★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「アデル/ファラオと復活の秘薬」

2010-07-07 03:38:51 | 映画(あ行)
<T1215/2010/A080/S034>


久しぶりのリュック・ベッソン監督作かな。
あたりはずれが大きい感のあるベッソン関連作・・・
アドベンチャーものは意外とお気に入りが多いかな。
原題は「LES AVENTURES EXTRAORDINAIRES D'ADELE BLANC-SEC」
英題は「THE XEXTRAODINARY ADVENTURES OF ADELE BLANC-SEC」
「映倫 PG12」は、ヒロインの入浴シーンがあるからか??
それとも脳に刺さった棒がショックだからか?
2010年製作のヒロイン系アクション・アドベンチャー、107分もの。

あらすじ・・・今回はMovieWalkerさんから引用させてもらいました。
長文なので反転モードで・・・
1911年、世界中の秘宝を集めるルポ・ライター、アデル・ブラン=セック(ルイーズ・ブルゴワン)は、不慮の事故で瀕死の状態にある双子の妹アガット(ロール・ド・クレルモン)を救うためにエジプト王家に伝わる“復活の秘薬”を手に入れようと、エジプトの砂漠を越えていた。アデルはラムセス2世に仕えたミイラを発見するが、黄金を横取りしようとする盗賊の襲撃を受ける。それをかわしたのもつかの間、いつも彼女の邪魔をするマッドサイエンティスト、デュールヴー(マチュー・アマルリック)によって石室に閉じ込められてしまう。アデルは隙をついて火を放ち、ミイラの石棺に滑り込んで脱出する。地下水脈に落ちた石棺は、ナイル川に辿り着く。そのころパリでは、謎の巨大な怪鳥が現われて人々を恐怖に陥れていた。メナール教授(フィリップ・ナオン)と助手のズボロフスキ(ニコラス・ジロー)は、博物館に展示されているジュラ紀に絶滅した翼竜プテロダクティルスの卵の化石が割れているのを発見する。メナールはカポニ警部(ジル・ルルーシュ)に、ジュラ紀の専門家エスペランデュー教授(ジャッキー・ネルセシアン)を紹介するが、エスペランデューこそ翼竜を蘇生した張本人だった。カポニはエスペランデューを逮捕する。政府は著名なハンター、サン=ユベール(ジャン・ポール・ルーヴ)を遠征先のアフリカから呼び戻し、翼竜掃討作戦を開始する。エジプトから帰還したアデルは、エスペランデューの事件を知る。すんでのところでギロチン台から救われたエスペランデューは、アデルが持ち帰ったミイラを蘇らせるが、そのミイラは医師ではなかった。しかしそのミイラは、パリで展示されているラムセス2世と従者たちのミイラの中に、ファラオの医師もいると教えてくれる。アデルは、すべての鍵が眠るルーヴル美術館に駆けつける。

    

ここからひらりん的レビューのネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
●邦題からするとエジプトあたりで大活躍・・・・
かと思いきや、、パリに戻ってきてからのドタバタ・おてんばぶりがメインだったのね。
●それにしても、パリ警察の無責任ぶりは「踊る大捜査線~」並みに、縦割り社会だったね。
●ストーリー的には、わざわざエジプトに行く必要がなかったし、
教授が翼竜を蘇らせなくても、全然よかったが・・・
ドタバタ演出の上では、効果的に作用してたのね。
●で一番のポイントは、ルーブル美術館で展示中のラムセス2世のご一行。
この人を蘇らせちゃって、ルーブルの玄関が殺風景・・・と言わせたから、
現代のルーブル美術館の前にはピラミッド状のオブジェが出来た・・・みたいな筋書き。
●お話はこのご一行の医師が妹の頭に刺さってた棒を取り除いて一件落着。
●どうやら、続きが作りたいようで・・・
アデルさんは、処女航海に出る「タイタニック号」に乗船するようで・・・

☆この双子・・・似てねー。
☆主人公のお姉ちゃんの行動力は、リュック・ベッソンのスピーディーさが出ててナイス。
でも実は、家に戻ると妹が心配でブルーになってるところが、ギャップがあってナイス。
☆しかし、やはり、ストーリーが平凡で、脇役がコメディタッチ過ぎ。
☆続編は作ってもいいけど、ロマンチック・アドベンチャーとかがいいのでは・・・。

ここまでネタバレ注意↑

という事で今回は・・・
アドベンチャー度・・・
ヒロインのキャラは楽しめたけど、
ストーリーがイマイチ平凡。


●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
ひらりん同様、「次回作に期待したい」
と思ったあなた・・・
バナーにポチッとクリックおねがいしまーーす。

「人気ブログランキング(映画)」


ひらりんもツイッター始めました。
映画以外のこともつぶやいてるので、
ちょっと見に来てね。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (1)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ★「ダブル・ミッション」 | トップ | 「トイ・ストーリー2」 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとうございました (vic)
2010-08-01 19:58:17
女性版インディージョーンズだと思っていたのが敗因でした。

続編、本当に作っちゃうんでしょうかね。
見に行くかどうかは微妙です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

14 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
アデル/ファラオと復活の秘薬 (LOVE Cinemas 調布)
フランスで人気のコミックス・シリーズをリュック・ベッソン自らが監督し映画化したファンタジー・アドベンチャーだ。エジプトとパリを舞台に、妹の為にエジプト王家・ファラオの侍医の作る秘薬を求める冒険が繰り広げられる。主人公アデルに抜擢されたのはルイーズ・ブル...
アデル/ファラオと復活の秘薬 (だらだら無気力ブログ)
『レオン』『フィフス・エレメント』などで数々の印象的なヒロインを 描いてきたリュック・ベッソンが手掛けるファンタジー・アドベンチャー。 フランスの人気コミックシリーズを原作に、エジプト王家に伝わる秘薬を めぐる冒険が繰り広げられる。ヒロインに抜てきされ...
「アデル /ファラオと復活の秘薬」 ベッソンの好きなもの詰め合わせ (はらやんの映画徒然草)
この作品はたぶんダメという方が多いでしょうね。 その理由は想像がつきます。 スト
映画 ■■アデル/ファラオと復活の秘薬■■ (Playing the Piano is ME.)
リュック・ベッソン監督が結構好きなゴーンさんと 久しぶりの観劇。 遺跡アドベンチャーものだし リュック・ベッソンだし、面白そうと思って 見ましたが...
『アデル/ファラオと復活の秘薬』・・・ベッソンが見出したニュー・ヒロイン (SOARのパストラーレ♪)
壮大なフランス版アクション・アドベンチャーだと思っていたら見事に裏切られた。間違ってもインディ・ジョーンズの『失われたアーク』あたりを祖とするような一連のハリウッド作品に通ずるハラハラドキドキワクワクを期待してはいけない。エジプトのシーンなど序盤であっ...
アデル/ファラオと復活の秘薬 (がらくた別館 映画・漫画いろいろ日記)
コミック原作、リュック・ベッソン監督の映画です。予告編を観た感じではアドベンチャーでしたが、実はコメディでした。20世紀初頭のパリ。博物館に展示されていた卵が割れ、翼竜...
アデル/ファラオと復活の秘薬 (マー坊君の映画ぶろぐ(新装版))
縲後い繝Ν/繝輔ぃ繝ゥ繧ェ縺ィ蠕ゥ豢サ縺ョ遘倩脈縲咲屮逹」壹Μ繝・繝け繝サ繝吶ャ繧ス繝ウ蜃コ貍費シ壹Ν繧、繝シ繧コ繝サ繝悶Ν繧エ繝ッ繝ウ繝槭メ繝・繝シ繝サ繧「繝槭Ν繝ェ繝け繧ク繝」繝く繝シ繝サ繝阪Ν繧サ繧キ繧「繝ウ繝九さ繝ゥ繧ケ繝サ繧ク繝ュ繝...
映画 ■■アデル/ファラオと復活の秘薬■■ (Playing the Piano is ME.)
リュック・ベッソン監督が結構好きなゴーンさんと 久しぶりの観劇。 遺跡アドベンチャーものだし リュック・ベッソンだし、面白そうと思って 見ましたが...
アデル (映画的・絵画的・音楽的)
 フランス版インディ・ジョ-ンズもあるいはおもしろいかもしれないと、『アデル ファラオと復活の秘薬』を丸の内ピカデリーで見てきました。  実は、7月31日の記事の冒頭で、「あるフランス映画を見ようと思って出かけたところが、狙った時間帯には上映されていないこ...
アデル/ファラオと復活の秘薬 (銀幕大帝α)
LES AVENTURES EXTRAORDINAIRES D'ADELE BLANC-SEC/10年/仏/107分/アドベンチャー・アクション/PG12/劇場公開 監督:リュック・ベッソン 音楽:エリック・セラ 出演:ルイーズ・ブルゴワン、マチュー・アマルリック、ジル・ルルーシュ、ジャ...
【映画】アデル/ファラオと復活の秘薬…下衆い勘繰り込み。 (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
今日の昼は九州北部でも雪が吹雪いていました。寒いです まずは近況… 世の中は三連休らしいですが、昨日2011年2月11日(金曜日・建国記念日)はお仕事でした …他は、特になにも無い…買い物に行ったのとレンタルしてた映画「魔法使いの弟子」を観たぐらいかなぁ。 本...
アデル ファラオと復活の秘薬 (RISING STEEL)
アデル ファラオと復活の秘薬 LES AVENTURES EXTRAORDINAIRES D'ADELE BLANC-SEC 2010年 フランス映画 ヨーロッパ・コープ製作 監督・脚本:リュック・ベッソン 製作:ヴィルジニー・ベッソ...
■映画『アデル/ファラオと復活の秘薬』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
リュック・ベッソンが自ら監督を務めた映画『アデル/ファラオと復活の秘薬』は、女流冒険作家アデル・ブラン=セックがフランス~エジプトを股にかけて活躍するヒロイン・アドベンチャー。 1976年に初めて発表された、フランスの国民的人気コミックを原作にしているそ...
アデル/ファラオと復活の秘薬 (Les aventures extraordinaires d'Adèle Blanc-Sec) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 リュック・ベッソン 主演 ルイーズ・ブルゴワン 2010年 フランス映画 107分 アドベンチャー 採点★★ 小学生の頃、マンガ好きの後藤くんの影響で、「ちょっくら自分でも描いてみるか!」と無謀にもマンガ作りに挑戦してみた私。しかしながら、残念な絵心の持...