★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」

2008-05-21 03:38:41 | 映画(た行)
<2008/A077/S044>

今週の平日休みは試写会もあるけど、その前に「109シネマズ川崎」でまず1本。
予告編では、随分楽しそうなお気楽議員のトム・ハンクスが印象的。
秘書軍団のチャーリーズ・エンジェルも美人揃いだし・・・。
原題も「CHARLIE WILSON'S WAR」。
2007年製作の国会議員の実話系戦争コメディ、101分もの。

あらすじ・・・今回はAllcinemaさんより引用させてもらいました。
テキサス選出の下院議員チャーリー・ウィルソン(トム・ハンクス)は、美女とお酒をこよなく愛するお気楽議員。それでも、根は優しく持ち前の大らかな人柄で、周囲の人々からは愛される存在だった。そんなチャーリーはある日、テキサスを代表する富豪の女性ジョアン(ジュリア・ロバーツ)から、ソ連の侵攻に苦しむアフガニスタンの人々を救ってほしいと頼まれる。政治にまるで興味のない政治家、チャーリーだったが、アフガンの実情に心を痛め、一肌脱ぐ決意を固める。さっそく、大国ソ連を相手に二の足を踏む政府を横目に、CIAのはみ出し者、ガスト(フィリップ・シーモア・ホフマン)の協力を得ながら前代未聞の極秘作戦を開始するチャーリーだったが…。

ここからひらりん的レビューのネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
予告編を観た限りでは、お気楽議員が地元の美人富豪にそそのかされて、なんとなく首を突っ込む・・・
みたいな感じかな・・・と思ったけど、
以外に真面目で、人脈豊富・・・なんで議員に登りつめたかは細かく描かれてないけど、
誰にでも気軽に接するおおらかさと話のまとめ方上手で、世渡りしてるのね。
途中、ドラマの出資話で訪れた女性接待付きの高級クラブでの薬物使用疑惑で捜査されそうになったり・・・
選挙区の有力富豪ジョアンの陳情を、肉体関係を持つ事で引き受けたり・・・
女にめっぽう弱い、脇の甘さも目に付くけど・・・
ご愛嬌・ご愛嬌の、人望の厚さっ。
彼の脇を固める秘書軍団・・・通称チャーリーズ・エンジェルたちがテキパキ、後処理してくれるのね。
頼もしいーーーーっ。
今放映中のキムタクのテレビドラマ「チェンジ」の朝倉啓太議員も、
深津絵里加藤ローサだけじゃなく、美人秘書軍団を投入してはどうか???
なーーんて、話がそれちゃいました。
えーーと、それから・・・
議会の委員会で、アフガン関係の予算を、根回しして増額させたり・・・
ジョアンの手引きで、アフガンの隣国パキスタンの首相と会談したり・・・
結構真面目な展開。
政治背景としては・・・
大国ソ連とは面と向かって戦いたくない米国・・・
アフガンや隣国パキスタンには直接武器の供給は出来なかったのね。
そこで、敵製の武器を調達する為に、
イスラエルや、エジプトを訪れ、根回し。
しかし、この辺の国は民族・宗教の対立がややこしくて、なかなかアメリカの思惑通りにならないのね。
今の現状も、全くそのとおりなんでしょうが・・・
このお気楽議員の人望の厚さで、上手くまとまっちゃったのね。
チャーリーの狙い通り、ソ連の攻撃ヘリ撃墜用兵器を調達して・・・
バシバシ、ゲリラ的に攻撃。
その間、ガンガン表に出ない軍事予算が膨れ上がっていったけど・・・
ようやく、ソ連がアフガンから撤退。
撤退したのは、ランボーのおかげじゃなかったのねーーー、なんて。
しかし、ソ連が去ったアフガンには、また次の苦難が・・・。
民主的な国を作るためには学校建設が必要だからと、予算を取ろうとするチャーリーだったけど、
そこまで面倒見てくれなかったアメリカ政府。
「チャーリーのおかげ」と、CIAでは表彰されたけど・・・
その後のアフガニスタンは、
武器を持ったイスラム原理主義者が台頭・・・
皮肉にも、アメリカに牙を向けるテロ組織となっていったのでした。

とまあ、こんなお話でした。
予想してたより、だいぶ真面目な内容でしたねーーーー。
前半の主人公のお気楽・破天荒議員ぶりは、とってもあり得ねーーーでしたが、面白かった。
でも、次第に人脈の広さ、行動力、人望の厚さが発揮されて、
アフガニスタンを救ったのでした。
途中、ガストが禅僧のたとえ話をして、次の作戦を練らなくてはと説得してたけど・・・
先を読まない、その場しのぎの戦略で終わらせちゃったのが、心残りでしょうね。

この作品・・・配役が絶妙だったね。
チャーリー議員のノーテンキ&やる気モードは、トム・ハンクスにぴったり。
極右なセレブのジョアン役のジュリア・ロバーツも水着を披露したりして、大活躍。

左遷系CIA職員・ガスト役のP・S・Hも、イヤミを言いながらも、職人系の働きが良かったね。

もちろん、ひらりん的には、チャーリーの補佐官役のエイミー・アダムスや、

チャーリーズ・エンジェルちゃんたちの活躍も、高評価。

ここまでネタバレ注意↑
 
ひらりん的この映画の関連作は・・・
最近、外してるトム・ハンクス作ですが・・・
ダ・ヴィンチ・コード」は、トラバ200件以上で「ひらりん的殿堂入り映画」になってます。
ひらりん、ジュリア・ロバーツはあまり得意じゃないけど・・・
エリン・ブロコビッチ」で、オスカー主演女優賞を取ってるね。
 

という事で今回は・・・
お気楽度・・・
アメリカという国を好きになったという子供の頃の逸話が入っていたり、
結末が、皮肉で終わっていたり・・・と、
お気楽ではない部分も持ち合わせた、結構真面目な政治コメディでしたね。

●文末にブログランキングの宣伝を・・・・・・・・・・・
最近下位に低迷してるブログランキング・・・
気にしちゃいないが・・・上位が映画とは無関係の韓流系やYouTube系ブログばかりで、
ちょっと悔しい・・・ので・・・、
この映画を観て、ひらりん同様「お気楽だけじゃなかったのね」・・・と思ったなあなた・・・
                   
バナーにポチッとクリックおねがいしまーーす。

「人気ブログランキング(映画)」
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (5)   トラックバック (75)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「アヒルと鴨のコインロッカー」 | トップ | ☆「ラスベガスをぶっつぶせ」 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
全然ちがうじゃん (たいむ)
2008-05-22 16:46:09
ひらりんさん、こんにちは。
予告編からは、もっとコミカルなものを想像していただけに複雑な気分になりました。
本気で揶揄するなら揶揄するで割り切って作って欲しかったです。
逆にイケイケドンドンを楽しむならそれはそれで落としどころも笑いで取るくらいの、ブラックユーモアでお願いしたかったです。
まいどTBどうもです (くまんちゅう)
2008-05-23 02:32:02
予告があんなのでほとんど期待しないで行きましたけど、意外と楽しめました。
ホフマン@CIAが良かったです、相変わらず有能なのか無能なのか判らない組織ですが・・・
議員とか富豪とか秘書とかどうでも良かったですが、CIAとソ連兵器と中東のいがみ合いが面白かったのでまあまあという評価でした。
TBありがとうございました (sakurai)
2008-05-29 08:26:16
ほんとに予告でこっちに抱かせたお気楽モードは、いったい何だったんでしょうね。
多くの人に見てもらいたかったのかもしれませんが、内容はものすごく重いもので、何が一番言いたかったのが伝わりませんでした。
アメリカはえらかった、9.11を生み出したのは武器を供与したからだっていわれるけど、しようがなかったんだ。。。と弁解しているみたいに見えました。
マジコメディを~ (cyaz)
2008-05-30 08:59:14
ひらりんさん、こんにちは^^
TB、ありがとうございましたm(__)m
トムとフィリップの会話のやり取りはまさにオスカー俳優のなせる技を見せてもらった感じでした^^
この二人のコンビでマジなコメディ観たいなぁって(笑)
ジュリアは好きなんですけど、作品ごとに彼女の魅力が無くなって行くような気がして残念です。
エイミー、ちょっと前作が派手すぎて地味でした(笑)
こんにちわ。 (michi)
2008-06-03 18:16:47
TBありがとうございます。
当時、ソ連軍と戦ったメンバーが、いまやアメリカを狙うテロのボスだと思うと複雑ですが、
チャーリーの活躍自体は痛快でしたね!
美女軍団も有能でしたし♪

ポチッとクリック、了解です~!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

75 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『たったひとりで世界を変えた 本当にウソみたいな話。 “Based On The True Story”』  コチラの「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」は、トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン共演の5/17公開となった社会派ヒューマン・コメデ...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (シネ吉の運命などない!)
お、思ってたのとちょっと違うかな…{/face_ase2/}  実際の出来事を小説化した同名小説の映画化。  主演の下院議員チャーリー・ウィルソンにはトム・ハンクス。  テキサス州選出の下院議員・チャーリー・ウィルソンは州で6番目の富豪であるジョアン(ジュリア・ロ...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (充実した毎日を送るための独り言)
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー(5月17日より上映 トム・ハンクス主演) 28年前の「大いなる陰謀」といったところか。ソ連のアフガニスタン侵攻の際、裏でCIAや国防省と協力してアフガニスタンの武装勢力に武器等を調達し、ソ連軍を撤退させるまでに至った。アメリカ...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (タクシードライバー耕作の映画鑑賞日誌)
原題 CHARLIE WILSON'S WAR 上映時間 101分 製作年度 2007年 製作国 アメリカ 初公開年月 2008/05/17 監督 マイク・ニコルズ 音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード 脚本 アーロン・ソーキン 出演 トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、エイミー・アダムス フィ...
映画「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」(2007年、米) (富久亭日乗)
    ★★★☆☆  1980年代のアメリカでソ連の脅威からアフガニスタンを救った 下院議員の実話をTom Hanksが演じた。 原題は「Charlie Wilson's War 」。  テキサス州選出の下院議員Charlie Wilson(Tom Hanks)は 酒と女に目のない政治家だ。 だが、ソ連がアフ...
映画 【チャーリー・ウィルソンズ・ウォー】 (ミチの雑記帳)
映画館にて「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 1980年代に実在したテキサス出身の下院議員チャーリー・ウィルソンが、世界情勢を劇的に変えた実話の映画化。 おはなし: 酒と女に目がない下院議員チャーリー(トム・ハンクス)は、ある日ソ連軍に侵攻されたアフガニス...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー/Charlie Wilson's War (描きたいアレコレ・やや甘口)
中東情勢に詳しく、この映画を興味深く観るのか?何も考えずにお気楽に面白がればいいのか?それが問題だ。 '79年、ソ連のアフガン侵攻の裏...
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」感想と、アフガニスタン (ポコアポコヤ 映画倉庫)
うむ~なかなか良かったのだけれども、共産主義国たるもの=悪だからやってよし!って、感じも無きにしもあらず・・だったかな・・(-_-)・・
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (UkiUkiれいんぼーデイ)
JUGEMテーマ:映画 2008年5月17日 公開 ねぇ~ねぇ~、絶対勝てるケンカの方法を教えてあげるよ。 これって予告では明らかにコメディー風な持っていき方じゃなかったですかぁ。 チャーリー率いる美人秘書たちは"チャーリーズ・エンジェル&...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマンというアカデミー賞俳優が揃った豪華共演の映画だけど―【story】酒と女が大好きな下院議員チャーリー(トム・ハンクス)は、反共産主義者で大富豪の恋人ジョアンヌ(ジュリア・ロバーツ)にパキスタンに...
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 (Sweet*Days**)
監督:マイク・ニコルズ  CAST:トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン 他 酒が好きでいつも女をは...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー/Charlie Wilson's War (我想一個人映画美的女人blog)
ジュリアさん!安ピンでマスカラとかすの、危険ですよ~{/m_0161/} 目に刺さりそっ{/m_0162/} トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマンと、アカデミー賞俳優3人揃ったこの映画、 ゴールデングローブ賞では作品賞/脚本賞/主演男優賞/助演...
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 (かいコ。の気ままに生活)
下院議員チャーリー・ウィルソンが、世界情勢を劇的に変えた実話。「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」公式サイト予告から 「お気楽議員が世界を変えちゃう?変えちゃおう!」くらいの かるーいノリの映画だと思って観にいったら・・印象だいぶ違いました。わりとシリ...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー 憎悪の連鎖を断て! (労組書記長社労士のブログ)
 知らなかった、TOHOシネマズって、会員は火曜日は1300円なんや{/eq_2/} ちゅうことは、おまけが要らなかったら前売り券さ買う必要ないんや。 前売りを買うと、ネットで座席予約できないから不便やし。 大阪のおっちゃん(←おっちゃんなのか!?)ビール片手にうろうろと...
映画「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」を試写室で鑑賞 (masalaの辛口映画館)
 「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」@東宝東和試写室 映画の話 酒と女が大好きだが信念もある下院議員チャーリー(トム・ハンクス)は、反共産主義者で大富豪の恋人ジョアンヌ(ジュリア・ロバーツ)にパキスタンに行くことを薦められる。現地に赴いたチャーリーはソ連...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (映画鑑賞★日記・・・)
【CHARLIE WILSON'S WAR】2008/05/17公開(05/17鑑賞)製作国:アメリカ監督:マイク・ニコルズ製作:トム・ハンクス、ゲイリー・ゴーツマン出演:トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ネッド・ビーティ “たっ...
詰め込み型の実話映画。『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 (水曜日のシネマ日記)
1980年代に実在したテキサス出身の下院議員チャーリー・ウィルソンが、アフガニスタンに侵攻したソ連軍を撤退させるまでを描いた実話ベースの物語です。
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」みた。 (たいむのひとりごと)
ラストシーンから始まって、ラストシーンで終わる演出は結構好き。実話をもとにして作られた作品であり、結果が分っているからこその演出だけど、必ず最後にはプラスαがある。この作品でも、「でも、・・・」という
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー■嫌なやつら (映画と出会う・世界が変わる)
主演のトム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン。そして監督のマイク・ニコルズ。すべてアカデミー賞受賞経験者というすごい顔合わせの作品で期待するなという方が無理。しかもジュリア・ロバーツは久々の出演作!彼女とトム・ハンクスとは、...
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」と「美しい国」路線 (映画と出会う・世界が変わる)
正義と民主主義の名のもとに武力介入するアメリカの姿勢のナンセンスさについては、「地獄の黙示録」におけるフレンチ・プランテーションでクリスチャン・マルカン演じるその主人によって痛烈に語られる。マイク・ニコルス自身は、戦争における不条理と矛盾を「キャッチ2...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
たったひとりで世界を変えた本当にウソみたいな話。 お気楽議員が“ハート”と“奇蹟”で世界を変える!!「実話」を基にしたベストセラーを完全映画化!__常識では考えられない「型破り」な物語。 舞台は米ソ冷戦時代の1980年代。トム・ハンクス扮する主人公は、...
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 (purebreath★マリーの映画館)
           信じられない物語               でも 真実『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』監督・・・マイク・ニコルズ製作・・・トム・ハンクス/ゲイリー・ゴーツマン出演・・・トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア....
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (Diarydiary!)
《チャーリー・ウィルソンズ・ウォー》 2007年 アメリカ映画 - 原題 - C
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (C'est Joli)
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー’07:米 ◆原題:Charlie Wilson's War◆監督: マイク・ニコルズ「クローサー」「パーフェクト・カップル」◆出演:トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス ◆STORY◆下院議員チャ...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー/トム・ハンクス (カノンな日々)
「ハンティング・パーティ」とどことなく似てるような気のする予告編で、これも社会派エンターテイメント作品なのかなぁと思っていたら、何とこちらも実話に基づいた作品なんだそうですね。1980年代に実在したテキサス出身の下院議員チャーリー・ウィルソンが、世界情勢を...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価★★★★ 9,11テロの遠因がココにあった。
[Review] チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (Diary of Cyber)
テキサス出身の下院議員。熱心な信徒の大富豪。盗聴技術に才長けるCIAエージェント。 共通点は、頭の回転が速く行動力に優れ、問題に対し真っ直ぐに取り組んでいること。そして何より、性格に問題があること。「完璧な人間なんてこの世にはいない」の正に代表格とも言え...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (そーれりぽーと)
5.17「奇跡」が起きる! たったひとりで世界を変えた、本当にウソみたいな話。 『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』を観てきました。 ★★★ またまた、的のハズれたコピーにムカムカしながらエンドロールを観ていた。 考えた人、頭おかしいんちゃうか。 ジュリア・ロ...
【映画】 チャーリー・ウィルソンズ・ウォー 公開記念特集 最終回 (Coffee and Cigarettes)
今回は、映画「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 下院議員チャーリーは、酒と女が好きなお気楽政治家。しかし、その内面では、平和を愛...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (だめ男のだめ日記)
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」監督マイク・ニコルズ出演*トム・ハンクス(チャーリー・ウィルソン)*ジュリア・ロバーツ(ジョアン・ヘリング)*フィリップ・シーモア・ホフマン(ガスト・アブラコトス)*エイミー・アダムス(ボニー・バック)*ネッド・ビーティ....
*チャーリー・ウィルソンズ・ウォー* (Cartouche)
{{{   ***STORY*** 下院議員チャーリーは、酒と女が好きなお気楽政治家。しかし、その内面では、平和を愛するゆるぎない心を持ち、ソ連の攻撃に苦しむアフガニスタンを常に気にしていた。国防歳出小委員会がアフガニスタン支援に500万ドルしか用意していな...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
「ランボー 怒りのアフガン」公開当時の出来事w
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー Charlie Wilson's War (いい加減社長の映画日記)
ほんとは、昨日アップするつもりだったんですが^^; ポイントが使えたので、土曜日の10:45の回で、「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」を選択。 ストーリーもキャストも、コメディタッチの感じも、好きな感じだったので。 「UCとしまえん」は、ちょっと多めかな...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (利用価値のない日々の雑学)
オスカー作品賞に輝いた 「ノー・カントリー」と同年代が舞台の作品である。9.11以降のアメリカから揺るぎい自信が失われたのか、特にメディア系はやたらと過去に遡ろうとする。アフガンという地域との関係を考えると、それはこの時代1979年に始まっているからであろ...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー(2007年) (勝手に映画評)
9.11の原点。実話です。映画館での予告編や、TVCMでは、お気楽な音楽と、コミカルなチャーリー・ウィルソンの日常が見られますが、それは一部しか描いていないことが(予告編なので一部なのは当然ですが)、本編を見て認識させられました。 あの時点で、アフガニスタン紛...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (Lovely Cinema)
JUGEMテーマ:映画館でみました! 2007年/アメリカ 原題:CHARLIE WILSON'S WAR 監督:マイク・ニコルズ 出演:トム・ハンクス(チャーリー・ウィルソン)    ジュリア・ロバーツ(ジョアン)    フィリップ・シーモア・ホフマン(ガスト)    エイミー・...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (ぷち てんてん)
☆チャーリー・ウィルソンズ・ウォー☆(2007)マイク・ニコルズ監督トム・ハンクスジュリア・ロバーツフィリップ・シーモア・ホフマンエイミー・アダムスストーリー下院議員チャーリーは、酒と女が好きなお気楽政治家。しかし、その内面では、平和を愛するゆるぎない心を持...
【2008-120】チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!)
人気ブログランキングの順位は? 信じられない物語 でも真実 たったひとりで世界を変えた 本当にウソみたいな話。 “Based On The True Story”
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 (cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー)
トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマンの豪華共演による政治風刺ドラマ『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』を観てきましたー。観たのはユナイテッド・シネマとしまえんで22:00の回。平日のこんなレイトショーの上映回だったので、お客さ....
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー(映画館) (ひるめし。)
たったひとりで世界を変えた 本当にウソみたいな話。
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 不遜な国アメリカ (はらやんの映画徒然草)
劇中ウィルソンが、ソ連のアフガニスタン進行を防ぐために武器供与の資金を捻出するた
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (映画初日鑑賞妻)
★★★ 豪華キャストでアメリカ万歳! きっとアメリカでは受けるだろうけど、ちょっと気に食わないね。 ジュリア・ロバーツがマダムンムンだよ。 アメリカ映画って、こんなのが基本なのかしら? 「大いなる陰謀」と比べてみるといいかも。
★チャーリー・ウィルソンズ・ウォー(2007)★ (CinemaCollection)
CHARLIEWILSON'SWARたったひとりで世界を変えた本当にウソみたいな話。“BasedOnTheTrueStory”上映時間101分製作国アメリカ公開情報劇場公開(東宝東和)初公開年月2008/05/17ジャンルコメディ/ドラマ【解説】米ソ冷戦終結の真の立役者とも評されるテキサス選出の下院議員...
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」観てきました♪ (りんたろうの☆きときと日記☆)
☆「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 監督:マイク・ニコルズ 出演:トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ネッド・ビーティ、オム・プリ、エミリー・ブラント、ケン・ストット、ジョン・スラッテリー、デニス...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー(★★) (おっさんノングラータ)
チャーリーとテロリスト工場 サイト 点数備考IMDb7.5goo映画69点超映画批評70点今週のオススメ 予告編では「70点」くらいの映画を期待していたが、外してしまった。わずか101分の映画が長いこと、長いこと。 タイトルのチャーリー・ウィル...
塞翁が馬~『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 (真紅のthinkingdays)
 CHARLIE WILSON'S WAR  1980年代、東西冷戦の最中。ソビエトの侵攻により荒廃したアフガニスタンを 救うべく、一人のテキサス男が立ち上が...
映画 「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 (ちょっとひとことええでっかぁ~♪)
この映画は実話を基に作られた映画だそうです。 判りにくい戦争の歴史がどうなって現在に至っているのか理解出来たと思う。 久しぶりにスク...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (5125年映画の旅)
テキサス州の下院議員チャーリー・ウィルソン。彼は秘書に美女を集めたり朝から酒を飲んだりの駄目議員だが、政界に独自のコネクションを持つ隠れた一面を持っていた。彼は大富豪の愛人ジョアンナからソ連に侵略されているアフガンを救って欲しいと頼まれる。乗り気で...
チャーリ-・ウィルソンズ・ウォー を観ました。 (My Favorite Things)
予告編でつられてしまった1本です。実話がベース。アメリカもこんな時代があったか?と思われますが…
【チャーリー・ウィルソンズ・ウォー】 (日々のつぶやき)
  『たった一人で世界を変えた、本当にウソみたいな話』 監督:マイク・ニコルズ 出演:トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、エイミー・アダムス、フィリップ・シーモア・ホフマン 「テキサス出身の下院議員チャーリー・ウィルソンはお酒が大好きなお気...
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 (kuemama。の<ウェブリブログのへや>)
【CHARLIE WILSON'S WAR】 2007年/東宝東和/101分 【オフィシャルサイト】 監督:マイク・ニコルズ 出演:トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (悠雅的生活)
「 いずれ わかるさ」      
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (迷宮映画館)
予告の印象とは全然違って、硬派な真面目な政治映画だった。
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」□監督 マイク・ニコルズ □原作 ジョージ・クライル □脚本 アーロン・ソーキン □キャスト トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ネッド・ビ...
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 @日劇 (映画な日々。読書な日々。)
酒と女が大好きだが信念もある下院議員チャーリーは、反共産主義者で大富豪の恋人ジョアンヌにパキスタンに行くことを薦められる。現地に赴いたチャーリーはソ連軍の侵略から逃げる大量のアフガニスタンの難民たちの姿にショックを受け、ソ連軍と戦うゲリラたちに武器を密...
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 (きぶんしだい)
トム・ハンクス主演『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』をTOHOシネマズなんばにて鑑賞 ●あらすじ● 1980年代、アメリカとソ連が冷戦中だった頃・・・ 下院議員チャーリー(トム・ハンクス)は、反共産主義者であり大富豪のジョアンヌ(ジュリア・ロバーツ)にパキスタ...
映画を観た~チャーリー・ウィルソンズ・ウォー~ (垂直落下式どうでもいい話)
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』を観ました。 自由を追求するための節度はけっして美徳ではない。 正義を追求するための過激主義はけっして悪徳ではない。 ストーリー&解説:下院議員チャーリーは、酒と女が好きなお気楽政治家。しかし、その内面では、平和...
酒と美女と武器と (CINECHANの映画感想)
133「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」(アメリカ)  テキサス選出の下院議員チャーリー・ウィルソンは?チャーリーズ・エンジェル?と呼ばれる美人秘書軍団を引き連れ、朝の10時からウィスキーを飲むという、美女とお酒をこよなく愛するお気楽議員。それでも、根...
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 2008-No30 (映画館で観ましょ♪)
↓この人がチャラチャラと楽しそうにしている予告を観たから もっと楽しい映画かと思ったら・・・違った。 で、 ワタシはこの映...
トム・ハンクスの「チャーリー ウイルソンズ ウォー」を観た! (とんとん・にっき)
たった一人で世界を変えた、お気楽政治家の世紀のプロジェクト!下院議員チャーリーは、酒と女が好きなお気楽政治家。しかし、その内面では、平和を愛するゆるぎない心を持ち、ソ連の攻撃に苦しむアフガニスタンを常に気にしていた。国防歳出小委員会がアフガニスタン支
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (まぶスク 瞼のスクリーン)
オススメ度 ★★★★☆(3・7) 「純粋にソ連・バッシング。」 久々のトム・ハンクスとジュリア・ロバーツと演技派フィリップ・シーモア・ホフマンが織成すソ連アフガン紛争を背景とした実話からなる社会派コメディ。
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 懐かしの特撮マン (『パパ、だ~いスキ』と言われたパパの映画日記)
当時のアフガン情勢に目をつけてたの俺! って後出しじゃんけんの映画ちゃうん? と思ったけど、“9・11”の元凶かも知れんわ俺(トホホ)って映画でしたが、 実はあの『スター・ウォーズ』のデス・スターのドッグファイトを手がけたリチャード・エドランドによる特撮シー...
いずれわかる。~「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」~ (ペパーミントの魔術師)
映画を見る前から引っかかってた言葉。 このお話はやがて9・11へとつながっていく。 でも、80年代のアフガンの現状を見て 何とかしたいと思った彼の気持ちは本当だったと思うし 実際ソ連がアフガンから撤退したことで アメリカへ迫りくる恐怖もなくなった。 後に...
映画 『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 (Death & Live)
このBlogで、もう何度も言ってますが、 フィリップ=シーモア・ホフマンのファンでして、 トム・ハンクスには興味無かったのですが、 とりあえず観ちゃうワケです。 『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』  2007年 原題 : CHARLIE WILSON'S WAR 監督 : M...
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』'07・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ酒と女が大好きな下院議員チャーリー(トム・ハンクス)は反共産主義者で大富豪の恋人ジョアンヌ(ジュリア・ロバーツ)にパキスタンに行くことを薦められる。現地に赴いたチャーリーは、ソ連軍の侵略から逃げる大量のアフガニスタンの難民たちの姿にショックを受け・...
★ 『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』 (映画の感想文日記)
2007年。アメリカ。"CHARLIE WILSON'S WAR". マイク・ニコルズ監督。  トム・ハンクス主演。  面白い映画だったが、今年見た映画の中でもっともうさんくさい映画だった...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー ウソみたいな本当の話!? (銅版画制作の日々)
    たったひとりで、世界を変えた本当なの?   パ~イ♪パ~イ♪ミスター・アメリカンパイ♪、懐かしいメロディにのせて始まるよ!   6月17日、MOVX京都にて鑑賞。予告編を見る限り、コメディかと思った。だが主題となるのは戦争だった。主人公...
【映画感想】チャーリー・ウィルソンズ・ウォー(トム・ハンクス、ジュリア・ロバーツ共演) (映画+小説+家族=MyLife)
チャーリー・ウィルソンズ・ウォートム・ハンクス, ジュリア・ロバーツ, フィリップ・シーモア・ホフマン, マイク・ニコルズおすすめ平均 単なるアメリカ万歳映画では無かった超シニカル・コメディ2大スターの売りだけの先入観は捨てて見て下さい…サクセス・ストーリーの...
mini review 08331「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」★★★★☆☆☆☆☆☆ (サーカスな日々)
1980年代に実在したテキサス出身の下院議員チャーリー・ウィルソンが、世界情勢を劇的に変えた実話を映画化したコメディディータッチのヒューマンドラマ。『卒業』のマイク・ニコルズがメガホンを取り、アフガニスタンに侵攻したソ連軍を撤退させてしまう破天荒な男の姿を...
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
テキサス選出の下院議員チャーリー・ウィルソン(トム・ハンクス)は、美女とお酒をこよなく 愛するお気楽議員。そんなチャーリーはある日、テキサスを代表する富豪の女性ジョアン (ジュリア・ロバーツ)から、ソ連の侵攻に苦しむアフガニスタンの人々を救ってほしいと頼...
【映画】チャーリー・ウィルソンズ・ウォー…の記事&お父さんお母さんありがとう^^ (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_snow/} 年末年始は実に調子良く更新していた当ブログですが、一度サボるとダメです{/face_ase2/} 全然更新しなくなってしまいました{/face_ase1/}{/ase/} 更新しない事に特に弊害は無いと思いますが{/face_ase2/} 頂いたコメントへの返事を全く...
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー (Blossom)
チャーリー・ウィルソンズ・ウォー CHARLIE WILSON'S WAR 監督 マイク・ニコルズ 出演 トム・ハンクス ジュリア・ロバーツ     フィリッ...
映画評「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆(6点/10点満点中) 2007年アメリカ映画 監督マイク・ニコルズ ネタバレあり
『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』(2007) (【徒然なるままに・・・】)
酒と女に目がないお気楽議員が、ふとした切っ掛けからCIAを巻き込み、アフガニスタンを援助。遂にはソビエト連邦の侵攻を食い止めた、というウソのようなホントの話の映画化作品。 トム・ハンクスが主演とプロデュース、他にジュリア・ロバーツ、フィリップ・シーモア...
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」(2007... (楽天売れ筋お買い物ランキング)
「チャーリー・ウィルソンズ・ウォー」(原題:CharlieWilson'sWar)は、2007年公開のアメリカの映画です。2003年に発売されベストセラーとなったジョージ・クライルによる同名のノンフィクシ...