★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「不都合な真実」

2007-02-07 03:38:19 | 映画(は行)
<2007/A28/S15>
近くでは「TOHOシネマズ川崎」でしかやってなかったので、
やっとタイミングが合って、見ることが出来ました。
アメリカ元副大統領アル・ゴアの環境問題講演会のドキュメンタリー。
原題は「AN INCONVENIENT TRUTH」。
オスカーのドキュメンタリー長編賞にノミネート中の作品。
その他、いろんな賞を総なめ中なので、期待大です。
2006年製作の、環境問題系ドキュメンタリー、96分もの。

鑑賞前に、シネコンで、ちょっとしたトラブル発生。前回の鑑賞で、シネマイレージが6ポイント貯まってたのでタダで見れるはずが・・カードの有効期限が切れてるので、更新料300円払え・・と。しかも、ポイント使用は次回・・だって。一ヶ月前に来た時に、期限切れを教えてくれてたら、その場で更新料払ってたのに。おかしいんじゃないの・・・と言ったら、バイト君の上司が出てきて、一旦カード払いした料金を払い戻してくれて、タダで見ることが出来ました。すごい不親切な劇場です・・・よ。無料鑑賞券でも当たらないかと、アンケート書こうと思ったら、備え付けのポールペンは壊れてるし・・・もう、踏んだりけったり。ぶち切れ気味で映画鑑賞に望む事になってしまいました。。。。ちなみに、前に来た時は、ナイトショウで赤ん坊の泣き声がして、大ヒンシュクだったのも同劇場。もうちょっと、顧客サービスを考えたほうが良さそうです・・・ね。ここの劇場のポップコーンだけは美味しいんだけど・・・と、最後にフォロー入れときますが。


あらすじ・・・
いつもは、ネタバレ部分を反転していますが、
ドキュメンタリー映画で、ネタバレも何もないので今回は反転なしねっ。

この映画、元アメリカ副大統領のアル・ゴアの講演のドキュメンタリー。
この人、講演のつかみで、「一瞬大統領だったアル・ゴアです」なんてジョークも。
そうこの人、現大統領ブッシュと大統領選を争い、超僅差で負けた運のない人。
もともと、学生時代から環境問題に関心を持ち・・・
下院議員・・上院議員と登りつめても、その問題にむきあっていたらしい。
しかし、環境問題は、票にならん・・・と、
どこの国でも同じ・・・進展したり後退したり・・の繰り返しの政策。
大統領になれなかった事で、この環境問題がライフワークとなったゴアさん。
世界各地を飛び回り、スライド交えて軽快トーク。
さすが、アメリカの政治家・・話し方・説明が明快で解りやすい。。
日本の政治家は何言ってるか、ワケ判らない人が多いけど・・・。
日本を含め、世界各地で異変が起きてる。
とりわけ、CO2(二酸化炭素)の排出増による温暖化の影響。
キリマンジャロの万年雪が無くなってきてたり・・・
ホッキョクグマが、氷山が少なくなって溺れ死んだり・・・
富士山の永久凍土も減少してるらしい・・・。
いろんな事象を紹介しながら、では今、何をすれば・・・。
人口世界一の中国では、経済発展の為に環境問題は置き去りだし・・
経済大国のアメリカでも、財界中心でなかなか先に進まない。
国際的な環境問題の指針をまとめた京都議定書に署名してないのは米国とオーストラリアだけだって。
そいえば、カリフォルニア州のシュワ知事・・・
この件でクルマの排ガス規制を強化する政策を発表・・・
追随する州が増えてる・・って話もありました・・最近。
身近な事で、出来る事は・・・って、
エアコンの温度設定をゆるめにしましょう・・とか、
使ってない電気製品のプラグを抜きましょう・・とか、
なるべく公共交通機関を使って、マイカーの利用を減らしましょう・・・とか、
クルマを買うなら、なるべくハイブリッドカーなど燃費のいい車にしましょう・・とか、
いろいろ耳の痛い話ですっ。
少子化問題も、この地球温暖化問題も・・・
チョロチョロ話題にはなるけど、誰も、なかなか真剣に考えてない問題。
こういうドキュメンタリーを見ることによって、注意を喚起してもらわなくては、
人間、なかなか動き出しませんからねっ。
・・・という事で、ひらりん。
クルマ買い換えるときには、ハイブリッド車にしますっ。
・・って、お金ないので当分買い替えの予定は未定なのですが・・・。

日本人は結構リサイクル・・とか、エコ・・とかが浸透してるので、
超〜〜衝撃っ・・って人は少ないと思うけど・・・
まだまだ、「地球温暖化」なんて言葉を知らない地球人が世界にはどっさりいそう。
特に・・・
赤い・・あの国と・・・
星50個の青い国・・・
しっかり考えて欲しいものです。

という事で、ひらりん的この映画の関連作は・・・
ダーウィンの悪夢」もアフリカが舞台の環境破壊系ドキュメンタリーでした。
2006年の「ひらりんアカデミー賞・ドキュメンタリー賞」は・・・
めぐみ-引き裂かれた家族の30年」でした。

という事で今回は
ドキュメンタリー度・・・
あらためて地球温暖化の危機に警鐘を鳴らしてくれてる本作。
大国が動かないと、なかなか歯止めはかからないのでは・・とも思うが、
歯止めをかけるには、市民レベルでの対策も必要なんでしょう。

ところでひらりんも「人気ブログランキング(映画)」に参加しています。
ひらりんのブログを気に入ってくれたら↑↑クリックしてね。  
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (15)   トラックバック (83)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「プルートで朝食を」 | トップ | 「ハイジ」 »
最近の画像もっと見る

15 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
まだ間に合うかな (あかん隊)
2007-02-16 08:11:34
TBありがとうございます。
今からでも、気を付けてエコしていけば、環境破壊を少しは遅らせることができるのでしょうね。
こんにちは! (由香)
2007-02-16 10:34:04
ひらりんさん、こんにちは!
TBありがとうございました^^・
温暖化は耳慣れた言葉ですが、ついつい自分の都合で脇においやってしまいがちです。
こういう映画を観て、改めて肝に命じることは大切なのかもしれませんね。
ありがとうございます。 (もとあき)
2007-02-16 20:10:03
ひらりんさん、はじめまして。
TBありがとうございます。
このままでは次世代に、この地球を渡していくのが難しい状況であると考えます。
ひとつの記事をTBさせてください。
よろしくお願いいたします。
秘密(?) (ジョーズ)
2007-02-16 22:46:30
TB&コメントありがとうございます。ひらりんさんの秘密(?)まで教えていただいて感激しています。
こちらも思わずコメントさせていただきましたが、地球がある限り、これからもよろしくお願いします。
はじめまして (バラサ☆バラサ)
2007-02-17 17:21:07
TBありがとうございます。
東宝はシネマズも含めてアルバイト君の品質がなっていないです。ただし上映前のマナー教育のおかげで、客の質は良くなっていると思います。
こんばんは。 (元・副会長)
2007-02-17 23:29:34
トラックバックありがとうございました。

環境問題・・・・悩ましいですな。暖冬の今時分であるだけに、考えさせられます。

「デイ・アフター・トゥモロー」を鼻で笑って観てられない世の中になると・・・・イヤですなぁ。

それでは、今後とも宜しくお願いします。
今からでも・・・ (まてぃ)
2007-02-18 19:32:12
こんにちは。
確かに耳の痛くなる話が多いですよね。でもあんな衝撃的な映像を見せられたら・・・南極の氷や各地の氷河、おぼれる北極熊にキリマンジャロ。
あらためて日々の生活で気を使わなきゃっと思いました。
Unknown (Noah)
2007-02-20 22:12:01
ひらりんさん
はじめまして&TBありがとうございました。
環境は倫理だ、という言葉が
頭を離れません。
自分にできる行動を、ひとつずつ
やっていこうと思いました。
子供や孫の世代、ずっと先まで
地球と共に生きていってほしいですよね。
映画のコメント、わかりやすくて
楽しく読ませていただきました!
今後ともよろしくお願いします。
TBさせて頂きました。 (小米花)
2007-02-23 22:24:35
人間が悪い!って怒ったような演説されても、そんなこと知らない!って言いたくなりますが、ゴアさんのようにまだ 間に合うから一緒に頑張ろう!って言われると、そうだね〜って思います。

環境問題は、票にならん・・・か・・・。
石油問題が票になったってわけか・・・。

映画の力を信じたいですね。
個人のレヴェル (たいむ)
2007-02-24 16:39:49
ひらりんさん、こんばんは。
やはりアメリカ人が命運を握っているのかな?
中国辺りもかなり・・と思うのですけど、こちらの説得は、アメリカ以上に厳しいような気がしています。。
こんにちは♪ (nyanco)
2007-03-23 16:53:36
ひらりんさん、こんにちは♪
TBありがとうございました。

温暖化対策を避けるためにも私たちの意識を変えていかなくてはいけないことは分かってるんですが、、なかなか実行に移すのは難しいですね。。
でもやっぱりマメに行動していかないといけないですね。。
ここだけの話、ゴア氏の1ヶ月の家の電気代が20万円を超えたというのがニュースになっていましたが、それでは環境問題を語る上で説得力のないような気がします。。
そういうのもあって、私はこの映画、採点が辛口になってしまいました。。^^;
TBありがとうございます。 (ためぞう)
2007-03-24 15:00:28
はじめまして、ひらりんさん。

地球温暖化、本当に切実な問題ですね。
映画の中でもありましたが、政治家は票に関係繋がり難い事(と自分達に不都合な事)はやらないですからね。
国民から意識を変えて訴えていかないと・・・。
まっ今後大きな問題なのは、中○でしょうけどね(苦笑)
出遅れました^^; (roko)
2007-04-07 21:42:30
ひらりんさんお元気でしたか?
私は出遅れましたが、ひらりんさんもしっかり観てらしたのですね〜♪
「フリーダ」「ブローバック・マウンテン」「ホテルルワンダ」見逃してしまいました。(;へ:)
「ルワンダの涙」は後半泣きっ放し・・・分かっていても映像がショックでした。まだ記事に書けません。
ブラジルでは、主食のトルティーヤに使用されるとうもろこしの粉が高騰して社会問題になってますね。
食物連鎖の問題もその内、、、、大事になりなすね。
Unknown (はなび)
2007-08-06 16:29:38
TBありがとうございます。エコぼちぼち頑張ります
ハイブリッドカーへの乗り換えは・・無理ですねぇ(笑)
TBありがとうございます (bobby101)
2007-11-25 23:16:50
 アル・ゴア前副大統領のノーベル賞受賞もこの映画の公開のころには予想もつきませんでした。でもこの映画を見て、納得がゆきます。
なお、私もハイブリッド車にしようと思った口です。

あわせて読む

83 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
不都合な真実 (★YUKAの気ままな有閑日記★)
『地球温暖化』が、身近な言葉になって久しい。だが、深刻であるはずの問題を、ただのスローガンにしてしまいがちなのも事実かもしれない。そこで、この映画は観なくちゃな。。。と、重い腰を上げた。【内容】人類にとってただ一つの故郷である地球は、今最大の危機に瀕...
不都合な真実 (ふぴことママのたわ言)
アル・ゴアの地球温暖化問題の 映画というよりも講座まんまのドキュメンタリー。 キリマンジャロやヒマラヤ、アルプスなどの雪や氷河、 30年前は白くおおわれていたのに現在では土がほとんど。 温暖化による異常気象で洪水や旱魃、 カトリーナのような巨大ハリケーンが起...
不都合な真実 (メルブロ)
不都合な真実 上映時間 1時間36分 監督 デイビス・グッゲンハイム 出演 アル・ゴア 評価 点付け不能 会場 TOHOシネマズ 六本木ヒルズ  最近結構近場で済ましてしまってますが、やはり設備の良い会場で見たいと思い、六本木ヒルズのサイトを見ていたら、...
映画 『不都合な真実』 (Death & Live)
難しい内容なのに、字幕が非常に分かりやすく、感動してしまうほどだったよ(笑) 『不都合な真実』 2006年 原題 : an inconvenient truth 監督 : Davis Guggenheim "緊急な危機でなければ、すぐに動こうとしない" みたいな事言ってたよね。 でも、明らかに緊...
映画鑑賞記「不都合な真実」 (けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ)
鑑賞日:07.02.11 鑑賞場所:TOHOシネマズ六本木ヒルズ 今、地球温暖化を止められるのは政治の問題ではなく、個々人の「モラル」の問題なのだ。 これだけの真実を突きつけられて、あなたは、それでもなお、昨日と同じ生活ができるだろうか? 人類が犯した...
不都合な真実 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】星取りはなし 地球人なら観るべき映画 
「不都合な真実」映画館で500円で見てきた感想 (Wilderlandwandar)
実は土曜日に見ようとしたら、キャンペーン中に付き日曜日限定で500円で見られる、
「不都合な真実」と「不自然な省略」? (Mangiare!Cantare!Pensare!)
3ヶ月前にここで紹介した映画「不都合な真実 (An Inconvenient ...
ドキュメンタリー映画「不都合な真実」を観た! (とんとん・にっき)
アメリカの元副大統領、アル・ゴアの環境問題に関する講演の記録を紹介しながらの約1時間半のドキュメンタリー映画です。2000年の大統領選挙で得票数ではブッシュを上回り、なぜか最終的にはブッシュにその座を譲りました。今、大統領選挙をやったら、当然、ゴアが勝つと
不都合な真実 (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
製作年度 2006年 製作国 アメリカ 上映時間 96分 監督 デイヴィス・グッゲンハイム 製作総指揮 デイヴィス・グッゲンハイム 、ジェフ・スコール 原作 − 脚本 − 音楽 マイケル・ブルック 出演 アル・ゴア 解説: アメリカで公開されるやいな...
「不都合な真実」 (prisoner's BLOG)
客席が800ある劇場の三分の二がシルバー世代で埋まっていたので、ちょっとびっくり。 映画の中でも自動車の環境基準が今のところ一番高いのが日本で、エコロジー・カーに強いのがトヨタとホンダで、先進国で国民一人当たりの二酸化炭素排出量が低いのも日本、という具合に...
映画レビュー:「不都合な真実」 (ねこでこ茶屋)
今日の最高気温は15度を超えていた。 1年で一番寒いはずのこの時期には異常な気温だ。 そんな日にピッタリの映画、「不都合な真実」を六本木ヒルズで観賞。 元・アメリカ次期大統領候補だった、アル・ゴア氏が 地球環境の実態に警鐘を鳴らすドキュメンタリー映画...
不都合な真実(20070120) (cococo)
予告編を観て、気になったので。 扱う題材は「不都合な真実」なのかもしれないが、映
不都合な真実―米元大統領ゴア氏 (大佐の独り言<NEO>)
今朝から「不都合な真実」というドキュメンタリー映画が 話題を呼んでいるとテレビで報道されていた。 最初、てっきり私は、例のブッシュ大統領を批判した映画 (マイケル・ムーア氏 華氏911) の類か何かと思っていたのだが、 もっと真面目に接しなければならない映...
「不都合な真実」試写会に行きました (虹色オリハルコン)
元米副大統領、アルゴア氏の地球温暖化に対する活動をおったドキュメンタリー映画『不都合な真実』のプレミア試写会の招待状が当たったので、見てきましたよ。 まったく気がつなかなったけれど、藤原紀香さんも見にこられたようですね。 藤原紀香がドキュメンタリー映画...
「不都合な真実」 (えいはち@十二社の行動)
マグマ大使のゴアは地球をメチャクチャにしようとしたが、 合衆国前副大統領のゴアは地球を救うために頑張っている。 地球温暖化の影響、原因、それによる未来予測をスライドを駆使し、 平易に、時にはユーモアをまじえ、語りかける。 彼が各地で繰り返し行ってきた講演...
『不都合な真実』 (flicks review blog II)
 アル・ゴアというとクリントン時代の副大統領であんまし人相が好みじゃないなとか、この前の前の大統領選では投票結果がもめにもめて開票やり直しの末 ブッシュに惜敗したこととか、嫁がPMRC発案のティッパーだなーぐ
不都合な真実  (花ごよみ)
  地球の危機について訴える ドキュメンタリー映画です。  アメリカの元副大統領、アル・ゴア氏が 地球を救うため、環境問題に関しての スライド講演を世界で開催。   地球の温暖化によって 人類滅亡の危機を解決するためには どうしたらいいのか。  人々の意識改革...
映画「不都合な真実」 (Serendipity !)
映画「不都合な真実(An Incovenient Truth)」がやっと公開さ
不都合な真実/アル・ゴア (カノンな日々)
なんかね、映画を観に行ったというよりは講演を見に行ったような気分になる作品なんですが、でもその内容は「それでもボクはやってない」に匹敵するような重要な国際的な環境問題について提起しています。作品としてはドキュメンタリー映画に分類されるんでしょうけど、ほ...
映画『不都合な真実』 (コラムニスト宣言)
 この映画のコンセプトは、極めて明瞭である。  地球温暖化に警鐘を鳴らす米国の元副大統領アル・ゴアのスライド講演を中心とする活動ぶりをひたすら追いかけた作品だ。余計な演出も思わせぶりな編集もない。  映画の魅力とは、具体的な映像をうつし出すことによっ...
『不都合な真実』 (試写会帰りに)
この映画の中で目の当りにするのは、今まで目を背けてきた本当に恐ろしい真実の地球の未来。でも安心して下さい。見終わってから自分がすべき事と出来る事、そして未来への希望までをもこの映画はきちんと用意してくれています。 『不都合な真実』 アル・ゴアが半生を...
映画「不都合な真実」を観て (Kirkの独白)
 先週末、京王線府中駅のすぐ南側にあるモール「くるる」の5階にあるシネマコンプレ
不都合な真実 (まじめにふまじめ★)
アル・ゴア氏による地球温暖化をメインとした地球上の急激な 異常気象を比較的解かり
An Inconvenient Truth with アル・ゴア (パンダとそらまめ)
1.パネルディスカッション  木曜の夜、“An Inconvenient Truth with Al Gore”と題されたイベントに行ってきました(長文です{/ase/})。前にちらと紹介したようにゴア元副大統領(京都議定書はGore's Babyと言われたぐらい)が温暖化問題について語るドキュメンタリ...
「 不都合な真実 」 その対策 (宇宙国からのメッセージ)
= ★★★ 「 不都合な真実 」 その対策 ★★★ = = アメリカ元大統領候補アル・ゴア氏が警告。 = = 『我々は今 絶滅の危機にあるのです』 = = 予告編も衝撃的です。 = = 「不都合な真実」予告編:http://www.futsugou.jp/ = = 『皆さんに読んでほしいこと』ht...
不都合な真実 (cinema mix box)
地球について考えよう!温暖化について、もっと知ろう! ■あらすじ■ 二酸化炭素な
不都合な真実(2006年) (勝手に映画評)
元アメリカ副大統領アル・ゴア氏が、激変する地球環境を憂い、その問題点(地球温暖化)を知らしめ、対策を行うことを訴えるために行った講演のドキュメンタリー。って言うか、講演そのもののような気も途中からしてました。 実際に一般人を対象に行っている講演を下にし...
アル・ゴア執念のスライドショー「不都合な真実」 (毎日が映画記念日)
真面目なスライドショーを見てきました。 地球温暖化についての環境ドキュメンタリー。 アル・ゴアさん、先月来日もしてましたね。 アカデミードキュメンタリー映画賞にも ノミネートされました。
「不都合な真実」:都立八潮高校前バス停付近の会話 (【映画がはねたら、都バスに乗って】)
{/kaeru_en4/}なんだ、この緑の館は。 {/hiyo_en2/}地球温暖化防止を実践しているんじゃない。 {/kaeru_en4/}そうか、ゴアが見たら感激するかもな。 {/hiyo_en2/}「不都合な真実」の中で必死で地球温暖化の危機を訴えていたもんね。 {/kaeru_en4/}いや、必死というより緩...
不都合な真実 (助走)
映画「不都合な真実(原題・An Inconvenient Truth)」を見た。
不都合な真実 (映画のメモ帳+α)
不都合な真実(2006 アメリカ) 原題   AN INCONVENIENT TRUTH      監督   デイヴィス・グッゲンハイム         音楽   マイケル・ブルック        出演   アル・ゴア 「あのときゴアが勝っていれば…」 if もしも話はむなしい...
不都合な真実 (ルナのシネマ缶)
映画を観たというよりも、 アル・ゴア元アメリカ副大統領の 温暖化問題に関する講議を 2時間近く聞いていたと いった感じでした。 ただ、ある意味すご〜く 考えさせられる作品でした。 地球温暖化防止をテーマにしたドキュメンタリー映画です。 世界各国の名...
不都合な真実 −モラルの問題です! (海を見ていた)
 クリントン大統領の時の副大統領であったアル・ゴア氏が、世界を回って地球温暖化問
つべこべ言わずにコレを見よ!【不都合な真実】 (犬も歩けばBohにあたる!)
「一瞬だけ大統領になったアル・ゴアです」 という自虐ネタから始まる「不都合な真実
不都合な真実 (佐藤秀の徒然\{?。?}/ワカリマシェン)
「こんなに分かりやすく説明しているのに分かってくれない」。アル・ゴアが呟く。映画「不都合な真実」は人々の思い込みと戦うアル・ゴアの物語でもある。
『不都合な真実』 (映像と音は言葉にできないけれど)
20年前くらいから特定のシリーズ以外は劇場プログラムを買わないようにしていますが、この映画を観終わって即、買ってしまいました。
映画〜不都合な真実 (きららのきらきら生活)
 「不都合な真実」公式サイトこれまた恐ろしい作品です。真剣に取り組まないと将来が、、、アメリカの元副大統領アル・ゴアが、温暖化へと突き進む地球を憂い、温暖化によって引き起こされる数々の問題を説くドキュメンタリー映画。地球の温暖化によって引き起こされる数...
不都合な真実 (古谷千秋の食い倒れ日記)
前から予告編で気になっていた『不都合な真実』を観に行った。日曜日にはTOHOシネマズ5館でエコサンデーキャンペーンを実施。500円で上映している。
不都合な真実 (日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜)
勉強したなぁと思わされる作品でした。映画を観るというよりは、ゴアさんの講演会に参加するという感じ。映像にも、ゴアさんの講演の聴衆の姿がありますが、自分もその一部になっている印象です。 様々なデータを駆使し、地球温暖化の原因を示し、現在起こっている現象...
『不都合な真実(An Inconvenient Truth)』 (chaos(カオス))
『不都合な真実』 元米国副大統領のアル・ゴア。 彼は地球温暖化に関するスライド講演を世界各地で実施している。 ここ数十年で地球に起こった深刻な異変。 京都議定書を拒否し続ける米国。 アル・ゴアは非常にわかりやすい内容でプレゼンテーションする。 ===== ...
「不都合な真実」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「不都合な真実」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:アル・ゴア *監督:デイビス・グッゲンハイム 感想・評価・批評 等、レビューを含む記事・ブログからのトラックバックをお待ちしています。お気軽にご参加下さい(
[Movie] an inconvenient truth 人に知られたくない、不都合な真実についての映画 (タイで想う日々の日記)
世の中には人に知ってもらいたくないことがある ブッシュに(不当に)敗れた元大統領候補アル・ゴアが語る Global Warmingについての異色映画、 現在タイ国内で上映中(タイではヒットしないと即刻打ち切りです!)。 仮にプロパガンダと言われても今、全ての人が観るべ...
不都合な真実 (週末映画!)
期待値: 95%  アル・ゴア元副大統領が出演するヒューマン・ドキュメンタリー。 地球環境の危機を分
「不都合な真実」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:An Inconvenient Truth )元アメリカ副大統領アルバート・ゴアの環境問題についてのレクチャーをそのまま映画にしたような作品。  彼が伝えるメッセージをそのまま伝えること自体を目的にしているために、映画的興趣には乏しい。もちろん彼のスピーチを延々...
不都合な真実◆アル・ゴアが伝える地球温暖化の危機 (好きな映画だけ見ていたい)
                    「不都合な真実」 (2006年・アメリカ)   監督:デイビス・グッゲンハイム   製作総指揮:ジェフ・スコル   製作:ローレンス・ベンダー/スコット・Z・バーンズ/ローリー・デイビッド    クリントン政権で副大統領を...
「不都合な真実」 (Dreamers Fields 〜夢見の部屋〜)
先日、Amazon.comで買った本が 今日届きました。
不都合な真実(ネタバレあり) (エミの気紛れ日記)
『環境基本法』って知ってますか?
不都合な真実★映画 (徒然なるサムディ)
映画の冒頭、一枚の地球の写真が映し出される。 宇宙船アポロが撮ったもので、これまでよく目にしたものだ。 白い雲が浮かび、全体に青い地球。 改めて地球とはなんときれいな「惑星」なのだろうと思う。 そこに生きていること自体に感謝したくなる。 その地球の姿は...
不都合な真実 (映画を観たよ)
今年は暖冬です。
不都合な真実 AnInconvenientTruth (まてぃの徒然映画+雑記)
衝撃的な内容で、3日間考えがまとまらなかった。今もまとまってないかもしれないけれど、新鮮なうちに・・・。ストーリーは、全米で、また世界各地で温暖化への警鐘を鳴らしつづけるべくスライドショーを続ける元副大統領アル・ゴアの活動とそのスライドショーをおったド...
説教臭さや政治色は一切なし!元副大統領のインパクト満点のセミナー (人生はお伽話もしくは映画のよう)
「不都合な真実」  どうも雑誌の記事や、企業の広告を作る商売などをしていると、その記事や広告を見る消費者の動向ばかりが、非常に気になります。私の根本的な考えは、
映画:不都合な真実 (駒吉の日記)
不都合な真実(TOHOシネマズ六本木ヒルズ) 「地球は人類唯一の故郷」 環境問題と聞くといつも 「大きな池の中に睡蓮が植えてあります。睡蓮の葉は毎日倍増えていきます・・・まだ半分、と思っていたが翌日には池全体を覆い池の中の他の生物を窒息させてしまう。」...
不都合な真実:自分たちの問題としてとらえるには? (犬儒学派的牧歌)
★監督:デイヴィス・グッゲンハイム(2006年 アメリカ作品) TOHOシネマズ二条にて鑑賞。 ★解...
不都合な真実 (future world)
上映開始から早く観たいと思うも、予定もまさに‘不都合’、常に満席だったりで、やっと平日の昼間に観れることとなった。 これは・・・「映画作品」として楽しむ・観賞するというより「ドキュメンタリ番組」として理解し考え、しっかり認識するべきものかと。 昨年か...
不都合な真実 (こんな映画見ました〜)
『不都合な真実』 ---AN INCONVENIENT TRUTH --- 2006年(アメリカ) 監督:デイヴィス・グッゲンハイム 出演:アル・ゴア   元副大統領で、2000年の大統領選挙でブッシュに激戦の末破れたアル・ゴア。 その後、環境問題特に地球温暖化への対策の緊急性をアメリカ全...
不都合な真実(アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
たまには、地球環境のこともお勉強しなきゃね。。。ってことで 「不都合な真実」を観ることにしました。 ( → 公式HP  ) 出演:アル・ゴア 上映時間:96分 アメリカの元副大統領アル・ゴアが、温暖化へと突き進む地球を憂い、温暖化によって引き起...
「不都合な真実」みた。 (たいむのひとりごと)
アル・ゴア氏の『地球温暖化講座』と氏の『自分と環境問題への取り組み』についての語り、とを交互に見せるドキュメンタリー作品。講座の内容は興味深いものの、少しでも「地球温暖化現象」について知っている人であれば、愕然とするような”新事実”という
映画「不都合な真実」・・アル・ゴアさんの名講義 (システムエンジニアの晴耕雨読)
 映画「不都合な真実」(AnInconvenientTruth)・・・前回紹介してから行こう行こう・・・と思いつつ、1ヶ月経ってしまいましたが、見ました。 アル・ゴアさんによる、地球温暖化についての1時間半の講演記録。  1992年の大統領選に敗れ、大きな打撃を受けたア....
不都合な真実 (still searching Style...)
みなさん、こんばんわ。土曜からちょっぴり地元へ帰るyo☆ssyです。数日滞在するので地元のみなさん、遊んでくださいね。と、その前に、現在進行中のMix CDの録音をいろいろな作業の都合上、明日までにやってしまわないといけなくて、それ次第で帰れるかどーかが決まりま...
「不都合な真実」 何かを祈るときは行動すべし (はらやんの映画徒然草)
勤めているのはどちらかというと古いタイプの会社なのですが、僕が記憶する限り初めて
【試写】不都合な真実 (小確幸を探して)
  今のどうしようもないアメリカ、ブッシュ政権を見ていると、あの 時ゴアが選ばれていたら、少なくとも京都議定書だけは守られてい たよな〜と、思うことしばしば。 「不都合な真実」は、一瞬大統領になった(と笑いもとる)元アメ リカ副大統領アル・ゴアが地球温暖化...
『不都合な真実』〜この人が大統領だったハズなのになぁ、大統領だったらなぁ〜 (Rabis Tok)
たった今、日本テレビの『世界一受けたい授業!!』を見た。 アル・ゴア元アメリカ副
不都合な真実 AnInconvenientTruth (E')
昨日観てきました。一言でいうとアル・ゴアの講演会です。大統領選で負けてから世界各地で「スライド講演」をやっていて通算1000回以上になるそうです。内容は書籍とほぼ同じなので生の声を聞いて雰囲気を味わう以外はそれほど映画を見る必要性はないでしょう。写真とグラ...
挫折から生まれた強い信念と優しさ。『不都合な真実』 (水曜日のシネマ日記)
アメリカの元副大統領アル・ゴア氏が、地球温暖化によって引き起こされる数々の問題を説くドキュメンタリー映画です。
【2007-29】不都合な真実(AN INCONVENIENT TRUTH) (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
地球の裏切りか? 人類が地球を裏切ったのか? 地球を愛し、子供達を愛する全ての人へ──。アル・ゴアが半生を捧げて伝える人類への警告。
もし、このヒトが○○○だったら? (My Favorite Things)
見終わった直後は、ちょっと呆然… というより、肌で感じている以上に、恐ろしいことになっている現状をそして未来を突きつけられて、こんなことやっている場合じゃないなぁ?と 今の自分の置かれている状況や、やっていることがとても馬鹿らしく思える…。 やはり「存在...
不都合な真実 (夫婦でシネマ)
この映画は、元米副大統領のアル・ゴアが地球温暖化について警告するドキュメンタリー映画です。
お薦め映画『不都合な真実』 (ひねもす ROKO BLOG  )
ここ数年間で・・・・話題になっている地球温暖化問題について長年その危機について警鐘を促す活動をしている、元米国副大統領・アル ゴア氏の活動のドキュメント映画を観てきました。 2006年アメリカ映画 監督
不都合な真実 (ネタバレ映画館)
ゴアと聞くと『マグマ大使』を思い出すのは日本人だけだ。
不都合な真実 (skywave blog シネマな独り言)
人類への警告。ゴア元副大統領が、地球温暖化の現実を、ていねいにわかりやすく教えてくれます。 物事には必ず、始まりがあり、終わりがある。人類の終末へ,アクセルを踏み続け
I Need to Wake Up (「小林克也のRadioBaka」  期限切れ遺失物移管所)
 今回は映画リポートです。  「不都合な真実」An Inconvenient T
不都合な真実 (映画鑑賞★日記・・・)
【AN INCONVENIENT TRUTH:2007/01/20】製作国:アメリカ監督:デイヴィス・グッゲンハイム出演:アル・ゴアアメリカ元副大統領でもあり、一瞬だけ?大統領だったアル・ゴア氏による、温暖化対策の緊急性を訴える講演活動の模様を映したドキュメント映画。  ↑環境問題の...
不都合な真実 (Akira's VOICE)
地球は青い方がいい。
TAKE 63「不都合な真実」 (映画回顧録〜揺さぶられる心〜)
第63回目は「不都合な真実」です。 この作品はですね、とにかく地球に住む全ての人に見て欲しい。 そして現実を直視して欲しいと心から願います。 これはまさしく映画仕立ての長編ドキュメンタリーです。 最近、純愛映画ばかり観てきた自分には久し...
「不都合な真実」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディションパラマウント ホーム エンタテインメント ジャパンこのアイテムの詳細を見る 自身のライフワークとも言える環境問題、とくに地球温暖化への対策の緊急性を訴え 全米を中心に世界各地で精力的な講演活動を続けている、...
不都合な真実 (暇人の独り言)
アル・ゴアというアメリカの政治家が地球温暖化問題について訴えた映画。借りてきたDVDを見ました。ずっと見たかった映画だったんですけどね。 わかりやすいと評判ですがなんかちょっと難しいなぁと思いました。(授業っぽいから?)でも具体的に、「自分が出来ること...
「不都合な真実」を見ました。 (What's New!&memory)
昨日、{/kaeru_fine/}自宅の近くの市民センターで「不都合な真実」を見ました。 DVDも本も出ているそうですが、自治会の環境問題を考えるチームが放映権 (10万円){/atten/}を払い、自治会活動の一環として8月中旬からポスターを貼り、 市民に呼び掛けて開催してくれた...
「不都合な真実」 何かを祈るときは行動すべし (はらやんの映画徒然草)
勤めているのはどちらかというと古いタイプの会社なのですが、僕が記憶する限り初めて
不都合な真実 (映画の話でコーヒーブレイク)
年末恒例の今年を象徴する文字が清水寺で発表されました。 予想はしていたけれどやっぱり「偽」。 一年を象徴する文字が「偽」って・・・どうなのよ。 はからずもマスコミを賑わしてしまった会社にとっては、まさに「不都合な真実」が次々と白日の下にさらされた訳ですね...
映画評「不都合な真実」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2006年アメリカ映画 監督デーヴィス・グッデンハイム
<不都合な真実>  (楽蜻庵別館)
2006年 アメリカ 96分 原題 An Inconvenient Truth 監督 デーヴィス・グッゲンハイム 音楽 マイケル・ブルック 出演 アル・ゴア
映画「不都合な真実」(2006年、米) (富久亭日乗)
 ★★★★☆  前米副大統領のAl Gore が環境保護を訴えた 講演を記録したドキュメンタリー。 原題は「An Inconvenient Truth」。 文明社会が排出する温室効果ガスで、 地球の気温は上昇する。 その結果、 北極、南極の氷は溶けだし、 海水面が上昇するなど、 環境は激変...