それだから一人となつた  種田山頭火  

 
ひとりひつそり雑草の中

ひとりにはなりきれない空を見あげる
 

小林一茶 「灯影」

2016年10月17日 | 俳句

                                        
                    朝顔にとゞく旅店の灯影哉
                   
                    葉うらうら灯影とゞかぬ里神楽
                   
                    人並に正月を待つ灯影かな
                   
                    灯かげなき所が本んの蓮哉
                    
                    
                   

『俳句』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 正岡子規 「灯影」 | トップ | 与謝蕪村 「灯影」 »