それだから一人となつた  種田山頭火  

 
ひとりひつそり雑草の中

ひとりにはなりきれない空を見あげる
 

正岡子規 「影法師」

2016年10月17日 | 俳句

                                        
                    踊るかな春の夕日の影法師
                   
                    影法師のそれよりはかな秋の暮
                   
                    刈あとやひとり案山子の影法師
                   
                    霜月や痩せたる菊の影法師
                   
                    月朧窓ありありと影法師
                   
                    月に閉ぢて窓や書讀む影法師
                   
                      芭門十哲の図に
                    月の座や人さまざまの影法師
                   
                    春の夜や茶屋の二階の影法師
                   
                    灯ともして淋しや雛の影法師
                   
                    山行くや秋の夕日の影法師
                   
                    幽霊に似て枯菊の影法師
                   
                    行く秋やぼんやりしたる影法師
                   
                    宵月やふすまにならぶ影法師
                    
                    
                   

『俳句』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 高浜虚子 「影法師」 | トップ | 村上鬼城 「影法師」 »