それだから一人となつた  種田山頭火  

 
ひとりひつそり雑草の中

ひとりにはなりきれない空を見あげる
 

荒木田守武 「春の暮」

2017年04月04日 | 俳句

                                        
                    盛たに花みな春の暮そめて

                    ちるやとを行とも花の春の暮

                    
                    
                   

『俳句』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 松尾芭蕉 「春の暮」 | トップ | 石 仏 »