? 究極の愛の果てに 男と女が選んだ道とは… ★review★ 本作は、渡辺淳一の同名ベストセラー小説の映画化 映像化したのはTVドラマの演出家で 映...
「愛の流刑地」を観る (紫@試写会マニア)
豊川悦司・寺島しのぶ主演、話題のR15指定映画、「愛の流刑地」を観て来ました。 今回は丸の内OL(!)限定(正しくはちらほら男性もいましたが・・・)の場内女性フェロモンむんむん(笑)の特別試写で、主演女優の寺島さんもご登壇、トークありの記念撮影あり、...
「愛の流刑地」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「愛の流刑地」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:豊川悦司、寺島しのぶ、長谷川京子、陣内孝則、中村トオル、佐藤浩市、浅田美代子、佐々木蔵之介、貫地谷しほり、松重豊、本田博太郎、余貴美子、高島礼子、富司純子、津川雅彦、他 *監督:鶴...
愛の流刑地 (5125年映画の旅)
小説家・村尾菊治は、愛人関係にあった女性・入江冬香を情事の果てに絞殺してしまう。自ら警察に通報し逮捕される村尾。警察の事情聴取の中、動機を問い詰められた村尾は、「彼女が殺してくれと懇願してきた。真剣に彼女を愛していたから殺した」と告白する。 豊川悦...
この恋愛を永遠のモノにする為に・・・。『愛の流刑地』 (水曜日のシネマ日記)
中年作家と人妻の恋愛を描いた作品です。
映画:愛の流刑地 舞台挨拶・ティーチイン試写会 (駒吉の日記)
愛の流刑地 女性限定試写会(有楽町朝日ホール) 「わたしをめちゃくちゃにしてください」 あ、あぶな~!昨日「モンスター・ハウス」の試写会が当たってなければコレが今年最初の試写会になるところだった・・・ でも当選してよかった~(アメブロさん感謝!)自...
愛の流刑地 ★ (++norannchi++ (縁側。))
試写。 そこそこ入ってはいるが、空席割と多め。もっとおじさん率の高い試写になると思ってたけどなー、意外。 久しぶりのダメ映画です(笑)。 トヨエツ&寺島しのぶ、基本的に演技派と言われるふたりが主人公なのに、ダメな映画が出来上がってしまった・・・不思...
愛の流刑地 (なんちゃかんちゃ)
「失楽園」の渡辺淳一が朝刊紙に連載した恋愛小説を、ドラマ演出歴40年の鶴橋康夫が映画化。豊川悦司と寺島しのぶが、不倫愛に落ちる作家と人妻を熱演
『愛の流刑地』 (映画大陸)
 映画館へ行くと必ず一度は客席を見渡します。  客席がどれくらい埋まっているのか確認するための行動でもありますが、それ以上に「これから一緒にスクリーンに映し出されるものを共有する仲間は一体どんな人たちなんだろう?」って興味本位な部分の方が強いかもしれま...
愛の流刑地 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
現代を生きる、すべての大人の女性に捧げる、“究極の純愛”ストーリー~ 中年の作家と、愛を知らない人妻が心と体を互いに深く求め合い、究極の愛情を構築する大人のラブストーリー。男と女の深遠な愛を描いた渡辺淳一の同名恋愛小説を、TV界で活躍してきた鶴橋康夫...
『愛の流刑地』 試写会鑑賞 (映画な日々。読書な日々。)
「本当に愛しているなら、私を殺して」。夏の日の明け方、都内マンションの一室。女の声がする。声に誘われるように、男は女の首に手をかけた。何かが折れる鈍い音。そして女は息絶えた……。男は村尾菊治(45)。かつてはベストセラー作家として名を馳せたが、最近は新作...
愛の流刑地 (ライターへの道~私の観るもの、感じる事を伝えたい!~)
      愛の流刑地(2006年、東宝) http://www.airuke-movie.com/index.html ? 監督:鶴橋康夫  原作:渡辺淳一 出演:豊川悦司、寺島しのぶ、長谷川京子、仲村トオル、佐藤浩市、他          かつて恋愛小説の旗手として注目され、 今では世...
【映画】愛の流刑地 (芸術に恋して★Blog★)
「あなたは、死にたくなるほど、人を愛した事があるんですか?」という衝撃的な台詞が印象に残るこの物語は、自分を殺してほしいと願う女とそれに応えた男の話の純愛物語であり、その奥底にあるテーマは究極的
愛の流刑地 (杏の休日 ★ 別館 ~映画館~)
かつてのベストセラー作家、菊治は今は妻子とも別居し 大学講師などをしながら、暮らしている。 冬香はエリートサラリマンを夫に持ち、3人の子供と 何の不自由もない生活を送っている。 冬香が菊治のファンだったことから二人は出会い・・・ イキナリベッドシーン...
愛の流刑地 (オモヒノママニ)
中年の作家(豊川悦司)と彼のファンでもある主婦(寺島しのぶ)との究極の愛を描いた大人のラブストーリーです。 前評判が凄かったので、少々尻込みしちゃってたんだけど、やっと観てきました。 凄かったですね~。いろんな意味で・・。あそこまで役に没頭できる寺島し...
愛の流刑地 (映画/DVD/感想レビュー 色即是空日記+α)
愛の流刑地 略して 愛ルケ
愛の流刑地 (きむきむのうーろん日記)
近所の映画館で、映画『愛の流刑地』をみてきました。 この作品は、昨年1月末まで日本経済新聞に連載されていた ものでして、私も毎日欠かさず読んでおりました。 そんなわけで、上映開始前から気になっていたこの作品の鑑賞が やっとかなったワケです。 私は映画...
『愛の流刑地』 (銅版画制作の日々)
もう、だれにもさわらせない 昨年「やわらかい生活」で共演した豊川悦司と寺島しのぶが再びコンビを組んだ、『愛の流刑地』を観てきました。日本経済新聞で連載された、渡辺淳一の小説だそうで、読者は経営者、サラリーマン、そしてOLの間で「朝の話題は愛ルケから」とい...
『愛の流刑地』 (Sweet* Days)
原作:渡辺淳一 CAST:豊川悦司、寺島しのぶ 他 STORY:小説家の村尾菊治(豊川悦司)は人妻の入江冬香と愛人関係にあった。ある朝村尾は、情事の果てに冬香の首に手を掛け殺してしまう・・・ 元々見る気は無かったんだけど、友人がえらく涙したった事で一応...
「愛の流刑地」映画館レビュー 僕は映画で感動した。 (長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ)
僕は今年はじまってまもないのにこんな映画に出会えて幸せだ。必然的に撮られ 、必然的に素晴らしいから、僕は必然的に感動したのだ。
愛の流刑地 (週末映画!)
期待値: 52%  渡辺淳一原作の恋愛映画。 富司純子と寺島しのぶの親子競演も話題の作品。 感想で一
愛の流刑地~愛の果てにあるものは? (Osaka-cinema-cafe)
TVドラマでは、高岡早紀と岸谷五郎の 主演が決まりました。 2夜連続だそうですが、映画版とどう違うのか、 これも注目ですね。 本家、トヨエツと寺島しのぶはどんな 感じなのか? 映画「愛の流刑地」 かっては恋愛小説で人気作家だった 内海(トヨエツ)...
愛の流刑地 (検索キーワードRSS情報)
かつては売れていた小説家と人妻との愛を描き、新聞掲載時から大胆な性描写などが話題になった。
愛の流刑地 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『もう、だれにもさわらせない』  コチラの「愛の流刑地」は、「失楽園」の渡辺淳一の原作が日本経済新聞で連載され「愛ルケ」現象を巻き起こした来年1/13公開になる映画化なのですが、試写会で観てきちゃいましたぁ~♪  今回の試写会は、公開を1ヶ月後に控えた...