goo

リョウ


▼あらすじ
 高校の修学旅行で訪れた京都で、リョウは武蔵坊弁慶を名乗る男に襲われる。自分をあの牛若丸と呼ぶ弁慶は、リョウと共に平安時代から流れてきたと言う。
 リョウは、数年前に森で倒れていた所を拾われ、幼い頃に事故死した『遠山リョウ』として記憶を与えられていたのだった。
 現代に居場所を無くしたリョウは、幼なじみで同級生の葵、弁慶の元恋人・虎子を連れ、弁慶と共に平安時代へと戻っていく。リョウの戻った平安時代は、平氏が取り仕切る世で―・・・



▼あらすじ補足

 女子高生が実は源義経だった!平成から平安へ、タイムスリップ☆
 軽く言っちゃうと、こんな感じです(軽すぎ)

 未来で記憶をなくし女子高生をしていた間、平安の都では、「牛若は行方不明(死んだ)」ということになっていました。
 さらに、牛若=女とバレると、リョウは平氏の嫡子と結婚をさせられてしまいます。
(源氏を取り込み、衰退させるため)
歴史に詳しい葵の助言で、リョウは男として歴史どおりに行動していくことになります。



▼ココが魅力!!

 ネタバレを含むので、ココからはドラッグ。

 なんといっても、維盛が良かった。彼の登場している部分だけで満足。
 純愛すぎて切ない
 弁慶さえいなければ・・・と何度思ったことか(笑)
 弁慶・リョウたちよりも維盛の内面は丁寧に描かれていた気がするので、またイイ!!
 洞窟での生活で、変わっていく維盛がイイ!!
 両思いになれたのに、同情と受け取っちゃった維盛が切ない。
 維盛とリョウの別れのシーンは、ボロ泣きでした。

 維盛の死後は、何となく読んでいただけ・・・オイ
 頼朝の豹変に驚きましたよ。(昼ドラのような展開だったな)
 最後の畳み掛けるような展開には、圧巻。
 葵が、リョウの為に憧れの頼朝に刀を抜いたところなんて涙。
 戦に出ても戦えなかった葵が、初めて刀を抜いたのが最期のシーンなんて。

 葵・弁慶も死に、藤原氏も滅び、リョウの味方は海尊だけ・・・って。
 仮にも維盛の配下で、敵として現れた海尊が、生き残りだなんて皮肉。
 リョウと弁慶の子供=葵って言うのにもビックリ。
 でも1巻を読み直すと伏線と見られる箇所があるんだなぁ、コレが。

 現代に連れ戻されたリョウは、死ぬはずの本物の“遠山リョウ”を助けて、死亡。
 海尊は、“遠山リョウ”と葵の2人を見守る・・・

 ハッピーエンドじゃない最後に、モニョモニョ。
 生き残ったのが海尊だけって・・・
 マーガレットでこんな話がよく載っていたなぁ、と今考えても不思議。
個人的には、虎子や静がどうなったのかが激しく気になった。

 ちなみに、マーガレット作品だけあって、恋愛いっぱいな内容です。

コメント ( 1 ) | Trackback ( 1 )
« 伯爵カインシ... GANTZ(アニメ)... »
 
コメント
 
 
 
いいですよねー (漫ガンマン)
2006-02-07 18:27:06
『リョウ』いいですよねー。

私も最後は泣かされました。

維盛の純愛ぶりは確かにグッときます。

またお邪魔させていただきます。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
 
大河義経はおわっちゃったけど。「リョウ」上田倫子 (こんなんみたよ)
昨年は大河ドラマ「義経」が好評で(ツッコミ不可)、ゲームやメディアミックスで源義経が話題でしたねー。今回は少女マンガで義経のお話を。 現代を生きる少女リョウはある修学旅