ひらの気まぐれ日記♪

日常の出来事ををアップします。
自転車のこと・・ペットのこと・・写真のこと・・等々
気が向いた時に・・・

野川に架かる橋(三鷹・調布・狛江)

2017-01-03 | 自転車

年も明けて早3日、今日は早速野川に架かる橋の続きを撮りに行ってきた。 この類のポタは早く終わらせてスッキリしよう。

という訳で10時チョッと前から14時過ぎまで、三鷹と調布それに隣接する狛江を回ってきた。

今回も最短距離で富士見大橋へ 橋の看板を撮って上流側へ モロ逆光。下流側も抑えておこう 次は泉橋  そして、人見街道の御狩野橋  ここの欄干には色付きのガラスがあしらってある すぐ下流の人見街道の旧道には相曽浦橋   左が人道で右が車道。その下流の水車の傍には飛橋    ここも左人道の右車道。次は野水橋   その次は榛沢橋   そして八幡橋   次は天文台通りの大沢橋   次の清水橋   とその次の羽沢橋   で三鷹は終わり、次の御塔坂橋   からは調布との境を流れる。 つぎの中耕地橋   は人道。その下流には電気用の富士見橋専用橋  すぐ隣には水道管   その下流には中央高速道路 そして橋場橋  この辺は水鳥が多い 次の又住橋   と、琥珀橋   の袂には十二支の石柱がある。 三鷹通りの榎橋   その下流の名無し橋  そして、一の橋   そして水道管 隣接する祇園寺通りの大橋   細田橋   由来が知りたい おかね橋   中島橋   甲州街道の馬橋   京王線の橋梁  その下流に架かる車橋  は架け替えのために車道と 人道の 仮橋が準備されている   その下流は品川通りの大町橋    ここの欄干には河童と 翡翠と 蛙がいる 次の野川橋  は左人道で右車道 次の箕和田橋   の袂には十二支の亥の石板がある。橋の下流には鳥たちが寛いでいる 小金橋   左人道で右車道の高谷橋    松原通りの野川大橋   糟嶺橋   小足立橋  谷戸橋   で調布・狛江はお終い。この先の神明橋からは   世田谷区になる。

次回はここから始めることにしよう。  残り16~17、早いとこ終わらせよう。

帰りは松原通りで和泉多摩川まで行き、多摩サイに沿った一般道で帰宅。 今日は


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新年早々ドジを踏み | トップ | 野川に架かる橋(エピローグ) »

コメントを投稿

自転車」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。