それだから一人となつた  種田山頭火  

 
ひとりひつそり雑草の中

ひとりにはなりきれない空を見あげる
 

松尾芭蕉 「松飾」

2017年01月04日 | 俳句

                                        
                      またのはるは庵にありて
                    幾霜に心ばせをの松飾り
                    
                    
                   

『俳句』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 正岡子規 「松飾」 | トップ | 飯田蛇笏  「門松」 »