高ボッチ山から見た諏訪湖の花火

 / Weblog

遠景の花火を見たくて「高ボッチ山http://www015.upp.sonet.ne.jp/yousou_toshi/contents4.htm 」へ三度訪れて ようやく思いとおりの写真を撮ることができました。カメラマンの趣味・醍醐味をちょっぴり味わうことができました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

お茶どころ静岡の旅

 / Weblog

今回は気楽な「お茶どころ静岡http://www015.upp.so-net.ne.jp/yousou_toshi/contents4.htm 」へ詳しい予定なども立てずに行き当たりばったりの旅でしたが、作法も学び、美味しいお茶もいただけて楽しく一日を過ごしました。さらに「井川ダム」まで足を伸ばし大井川・安陪川に沿って南下し「新静岡から新東名」で名古屋に向かいました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

夏山を行く 霧ヶ峰・高ボッチ

 / Weblog

高山植物を見たくて「霧ヶ峰方面へhttp://www015.upp.so-net.ne.jp/yousou_toshi/contents4.htm 」出かけました。目的の日光キスゲは見られませんでしたが。諏訪湖の遠望を見ようと高ボッチまで足を伸ばし、絶景をたのしみました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

夏山を行く 霧ヶ峰・高ボッチ

 / Weblog

高山植物を見たくて「霧ヶ峰方面へhttp://www015.upp.so-net.ne.jp/yousou_toshi/contents4.htm 」出かけました。目的の日光キスゲはめられませんでしたが。諏訪湖の遠望を見ようと高ボッチまで足を伸ばし、絶景をたのしみました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

びわこ箱館山ゆりの園

 / Weblog

今は百合の季節。そこで「びわこ箱館山ゆり園http://www015.upp.so-net.ne.jp/yousou_toshi/contents4.htm 」へでかけました。初めは行く先の方向がわからず、戸惑いましたが琵琶湖の北西にある小高い山で、スキー場の広い土地にゆりのお花畑で、まるで天空の楽園のようでした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

防災センターとランの館

 / Weblog

女性連盟の研修のため「港防災センターhttp://www015.upp.so-net.ne.jp/yousou_toshi/contents4.htm 」に行きました。災害多発の時期、大いに勉強になりました。帰りには「ランの館」に寄り、豪華な花の園でさわやかなひとときを過ごし、有意義な一日となりました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

渥美半島メロン旅

 / Weblog

久しぶりの投稿dす。「渥美半島メロン旅http://www015.upp.so-net.ne.jp/yousou_toshi/contents4.htm 」に出かけました。目的が違うので風光明媚な伊良湖岬も充分にカメラに納めることができなくて、さわやかな海風とリッチな御食事など肌で感じ愉しんだだけで、詳しいことはお伝えできなくて残念でした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

富山小矢部・津沢夜高祭り

 / Weblog

6月の初め「津沢夜高祭りhttp://www015.upp.so-net.ne.jp/yousou_toshi/contents4.htm 」に出かけました。数年前にも一度来たことがありますが、今回は要領もわかって 祭りの前の風景もじっくり味わって、ぶつかり合いでは佳い席でみることができたので、大満足祭り見物となりました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

知立・かきつばた祭り

 / Weblog

いよいよ紫の季節にはいりました。「知立のかきつばた祭http://www015.upp.so-net.ne.jp/yousou_toshi/contents4.htm 」に行って来ました。三河・八橋にある「無量寿寺」のカキツバタ公園です。地下鉄と名鉄電車を乗り継いで一時間あまりで着きます。お祭りで人でも多く、かきつばたであふれていました。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

南信州「花桃街道」

 / Weblog

G・Wの終わりに「花桃街道http://www015.upp.so-net.ne.jp/yousou_toshi/contents4.htm 」を巡ってきました。紅白ピンクの三色の桃の花が一本の木に 咲く鮮やかさは他では見られない風景で、特に「昼神温泉」のあたりは見事でした。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ