★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「(500)日のサマー」

2010-01-13 01:38:18 | 映画(か行)
<T1143/2010/A008/S002>

今週の平日休みは、久しぶりにシネコンをはしごして2本。
こちらはチネチッタ川崎で鑑賞。
何本か観たい作品が各シネコンに散らばっちゃってたけど、
まずはズーイー・デシャネルちゃん主演作を・・って事で。
原題も「(500) DAYS OF SUMMER」。
2009年製作の出会い系コメディ・ドラマ、96分もの。

あらすじ・・・今回はMovieWalkerさんから引用させてもらいました。
超詳しいので、反転モードで・・・
グリーティングカードの会社に勤めるライター、トム・ハンセン(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)が、初めてサマー・フィン(ズーイー・デシャネル)に会ったのは、会社のボスが新しいアシスタントとして彼女を紹介した時だった。それがサマーとの1日目。トムは一目で恋に落ちた。4日目。エレベーターの中でトムのヘッドフォンから漏れる音を聴いたことから、次第に会話を交わすようになる二人。28日目。カラオケパーティの席で、トムはサマーに恋人がいないことを知るが、彼女は愛を信じていなかった。しかし、サマーは「友達になって」とトムにキスをする。34日目。二人は一緒にIKEAへ行き、展示されているソファに並んで腰かけたり、ベッドに寝そべったりして新婚夫婦ごっこを楽しんだ。「真剣につきあう気はない」と言うサマーに、トムは「気楽な関係でいい」と答える。109日目。サマーが初めて自分の部屋にトムを招き入れ、トムは、二人の間を隔てる壁が一気に低くなった気がした。259日目。バーでサマーに言い寄る男をトムが殴ったら、逆にやり返されてしまう。「二度とこんなことをしないで」と怒るサマー。二人の間に埋められない溝があることは確かだった。しばらくして、トムはサマーが会社を辞めたことを知る。悪友のポール(マシュー・グレイ・ガブラー)やマッケンジー(ジェフリー・エアンド)の勧めに従い、新しい恋人をつくろうとするトム。だが、トムはどうしてもサマーが忘れられない。402日目。同僚の結婚式へ向かう電車内で、トムはサマーと一緒になり、サマーからガーデンパーティに誘われる。408日目のパーティ当日、トムは彼女の心が自分から完全に離れてしまったことを悟る。その後、トムは会社を辞め、夢だった建築家の道へ進むべく就職活動を始める。お気に入りのベンチに座って、未来の自分を想うトム。と、そこにサマーが現れた。長かった“500日の夏”がようやく終わろうとしていた……。

   

ここからひらりん的レビューのネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
●最初に恋愛モノではなく、出会いモノ・・っていうナレーションが入って、
なんじゃ???と思った。
●上のあらすじは、日にちが時系列で書かれてるけど、
映像は日にちが行ったり来たりしてる。
●結末を書いておくと・・・
パーティの時に見てしまった彼女の婚約指輪・・・
ベンチで会った時には彼女はもう結婚してたのね。
なぜトムじゃダメだったか???
ある朝目覚めた時、トムじゃダメって直感したらしい。。。
今の旦那とは、カフェで偶然出会って声かけられた・・・
これこそ運命ではないか・・・って事で結婚したらしい・・・
●えーーーーーーーーーーーーーーっ、
愛も運命も信じない・・って言ってたサマーがっ。
●諦めのついたトムは就職面接の待合席で1人の女性に会い、
これも運命???って思って、ちょっと勇気を出してお茶に誘うのねっ。
そしたらオッケー貰ってラッキー・・・
名前を聞いたら、今度はオータムさんでした・・・というオチ。

  

★愛や運命を信じるトムは草食系男子と呼ぶのかなーーー???
一生懸命アプローチしてる姿は涙ぐましいし、相手が悪かっただけ!!!
★それにしても不思議ちゃんを演じたらピカイチのズーイー・・・
今回も思いっきり変なキャラで・・・
ビートルズではリンゴ・スターが好きだったり
公園で「●ニス」と大声で叫びあったり・・・
イケアでのデートあたりは超ラブラブで楽しそう・・・
  
★初合体した翌朝の出勤で、
周りの他人がみんなクリアブルーの服に見えて踊りだしちゃうトムの気持ち・・・
なんかわかる気がするーーー。
★やっちゃった後は、今までの男とは「俺は別格」・・と思わせるのは、
美人ちゃんならでは・・・。
あそこまでして、恋人じゃない・・・友達で・・・というのは、
真面目青年にはきついね。
★これ、男のほうが愛なんて信じない・・・女は体目的・・
っていうパターンはありがちだけど、
ここまで女心がつかめないパターンも珍しい。
★まあ、女のほうが割りきりが早い・・・という事なのかな。
★ズーイーちゃん・ってシンガーもやってるからか、
出演作で歌ってるシーンがよく登場してくるけど、
今回もカラオケで歌ってたね。

ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この作品の関連作は・・・
ズーイー・デシャネル出演作は・・・
ジム・キャリーと共演の「イエスマン “YES”は人生のパスワード
ウィル・フェレルと共演の「エルフ ~サンタの国からやってきた~
(結構コメディものにも付き合ってくれてますね)


という事で今回は・・・
「女心と夏の空」度・・・
秋になっても同じ苦労をしそうな男子もいるんだよねーーー。



●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
ひらりん同様、「デシャネルちゃんの不思議キャラに撃沈」したあなた・・・
バナーにポチッとクリックおねがいしまーーす。

「人気ブログランキング(映画)」


ひらりんもツイッター始めました。
映画以外のこともつぶやいてるので、
ちょっと見に来てね。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (53)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ウォーロード/男たちの誓い」 | トップ | ★「キャピタリズム マネーは踊る」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

53 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
(500)日のサマー (LOVE Cinemas 調布)
運命の恋を信じる青年と信じない女性のちょっとほろ苦い500日間を描いたラブコメディーだ。主演は『セントアンナの奇跡 』や『G.I.ジョー』のジョセフ・ゴードン=レヴィットと『イエスマン “YES”は人生のパスワード』のズーイー・デシャネル。監督のマーク・ウェ...
『(500)日のサマー』 (ラムの大通り)
(原題:(500)Days of Summer) ----変わったタイトルの映画だニャあ。 500に、()まで付いている。 「そうだね。 これはサマー(ズ―イー・デシャネル)という名前のキュートな女の子に 一目ぼれしてしまったトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)という男の子の目を...
(500)日のサマー/(500) DAYS OF SUMMER (我想一個人映画美的女人blog)
{/hikari_blue/}{/heratss_blue/}ランキングクリックしてね{/heratss_blue/}{/hikari_blue/} ←please click 恋って辛いもの?楽しいもの? 全米でもヒットし、観た人たちの評判も既に良いのを聞いてたから楽しみにしてた本作。 え~?そうくるの? ラストはとても意...
(500)日のサマー/ジョセフ・ゴードン=レヴィット (カノンな日々)
『イエスマン "YES"は人生のパスワード』でとってもチャーミングな女性を演じて私の好感度も急上昇でお気に入りの女優さんとなったゾーイ・デシャネルと『ルックアウト/見張り』『BRICK』のジョセフ・ゴードン=レヴィットが主演でのロマンチックコメディです。二人とも私...
「(500)日のサマー」感想 (ポコアポコヤ 映画倉庫)
最初に「恋愛映画ではありません」と出る^^ 日付が出るものの、バラバラのシャッフで、最初混乱しました。テンポも良くて、今風なテイスト...
(500)日のサマー (映画道)
運命の恋を信じるナイーヴな青年が、対照的な恋愛観の女性と辿る甘くてホロ苦い500日の愛の軌跡を綴った異色のロマンティック・コメディ。真実の愛など信じないちょっと風変わりな女の子と恋に落ちた主人公に訪れる様々な感情の変遷を、その心象風景を趣向を凝らした映像...
『(500)日のサマー』 ('10初鑑賞6・劇場) (みはいる・BのB)
☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 1月9日(土) シネ・リーブル神戸 シネマ1にて 14:30の回を鑑賞。
【機内上映】「(500)日のサマー」 (☆ EL JARDIN SECRETO ☆)
勝手に振り回され、一人でぶん回され。「これは男女の出会いの映画である。ただし愛の物語ではない」。意表を突く形で釘を刺されて始まる本作だが、実にテンポがいい。タイトルの500日に付いている括弧は場面が移る際の日数カウント表示のそのまんまである。500日の中を激...
「(500)日のサマー」 心の傷にしみる・・・ (はらやんの映画徒然草)
アタタタタ・・・、心の傷がうずきます。 本作「(500)日のサマー」は冒頭にある
「(500)日のサマー」 (古今東西座)
草食系男子とはよく言ったもので、ひ弱そうで繊細な男の子を表現する実に便利な言葉である。この『(500)日のサマー』の主人公トム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)はまさに草食系男子という言葉がピッタリのグリーティングカード会社の若いサラリーマン。その会社に...
「(500)日のサマー」:千束バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/hiyo_en2/}山形水ラーメン? {/kaeru_en4/}おお、こんなところにあったのか、山形水ラーメン。 {/hiyo_en2/}知ってるの? {/kaeru_en4/}俺たちラーメン通の間では、伝説のラーメンだ。こんなところで出会うとは、まさに運命。 {/hiyo_en2/}単なる偶然だと思うけど。 {/...
(500)日のサマー (Memoirs_of_dai)
涙の数だけ強くなれる 【Story】 グリーティング・カード会社で働くトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、新入りのサマー(ゾーイ・...
『(500)日のサマー』・・・サマーの“青”が印象的 (SOARのパストラーレ♪)
今年最初の鑑賞作品は、ほほえましくもちょっとほろ苦いボーイ・ミーツ・ガール。誰もが心の中で大切にしているであろう恋愛の思い出にきっと重ね合わせたくなるような、いい意味でごく等身大の恋物語だった。
(500)日のサマー (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
センスの良さとユニークな個性を感じさせる小品である。トムは、運命的な恋を信じるロマンチスト。ある日、秘書として入社してきた魅力的な女性サマーに一目惚れしてしまう。音楽の話題で意気投合した二人だったが、サマーは、真実の愛など信じていない女の子だった。トム...
「(500日)のサマー」 (H20)
2010年最初のレビューとなったこの「(500日)のサマー」は、ジャンルで言うとラブコメ。 そして、ラブコメと言った僕の大好きな漫画家「あだち充先生」の得意分野でもあるので、そこと絡めて書いていきます。 まずあらすじから。 ・あらすじ  グリーティン...
『(500)日のサマー』(2009)/アメリカ (NiceOne!!)
原題:(500)DAYSOFSUMMER監督:マーク・ウェブ出演:ズーイー・デシャネル、ジョセフ・ゴードン=レヴィット、クラーク・グレッグ、ミンカ・ケリー、ジェフリー・エアンド、マシュー・グレイ・ガブラー、クロエ・グレース・モレッツ観賞劇場 : TOHOシネマズシャンテ公....
(500)日のサマー (サムソン・マスラーオの映画ずんどこ村)
   = 『(500)日のサマー』  (2009) = グリーティングカード会社で働くトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)は、新入りのサマー(ゾーイ・デシャネル)に一目ぼれしてしまう。 ある日、好きな音楽をきっかけに意気投合し、いいムードになった二人。 ...
(500)日のサマー (映画と本の『たんぽぽ館』)
時には花咲かない恋もある・・・ * * * * * * * * 運命的出会いとか、ドラマチックな恋、 そういうものを信じ夢見ているトム(ジョセフ・ゴードン=レビット)。 彼は社長秘書のサマー(ズーイー・デシャネル)に一目惚れ。 これは...
(500)日のサマー (だらだら無気力ブログ)
運命の恋を信じる男と信じない女と対照的な恋愛観を持つ二人が繰り広げる 甘くてほろ苦い500日の愛の軌跡を描いた恋愛コメディー。 主演は『セントアンナの奇跡』のジョセフ・ゴードン=レヴィットと 『イエスマン &quot;YES&quot;は人生のパスワード』のゾーイ...
(500)日のサマー (風に吹かれて)
きみ なんでリンゴが好きなのさ公式サイト http://blog.livedoor.jp/fox_500summerトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)はひどく機嫌が悪い。運命の相手だと思ったサマー
(500)日のサマー・・・・・評価額1650円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
低予算作品ながら、昨年の夏に全米でロングヒットを記録したラブコメディ。 「(500)日のサマー」とは変わったタイトルだが、これは映画のヒ...
【(500)日のサマー】 (日々のつぶやき)
監督:マーク・ウェブ 出演:ズーイ・デシャネル、ジョセフ・ゴードン=レヴィット  サマーに恋をした。最低で最高の500日。 「カードライターの仕事をするトムはある日運命の恋に落ちた。 サマーもトムに好意を持ち二人はデートを重ねるが、サマーは恋人はい...
(500)日のサマー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『運命の恋なんて、あるに決まってる。』  コチラの「(500)日のサマー」は、運命の恋を夢見るトム(ジョセフ・ゴードン=レヴィット)が愛を信じないミステリアスでエキセントリックな女性サマー(ズーイー・デシャネル)に恋をしたビタースウィートな500日間を描い...
「(500)日のサマー」夢をみるのは女とはかぎらない (ノルウェー暮らし・イン・London)
突然、「私、結婚することにしたから・・・・・」って言って、ごめんなさい。
恋の病の治療法。『(500)日のサマー』 (水曜日のシネマ日記)
運命の恋を信じる青年と恋や愛を信じない女性を描いたラブコメディーです。
映画「(500)日のサマー」 (Andre's Review)
(500) days of Summer アメリカ 2009 10年1月公開 劇場鑑賞 2010年劇場鑑賞第1弾。映像が面白そうなので、とても気になってた1本です。 主人公はグリーティングカード作成会社に勤めるトム(ジョゼフ・ゴードン=レヴィット)。入社してきたサマー(ゾーイ・デシ...
「(500)日のサマー」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「(500) Days of Summer」 2009 USA トムに「陪審員/1996」「セントアンナの奇跡/2008」のジョセフ・ゴードン・レヴィット。 サマーに「恋するレシピ ~理想のオトコの作り方~ 2006」「ジェシー・ジェームズの暗殺/2007」「ハプニング/2008」のゾーイ・デシャ...
(500)日のサマー (Movies 1-800)
(500) Days of Summer 監督:マーク・ウェブ 出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ゾーイ・デシャネル、ジェフリー・エアンド “運命の恋”を信じる男性トムが“恋は幻”と言い切る女性サマーに恋した500日を絵日記風に描いたロマンチック・コメディ。 最近は男女の立...
(500)日のサマー (to Heart)
運命の恋なんて、 あるに決まってる。 原題 (500) DAYS OF SUMMER 製作年度 2009年 製作国・地域 アメリカ 上映時間 96分 監督 マーク・ウェブ 音楽 マイケル・ダナ/ロブ・シモンセン 出演 ジョセフ・ゴードン=レヴィット/ゾーイ・デシャネル/ジェフリー・エアンド/...
運命の恋、もしくは幻想~『(500)日のサマー』 (真紅のthinkingdays)
 (500) DAYS OF SUMMER  グリーティングカード会社で働く草食系男子トム(ジョセフ・ゴードン=レヴィ ット)は、社長秘書として入社して...
【劇場映画】 (500)日のサマー (ナマケモノの穴)
≪ストーリー≫ 建築家を志しながらもカード会社でライターの職に甘んじているトムは、運命の恋を夢見るロマンチスト。いつか素敵な恋人に出会えるはずと信じていた。そんなトムの前に新入社員サマーが表れる。彼女を一目見た瞬間に恋に落ちたトム。サマーもトムに好意を...
(500)日のサマー (映画的・絵画的・音楽的)
 『(500)日のサマー』を渋谷のシネクイントで見ました。  予告編で見たときは、“夏”の500日とは変だな、なぜタイトルに括弧書きがあるのだろう、と気にはなりましたが、どうせたわいのないラブストーリーに違いないと思えてパスしようかと考えていたところ、決して一...
(500)Days of Summer / (500日)のサマー (Akasaka high&low )
「このバンド私も好きよ」で始まる恋は悪い結末を、しかもそれがThe Smithだなんて最悪と思わずにいられなかったスタリッシュな恋愛映画が(500)Days of Summer((500日)のサマー)。 シャープな音楽のセンス、恋人たちの目線で描かれたL.A.の街、予算以上の仕事をし...
(500日)のサマー (いつか深夜特急に乗って)
製作年:2009年 製作国:アメリカ 監 督:マーク・ウェブ
(500)日のサマー♪(500)Days of Summer (銅版画制作の日々)
運命の恋なんて、あるに決まってる。 京都シネマにて鑑賞。ところでタイトルのカッコは何を意味するのかしら?いまだに謎です。調べているのですが、分かりません。さてこの物語に登場する男性と女性のタイプは逆のようです。一般的に女性が運命的な恋を信じるというパタ...
(500)日のサマー (Diarydiary! )
《(500)日のサマー》 2009年 アメリカ映画 - 原題 - (500)DA
「(500)日のサマー」  (500) DAYS OF SUMMER (俺の明日はどっちだ)
・ 運命の恋なんぞを信じている草食系な男子が、恋も愛も幻想だと思っているちょいと風変わりな女の子と恋に落ち、そんな彼女と過ごす500日間にわたるほろ苦い愛の軌跡をあくまでも男目線からリアルに描き出していったロマンティック・コメディ。 いやはや前評判がかなり...
偶然なんてない、あるのは必然、でも運命って残酷。~「(500日)のサマー」~ (ペパーミントの魔術師)
いやもう、にゃむばななさんとこで ポニテリボンサイコー♪ってな話で そこばっか意識して見たんで 「ポニテキターーー!!!」 なんで盛り上がってんだ、あたし。(笑) いや実際可愛かったです、ピンポイントで。 やなオンナだけど(わわわわわ) まあね、ウソは...
(500)日のサマー (2ちゃんねる映画ブログ)
(500)日のサマー:(500) Days of Summer http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1251455856/ 1 :三村 :2009/08/28(金) 19:37:36 ID:8PlrT/4A 500日も夏が続くのかよ!! (500) Days of Summer
(500)日のサマー (★★むらの映画鑑賞メモ★★)
作品情報 タイトル:(500)日のサマー 制作:2009年・アメリカ 監督:マーク・ウェブ 出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ゾーイ・デシャネル、ジェフリー・エアンド、マシュー・グレイ・ガブラー あらすじ:グリーティングカード会社で働くトム(ジョセフ・ゴード...
Blu-Ray:(500)日のサマー 2010年 最新型ラブストーリー(笑) (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
現在ならではのラブストーリー(と言いたい) それは、この作品のストーリー構造。 500日間にわたる恋愛の経緯が、「時制」をぐちゃぐちゃにぶった切られて! 並べられている。 映画中にも登場する、名画「卒業」 もしこの映画がその時代に封切られていたら?! (話...
(500)日のサマー (映画の話でコーヒーブレイク)
劇場公開を見逃しDVD発売を待ってました。 「イエスマン」に出ていたゾゥーイ・デシャネル主演ってことでレンタルしましたが、 「インセプション」でデカプリオの相棒アーサーを演じたジョセフ・ゴードン=レヴィットの別人ぶりに ビックリ! いや、本来こちらを見てか...
(500)日のサマー (Blossom)
(500)日のサマー (500) DAYS OF SUMMER 監督 マーク・ウェブ 出演 ジョセフ・ゴードン=レヴィット ゾーイ・デシャネル     ジェフリー...
(500)日のサマー (映画鑑賞★日記・・・)
【(500) DAYS OF SUMMER】 2010/01/09公開 アメリカ PG12 96分監督:マーク・ウェブ出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット、ゾーイ・デシャネル、ジェフリー・エアンド、マシュー・グレイ・ガブラー、クロエ・グレース・モレッツ運命の恋なんて、あるに決まってる。秘書と...
(500)日のサマー (ここにあるもの)
自分でも少し驚いてるけど、想像以上の大好きっぷりで、嬉しい気持ちが続いてる。 【きっとずっと好きな映画】が1本仲間入りしたっていう、嬉しい気持ち。 普段あまりラブい映画は観ないんだけど、 たまたまそういったムードだったのか(何、それ?) レンタルしたら、あ...
『(500)日のサマー』 (2010) (よーじっくのここちいい空間)
映像とか音楽とか、ほど良く観客をくすぐってくる微妙でステキな個性。やっぱり、そのとてもいいバランスの、ちょっとだけ個性的な部分が、この映画の最大の魅力なのかもしれない。
(500)日のサマー (マックハッカーのいろんなGadgetについてのブログ)
(500)日のサマー もう公開されてだいぶたってますがおもしろかったので紹介します
映画『(500)日のサマー』を観て (KINTYRE’SDIARY)
10-3.(500)日のサマー■原題:(500)DaysOfSummer■製作年・国:2009年、アメリカ■上映時間:96分■字幕:古田由紀子■鑑賞日:1月23日、シネクイント(渋谷)スタッフ・キャス...
(500)日のサマー (RISING STEEL)
(500)日のサマー / (500) DAYS OF SUMMER いや~、恋愛映画のレビューなんて慣れない事したら、意味わかんない文章になってしまいました。 2009年 アメリカ映画 フォックス・サーチライト製...
(500)日のサマー ((500) Days of Summer) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 マーク・ウェブ 主演 ジョセフ・ゴードン=レヴィット 2009年 アメリカ映画 96分 ラブロマンス 採点★★★★ “付き合ってる”って形式上の口約束みたいなものに過ぎないのに、“彼氏・彼女”って言葉自体を非常に重要視するんですよねぇ、男は。「やぁねぇ...
喪中映画評「(500)日のサマー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2009年アメリカ映画 監督マーク・ウェッブ ネタバレあり
(500)日のサマー (いやいやえん)
ボーイ・ミーツ・ガール。恋の経験がたくさんある方のほうが、主役の男女の心の機微がわかって面白いと思います。 とにかくトムを振り回すサマー役のズーイー・デシャネルさんが可愛かった。髪型、服も凄く可愛い。最初から本気ではない事を前提にして、最後までそうな...
「(500)日のサマー」(2009年、アメリカ) (楽天売れ筋お買い物ランキング)
「(500)日のサマー」(原題:(500)DaysofSummer)は、2009年公開のアメリカの映画です。マーク・ウェブ監督、ジョゼフ・ゴードン=レヴィット、ズーイー・デシャネルら出演で、恋した女性...