それだから一人となつた  種田山頭火  

 
ひとりひつそり雑草の中

ひとりにはなりきれない空を見あげる
 

尾崎放哉 「日傘」

2017年07月12日 | 俳句

                                        
                    清水の舞台に動く日傘かな
                   
                    日傘さす人に栄えある渡船かな
                   
                    水色を涼しきものに日傘かな
                   
                    門を入り門を入る日傘二つかな
                    
                    
                   

『俳句』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 飯田蛇笏  「日傘」 | トップ | 高浜虚子 「日傘」 »