goo

BLOOD+ #45


■■今から数日前の出来事。
ジェイムズがコープスコーズの体を接合されたばかりで、生命維持装置の中で眠っていた時。
その体の変化を見て、ディーヴァは言った。
「もういらない カイをシュヴァリエにしとけば良かった」と。


ディーヴァがジェイムズに「僕のものにならないなら、カイを殺してきて!」って頼んだのかと思ってた。
ディーヴァ、無意識とはいえジェイムズを追い詰めるとは・・・。

「何これ こんなの僕のジェイムズじゃない!」

中身は一緒でも、外見が違うだけで嫌なんだ。
でも言葉からは、以前のジェイムズを慕っているっていうのは伝わってきますよね。
てかカールも手足は変えられたけど、仲良く赤い盾襲撃に行ってたよね。
移植部分の量の違い?
それともカールは特別待遇?

「もういいいらない こんなのだったらカイをシュヴァリエにしとけば良かった」

カイは「小夜の大切な人」ってことでチョッカイ出したかと思ったんだけど。
やっぱりカイ自身も気に入ってたんだね。

「連れてきましょうか」

そして普通にこんなセリフを言っちゃうアンシェル、恐ろしい。
ディーヴァは子供がいるから他はいらない、と断るけど。
アンシェルがその気になったらカイなんて即・ディーヴァの元に吊るされるよね。
そしてその全てをコッソリ聞いていたジェイムズ、可哀想に。



そして活動が出来る状態になったジェイムズは、モーゼスと接触をした。
ディーヴァの血を受け、シュヴァリエになれば助かると。
その条件は、「カイ・ミヤグスクの命」。


コープスコーズは最長7日間、生きるように調整されている。
状況に応じて延命を図らねばならない時、失われた部分にコープスコーズの身体を移植すれば大丈夫。
記憶と思考を司る脳さえあれば、器となる身体を変えて永遠に生きられる。
それを可能にしているものこそ、ディーヴァの血。

コープスコーズは7日の命なんだ!
それはそれで、悲しいものがあるなぁ。
ジェイムズは七日置きに身体をチェンジしてるって事?

「呪われし者シフよ ディーヴァの血を受けシュヴァリエとなれ
 さればソーンの頸木から解き放たれるだろう」


「・・・・もちろん キミの大切な仲間もだ」


クビキって何だよ!
アメリカ人なのに難しい日本語を使いやがって!!
思わず辞書を引いちゃったよ。
束縛・・・らしいです。

「・・・条件は?」

「カイ・ミヤグスクの命 シュヴァリエをディーヴァの飼い犬と呼ぶなら呼ぶがいい
 だが野良犬のまま意味もなく死んでいくのが君の望みなのか?」


卑怯だ、ジェイムズ!!!
ディーヴァを愛するあまり、カイへ嫉妬し、シフを利用して・・・かぁ。



■■死んでくれ
夜明け間近。ニューヨークのアパート。
捜索も虚しく、カルマンはまだ見つかっていなかった。
落ち込むルルゥを励ましていると、そこへモーゼスがやってくる。
駆け寄り、歓迎するカイにモーゼスは武器を振り下ろす。


「カイ 済まない 死んでくれ」

容赦ないモーゼス、無表情ながらカッコいい・・・・
と思いつつ、小夜まで蹴り上げるとは流石だと軽く関心。

ガラスを突き破り窓から投げ出されるカイ。
どうやって着地するんだと思ったら、ハジがキャッチ。

ハジがカイをお姫様抱っこ?!

ゲフンゲフン。
キャッチして即リリースしてましたね(笑)
カイを抱っこしたまま どっかに飛んでってくれたら大笑いだったのに。

シフの弱点・日向へ逃げろとルイスにアドバイスされたカイ。
どう見ても日陰を逃げ回ってますよ、カイ。
モーゼスに追い詰められ、銃を構えるカイ。

「イレーヌはこんなこと望んでないはずだ!」
「イレーヌは死んだ だが僕はまだ生きている・・・生きてやるべきことがある」
「それが俺を殺すことなのか・・・?」
「そうだ」
「俺だっていつかは死ぬ けどよ 俺だってまだここでは死ぬわけにはいかないんだ!ディーヴァを倒すまで俺はアイツを支えてやらないと・・・」
「ディーヴァとの戦いでお前が何の役に立つというのだ!」
「やれることをやるさ 死に物狂いでな!」
「死の恐怖を知らないものが分かったような口を利くな!!」


イレーヌ作戦失敗。
死んだ者より生きている者のために・・・か。
モーゼス、切ない。
役に立てなくたって死に物狂いで小夜を支えたいカイ。
それはカイがイレーヌと出会って、導き出した答え。

「僕にはもう方法がないんだ!」
「お前っ」
「死んでくれ カイ!」


太陽の光が射し、モーゼス撤退。
カイ、太陽に救われる。
運が良いよね(笑)
日陰で息を整え、フードを深く被って、ふらつきながら歩くモーゼス。
もうモーゼスが必死すぎて見てて辛いわ。

「太陽よ そんなに僕たちが憎いか・・・燃やしたくば燃やすがいい!だが・・・燃え尽きるまでに僕は必ず・・・!」



■■ジェイムズの狂気
ネイサンはジェイムズの単独行動に気づいていた。
外出したジェイムズの行き先は、カルマンの場所。
ジェイムズは全ての思惑を暴露し、カルマンを絶望に導く。


ネイサンが気づいてるって事は、アンシェルも知ってるのかな?
でもネイサンとジェイムズは仲良しだから知ってるだけかもだしね。

「ママは嫌ってるけど私は嫌いじゃないわよ その体・・・あぁ怒った?」

ネイサン、自らの愛がディーヴァを超えていることをアピール。
しかしジェイムズは相変わらずのスルー。

「出かける予定があるだけだ 居たければここにいればいい」

ここってどこだ?
ジェイムズの言い草的にはジェイムズ宅?
でもあんな絵を飾ってるのはネイサンっぽい?

「芸術ね・・・それって狂気と紙一重なの気づいてる?ジェイムズ」

そしてジェイムズの狂気は外出先・カルマンの元で発揮される。
グッタリしているカルマンのアジトで、次々と窓を開けていく。
光から逃げてうずくまるカルマン、不謹慎だけど可愛かった。
モーゼスを唆した事を暴露。


「シフがディーヴァの血を得てシュヴァリエとなれば 血の呪縛からキミを助けられる可能性に賭けてね」


「逃れられるはずもないのだ 例えディーヴァの血を得たとしても・・・貴様らが死の呪縛から逃れることはない!」



ジェイムズの嘘つきーーー!!!
ディーヴァの血でも助からないのかぁ('A`)シュン


「何故そうまでして俺たちを追い立てる!」

「絶望だ!君たちの存在が私に絶望をもたらし 君たちの不完全であるが故の醜さが愛するものから私を遠ざけた・・・!ふふふっ」


「もがき のた打ち回りながら灰になるが良い!ふはははははははっ」



いっちゃった顔ですよ。
ディーヴァに捨てられた事によりプチ発狂。
マザコンだけじゃ個性としては何かが足りなかったジェイムズ。
この狂わしい感じ、良いかもしれない!!!



■■せめて思い出になるまでは
セントラルパークのシープ・メドウの日向に逃げたカイは、息を休める。
昨日のモーゼスとの会話を思い出し、何故だと呟く。
ルイスに電話で居場所を教えている最中に、再びモーゼスが襲い掛かる。


セントラルパークは実際にある場所で、シープ・メドウは芝生広場の場所名。
景色とかまんまだったね(笑)
太陽の下へ飛び出したモーゼスを心配するルルゥが切ないよ!
命を狙われた側とも、狙う側とも親しくなってしまったから。


「良かった…あぁ でもカイも無事で良かったよ」
「ついでかよ」
「あのさ 出来たらで良いんだけど・・・」
「何だよ?」
「小夜にさ・・・モーゼス殺さないでって言って…くれるかな・・・」
「あぁ・・・」



ルルゥ、切ない!!!
モーゼスがカイを狙う以上、小夜はモーゼスを阻止する。
それを理解した上でのルルゥのお願いが切ないよ!!!

そしてモーゼスが日向にアタック!
必殺★携帯電話破壊!!!
グシャ!
これで仲間は呼べないぞ、はははははは!!
ってワケには行かず、カイはそそくさと逃げる。
モーゼス、ふらふら。

そして人のいない場所で、カイはついにモーゼスに向かって発砲。
モーゼス本人には当てずに、フードに当て、モーゼスの顔を太陽に晒す。
カイの作戦勝ちですね。
そして太陽に焼かれて蹲るモーゼスにパサりとシャツをかける・・・。
カイ、男前。
しかも日陰で休ませるなんてどこまで優しいんだよ。


「ここなら太陽の光も届かない シャツは貸しにしといてやる」
「僕は君を殺しにきたんだぞ…うぐぅ」
「じっとしてろよ 顔 燃えてたんだぜ」
「太陽の光を浴びた僕の体は少しずつ焼かれていく 夜が来るまでその炎が収まることはない」



ちょっ、夜が来るまで燃え続けるって。
カイはモーゼスに酷い事をしたね。まぁ仕方ないけど。


「じゃあ どうすりゃいいんだよ・・・」
「情けなどいらない 君はイレーヌに言ったな 『人間は分け与えることが出来る』と・・・
 だけど命は分け与えられる物じゃない 誰かが生きるために犠牲が必要なこともある」

「そのために俺を?」
「言葉だけでは解決できないこともあるんだ」



良い言葉・セリフを吐き続けてくれたカイやモーゼス。
しかし、言葉だけじゃダメだと全てを否定。


「そうまでして生きたいのか?!」
「あいつは!自分の中にみんなが居ると言ったんだ みんなと一緒に自分のことを僕に覚えていてくれと…
 仲間の前では強がって本当のあいつは姿を見せない 僕が死んだら誰が覚えていてやるんだ!
あいつが生きていたことを誰が証明する どこにその痕跡が残る!」
「何の話だ?」
「あいつには時間が必要なんだ 僕以外の誰かと触れ合って 本当のあいつを知って貰うための時間が・・・!」
「・・・モーゼス」



(´Д⊂)

カルマンのために。
カルマンがせめて他の誰かの思い出になれるまで、時間が欲しい。
それがモーゼスの願い。

悲しすぎるよ、モーゼス。
そしてそれを助長するかのようなモーゼスのセリフ。


「カイ もう少し早く出会えたら僕たちはきっと良い友達になれただろう」


つД`)・゜・。・゜゜・*:.。

今からでもなれるよ。
てかもう既に友達じゃんさ。
だけど。
手を翼手化する。


「だけど僕はあいつのために君を殺さなければならない カイ 死んでくれ」


爪、発射━(* ゜Д゜)=‥━━━━・~☆))


「ま…間に合ったな」


カルマ━━━━(゜∀゜)━━━━ン!!
ジェイムズへの怒りと、カイがあげた血液を飲んで駆けつけたカルマン。


「目を覚ませ モーゼス お前には分かっているはずだ こんな方法で未来を切り開くことはできないってな」
「わかっていた わかっていたはずなのに 僕は・・・」
「お前はまだ生きてる それで十分さ」



カルマンの一言で我に返るモーゼス。
そんな・・・・あっさり。
小夜とハジも駆け付けて。
刀をしまう小夜を見て安心するカイが良かった。


「カイ」
「なんだ?」
「こいつをルルゥにやってくれ」

「おい そんなこと言うなよ」
「カイ ルルゥを頼む」



自分の武器を渡し、モーゼスに支えられながらカルマンは消えていった。
引き止めようとしたカイだったが、もう追う事は出来なかった。

エェ?! Σ(゜Д゜;≡;゜д゜) どういうこと?!
モーゼスも一緒に行くって事?!
え?!
何で?!??!!



■■太陽の下で
オレンジ色の空の下、日陰に座り込むモーゼスとカルマン。
自分たちのこれまでを振り返り、満足をする。
そして最後に遣り残したことをするために、2人は立ち上がる・・・。


コンクリートから隙間から生える雑草に感動するカルマン。
これが今噂の「根性○○」ですね。
大根とかじゃなくて良かったね!


「俺たちを作った奴らは 俺たちが自分の意志でこんなところまで来れるなんて予測してなかったろうな」


アイスランドからアメリカへ。
長い旅だったよね。


「ルルゥなんかもっと遠くへ 太陽のいっぱいある南の島まで行く気だぜ」
「ルルゥなら本当に行けそうだ」
「ああ あいつには何かある 1人じゃ出来なくても ルルゥなら新しい仲間が手助けしてくれる」



先週までは、カルマンが助かって、3人で沖縄に行き伏線かと思ってました。
まさかお別れへのフラグだったとは。


「俺たちがいたことも カイが思い出にしてくれる きっと語り継いでくれる」
「そうだね 君がカイを助けたから 僕たちの思い出を彼へ繋げる事が出来た」



誰かの思い出になりたい。
イレーヌの言葉から溢れ出したこの思いを、2人はカイが受け取ってくれると気づいた。
でもさ、カイに全部背負わせちゃダメだよ 。・゜(゜`Д)゛.


「それも鉄格子の中のお前の言葉から始まったんじゃないか」


約2年前。
「僕は・・・!人間の本に書かれていた“希望”という言葉を信じてみたい!」
生きることの本当の意味も知らずに死に怯えたシフたち。
誰よりも敏感に感じ取ったモーゼスの必死な一言が、仲間を導いた。


「俺たちはあのとき始まったんだ モーゼスやったな」
「やった?・・・僕にやれたのか?」
「俺たちはすごいことができたじゃないか」



手を合わせる二人。
シュヴァリエの意に逆らい、自分たちの意志で駆け巡った。
人間と心を通わせることだって出来た。
カイの思い出になれた。
苦しみが増すカルマン。


「最後にやり残したことを・・・力を貸してくれ」
「わかってる 今度は僕がキミについていくよ」



立ち上がりフードを取る2人。
恐れて止まなかった、夕日を眺めながら浴びる。


「僕に会えて良かったと 言ってくれたね」
「ああ」
「僕もだよ」



緑色の炎に焼けて、消える2人。
けれどその表情は、とても穏やかだった。
こういうアニメでそんな概念は無いだろうけど。
せめて生まれ変われたら、今度こそカイの側に・・・(ノД`)・゜・。

一方、アパートでは2人の武器を前に泣くルルゥ。
小夜とカイがルルゥを挟む。


「もう誰も泣かせねぇ」


(´;ω;`)ブワッ
カイ。その言葉、信じてるよ。
BLOOD+で悲し泣きはもう嫌だ!!!!



■■総合

前回、私が妄想していた展開は、
カルマンがカイを庇い「取引の材料になるくらいなら…」って太陽の光の中にダイブ!
だったんだけど。
ちょっと近かった。
意味合いはぜんぜん違ったけど。
カルマンが死ぬことはある程度は覚悟してた。
覚悟してたんだよ。

でもモーゼスも一緒に逝くなんて心の準備が・・・。
いきなりルルゥを託すから驚いた。
夕日を浴びる直前まで、「まさか・・・・まさか・・・・」って胃が痛くなったよ。
そして砕け散った_| ̄|○

ルルゥを残して逝くなんて納得できないよ!
生き残りのシフがカルマンとモーゼス2人なら、まだ納得できるけど。
仲間を独りぼっちにするなんて。
3人で生存して欲しいと思っていただけに、やり切れないよぅ!

これがDVD7巻の座談会で言われた「狂い始めたシフ」と「生き方を考えた結果、悲しい結末を迎えるキャラ」なんだなぁ。
座談会の感想読んだら、すでにディーヴァの血を得るために小夜を裏切るって予想してた(笑)
実はこのときは、カルマンが裏切って、モーゼスが説得すると思っていた。

OP映像ではモーゼスがジェイムズと戦うシーンがあったから、モーゼスは最後までいると思っていた。
本編とは直接関係無いとはいえ、騙された気分だ(笑)

てか最終クールでようやく登場して、たった2話で終わりなんて。
予想GUYだ。
あのCMの黒人と少女を、何故かジェイムズとディーヴァに置き換えてしまう・・・のは私だけ?


■■次回
予告でカイと小夜のミックスキターーー!
だけど内容がちょっと物悲しいですよ。
今更 過去のことを掘り返すのね。
ハジとの約束が明らかになるっぽいですが。
もうちょっと後が良かったなぁ~と思いつつも、ラスト5回なんだよね。
あぁ、終わるのが寂しい。

肌蹴たソロモンも素敵だ。
デヴィッドのようにやさぐれた?
全てを失ったソロモンが話す相手はネイサン?!
どうなっちゃうんだ?!
うなだれソロモンにメロった♪



「動物園でリクがディーヴァに襲われたとき オレお前に酷いこと言っちまったよな 俺たちは家族だ・・・そう言ってたのに」


「ううん 私も忘れない 忘れたくない
・・・でもそれ以上に忘れちゃいけないこともある 遠い昔に交わした約束」




次回 『あした天気になあれ』



「ハジ 私が全てを終わらせたら・・・」
コメント ( 4 ) | Trackback ( 48 )
« アニメディア... BLOOD+もしも... »
 
コメント
 
 
 
こんばんは (しのぶん)
2006-08-20 22:37:56
>キャッチして即リリースしてましたね(笑)

「うわっ!やなもの拾っちゃった!!」

って感じでしょうか(笑)



>どう見ても日陰を逃げ回ってますよ、カイ。

ルイスの忠告聞けよ、カイ・・・・。



>ネイサン、自らの愛がディーヴァを超えていることをアピール。

>しかしジェイムズは相変わらずのスルー。

ネイサンの一方通行な愛は報われる日が来るのでしょうか(笑)



>光から逃げてうずくまるカルマン、不謹慎だけど可愛かった。

すみません、不覚にも私もこのカルマンに萌えました・・・・。



>てかもう既に友達じゃんさ。

先週のあの親しい会話はなんだったのかと。



>エェ?! Σ(゜Д゜;≡;゜д゜) どういうこと?!

>モーゼスも一緒に行くって事?!

>え?!

>何で?!??!!

>ルルゥを残して逝くなんて納得できないよ!

>生き残りのシフがカルマンとモーゼス2人なら、まだ納得できるけど



まったく同感です!!え?え?と思いながらあの結末に、

モーゼスまで死ぬこたないじゃん!と思いましたよ!凹んだ心はもう、来週のやけに色っぽいソロモンにかけるしかありません。

それでは。

 
 
 
ハジとの約束 ()
2006-08-20 22:43:40
来週は久しぶりにソロモン登場なので楽しみですでも何か死亡フラグ立ってる感じだし、すごい落ち込んでる感じでしたよね心配です・・・どんな展開になるんだろう・・・。



そして気になる予告小夜はカイたちと過ごした沖縄に帰ることよりも、遠い昔にかわしたハジとの約束を優先するってことですよねハジのことは嫌いだけど、なかなかイイ展開になりそう楽しみです何よりソロモンが・・・
 
 
 
しのぶん様へ (ひらりんこ/管理人)
2006-08-20 23:45:17
こんばんは!

今回は前半は何の不安もなく見ていたので、要所要所で笑えたんですけどね。

ネイサンとかネイサンとかネイサンとか・・・・。



モーゼスには驚かされましたね。

てっきりカルマンが安らかに逝けるように見送るだけだと思っていたので。

さすがIG。

リクの死以来、呆然とした展開でした。





>凹んだ心はもう、来週のやけに色っぽいソロモンにかけるしかありません。

本当ですよね!

放っておいたら私も某デヴィッドのように飲んだくれ化しちゃいそうです。

来週のフェロモンに賭けるしかありませんね!!!
 
 
 
萌さまへ (管理人)
2006-08-20 23:51:40
予告にソロモン、来ましたね♪

あの ヤサグレ具合に色っぽさを感じつつも、どうなっちゃうのか心配です。

ネイサンがどんな思惑があるのか見えないので、余計に怖いですよね!!!



予告セリフ、気になりますね。

沖縄よりもハジとの約束が大切・・・という感じのセリフに早くもガクガクです。

「約束」が幸せに繋がるようなものなら良いんですけど、そうはいかなそうな辺りが気になりますよね!
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
BLOOD+ 45話 「手のひらを太陽に」 (猫耳と少女とメイド服。)
BLOOD+ One Night Kiss カルマン、モーゼス・・・・・・・(泣) いや、今回はホントに悲しかったです・・・いくら前回の時点でほぼこの2人の退場は確定していたとはいえ、やっぱり相当堪えるものがありました。ラストで2人で最後の夕日を体いっぱいに浴びて、シ ...
 
 
 
BLOOD  第45話 「手のひらを太陽に」 (虎の徒然日記)
第45話「手のひらを太陽に」 印(ソーン)が現れ、死を覚悟したカルマンを抱きしめ
 
 
 
BLOOD+ 第45話 (ラブアニメ。)
「手のひらを太陽に」 なんでモーゼスまでっっ(泣)!! カルマンは覚悟していたけど、モーゼスまで一緒とは……。 本当に鬱な気分です。 ジェイムズに唆されたモーゼスは、もしかしてカルマンをもっと生きなが
 
 
 
BLOOD Episode-45「手のひらを太陽に」 (SUGO FACTORY別館)
印(ソーン)が現れ、死を覚悟したカルマンを抱きしめ「死なせはしない!」と誓うモー
 
 
 
BLOOD+「手のひらを太陽に」 (瑞原唯子のひとりごと)
モーゼスはやっぱりジェイムズになびいちゃいましたか。カイを殺しに来てしまいました。せっかくわかりあえてきていたのに。お互い、戦うことは望んでいないのになぁ。黒いローブで大鎌を振るうところは、まるで死神です。 ディーヴァ。シュヴァリエでも壊れれば ...
 
 
 
BLOOD+ 第四十五話 (Dream Dochan tono)
今週は短めの感想になりました。その中で、やっぱり二人の最期には、涙が出ました(・_・、)。。。TBお世話になります!
 
 
 
BLOOD+・第45話 (たこの感想文)
「手のひらを太陽に」 行方をくらませたカルマン。だが、カイたちの懸命の捜索にもか
 
 
 
BLOOD+ 第45話 「手のひらを太陽に」 (angel notes.)
ジェイムズはいらない子。 わざわざ復活して芸術的な感性もゲットしたのにディーヴァに嫌われたw 芸術的なジェイムズの作戦によりモーゼスはカイに斬りかかる。 生き残るためにカイを殺そうとするモーゼスが可哀想です
 
 
 
BLOOD+ (Episode-45 手のひらを太陽に) (ハリネズミのちょびっとMemo)
モーゼス :矢薙直樹 カルマン :野島健児 イレーヌ :豊口めぐみ ダーズ :西前忠久 グドリフ :遊佐浩二 ギー :福山潤 矢薙さん、野島さん、とりあえずおつかれさまでした。 とうとう今回、カルマンと、そしてモーゼスが逝ってしまいました...。 ソーンに ...
 
 
 
BLOOD+ Episode-45 手のひらを太陽に (なななな駄文)
シフが手のひらを太陽に向けたら健康に悪いですよ、っということでついにシフもルルゥを残すだけとなりました。 つまりこれでルルゥの死亡フラグは解除されたと受け取って構わないんでしょうかね? カルマンが死ぬのはタイムリミットだったとしても、モーゼスま ...
 
 
 
BLOOD+第45話「手のひらを太陽に」感想 (ALISAのLoveDestiny新館)
BLOOD+(9) BLOOD+第45話「手のひらを太陽に」です。 今週は作画もかなり微妙なのでした。お話もシフ達の悲しい運命や心情描写を見せたかったのかなぁと思いますが。カイのピンチに小夜とハジの戦闘も少なくまったり刀納めたり。その後のモーゼスのセリフが聞いて ...
 
 
 
BLOOD  ep.45 (猫の物干し台)
◆BLOOD  ep.45 手のひらを太陽に ◆  たった1日の出来事なんです
 
 
 
BLOOD+ Episode-45「てのひらを太陽に」 (kasumidokiの日記)
モーゼスがカイに「死んでくれ」って。 発言者:→宵里、→春女です。
 
 
 
BLOOD+「episode45 手のひらを太陽に」 (ガブリエルのブログ)
今週も王子が出なかったー テンション上がらなーい!! と、思ったら、 来週の予告!! 王子、シャツはだけてますよ!!(〃д〃)きゃ~♪ (ネイサンもだけど…(^ー^;A)) 燃え尽きた王子?! そういうの、
 
 
 
BLOOD+ 第45話 「手のひらを太陽に」 感想 (☆今日の雑色雑記★)
 今回でシフメインの話は終わった感じですが、哀しい話でした。
 
 
 
BLOOD+第45話「手のひらを太陽に」 (WONDER TIME)
カルマン!! モーゼスまで・・・何でこんな展開にっ!(涙) そしてジェイムズはママに捨てられました(苦笑) あいかわらず長い感想は続きからどうぞっ!! BLOOD+(9)喜多村英梨 小西克幸 吉野裕行 アニプレックス 2006-08-23by
 
 
 
BLOOD+(45) (王様の耳はロバの耳2.0)
[アニメ BLOOD+ 第45話「手のひらを太陽に」] 吸血鬼ものの作品にこれほど似合わないタイトルが過去あっただろうか(笑) カルマンとモーゼスの、他者が立ち入ることを許さない友情物語が今日、完結。 そしてカイとシフ
 
 
 
BLOOD+ 第45話 (孤狼Nachtwanderung)
第45話「手のひらを太陽に」 ? 「こんなの、いらないっ! 僕はチョコバニラじゃなくてストロベリーが良かったのに! これならカイの方が良かったな~」 「Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン! ・・・マ、ママに嫌われた。。。」 ジェームズ、カイを逆恨み! そ ...
 
 
 
(アニメ感想) BLOOD+ 第45話 「手のひらを太陽に」 (ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人)
BLOOD+ ロシアン・ローズ(1) 消えたカルマンを探すカイ達。しかし、未だ見つからずうなだれる面々。するとそこに、暗い表情をしたモーゼスが現れます。出迎えるカイ、しかしモーゼスは「すまない・・・」と一言呟くとカイ目がけて鎌を振り上げます。寸前のとこ ...
 
 
 
「BLOOD+」第45話「手のひらを太陽に」観ましたっ! (魔女のホーキのおしゃべり)
ええぇ~っっっ!? カルマンの事はある程度覚悟していたけれど、まさかモーゼスまで今週…(ノ_-。) ちょっと…イヤかなり予想外でした…。 それにしてもカイが狙われた理由が……(汗)ジェイムズぅ~( ̄Д ̄;; まぁね…ディーヴァに「何これっ!?」って ...
 
 
 
BLOOD+ 第45話『手のひらを太陽に』感想 (奥様はヲタ ~ミーハーでオタクなコマダムライフ?~)
今回書くことは少ないのですが。。。 哀しいけれどいい話でした。シフ……(T T)
 
 
 
BLOOD+ 第45話 「手のひらを太陽に」 (瞳にアル世界)
モーゼスぅぅぅぅぅ、カルマンーーーー 。・゜・(ノД`)・゜・。ウエエェェン
 
 
 
BLOOD+ 45話 手のひらを太陽に (Wonderful Life)
今回、ジェームズはなぜカルマンのもとへ現れたのでしょうか。
 
 
 
BLOOD+ 第45話 (ACGギリギリ雑記)
「ねぇ、聞いてよモーゼスぅ!」 「ジェイムズがねぇ…イジワルするのぉ」 「わかったよカルマン。ホラ、ボクのそばにおいで」 ……ちょっと悪ふざけしすぎたかなwww でも、そんな感じです。
 
 
 
BLOOD+ 第45話「手のひらを太陽に」 (のほほんホビー)
はぁ~~~っ・・・・・ というのが、今回の正直な感想。 何でこんなに悲しいんだろう。 『希望』という言葉を信じてここまで辿り着いた彼ら。 「オレ達がいた事もカイが思い出にしてくれる・・・。きっと、語り継
 
 
 
BLOOD+ 第45話 「手のひらを太陽に」 (二次元空間)
第45話 手のひらを太陽に
 
 
 
BLOOD 第45話「手のひらを太陽に」 (黄昏METAPHYSICS)
 「手のひらを太陽に すかして見れば 真っ赤に流れる ぼくの血潮」  誰もが知っている、作詞:やなせたかし、作曲:いずみたく、の「ぼくらはみんな生きている」のフレーズを思い起こす人は多いでしょう。  そうさ。  おけらだって、あめんぼだって、「シフ ...
 
 
 
BLOOD+ 第45話「手のひらを太陽に」 (My ARCADIA DIARY)
昨日は、珍しく仕事が終わってから<スーパーマン リターンズ>を観に行ってたから<BLOOD+>を見るのが今日になっちゃったわ。 ちなみに、<スーパーマン リターンズ>σ(o^_^o)的には大満足できる作品になってたよ鍊 さて、カルマンが見つからず ...
 
 
 
BLOOD+第45話「みみず おけら あめんぼ」 (ウルトラ暴風雨)
おはようございます。主人公が不在の方が面白さが倍増しするBLOOD+です。 ついに…と言っても、このBLOOD+の作品自体、キャラクター単品で見たら、個々の出席率が悪い・展開が物凄く飛び飛びなのでブツ切れ感が強くて「遂に」という言葉にミスマッチを ...
 
 
 
BLOOD+ #45手のひらを太陽に (才谷屋DIARY)
ディーヴァがジェイムズのこと気に入らないと言ったのは、2色になってるからなの?上
 
 
 
「BLOOD+」45話「手のひらを太陽に」 (大吉。)
<土曜日> ”手のひらを太陽に透かして見れば・・”燃えちゃうよね、と思ってたら・・。本当にそうなってしまったので愕然。 結局、カイを殺せば仲間を助けてやるというジェイムスの申し出は嘘でした。それにしても・・そんな事を持ちかけておきながら、わざわざ ...
 
 
 
BLOOD+ #45「 手のひらを太陽に」 ( 酔生夢死:BLOG EDITION)
BLOOD+(8)カルマンとモーゼスの魂が安らかに眠らんことを・・・ まさかモーゼスまでが命を落とすことになろうとは…orz 二人の最期はとてつもなく切なく悲しいものでした。 それでも二人一緒に穏やかに逝ったことが
 
 
 
BLOOD+ 第45話 「手のひらを太陽に」 (新米小僧の見習日記)
昼間だとカイ一人も倒せないモーゼス…。突っ込むところじゃないかもしれないけれど、いくらなんでも弱すぎるよなあ(^^; まあ、そんな時間帯をわざわざ狙ってきたところに、モーゼスの「本当はこんな事したくない」本心があったのでしょうね。 前回の記事で「 ...
 
 
 
BLOOD+ ep.45 (自然と咽せ込むブログ~その弐~)
今回は週明けに重要なテストがあるのでPC制限中です…それで、携帯から更新になってます(´∀`)シフが走り回る回でしたねぇ~カイも助かって良かったじゃないか結局、ジェイムズの狙いは何だったのだろうか?モーゼスとカルマンの死であってるのかなまあ、ディーバ ...
 
 
 
BLOOD+ 45話 (ライトオタクなOL奥様の節約入門日記)
この週末は夏☆真っ盛りという感じでいいお天気&暑さですネ。しのぶんも夏らしく浴衣を着て起きてからの大半をTVとPCの前で過ごしてマス☆借りたDVD観ないといけないし!
 
 
 
BLOOD+ Episode45 手のひらを太陽に (緑成す鶯森)
先週ジェイムズとなにやら話をしたモーゼスがいきなりカイを襲いにやってきた。 カル
 
 
 
BLOOD+ 45話「手のひらを太陽に」 (ミナモノカガミ)
前回はカルマンにソーンが出てしまって、 モーゼスがジェイムズに何事か吹き込まれ・・・というところまででしたが シフ、どうなってしまうんだ・・・といったところで 運命の45話感想いってみたいと思います。
 
 
 
BLOOD  第45話 (鷹2号の観察日記)
 ・・・どこで方向性が変わったの? オレはツッコミいれながら記事書いてるけど、結
 
 
 
BLOOD+ #45 「手のひらを太陽に」 (マンガに恋する女の ゆるゆるライフ)
カイをナイスキャッチ~ハジ♪ ・・・ハジにしては気が利くじゃないですか~ たまにはちゃんとカッコ良く演出してもらわないとね(汗;) (生まれ変わったジェイムズは・・・)  ↓  ↓
 
 
 
BLOOD+第45話「手のひらを太陽に」:ジェイムズのアップ (知識欲が旺盛で怠惰な大学生のブログ)
カルマンを救うためカイの血を求めるモーゼス。 前回のラストで死んだかな?と思ったがまだ死んでなかったのか。 モーゼスがカイを追っている合間にカルマンに迫るジェイムズ。 真面目なシーンなのに顔のアップが何
 
 
 
BLOOD+ Episode-45「手のひらを太陽に」 (月の光の降る夜に)
こっ、こっ、こっ、(ニワトリではナイ)怖かった。。。 ジェイムズのドアップに鳥肌が立ったのは私だけではないはず…。 (私だけかも…) なんじゃあの顔は!怖すぎて動けず、目が離せませんでした。(涙
 
 
 
BLOOD+/ブラッドプラス Episode-45「手のひらを太陽に」 (こころに いつも しばいぬ)
モーゼスは大鎌を振り上げ、カイに「死んでくれ」と襲いかかる。
 
 
 
BLOOD+(手のひらを太陽に) (道、道。逃げ道探求。)
いや、イラストが前回好評だったのd(殴 すいません、ただの自己満足です、今回は皆さんがとうに忘れているだろう 髪が短かった頃の小夜です。 っていうか今回からイラストブログとしての活動を本格的にしようかな、と。 好きなキャラなどおりましたら是非是非 ...
 
 
 
BLOOD+_20060819_45「手のひらを太陽に」 (おたくの視聴ログ)
2006年08月19日18時00分 毎日放送 BLOOD+ 45話「手のひらを太陽に」 ( ゜Д゜)<ふっ、茶番だな・・ とか言ってみる。 あまりにも自分達の世界過ぎて、ついていけなかった。 勝手に、絶望に暴走するのはい
 
 
 
BLOOD+ #45手のひらを太陽に (うつわの器)
モーゼスとカルマンは特別な関係なのか? 2人が寄ると男色臭くなる。 以下、「血たす」第45話のネタバレ感想です。 カルマンとモーゼスも気の毒だけど彼らは仲間と支えあうことが許されてる分、気分的に救われます。 ママに捨てられたジェイムズは暴走を食い止 ...
 
 
 
BLOOD+ Epi45 (ひねもす のたり のたり かな ver.2)
モーゼスはどうするんだろう……と思いつつ、カイがなにを云うかもじつは今回楽しみだったりします。 いやですね~、私、 「真っ赤に流れる~、僕の血潮~」 って、歌ってしまいそうになります。 続きは、地球上に存在する者はすべて生きていて、みんな友達 ...
 
 
 
BLOOD+ 第45話 (Cosi Cosi)
BLOOD+(9)BLOOD+(10) BLOOD+ One Night Kiss BLOOD+ ORIGINAL SOUNDTRACK 2 【手のひらを太陽に】 “希望という言葉を信じてみたい!!” モーゼスのこの言葉から、彼らシフの旅は始まった。 絶望も味わったけれど、最後には“希望”を見ていたのではな ...
 
 
 
BLOOD+第45話「手のひらを太陽に」感想 (日々キラキラ more)
先週に続きシフの回、簡単に感想を。 タイトルからしてもう、カルマンはやばいなあと感じていましたけれど…そうですか。 モーゼスまで持っていきましたか(泣) 最期、モーゼスもカルマンも「希望」=「未来」