★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「エミリー・ローズ」

2006-03-29 03:38:59 | 映画(あ行)
これはホラーではなく実話です・・・らしい。
あまり興味ないジャンルだけど、ヒマヒマしてたのでついでに観ちゃった。
原題は「THE EXORCISM OF EMILY ROSE」。
2005年製作のオカルト系ホラー・ドラマ、120分もの。

あらすじ
悪魔に取り憑かれてしまったエミリー・ローズ。
ムーア神父が悪魔祓いの儀式を行うが・・・失敗・・・彼女は死亡。
神父は殺人犯として裁判にかけられてしまう・・・

ここからネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
エミリー・ローズは上映開始5分くらいで死んじゃいます。
後は、神父が殺したのか・・・悪魔の仕業なのか・・・裁判ざたに。。
野心家の女弁護士が神父の弁護をする事に。
最初は出世の為にうまくまとめようとするけど・・・
神父のマジな態度に・・・こりゃもしかして・・・なんて考えちゃった?
一方検察側は、科学的見地から精神病のクスリの服用をやめさせた神父の責任を追及・・・
検察の追及を聞くと、、そうだそうだ・・・と、うなづいちゃうひらりん。
弁護士が、反証すると、そりゃそうかも・・・という気になるひらりん。
アメリカの裁判は陪審員精度だから、一般市民の陪審員もきっと同じだったかも。
裁判が進んでいくうち、だんだん不利になってきた弁護側。
次々と真相が明らかにされるが、どれも証拠がない・・・・
悪魔祓いの儀式を録音したテープや・・・
家族・恋人の証言・・・
唯一身内じゃない医師が儀式に立ち会っていたが・・・
法廷で証言する前の日に交通事故死・・・見えざる力なのぉ???
神父にも、女弁護士にも、見えない力が擦り寄ってきてたぁぁぁ。
この件に関わったものが引きずっていく悪魔からの忠告なのか???

結局、判決は有罪・・・そう決まったからにはすぐに量刑を決めてくれぇ・・
普通なら10年・いや20年くらいなの???と思ってたら、
陪審員の提案で刑期は今日まで・・・という事になった。
陪審員さんたちのビビッた結論・・・なんでしょうか。
陪審員制度だと、こういう判決もアリ・・・なんですね。

法廷で、悪魔の存在を証明しようとした裁判。
証明は出来なかったけど・・・
存在しないとも言い切れない何かを感じさせた裁判でした。

最初に書いた「オカルト系ホラー・ドラマ」というより・・・
「オカルト系法廷サスペンス」・・・って感じでしたね。

ここまでネタバレ注意↑

という事で今回は
オカル度・・・
科学的に証明できない「何か」ってあるのかも・・・
って思える人は、観て面白いかもしれません。

ところでひらりんも「人気ブログランキング(映画)」に参加しています。
ひらりんのブログを気に入ってくれたら↑↑クリックしてね
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (71)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★「ウォレスとグルミット 野菜... | トップ | 「チーム☆アメリカ/ワールドポ... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
観たんですね! (☆JIKO☆)
2006-03-30 00:10:01
こんばんは☆



『エミリーローズ』、私はちょっと惹かれてるんですよね



機会があったら見たいんですけど、

怖がりなので映画館で観る勇気はなく・・・。



怖かったですか?
裁判 (もじゃ)
2006-04-02 09:08:45
こんにちは。TBありがとうございます。

裁判劇として十分楽しめました。

確かに、弁護士側、検察側のそれぞれの見解に納得しながら観てしまいますね。

ちょっと弁護士有利な見せ方だったような気もしますがw
トラックバックありがとうございます (minnadesiawase)
2006-04-02 16:34:49
 こんにちは。

 本当、ホラーというより、法廷サスペンスという感じでした。映画作品としてどこまでが事実でどこからが脚色だったのか。あの、証言前日の立会い医師の件はやはり事実でしょうか。そうだとしたら鳥肌ものですね・・・。

 怖いシーンは出てきますが、あまり怖いとは思わなかった。むしろ可哀想。これは最後まで観たから言えることかもしれませんが。やはり、異色の法廷サスペンスといったところが妥当かもしれませんね。

TBありがとうございました (ミチ)
2006-04-04 18:41:19
こんにちは♪

本当は苦手分野なんですが、法廷ものと聞いたので見てきました。

悪魔の存在をぼかした結果に納得です。

どちらかに白黒つけられても困りますものね。
6人 (ぽっぽ)
2006-07-21 14:54:27
6人の歴史上の人間に取り付いた厚真だったですよねー。



あれは、ジュダと誰でしたっけ??

ご存知の方教えてください
TBありがとうございましたっ。 (髭ダルマLOVE)
2007-04-22 10:20:34
TBありがとうございましたっ。
サスペンス要素の強いオカルトムービーでしたね。切り口が新鮮で楽しかったです^^

こちらからもTBさせていただきますね!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

71 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
エミリー・ローズ/THE EXORCISM OF EMILY ROSE (我想一個人映画美的女人blog)
全米初登場No1というのにはそれほど驚かないけど、これは ホラーではなく、実話 それこそがこの映画の最も凄いところであり、興味深いところ。 前代未聞! 法廷で\"悪魔の存在\"を初めて認めた。 悪魔払いの儀式後、謎の死を遂げた エミリーローズの死をめぐる検証。 その死
映画館「エミリー・ローズ」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
「ホラーではない実話である」とあるように実話が元になっているというこの作品、、、たしかに、ホラーでは無かったです。法廷劇色が強い作品でしたが、ホラーよりも怖く感じました。 エミリーが亡くなったのは、病気のせいか、悪魔のせいかの裁判が始まります。証言の...
映画@エミリー・ローズ (sattyの癒しのトビラ)
彼女の中に棲みついたのは、病いか、悪魔か。。 その闇は、なぜ彼女を選んだのか 19歳の女子大生エミリー・ローズが怪死した 彼女の悪魔ばらいを行ったムーア神父は、死の原因を作ったとして 過失致死罪で起訴される これは、ドイツで実際に起きた悪魔祓いをめぐる死亡事件
エミリー・ローズ (何を書くんだろー)
「エミリー・ローズ」 評価 ★★★★☆ 『あらすじ』  ある朝、ひとりの医師によって19歳のエミリー・ローズの「死」が確認される。フツーの大学生 だった彼女を襲った死の真相を究明するための法廷が開かれる。被告人として法廷に立たされ たムーア...
エミリー・ローズ 06年59本目 (猫姫じゃ)
エミリー・ローズ オカルトホラーか、法廷劇か、、、「十二人の怒れる男 」 か、「エクソシスト 」 か、、、古い?? ストーリーとしては、映画の最後に書かれているように、エクソシズム、悪魔払い のお話なんだケド、映画としては、ローラ・リニー の最終弁論や、陪審員.
エミリー・ローズ (映画まみれ)
『エミリー・ローズ』 (‘05/アメリカ) 監督: スコット・デリクソン ? ? 「いい大人」にこそ観てもらいたい秀作。 広告としての予告編やCMなどは、当たり前だが配給の思惑でどうにでもなるもの。 実際の映画の内容とは、すこしテーマが違うような
エミリー・ローズ・・・・・評価額1500円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
久々の本格オカルト映画だと思って観に行ったら、真面目な裁判劇だった。 1970年代に当時の西ドイツで起こった、悪魔祓いによる死亡事件とその後の裁判をベースにした「エミリー・ロー
エミリー・ローズ THE EXORCISM OF EMILY ROSE (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
ジェニファー・カーペンター、ローラ・リニー、 トム・ウィルキンソン主演 19歳のエミリー・ローズは凄惨な死を遂げる 医学調査団はこの死を人為的な不自然な死であると告げる エミリーの症状を見て医者は精神病とか癲癇として 薬の投与を命じます しかしエミリーは悪魔
エミリー・ローズ (まったりでいこう〜)
ホラーというよりもサスペンスっぽく感じたためか、苦手意識をあまり持つことなく観ることができました。本当は苦手なジャンルなんですけどね(^_^;) 悪魔憑きといっても日本人である私にはいまひとつピンときません。日本ではどちらかというと悪霊とか怨霊といったものになり
『エミリー・ローズ』 (*Sweet Days*  ~movie,music and etc...~)
ローラ・リニー主演。トム・ウィルキンソン、ジェニファー・カーペンター出演。 19歳の女子大生のエミリー・ローズはある日を境に幻覚を見るようになり、体が硬直し痙攣を起こし、様々な異常行動を起こすようになっていた。悪魔に取り憑かれたことによる物だとして、ムー
エミリー・ローズ (HR BLOG)
最初エミリー登場した時さ、うわっ!?顔なげっ!!(゜o゜;)何で主役馬面??って思ったりなんかしちゃったんやけど… やってくれますエミリーさん。あの顔技があってこそ見れる、チビる、泣きそぉなって鼻水でたわ(_ _,)/~~ ◇ いつもならこの手のモノはスルーすんだけど、世界
エミリー・ローズ (ネタバレ映画館)
 『エクソシスト』では首が回るシーンが有名だが、この映画ではまるで中国雑技団によるイナバウアーのような決めポーズが印象に残る。
「エミリー・ローズ」見てきました (よしなしごと)
 以前何かの映画での予告を見た時に、予告で「きゃー」と叫び声が上がってしまう人がいたほどの映画、エミリー・ローズを見てきました。
【エミリー・ローズ】 (ROMPER’S ROOM)
どしゃぶりの{/kaeru_rain/}のち{/hiyoko_cloud/}時々{/hiyoko_thunder/}ゴロゴロ{/kaminari/}{/kaminari/} 昨日は早朝からの用事をチャッチャと済ませて、毎週水曜日のレディース・デーということもあり、朝から“何見ようかな〜{/hearts_pink/}”と映画館へ行きました。
エミリー・ローズ (2005) THE EXORCISM OF EMILY ROSE 120分 (極私的映画論+α)
 ある日、神父ムーアが悪魔に呪われたという19歳の女子大生エミリー・ローズに悪魔祓いを施した末、死に至らしめたとして過失致死罪で起訴された。彼の弁護には、野心的な女性弁護士エリンがあたることに。エミリーは心の病で、薬の服用をやめさせたことが原因だと主張する
『エミリー・ローズ』★★★★・80点 (ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ)
緊迫と恐怖の法廷劇サスペンス!!”ホラー映画”より怖い・・・『エミリー・ローズ』公式サイト制作年度/国;\'05/米   ジャンル;サスペンス   配給;SPE     上映時間;120分  監督;スコット・デリクソン出演;ローラ・リニー/トム・ウィルキンソン/ジェニフ...
【 エミリー・ローズ 】 (もじゃ映画メモメモ)
悪魔祓いによって少女を死なせた神父の裁判を実話を基に映画化。出演はローラ・リニー、トム・ウィルキンソン。 エミリー役のジェニファー・カーペンターの絶叫シーンは壮絶です。と言いつつも、オカルト・ホラーというより法廷ドラマなのであまり恐さはない。もちろん...
「エミリー・ローズ」 (てんびんthe LIFE)
「エミリー・ローズ」SPE試写室で鑑賞 ブロガー試写会 中野サンプラザの「SPIRIT」に行くはずでしたが、同行の友人が体調を崩し38度の熱でダウン。絶対にお金を払ってまで見ないだろう「エミリー・ローズ」の試写会に別の友人と行く事にしました。ホラーが特
十分怖いんですけど!! 「エミリー・ローズ」 (平気の平左)
評価:70点 エミリー・ローズ エミリー・ローズを見るのを断念するという記事を書いたところ、migさんとkossyさんから、 ホラーというよりは法廷モノだよ、 というようなコメントを頂きまして、法廷モノは好きなので観ることにしました。 で、観た感想なんですが・・
エミリー・ローズ (なにも起こらなかった一日の終わりに)
 バイト4連チャン中だというのに観てきましたよ〜「エミリィー〜・ロォォオオズゥゥゥウウ〜」  実話を基にした話。  ある田舎町の民家で少女が死んでいる。  彼女を取り巻く家族。  そして1人の男が過失致死で裁判に掛けられます。  彼はムーア神父。  死んだ
『エミリー・ローズ』 (ラムの大通り)
----「この映画はホラーではない。実話である」…… これどういうこと?ホラーじゃニャいの? 「うん。ぼくも以前、だれかにそう言ったら、 『いや、宗教をめぐる法廷サスペンスです』と返されて 『えっ?』と思ったことがある。 そのため、これはキツい映画かな、と思って身
エミリー・ローズ/ローラ・リニー、トム・ウィルキンソン (カノンな日々)
いつもだったら劇場では観ないジャンルなんですけど、実話に基づいてるという事と法廷劇であるという二点が私のツボでして、ついつい観に行ってしまいました。 +++ちょいあらすじ
シネマ日記 エミリー・ローズ (skywave blog)
裁判とは、事実を合理的に解釈して、大部分の人が納得できる結果を導き出すもの。 エミリーの死という’事実’をどう解釈するのか。各々の解釈が各々の’真実’となる。それでは
エミリー・ローズ (えいがの感想文)
監督:スコット・デリクソン 出演:ローラ・リニー、    ジェニファー・カーペンター ほか 「エミリー・ローズ」 悪魔祓いにより少女を死なせたとされた神父と、女性弁護士を巡る法廷劇。 悪魔の存在を裁判で証明するなんて。これ実話らしい。 本気で
エミリー・ローズ (とにかく、映画好きなもので。)
 悪魔は存在するのか?信憑性を巡って繰り広げられる法廷バトル。  19歳の女子大生。エミリー・ローズ(ジェニファー・カーペンター)は恐ろしい幻覚に襲われていた。  ムーア神父(トム・ウィルキンソン)が、彼女に悪魔祓いを施した後でエミリーは謎の死.
エミリー・ローズ(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】スコット・デリクソン 【出演】ローラ・リニー/トム・ウィルキンソン/キャンベル・スコット/ジェニファー・カーペンター 【公開日】2006/3.11 【製作】アメリカ
映画『エミリー・ローズ』H18.4.1 (〜みんなでしあわせになろうよ〜)
 ホラーではなく、実話を基に映画化した作品とのこと。悪魔祓いと法廷での争いが焦点。 といっても、悪魔祓い以後から物語は始まるのだが。 感動の実話なんだろうな、と思う。でも、ここは日本で自分は日本人だから大前提となる宗教観の土壌が異なる。 日本で悪魔祓い...
『エミリー・ローズ』 (なんでもreview)
ちびりそうでした…。
エミリー・ローズ (Remember Tomorrow)
ある日突然原因不明の痙攣や錯乱に襲われた19歳の大学生エミリーは通常の医師の診療でも回復せず、やがてムーア神父の悪魔祓いの儀式を受け入れるようになる。。しかし、その甲斐無く彼女は命を落とす。。過失致死罪で起訴されたムーア神父ははたして有罪なのか。 ...
「エミリー・ローズ」 (ANQ Ritzberry Fields)
 映画の日が土曜と言う好条件につき、前々から気になっていた「エミリー・ローズ」を見てきた。うぉ〜、怖ぇ〜、凄ぇ怖ぇよ〜   ………………本編前の「オーメン」の予告編がな! 「オーメン」は私にとって、2大怖い映画の一角だからのぅ。「エミリー・ローズ」の.
エミリー・ローズ (夢見る小悪魔)
【あらすじ】前代未聞の悪魔祓い裁判。それは、エミリー・ローズ(19歳)の謎の死に始まった。【悪魔祓い】の儀式の末の死であると主張するエミリーの家族と神父。しかし、自傷行為による無数の傷が残ったエミリーのあまりにも酷い死体を見た警察官達は神父を【過失致死罪】
エミリー・ローズ (映画をささえに生きる)
5点/10点満点 19歳の女子大生エミリー・ローズ(ジェニファー・カーペンター)が怪死した。彼女の悪魔ばらいを行ったムーア神父(トム・ウィルキンソン)は、死の原因を作ったとして過失致死罪で起訴される。そんな中、有能な女性弁護士エリン・ブルナー(ローラ・リニー.
エミリー・ローズ (ぷち てんてん)
「イーオン・フラックス」見ようかと思ったんですけどね。息子を誘ったところ、「その映画ってどうかな〜〜」と却下され、じゃ「エミリー・ローズ」にしようということになりました。最近自分的には当たりの映画がないんで、いっそ「イーオン・フラックス」でもいいかと思...
エミリー・ローズ〜ホラーを超えた人間ドラマ (Osaka-cinema-cafe)
狐や狸にとりつかれるのは日本ですが、 キリスト教世界では、悪魔がとりつきます。 午前3時、焦げ臭いにおいがしたら、 それはあなた、ズバリ言うわよ、「危ない!」 「あなたの知らない世界」が始まってしまう。 (霊評論家の板倉先生は元気なのでしょうか?) 映画「
エミリー・ローズ (Akira\'s VOICE)
怖さが勇気と希望に変わる瞬間が感動的な見応えあるドラマ。
映画「エミリー・ローズ」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「エミリー・ローズ」★★★ 悪魔祓いの儀式後に謎の死を遂げた少女エミリー・ローズの死をめぐる実話の映画化。 ホラーというよりも法廷劇という趣で、ホラー苦手な私でもなんとか鑑賞できた。といっても、ところどころ音響にヤラれてビックリしたり、目をつぶ
エミリー・ローズ (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆    鑑賞直後、悪魔の仕業に遭遇した私!?
エミリー・ローズ (☆えみたんの日記帳☆)
やっと見たかった 「エミリー・ローズ」を見てきたよ(#^_^#)鍊 ストーリー 19歳の大学生エミリーはある日、原因不明の痙攣と幻覚に襲われ、 自分に何かがとりついていると確信する。 エミリーはムーア神父に悪魔ばらいを依頼するが失敗し、 彼女は命を落とし、神
【映画】 エミリー・ローズ ★★☆ (徒然なるままに・・・)
ストーリー: ある日、エミリー・ローズというごく普通の女子大生が突然、 激しい痙攣を起こした。 何かが取り憑いているのではないかと思った彼女は、 ムーア神父に悪魔祓いを頼むのだが、 その甲斐なくエミリーは命を落としてしまう。 果たして彼女には悪魔が取り憑いてい
ローラ・リニー Laura Linney 女優特選 (mayapapaのMAYA_tomato)
Date of birth (location),5 February 1964,New York, New York, USADriving Lessons (2006) Jindabyne (2005) エミリー・ローズ The Exorcism of Emily Rose (2005) The Squid and the Whale (2005) P.S. (2004) 愛についてのキンゼイ・レポート Kinsey (2004)
エミリー・ローズ (CINEMA DEPOT\'s BLOG)
DEPOTのおすすめ度:★★☆☆☆ 公開日:2006年3月11日 配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント 監督:スコット・デリクソン 出演:ローラ・リニー,トム・ウィルキンソン,ジェニファー・カーペンター 鑑賞日:2006年3月11日 MOVIX三郷 シアター7(座席...
エミリー・ローズ (ぽっぷまーと)
エミリー・ローズをレイトショーで見てきました。レイトとはいえ土曜日なのにがらがらでした。映画自体はとても面白かったです。悪魔払いの回想シーンと現実の法廷シーンこのバランスがとても素晴らしかった。現在のシーン法廷は当然証拠をもとに裁判が進むわけで、検察側...
エミリー・ローズ (まつさんの映画伝道師)
第394回 ★★★(劇場) (真相に迫りますので、ご注意あそばせ)  映画法廷、只今より開廷。 「訴訟番号394、映画会社 対 観客。映画『エミリー・ローズ』への難癖訴訟」  今回の訴訟は、エミリー・ローズ(ジェニファー・カーペンター)という少.
エミリー・ローズ (琴線〜心のメロディ)
【2006年3月11日劇場公開】 【ジャンル:ホラー】※ノン・フィクション系 【観た場所:T−JOY東広島】 面白かった度:★★★★ オススメ度:★★★ もう一度観たい度:★★★ こういうの嫌いじゃないです。 でも、怖かったー(TOT) 斜め前のおじさんの腕にしがみつ
エミリー・ローズ (詩仙の庵)
後ろの席から見たらかなりビクビク動いてたと思います……怖かった。
エミリー・ローズ (TRIVIAL JUNK Blog)
観る機会を逸してる内にどんどん公開が終わっていってたので、これは見逃し確定かな…と思ってたら、池袋のヒューマックスで唐突にレイトショー開始。 さすが悪趣味の街池袋は一味違うぜ、ということで大急ぎで駆け込んできました。 <公式ページ> さて、お話は ...
『 エミリー・ローズ 』 (王様の耳はロバの耳)
 『 エミリー・ローズ 』  見てまいりました。  想像していたお話と、ちょっと違ったけど  なかなか面白かったデス  ある日突然、激しい幻覚と痙攣に襲われた  エミリー・ローズ ( ジェニファー・カーペンター )  医学的な治療を試みる ...
エミリー・ローズ (きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/)
ホラーっぽいチラシなのに、ホラーじゃない!? しかも「実話です」って? あらすじ読んだらどうにもこうにも気になってしまい、 公開終了間際になって、駆け込みで劇場へー! 「エミリー・ローズ」2006年公開・米 監督/スコット・デリクソン 脚本/ ...
「エミリー・ローズ」 (ゆうなんハイツ)
CMを見て「お!ホラーっぽい」と思ったのが見たきかっけでした。 我ながらなんて不純な(^_^;)。が、ホラーじゃなかった!!!!! しか〜し!だから良くなかったなんて展開にはなりませんでした。 素晴らしいじゃないですか。{/hakushu/} コピーにもあるように ...
エミリー・ローズ (いつか深夜特急に乗って)
「エミリー・ローズ」★★★ (盛岡フォーラム2)2005年ア
エミリー・ローズ (Imagination From The Other Side)
実話を基に、悪魔祓いによって少女を死なせたとして法廷に立たされた神父と女性弁護士の真実を巡る緊迫の法廷劇を描いた異色のオカルト・ホラー。 出演は「ミスティック・リバー」「愛についてのキンゼイ・レポート」のローラ・リニー、「エターナル・サンシャイ ...
エミリー・ローズ (ぶっちゃけ…独り言?)
6.5点 (10点満点。5点で普通。6点以上なら満足って感じです。) 「悪魔祓いの儀式後に、謎の死を遂げた少女エミリー・ローズの死をめぐる 衝撃の実話。」だそーです。 一体どんなおっかないホラーなのかと期待して観ましたが・・・ そー来たかぁ〜って感じです ...
エミリー・ローズ (とりあえずな日々(仮))
19歳の女子大生エミリー・ローズが怪死した。 彼女の悪魔ばらいを行ったムーア神父は死の原因を作ったとして過失致死罪で起訴される。 そんな中、有能な女性弁護士エリン・ブルナーは教会の依頼でムーア神父の弁護を担当することになるが…。 悪魔ばらいの儀式 ...
エミリー・ローズ (タクシードライバー耕作のDVD映画日誌)
製作年度 2005年 製作国 アメリカ 上映時間 120分 監督 スコット・デリクソン 脚本 ポール・ハリス・ボードマン 、スコット・デリクソン 音楽 クリストファー・ヤング 出演 ローラ・リニー 、トム・ウィルキンソン 、キャンベル・スコット 、 ジェ ...
エミリー・ローズ (とんとん亭)
「エミリー・ローズ」2006年 米 ★★★★ 恐れおののいて 己の救いを達成しなさい。 映画館で 観たかったのに 時間帯が合わず これまたDVD化待ちになりました。 ホラーではないけど じんわりと怖い映画で怖いだけでなく、悲しいお話でした。 ...
エミリー・ローズ (映画鑑賞★日記・・・)
『THE EXORCISM OF EMILY ROSE 』公開:2006/03/11監督:スコット・デリクソン出演:ローラ・リニー、トム・ウィルキンソン、キャンベル・スコット、ジェニファー・カーペンター、コルム・フィオール、ジョシュア・クローズ ☆story☆ある日、神父ムーアが悪魔 ...
エミリー・ローズ (The Exorcism Of Emily Rose) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 スコット・デリクソン 主演 ローラ・リニー 2005年 アメリカ映画 120分 ホラー 採点★★★ 幽霊もUFOもUMAも信じたくて信じたくて仕方がないのだが、目の前にドドーンと証拠が現れてくれないとなかなかソチラ側へ踏み込めないのも事実の私。悪魔祓いの ...
エミリー・ローズ (HORROR MODE)
【2005 アメリカ】 ドイツに実在したアンネリーゼ・ミシェルという悪魔にとりつかれ死亡した女の子の事件を映画化したもの。 法廷劇をベースとしたオカルトサスペンスホラー。 「これはホラーではない」と言う人もいるけど、ホラーを人一倍見ている私が思 ...
「エミリー・ローズ」 (雑板屋)
元々、悪魔払いや悪魔憑きだとか、スティグマータ(聖痕)の類だとか・・・ オカルトものには目がないので、この実話基は法廷サスペンスとしても存分に楽しめた。 お国や宗教や文化は違えど、世の中には不可解で不思議な出来事があってもおかしくはないと普段 ...
【洋画】エミリー・ローズ (ハサウェイのシネマ!シネマ!シネマ!)
A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない 『評価』  A- (演技5/演出4/脚本4/撮影3/音響3/音楽2/美術3/衣装3/配役4/魅力4/テンポ3/合計38) 『評論』 個人
映画『エミリー・ローズ』 (ファンタシースターユニバースぷれい日記)
◆『エミリー・ローズ』(2006年) http://www.sonypictures.jp/movies/theexorcismofemilyrose/site/ 悪魔は存在するのか、しないのか? この映画は見た人によって、どちらにも解釈できるように作られています。 でも情報を整理して考えていくと、見えて ...
エミリー・ローズ (小部屋日記)
The Exorcism of Emily Rose(2005/アメリカ)【DVD】 興味深い映画でした。 オカルトものですが、裁判劇ですね。 悪魔はこの世に存在するのか? 司法はどういう判断を下すのか・・・? 真実の物語。 普通の大学生だったエミリー・ローズ(ジェニファー・カ ...
エミリー・ローズ (映画&音楽マニア)
これはいろんな意味で度肝を抜かれるとてつもなくすばらしい作品だと思う。裁判を通してエミリー・ローズの悪魔祓いを描いたこの作品は、間違いなくあの「エクソシスト」を超え、エミリー役のジェニファー・カーペンターはリーガン役のあのリンダ・ブレアを超え、 ...
エミリー・ローズ・・・・・・・・ (サクサクっと・・・)
エミリー・ローズ デラックス・コレクターズ・エディション 悪魔の棲む家と同様に事実を基にしたホラー? 「エミリー・ローズ」 やっぱ事実が基ってゆーのに興味がそそられマス・・・・・
エミリー・ローズ (しーの映画たわごと)
久々にこの手の映画を観ました。悪くなかったです。ただ、見方を変えてしまうとつまらない映画になってしまうでしょうね。あくまでも法廷物映画として観なきゃこの作品は意味がありません。オカルト・ホラーで観ちゃうと消化不良かな。できればその部分での答えも欲しいし...
エミリーローズ (徒然映画日記。)
エミリー・ローズ おすすめ度{/star/}{/star/}{/star/}{/star/} 原題:THE EXORCISM OF EMILY ROSE 制作:2005年 アメリカ 制作:ポール・ハリス・ボードマン 監督・脚本:スコット・デリクソン  出演:エリン・ブルナー トム・ウィルキンソン キャンベル・スコッ...
映画評「エミリー・ローズ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2005年アメリカ映画 監督スコット・デリクスン ネタバレあり
『エミリー・ローズ』 (Give me your paw !)
2005年 アメリカ THE EXORCISM OF EMILY ROSE監督 スコット・デリクソン出演 ローラ・リニー、トム・ウィルキンソン、キャンベル・スコット、ジェニファー・カーペンター 他 ムーア神父は、19歳の少女エミリーを悪魔祓いの末に死に至らしめたとして起訴され、法...
エミリー・ローズ #847 (映画のせかい2)
2005年 アメリカ 120分 この映画の元になった実話は70年代に起きている。当時「エクソシスト」などのオカルト映画も流行してて、私も子ども心に悪魔はいるものだと思って生きてきた。そして現在、やはり今でも霊や悪魔は存在すると思ってはいるものの、自分以外の誰かに...
エミリー・ローズ (mama)
THE EXORCISM OF EMILY ROSE 2005年:アメリカ 監督:スコット・デリクソン 出演:ジェニファー・カーペンター、ローラ・リニー、トム・ウィルキンソン、キャンベル・スコット 実話を基に、悪魔に取り憑かれてこの世を去った少女の数奇な運命を辿っていくオカル...
エミリー・ローズ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『この映画はホラーではない、実話である。』  なぁ〜んだホラーじゃないのかぁ〜(´▽`) ホッ ってこの嘘つきぃ〜っっっ!ヽ(`Д´)ノプンプン ってなワケで実話ベースのホラー風味のコチラの映画の試写会に行ってきましたぁ〜♪公開は3/11からでぇ〜すっ!PG...