それだから一人となつた  種田山頭火  

 
ひとりひつそり雑草の中

ひとりにはなりきれない空を見あげる
 

松尾芭蕉  「紫陽花」

2017年06月09日 | 俳句

                                        
                    紫陽草(あぢさゐ)や帷子時の薄浅黄
                   
                    紫陽草(あぢさゐ)や薮を小庭の別座鋪
                    
                    
                   

『俳句』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 小林一茶 「紫陽花」 | トップ | 服部嵐雪 「紫陽花」 »