エヒメボデー 作業日報

ボディーじゃなくてボデーです・・・

UM13Aの仕上げ

2016年09月14日 | 鉄道(模型)
東北筋を走る海コン貨物列車のお供、UM13Aコンテナを作ろうと思って模型工房パーミルのキットを組み立てて塗装まではしてあったんですが、そこでずっと停止しておりまして・・・

写真は再掲。白いの(未塗装)は接着剤はみだしすぎて指と接着してしまいボツになったやつw
そしてここまで作って気がつく、「これどうやってコキに固定すれば良いの?」 問題。
で、最近になってやっと固定方法を思いついたので久々に引っ張り出してきて作業し始めたって訳です。


コキへの固定方法ですが、0.3の真鍮線をコの字にしまして・・・





コキ爪が来る辺りに接着します。ちょうどこれ組み立てる時に使ったサラサラタイプの瞬間接着剤で留めるとがっちり行きます。
コキ両端に積みたいんで爪が来る位置・・・ってコキに当てがってみたらちょうどフォークのポケット位置と端っこだったんで端っこに接着。


コキに載せてみる。向かって左側のはちょっとユルユルだったけど・・・



逆さまにしても落ちません。緩い方はかなり危なっかしいですが!
でもまあこれで運用中の落下事故とかは防げるかなーと。


お次はデカール。

超細かい!
面倒ですが一個一個切り出して貼って行きます。集中してたんで貼ってる途中の写真は無いw

実物写真で両側面を見比べてみたところ、ナンバーや『日本貨物鉄道輸送用』の位置が違ってるみたいなんでそれに合わせて貼ってます。

最近実物ではこれに赤と黄色のロゴが入ったりしてるんですがそんなのない頃の製品なので。。。
下は最近何かと話題のHANJIN(友情出演)


ちなみにコキ両端に載るようにしたのは・・・



こんな感じで真ん中に海コンが載ってるのがカッコイイって思ったから。
ついでに言えばトレーラーコレクションのKLINE20フィートコンテナも今から手に入らないっすかね・・・
『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一眼レフ持って福島遠征 | トップ | U48A-39512 »

コメントを投稿