つれづれなるままに弁護士(ネクスト法律事務所)

それは、普段なかなか聞けない、弁護士の本音の独り言

10月19日の親父

2016-10-19 16:46:00 | 親父の日記

2012 金曜 10150 快晴

AM、梶田夫婦が「丹波の枝豆め」をもって来てくれた。

「スシロー」へ行き昼飯。

PM、加藤さん宅へ枝豆を持参。

山田守さんから「クエン酸」の件でTEL数回あり。

 

2013 土曜 7200 晴

今日、電子カーペット、石油ストーブを出す。

そのため久し振りに家の1階だけ掃除機をかけた。

梶田が自分の所から「ネギ」を持って来てくれ、畑に植えてくれた。

「虎のシッポ」、家の中へとり込む。

 

2014 日曜 11000 晴

今日も又、午前中に利文親子が来てくれた。

昨日、セン定した庭木などをしばってゴミに出すようにしてくれた。

PM、「ヨーカ堂」で昼食の後、12時過ぎに東京へ帰って行った。

後トさんに旅の件でTEL。又、インターで申込む。

PM7:30、利文帰宅TELあり。

 

2015 月曜

日記の頁は空白。

1年前の今日、午後4時46分に親父は他界した。

息子の私が言うことではないのかもしれぬ。

あるいは、息子の私が言うべきことなのかもしれぬ。

親父はそれはそれは幸せな人生を送った、と思う。

1年間、親父の日記を欠かさず読みに来てくださった多くの方々。

親父の日記に登場した方々。

最期の瞬間まで親父を支え、勇気づけ、親父の人生を楽しいものにしてくださった方々。

親父の人生にかかわり、交錯し、親父の心を抱擁してくださったすべての方々に、この場を借りてお礼を申し上げる。

 

ありがとうございました。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 10月18日の親父 | トップ | 一年経って »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL