ひらの気まぐれ日記♪

日常の出来事ををアップします。
自転車のこと・・ペットのこと・・写真のこと・・等々
気が向いた時に・・・

鱒飛の滝と吹割の滝

2017-08-13 | 自転車

今日は、日本横断の予行演習を兼ねて、上越線の沼田まで行って、鱒飛の滝と吹割の滝に行ってきた。

4時50分、バイクをばらし 青春18きっぷに捺印してもらい 府中本町駅の改札を通る。 ホームに降り5時01分発の武蔵野線に乗る 武蔵浦和で埼京線に乗り換え大宮へ。

本来なら6時10分発の高崎線の高崎行きに乗る筈だったが、5時半ごろ上野‐鶯谷間で人が線路に飛び込んだらしく(心肺停止)30分程遅れてるようだ。6時からホームの先頭車両のとこに立ちっ放しで結構疲れる。やっと電車が来たのは6時38分。 このままでは高崎で7時45分発の上越線に間に合わない。今日は2ヶ所廻る予定だが、次の電車が8時24分なのでこの分じゃ無理かな。と、テンションも下がる。

ところが、JRも粋なことをしてくれる。 正常なダイヤなら大宮発は7時29分に着くので待ち時間が16分ある。そこで、定刻45分に出発した上越線の水上行きを新前橋で待機させ、51分発の両毛線の小山行きで乗り換えられるような、本日限りの措置を取ってくれて、6分遅れの8時39分に沼田駅に着くことができた。

駅前でバイクを組み  目の前のコンビニで朝食を食べ、水分を補給して9時10分スタート。ところが、駅を出て2~300m進むと上り坂になる 坂は1km弱続くが、まだ体が温まってないから脚は重いし心臓もバクバク。諦めていつもより2枚くらい軽いギアでゆっくり走る。

坂を上りきると勾配は緩やかになるが20km/h位しか出ない。 国道120号線・・・別名「日本ロマンチック街道」は脇道は良いが 本線は  交通量も多く路肩は狭く歩道は継ぎ目だらけで、自転車にとってちっともロマンチックじゃない。

途中で道の駅に寄って休憩 その後は権坂のピークまでリズムに乗れずカメさん走行。下りはペダル無しでもスイスイ行くが、これを上り返さなくては帰れない。 そうこうしてるうちに吹割渓谷に差し掛かる ここまでくれば滝は直ぐ。遊歩道を押し歩きしてトイレの脇に停めあとは歩く。

最初は     そのまま進むとこの渓谷のメイン、吹割の滝        吹割の滝 滝ばかりに目が行くが、岩も見どころがある

散策した後は来た道を引き返す。ご機嫌で下ってきた坂を  ヒーコラと上り返し、ピークの権坂利根トンネルの日陰で水分補給 あとはほぼ下り、30km/h前後で駅を目指す。

途中、日本一の河岸段丘 を撮って  朝、漕ぐのに必死で撮れなかった遊覧坂を撮り 坂の上から画面中央の駅を撮る 短い距離でここまで上ったんだと改めて思う。

朝のトラブルがなく、順調に走れたら、もう1ヶ所、たんばらラベンダーパークにも行くつもりだったが、今日のペースだと15kmのヒルクライムのあるコース(ルートラボ参照)は何時になるか分からないから止めることにした。

13時45分に駅に着きバイクをばらしてホームへ。次の上り電車は14時36分。 ホームで待ってると、下り線を特急が通過 後ろを振り返ると朝上った坂が見える

帰りは待たされることもなく順調に府中本町へ。18時20分自宅着。

今日の走行は   ルートは https://yahoo.jp/7MiKbW (たんばらは省略)

日本横断の検証結果は、
乗り換え時間が3分の所がある。同じホームだと問題ないが、隣のホームでエスカレーターがないと微妙
〇今朝のような事故で遅延があったら到着時間が大幅にずれる
〇米原まで新幹線で行ったら無難だが、18切符は・・・

       

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ファミリーキャンプ | トップ | 18きっぷで輪行を 1 »

コメントを投稿

自転車」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。