★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「フロスト×ニクソン」

2010-10-10 03:38:31 | 映画(は行)
<T1248/2010/A113/S049>

ニクソン大統領関連の映画は何本か観たことあったなー。
原題も「FROST/NIXON」
2008年製作の大統領系伝記・サスペンス、122分もの。

あらすじ・・・今回はMovieWalkerさんから引用させて貰いました。
長文なので反転モードで・・・
1974年、リチャード・ニクソン(フランク・ランジェラ)はウォーターゲート事件で大統領を辞任する。英国のテレビ司会者デビッド・フロスト(マイケル・シーン)は、ニクソンの代理人スイフティー・リザール(トビー・ジョーンズ)を通じてインタビューの交渉をする。数ヶ月後、代理人はギャラ60万ドルを要求してくる。フロストはそれを承諾し、英国人プロデューサーのジョン・バート(マシュー・マクフーディエン)と共にロスへ向かう。フロストは機内でナンパしたキャロライン(レベッカ・ホール)を伴い、ニクソン邸に乗り込む。彼は前払い金20万ドルを自腹で払う羽目になるが、米国で成功するという野心に燃えていた。しかし3大ネットワークは協力を拒絶する。テレビ局との交渉が難航していると聞いたニクソンの側近ジャック・ブレナン(ケヴィン・ベーコン)は、このまま企画が流れるのではないかと考えた。しかしフロストは番組を自主制作して放映権を売ることにし、製作費を借金で捻出する。そして、ジャーナリストのボブ・ゼルニック(オリヴァー・プラット)、ノンフィクション作家のジェームズ・レストン(サム・ロックウェル)を加え、インタビューの準備を始める。1977年3月23日、インタビュー初日。フロストは、事件に関する質問は最後にするという約束を無視して、いきなり録音テープの質問を投げかける。しかしニクソンはホワイトハウスにおける録音の歴史を延々と語り、フロストを煙に巻く。その後の2回目、3回目のインタビューでも、弁の立つニクソンはフロストに突き入る隙を与えない。フロストのブレーンたちは彼の不甲斐なさに苛立ち、チームに不穏な空気が流れる。イースター休暇でインタビューが中断したある日、フロストはレギュラー番組打ち切りの報せを受ける。さらにニクソンから挑発的な電話を受けた彼は、ワシントンにいるレストンに事件の再調査を依頼し、ニクソンに不利な新証拠を入手する。そして、最後のインタビューが始まる。

  

ここからひらりん的レビューのネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
●インタビュー3日目までは、前大統領とでは格が違うなーーという印象。
●しかし、テレビ司会者も喋りが商売。
大統領の人をムケに巻く話術は老練ささえ感じるけど・・・
このインタビュー=戦いで負けたほうが、消え去る・・・という事に気づくフロスト。
●これ、実話系だけれども、実際夜中にニクソンが酔っ払ってフロストに電話する?????
ちょっと作り話っぽいけど、これを気に、危機感が出てきて、やる気を出すフロストなのね。
●最終日は、責めまくり、ついつい本音を漏らすニクソン。
国家のためだと判断したら、大統領は法律を破ってもいい・・・みたいな言い訳。。
珍しく普通の役(軍部の出身の制服組の大統領補佐官みたいな)のケヴィン・ベーコンも、
こりゃヤバイ・・って顔したっ。
●このインタビューは全米・世界に配信され、ニクソンの政界復帰はかなわず・・・
逆にフロストは全米でもカッコたる地位を築いたのでした。



☆会話がメインなので、字幕を追ってるとちょっと疲れるなーー。
☆でも、最後は核心を突かれた質問に表情をくもらせ、
だんだんと窮地に陥るニクソンの顔が勝敗の決め手となったのね。
これがテレビインタビューの怖いところ。

ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この作品の関連作は・・・
ショーン・ペンの「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男
キルスティン・ダンストの 大統領に気をつけろ!」
 

という事で今回は・・・
喋りのプロ度・・・
でもしかし、カメラの前で表情がばれずに話すのは難しい・・・のかな。

●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
ひらりん同様、「大統領と司会者の会話に見ごたえがあった」
と思ったあなた・・・
バナーにポチッとクリックおねがいしまーーす。

「人気ブログランキング(映画)」


ひらりんもツイッター始めました。
映画以外のこともつぶやいてるので、
ちょっと見に来てね。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★「パンドラム」 | トップ | ★「ナイト&デイ」 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
映像のこわさが (sakurai)
2010-10-15 08:57:46
如実に出てましたね。
実物と似てる・・・というわけではないのですが、だんだんニクソンに見えてきました。
格闘技映画 (にゃむばなな)
2010-10-24 15:53:39
これは一種の格闘技映画のように見えましたよ。
ボクシング映画と同じく、この先どう展開していくのかが分からない緊張感は最高でした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

12 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
フロスト×ニクソン (LOVE Cinemas 調布)
アカデミー賞5部門にノミネートされた話題作。主演はアカデミー賞主演男優賞にノミネートされたフランク・ランジェラ。そして相手役として『アンダーワールド:ビギンズ』が3月14日から公開されるマイケル・シーン。監督はもう数々のヒット作を生み出したロン・ハワー...
【映画】フロスト×ニクソン…の記事&輸入家具の味がした話 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
連日雨です。 雨だと肌寒いのですが、室内で何かもう一枚着るというほどでも無く…肌寒さを我慢しながら記事を書いております まずは近況報告から 昨日、セブンイレブンで買っ...
フロスト×ニクソン◇◆FROSTNIXON (銅版画制作の日々)
 楽園か荒野か?ーーー人生を賭けた闘いが始まった! 政界復帰を狙う元アメリカ大統領ニクソン。全米進出を狙う英国のテレビ司会者フロ...
フロスト×ニクソン [DVD] (映画鑑賞★日記・・・)
原題:FROST/NIXON公開:2009/03/28製作国:アメリカ上映時間:122分監督:ロン・ハワード出演:フランク・ランジェラ、マイケル・シーン、ケヴィン・ベーコン、レベッカ・ホール、トビー・ジョーンズ、マシュー・マクファディン、オリヴァー・プラット、サム・ロックウェ...
フロスト×ニクソン (迷宮映画館)
あたしに言わせると、政治版スポコン物語の王道だった。
「フロスト×ニクソン」劇場鑑賞 (流れ流れて八丈島)
実は、今日も4月29日と同じパターンなんです。よみうりホールのyfc上映会に引き続き、新宿武蔵野館へ移動して優待券の消化試合です。消化試合と言っても、この映画はとっておいた...
フロスト×ニクソン (Diarydiary! )
《フロスト×ニクソン》 2008年 アメリカ映画 − 原題 − FROST /
『フロストXニクソン』 (こねたみっくす)
インタビューは格闘技である。これはインタビュアーの誰もが納得する言葉だそうです。ウォーターゲート事件以来沈黙を守ってきたリチャード・ニクソンとイギリスの人気トークショー司会者デビッド・フロストを中心に彼らのブレーンも巻き込んだ歴史的インタビューの舞台裏...
「フロスト×ニクソン」 言葉の拳闘 (はらやんの映画徒然草)
昨日観た「ウォッチメン」にもニクソンが出てましたが、こちらの作品「フロスト×ニク
フロスト×ニクソン (oguoguの日々映画見っ放し!)
2009年4月上映 監督:ロン・ハワード 主演:マイケル・シーン、ケビン・ベーコン  ニクソンに、英国出身のTVの司会者が一世一代のインタビューを挑む・・・緊張感漂う良作!...
フロスト×ニクソン (いやいやえん)
まるでボクシングのような舌戦。 ニクソン元大統領が任期中に起こした「ウォーターゲート事件」や「ベトナム戦争」等の事をを司会者デビッド・フロストがインタビューを行い、ニクソン本人の口から事件の真相を炙り出そうとする物語です。 ウォーターゲート事件の詳細...
フロスト×ニクソン (我が頭に巣くう映画達)
46点 2008年のアメリカ映画で、 監督は「ビューティフル・マインド」、「ダ・ヴィンチ・コード」のロン・ハワード、 主演はマイケル・シーン、フランク・ランジェラです。 ウォーターゲート事件によ...