★☆ひらりん的映画ブログ☆★

映画の難しい説明は他人に任せて、ひらりんは簡潔に箇条書きで映画を語ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

★「嫌われ松子の一生」

2006-06-11 03:38:51 | 映画(か行)
たまには邦画でも・・・(なんでーーー)
たまにはTOHOシネマズ川崎に・・・(なんでーーー)
下妻物語の監督の最新作だから・・・(なんでーーー)
見てみることにしてみました。
そう、この映画の主人公は「何でーーーー」ばかりの人生。

主演は中谷美紀
2006年製作のチョいファンタジー系転落コメディ・ドラマ、130分もの

あらすじ
主人公は、川尻松子、昭和22年福岡県生まれ。
お姫様のように生きていきたかったのに・・・
波乱万丈・驚天動地な人生・・・
おい待て・・驚天動地って・・なに?(意味は=世間を非常に驚かせること)
そんな彼女が53歳で閉じたツマラナイ生涯を・・・
甥っ子が、ひも解いていきます。

ここからネタバレ注意↓
(反転モード・・・左クリックのままマウスを動かしてね)
松子の不幸は、まずは家庭環境。
病気がちな妹にかかりっきりの両親の気を引こうとした松子の作戦は「変な顔」
まっ、ここでは「たこ顔」とでも表現しときましょうか・・。
ピンチになるとこの「たこ顔」になっちゃう松子。
この顔・・・「あしたま」の濱田マリに似てるなぁ・・・と思ってたら、
後で、母親役で登場して来ました。
話は中学教師になった松子、生徒の万引きをかばって、逆にクビに・・・。
作家志望の暴力男と同棲・・一途に尽くすが彼・・自殺。
ライバル作家の愛人になるが・・・妻にばれて破局。
ソープ嬢になり、トップを極めるが・・・時代の流れに勝てず、クビに。
ホテトル嬢になり・・相棒と内輪もめの末、惨殺・・・
上京し、玉川上水にて入水自殺を計るが理髪店店主に助けられ・・・同棲。
幸せをつかみかけるが・・・刑事にみつかり・・・刑務所に。
8年後出所するが・・・理髪店店主は妻子持ち・・・
せっかく所内で、手に職付けて美容師の資格取ったのに・・・
そんなこんなのうちに・・・
教え子の龍に再会・・・万引きをかばった子。
龍はやくざの舎弟・・・だけど、ボコボコにされながら同棲。
所内で知り合った親友の沢村めぐみには心配されてるが・・・
その龍が、組の金を横領し・・・終われる身に・・・
結局・警察に自首し・・・刑務所送り・・・待つ・・・一途な松子。
でも、出所しても殴られて、逃げられる松子。
その後、一人暮らしを始め・・・引きこもり生活開始。
ブヨブヨに太りだす松子・・・よくなあこんなデブ役まで引き受けた中谷美紀。
アパートはさしずめゴミ屋敷に・・・
心配して渡してくれた親友・めぐみの名刺も荒川土手に捨ててきちゃった。
夜中、思い返して一念発起・・・
めぐみの名刺を探しに土手に行ったら・・・
夜遊びしてた不良中学生??いや小学生かなぁ??に撲殺されちゃった松子。
53歳の生涯の終わりでした。。。

いやいや、ジェットコースターというよりは・・・
下に落ちるだけのフリー・フォール人生って感じかなっ。
ひらりんがこの作品で気に入った点は
ミュージカル調になって歌ったり・・・
ファンタジー系みたいに、お花が映像にちりばめられたり・・・
チョイ役でいろんな人を使ってたり・・・
隣の住人ロッカーはガレッジセールのゴリ・・・
愛人になった作家は「劇団ひとり」で、その妻は光浦靖子の相方のオアシス・大久保・・
劇中のテレビの放映はたいてい片平なぎさの「サスペンス劇場」だし・・・
(ちなみにひらりん、百恵ちゃんより片平なぎさ派でした)
とにかく、波乱万丈・・・お騒がせかな人生でしたね。

ところでひらりん、この映画・・・海外に持って行っても面白いんじゃないかと思ったっ。
結末は、治安の悪くなった東京で、夜遊びしてた子供に殺されちゃったけど・・・
身内も・・他人も・・・ツマラナイ人生だと思われてても・・・
その場だけでも一途に・・・
不器用だったけど・・・
一生懸命生きてた松子は幸せだったのでは・・・
と、甥っ子は感じたのでは。
服役した松子の教え子の龍はキリスト教に出会い・・・
なにをしてもらったかではなく・・
なにをしてあげられたか・・・
を学んだ・・・。
こーーんな、突拍子もない人生でも・・・
松子本人にとっては、素直な幸せな人生だったといえるでしょうね。

ここまでネタバレ注意↑

この映画のひらりん的関連作は
中谷美紀のエルメス・「電車男」は、今度見ようと思いますっ。


という事で今回は
転落人生度・・・
ハチャメチャ不器用人生だけど・・さわやかというか潔いというか・・・。

 
ところでひらりんは「人気ブログランキング(映画)」でも頑張ってます。
ひらりんのブログを気に入ってくれたら↑↑クリックしてね。

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (9)   トラックバック (132)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「ヴェニスの商人」 | トップ | ★「インサイド・マン」 »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (hi-lite)
2006-06-17 12:46:08
TBありがとう。

皆さんがこの映画を記事に取り上げてるって事は…

やはり、それなりに印象深い作品って事なんでしょうね?
エルメス♪ (メビウス)
2006-06-17 21:43:54
こんばんわ♪TB有難うございました♪



あ〜、海外に持って行ったら意外に受けるかもしれませんねコレ♪中谷美紀の弾け演技は外国人も笑わせてくれそうですね♪



※エルメスで思い出しましたが、中谷美紀は今度電車男のようなオタク女の役として何かの映画に出演するとか聞きました。
松子 (b.bardot)
2006-06-18 15:35:38
またまたTB、ありがとうございました!

ひらりんさんの鑑賞ラインナップを観ていると、結構かぶっていて嬉しいです。

カサノバの前売券を買ってあるので、今度観てきます
TBありがとうございます♪ (奈緒子と次郎)
2006-06-19 09:33:36
すごい激しい映画でしたよね。

なにをやっても裏目に出る松子の人生。

すっごく暗い話なのに、あの、の〜天気な演出に

沢山笑ったし、沢山泣きました!
TBありがとうございました (COO)
2006-06-20 17:13:13
ひらりんさんの記事を読むと、いつも、映画の情景がまた新鮮に蘇ってきますね。。

人生って、他人が評価するものではないけど、

プラスの方向で認めてくれる人間がいてくれたら、

だいぶ変るんだろうなあ……

あなたは今、幸せですか?って、問われてる気がしました。



はじめまして (ヤイリ)
2006-06-25 21:35:42
ヤイリと申します。

TB有難うございました。

中谷美紀さんのタコ顔イイですよねw

美人の変顔にヤラれました。



ひらりんさんのブログは素晴らしいですね。内容を思い出して振り返りながら拝見できるから。
TB感謝。 (ねす)
2006-06-26 13:58:59
はじめまして。

個人的には「だめんずうぉ〜か〜」を思い出して、

イマイチだったなぁ・・・。

内容云々じゃなく、あれだけ転落の人生を歩まれて

しまうと、逆にドン引きしてしまうというか。

なんせDVやらセクハラやらのオンパレード。

もう少し学習せいよ、って思った自分はカタブツで

面白みのない人生を歩んでいるのかもしれません(笑)

駄文失礼。
おはようございます! (猫姫少佐現品限り)
2006-07-02 05:55:43
いつもありがとうございます!

わぁ〜!うれしい!!

他の方のブログ、まだ見ていないのですが、、、

松子のあの顔、濱田マリですよね!
こんばんは (マカ)
2006-12-29 18:23:58
TBありがとうございました。
ホント、よくこの役引き受けましたよね〜中谷美紀。
女優魂を感じました。スゴかったです。
何気にキャスティングも豪華でした。
最後が悲しいですよね・・・撲殺って・・・

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

132 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
嫌われ松子の一生 (ミタマンマ)
見た日にち:6月5日 見終わった感想:サントラ欲しぃ〜!! 【昭和22年、福岡県で生まれた川尻松子(中谷美紀)。歌が好きで音楽教師になるも、セクハラ教師のせいで辞職に。ここから、松子の転落人生が始まっていく。愛を求める松子の前にはさまざまな男が ...
映画:嫌われ松子の一生 試写会 (駒吉の日記)
嫌われ松子の一生@TFMホール 「♪ま〜げて〜のばして〜おほしさまをつかもう〜♪」」 予告では悲惨なストーリーにカラフルな映像、派手な音楽・・・まさか泣かされるとは思ってなかったです。主演の中谷さんは監督と大バトルだったそうで・・・エロとか ...
嫌われ松子の一生 (UkiUkiれいんぼーデイ)
“生れて、すみません。” 松子の一生は、駆け足のように足早に・・・ ・・・その中で人を愛し・・・ ・・・誰よりも前向きに精一杯に生きた一生でした。 その松子の人生に、私は・・・ 涙がでました! “意気消沈”している日本映画において、 ...
「嫌われ松子の一生」史上最悪の男運でも男を愛し続けた一生 (オールマイティにコメンテート)
「嫌われ松子の一生」は昭和22年(1947年)福岡県大野島生まれの川尻松子の波乱万丈の一生を描いた作品である。これだけ不幸で、史上最悪な男運の女性がそれでも男たちを愛してやまなかった人生をコミカルに描いている。
『嫌われ松子の一生』 (*Sweet Days*  ~movie,music etc...~)
監督:中島哲也  CAST:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介他 平成13年、東京に暮らす川尻笙(瑛太)は、父親に叔母の川尻松子(中谷美紀)が住んでいたアパートを片付けるよう頼まれる。松子は荒川河川敷で遺体となって発見された。松子のことを知らない笙は仕 ...
嫌われ松子の一生/memories of matsuko (我想一個人映画美的女人blog)
"嫌われ松子"の転落人生をギュッと凝縮した130分! 試写にてちょっとだけ早く観てきました{/kirakira/} 面白かった〜{/onpu/} {/onpu/} 長さなんて全然感じさせないほどテンポ良く魅せる{/kirakira/} 原作は同名の山田宗樹のベストセラー本。 嶽本野ばら原作の ...
映画「嫌われ松子の一生」 (茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜)
昭和22年福岡で生まれ、男に恵まれず堕ちて53年の生涯を荒川の河川敷で閉じた一人の女性。山田宗樹の小説"嫌われ松子の一生"の映画化。 川尻松子(中谷美紀)、物語は松子の生涯に興味を抱いた甥(瑛太)が、彼女に成り代わり一生を回想するよ ...
嫌われ松子の一生 (Imagination From The Other Side)
山田宗樹原作の奇想天外な女の一生を描いた同名小説を映画化した作品。 出演は中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、蒼井そら、柴咲コウ、片平なぎさ、ゴリ、榊英雄、谷原章介、甲本雅裕、宮藤官九郎、劇団ひとり ...
映画@嫌われ松子の一生 (sattyの癒しのトビラ)
川尻松子は、お姫様みたいに幸せな人生に憧れていた しかし、20代で教師をクビになり、家を飛び出して風俗嬢に その上ヒモを殺害して刑務所へ送られるわの、壮絶な不幸の連続 ありえないぐらいの不幸に揉みくちゃにされながらも、誰かを愛し、 傷ついても、その人 ...
嫌われ松子の一生@シネクイント (ソウウツおかげでFLASHBACK現象)
地肌から2センチほど厚塗りした人が、スープの表面5センチほどに背脂が浮いたラーメンと、皿に1センチほどの油が敷かれたギョーザを食べているような、こってり具合だった。いろいろ施されている。手段を選ばない美学を感じた。監督の中島哲也は撮影中に主演の ...
『嫌われ松子の一生』 (試写会帰りに)
『嫌われ松子の一生』試写。 終盤からラストまで、涙が止まらなくなりました。 何故なのか? 自分でもわからないほどに。 松子は、女の子なら誰もが持っている感情の固まりで、その行く末も、哀しいけれど、誰でも行きつく先なのです。 少女の頃は、誰でも白馬の ...
感想/嫌われ松子の一生(試写) (APRIL FOOLS)
『下妻物語』でその名を知らしめた中島哲也監督の新作『嫌われ松子の一生』。5月27日いよいよ公開! これ必見!! 嫌われ松子の一生 最高に不運で不憫で不器用な女、川尻松子の一生を紐解くお話。親の愛を得るために心を砕くも受け入れられない。教師になって生 ...
映画 「嫌われ松子の一生」 (ようこそMr.G)
映画 「嫌われ松子の一生」 を観ました。
嫌われ松子の一生 (日っ歩〜美味しいもの、映画、子育て...の日々〜)
ある日、荒川の河川敷で女性の他殺体が発見されます。川尻松子(中谷美紀)、53歳。今まで彼女の存在を知らずにいた甥の笙(瑛太)は、松子の弟である父親(香川照之)に頼まれ、松子の住んでいた部屋の後片付けをすることになります。乱雑jな部屋を片付けながら ...
嫌われ松子の一生 (Barbarossa Blog)
映画「嫌われ松子の一生」観賞下妻物語級に笑えるかと思っていたら、意外とそうでもなかったですね。とにかく悲惨な人生に彩られた松子の一生。「これでもか」と見せつけてくれました。それにしても、中谷美紀ちゃんの体当たり演技がナイス。よくまぁ、あれだけの ...
映画よりも面白い 『嫌われ松子の一年』 (海から始まる!?)
 映画『嫌われ松子の一生』は、  ?主人公・松子の堕ちっぷりが見事  ?その松子を演じる中谷美紀の“ここまでやるか”感が凄い!  ?宮藤官九郎、劇団ひとり、武田真治、荒川良々、伊勢谷友介等、松子をめぐる男たち&その他のキャストが豪華で、ゴージャス! ...
『嫌われ松子の一生』 (映像と音は言葉にできないけれど)
Jポップの中谷美紀のファンだったのに...今では立派な女優さん。あぁ、アルバム『食物連鎖』の頃が懐かしい。そんな中谷美紀。今では結構な年齢です...か?
嫌われ松子の一生 (きょうのできごと…http://littleblue.chu.jp/)
かなり、映画感想アップしてないのがあるんですけど…。 (約5作品あげてないw) 先に舞台挨拶付きで観せて頂いたし、 大好きな中谷美紀さん主演の映画なので 感謝(宣伝?)の意味も込めてこちらを!(笑) 「嫌われ松子の一生」2006年公開・邦画・PG ...
元が元だけに・・・・ 「嫌われ松子の一生」 (平気の平左)
評価:70点 嫌われ松子の一生 いや、すごいエンターテイメントしてましたね。 映像もすごいポップで斬新ですし、どこまでも暗くなってもおかしくない場面をミュージカルにすることで、楽しい雰囲気にしてしまう。 「深夜のサスペンス」(だっけ?)とか、色 ...
嫌われ松子の一生 (まったりでいこう〜)
下妻の監督さん第2弾です。いや〜すっごく楽しめる作品でした!!下妻もよかったけど、私は松子のほうが好きですね〜。中谷美紀さんの演技がもうすごくて、ある意味そこまでやるかー!?ってな感じでした。でもどんな演技をしても美人さんなんですよね。そしてな ...
【嫌われ松子の一生】 (空の「一期一会」)
★とても不思議な作品でした。原作はずっと、読むのを我慢していたので映画を観たこ
シネマ日記 嫌われ松子の一生 (skywave blog)
まさに、下り坂を転げ落ちる人生。こんなに暗い話だとは、思っていませんでした。予告編はミュージカル仕立ての下妻物語風だったので、軽めに楽しむつもりだったのですが・・・
★「嫌われ松子の一生」 (スナフキン・レポート♪)
原作を二日で読み、映画を見たと言うスナJr.の「面白いよ〜。でも原作読んでからの方が・・」とのアドバイスも・・ふり切って「嫌われ松子の一生」見てきました。公式サイトはこちらしかし“映画として”ホント面白かったですミュージカル・ファンなら・・必見 ...
嫌われ松子の一生 (Kinetic Vision)
松子(中谷美紀)の人生を客観的に眺めれば、不幸とか悲惨とか、そういう言葉が思い浮かぶかもしれない。しかし、彼女はいつも楽しい歌を口ずさんでいて、彼女の意識の中ではかわいら
映画「嫌われ松子の一生」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「嫌われ松子の一生」 山田宗樹の同名小説の映画化。松子のあの壮絶な転落人生をここまでエンタテインメント作品にしてしまうとは驚いた!原作からはタイトルと話の流れのみを借りてあとは中島監督の脚色によって別印象に仕上がっている。 ケバケバし ...
「嫌われ松子の一生」演出過剰 (小生の映画日記)
ストーリー: 昭和22年・福岡県大野島生まれの川尻松子(中谷美紀)は、お姫様みたいに幸せな人生に憧れていた。しかし、20代で教師をクビになり、エリート街道から転落、家を飛び出して風俗嬢になってしまう。その上ヒモを殺害して刑務所へ送られ、壮絶な不幸の ...
ついに観ました!嫌われ松子の一生 (銅版画制作の日々)
「嫌われ松子の一生」はかなりの人気らしいあちらこちらのブログでも、皆が絶賛しているという事で、水曜日のレディースディに観に行ってきた。上映時間までは、まだ30分以上あったので、それほど人もいなかったが・・・・時間が経つにつれて、来る!来る!次々 ...
嫌われ松子の一生☆独り言 (黒猫のうたた寝)
ま〜げて♪伸ばして〜 お星様をつかもう♪ 冒頭とラストでこの曲の思い入れ度がこんなに変化するなんて思わなかったなぁ 音楽の使い方とテンポのよさ、ファンタジックにデフォルメされた映像に 『ムーラン・ルージュ』を連想しちゃったのは猫でした(笑) 今 ...
嫌われ松子の一生 (ネタバレ映画館)
 波乱万丈転落人生、でも松子は神や天使のような存在。だって相手の男が、クドカン、劇団ひとり、荒川良々etcだもん・・・恋なんて嘘だな・・・
嫌われ松子の一生 (シャーロットの涙)
ポップでディズニー的?なミュージカル仕立ての底抜けに明るい映画と思いきや…ちょっとほろり(いや、涙ぽろり)とさせられる映画だった。 昭和という時代背景に、そこに生きた一人の不運続きの女性の一生。 それが嫌われていたかというとそんな事もなく、好か ...
『嫌われ松子の一生』 (京の昼寝〜♪)
松子。人生を100%生きた女。 ■監督・脚本 中島哲也■原作 山田宗樹(「嫌われ松子の一生」幻冬舎文庫)■キャスト 中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、木村カエラ、蒼井そら、柴咲コウ□オフィシャルサイト   『嫌わ ...
嫌われ松子の一生 (迷宮映画館)
ベストセラー小説、『嫌われ松子の一生』が映画になった!福岡で生まれた川尻松子。歌が好きで、勉強もできたどこにでもいそうな普通の女の子。親の望むまま、中学校の先生になり、順風満帆の未来が見えてたはずだった。のだが・・・。 お金を盗んだ、盗まないの ...
「嫌われ松子の一生」(山田宗樹著) (京の昼寝〜♪)
  「嫌われ松子の一生」(山田宗樹著)【幻冬舎文庫】 川尻松子の波乱万丈な人生を描いた作品。主人公川尻松子、昭和22年、福岡県大野島生まれ。20代で教師をクビになり、エリートから転落して家を飛び出しソープ嬢に。やがてヒモを殺害して刑務所へ…。 ...
映画「嫌われ松子の一生」を観て (とみのひとりごと)
 大泣き。
嫌われ松子の一生を見に行った 2度目 (きまぐれぶろぐ)
原作本を一昨日買って、上巻の真ん中へんまで読んでいたんですが、インタビュー記事満載という噂の映画のパンフレットが欲しくなってしまいました。それでパンフレットを買うついでに「嫌われ松子の一生」をもう一度レイトショーで見に行ってしまいました。先週見 ...
嫌われ松子の一生 (欧風)
「下妻物語」と言えば、前も書きましたが、私の終身名誉映画。永遠の1位です。未だに観ていないなどと言う不届き者は、日本にはもう居ないと思いますが、万が一観てない場合は今すぐレンタル屋にダッシュして観るべし! その終身名誉映画を撮った、終身名誉監 ...
Memories of Matsuko (haljion_blog)
夕方からちょこっと映画館へ。『嫌われ松子の一生』を観に。 数えきれないくらいの色
嫌われ松子の一生 (猫野トクコの生活)
と、とにかく、忙しい映画ですよ。目にも、耳にも、心にも!2時間以上の長さはちっとも感じませんでした。オススメ!
「嫌われ松子の一生」 Memories of Matsuko (俺の明日はどっちだ)
いやはや何とも、ひと言では言い表せない超弩級の新たなる映画というべき作品。 とにかくそんな手があったのかという独特の映像表現にすっかり楽しませてもらった。 話そのものは今まさに2007年問題として話題となっているいわゆる団塊の世代である昭和22年(1947 ...
「嫌われ松子の一生」 (てんびんthe LIFE)
「嫌われ松子の一生」TOHOシネマズ六本木ヒルズ スクリーン7で鑑賞 2時間サスペンスの女王 片平なぎさ 何とも…、こんな映画初めて見ました。映画をを見る前にスポーツクラブにいてバイクをこぎながらぼおーーっとTVを見ていたらちょうどこの作品のメイ ...
映画〜嫌われ松子の一生 (きららのきらきら生活)
 「嫌われ松子の一生」公式サイト「下妻物語」の中島哲也監督最新作、観て来ました昭和22年・福岡県大野島生まれの川尻松子(中谷美紀)は、お姫様みたいに幸せな人生に憧れていた。しかし、20代で教師をクビになり、エリート街道から転落、家を飛び出して風俗嬢 ...
『嫌われ松子の一生』 (ラムの大通り)
----『下妻物語』の中島哲也監督の新作。 前作が大絶賛されただけに注目度も高いよね。 「う〜ん。これはある意味、スゴい問題作だね。 どう評価していいのか、 一言で言えばこんな映画観たことがない。 これまで彼が豊川悦司&山崎努の卓球対決(『サッポロ黒ビー ...
嫌われ松子の一生 (銀色ボンド)
なんか・・痛いな。 と 思った。映像はキレイだけども ゴッチャリ感がちょっと気になる気もする。・・・まぁでも、キレイなお姉さん(中谷美紀)で 帳消しですよ。2時間は 気にならなかったな。下妻物語よりは 大人向け。オコサマ見ちゃダメよ制限が つい ...
嫌われ松子の一生/MEMORIES OF MATSUKO (何を書くんだろー)
「嫌われ松子の一生」 MEMORIES OF MATSUKO 評価 ★★★★☆ (原作チェック済み評価・★★☆☆☆) 『あらすじ』  親元を遠く離れ東京で独り暮らしをする笙。恋人に愛想尽かされ、目指していたハズのミュージ シャンとゆー ...
嫌われ松子の一生 (Black Pepper's Blog)
ずいぶん前、5/30に「嫌われ松子の一生」を観てきました。 山田 宗樹の壮絶な原
嫌われ松子の一生 (ドリアンいいたい放題)
本日、仕事前に劇場にて鑑賞 ブラボ〜!! と拍手をしたかったくらい良かった!! (一人でやる勇気はありません。。。) 前評判も高いし、 下妻物語の中島哲也監督作品だし、 予想を遙かに上回り素晴らしかった。 ストーリーや脚本、演出も素晴ら ...
嫌われ松子の一生 (5125年映画の旅)
『下妻物語』の中島哲也監督最新作。下妻が好きなので期待してたんですがこれはちょっと・・・・・。 僕はこの映画に明るいコメディを求めて観に行きました。この映画は確かにコメディ要素が満載でしたが決してコメディではない。ここが僕には致命的でした。 ...
嫌われ松子の一生・・・・・映画館 (ぷち てんてん)
最近邦画ばかり見ているなあ〜。これは先週見たんですけどね。今日は『花よりもなお』見て来たし、これから見たいと思うものも『デスノート』や『TORCK2』等、邦画が多いんですよね〜〜。この『嫌われ松子の一生』の原作は、文庫本(上・下)で読みました。私とし ...
終わらない物語@嫌われ松子の一生 (憔悴報告)
「川尻松子の一生を観る」ことはできない。 いかなる「もっともらしさ」で囲まれていたとてそれは多かれ少なかれ嘘である。
嫌われ松子の一生 (Akira's VOICE)
色彩豊かに歌い上げる人間讃歌♪
「嫌われ松子の一生」■装飾過剰映像満載作品 (映画と出会う・世界が変わる)
ふりかえってみれば、「プロデューサーズ」には悪役と言われる人物はいなかったように思う。主人公たちに対立するものはなく、主人公の行動を阻害する状況が、その機能を果たしていた。ただ、強いて言えば、悪役の代わりとなるものは、観客自身であったのではない ...
【映画】嫌われ松子の一生 (イーヨーのミミ)
女の子なら誰だって、お姫様みたいな人生に憧れる。昭和22年・福岡県大野島生まれの川尻松子も、そのひとり。でも、現実は…窃盗事件が起きて、うっかり自分まで窃盗してしまう松子。教師をクビになって、家出して、男と同棲。この男は松子を殴る蹴るしたうえに目 ...
嫌われ松子の一生・・・・・1200円 (ノラネコの呑んで観るシネマ)
中島哲也はCMの世界の巨匠である。 業界には彼を崇拝している人も多いし、実際素晴しい仕事を多く残している。 長編映画三作目となった前作、「下妻物語」もエキセントリックな映像に彩られた快作だったと思う。 15秒という
嫌われ松子の一生 (映画通の部屋)
「嫌われ松子の一生」 製作:2006年、日本 130分 PG-12指定 監督:中
すべっている「嫌われ松子の一生」 (再出発日記)
監督・脚色:中島哲也 出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子私は「下妻物語」の中島監督を愛している。だから今回はあえて苦言を呈したい。「シカゴ」を真似たミュージカル、原色、ソフトフォーカスを多用した回想場面と現実場面との対比、等 ...
『嫌われ松子の一生』 感想前編 (Antique)
{/ichigo/}嫌われ松子の一生 Memories of Matsuko{/ichigo/} 今年、映画館で見る20本目の映画(試写会含む)、嫌われ松子の一生を見てきました{/ee_1/} 物凄かったです……。 見る際は、抵抗しないで映画に身を任せた方が良いです。 絶対疲れますから。(笑 ...
嫌われ松子の一生(評価:◎) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】中島哲也 【出演】中谷美紀/瑛太/伊勢谷友介/香川照之/市川実日子/黒沢あすか/柄本明/他 【公開日】2006/5.27 【製作】日本 【ストーリー】 昭和22年。福岡県に生まれた川尻松子は、お姫様のような人生を
嫌われ松子の一生 (PM5:00*OLサンの放課後日記)
不幸って何? 公式サイト 【ストーリー】 昭和22年。福岡県でひとりの女の子が誕生した。お姫様のような人生を夢見る彼女の名は川尻松子。教師になり爽やかな同僚とイイ感じになるも、セクハラ教師のせいで辞職に追いやられる。ここから、松子の転落人生 ...
『嫌われ松子の一生』 (映画大陸)
 中谷美紀 罵声監督と“涙の和解”  ヤフーのニューストピックスにこんな記事が掲載されているのを発見して興味を持って記事を読んでみました。その記事によるとこの映画の撮影中に中島哲也監督から中谷美紀に向って「下手くそ!女優辞めろ!」なんて罵倒が ...
嫌われ松子の一生 (だらっくま日記)
『嫌われ松子の一生』オフィシャル・ブック 『嫌われ松子の一生』 を観てきました。 ぴあの出口調査で「松子」が観たいと言ったのはもう1ヶ月も前か。 待ったよ、松子。 いやぁ・・・すごい。すごいですよ。 壮絶。松子はすごい。 面白くて、ちょっ ...
嫌われ松子の一生 (エリ好み★)
・・・凄まじい愛・・・ しかし共感しまくりです。松子が刑務所に入ったあたりから・・・自然と涙が止まらなかったなあ。
嫌われ松子の一生*** (CinemaCoconut)
人生を100%生きた女って言われいる。 公開コピーでも。。 100%生きるとは? 色々と考えながら。。泣き笑。。の作品だった。
嫌われ松子の一生 (Digital-Shell Weblog)
『下妻物語』の中島哲也監督がメガホンを取った話題作『嫌われ松子の一生』を観てきました。 松子=人生を100%生きた女。 女の子なら誰だって、お姫様みたいな人生に憧れる。 昭和22年・福岡県大野島生まれの川尻松子もそのひと
嫌われ松子の一生 (映画をささえに生きる)
監督は中島哲也。キャストは、前作の『下妻物語』がここ10年の邦画の中で最高傑作だと思っています。そんな訳で期待度大だったんですが、充分応えてくれる内容でした。観にいこうかどうしようかと悩んでる人にも自信を持ってお奨めできます。
なんで?!のマシンガン。~嫌われ松子の一生~ (ペパーミントの魔術師)
いや~、わかってはいたんですが、 なんともはや極彩色のケバイ映像にこれでもかと 花が咲き、鳥が飛び、、蝶が舞い、彼女は歌い踊る。 でも「なんで?!」の連続する転落人生は 映像の華やかさとは真逆に地獄へと転がり落ちていく。 彼女の人生を、彼女のしたこと ...
嫌われ松子の追記をもう少し。 (ペパーミントの魔術師)
LOVE IS BUBBLEBONNIE PINK Youichi Murata ワーナーミュージック・ジャパン 2006-05-10売り上げランキング : 1033Amazonで詳しく見る by G-Tools ・・・映画を見に行く前はやたらこれが頭の中で グルングルン回ってたんである。 「愛は泡沫である」な~んて言い ...
嫌われ松子の一生 (It's a Wonderful Life)
これはスゴイ傑作でした。期待以上に圧倒されましたよ。 「下妻物語」の中島哲也監督の新作。 全編派手な演出で、テンポが速くて、 スクリーンから溢れる情報量が半端じゃないのに ちゃんと芯の通った部分があるのは前作に共通する部分。 主演の中谷美紀 ...
「嫌われ松子の一生」みた。 (たいむのひとりごと)
いやぁー、なんと波乱万丈で壮絶な一生だったことか。笑っていいのか、泣いたほうがいいのが、とにかく忙しかった。人生の転落と挫折から再浮上まで、いったい何度繰り返したことだろう?松子は「不撓不屈の精神の持ち主」と呼んで差し支えないと思う。あの
嫌われ松子の一生 (映画鑑賞★日記・・・)
公開:2006/05/27(05/31)監督:中島哲也原作:山田宗樹『嫌われ松子の一生』(幻冬舎文庫刊) 出演: 中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明 昭和22年、福岡県大野島に生まれた川尻松子。お姫さまのような人生を夢みる明るい少 ...
腕をまげて伸ばして♪星をつかもう♪ (こ・と・ば・言葉)
中谷美紀の「嫌われ松子の一年」(2006-5-27 ぴあ?刊)−−映画撮影に日記
嫌われ松子の一生 (うぞきあ の場)
〜思わず、予期せず、何度も泣いてしまった〜 予想に反して、切なさがいっぱい。 でも、この作品は、人によって感じ方がいろいろあるんだろうナァ・・・。 ということで、短評でまとめてみました。 中谷美紀 ★ 少なくとも私には、ヨク演じてたと思います ...
「嫌われ松子の一生」 トレパン先生 (『パパ、だ〜いスキ』と言われたパパの映画日記)
楽しめなくて、すみません。 理由はわかっています。 今の自分が、ぜんぜん松子じゃないから。 たぶん10年くらい前に見てたら手放しで絶賛してたと思うな〜。 今の自分は、柄本明か、荒川良々やわ。 「マラソン」のお母ん同様、もし自分が病気がちの娘を持った ...
嫌われ松子の一生 / MEMORIES OF MATSUKO (きょうのあしあと)
「不幸って何?」 監督:中島哲也 原作:山田宗樹 出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、市川実日子、黒沢あすか、ゴリ、武田真治、荒川良々、劇団ひとり、マギー、谷原章介、竹山隆範、甲本雅裕、片平なぎさ、他 公式HP:http://kiraware.goo.ne.jp/ 鑑賞:TOH ...
嫌われ松子の一生(映画館) (ひるめし。)
不幸って何? CAST:中谷美紀/瑛太/伊勢谷友介/香川照之/市川実日子/黒沢あすか/柄本明 他 ■日本産 130分 中谷美紀があのおちょぼ口をするたんびに濱田マリに似てるな〜って思ってたら、濱田マリ本人がカメオ出演してたのが自分の中でも一番のツボだった ...
嫌われ松子の一生☆独り言 (黒猫のうたた寝)
ま〜げて♪伸ばして〜 お星様をつかもう♪ 冒頭とラストでこの曲の思い入れ度がこんなに変化するなんて思わなかったなぁ 音楽の使い方とテンポのよさ、ファンタジックにデフォルメされた映像に 『ムーラン・ルージュ』を連想しちゃったのは猫でした(笑) 今 ...
嫌われ松子の一生 (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  ピンクの象を飼う女  
松子の一生に涙する【嫌われ松子の一生】 (犬も歩けばBohにあたる!)
「嫌われ松子の一生」 タイトルだけでキョーレツである。 本屋で平積みされている
嫌われ松子の一生 (Childish Garden)
気分転換にということで映画に行ったので、予告を見ていて興味のあった『嫌われ松子の一生』を見てきました。『デイジー』と迷ったんだけど。なんとなくこっちを。泣く気分ではなかったし。やっぱりイオンはサティと違って混んでいるんだね。 原作を読んでいな ...
嫌われ松子の一生 (まるっと映画話)
『下妻物語』が大好きなので、早速見てきました。 すごい!中島ワールド炸裂です。 オープニングからコテコテしていて、 ついていけるかちょっと不安になるくらい激しかったです。 でも、見ていたらすぐに、こっちもノリノリになってきちゃった。 『下妻』は、大 ...
嫌われ松子の一生 (こっちゃんと映画をみまちょ♪)
めくるめく転落人生。この映画の中で、荒川良々との出会いが一番ハッピーに見えたこと、そのものが一番悲しい...(つд⊂) 松子さん、あなたの人生っていったい.... 【2006年 日本映画/映画館にて鑑賞】  初公開年月2006.05.27 嫌われ松子の一生(公式 ...
嫌われ松子の一生 (王様の耳はロバのママ)
盛りだくさんの内容でした。 いろんな角度から楽しめる映画で、DVD欲しくなっちゃいました。 パンフレットを買ったのも久しぶりだな〜。 邦画ってすごいことになってきてるな〜。
彼女の一生は残酷な御伽噺か (遠い海から来た・・)
何をして生きるか。何のために生きるのか。何を心のよりどころとするのか。 「嫌われ
堕ちていく女の姿を、前向きにミュージカル仕立てで楽しむ?! (人生はお伽話もしくは映画のよう)
「嫌われ松子の一生」  「堕ちていく人生」っていいますよね。この「堕ちる」というのに若い頃はなんか憧れて。「ああオレも下手したら、歓楽街にはまって、堕ちていくの
嫌われ松子の一生 (映画を観たよ)
「曲げて〜伸ばして〜お星様をつかもう〜♪」 松子が口ずさんでいた歌が、耳から離れないです。 期待して観にいきましたがばっちり期待に答えてくれました! 正直、最初はあんまし入り込めなくて「大丈夫かなぁ?」とか思ったりしましたけど。 「なぜに嘘ついたん ...
嫌われ松子の一生 (ライターへの道。女32歳の挑戦。)
         嫌われ松子の一生(2006年、東宝) http://kiraware.goo.ne.jp/ 監督・脚本:中島哲也  原作:山田宗樹 出演:中谷美紀、瑛太、伊勢谷友介、香川照之、市川実日子、黒沢あすか、柄本明、他          昭和22年・福岡県大野 ...
嫌われ松子の一生 (とにかく、映画好きなもので。)
   昭和22年。福岡県の大野島に一人の女の子が生まれた。  彼女の名は、川尻松子(中谷美紀)。シンデレラストーリーを夢見る彼女は、教師になり爽やかな教師に恋焦がれいい感じになりそうだったが、セクハラ教師のせいで辞職に追いやられ ...
嫌われ松子の一生 (映画評論家人生)
ナビオTOHOプレックス 長い期間、同じ予告を何度も見せられた。撮影の進捗状況にあわせて、違った長めの予告も何度も見せられた。正確ではないが、50回は見せられた。こういうことをされると、期待は膨らむ
嫌われ松子の一生 (AsianHakka)
【CD】嫌われ松子の歌たち/V.A.「嫌われ松子の一生」を観てきました。中谷美紀が撮影中に女優を辞めたくなった、とまで作り込まれたものと期待して。やっぱり限りなく松子が不幸こんなに不幸の連鎖が続いても、松子自身はひたすら人を愛して裏切られて…。若くて綺 ...
嫌われ松子の一生 ( m e r c i *)
去年の秋、原作を読んで松子に釘付けになった日々がありました。 その頃から映画化の話を耳にしていて、どんな風になるんだろうと 楽しみに待っていました。 あっという間に時は過ぎ、中谷美紀演じる松子に会える日がやってきました。 ? 松子。人生を ...
『嫌われ松子の一生』 (Rabiovsky計画)
goo 嫌われ松子の一生 オフィシャルサイト 監督・脚本:中島哲也 原作:山田宗樹 出演:中谷美紀 、瑛太 、伊勢谷友介 、香川照之 、市川実日子 2006年/日本/130分 おはなし Yahoo!ムービー 昭和22年・福岡県大野島生まれの川尻松子(中谷 ...
映画vol.59『嫌われ松子の一生』※舞台挨拶付試写会 (Cold in Summer)
 映画 vol.59 『『嫌われ松子の一生』』※舞台挨拶付試写会 監督:中島哲也(「下妻物語」) 出演:中谷美紀 (あんどう)瑛太!!  公式サイト ◇BONNYPINKさん 舞台挨拶 曲のイメージとはほど遠い、どちらかといえば ...
嫌われ松子の一生~松子版「フォレスト・ガンプ」? (Osaka-cinema-cafe)
随分前に見たのですが、ようやくブログにアップです。 最近の平塚や秋田の事件で、クローズアップされる二人の 女性の生き方。 特に平塚の事件の女性は、どうも松子とだぶるなあと 感じています。 中谷美紀主演 映画「嫌われ松子の一生」 中学教師だっ ...
嫌われ松子の一生 (めざせイイ女!)
♪ま〜げて 伸ばしてお星様をつかもぉ♪ラスト 松子は天国への階段を登っていきました。まるで ハッピーエンドのように・・・父親に愛してもらいたかったのに父親はい...
嫌われ松子の一生 (東京ミュービー日記)
嫌われ松子の一生 監督:中島哲也 出演:中谷美紀/瑛太/伊勢谷友介ほか 昨日は前の会社の先輩と恵比寿で飲む。 「50/50」という店。 久々に明石焼きを食べる。 懐かしくて旨い。 東京で明石焼きってなかなか食べられないからなぁ。 先輩は ...
嫌われ松子の一生(06) (COME TO LIFE)
嫌われ松子の一生を見ました。 メモ書きではありません。感想です。 イヤー、面白かった、中島哲也監督がさらに好きになりました。 さすがCM畑からの人。全編CMのようなカット割り。 パンフにも少しのっていますが監督自ら描いた本作の画コンテ。CMのそれのよう ...
嫌われ松子の一生 (Love Life Rock)
 見てきましたよ、映画「嫌われ松子の一生」。さて感想ですけど、うーん・・・何といえばいいのか・・・。あのね、見た人によってはすごくドン引きするかもしれない(笑)。ストーリーの節々に笑いあり、CGあり、歌あり、ちょっとホロッとするところもあり。演出 ...
【MOVIE】嫌われ松子の一生 (思いつくままに)
■観賞日:2006年6月13日 ■観賞場所:TOHO CHINEMAS 川崎 ■感想など どんなに傷ついても、どんなひどい目にあっても、それでも恋に生きた 川尻松子(中谷美紀)という女性の一生を綴った作品 原作は未見で、タイトルを見る限りでは割と暗くてしんみりした スト ...
「嫌われ松子の一生」 (先取り 「流行」と書いて「はやり」)
中谷美紀さんの 「すんごい顔」が見たいから行ってきました映画館 鑑賞しました 「嫌われ松子の一生」簡単に言ってしまうには もったいないけど おもしろいですよ〜映画館に行くまでね 本当に「中谷美紀」さんの 「すんごい顔」が見れる事ぐらいしか 知ら ...
【嫌われ松子の一生】不幸階段ミュージカル (見取り八段・実0段)
この人の人生には、幸せの文字がない。選択する事はことごとく裏切られ、愛する男には捨てられ、家族からも捨てられて。。。そして、こんな人生の結末。映画全体は、歌や、ちょっとしたコメディに包まれているが痛すぎて笑えない。赤のコントラストが強すぎる映像 ...
嫌われ松子の一生 (徒然なるままに)
邦画
[ 嫌われ松子の一生 ]中島哲也ワールド (アロハ坊主の日がな一日)
[ 嫌われ松子の一生 ]@吉祥寺で鑑賞 なんで、一人でこんな世界が描けるのか。 すごい。すごすぎる。 中島哲也監督って、たぶん完ぺき主義なんだろうな。 音楽といい、画といい一つの世界が完成されている。 山田宗樹の同名ベストセラー小説の映画化。 ...
嫌われ松子の一生 06年134本目 (猫姫じゃ)
嫌われ松子の一生 中谷美紀 ≒ 濱田マリ ≒ 柴咲コウ ≒ あたし > 山田花子 2006年  中島哲也 監督  山田宗樹 原作中谷美紀 、瑛太 、伊勢谷友介 、香川照之 、市川実日子 原作って、感動ミステリー巨編 (Official HP)?なの? ...
不器用な愛情〜嫌われ松子の一生 (まったりインドア系)
  一人の女の転落人生を描いたというよりも、決死の「幸せ探し」の物語。前作の『下妻物語』を上回る凝りに凝った映像と、スピーディーな展開、個性豊かな出演者たち、と申し分ない出来ながら、個人的には見続けるのが非常に「イタイ」作品で、上映後は ...
映画 「嫌われ松子の一生」 (Mr.Bation)
結局、この映画、劇場で見る事になりました。迷っていたんですが。{/hiyo_en2/} 思ったとおり見に行って正解でした。{/kirakira/} 古きハリウッド・ミュージカルを意識したようなオープニング・タイトルからワクワク。{/hearts_pink/} 映画の雰囲気をなんとなく ...
【 嫌われ松子の一生 】 (もじゃ映画メモメモ)
『下妻物語』の中島哲也監督の最新作。壮絶な不幸な目に合いながらも愛を求め続けるヒロインの一生を描いたドラマ。主演は中谷美紀。 中島監督の相変わらず凝りに凝った映像は健在ですね。ヒロインに次々と襲いかかる不幸は観ていて痛々しい限り。合間合間に明 ...
嫌われ松子の一生 (Lemon Tea のマイブーム)
『嫌われ松子の一生』を観てきました! 『下妻物語』の監督さんらしいですが、『下妻』は意外と おもしろかったのでかなり期待してしまいました。 で、感想は ミュージカル的要素あり、音楽がキーワードな作品ですね。 映像もラブリーでキレイです。 内 ...
『嫌われ松子の一生』★★☆・・ (ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ)
お姫様を夢見る少女の未来は・・!?『嫌われ松子の一生』公式サイト制作データ;2006日本/東宝 ジャンル;ヒューマン 上映時間;130分 監督;中島哲也出演;中谷美紀・瑛太・伊勢谷友介・香川照之観賞劇場:7/22(土)ヴァージンシネマズ六本木ヒルズ◆STORY◆ ...
映画「嫌われ松子の一生」を観た! (とんとん・にっき)
中島哲也監督は「松子に会いたいから映画にする」と言ってくれた、主演の中谷美紀さんは「松子を演じるために女優を続けてきたのかも知れない」と言ってくれたと、原作者の山田宗樹は、コメントしています。それにしても観る前からこの映画、主演の中谷美紀が中島 ...
嫌われ松子の一生 (とんとん亭)
「嫌われ松子の一生」 2006年 日本 ★★★★★ もう、最高ヘ(≧▽≦ヘ) きゃーーん♪ この映画は、市内のシネコンでも、郊外に行かなきゃ観れなかったのが(そこに行ってまで観ようとは思ってなかったので^^) 街のシネコンでも先週から上 ...
嫌われ松子の一生 (cinema capsule)
をとことんカラフルにポップにミュージカル調に 描いていく。中谷美紀の熱演もすごい。 ★「嫌われ松子の一生」 2006年日本 130分 監督:中島哲也 出演:中谷美紀    瑛太    伊勢谷友介    香川照之 ★Story 昭和22年、福岡県大野島に生まれた ...
嫌われ松子の一生 (CinemA*s Cafe)
http://kiraware.goo.ne.jp/ 下妻物語の監督がとった最新作ということで期待していた私。 そして期待すると大概裏切られるのだけど、今回はそんなことはなく、期待通り面白かった映画でございます。 面白かっ
◆試写会・嫌われ松子の一生 (映画大好き☆)
雨が降る中、御堂会館に 嫌われ松子の一生の試写会に行って来ました。 監督は、あの前にも笑わせてもらった 下妻物語の中島哲也監督 そりゃぁ〜笑わせてくれるっしょ 【STORY】 女の子なら誰だって、お姫様みたいな人生に憧れる。 昭和22年・福岡県 ...
DVD 「 嫌われ松子の一生 」 (お勧め映画&DVD情報)
?????????? 嫌われ松子の一生 ????????????????????????????????????? お勧め度 : ★★★☆☆ 『人間価値って人に何をしてもたっらかじゃなく、          人に何をしてあげたかってことだよね・・・・』 終始、コミカルにミュージカルっぽ ...
嫌われ松子の一生 (キューピーヘアーのたらたら日記)
松子っ!仲間に入れたげるっ! だから、もう一人じゃないよ! と、呼びかけてはみたものの、 彼女の転落人生、重いよねえ。 何度も出てくるフレーズ、 「その瞬間、人生が終わったと思いました。」 キューピーにも分るよ、その瞬間。 (幸運なことに殺人ま ...
嫌われ松子の一生 (タクシードライバー耕作のDVD映画日誌)
製作年度 2006年 製作国 日本 上映時間 130分 監督 中島哲也 原作 山田宗樹 脚本 中島哲也 音楽 ガブリエル・ロベルト 、渋谷毅 出演 中谷美紀 、瑛太 、伊勢谷友介 、香川照之 、市川実日子 (allcinema ONLINE) 解説: 『下妻物語』 ...
嫌われ松子の一生 (ちょっと変な話)
●キャスト 川尻松子/中谷美紀 川尻笙/瑛太 龍洋一/伊勢谷友介 八女川徹也/宮籐官九郎 岡野健夫/劇団ひとり 小野寺/武田真治 島津賢治/荒川良々 ? ●原作? 嫌われ松子の一生 (上) 山田 宗樹 ¥600 Amazon.co.jp 嫌われ松子の一生 (下 ...
DVD 「嫌われ松子の一生」 (まったり☆てぃ〜たいむ)
【ストーリー】 昭和22年、福岡県大野島に生まれた川尻松子。 お姫さまのような人生を夢みる明るい少女時代を過ごし、 やがて中学校の教師となる。 しかし、ある事件が原因で20代でクビに。 その後、愛を求めて男性遍歴を重ねるたびに ますます不幸になってゆく松 ...
映画 嫌われ松子の一生(主演 中谷美紀)動画有 (エンタメ動画日記 −映画等の紹介−)
福岡県の大野島で産声を上げた川尻松子(中谷 美紀)は、幼い頃からお姫様のような人生を夢見る少女。 病弱な妹、久美(市川 実日子 )のことばかりを気遣う父親(柄本 明)に、自分も愛されたくて、いつも変な顔をして喜ばせたり、父親の望む良い子に ...
嫌われ松子の一生 (八ちゃんの日常空間)
ついに実現!スクリーン内一人独占観賞!映写技師さん、八ちゃんの為にご苦労様でした。と、いうか噂どおり凄まじい映画・映像です。邦画の新しいエンタメ時代の到来でしょうなぁ。2007年劇場観賞20本目です。
映画・嫌われ松子の一生〜悲劇かコントか、時々ミュージカル! (一言居士!スペードのAの放埓手記)
映画・嫌われ松子の一生ですが、これは結構面白いです。ドラマの内山理名のも見たのですが、中谷美紀の松子の方が私は好きです。 映画だと、次から次へと川尻松子の転落人生、これでもかと続くわけですが、あまり悲壮感もなく、壮大なコントのような気もしてきますが、ラ...
嫌われ松子の一生 〜 天国と地獄の連続!でも人生は終わらない 〜 (Prototypeシネマレビュー)
〜 天国と地獄の連続!でも人生は終わらない 〜 先日の第30回日本アカデミー賞で、主演の中谷美紀が最優秀主演女優賞に選ばれたことでも話題のこの作品。CMディレクターとして活躍する中島哲也が監督を務め、映画『下妻物語』でも見せた、独特のビビッドカラーを多用す...
嫌われ松子の一生 (夕顔絵夢二郎の江戸ハブ日記)
嫌われ松子の一生 監督:中島哲也 出演:中谷美紀 , 瑛太 , 伊勢谷友介 , 香川照之 収録時間:130分 レンタル開始日:2006-11-10 Story『下妻物語』の中島哲也監督が山田宗樹の同名小説を中谷美紀ほか豪華出演陣で映画化した異色の...
『嫌われ松子の一生』(2006)中谷美紀の鬼気迫る迫真の演技。色彩感覚を楽しもう。 (良い映画を褒める会。)
 中谷美紀が出演していた映画というと『リング』『らせん』『ケイゾク』『電車男』などキワモノじみた作品での印象が強い。もちろん『力道山』『7月24日通りのクリスマス』などでも活躍していますが、本人の意向なのか、事務所の意向なのかは分かりませんが、風変わり...
「嫌われ松子の一生」中島哲也 (マルチャンの面白半分生活)
昭和22年一人の女の子川尻松子が生まれる。 53歳で死ぬまでの波乱万丈な人生を描いている。 最初は中学教師をしていたが、生徒の万引きの罪を自分で引っかぶって、 教師を首になったところから、人生が変わってくる。 5人の男と付き合い裏切られたりしながら、悲惨...
中谷美紀 アジア・フィルム・アワード最優秀女優賞 (ネット社会、その光と闇を追うー)
アジア映画の振興を目的に創設された第1回アジア・フィルム・ア
映画「嫌われ松子の一生」の話 (のらさんのうだうだ日和)
やはりドラマを観る前に、観るべきだったね! 嫌われ松子の一生 通常版 ASBY-3597 あらすじ荒川の河川敷で川尻松子(中谷美紀)の遺体が発見される。伯母である松子の部屋を片付けにやって来た笙(瑛太)は、その生き方に興味を持ち始める。生徒に信頼されていた女教師...
嫌われ松子の一生 (ドン子の映画とディズニー三昧)
MEMORIES OF MATSUKO (2006) メディア : 映画 上映時間 : 130分 製作国 : 日本 公開情報 : 劇場公開 (東宝) 初公開年月 : 2006/05/27 ジャンル : コメディ/ドラマ/ロマンス 映倫 : PG-12 松子。人生を100%生きた女。 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥...
『嫌われ松子の一生』'06・日 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじ昭和22年・福岡県大野島生まれの川尻松子(中谷美紀)は、お姫様みたいに幸せな人生に憧れていた。しかし、20代で教師をクビになりエリート街道から転落、家を飛び出して風俗嬢になってしまう・・・。感想『下妻物語』の中島哲也監督が山田宗樹の小説を映画化...
これこそ女優魂。--『嫌われ松子の一生』 (タノシイトキモ、カナシイトキモ。)
「自分は不幸だ。」と思っている女性は、世の中に少なくないと思う。まるで世の中の不幸を全部背負っているかのような、そんな女性もいる。それに不幸自慢が好きだ。だけど、輝いている女性というのは、もちろんそんな負のパワーは感じられない。ポジティブに見える女性こ...
嫌われ松子の一生 (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『不幸って何? 松子。人生を100%生きた女。』  コチラの「嫌われ松子の一生」は、山田宗樹さんの同名小説の映画化で、5/27公開になったPG12指定の映画なんですが、公開3週目にも関わらずかなり混雑していました。あの「下妻物語」の中島哲也監督の最新作です...
映画評「嫌われ松子の一生」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆☆★(7点/10点満点中) 2006年日本映画 監督・中島哲也 ネタバレあり
嫌われ松子の一生 (Blossom Blog)
嫌われ松子の一生 MEMORIES OF MATSUKO 監督 中島哲也 出演 中谷美紀 瑛太 伊勢谷友介 香川照之     市川実日子 黒沢あすか 柄本明 ...