平川石材のつぶやき

日々のつぶやき

有益さんと呼ばれてる仏像

2016-10-14 17:08:08 | 雑記
佐賀の高木瀬で、有益(ゆうえき)さんと呼ばれて親しまれている仏像です。

場所は、高木瀬の父母寺







背面の刻銘には、

預修善根仙叔明鶴今泉有益禅庵主寿位 慶長二十年二月吉祥日(1615) と彫られています。

江戸初期の仏像です(袈裟を着た僧形の丸彫)。





有益さんってどんな人物だったのでしよう・・父母寺のご住職なのかお医者様なのかわかりませんが、

人々に善を尽くしていた方らしいです。



手前の六地蔵は、宝永八年(1711)辛卯

有益さんと六地蔵さんは、約100歳も違うんですね!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 元祖吉野家さんの白玉ぜんざい | トップ | シシリー・メアリー・バーカ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

雑記」カテゴリの最新記事