トロイからの落人  Fugitives from Troy

トロイを脱出して7年。約400年後のローマ帝国発祥の杭を、テベレ河河口の地に打ち込んだ男がいた。

『トロイからの落人』  FUGITIVES FROM TROY   第7章  築砦  1032

2017-05-16 08:02:16 | 使命は建国。見える未来、消える恐怖。
 ギアスが立ちあがる、一同に伝えるべく口を開く。
 『一同に伝えておく。食事を終えたら、寸時、身体を休める。いいな。そのあと、艇を建造の場の浜につける、揚陸して今日を終えてくれ。作業はゴッカスの指示に従うこと、以上』
 『ゴッカス、建造の場の浜で揚陸するときの注意事項を伝えておく。ドックス棟梁に航海の経緯を簡単に伝えて礼を言うこと。揚陸場所の指示を求めて作業に取り掛かる。いいな。揚陸を終えたら、艇の整頓をする。そして、艇に礼を尽くす事を忘れるな。艇に神宿るだ。以上だ』
 『解りました』
 『ゴッカス、俺は、建造の場のオキテス隊長のところにいる、作業を終えたら連絡をしてくれ』
 用件を終えたギアスは、場をあとにした。

 『おう、オキテス、お前、昼飯を終えたのか?』
 『いえ、まだです』
 『俺の宿舎でとれ。昼食の予備がある』
 アエネアスら統領の宿舎へと足を運ぶ、宿舎に着いた四人はテーブルを囲んで席につく、イリオネスがオキテスに話しかける。
 『オキテス、三日間に及ぶ航海、ご苦労であった。疲れもあるだろうが、一っ時も早く状況を聞きたい。昼食を食べながらでいい、話してくれ』
 『解りました。私にも一っ時も早く伝えたい成果があります』
 『お~お、そうか。それを聞きたい』
 オキテスの昼食の準備ができる。
 『お~お、これは旨そうだ。統領、いただきます』
 オキテスがパンに手をのばす、口へと運ぶ、ぶどう酒をのどに通す。
 『俺だけがおいしいものを食べている。ちょっと、気が引けます』
 オキテスは、またたくまに昼食を終えて改まった。
 『報告いたします。レテムノンのテムノス頭領の浜に着いて、早速、新艇の引き渡しを行い、テムノス頭領の指示があり、進水の儀式を行いました。このとき、スダヌス浜頭が子羊一頭を準備してきてくれていました。進水の儀式を終え、テムノス方の水夫連に操船説明の航走を行いました』
 『スダヌス浜頭が子羊を準備してきてくれたとはな』とアエネアスがうなずく。
 『操船説明の航走から浜に帰り着いたところで、テムノス頭領の目が試作艇に移り、『ちょっと乗せろ』ということになり、試作艇に乗り沖に出ました。第一日目はそのような次第でした』
 オキテスはここで話をきる、一同と目を合わせる、話を継いでいく。
 『そのあと、テムノス頭領が私らの労をねぎらっての夕食会となり、その日を終えた次第です』
ジャンル:
小説
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『トロイからの落人』  FUG... | トップ | 『トロイからの落人』  FUG... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む