それだから一人となつた  種田山頭火  

 
ひとりひつそり雑草の中

ひとりにはなりきれない空を見あげる
 

松尾芭蕉 「影法師」

2016年10月17日 | 俳句

                                        
                    埋火や壁には客の影ぼうし
                   
                      あまつ縄手、田の中に細道ありて、海より吹上る風いと寒き所也
                    冬の日や馬上に氷る影法師
                    
                    
                   

『俳句』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 小林一茶 「影法師」 1 | トップ | 石 仏 »