それだから一人となつた  種田山頭火  

 
ひとりひつそり雑草の中

ひとりにはなりきれない空を見あげる
 

種田山頭火 「旅立」

2016年10月13日 | 俳句

                                        
                    朝のひかりへ蒔いておいて旅立つ
                   
                    旅立つ今朝の、蝉に小便かけられた
                    
                      三月、東へ旅立つ
                    旅もいつしかおたまじやくしが泳いでゐる
                   
                    つくつくぼうしあすから旅立つ私で
                   
                    遠山の雪のひかるや旅立つとする
                   
                    盆栽二三、土にまかせて旅立つ
                    
                    
                   

『俳句』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 尾崎放哉 「旅立」 | トップ | 正岡子規 「旅立」 »