それだから一人となつた  種田山頭火  

 
ひとりひつそり雑草の中

ひとりにはなりきれない空を見あげる
 

種田山頭火 「灯影」

2016年10月17日 | 俳句

                                        
                    をとこがをなごが水がせゝらぐ灯かげ
                   
                    観音像へ灯かげとゞけば蠅がいつぴき
                   
                    塩湯灯影人動く二三銀河冴ゆ
                   
                    夏めいた灯かげ月かげを掃く
                   
                    灯影明るし病む児は冷やかに眠りて
                   
                    灯影が水に、落葉する樹もありて
                   
                    灯かげ月かげ芋の葉豆の葉
                   
                    虫はなんぼでもぶつかつてくる障子の灯かげ
                    
                    
                   

『俳句』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 尾崎放哉 「灯影」 | トップ | 高浜虚子 「灯影」 »