はやい!わかい!わかりやすい! 東京都港区芝浦の税理士 平井会計事務所

「会計を通じて人を幸せにする」事務所HP⇒http://www.hirai-ao.com/

共有名義の不動産

2017-07-13 05:36:24 | 会計・税金
複数人で共有している不動産を売却するさいは

売却代金の分け方に注意が必要です。


例えば兄弟共有名義の物件を

1億円で売ったケース。

土地の価値が8,000万円、

建物の価値が2,000万円、

土地の持ち分は兄弟で6:4、

建物の持ち分は兄弟で4:6とすると、

兄の取り分は5,600万円、

弟の取り分は4,400万円

となります。


「二人で5,000万円ずつ」と

安易に分けてしまうと

兄から弟に対する贈与とみなされて

贈与税がかかる場合もあるので気を付けましょう。





ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あえて税金を納める | トップ | 複式簿記 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL