それだから一人となつた  種田山頭火  

 
ひとりひつそり雑草の中

ひとりにはなりきれない空を見あげる
 

正岡子規 「灯影」

2016年10月17日 | 俳句

                                        
                    戸あくれば灯影にそよぐ芒哉
                   
                    水の音施餓鬼涼しき灯影哉
                   
                    闇涼し灯影ちらつく枕ばし
                    
                    
                   

『俳句』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 高浜虚子 「灯影」 | トップ | 小林一茶 「灯影」 »