★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」

2007-01-09 03:38:38 | 映画(は行)
<2007/A4/S1>
ちょっと難しそうな数学的??映画らしい。
でも、主演がグウィネス・パルトロウなので、見てみることに。
共演は、アンソニー・ホプキンスジェイク・ギレンホール
2005年製作の数式系ミステリー・ドラマ、103分もの。

あらすじ以下ネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
主人公のキャサリンは天才数学者ロバートを父に持つ研究者。
その父も数年に及ぶ、精神薄弱生活を彼女に看護されつつも亡くなる。
看護に追われ、大学も辞めてしまっていた彼女・・・もうボロボロ。
葬式の準備に来た姉とはソリがあわないし・・・。
そんな時、かつての父の教え子ハルが、亡き父の研究を検証すべく、家にやって来る。
何とか力になろうとするハルを、毛嫌いするキャサリンだけど・・・
心の隙間が埋まったのかなっ・・・ベッドイン。
あくる日、父の机の鍵をハルに渡すと・・・
そこから、とんでもない数学の定理が書いてあるノートを発見。
こりゃ一大事と、大騒ぎするが・・・
「それは自分が書いたもの」・・・と、キャサリンが言い出す。
なに???そんなバカな・・って、ハルも姉も信じてくれない。
ハルを信頼するからこそ、鍵あずけたのに・・・と、またまた半狂乱。
彼女自身、精神ボロボロ状態で、
その当時・・・父が一時、やる気を出して定理の証明をし始めたとき・・・
自分も一緒になって、ひらめいた定理をノートに書き込んだはず・・・
いや、妄想だったのか???ワケわかんなーい状態。
自分が書いたか証明するにも、
ノート一冊まるまる覚えてるはずないし・・・
書いたノートは、父からもらったノートだし・・・
筆跡も、父と似てるし・・・
ハルにも、姉にも信じてもらえないキャサリン・・・
もうどうでもいいや・・・姉に養われてしまおう・・と、
引越しの準備が済んだところで、ハルが登場。
父の時代では使わない、証明方法とかが使われてて、父の書いたものではないことが判明・・・。
やっと、正気を取り戻したキャサリン。
真面目に、父の遺志を継いで、数学の研究に取り組もうとするのでした・・・というような話しかなっ。

精神状態がそれぞれバラバラな父娘。
看護疲れで、ああなっちゃうのは、今の世の中、日本でも有り得るね。
それにしてもアンソニー・ホプキンスの演技・・凄かった。
一時、頭が冴えちゃって、凍える雪の中、テラスで定理を考えてるトコロ。
実際は、ボケボケ定理であんな事やってた・・つうシーンだったけど、
ホント生き生き活発とした、頭の冴えてる顔をしてましたっ。
ひらりん的には、グウィネス・パルトロウは・・・
コメディ・チックな作風のほうが好きかなっ。
オスカー取ってるし、演技派なんだろうけど・・・。

ここまでネタバレ注意↑

ひらりん的この映画の関連作は・・・
グウィネス・パルトロウのコメディ系の作品は、
ハッピー・フライト」や「スカイキャプテン ワールド・オブ・トゥモロー」。

という事で今回は
ひらりん的数学理解度・・・
最近、脳を鍛える~~ものが流行ってたり、数学者がテレビによく出てくるけど、
ひらりんの脳は、だいぶついて行けてません。
この映画見てて、TVドラマの「やまとなでしこ」を思い出しました。
スッチーの松島菜々子と挫折した数学者、堤真一のロマンスの話。
矢田亜希子押尾学が出てるので、よく再放送されてます・・フジテレビで。

ところでひらりんも「人気ブログランキング(映画)」に参加しています。
ひらりんのブログを気に入ってくれたら↑↑クリックしてね。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (3)   トラックバック (37)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★「敬愛なるベートーヴェン」 | トップ | 日本インターネット映画大賞2... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました^^ (heartstrings_movie)
2007-01-11 19:57:09
最後のコメント、ナイスです。
いい毒を吐いてますねぇ~。
あの二人、今はどうしてるんでしょうか?
あけましておめでとうございます (YOSHIYU機)
2007-01-13 22:23:33
いつもTB有難うございます。
今年も、よろしくお願いしますm(__)m

この作品のパルトローは、好印象に見えない方が
演技としては成功だと言えるでしょう。
『恋におちたシェイクスピア』のパルトローが
私は一番好きです。
プルーフ・オブ・マイ・ライフ (brisa)
2007-10-10 22:00:55
TBありがとうございました。
ずい分細部にわたって書かれていますね。感心しました。私はグウィネス・パルトロウの演技に圧倒されて、ストーリーそっちのけ~な感じで見いってました

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

37 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
プルーフ・オブ・マイ・ライフ (ぶっちゃけ…独り言?)
5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) えっと、元々は舞台劇らしいです。 ジャケの感じから、どれだけワタクシを泣かしてくれるのか期待したのですが・・・ う~ん、全然思ってたほどじゃなかったです。 てか、まるっきり感情移入出来 ...
プルーフ・オブ・マイ・ライフ(映画館) (ひるめし。)
今世紀最大の証明[プルーフ]には愛があふれてました。 CAST:グウィネス・パルトロウ/アンソニー・ホプキンス/ジェイク・ギレンホール 他 ■アメリカ産 103分 「グウィネス・パルトロウ」って聞くたんびに絶対覚えらんない名前だな~って思っちゃう。 そして ...
映画 『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』 (Death & Live)
『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』 2005年 John Madden監督 主人公の父 "数学者" は天才故に気をおかしくし、死んだ。 主人公も父の影響で "数学者" としての才能はあるものの、 自分も父のようになるのでは、と内心恐れている。 自分では正気のつもりで周り ...
映画『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』紹介! (萌えきすとらBLOG)
どうも、遙です!バーチャルネットシネマパーソナリティーとして、2006年正月映画を紹介したいと思います♪今回、ご紹介する映画は『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』です! 映画題名:プルーフ・オブ・マイ・ライフ 公開日:2006年1月14日 『ハ ...
映画『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』応援! (萌えきすとらBLOG)
エキストラの基本給は5時間まで3500円。つまり、1分でも5時間でもギャラは3500円なのです。先日、1時間で終了したので、時給3500円となり、ちょっと幸せでした♪ 幸せになりたい人にオススメの映画です。ヒロインのキャサリンは、『愛しのロー ...
シネマ日記 プルーフ・オブ・マイ・ライフ (skywave blog)
数学の世界は、23歳で才能のピークを向かえる。そんなセリフがありました。 無限を解き明かそうとすると生身の人間は、無限の論理のなかで思考が止まらなくなる。’心の金属疲
プルーフ・オブ・マイ・ライフ (とんとん亭)
「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」 2006年 米 ★★★★★ 天才数学者として、かつてその名を轟かせた父の死で 壊れてしまったガラス細工のような女性の人生という名の葛藤と再生を描く!! 私はこういうお話大好きです。 キャサリン(グウィネス ...
プルーフ オブ マイ ライフ/proof (我想一個人映画美的女人blog)
出ました~!アカデミー賞最有力!作品! 初めに正直に言うとワタシ、グウィネスパルトロウが嫌い。 (好きな人、ごめんね。個人的意見なので聞き流して★) ハリウッドでの評判(?)(言動や行動聞いてると) どうも、俳優一家だからと女王様気取りなのもヤな感 ...
『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』 (ラムの大通り)
----ジョン・マッディンとグウィネス・パルトロウと言ったら、 アカデミー賞受賞作『恋におちたシェイクスピア』コンビの作品だね。 「うん。彼らが新作に選んだのはピュリッツァー賞を始め 数々の賞に輝く舞台劇の映画化。 舞台でもパルトロウが演じているらしい ...
『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』 (Sweet* Days)
プルーフ・オブ・マイ・ライフ 監督:ジョン・マッデン  CAST:グウィネス・パルトロウ、ジェイク・ギレンホール、アンソニー・ホプキンス 他 STORY:天才的な数学者の父、ロバート(アンソニー・ホプキンス)を亡くしたキャサリン(グウィネス・パ ...
「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:Proof )デイヴィッド・オーパーンの戯曲「プルーフ/証明」の映画化で、監督は「恋におちたシェイクスピア」などのジョン・マッデン。晩年には精神を病んだものの若い頃には学会を席巻した天才数学者、及びその娘を取り巻く人間模様を描く。  並はず ...
最有力らしいですよ? 「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」 (平気の平左)
評価:70点 プルーフ・オブ・マイ・ライフ/Proof さて、いよいよ開幕した東京国際映画祭 開幕早々、「力道山」のチケットに「セレモニーにふさわしい服装でご来場ください」という言葉が書いてあるのを見つけて恐れおののいている、へー太です。 どうもこん ...
プルーフ・オブ・マイ・ライフ (琴線~心のメロディ)
【2006年1月14日劇場公開】 【ジャンル:ドラマ】 【観た場所:レンタル・DVD】 面白かった度:★★★ オススメ度:★★★ もう一度観たい度:★★★ ピュリッツァー賞、トニー賞を始めとする数々の権威ある賞に輝き、マンハッタン、 ブロードウェイ、ロンド ...
プルーフ・オブ・マイ・ライフ (Diarydiary!)
《プルーフ・オブ・マイ・ライフ》 2005年 アメリカ映画 - 原題 - PR
「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」 (ヨーロッパ映画を観よう!)
「Proof」2005 USA 「恋におちたシェイクスピア/1998」のヒロイン、グイネス・パルトロウ(抱擁/2002,シルヴィア/2003)と、監督のジョン・マッデンが再びコンビを組んだ、天才数学者の父と娘キャサリンを軸に描くヒューマン・ドラマ。父ロバートにアンソニー ...
プルーフ・オブ・マイ・ライフ (八ちゃんの日常空間)
本年度劇場観賞20本目。 話は、さっぱりだ。いい映画だと思うのだが、ノイローゼ気味で見える幻覚(?)と回想がごっちゃになってしまう。時間が前後してわかりづらいという意見もあるが、実際のところ時間を坂伸びっているのではなく、あくまで回想シーンだと思 ...
プルーフ・オブ・マイ・ライフ (シャーロットの涙)
一つの物を三等分すると数字上は割り切れないけど、適当にスパッと切ってしまえばちゃんと分けられるのに。…目に見えないことを一生懸命証明していく様がとてもやるせなくて、なんかこう久々に感情移入が難しかった作品。 自分が適当過ぎるのかな。意外ときちん ...
Proof of My Life (communication 101)
邦題がProof of my lifeで、原作の (Proof)よりも、映画の解釈が入り、わかりやすいタイトル。 見る人によって、この作品の意図を様々に解釈するのではないか。考えさせられる映画である。ここでの証明には、「数式の証明」と「誰が証明をしたか」という証明の意 ...
プルーフ・オブ・マイ・ライフ (悠雅的生活)
自分が自分であるために…
プルーフ・オブ・マイ・ライフ (とんとん亭)
「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」 2006年 米 ★★★★★ 天才数学者として、かつてその名を轟かせた父の死で 壊れてしまったガラス細工のような女性の人生という名の葛藤と再生を描く!! 私はこういうお話大好きです。 キャサリン(グウィネス ...
プルーフ・オブ・マイ・ライフ (ERi’s room)
昨日、映画館で観てきました☆ グウィネス・パルトローの演技がすごくよかった! 父親を亡くした悲しみが、時には抑えた演技だったり、時には感情を爆発させたり、すごく伝わってきて胸がじ~んときました。 作品自体決し
映画「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」★★★☆ 数学者の頭の中ってどうなっているんだろう?彼らがひとつの定理を証明しようと、ノートに黒板に、寝食を忘れて数式を書き続ける姿は何者も立ち入ることを許さない崇高な姿に見える。数学者を扱った映画は多 ...
「 プルーフ・オブ・マイ・ライフ 」 (MoonDreamWorks)
監督 : ジョン・マッデン 主演 :グウィネス・パルトロウ /アンソニー・ホプキンス /脚本 : デイヴィッド・オーバーン 公式HP:http://c.gyao.jp/movie/proofofmylife/ 戯曲「Proof」は2000年5月、マンハッタン・シアター・クラブで初上映され、10月に ...
プルーフ・オブ・マイ・ライフ (BLACK&WHITE)
【PROOF】2005年/アメリカ 監督:ジョン・マッデン   出演:グウィネス・パルトロウ、アンソニー・ホプキンス、ジェイク・ギレンホール、ホープ・デイヴィス 父親の死で情緒不安定になっている女性をグウィネス・
プルーフ・オブ・マイ・ライフ (レンタルだけど映画好き )
今世紀最大の証明(プルーフ)には愛があふれていました。 2005年 アメリカ 監督 ジョン・マッデン 出演 グウィネス・パルトロー/アンソニー・ホプキンス/ジェイク・ギレンホール/ホープ・デイヴィス/ダニー・マッカーシー/ロシャン・セス/ゲイリー・ヒュー ...
ひとり上手と呼ばないで (CINECHANの映画感想)
15「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」(アメリカ)  天賦の才能を持ちながら、天才数学者であった父が亡くなってから、自らの人生を封印してしまった女性キャサリン。亡くなるまで、やや頭がおかしくなっていた父の面倒を見ていたキャサリンは、その反動のため ...
『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』’05・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ若さと美貌、天才的な頭脳。誰もが羨む才能に恵まれた女性が、生きる気力を失っていた。彼女の名はキャサリン、1週間前に天才数学者だった父親が亡くなったのだ。精神のバランスを崩した父を一人で看病していた彼女は抜け殻のようになってしまった。人生の ...
プルーフ・オブ・マイ・ライフ (caramelの映画日記)
【鑑賞】劇場 【日本公開】2006年1月14日 【製作年/製作国】2005/アメリカ 【監督】ジョン・マッデン 【出演】グウィネス・パルトロウ/アンソニー・ホプキンス/ジェイク・ギレンホール 【原題】“proof” 【原作】デイヴィッド・オーバーン「プルーフ/ ...
プルーフ・オブ・マイ・ライフ (It's a Wonderful Life)
タイトルを聞いただけではサッパリどんな映画か判りません。 が、敢えてそれもよかろう!と何も読まずに映画館へ。 辞書で見ると Proof=証明、証拠、証言、試験 「私の人生の証明」ってとこでしょうか。しかしこのタイトルだと ほとんどの方が内容想像出 ...
プルーフ・オブ・マイ・ライフ (映画とはずがたり)
世界各国で上演され絶賛された舞台、 『Proof/証明』の映画化作品です! しかも主演は舞台で同作を演じた、 グウィネス・パルトロウ! 脇を固めるのは名優アンソニー・ホプキンス、 若手実力派のジェイク・ギレンホールと、 演技力には定評のある役者さんば ...
東京国際映画祭「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」鑑賞 (エモーショナル★ライフ)
今年の東京国際映画祭一本目の鑑賞。 特別招待作品の「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」を見て来ました。 この映画は「恋に落ちたシェークスピア」の ジョン・マッデン卒・とグウィネス・パルトロウが再び組んだ映画で、 ピュリッツアー賞に輝いた舞台の映画化で ...
mini review 07009「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」★★★★★★☆☆☆☆ (サーカスな日々)
カテゴリ : ドラマ 製作年 : 2005年 製作国 : アメリカ 時間 : 103分 公開日 : 2006-01-14~2006-02-24 監督 : ジョン・マッデン 出演 : グゥイネス・パルトロウ アンソニー・ホプキンズ ジェイク・ギレンホール ホープ・デイヴィス 天才数...
『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』・劇場 (しましまシネマライフ!)
今日は『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』を観てきた。 《私のお気に入り度:★★★★☆》 今日もシネコン
プルーフ・オブ・マイ・ライフ (about cinema to shibajun)
PROOF 05年
プルーフ・オブ・マイ・ライフ (てっしーずのおでかけ日記)
プルーフ・オブ・マイ・ライフ 監督 ジョン・マッデン 製作総指揮 ジュリー・ゴールドスタイン 、ジェームズ・D・スターン 、ボブ・ワインスタイン 、ハーヴェイ・ワインスタイン 脚本 デヴィッド・オーバーン 、レベッカ・ミラー 出演 : グウィネス・パルトロウ 、 ア...
プルーフ・オブ・マイ・ライフ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『今世紀最大の証明(プルーフ)には愛があふれていました。』  えー今日は来年1/14に公開されるこちらの映画の試写会に行ってきましたぁヾ(〃^∇^)ノわぁい♪ 実を言うと今日はもう1本試写会に当たっていたのですが、初めてカブっちゃったのです(^-^;)めったに当た...
映画評「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2005年アメリカ映画 監督ジョン・マッデン ネタバレあり